研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  高見順 >  『高見順全集』全20巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『高見順全集』全20巻・別巻1巻

『高見順全集』全20巻・別巻1巻(勁草書房、1970.2~1977.9)
※他に『高見順日記』全8巻9冊(勁草書房、1964~66)、『続高見順日記』全8巻(勁草書房、1975~77)がある。



第1巻 1970.12.25
 
故旧忘れ得べき……………………………… 5
如何なる星の下に………………………… 141
胸より胸に………………………………… 271
*解説・解題
解説(本多秋五)…………………… 401
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 425
 


第2巻 1971.4.25
 
更生記………………………………………… 5
ある晴れた日に………………………………73
東橋新誌…………………………………… 171
銀座近情…………………………………… 347
まだ沈まずや定遠は……………………… 471
*解説・解題
解説(久保田正文)………………… 503
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 514
 


第3巻 1970.2.25
 
或る魂の告白………………………………… 5
わが胸の底のここには…………………… 7
風吹けば風吹くがまま………………… 224
深淵………………………………………… 275
深淵……………………………………… 277
深夜……………………………………… 364
密室……………………………………… 450
転向……………………………………… 476
*解説・解題
解説(平野謙)……………………… 507
解題(小野芙紗子)………………… 525
 


第4巻 1970.4.25
 
仮面…………………………………………… 5
分水嶺……………………………………… 145
三面鏡……………………………………… 297
*解説・解題
解説(中村真一郎)………………… 559
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 568
 


第5巻 1973.8.20
 
都に夜のある如く…………………………… 5
生命の樹…………………………………… 191
*解説・解題
解説(平野謙)……………………… 377
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 391
 


第6巻 1972.6.25
 
この神のへど………………………………… 5
いやな感じ………………………………… 177
*解説・解題
解説(本多秋五)…………………… 515
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 528
 


第7巻 1970.10.25
 
今ひとたびの………………………………… 5
激流……………………………………………79
大いなる手の影…………………………… 397
*解説・解題
解説(丸谷才一)…………………… 419
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 431
 


第8巻 1970.8.25
 
響かない警鐘………………………………… 9
華やかな劇場…………………………………13
短篇三つ………………………………………20
白い塀………………………………………20
しらむ………………………………………23
青桐…………………………………………26
秋の挿話………………………………………29
生きてゐるめるへん…………………………39
秋から秋まで…………………………………53
植木屋と廃兵…………………………………77
用造のはなしと吉造のはなし………………88
堤を行く救済婦人会……………………… 106
序…………………………………………… 118
塀の欲望…………………………………… 127
檻の低級闘士……………………………… 138
強い女……………………………………… 153
図書館……………………………………… 155
戦場―ガストニア紡織大争議の一断面―…… 166
ガストニアの歌―ガストニア紡織大争議の一断面―…… 186
毒素―ガストニア紡織大争議の一断面―…… 211
私生児……………………………………… 232
猛者………………………………………… 240
侮辱………………………………………… 244
時代………………………………………… 248
三・一五犠牲者…………………………… 263
肉親………………………………………… 274
雨―二月の記録―………………………… 283
オシャカ…………………………………… 287
反対派……………………………………… 292
感傷………………………………………… 302
世相………………………………………… 307
空の下……………………………………… 331
霙降る背景………………………………… 341
朝顔………………………………………… 355
起承転々…………………………………… 357
流れ藻……………………………………… 372
私生児……………………………………… 384
菊坂ルムペン会…………………………… 402
脱脂綿……………………………………… 409
とつての友だち…………………………… 418
路地………………………………………… 432
晴れない日………………………………… 444
嗚呼いやなことだ………………………… 478
鳩の飛ぶ空………………………………… 499
虚実………………………………………… 504
雲…………………………………………… 521
白い手をした男…………………………… 527
生理………………………………………… 533
寒い路……………………………………… 547
人の世……………………………………… 559
腕…………………………………………… 567
川風………………………………………… 569
*解説・解題
解説(渋川驍)……………………… 575
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 586
 


第9巻 1971.8.25
 
地下室………………………………………… 9
波打際…………………………………………24
外資会社………………………………………36
前後……………………………………………64
手袋……………………………………………81
工作……………………………………………85
流木………………………………………… 103
机上生活者………………………………… 138
神経………………………………………… 159
大部屋の友………………………………… 177
湯たんぽ雀………………………………… 185
人間………………………………………… 212
盛り場……………………………………… 233
日向見の宿………………………………… 247
雲の影……………………………………… 256
蜥蜴………………………………………… 273
ある家の二階と階下……………………… 290
暖い空気…………………………………… 307
日曜と月曜………………………………… 315
都会の雌雄………………………………… 326
光彩………………………………………… 350
通俗………………………………………… 369
浅草の風俗………………………………… 382
往生際……………………………………… 394
銀座暮色…………………………………… 407
心理的……………………………………… 418
滑稽的……………………………………… 431
大森暮色…………………………………… 439
嫌人的……………………………………… 453
昇天………………………………………… 471
花さまざま………………………………… 484
野茨………………………………………… 497
私と商人との交渉………………………… 505
*解説・解題
解説(中村真一郎)………………… 529
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 537
 


第10巻 1971.12.25
 
午後…………………………………………… 9
香港の黒死病…………………………………14
朝の花弁………………………………………21
東京暮色………………………………………28
由紀子の死……………………………………45
バリーの犬……………………………………60
諸民族…………………………………………83
ププタン悲史…………………………………95
雛段………………………………………… 115
日本の靴…………………………………… 123
帰つての独白……………………………… 138
袖しぐれ…………………………………… 153
シッタン河………………………………… 165
戦場の童謡………………………………… 171
ノーカナのこと…………………………… 181
この戦友…………………………………… 193
昌禄の牛…………………………………… 205
猫質譚……………………………………… 215
ウ・サン・モンのこと…………………… 226
孔雀旗……………………………………… 244
新しい泉…………………………………… 255
春寒………………………………………… 265
馬上侯……………………………………… 272
貝割葉……………………………………… 283
陰膳………………………………………… 294
前夜………………………………………… 305
痴情………………………………………… 318
草のいのちを……………………………… 332
妖怪………………………………………… 344
真相………………………………………… 353
道徳的……………………………………… 373
ロマンス…………………………………… 389
旅中………………………………………… 406
乾燥地帯…………………………………… 422
仙人掌……………………………………… 445
過程的……………………………………… 480
中間色……………………………………… 511
視角………………………………………… 529
*解説・解題
解説(亀井秀雄)…………………… 547
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 558
 


第11巻 1973.1.20
 
無言の空……………………………………… 9
悲劇的…………………………………………24
モビレ…………………………………………72
呟く幽鬼………………………………………84
インテリゲンチア……………………………95
あるリベラリスト………………………… 117
山茶花屋敷………………………………… 145
砕かれた顔………………………………… 164
古い庭……………………………………… 199
螺旋………………………………………… 208
遊覧船……………………………………… 217
二つの恋…………………………………… 230
甘い土……………………………………… 246
捨てた女…………………………………… 261
十発目の銃声……………………………… 278
死について………………………………… 292
誘惑の時…………………………………… 301
イヌフグリ………………………………… 325
駄目な夜…………………………………… 338
見事な関係………………………………… 366
赤いセーターの未亡人…………………… 395
狂気への誘ひ……………………………… 420
軽い骨……………………………………… 431
音楽の時…………………………………… 441
振幅………………………………………… 458
湿原植物群落……………………………… 467
愚園路……………………………………… 514
トリマカシー……………………………… 526
跛の犬……………………………………… 541
聞える歌声………………………………… 554
いやな臭ひ………………………………… 564
*解説・解題
解説(円地文子)…………………… 575
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 587
 


