研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  高橋和巳 >  『高橋和巳全集』全20巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『高橋和巳全集』全20巻

『高橋和巳全集』全20巻(河出書房新社、1977.5~1980.3)



第1巻 小説 1 1977.6.15
 
森の王様……………………………………… 3
森の王様…………………………………… 5
子供たちに与う倨傲の歌………………… 9
コプラの歎き………………………………12
生ける朦朧…………………………………14
罪……………………………………………18
月光……………………………………………21
淋しい男………………………………………25
老牛……………………………………………29
捨子物語………………………………………35
作品集未収録の詩「海」及び「生ける朦朧」初出形…… 377
海………………………………………… 379
生ける朦朧……………………………… 380
*解題・補記(川西政明)……………… 385
 

第2巻 小説 2 1977.5.15
 
悲の器………………………………………… 3
*解題・補記(川西政明)……………… 433
 

第3巻 小説 3 1977.6.15
 
古風…………………………………………… 3
散華……………………………………………91
飛翔………………………………………… 149
我れ関わり知らず………………………… 163
貧者の舞い………………………………… 243
あの花この花……………………………… 275
日々の葬祭………………………………… 299
不可能な三幕……………………………… 327
詠み人しらず……………………………… 391
*解題・補記(川西政明)……………… 425
 

第4巻 小説 4 1977.7.15
 
堕落…………………………………………… 3
もう一つの絆……………………………… 121
白く塗りたる墓…………………………… 187
*解題・補記(川西政明)……………… 355
 

第5巻 小説 5 1977.8.15
 
憂鬱なる党派………………………………… 3
*解題・補記(川西政明)……………… 581
 

第6巻 小説 6 1977.9.15
 
我が心は石にあらず………………………… 3
我が心は石にあらず(ラジオドラマ)… 299
*解題・補記(川西政明)……………… 333
 

第7巻 小説 7 1977.10.15
 
邪宗門(上)………………………………… 3
*解題・補記(川西政明)……………… 451
 

第8巻 小説 8 1977.11.15
 
邪宗門(下)………………………………… 3
*解題・補記・補訂(川西政明)……… 453
 

第9巻 小説 9 1977.12.15
 
日本の悪霊…………………………………… 3
革命の化石………………………………… 377
*解題・補記(川西政明)……………… 383
 

第10巻 小説 10 1978.1.15
 
黄昏の橋……………………………………… 3
遥かなる美の国…………………………… 243
三人の父…………………………………… 253
習作 奇妙な終宴………………………… 261
習作 神よ、我れこの児を殺さむ……… 301
習作 国家………………………………… 325
*解題・補記・補訂(川西政明)……… 329
 

第11巻 評論 1 1978.3.15
 
I
わが解体……………………………………… 5
三度目の敗北…………………………………81
はば広い学生運動を…………………………99
孤立の憂愁を甘受す……………………… 103
闘いの中の私……………………………… 113
「義」に近い人間関係を………………… 116
種は植えつけられた……………………… 119
自立化への志向…………………………… 123
死者の視野にあるもの…………………… 131
内ゲバの論理はこえられるか…………… 144
七〇年代第一年目の状況………………… 181
II
人間にとって……………………………… 189
自己否定について……………………… 189
宗教・平和・革命……………………… 196
裁判について…………………………… 203
差別について…………………………… 209
経験について…………………………… 216
死について……………………………… 223
国家について…………………………… 230
III
非暴力の幻影と栄光……………………… 239
非暴力直接行動について………………… 253
暗殺の哲学………………………………… 259
直接行動の季節…………………………… 310
IV
暗黒への出発……………………………… 319
言論の自由について……………………… 322
果敢な敵の死悲し………………………… 325
自殺の形而上学…………………………… 325
参考作品 三島由紀夫の死……………… 339
*解題・補記(川西政明)……………… 345
 

