研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  高村光太郎 >  『高村光太郎全集』全18巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『高村光太郎全集』全18巻・別巻1巻

『高村光太郎全集』全18巻・別巻1巻(筑摩書房、1957.3~1959.3)



第1巻 1957.3.25
 
明治40年(1907)
秒刻…………………………………………… 3
マデル………………………………………… 6
豆腐屋………………………………………… 8
博士……………………………………………10
あらそひ………………………………………15
敗闕録…………………………………………17
1 われ千たび君を抱かむ…………………17
2 君を見き…………………………………20
3 遁れたる君は遣らばや…………………22
4 眠りてあれか眼覚めよか………………24
明治42年(1909)
にほひ…………………………………………26
明治43年(1910)
LES IMPRESSIONS DES O UONNAS……………28
TU VOIS? …………………………………28
LE SOURIRE CACH …………………………30
L'ABSINTHE…………………………………32
POUSSE‐POUSSE   LA GUM‐WA ……………33
友よ……………………………………………34
PR SENTATION…………………………………34
失はれたるモナ・リザ………………………37
生けるもの……………………………………40
根付の国………………………………………41
明治44年(1911)
画室の夜………………………………………42
熊の毛皮………………………………………43
人形町…………………………………………44
甘栗……………………………………………45
庭の小鳥………………………………………46
亡命者…………………………………………47
鳩………………………………………………50
食後の酒………………………………………51
侵蝕……………………………………………52
失走……………………………………………53
寂寥……………………………………………54
或日の午後……………………………………56
街上夜曲………………………………………58
雪の午後………………………………………59
声………………………………………………64
風………………………………………………67
(別れぎは)…………………………………68
(散りかかる……)…………………………68
新緑の毒素……………………………………69
廃頽者より……………………………………74
夏………………………………………………79
「河内屋与兵衛」……………………………81
金秤り…………………………………………82
なまけもの……………………………………83
「心中宵庚申」………………………………85
手………………………………………………86
縁日……………………………………………87
はかなごと……………………………………88
狗ころ…………………………………………89
祈祷……………………………………………90
泥七宝(1) …………………………………91
あつき日………………………………………98
地上のモナ・リザ……………………………99
めくり暦…………………………………… 101
葛根湯……………………………………… 102
夜半………………………………………… 103
けもの……………………………………… 105
かるた……………………………………… 106
髪を洗ふ女………………………………… 107
「おもひで」と「夜の舞踏」と………… 109
父の顔……………………………………… 110
白昼の空気………………………………… 112
泥七宝(2) ……………………………… 114
ビフテキの皿……………………………… 121
恐怖………………………………………… 123
明治45年・大正元年(1912)
青い葉が出ても…………………………… 125
赤鬚さん…………………………………… 126
隣りのおきやん…………………………… 127
雨…………………………………………… 128
鍵と錠……………………………………… 129
プリマドンナ……………………………… 130
二人………………………………………… 131
あをい雨…………………………………… 132
泥七宝(3) ……………………………… 137
友の妻……………………………………… 139
