研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  鈴木三重吉 >  『鈴木三重吉全集』全6巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『鈴木三重吉全集』全6巻・別巻1巻

『鈴木三重吉全集』全6巻・別巻1巻(岩波書店、1938.3~1982.7)
※第2刷刊行時(1982)に別巻が付された。



第1巻 1938.3.20
 
千鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
山彦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
おみつさん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
はがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
烏物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
赤菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
黒髪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
たそがれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
文鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
小猫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
洗礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
二階‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
小鳥の巣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
 


第2巻 1938.5.15
 
烏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
赤い鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
胡瓜の種‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
金魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
女の子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
瓦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
民子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
写真‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
帯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
いろんな女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
月夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
深夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
羊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
黒血‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
伯母とお浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
午後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
 


第3巻 1938.7.5
 
黒い壷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
人形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
せんぶり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
十字架‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
氷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
櫛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
馬車の来る間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
隣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
凶兆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
鎖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
穴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
留守‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
寄席‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
黒蜻蛉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
珊瑚珠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
金盞花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
鸚鵡の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
大伯母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
青い眼の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
病間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
紅皿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 543
 


第4巻 1938.10.15
 
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
蝙蝠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
蛇苺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
雛罌粟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
桑の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
霧の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
昼顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
蝋燭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
留針‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
かきつばた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
棕櫚の蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
牧場から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
八の馬鹿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
茨の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
牧場の出来事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
二日(古き日記より)‥‥‥‥‥‥‥‥ 545
鳳仙花(日記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
青い昼(日記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 571
日曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
葉鶏頭(日記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
帯(或日の日記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 597
南天の実(或日の日記)‥‥‥‥‥‥‥ 605
 


第5巻 1938.12.20
 
創作と自己
私の生立ちと水草のやうな女‥‥‥‥‥‥10
上京当時の回想―処女作当時‥‥‥‥‥‥21
自叙伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
瀬戸内海の浪の音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
榎実と馬の臀尾(幼年時代の回想)‥‥‥42
予が生ひ立ちの記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
創作前後の気分‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
私の作篇等について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
「桑の実」に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
作家として世に立つまで‥‥‥‥‥‥‥‥69
処女作を出すまでの私‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
私の事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
自己批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
私の癖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
文章雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
文士の生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
「千鳥」解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
「桑の実」解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
「山彦」に添へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
想ひ出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
随筆感想
変な西洋館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
喇叭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
金魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
誤訳と鳥と魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
さいかち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
悪文教科書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
欧洲戦争観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
厭な年賀状‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
俗謡の滅亡と学校の唱歌‥‥‥‥‥‥‥ 179
馬鹿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
足を拭かせる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
和蘭人と馬鹿な日本人‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
ジゴマとプレー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
それとなき話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
歌が欲しい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
白鳥に挽かるゝ二輪車‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
天然の人間として暮したい‥‥‥‥‥‥ 217
栗と柿(忙中話)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
最近の感想 「小さなものゝ改善」‥‥ 229
大震火災記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
郊外にゐて冬を迎ふる心持‥‥‥‥‥‥ 250
文明と冒険者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
ハイハイドウドウ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
趣味・女性・旅
紅い洋傘(春の印象)‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
夏の趣味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
夏姿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
感じの宜い女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
冷い夜の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
私の欲してゐる女 小説に描かれた女の印象‥‥ 293
作物中よりの顔の印象‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
結婚観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
女学生諸子の忘れてゐられる(?)問題‥‥ 308
旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
チエ小屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
「牢獄の十年」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
私の求める女・食物‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
私の好きな女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
故郷の正月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
金をうんと持つてしたい侭をして暮したい‥‥ 356
海岸の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
フエリチタスといふ女―好きな性格‥‥ 359
初夏と女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 360
つけものの味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
やどの食べ物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
湯豆腐と冷奴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
文学・文章
「姉の妹」発禁に対して‥‥‥‥‥‥‥ 384
虚子氏の「朝鮮」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
新しい文章に於ける虚子氏の功績‥‥‥ 399
描写を教へられた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
筋のある空想の小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
「続悪魔」と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
文芸雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
芥子の咲く日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
油のきれたこの頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
自然を描く作家と描かない作家‥‥‥‥ 443
文壇に於ける新と旧‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
日本の小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
計画されつゝある現代日本作品の英訳‥ 471
少年少女劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
「赤い鳥」の童謡について‥‥‥‥‥‥ 485
小解‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 490
北原白秋君の新著「日本幼児詩集」‥‥ 497
離俗的な香気=坪田譲治氏「お化けの世界」‥‥ 502
人物と追憶
断片語=夏目漱石先生追憶‥‥‥‥‥‥ 506
燻銀のやうな感じ=徳田秋声氏の印象‥ 511
写生文家としての四方太氏‥‥‥‥‥‥ 516
長塚節氏の追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
森先生の追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
温亭居士追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
「坊ちやん」と猿之助‥‥‥‥‥‥‥‥ 548
寺田さんの作篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
習作
身の上話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
乙女ごころ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
しぐれ日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 575
消息
妹の許へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 582
「ホトヽギス」200号記念催能の感想 ‥ 584
七ケ寺の句に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 586
葉山より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 588
「赤い鳥」類似雑誌に対する非難‥‥‥ 592
甲州より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 599
私の出版事業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
手紙に代へて(1―16) ‥‥‥‥‥‥‥ 633
俳句・短歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 707
 


第6巻 1938.12.24
 
書簡集
明治34年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
明治36年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
明治37年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
明治38年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
明治39年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
明治40年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
明治41年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
明治42年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
明治43年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
明治44年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
明治45年・大正元年‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
大正2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
大正3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
大正4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
大正5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
大正6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
大正7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
大正8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
大正9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
大正10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
大正11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
大正12年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
大正13年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
大正14年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
大正15年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
昭和2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
昭和3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
昭和4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
昭和5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
昭和6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 572
昭和7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
昭和8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
昭和9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 621
昭和10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 639
昭和11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 678
索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 705
 


別巻 1982.7.23
 
書簡集
明治41年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
明治42年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
明治43年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
明治44年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
明治45年・大正元年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
大正2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
大正3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
大正4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
大正5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
大正6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
大正7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
大正8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
大正9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
大正10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
大正11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
大正12年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
大正13年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
大正14年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
大正15年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
昭和2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
昭和3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
昭和4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
昭和5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
昭和6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
昭和7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
昭和8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
昭和9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
昭和10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
昭和11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
年次不詳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/14 14:46 ] 鈴木三重吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。