第12巻 評論 2 1978.4.15
 
I
失明の階層…………………………………… 5
孤立無援の思想………………………………22
葛藤的人間の哲学……………………………33
極限と日常……………………………………45
極限と日常……………………………………69
戦後民主主義の立脚点………………………71
参政権…………………………………………77
滅びざる民……………………………………81
戦争と原罪……………………………………85
戦争論…………………………………………87
日本の軍隊と国家………………………… 101
焼身自殺論………………………………… 106
見る悪魔…………………………………… 111
自己中心の悲劇…………………………… 121
現代への祈願と人間性…………………… 124
未来希求の視点…………………………… 129
未来と願望………………………………… 131
隔絶の時代………………………………… 134
自立と挫折の青春像……………………… 138
世代について……………………………… 145
現代の青春………………………………… 148
新しい思想をつくる人は正直…………… 153
学生と読書………………………………… 154
女の耐える思想…………………………… 156
女性の自立………………………………… 160
ソ連邦の女性たち………………………… 162
東西対抗史観の問題……………………… 165
アジア主義………………………………… 167
ヘーゲルとの対決………………………… 170
寡きを患えず、均しからざるを患う…… 173
日本人の精神構造………………………… 174
病中悲哀…………………………………… 176
酒と雪と病い……………………………… 178
苦痛について……………………………… 181
通院記……………………………………… 184
災害の夕…………………………………… 189
睡りのかたち……………………………… 191
質問の力について………………………… 193
教師失格…………………………………… 195
楽園喪失…………………………………… 198
二重の言語………………………………… 205
我が宗教観………………………………… 206
宗教学生への提言………………………… 208
さわやかな朝がゆの味…………………… 211
少年期断片………………………………… 213
我がふるさと……………………………… 215
私の中学時代……………………………… 219
春のうた…………………………………… 220
浅野先生の思い出………………………… 221
無垢の日々………………………………… 222
わが体験…………………………………… 226
自然への讃歌と挽歌……………………… 230
私の学生時代……………………………… 232
あのころのこと…………………………… 237
同人誌の愉しさ〈学生時代〉…………… 239
ハンスト学生の手記……………………… 241
「洞窟派」宣言序説……………………… 243
検事の不在………………………………… 244
矛盾律について…………………………… 246
ある日、ある時…………………………… 248
川野彰子さんを悼む……………………… 249
転居二ヵ月………………………………… 252
師走に思うこと…………………………… 253
陰画の履歴………………………………… 255
幻の蜂の巣城……………………………… 256
他山の石…………………………………… 260
兎と亀……………………………………… 264
ボヘミアン礼讃…………………………… 272
女と蝴蝶…………………………………… 274
非暴力……………………………………… 277
バベルの塔………………………………… 278
漬物の味…………………………………… 280
遊びの法則………………………………… 281
悪の進化…………………………………… 282
醜い裸……………………………………… 283
勲章と千人針……………………………… 284
鳥と遭難…………………………………… 285
美のこころ………………………………… 286
お屠蘇考…………………………………… 286
山科のタケノコ…………………………… 288
漫画について……………………………… 289
テレビ時評………………………………… 290
II
新しき長城………………………………… 303
文化大革命のなかの解放軍…………… 303
上海の時計工場での見聞……………… 315
激しくすすむ文化の奪権闘争………… 327
菩薩信心から毛沢東崇拝へ…………… 339
知識人と民衆……………………………… 350
中国とソ連を旅して……………………… 378
国家百年の計……………………………… 383
毛沢東の文章……………………………… 385
中国古典の翻訳ブーム…………………… 388
論語………………………………………… 392
中国漢代における知識人の党派………… 399
「不朽の盛事」の背景…………………… 404
詩と隠遁…………………………………… 407
詩と自由…………………………………… 413
陶淵明について…………………………… 421
詞華集の意味……………………………… 423
『紅楼夢』の背景………………………… 426
中国知識人と日本………………………… 429
新中国の長篇小説………………………… 439
協同研究について………………………… 442
日本の中の中国人………………………… 445
詩人の逸話………………………………… 446
*解題・補記(川西政明)……………… 453
 