第12巻 1971.2.25
 
雲の影………………………………………… 9
蟻地獄…………………………………………23
陸封魚…………………………………………33
キューピッドの退場…………………………51
水面……………………………………………69
水の上…………………………………………86
断崖……………………………………………90
竹落葉…………………………………………97
夜の新緑…………………………………… 112
誇りと冒涜………………………………… 129
雌雄………………………………………… 136
白い猫……………………………………… 145
落ちた花弁………………………………… 153
裸木………………………………………… 165
文化将軍…………………………………… 173
落葉譜……………………………………… 184
暖い冬……………………………………… 201
戦後の戦場………………………………… 216
横臥椅子…………………………………… 238
夜から朝まで……………………………… 246
卑怯者……………………………………… 259
美しい渦…………………………………… 273
紛らはしい関係…………………………… 288
北海の渡り鳥……………………………… 305
気に入らない魅力………………………… 324
プラトニック・ラブ……………………… 338
風景………………………………………… 345
大変な娘…………………………………… 354
山の手の子………………………………… 370
片耳のたれた兎…………………………… 383
女たらし…………………………………… 391
むごたらしい人生………………………… 399
楽しい人物………………………………… 413
花のやうな葉と葉のやうな花…………… 424
屠殺………………………………………… 446
真昼の幽霊………………………………… 456
不正確な生………………………………… 471
麻薬………………………………………… 481
匕首………………………………………… 523
尻の穴……………………………………… 539
枯れすすき………………………………… 559
不遇………………………………………… 576
*解説・解題
解説(吉行淳之介)………………… 597
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 605
 


第13巻 1971.6.25
 
漸く佳境に入る………………………………17
解放された「個」の芸術……………………20
学内同人雑誌の統一に就いて………………23
六号感想………………………………………25
マヨリテの立場から…………………………31
当り前の文学…………………………………34
我国に於ける尖端芸術運動に関する一考察……36
批評基準の二元論的歪曲と一元論的確立…47
文芸批評の原則的問題に就いて……………61
最近の腹臓……………………………………68
素質考…………………………………………71
三〇年度の展望………………………………73
表現技術の方向………………………………78
芸術派に関して………………………………81
芸術派の反動性………………………………83
「同伴者的」と「我らの文学」と…………92
『集団』の傾向に就いて……………………94
作品審査及び批評に就いて…………………98
書けると書けないと……………………… 102
情痴のこと其の他………………………… 106
浪曼的精神と浪曼的動向………………… 110
このモダモダや如何にせん……………… 118
なんぞ原始的なる………………………… 120
金をかせ…………………………………… 122
私語………………………………………… 123
饒舌とは何か……………………………… 127
非常識の弁………………………………… 129
愛憎二ならず……………………………… 131
頽廃の毒…………………………………… 134
描写のうしろに寝てゐられない………… 137
頭隠して尻隠さず………………………… 140
一箇の人民………………………………… 141
文学に於ける官尊民卑…………………… 143
小説に就いて……………………………… 145
文学に於ける教師と友人………………… 149
可笑しい眺め……………………………… 151
武装解除に就いて………………………… 152
新聞小説論………………………………… 154
小説は読まれなくはない………………… 157
問題は長篇か短篇かに非ず……………… 158
現代文学に対する愛情を………………… 163
美学・モラル・説話体…………………… 167
文芸への関心……………………………… 171
口髭と鳩胸………………………………… 175
小説はどんな目鼻をしてゐるか………… 177
言葉と文章………………………………… 179
言語混乱に就て…………………………… 182
新しき散文精神を検討する……………… 186
病中忙語…………………………………… 189
高沖陽造とは何者か……………………… 190
文学賞小論………………………………… 192
純文学と私小説…………………………… 196
この頃……………………………………… 198
『文学界』解消を望む…………………… 201
小説的問題と読者………………………… 206
苦悶の新装………………………………… 208
性格への懐疑と長篇小説………………… 211
綜合雑誌の苦悶…………………………… 215
政治と「政治的」………………………… 216
青眼白眼…………………………………… 218
風俗小説と思想小説……………………… 221
綜合雑誌の今日の苦痛…………………… 223
女性の描き方……………………………… 225
直哉的リアリズムと漱石的伝統………… 228
事変の文学への投影……………………… 231
湖中の小説………………………………… 232
自分のもの………………………………… 233
今日の文学………………………………… 235
事変と純文学……………………………… 237
小説家の資格……………………………… 241
読者と半玄人……………………………… 243
跛行が顧られる…………………………… 245
文学する悩み……………………………… 246
批評と作品………………………………… 249
文学に於ける独創と順応………………… 252
人間味……………………………………… 256
宇野浩二のハイカラといふことから…… 258
ひとつの傾向……………………………… 261
創作界の現状……………………………… 263
人間像の脆弱……………………………… 270
最近の感想………………………………… 275
思考と製作と生活………………………… 278
新小説案内………………………………… 280
無芸と餓鬼………………………………… 283
文学的風格とスタイル…………………… 285
心と形……………………………………… 288
批評的随筆………………………………… 290
小説にも練習を…………………………… 292
脚本難に就いて…………………………… 293
大変な代物・その他……………………… 294
小説を読まないといふこと……………… 297
文芸的雑談………………………………… 299
恥を掻くといふこと……………………… 305
貰ひ泣きの原理からの考察……………… 308
小説の混乱………………………………… 310
呂昇芸談…………………………………… 312
文学の新体制……………………………… 315
反俗と通俗………………………………… 321
「転換期に於ける作家の覚悟」を問はれて…… 329
「小説の運命」を問はれて……………… 331
文化に就いて……………………………… 335
いちぢくの葉……………………………… 338
文化の儚さ………………………………… 344
文学非力説………………………………… 349
再び文学非力説に就いて………………… 355
現状への直言……………………………… 362
大東亜共栄圏と国民文学………………… 365
ものを作る者の心………………………… 367
文学に於ける人間の問題………………… 371
文化への反省……………………………… 378
文学の薄命………………………………… 385
文学と現実………………………………… 389
チエーホフは何故サガレンへ行つたか… 400
日本文学に於ける写生精神の検討……… 419
日本の近代小説と私小説的精神………… 429
文学者の運命……………………………… 445
小説の造型性……………………………… 453
悲劇の周囲………………………………… 455
リアリティとリアリズム………………… 461
小説の分りにくさの問題………………… 469
小説を書くといふこと…………………… 476
方法と個性と精神について……………… 482
文学的分裂精神…………………………… 491
病める文壇風景…………………………… 492
林檎を腐らせることについて…………… 494
小説流行時代……………………………… 502
俗物について……………………………… 504
誤解文化…………………………………… 506
言葉について……………………………… 509
未知なるものについて…………………… 511
文学青年論………………………………… 514
言語における痴呆現象の問題…………… 520
文学と倫理………………………………… 526
現代の寵児………………………………… 532
現代と現代文学における言葉の問題…… 539
作家の立場から…………………………… 549
古典とのめぐり合ひ……………………… 550
日本文学に於ける東洋と西洋…………… 553
芸術革命と革命芸術の問題……………… 559
読者の変化と今日の文学………………… 568
評論的実践と実践的作品………………… 573
文学修業の今昔…………………………… 580
読者の文学論争参加……………………… 582
日本文学の正統継承者としての任務を… 586
文学的思考方法といふこと……………… 588
第四者の出現……………………………… 593
反骨の姿勢………………………………… 601
社会科学者への提言……………………… 604
革命の文学と文学の革命………………… 614
文学的無翼 ……………………………… 632
職業としての文学………………………… 636
文学と悪魔………………………………… 639
ことばの魔術……………………………… 648
文学運動の基調…………………………… 661
歴史としての現実………………………… 665
現代の挫折について……………………… 668
批評家への期待…………………………… 684
純文学攻撃への抗議……………………… 687
純文学の過去と現在……………………… 697
純文学論争の根本点……………………… 710
純文学と昭和文学………………………… 713
純文学と文士……………………………… 727
「種蒔く人」と私の青春………………… 739
現代といふ時代…………………………… 748
現代史と小説……………………………… 763
昭和「新潮」私観………………………… 769
作家の職業化と文学……………………… 776
死について語る楽しみ…………………… 783
*解説・解題
解説(平野謙)……………………… 799
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 810
 