泥七宝(4) ……………………………… 144
人に………………………………………… 146
ヱ゛ネチャの旅人………………………… 149
怨言………………………………………… 154
夏の夜の食慾……………………………… 158
或る夜のこころ…………………………… 162
涙…………………………………………… 165
おそれ……………………………………… 166
からくりうた……………………………… 170
泥七宝(5) ……………………………… 172
犬吠の太郎………………………………… 175
さびしきみち……………………………… 178
カフエにて………………………………… 181
梟の族……………………………………… 181
冬が来る…………………………………… 184
或る宵……………………………………… 185
カフエにて………………………………… 188
夜…………………………………………… 188
狂者の詩…………………………………… 190
郊外の人に………………………………… 193
冬の朝のめざめ…………………………… 196
カフエにて………………………………… 198
師走十日…………………………………… 199
戦闘………………………………………… 202
大正2年(1913)
人に………………………………………… 206
カフエにて………………………………… 208
深夜の雪…………………………………… 209
人類の泉…………………………………… 211
山…………………………………………… 215
よろこびを告ぐ…………………………… 217
冬の詩……………………………………… 221
冬が来た…………………………………… 230
粘土………………………………………… 232
牛…………………………………………… 242
僕等………………………………………… 249
あたり前…………………………………… 252
現実………………………………………… 252
大正3年(1914)
道程………………………………………… 253
愛の嘆美…………………………………… 254
群集に……………………………………… 256
婚姻の栄誦………………………………… 260
万物と共に踊る…………………………… 264
瀕死の人に与ふ…………………………… 268
晩餐………………………………………… 272
五月の土壌………………………………… 275
淫心………………………………………… 278
秋の祈……………………………………… 280
大正5年(1916)
わが家……………………………………… 282
花のひらくやうに………………………… 284
海はまろく………………………………… 285
歩いても…………………………………… 286
湯ぶねに一ぱい…………………………… 288
晴れゆく空………………………………… 290
妹に………………………………………… 292
無為の白日………………………………… 296
猫…………………………………………… 298
大正6年(1917)
小娘………………………………………… 299
(奇麗にお化粧した)…………………… 301
大正9年(1920)
序曲………………………………………… 302
メロン……………………………………… 306
丸善工場の女工達………………………… 308
大正10年(1921)
雨にうたるるカテドラル………………… 310
かがやく朝………………………………… 317
クリスマスの夜…………………………… 321
ラコツチイ マアチ……………………… 324
米久の晩餐………………………………… 328
大正11年(1922)
真夜中の洗濯……………………………… 333
下駄………………………………………… 335
冬の送別…………………………………… 336
五月のアトリエ…………………………… 341
沙漠………………………………………… 345
落葉を浴びて立つ………………………… 346
Yoki kora yo!…………………………… 351
冬の子供…………………………………… 352
大正12年(1923)
樹下の二人………………………………… 354
Abraham Lincoln ………………………… 357
鉄を愛す…………………………………… 361
Liluli……………………………………… 364
とげとげなエピグラム…………………… 366
(詩歌の城に)…………………………… 379
新茶………………………………………… 379
Shina‐meshi ……………………………… 381
*後記……………………………………… 383
 