第13巻 評論 3 1978.5.30
 
I
逸脱の論理―埴谷雄高論…………………… 5
自己権力と自己無化―埴谷雄高……………47
『死霊』―その理解のために………………50
自立の精神―竹内好における魯迅精神……52
〈反対の墓場〉から―竹内好………………79
忍耐の思想―武田泰淳………………………81
日中文化の交点―武田泰淳……………… 102
日常への回帰―椎名麟三………………… 104
現代の地獄―野間宏……………………… 117
「真空地帯」の背景……………………… 129
『わが塔はそこに立つ』………………… 145
仮面の美学―三島由紀夫………………… 146
苦しむ才能―井上光晴…………………… 158
無常の視線―深沢七郎…………………… 172
明哲保身―『深沢七郎選集』のために… 180
II
知識人の苦悩―夏目漱石………………… 185
夏目漱石における近代…………………… 206
漱石の反骨………………………………… 216
漱石における政治………………………… 218
実事求是の精神―島崎藤村……………… 221
滅びの使徒―太宰治……………………… 234
詩人との出会いと別れ―三好達治……… 245
詩の絆―吉川幸次郎『随想集』のために…… 251
吉川幸次郎『中国詩史』解説…………… 257
吉川幸次郎………………………………… 262
認識と実践の人―桑原武夫……………… 263
塑像との対話―福沢諭吉………………… 273
思想家としての岡倉天心………………… 274
中島敦「山月記」について……………… 281
III
民族の悲哀―魯迅………………………… 285
詩人魯迅…………………………………… 312
「阿Q正伝」について …………………… 316
魯迅と私…………………………………… 318
順逆不二の論理―北一輝………………… 320
中国民衆史の断面―橘樸………………… 385
悲劇の先駆者……………………………… 389
IV
退屈に就いて―チエホフ小論…………… 407
私のドストエフスキー―『死の家の記録』…… 413
革命の中の死―ロープシンの『漆黒の馬』…… 416
長篇の愉しみ―レオーノフ……………… 423
文学存在の基盤―ソルジェニツィン…… 425
司馬相如…………………………………… 428
張華………………………………………… 429
潘岳………………………………………… 430
文心雕龍…………………………………… 431
枚乗………………………………………… 431
 肩吾……………………………………… 432
陸雲………………………………………… 433
陸機………………………………………… 433
李商隠……………………………………… 436
劉 ………………………………………… 438
劉孝綽……………………………………… 438
*解題・補記(川西政明)……………… 441
 