第14巻 1972.3.25
 
文芸時評
1929年
時評二つ……………………………………… 9
芸術の社会的価値とその芸術的法則の問題其他……12
1930年
作家と作品……………………………………21
目見得の弁……………………………………25
芸術派の技術主義……………………………28
五月……………………………………………30
技術の問題…………………………………30
文学進化の素因……………………………31
現実と構成…………………………………32
あせつて読む………………………………34
『吾が芸術観を語る』……………………36
『フィガロの結婚』の……………………38
同人雑誌一瞥 上…………………………39
同人雑誌一瞥 下…………………………40
消費面の鮮美………………………………41
面白い危険な『穴』………………………43
盗人に追銭…………………………………44
六月……………………………………………47
嘘と真実と…………………………………47
天使と賎民と………………………………48
製版工場の隅から…………………………50
出版に関して………………………………51
文章論断片…………………………………53
機械美への幻想……………………………55
プロレタリア文学…………………………56
ゴールドを語る……………………………57
これは羅針盤だ……………………………59
言葉の建築…………………………………61
言葉の階級性………………………………62
爽快なる下痢………………………………63
1933年
放談数刻………………………………………66
1934年
嗜虐の眼………………………………………73
十月……………………………………………76
1935年
職人万歳………………………………………83
1936年
放胆放題………………………………………89
文章展覧会………………………………… 102
時評日誌…………………………………… 116
美しい飢饉………………………………… 131
大きい犬と小さい犬……………………… 137
小説的開眼………………………………… 143
1937年
時評の任務に就いて……………………… 145
女流作家の秘密…………………………… 152
女流作家の秘密………………………… 152
搾木と屈折……………………………… 154
愛情と皮膚……………………………… 156
詩人の小説に就いて…………………… 158
西欧的文脈に現れた漢文口調…………… 160
小説修行と人間修行……………………… 163
私小説的長篇……………………………… 167
第一人称主格その他……………………… 170
批評と小説との背馳に就いて…………… 173
新人の文章感覚…………………………… 180
懸賞当選作品の型………………………… 183
創作短評…………………………………… 188
広津調のこと……………………………… 190
現地小説と「私」………………………… 192
大正つ子的性格の発言…………………… 194
十一月の創作……………………………… 199
1938年
現代小説風景……………………………… 202
文学は進歩しないか……………………… 209
最近の小説はどう動いてゐるか………… 213
1939年
異常とは何か……………………………… 220
三月………………………………………… 228
石川達三論……………………………… 228
岡本かの子論…………………………… 231
伊藤永之介論…………………………… 232
丹羽文雄論……………………………… 233
文芸時評論……………………………… 235
制作の動機………………………………… 237
制作の動機……………………………… 237
小説の秘密……………………………… 238
作家の企画才能………………………… 240
盛んな小説論…………………………… 241
1940年
新人論……………………………………… 243
新人論…………………………………… 243
愛と死…………………………………… 245
明暗と混合……………………………… 246
作家意識に就いて………………………… 248
羞恥なき文学……………………………… 253
九月………………………………………… 260
心情の論理………………………………… 265
日本文学者会の成立……………………… 271
諸氏の諸論への諸答……………………… 276
1941年
心境の復活………………………………… 281
1943年
四月………………………………………… 288
台湾の小説の総評………………………… 293
1947年
五月………………………………………… 300
1950年
小説批評…………………………………… 304
忍耐へのいざなひ………………………… 308
十月………………………………………… 313
1952年
現代小説の表情…………………………… 316
1954年
昭和文学の幾山河………………………… 321
小説の反リアリズム……………………… 326
1955年
日記と小説について……………………… 328
1956年
文学のデザイン化………………………… 333
1957年
小説の詐術………………………………… 338
1960年
十月………………………………………… 343
書評・選評・文芸短評
書評
ヤケクソ川端康成氏「イタリアの歌」… 351
黄昏の魅力………………………………… 352
「家族会議」と「渡辺崋山」…………… 353
動くといふこと…………………………… 355
文学の力…………………………………… 356
果して誨淫の書か………………………… 357
随筆集『新居』…………………………… 358
いらぬおしやべりを……………………… 359
現代日本文学はこの人を表彰せよ……… 362
小説的方法を持つた小説家の小説……… 364
身に沁みる言葉…………………………… 365
感心した本………………………………… 367
素足の娘…………………………………… 368
未の三碧とは何ぞや……………………… 369
遁世への抵抗……………………………… 374
ある文学的性格…………………………… 378
生新と独創………………………………… 382
「愛のかたち」と「結婚」……………… 384
フランスの画家たち……………………… 384
「芸術とは何か」を読んで……………… 385
内田巌著『ミレーとコロー』を読んで… 386
美へ開眼の試み…………………………… 389
『死刑宣告』雑感………………………… 390
現代的賢人の憂悶………………………… 392
アンダドッグ……………………………… 393
日本人の欠点について…………………… 398
豪華な銀座文献…………………………… 401
最も知らるべき本………………………… 402
生命感の充実を…………………………… 403
美術論集について………………………… 404
岩波講座『現代思想』第一巻を読んで…… 406
すかつとした文章………………………… 406
転向の二枝………………………………… 407
波乱の人生の記録………………………… 409
「図説日本美術史」を手にして………… 410
日本のテロリスト………………………… 413
大爆発の大収穫…………………………… 414
警世的な回顧……………………………… 416
偽善的な現代への攻撃…………………… 418
踏みにじられた民衆……………………… 419
典型的な精神形成史……………………… 420
興趣わく図版……………………………… 421
政治を見る文学の目……………………… 422
笑いと悲しみの戦時記録………………… 423
重厚な戦後文学論………………………… 425
「驢馬」復刻版に寄す…………………… 426
「不安の夜」……………………………… 428
旅行記の面白さについて………………… 431
けんらんたる回想記……………………… 435
抑制した感想の魅力……………………… 436
卓越した広津和郎論……………………… 438
独創的な視点の設定……………………… 440
知恵と知識との融合……………………… 442
青野季吉日記を読む……………………… 443
先駆的で完成的な詩……………………… 448
貴重な昭和秘録…………………………… 450
選後評
「月刊文章」短文選後評………………… 452
第53回「読売短篇小説賞」選評………… 488
「芥川賞」選評…………………………… 489
五月祭賞…………………………………… 498
文芸短評
燃焼が足らぬ……………………………… 500
明平篭城…………………………………… 501
一言………………………………………… 502
雑報………………………………………… 504
『有閑』批評家に告ぐ…………………… 505
中堅作家の奮起…………………………… 506
文学界(7月号) ………………………… 507
政治家的文士と民のくらし……………… 508
「お母さん」を読んで…………………… 509
太宰治 『冬の花火』『春の枯葉』…… 510
船山馨「魔術師」………………………… 511
シュヴァイツァーと私…………………… 512
芸術と生活………………………………… 513
*解説・解題
解説(篠田一士)…………………… 517
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 528
 


第15巻 1972.10.31
 
昭和文学盛衰史……………………………… 5
文学的現代紀行…………………………… 401
処世法について………………………… 403
実感の敗北について…………………… 410
職業としての文学について…………… 417
文学的文明開化思想について………… 424
日本主義の魅力について……………… 431
時代物に手を出すなといふことについて…… 438
輸入芸術の完成美について…………… 445
商品としての誠実について…………… 452
順応と反抗について…………………… 459
分類と統一について…………………… 467
芸術における死について……………… 474
*解説・解題
解説(山本健吉)…………………… 485
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 495
 