第2巻 1957.10.10
 
大正13年(1924)
春駒…………………………………………… 3
清廉…………………………………………… 4
大正14年(1925)
月曜日のスケルツオ………………………… 6
白熊…………………………………………… 8
氷上戯技………………………………………11
首狩……………………………………………12
傷をなめる獅子………………………………13
少年を見る……………………………………16
校庭……………………………………………18
狂奔する牛……………………………………19
車中のロダン…………………………………21
あの詩人………………………………………24
無口な船長……………………………………25
後庭のロダン…………………………………27
珍客……………………………………………30
葱………………………………………………31
大正15・昭和元年(1926)
路ばた…………………………………………32
金………………………………………………33
十大弟子………………………………………34
鯰………………………………………………36
象の銀行………………………………………37
苛察……………………………………………39
滑稽詩…………………………………………40
夜の二人………………………………………42
聖ジヤンヌ……………………………………42
感謝……………………………………………44
ミシエル オオクレエルを読む……………44
雷獣……………………………………………46
秋を待つ………………………………………48
深夜……………………………………………49
大きな嚏………………………………………50
火星が出てゐる………………………………51
冬の奴…………………………………………54
偉大なるもの…………………………………56
昭和2年(1927)
あなたはだんだんきれいになる……………57
無題(すばらしいものを見た)……………58
懐ふ……………………………………………59
二つの世界……………………………………60
不平な人に……………………………………61
あけぼの………………………………………62
怒………………………………………………62
笑………………………………………………64
二つに裂かれたベエトオフエン……………65
花下仙人に遇ふ………………………………67
エピグラム……………………………………68
超現実派……………………………………68
煩瑣派………………………………………69
卑近美派……………………………………69
詩人…………………………………………70
新感覚派……………………………………70
美を見る者……………………………………71
「詩」…………………………………………72
名所……………………………………………73
大涌谷………………………………………73
草津…………………………………………74
母をおもふ……………………………………74
その年私の十六が来た………………………76
北東の風、雨…………………………………77
昔話……………………………………………78
殺風景…………………………………………79
天文学の話……………………………………80
偶作十五………………………………………81
(平和的な平和を)…………………………88
平和時代………………………………………89
或る墓碑銘……………………………………90
冬の言葉………………………………………91
昭和3年(1928)
ぼろぼろな駝鳥………………………………93
最後の工程……………………………………94
彼は語る………………………………………96
龍………………………………………………98
当然事…………………………………………99
なにがし九段……………………………… 102
あどけない話……………………………… 103
さういふ友………………………………… 104
偶作二篇…………………………………… 106
あの音……………………………………… 107
無限軌道…………………………………… 108
約束………………………………………… 109
夏書十題…………………………………… 110
青空……………………………………… 110
底………………………………………… 111
寒山詩…………………………………… 112
(一生かかつて)……………………… 112
さうか、寒公…………………………… 113
(夜明けのかなかなに)……………… 113
(ヤマノイモの)……………………… 114
死ねば…………………………………… 115
無いからいい…………………………… 115
一人づつが……………………………… 116
同棲同類…………………………………… 116
何をまだ指さしてゐるのだ……………… 117
或る日……………………………………… 118
カタバミの実……………………………… 119
焼けない心臓……………………………… 120
触知………………………………………… 121
存在………………………………………… 122
古事一則…………………………………… 124
独り酸素を奪つて………………………… 125
旅にやんで………………………………… 126
街上比興…………………………………… 127
その詩……………………………………… 128
昭和4年(1929)
首の座……………………………………… 129
北島雪山…………………………………… 131
上州湯檜曽風景…………………………… 132
人生………………………………………… 133
或る筆記通話……………………………… 134
無題(詩人とは)………………………… 134
秋が来たんだ……………………………… 135
激動するもの……………………………… 136
上州川古「さくさん」風景……………… 137
或る親しき友の親しき言葉に答ふ……… 138
孤独が何で珍らしい……………………… 140
昭和5年(1930)
のんきな会話……………………………… 141
春の一年生………………………………… 142
刀物を研ぐ人……………………………… 145
消えずの火………………………………… 146
篭球スナツプ シヨツト………………… 147
“Die Welt ist schoen” ……………… 151
のつぽの奴は黙つてゐる………………… 152
耳で時報をきく夜………………………… 154
冷熱………………………………………… 156
南極………………………………………… 157
機械、否、然り…………………………… 159
友よ………………………………………… 160
昭和6年(1931)
一艘の船が二艘になること……………… 161
似顔………………………………………… 162
不許士商入山門…………………………… 164