第14巻 評論 4 1978.7.15
 
I
文学の責任…………………………………… 5
現代思想と文学………………………………51
戦争文学序説…………………………………77
戦後文学の思想………………………………92
戦後文学私論……………………………… 129
戦後派の方法的実験……………………… 147
政治と文学………………………………… 158
〈性〉的素材主義批判…………………… 173
II
なぜ長篇小説を書くか…………………… 187
もう一つの劇……………………………… 196
文学否定論について……………………… 202
想像の魔性について……………………… 205
事実と創作………………………………… 209
妄想のたのしみ…………………………… 215
愚昧への道………………………………… 217
書物と驢馬………………………………… 220
〈邪読〉について………………………… 223
読書のかたち……………………………… 227
未だ形なき新しい読書…………………… 229
精神の網…………………………………… 230
イメージをはぐくむ……………………… 231
みやびと野暮……………………………… 233
キリスト教の投影………………………… 235
〈沈黙する神〉と転向…………………… 240
悪の進化について………………………… 243
文学者にみる視野脱落…………………… 245
文人相軽…………………………………… 248
文学と友情………………………………… 250
文学と季節………………………………… 253
詩と風土…………………………………… 257
孤独なる遊戯……………………………… 265
小さな野心………………………………… 267
私の小説作法……………………………… 268
私の文章修業……………………………… 270
私の読書遍歴……………………………… 273
私の語学…………………………………… 276
世界語を作る必要性……………………… 285
散華の世代………………………………… 287
転向文学論………………………………… 291
孤独なる邪宗……………………………… 296
「義」を渇望する常民…………………… 300
文学の中の人間関係……………………… 302
心に降る雪、積る雪……………………… 304
〈志〉ある文学…………………………… 306
作家の行動について……………………… 309
ディオニソスの時………………………… 312
文学の苦しみ……………………………… 314
長篇の功罪………………………………… 316
二つの「飛翔」…………………………… 319
「不可能な三幕」について……………… 322
投稿について……………………………… 323
京都の文学青年達………………………… 326
『近代文学』終刊号を読んで…………… 329
III
文芸時評・1963年10月号………………… 335
文芸時評・1963年11月号………………… 339
文芸時評・1963年12月号………………… 342
文芸時評・1964年7月号 ………………… 346
文芸時評・1964年8月号 ………………… 350
文芸時評・1964年9月号 ………………… 354
北川荘平『水の壁』……………………… 358
橘外男『ある小説家の思い出』………… 359
高見順『遠い窓』………………………… 360
ウェーリー『白楽天』…………………… 361
堀田善衛『零から数えて』……………… 364
鈴木虎雄注釈『李長吉歌詩集』………… 365
尾崎秀樹『魯迅との対話』……………… 368
中村真一郎『戦後文学の回想』………… 369
花田清輝『シラノの晩餐』……………… 371
辻邦生『廻廊にて』……………………… 372
竹内好編集・解説『アジア主義』……… 373
藤枝静男『ヤゴの分際』………………… 375
堀田善衛『審判』………………………… 377
荒正人編著『ドストエーフスキイの世界』…… 379
奥野健男『文学的制覇』『文学は可能か』…… 380
海音寺潮五郎『孫子』…………………… 382
『一九六八年佐世保詩歌集』跋………… 384
松原新一『転向の論理』………………… 387
『捨子物語』(足立書房版)あとがき… 389
『捨子物語』(河出書房新社版)あとがき…… 392
『捨子物語』(河出書房新社版)著者のことば…… 397
『悲の器』受賞のことば………………… 398
『悲の器』あとがき……………………… 398
『悲の器』作者のことば………………… 401
『文学の責任』あとがき………………… 401
『憂鬱なる党派』作者のことば………… 403
『孤立無援の思想』著者のことば……… 404
『邪宗門』作者のことば………………… 404
『邪宗門』作者あとがき………………… 405
『邪宗門』あとがき……………………… 406
『新しき長城』あとがき………………… 409
心の真実を求めて………………………… 412
『文学のすすめ』あとがき……………… 412
『堕落』あとがき………………………… 414
『孤立の憂愁の中で』あとがき………… 417
『生涯にわたる阿修羅として』あとがき…… 421
人間の無限の可能性……………………… 424
人間の姿が浮彫りにされている………… 425
襟を正させる仕事………………………… 425
哲学との対話の魅力……………………… 426
歴史の生きた知識として………………… 426
戦後精神の端的な表現史………………… 427
内的葛藤の原型…………………………… 428
試練の一端を分有しうることを喜ぶ…… 428
未来からの問責…………………………… 429
「対話」編集後記………………………… 430
第1回末川賞小説の部選評 ……………… 434
日本読書新聞創刊30周年記念評論応募作選評…… 435
第3回現代評論社賞選評 ………………… 437
近況………………………………………… 439
われを忘れた時の女性…………………… 440
私のえらんだ本年度ベスト・ワン……… 441
今年の収穫………………………………… 441
感銘をうけた本…………………………… 442
私の再刊きぼう…………………………… 442
掘出した本、探している本……………… 443
私はこう思う―あなたは中国をどう思うか…… 444
私はこう思う―流血の佐世保・エンタープライズ入港…… 444
“ソ連侵入”をこう考える……………… 445
日本の70年代・核武装…………………… 446
*解題・補記(川西政明)……………… 447
 