第16巻 1971.10.25
 
作家論・人物論
葉山嘉樹論…………………………………… 7
須井一論………………………………………13
川端康成………………………………………22
川端康成評伝………………………………22
川端康成短評………………………………30
浅草から……………………………………31
川端康成氏の魅力…………………………33
『浅草紅団』について……………………35
『愛する人達』について…………………39
川端さんの顔………………………………43
『虹・浅草の姉妹』について……………44
誠実が原動力………………………………47
解説(「新選現代日本文学全集3」) …48
処女作時代…………………………………54
旅の眼………………………………………57
昭和作家の典型……………………………60
川端さんについて…………………………63
肉感の果ては観念へ………………………65
水盛源一郎に就いて…………………………67
風貌……………………………………………70
北川冬彦とうなぎ…………………………70
尾崎士郎と魚のキモ………………………70
新田潤とたらこ……………………………70
武田麟太郎とコリント・ゲーム…………71
武田麟太郎……………………………………72
武田麟太郎氏の爪の垢……………………72
武田麟太郎について………………………77
武田麟太郎をしのぶ………………………84
阿部艶子………………………………………86
ある場合の返信―阿部艶子様……………86
谷崎潤一郎と丹羽文雄………………………89
谷崎潤一郎……………………………………92
作家の世界と見識…………………………92
丹羽文雄………………………………………93
ひとつの試論………………………………93
新田潤…………………………………………96
「崖」の跋…………………………………96
「太陽のある附近」の跋…………………98
林芙美子…………………………………… 100
林芙美子の人気………………………… 100
魅力と作家……………………………… 101
女流作家像………………………………… 104
北原武夫…………………………………… 114
徳田秋声…………………………………… 118
秋声先生を思ふ………………………… 118
秋声文学に関聯して…………………… 121
島木健作の死……………………………… 125
織田作之助………………………………… 129
花的なもの……………………………… 129
船山馨……………………………………… 130
永井荷風…………………………………… 131
『ひかげの花』『踊り子』について… 131
『おかめ笹』について………………… 134
浅草の荷風……………………………… 138
一つの文学精神の死…………………… 140
夏目漱石…………………………………… 142
『行人』について……………………… 142
倉田百三…………………………………… 148
宗教的精神について…………………… 148
倉田百三『絶対的生活』を読む……… 148
舟橋聖一…………………………………… 153
多感のひと……………………………… 153
高田保……………………………………… 156
平野謙……………………………………… 161
終始不変の思考密度 平野謙著『現代の作家』…… 165
中野重治…………………………………… 167
高村光太郎………………………………… 169
松永延造氏のこと………………………… 173
佐藤春夫のおひたちとその作品………… 175
和田芳恵…………………………………… 183
独特の文学愛…………………………… 183
エレンブルグ氏の印象…………………… 184
円地文子…………………………………… 187
『女坂』について……………………… 187
無慙の美………………………………… 191
大宅壮一…………………………………… 199
最初の何か……………………………… 199
竹山道雄…………………………………… 200
人間の回復……………………………… 200
吉行淳之介………………………………… 205
人間疎外の文学………………………… 205
青野季吉…………………………………… 214
青野さんのわがまま…………………… 214
フォークナー氏の印象…………………… 216
大仏次郎…………………………………… 219
パリの大仏さん………………………… 219
正宗白鳥…………………………………… 221
白鳥氏の霊に…………………………… 221
大杉栄……………………………………… 221
中村真一郎における文学的反逆………… 231
北一輝……………………………………… 233
大魔王観音……………………………… 233
十返肇の死………………………………… 248
詩論・詩人論
Chartist Movementと“Political Poets”…… 253
詩への局外言……………………………… 261
詩に就いて………………………………… 266
菊岡久利…………………………………… 268
ひとつのプロテスト…………………… 268
詩と詩人について………………………… 269
私の見た現代詩…………………………… 272
詩への感謝………………………………… 275
三人の詩について 島崎藤村・千家元麿・萩原恭次郎の詩の鑑賞…… 287
トーマスと元麿…………………………… 299
現代詩について…………………………… 301
現代詩に望むこと……………………… 301
『日本詩集』一九五七年版編纂のあとで…… 301
詩に関するメモ…………………………… 303
物体としての詩 吉岡実の作品………… 310
わが愛する詩……………………………… 312
美術論
化け物……………………………………… 315
展覧会評…………………………………… 317
Mondialといふことについて …………… 319
梅原龍三郎 安井曽太郎 自選展……… 324
十五人展 野口弥太郎…………………… 325
画家の飛躍について―三雲祥之助氏のアトリエ訪問…… 326
美神の愛について………………………… 330
さまざまな画について…………………… 338
ピカソとブラック……………………… 338
ピカソ陶器『球上の静物』…………… 340
マチス『ルノアールの庭』…………… 340
ルオー『ピエロさん』………………… 341
マルシャン『海の太陽』……………… 341
ロートレック…………………………… 342
メキシコの画家………………………… 342
古径『清姫物語』……………………… 343
楢重の裸婦……………………………… 344
ピカソについて…………………………… 345
詩と絵画について………………………… 347
雪の画について…………………………… 357
美と現実について………………………… 360
ノン・オブジェクチヴについて………… 363
現代画家について………………………… 369
古彫刻について…………………………… 372
法隆寺百済観音………………………… 372
興福寺天燈鬼…………………………… 373
薬師寺神功皇后坐像…………………… 374
上杉重房像……………………………… 375
銅造釈迦如来倚像………………………… 376
欧米商業美術展覧会……………………… 377
絵画と社会批判…………………………… 379
展覧会への疑問…………………………… 383
私の鑑賞と意見…………………………… 385
大雅に関連して…………………………… 386
ファン・ゴッホの生涯と芸術…………… 388
石垣栄太郎遺作展………………………… 415
唐招提寺…………………………………… 416
四人の画家 その人生と芸術…………… 421
中宮寺の半跏思惟像……………………… 426
梅原龍三郎展から 「自画像」一九一一年…… 428
画を大切にした人………………………… 429
ド・スタール 「壷と瓶のある静物」… 429
ピカソ展の印象…………………………… 430
グレコ展をみる…………………………… 432
坂本繁二郎展から………………………… 433
ビュッフェの絵…………………………… 434
ルノワール 太陽と女たちの祭り……… 436
マイヨール展をみる……………………… 438
映画・演劇論
三人姉妹第四日目観劇雑感……………… 443
二十八回公演「春のめざめ」…………… 444
爛酔第六日目観劇感……………………… 446
『叔父ワァニャ』の印象………………… 447
悲劇の第四型……………………………… 449
『想恋記』と『拵へられた男』………… 452
制作座に就いて…………………………… 453
Daily Workerの映画記事から…………… 454
ルンペン物の再考察……………………… 458
「セエプ」に関聯して…………………… 463
「じやじや馬馴らし」映画に就いて…… 465
『映画的』に就いて……………………… 470
カワードその他…………………………… 475
わが三好セイカイ入道…………………… 477
シモーヌ・シモンに就いて……………… 479
映画雑筆…………………………………… 481
八重垣姫・鮎攻めその他………………… 484
耳による戦功……………………………… 485
映画「若い人」に就いて………………… 487
「若い人」映画化に就いて……………… 489
撮影所の嘱託に成つて…………………… 490
憂鬱な役者………………………………… 495
ディアナ・ダアビンに就いて…………… 498
「化石の森」とアラン的インテリ……… 501
妄想妄語…………………………………… 503
江戸川蘭子………………………………… 505
映画と文芸………………………………… 508
江東楽天地の芝居………………………… 513
少女歌劇論………………………………… 516
日本映画への愛情………………………… 521
日本映画の欠陥は何か…………………… 523
「逢魔の辻」を見て……………………… 525
岸松雄……………………………………… 528
絢燦たる真剣……………………………… 529
女優に就いて……………………………… 533
伊藤貞助と「金銭」……………………… 536
試写室での鑑賞…………………………… 537
豊田正子と高峰秀子……………………… 541
幻滅の少女歌劇…………………………… 543
映画の芸術………………………………… 548
子役が大きくなると……………………… 550
木暮実千代………………………………… 552
タアキイに会ふ…………………………… 554
映画の感動に就いて……………………… 558
ある日撮影所へ行く……………………… 560
「民族の祭典」を見て…………………… 563
好きな女優………………………………… 564
動きと結果………………………………… 566
二つの映画からの感想…………………… 568
映画を見る気持…………………………… 570
映画と小説………………………………… 573
芸術に於けるデカダンス………………… 577
日本の美…………………………………… 581
写真のこと………………………………… 583
演劇性の復活……………………………… 585
レヴィウの話……………………………… 590
この喜び…………………………………… 594
観念性と通俗性…………………………… 595
「陽のあたる場所」を見る……………… 597
五所平之助論……………………………… 599
世界一アイス・ショウに寄せて………… 602
俳優座『二人だけの舞踏会』…………… 603
ドン・コザック…………………………… 604
写真について……………………………… 606
「木の十字架」少年合唱団……………… 610
「チャップリンの独裁者」を見る……… 611
映画「わが闘争」を観る………………… 614
映画「如何なる星の下に」を見て……… 616
*解説・解題
解説(奥野健男)…………………… 621
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 634
 


第17巻 1973.5.20
 
社会時評
退職手当問題と女教諭服毒…………………17
殺人焼酎の横行………………………………18
大学とアカデミズム…………………………19
「現代の女性におくる言葉」を問はれて…22
生活の協力者としての女性…………………24
春と俸給生活者………………………………28
人間時評………………………………………30
蘭印から帰つて………………………………35
1 心の美しさ………………………………35
2 ある実感…………………………………37
3 作法に就いて……………………………38
バーモ長官の印象……………………………39
遥かに緬印国境の戦線を想ふ………………40
指導者としての日本人………………………45
バモウ首相に呈す……………………………49
命を挙げて……………………………………51
戦ふビルマ少国民……………………………52
応徴の友へ……………………………………56
過程と本質について…………………………57
政治とは力か…………………………………60
缶詰人生について……………………………61
“チャタレイ裁判”が八日から開かれる…65
政治と政治主義………………………………66
サラリーマンの実態…………………………71
日本の貧困……………………………………75
幸福について…………………………………78
メーデー流血事件目撃の感想………………83
文士の乞食旅行………………………………85
パンパンについて……………………………88
新聞について…………………………………92
拝金主義的傾向について……………………94
馬意と馬食……………………………………99
はたして今は明るい時代か……………… 101
日本共産党のお忘れもの………………… 108
革命的エネルギー………………………… 118
現代悪徳論………………………………… 120
不穏な集会といはれて…………………… 122
警職法改正の嵐を前に…………………… 126
過剰………………………………………… 133
戦争責任の再検討………………………… 135
懐しき文学論時代………………………… 138
若いエネルギー…………………………… 143
読書の楽しみと擬似読書………………… 145
ぽかんと怠ける時間……………………… 148
八月十五日を忘れたい…………………… 150
人間としてのショック…………………… 153
拝外と排外………………………………… 155
戦争はなんだつたか……………………… 156
参院選に思ふ……………………………… 161
戦争よ、こんばんは……………………… 165
気むづかしい感想………………………… 167
無責任の責任……………………………… 170
自伝・交友録
あの日この日……………………………… 175
不愉快な青春……………………………… 176
日暦の人々………………………………… 178
怒り蟲……………………………………… 181
松葉杖……………………………………… 183
帰りなん、いざ…………………………… 185
十年前の仲間……………………………… 188
年末感……………………………………… 190
金銭と女…………………………………… 192
自己を語る………………………………… 194
わが交友録………………………………… 197
わが初恋…………………………………… 198
英文科卒業生……………………………… 201
法科的と文科的…………………………… 204
売られた古雑誌…………………………… 206
事変の秋…………………………………… 210
私たちの妖婦……………………………… 214
ぐうたら日記……………………………… 217
感覚的な話………………………………… 220
那珂孝平氏へ……………………………… 224
文学的自叙伝……………………………… 225
閑中忙語…………………………………… 233
生きて来た母へ…………………………… 236
我が交友記………………………………… 245
築地小劇場と私…………………………… 247
子の死……………………………………… 249
「今年はどんな題材を」と問はれて…… 252
自分について……………………………… 253
作家の生涯………………………………… 268
某月某日…………………………………… 274
私の読書遍歴……………………………… 276
落書………………………………………… 278
わが青春について………………………… 279
大阪の友人………………………………… 286
自叙伝……………………………………… 290
祝詞に代へて……………………………… 296
ノイローゼについて……………………… 299
一高時代の思ひ出………………………… 313
母校・府立一中…………………………… 314
馬糞うに…………………………………… 316
二十五年間の写真………………………… 317
秘田余四郎氏……………………………… 322
ある日の日記……………………………… 323
某月某日…………………………………… 324
苦しかつた時代…………………………… 326
コロムビアの思ひ出……………………… 328
再会………………………………………… 329
ノイローゼをなほすまで………………… 331
青春放浪…………………………………… 333
快傑テロレンの死………………………… 343
自作について
創作余談…………………………………… 357
「故旧忘れ得べき」覚書………………… 360
処女作と出世作…………………………… 362
私の小説勉強……………………………… 365
わが処女作について……………………… 371
「故旧忘れ得べき」の頃………………… 375
私の代表作………………………………… 379
如何なる題の下に………………………… 380
わが小説…………………………………… 383
昭和十一年前後…………………………… 384
はじめての本……………………………… 387
「いやな感じ」を終つて………………… 388
作者のことば……………………………… 390
受賞の言葉………………………………… 391
鎌倉文庫・ペンクラブ・日本近代文学館
嬉しい転手古舞…………………………… 395
鎌倉文庫について………………………… 397
東と西について…………………………… 403
国際ペン東京大会によせて……………… 408
東と西……………………………………… 409
国際ペン大会を終へて…………………… 412
国際ペン大会の感想……………………… 415
ペン大会の収穫…………………………… 420
一言………………………………………… 422
貴重な屑雑誌……………………………… 423
明日の日本文化への本質的な貢献を…… 425
「近代文学史展」開催に当たつて……… 425
恋愛論・女性論
恋愛時評…………………………………… 431
新しい恋愛概念の苗床を………………… 434
子供に就いて……………………………… 436
魅力について……………………………… 440
純潔について……………………………… 444
母といふ女について……………………… 447
青春の悔い………………………………… 449
離婚について……………………………… 453
嫉妬について……………………………… 457
失恋について……………………………… 458
失はれた失恋について…………………… 469
恋愛について……………………………… 474
魅力について……………………………… 482
初恋について……………………………… 485
『天使の時間』の久美子………………… 488
自由とは何か……………………………… 491
女の美しさについて……………………… 495
男の恋、女の恋…………………………… 499
貞操について……………………………… 503
野花と蜜蜂………………………………… 506
青春の自壊………………………………… 509
恋のアヴァンチュール…………………… 510
離婚は女の勲章…………………………… 514
高見・幸福獲得相談室…………………… 517
嫉妬の効用………………………………… 522
近代日本の恋愛観の変遷………………… 530
心と心がふれあふとき…………………… 548
わが永遠の女性像………………………… 554
恋愛の才能………………………………… 556
*解説・解題
解説(小田切進)…………………… 561
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 567
 


第18巻 1970.6.25
 
反時代的考察………………………………… 7
きのうきよう…………………………………35
青春のために…………………………………56
現実と現象について…………………………93
エロスの招宴……………………………… 102
泡言集……………………………………… 231
好き好き…………………………………… 241
わが冗舌…………………………………… 269
異性読本…………………………………… 289
憂楽帳……………………………………… 339
ちよつと一服……………………………… 348
くらしの中の美について………………… 476
夕閑帖……………………………………… 502
ひとつの道………………………………… 570
*解説・解題
解説(安岡章太郎)………………… 595
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 605
 