第15巻 中国文学論 1 1978.10.25
 
I
表現者の態度I―司馬遷の発憤著書の説について…… 5
表現者の態度II―職業としての文学の誕生……20
II
六朝美文論……………………………………45
陸機の伝記とその文学………………………83
潘岳論……………………………………… 188
顔延之の文学……………………………… 279
江淹の文学………………………………… 301
劉 『文心雕龍』文学論の基礎概念の検討…… 317
中国の物語詩―おもに「秋胡行」について…… 346
顔延之と謝霊運…………………………… 371
III
中国詩史梗概……………………………… 425
六朝詩選…………………………………… 438
IV
文学研究の諸問題I ……………………… 509
文学研究の諸問題II……………………… 520
文学研究の諸問題III …………………… 530
*解題・補記(川西政明,武部利男) … 541
 

第16巻 中国文学論 2 1980.2.25
 
李商隠………………………………………… 3
解説………………………………………… 5
李商隠………………………………………23
李商隠年譜……………………………… 169
跋(吉川幸次郎)……………………… 183
李商隠略図……………………………… 187
王士 ……………………………………… 189
解説……………………………………… 191
王士 年譜……………………………… 347
王士 略図……………………………… 359
詩人の運命………………………………… 361
*解題・補記(川西政明,武部利男) … 587
 

第17巻 翻訳 1979.5.25
 
吶喊(魯迅)………………………………… 3
吶喊自序…………………………………… 5
狂人日記……………………………………11
孔乙己………………………………………24
薬……………………………………………29
明日…………………………………………39
小さな事件…………………………………46
髪の物語……………………………………49
風波…………………………………………55
故郷…………………………………………64
阿Q正伝 ……………………………………75
端午の節句……………………………… 118
白光……………………………………… 127
兎と猫…………………………………… 133
家鴨の喜劇……………………………… 138
宮芝居…………………………………… 142
野草(魯迅)……………………………… 153
題辞……………………………………… 155
秋夜……………………………………… 157
影の告別………………………………… 160
乞食……………………………………… 162
わが失恋………………………………… 164
復讐……………………………………… 166
復讐(その2) ………………………… 168
希望……………………………………… 170
雪………………………………………… 173
凧………………………………………… 175
よき物語………………………………… 178
旅人……………………………………… 180
死火……………………………………… 187
犬の反駁………………………………… 190
失われたよき地獄……………………… 191
墓碑銘…………………………………… 193
くずれた線の震え……………………… 195
立論……………………………………… 198
死後……………………………………… 199
このような戦士………………………… 204
賢者と愚者と奴隷……………………… 206
臘葉……………………………………… 209
あわい血痕の中に……………………… 210
まどろみ………………………………… 212
彷徨(魯迅)……………………………… 215
祝福……………………………………… 217
酒楼にて………………………………… 236
幸福な家庭……………………………… 247
石鹸……………………………………… 255
常夜灯…………………………………… 267
みせしめ………………………………… 279
高先生…………………………………… 285
孤独者…………………………………… 295
傷逝……………………………………… 318
兄弟……………………………………… 339
離婚……………………………………… 352
朝花夕拾(抄)(魯迅)………………… 363
藤野先生………………………………… 365
范愛農…………………………………… 372
故事新編(抄)(魯迅)………………… 381
薇を采む………………………………… 383
出関……………………………………… 403
非攻……………………………………… 414
起死……………………………………… 427
文芸講演(抄)(魯迅)………………… 439
ノラは家出してからどうしたか……… 441
革命時代の文学………………………… 449
魏晋の気風・文章と薬・酒との関係… 457
魯迅年譜…………………………………… 477
三国志(部分)(陳寿〔撰〕,裴松之〔注〕)…… 485
*解題・補記(川西政明,武部利男) … 573
 