第19巻 1974.1.10
 
海外紀行
蘭印の印象……………………………………21
蘭印点描………………………………………46
その1
芽の出る柱…………………………………46
パッサル……………………………………47
ワヤン・オラン……………………………48
蘭印の邦人…………………………………49
土民映画……………………………………51
ジャバの本屋と本…………………………52
その2
電燈…………………………………………54
日附…………………………………………54
一と踊………………………………………55
馬車…………………………………………56
活気…………………………………………57
防諜…………………………………………58
鈴……………………………………………60
三輪車………………………………………60
子供…………………………………………61
土民の女………………………………………63
蘭印点描………………………………………73
蘭印映画記……………………………………82
蘭印での感想…………………………………89
南への旅………………………………………95
神戸からパラオまで………………………95
パラオ寄港……………………………… 102
附、スラバヤ日記……………………… 113
船中日記………………………………… 114
メナド寄港……………………………… 118
マカッサル寄港………………………… 140
スラバヤ日記…………………………… 151
ブロモ登山……………………………… 163
マラン日記……………………………… 167
ビルマ日記 現地通信…………………… 174
ヴィクトリア・ポイント見聞記……… 174
ビルマ戦線へ…………………………… 191
ラングーン通信………………………… 210
前線にて………………………………… 222
マンダレー入城………………………… 225
第一線の最高指揮官…………………… 233
ビルマ戦場の草木……………………… 237
マンダレーからラングーンへ………… 253
ラングーン点描………………………… 273
ビルマ雑記………………………………… 276
バーモウ国家代表の印象……………… 276
洋服を着ないビルマ人………………… 277
ビルマの作家…………………………… 279
ビルマの文芸界………………………… 281
ビルマの文化…………………………… 286
ビルマの大学…………………………… 290
ビルマの女性…………………………… 291
ビルマの美人…………………………… 295
ビルマ人の性格………………………… 298
ビルマの野盗…………………………… 301
ビルマの少年…………………………… 304
ラングーンの諸民族…………………… 306
ビルマ人への態度……………………… 311
ビルマの志士…………………………… 312
ビルマの友へ…………………………… 315
ビルマに於ける印度兵と印度人……… 317
現地での或る経験……………………… 325
子供の遊びその他………………………… 329
芸術の背景その他………………………… 333
ビルマの印象……………………………… 339
民族の若さ……………………………… 339
愛国のこころ…………………………… 343
ロンジーに就いて……………………… 347
印度人の場合…………………………… 351
ビルマ文学の現状……………………… 354
仏像とパゴタ…………………………… 358
西洋人の東洋観………………………… 360
言語・音楽・宗教……………………… 365
文化の伝統……………………………… 370
伝統断絶の原因………………………… 373
諸行無常その他………………………… 376
ビルマ戦線を偲ぶ……………………… 382
祈りの国 ビルマ………………………… 388
食…………………………………………… 389
アジア知識人会議の旅より……………… 393
旅の実感について………………………… 394
タイの丼池………………………………… 397
アジアの情熱……………………………… 400
インドで私は何を見たか………………… 411
人間に会ひにゆく………………………… 421
ソ連の印象………………………………… 423
ある夜のパリ……………………………… 431
モスクワ・パリの一〇〇〇時間………… 435
ソ連・フランスの旅から帰つて………… 443
モスクワの印象…………………………… 456
国内紀行
北海道……………………………………… 461
黒い旅烏…………………………………… 463
学問した旅………………………………… 464
女の眼玉…………………………………… 466
飛騨の異邦人……………………………… 469
こうじゆ取り……………………………… 472
二等車……………………………………… 473
海の幸、山の幸…………………………… 477
郷土人形…………………………………… 480
海と山……………………………………… 484
わが故郷…………………………………… 487
千曲川畔の温泉…………………………… 494
高麗神社の植木市………………………… 497
東京から京都まで………………………… 503
能登の草木………………………………… 507
伊豆のシャボテン高原…………………… 510
八丈島……………………………………… 513
京都思ひ出すまま………………………… 518
名作取材紀行……………………………… 521
東京散歩
わが住む界隈……………………………… 525
浅草の悲しみ……………………………… 528
稲荷利生記………………………………… 531
酸漿市……………………………………… 534
麻布と銀座………………………………… 536
K・Y女史生誕百年祭……………………… 538
寝そべる浅草……………………………… 550
妙な名前…………………………………… 553
浅草雑談…………………………………… 555
身勝手な浅草案内記……………………… 558
昔の浅草…………………………………… 567
浅草の顔…………………………………… 569
慰安と魅力………………………………… 570
昔の浅草…………………………………… 571
未来の浅草………………………………… 572
思ひ出の酒………………………………… 573
兜町について……………………………… 575
文学散歩バス……………………………… 585
浅草の小説………………………………… 587
師走の銀座………………………………… 593
銀座で働く女性…………………………… 595
日本橋……………………………………… 597
随想
豚に関して………………………………… 601
同名異人…………………………………… 603
人間に関する感想………………………… 604
随筆といふもの…………………………… 607
色魔………………………………………… 609
春は家から………………………………… 610
手帖から…………………………………… 612
娯楽………………………………………… 616
悪食の悲しみ……………………………… 618
新春鶏鳴…………………………………… 620
僕と海……………………………………… 623
踏切と朝湯………………………………… 624
奇妙な連絡………………………………… 625
悪食ばなし………………………………… 627
隣家の犬…………………………………… 632
柴犬………………………………………… 633
青眼白眼…………………………………… 635
感想………………………………………… 636
感激といふこと…………………………… 640
雷…………………………………………… 642
表情美……………………………………… 643
幸福な作家………………………………… 645
美しい景色………………………………… 647
善意の失言………………………………… 648
銭湯での感想……………………………… 649
ある恐怖…………………………………… 652
可笑しな神経……………………………… 653
条件について、その他…………………… 657
「御婦人に手紙を出す時は」とその要領を問はれて…… 661
横丁の挨拶………………………………… 662
顔について………………………………… 663
子供………………………………………… 666
私的雑談…………………………………… 667
嫌人的……………………………………… 669
相撲に就いて……………………………… 671
不幸が幸福………………………………… 673
かなしみ…………………………………… 675
馬鈴薯……………………………………… 678
あまのじやく……………………………… 679
イヌノフグリ……………………………… 681
畸型の心…………………………………… 682
座席の荷物………………………………… 683
諦めた顔…………………………………… 685
声について………………………………… 686
人間の進歩について……………………… 690
最初の単語………………………………… 695
愛と腕力…………………………………… 696
新聞小説私見……………………………… 697
自分の声について………………………… 699
間来………………………………………… 701
悪魔と神…………………………………… 703
シドミの実………………………………… 706
びつこの犬………………………………… 708
ヒツジの共食ひ…………………………… 710
花について………………………………… 711
座右の書…………………………………… 715
文化教養について………………………… 716
辞書について……………………………… 719
ディートリッヒのことなど……………… 722
おしやれについて………………………… 723
湖と木について…………………………… 726
季節の言葉………………………………… 729
女…………………………………………… 730
ダライ盤その他…………………………… 731
泰平のお正月……………………………… 733
文学のキリ、人生の結び………………… 735
ヰノシシの日本…………………………… 736
芽…………………………………………… 738
大失態……………………………………… 739
歌仙貝……………………………………… 742
バンク……………………………………… 743
終戦の年の暮れ…………………………… 745
新春漫筆…………………………………… 747
匂ひに関する雑談………………………… 749
ハナイカダ………………………………… 751
怠ける場所………………………………… 754
化粧と衣裳………………………………… 754
コホロギ…………………………………… 756
恐怖臭……………………………………… 757
お化け草…………………………………… 759
*解説・解題
解説(小田切進)…………………… 763
解題…………………………………… 770
 


第20巻 1974.8.15
 
樹木派………………………………………… 9
樹木派………………………………………11
死…………………………………………12
道…………………………………………13
一草一花…………………………………14
試み………………………………………14
ひとり……………………………………15
喜び悲しみ………………………………16
新緑………………………………………17
打診………………………………………18
扉の外……………………………………19
枝葉末節の揺れ…………………………20
揺れてゐる………………………………21
白い手袋…………………………………23
目に見える音楽…………………………24
鳥の影……………………………………25
大和の椎茸………………………………26
飽きない木………………………………27
立つてゐる樹木…………………………28
ツユ草……………………………………28
夕暮………………………………………30
景色………………………………………30
急ぐ蟲……………………………………32
昼…………………………………………33
ある充実…………………………………34
雲と石……………………………………35
ダリア……………………………………35
九月某日…………………………………36
心の渚……………………………………37
黒…………………………………………38
空を見てゐると…………………………40
天の椅子…………………………………41
天の足音…………………………………42
空の要素…………………………………43
彼等………………………………………44
窓…………………………………………46
葡萄に種子があるやうに………………47
生…………………………………………48
思ひ出が帰つて来た……………………49
内部………………………………………50
烏…………………………………………50
戦慄………………………………………51
翼を持たぬ告知者………………………53
歌…………………………………………54
葉脈………………………………………56
不安………………………………………58
智慧………………………………………59
何を尋ねて何千里………………………61
案外知られてない事実…………………62
未来………………………………………64
一度だけの人生…………………………66
曇天………………………………………68
雨が降る…………………………………68
忍耐………………………………………69
影…………………………………………70
深夜の樹木………………………………71
批評………………………………………72
楽しみ……………………………………73
鉛筆………………………………………74
夜…………………………………………75
苦しみ……………………………………76
黄昏………………………………………77
天の茶碗…………………………………78
去つて行く日々…………………………80
同じ道……………………………………81
天…………………………………………82
風…………………………………………83
大正の少年………………………………84
空の下……………………………………86
作詩………………………………………87
病む詩……………………………………88
喜ばねばならない………………………89
波…………………………………………90
樹木派……………………………………92
抒想系樹木派前期…………………………93
デューラーと樹木………………………94
梅…………………………………………95
馬遠筆寒江独釣図………………………96
樹木(1) ………………………………99
樹木(2) …………………………… 100
樹木(3) …………………………… 100
樹木(4) …………………………… 101
現在…………………………………… 101
光(1) ……………………………… 102
光(2) ……………………………… 103
光(3) ……………………………… 104
光(4) ……………………………… 105
光(5) ……………………………… 106
光(6) ……………………………… 107
光(7) ……………………………… 108
光(8) ……………………………… 109
光(9) ……………………………… 110
光(10)……………………………… 111
光(11)……………………………… 112
光(12)……………………………… 113
僕は衰へてゐる……………………… 113
消えろ………………………………… 115
骨……………………………………… 115
いきであるな………………………… 116
出発…………………………………… 117
旅……………………………………… 118
優美なるもの………………………… 120
足音…………………………………… 122
燃えてない…………………………… 124
ガラス………………………………… 125
自殺する椅子………………………… 126
極めて写実的な肖像画……………… 127
夜明けの痛み………………………… 128
さういふ笑ひは僕には困る………… 129
無題…………………………………… 131
爪のホシ……………………………… 132
音楽…………………………………… 133
事件…………………………………… 135
高見順詩集………………………………… 137
いつからか野に立つて………………… 139
いつからか野に立つて……………… 140
マッチ………………………………… 142
出口…………………………………… 143
猫……………………………………… 144
触手…………………………………… 145
果実が美しく………………………… 147
けもの等とともに…………………… 150
その部屋に入ると…………………… 152
待つてゐると………………………… 155
美しい五月の朝なのに……………… 156
過去の豚……………………………… 159
顔……………………………………… 160
二つの影……………………………… 161
私にはそれが見える………………… 164
地図…………………………………… 166
樹木派後期……………………………… 169
ベンチ………………………………… 170
光るもの……………………………… 171
私の聖者……………………………… 173
夜のコーヒー茶碗…………………… 175
私のなかを…………………………… 177
僕だけの光り………………………… 179
ジヤツクの豆の木…………………… 181
わが埋葬…………………………………… 185
おれの期待1 …………………………… 187
おれの期待2 …………………………… 188
おれの期待3 …………………………… 189
おれの期待4 …………………………… 190
おれの期待5 …………………………… 192
幸福……………………………………… 194
口耳……………………………………… 195
さまざまな時のなかで………………… 197
わが願い………………………………… 199
虹………………………………………… 200
天の声…………………………………… 201
消えたがる……………………………… 202
浚渫船…………………………………… 203
この盲目………………………………… 205
蜜蜂のようなものが…………………… 206
冬は……………………………………… 207
岩と風…………………………………… 208
風………………………………………… 210
わが埋葬………………………………… 211
怒り……………………………………… 212
けむり…………………………………… 213
白い馬…………………………………… 213
みんな山へ……………………………… 215
地上の愛………………………………… 216
心の底を………………………………… 218
ショウ・ウインドウ…………………… 219
黒い船…………………………………… 220
ノアの酒………………………………… 222
死の淵より………………………………… 223
死の淵より……………………………… 225
I
死者の爪……………………………… 227
三階の窓……………………………… 227
ぼくの笛……………………………… 230
帰る旅………………………………… 231
汽車は二度と来ない………………… 233
死の扉………………………………… 235
泣きわめけ…………………………… 235
赤い実………………………………… 236
突提の流血…………………………… 237
渇水期………………………………… 238
不思議なサーカス…………………… 239
魂よ…………………………………… 244
II
青春の健在…………………………… 249
電車の窓の外は……………………… 251
生と死の境には……………………… 254
みつめる……………………………… 255
小石…………………………………… 256
愚かな涙……………………………… 257
望まない……………………………… 258
花……………………………………… 259
夢に舟あり…………………………… 260
黒板…………………………………… 261
文士というサムライ………………… 262
ハヤクオイデヨ……………………… 264
巻貝の奥深く………………………… 265
荒磯…………………………………… 266
III
陽気な鬼……………………………… 269
黒くしめった………………………… 271
円空が仏像を刻んだように………… 272
洗えと言う…………………………… 273
庭で(1) …………………………… 274
過去の空間…………………………… 275
車輪…………………………………… 278
血だらけの手………………………… 279
耳のある自画像……………………… 280
明治期………………………………… 281
大正末期……………………………… 282
昭和期………………………………… 282
讃歌…………………………………… 283
巡礼…………………………………… 283
おれの食道に………………………… 287
庭で(2) …………………………… 292
「死の淵より」拾遺…………………… 295
おそろしいものが…………………… 297
この埋立地…………………………… 299
心のけだもの………………………… 300
心の部屋……………………………… 301
抜け毛………………………………… 302
執着…………………………………… 303
砂……………………………………… 303
水平線の顔…………………………… 306
夜の水………………………………… 307
ケシの花……………………………… 309
「わが埋葬」以後……………………… 311
奴の背中には………………………… 313
まだでしょうか……………………… 314
揺れるブランコ……………………… 316
醜い生………………………………… 317
告白…………………………………… 319
恥……………………………………… 320
オルガン……………………………… 321
ラムネの玉…………………………… 322
とびきり上等なレッテル…………… 323
失われたタヌキ……………………… 325
老いたヒトデ………………………… 328
重量喪失…………………………………… 331
重量喪失………………………………… 333
序の詩………………………………… 334
空を見てゐるとII…………………… 335
空を見てゐるとIII ………………… 336
流派…………………………………… 337
芽……………………………………… 338
露命…………………………………… 339
差別…………………………………… 340
みんな家においてきた……………… 341
奇怪な腐敗…………………………… 342
リアリズム…………………………… 343
朝の土………………………………… 343
芽II…………………………………… 345
色眼鏡………………………………… 345
鏡……………………………………… 346
煽情的な空…………………………… 347
雲……………………………………… 347
八月三十一日………………………… 348
制作…………………………………… 349
蜂……………………………………… 350
蚊……………………………………… 351
蟻……………………………………… 352
心のやうに…………………………… 353
炎天…………………………………… 354
あるいつとき………………………… 355
積木…………………………………… 356
落葉せぬ……………………………… 357
好き嫌ひ……………………………… 358
いやな熱……………………………… 359
喜び…………………………………… 361
サイコロ形の世界…………………… 362
重量喪失……………………………… 363
目に見えない海……………………… 364
魔法のバスケット…………………… 367
注射…………………………………… 369
売られる神…………………………… 370
気分…………………………………… 371
円光ある想ひ………………………… 373
童謡…………………………………… 374
素足の心……………………………… 375
耳の虫………………………………… 376
十月…………………………………… 376
陥星…………………………………… 378
私にはそれが見える………………… 379
川……………………………………… 382
墓場の苔……………………………… 383
童話…………………………………… 384
扉……………………………………… 385
淵……………………………………… 387
食べもの……………………………… 388
重量喪失拾遺…………………………… 389
牧渓の虎……………………………… 390
樹木5 ………………………………… 392
樹木6 ………………………………… 393
樹木7 ………………………………… 394
ある樹木《樹木8》 ………………… 395
餓鬼…………………………………… 396
心境…………………………………… 398
竹……………………………………… 401
私の心は盲ひてゐる………………… 402
私の卵………………………………… 403
いやな蛇……………………………… 404
くたびれた犬………………………… 406
種子…………………………………… 407
燃えろ………………………………… 407
金網の如く…………………………… 409
画面…………………………………… 410
小さな箱……………………………… 412
小さな声……………………………… 413
小さな魚……………………………… 414
小さな石……………………………… 415
波の音………………………………… 415
旅芸人………………………………… 418
霧……………………………………… 420
われは草なり………………………… 424
秋の夫人……………………………… 426
夜の影………………………………… 428
光……………………………………… 429
今日もまた……Nに ………………… 431
天景…………………………………… 432
道ばたの花…………………………… 433
昔の風………………………………… 435
見えてくる…………………………… 436
畑の地………………………………… 437
凍土の大根…………………………… 438
不思議な力を心に覚える…………… 438
補遺………………………………………… 441
無題……………………………………… 443
三十五歳の詩人………………………… 444
ノロシ…………………………………… 445
歌………………………………………… 447
自らに与へる詩………………………… 448
冬………………………………………… 449
彼………………………………………… 451
或る日曜日の記録……………………… 453
禅月大師筆十六羅漢の一……………… 455
部屋に鍵をかけて……………………… 457
窓………………………………………… 458
新しい年が……………………………… 460
さまざまな角笛…………………………… 461
*解説・解題
解説(清岡卓行)…………………… 593
解題(小野芙紗子,武田文章) …… 604
 