第18巻 対談・座談 1 1978.9.30
 
人間に政治を見る文学(梅原猛,永原誠,和田繁二郎)…… 3
文学放談(中川裕朗,森川達也) ………… 8
サラリーマン人生(加藤秀俊,野田研助,八木一夫)……15
第2回末川賞小説部門選評(梅原猛) ……22
第3回末川賞小説部門選評(梅原猛) ……26
第4回末川賞小説部門選評(梅原猛,小松左京)……34
第5回末川賞小説部門選評(梅原猛) ……41
第6回末川賞小説部門選評(梅原猛) ……47
第7回末川賞小説部門選評(梅原猛,真継伸彦)……53
「アジア主義」の評価(桑原武夫,高橋和巳両氏に聞く)……61
文学と職業(天野政次,上原喜八,北川荘平,北山信夫,竹内和夫,鳥巣郁美,福田紀一,山田稔)……66
現代において文学は可能か(いいだもも,大江健三郎,小田実,篠田一士)……84
われらの戦後二十年(石原慎太郎,江藤淳,開高健,武田泰淳) …… 105
憂鬱を語る世代 インタビュー………… 140
新しい日本の文学への期待(伊藤整,埴谷雄高)…… 143
日本人の歴史観(井上光貞,桑原武夫,中野重治,奈良本辰也)…… 149
現代文学の起点(野間宏)……………… 166
戦後二十年の思想と革新(いいだもも)…… 204
戦後学生運動の原点(沖浦和光,柴田翔)…… 223
戦後思想の展望(日高晋,村上一郎,山田宗睦)…… 256
流動する時代と人間(田村隆一)……… 271
われらの創造とは何か(荒井健,石倉明,梅原猛,太田代志朗,小松左京,橘正典,豊田善次,林広茂,望井泰矢)…… 286
現代作家の思想責任(月村敏行,真継伸彦)…… 304
邪教の徒の文学(秋山清,埴谷雄高) … 314
愛と死と文学(梅原猛)………………… 327
戦後教育をいかに受け止めたか(川上源太郎,柴田翔,羽仁進,武者小路公秀,山崎正和,綿貫譲治)…… 361
信仰の政治力学(笠原一男,村上重良)…… 384
唐代の詩人たち(草野心平,草森紳一,中村真一郎,西脇順三郎)…… 399
日本人の国家意識(貝塚茂樹)………… 419
第1回現代評論社賞合評(青地晨,長洲一二,日高六郎)…… 433
第2回現代評論社賞合評(青地晨,長洲一二,日高六郎)…… 439
青春の特権と愛の哲学(梅原猛)……… 444
現代知識人の役割(いいだもも,江藤淳,永井陽之助)…… 452
文明のかたち(吉川幸次郎)…………… 472
現代の文学と思想(吉本隆明)………… 493
暴力考(いいだもも,竹内芳郎,鶴見俊輔)…… 520
人間とは何か(吉川幸次郎)…………… 554
現代の文学 インタビュー……………… 570
文学による救済は可能か(太田代志朗,橘正典,古川修,望井泰矢)…… 579
ふたたび人間を問う(安田武)………… 596
*解題・補記(川西政明)……………… 675
 