別巻 高見順研究 1977.9.30
 
I 作家論
高見順断片(山室静)……………………… 5
高見順(平野謙)…………………………… 9
高見順論(青柳優)…………………………43
高見順氏について(十返肇)………………47
高見順論―主としてスタイルについて(北原武夫)……62
高見順(中島健蔵)…………………………64
高見順論(渋川驍)…………………………68
中野重治と高見順(窪川鶴次郎)…………71
技巧の羞恥(中村光夫)……………………83
高見順論(矢崎弾)…………………………93
高見順(中村真一郎)…………………… 113
東京のヘドを吐く作家(山本健吉)…… 120
反俗的俗物(花田清輝)………………… 131
高見順(日沼倫太郎)…………………… 136
高見順「解説」(中野好夫)…………… 153
高見順論(平林たい子)………………… 160
高見順=挫折者の夢(磯田光一)……… 164
高見順(佐々木基一)…………………… 175
高見順「解説」(久保田正文)………… 181
高見順論(亀井秀雄)…………………… 188
時代について(奥野健男)……………… 203
高見順(川端康成)……………………… 214
高見順「解説」(中村真一郎)………… 218
高見順「解説」(本多秋五)…………… 229
高見順の人間研究(今日出海)………… 239
高見順「解説」(川端康成)…………… 248
高見順(久保田正文)…………………… 260
オデュッセウスの帰還(磯田光一)…… 286
高見順とチェーホフ(旭季彦)………… 301
仮面の人―小説・高見順(豊田穣)…… 314
高見順の『文学非力説』(平野謙)…… 357
II 作品論
「虚実」(渋川驍)……………………… 365
「流木」(阿部知二)…………………… 366
高見順の「私の小説勉強」(豊田三郎)…… 367
「故旧忘れ得べき」解説(武田麟太郎)…… 371
「花さまざま」(新田潤)……………… 374
「如何なる星の下に」解説(北原武夫)…… 375
高見順「文芸随感」(小田切秀雄)…… 377
「故旧忘れ得べき」について(野間宏)…… 380
高見順論―詩集『樹木派』をめぐって(真壁仁)…… 382
高見順『インテリゲンチヤ』(寺田透)…… 392
「天の笛」解説(武田泰淳)…………… 395
「胸より胸に」解説(中村真一郎)…… 397
『如何なる星の下に』(伊藤整)……… 400
対談・現代文壇史(猪野謙二)………… 403
「都に夜のある如く」解説(亀井勝一郎)…… 405
告白と共感の位相(橋川文三)………… 408
結着のつかぬ現実―『敗戦日記』高見順著―(堀田善衛)…… 418
敗戦日記(青野季吉)…………………… 419
「わが埋葬」解説(清岡卓行)………… 420
高見順氏の『いやな感じ』(金子光晴)…… 424
高見順『いやな感じ』(久保田正文)… 425
いやな感じ(伊藤整)…………………… 428
大疑アレバ大信アラン(本多秋五)…… 429
詩集 「死の淵より」(安東次男)…… 436
高見順詩集「死の淵より」について(村野四郎)…… 438
高見順日記が語るもの(木下順二)…… 440
高見順日記・第三巻(臼井吉見)……… 443
『死の淵より』について(井上靖)…… 444
高見順の新しい詩集について(伊藤整)…… 448
高見順詩画集 『重量喪失』(鶴岡冬一)…… 451
高見順詩画集 『重量喪失』(吉行淳之介)…… 452
「高見順日記」を読む(伊藤整)……… 453
III 人物論
高見順(宇野浩二)……………………… 459
腐触の時を(坂本満津夫)……………… 462
高見さんのこと(佐多稲子)…………… 465
高見順の死(金子光晴)………………… 467
悲しい思い出(中村真一郎)…………… 468
高見順君を送る(伊藤整)……………… 470
高見順氏のこと(山本健吉)…………… 471
最後の高見順さん(小田切進)………… 473
母と日記と仏教と(丹羽文雄)………… 476
高見順の死をいたんで(壷井繁治)…… 478
高見順と文学館(稲垣達郎)…………… 480
高見順の文学世界(渋川驍)…………… 482
高見順と昭和文学(磯田光一)………… 484
高見順をいたむ(内野荘児)…………… 486
晩年の高見さん(八木福次郎)………… 488
ビルマの葉巻き(倉島竹二郎)………… 490
“昭和知識人”の苦悩の典型(奥野健男)…… 492
高見順をおもう(中野重治)…………… 496
高見順と東大新聞のこと(末松満)…… 500
弔辞(伊藤整)…………………………… 502
弔辞(芹沢光治良)……………………… 503
高見順断片(平野謙)…………………… 505
逗子時代の高見さん(本多秋五)……… 512
高見さんのこと(円地文子)…………… 517
完璧な近代作家(田村泰次郎)………… 521
高見順氏と私(吉行淳之介)…………… 526
高見順の高間芳雄時代(新田潤)……… 529
回想の高見順(中村真一郎)…………… 534
弟子・闇市のかなしみ(井上光晴)…… 542
鴨川の高見さん(近藤啓太郎)………… 546
制作座の頃の高見順(新田潤)………… 551
順応と反抗(中村光夫)………………… 556
高見順の死(南川周三)………………… 561
悲しみの虹(黒田三郎)………………… 564
高見順と永井荷風(阪本越郎)………… 570
別れのことば(中島健蔵)……………… 573
癌とそうめん(埴谷雄高)……………… 579
高見順と歴史(本多秋五)……………… 581
含羞の怒り(石原慎太郎)……………… 587
高見さんと「日暦」(大谷藤子)……… 589
同人雑誌時代の高見順(小田切進)…… 592
「鎌倉文庫」時代の高見順氏(巌谷大四)…… 600
高見さんのこと(水上勉)……………… 604
「共産党員として死にたい」(神山茂夫)…… 607
「高見順像」と「名医像」(朝井閑右衛門)…… 614
最初の文士(田辺茂一)………………… 615
詩人高見順哀悼(橋本一明)…………… 618
大正文学研究会と高見順(渋川驍)…… 622
受付をやる男(石光葆)………………… 627
高見順の思い出(朱牟田夏雄)………… 633
生死の詩(中川宋淵)…………………… 636
高見順の一周忌に(伊藤整)…………… 644
高見順―無気味な「死」の話(小林勇)…… 647
深夜の自画像(武田文章)……………… 649
高見順さん(上林猷夫)………………… 651
漂鳥のとき(矢口純)…………………… 652
「荒磯」執筆の三日間(広部英一)…… 664
高見順没後十年(小田切進)…………… 666
高見順(ドナルド・キーン)…………… 668
IV 資料
高見順出生当時の三国(高間新助)…… 673
高見順・ふるさと年譜(高間新助)…… 680
年譜(小野芙紗子)……………………… 684
著作目録(小野芙紗子)………………… 690
著書目録(青山毅)……………………… 754
参考文献目録(青山毅)………………… 760
*初出誌紙一覧…………………………… 783
*高見順全集・作品索引…………………… 1
[ 2011/02/27 13:15 ] 高見順 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。