第19巻 対談・座談 2 1979.10.30
 
人間にとって戦争とは何か(梅原猛)…… 3
私の文学を語る(秋山駿)…………………24
想像力の根源(大江健三郎)………………48
想像力の解放と人間の解放(野間宏)……62
夢と想像力(埴谷雄高)……………………79
文学 反抗 革命(竹内好)………………95
ありうる戦後(鶴見俊輔)……………… 120
存在変革への執拗な問い(太田静夫,来島切,北一郎,小島洋,山田さゆり,宮崎芳夫,高瀬太郎,角前真司,三次重治,小林正,吉田富夫)…… 133
変革の思想を問う(小田実,真継伸彦)…… 162
学生について(河野健二,作田啓一,森毅)…… 205
教祖的人間について(鶴見俊輔)……… 231
わが悪魔論 インタビュー……………… 253
新時代の文学(秋山駿)………………… 258
大いなる過渡期の論理(三島由紀夫)… 264
第10回京都大学新聞懸賞小説選評(井上光晴,野間宏)…… 279
激動期をリードする革新政党(神島二郎,矢野絢也,渡部みち子)…… 294
エロティシズムと文学(井波律子,今村実,牛尾一男,太田代志朗,岡本泰子,柴山哲也,橘正典,古川修,村井英雄)…… 298
季刊誌『人間として』を語る(小田実,開高健,柴田翔,真継伸彦)…… 320
なぜ書くか(小田実,開高健,柴田翔,真継伸彦)…… 327
高橋和巳『日本の悪霊』(小田実,柴田翔,真継伸彦)…… 358
混沌の中の創造(小田実,開高健,柴田翔,真継伸彦)…… 369
解体と創造(日高六郎)………………… 391
「新左翼」の退廃と知識人(高知聡)… 418
情況と文学の展開(小田切秀雄)……… 448
国家・法・裁判(小田実,開高健,柴田翔,角南俊輔,真継伸彦)…… 466
公害と人類の運命(宇井純,小田実,開高健)…… 490
新左翼の思想と行動(小田実,開高健,柴田翔,広松渉,真継伸彦)…… 513
開高健著『輝ける闇』(開高健,柴田翔,真継伸彦)…… 539
生きつづけることと三島氏らの死(小田実,開高健,柴田翔,真継伸彦)…… 554
文学者の生きかたと死にかた(秋山駿,野間宏)…… 596
高橋和巳対話集をめぐって インタビュー…… 618
世界革命の現実性をどこに求めるか(新井健二,鈴木隆治,滝沢創,田口信子)…… 619
補遺
現代学生の知的状況(大江健三郎)…… 701
先進後進(吉川幸次郎)………………… 713
*解題・補記(川西政明)……………… 717
 

第20巻 講演 1980.3.30
 
現代小説の課題……………………………… 3
現代小説の概観…………………………… 3
転向者の文学と近代志向………………… 9
戦争体験と文学……………………………16
日常尊重と自己破壊………………………22
美と悪と性…………………………………29
文学思想史……………………………………35
文学と運命…………………………………35
文学と自然…………………………………41
文学と宗教…………………………………47
文学と愛……………………………………53
文学と社会…………………………………59
文学と心理…………………………………64
ユートピア文学……………………………71
文学と政治…………………………………77
現代日本文学の問題………………………84
再び戦争とは何であるか……………………92
文学のくるしみとよろこび…………………95
堕落の二重性……………………………… 103
現代文学の課題…………………………… 113
中国とソ連を旅して……………………… 130
人間の営みにとって文化とは何か……… 137
座標軸を動かす文学……………………… 148
これからの人間…………………………… 163
直接行動の論理…………………………… 171
生涯にわたる阿修羅として……………… 188
自己否定の論理…………………………… 197
全共闘運動と文学精神…………………… 210
大学・戦後民主主義・文学……………… 236
文学の根本に忘れ去られたもの………… 250
現代における想像力の問題……………… 310
生命について……………………………… 343
補遺
対話叢書刊行に当り……………………… 353
中国古典文学理論―その二つの側面…… 354
『文心雕龍』以前の中国古典文学理論… 355
劉 『文心雕龍』の文学論……………… 357
想像力の問題……………………………… 360
VIKING・JODAN・ENQUETE………………… 364
第9回松原賞小説選評 …………………… 365
第10回松原賞小説選評…………………… 366
武田泰淳『秋風秋雨人を愁殺す―秋瑾女士伝』…… 367
『変革の思想を問う』あとがき………… 370
竹内好……………………………………… 372
中国革命の貴重な一証言………………… 373
京都大学新聞1500号懸賞小説選評(井上光晴)…… 374
*解題・補記・補遺解題・解題追補・補記追補(川西政明)…… 381
*高橋和巳年譜(川西政明)…………… 393
*高橋和巳作品年譜(川西政明)……… 405
*高橋和巳著訳書一覧(川西政明)…… 423
*参考文献一覧(川西政明)…………… 426
*全集収録作品索引………………………… 1
[ 2011/02/27 13:04 ] 高橋和巳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。