美の監禁に手渡す者……………………… 165
卓上の七月………………………………… 166
検温………………………………………… 167
霧の中の決意……………………………… 168
ゆつくり急がう…………………………… 169
レオン ドウベル………………………… 170
昭和7年(1932)
非ヨオロツパ的なる……………………… 171
もう一つの自転するもの………………… 172
五月のウナ電……………………………… 173
昭和9年(1934)
「藤島武二画集」に題す………………… 174
昭和10年(1935)
人生遠視…………………………………… 174
風にのる智恵子…………………………… 175
「悪魔の貞操」に題す…………………… 176
寸言………………………………………… 177
秋風をおもふ……………………………… 177
ばけもの屋敷……………………………… 178
村山槐多…………………………………… 180
詩の道……………………………………… 181
昭和11年(1936)
鯉を彫る…………………………………… 182
荻原守衛…………………………………… 183
堅冰いたる………………………………… 185
昭和12年(1937)
少年に与ふ………………………………… 186
わが大空…………………………………… 188
よしきり鮫………………………………… 189
マント狒狒………………………………… 190
象…………………………………………… 192
千鳥と遊ぶ智恵子………………………… 193
値ひがたき智恵子………………………… 194
秋風辞……………………………………… 196
夢に神農となる…………………………… 197
晴天に酔ふ………………………………… 199
冬が来る…………………………………… 200
老 、道を行く…………………………… 202
未曽有の時………………………………… 205
詩について………………………………… 207
天日の下に黄をさらさう………………… 208
昭和13年(1938)
手紙に添へて……………………………… 209
団十郎造像由来…………………………… 211
森のゴリラ………………………………… 213
潮を吹く鯨………………………………… 215
若葉………………………………………… 216
地理の書…………………………………… 218
山麓の二人………………………………… 223
孤坐………………………………………… 224
日本の秋…………………………………… 225
或る日の記………………………………… 227
吾が同胞…………………………………… 228
子を産む書物……………………………… 229
その時朝は来る…………………………… 231
群長訓練…………………………………… 232
新しき御慶………………………………… 234
正直一途なお正月………………………… 235
こどもの報告……………………………… 237
昭和14年(1939)
米のめしの歌……………………………… 239
レモン哀歌………………………………… 241
軍艦旗……………………………………… 242
芋銭先生景慕の詩………………………… 244
初夏言志…………………………………… 248
初夏到来…………………………………… 249
つゆの夜ふけに…………………………… 250
上海陸戦隊をおもふ……………………… 254
乃木大将を憶ふ…………………………… 256
事変二周年………………………………… 257
肉体………………………………………… 259
君等に与ふ………………………………… 260
亡き人に…………………………………… 262
愛について………………………………… 264
お化屋敷の夜……………………………… 265
銅像ミキイヰツツに寄す………………… 267
紀元二千六百年…………………………… 269
発足点……………………………………… 270
北冥の魚…………………………………… 272
冬…………………………………………… 273
先生山を見る……………………………… 274
紀元二千六百年にあたりて……………… 276
へんな貧…………………………………… 279
私は青年が好きだ………………………… 281
重大なる新年……………………………… 283
源始にあり………………………………… 284
昭和15年(1940)
ほくち文化………………………………… 286
護国神社…………………………………… 288
蝉を彫る…………………………………… 289
落日………………………………………… 290
梅酒………………………………………… 292
五月のうた………………………………… 293
新緑の頃…………………………………… 294
雷電の夜…………………………………… 296
最低にして最高の道……………………… 298
無血開城…………………………………… 299
純潔………………………………………… 301
歩くうた…………………………………… 303
式典の日に………………………………… 304
漁村曙……………………………………… 306
少女立像…………………………………… 307
朋あり遠方に之く………………………… 309
世界は美し………………………………… 310
太子筆を執りたまふ……………………… 312
われら持てり……………………………… 314
新年に与ふ………………………………… 315
昭和16年(1941)
さくら……………………………………… 317
四月の馬場………………………………… 318
清くして苦きもの………………………… 319
少女に……………………………………… 321
みかきにしん……………………………… 322
強力の磊塊たれ…………………………… 323
青年………………………………………… 325
荒涼たる帰宅……………………………… 326
事変はもう四年を越す…………………… 328
或会議に列して…………………………… 329
迎火………………………………………… 330
純潔のうた………………………………… 332
百合がにほふ……………………………… 334
新穀感謝の歌……………………………… 335
必死の時…………………………………… 337
こころに美をもつ………………………… 340
危急の日に………………………………… 341
*後記……………………………………… 343
 

第3巻 1958.2.10
 
昭和16年(1941)
大詔渙発……………………………………… 3
十二月八日…………………………………… 4
鮮明な冬……………………………………… 6
彼等を撃つ…………………………………… 7
新しき日に…………………………………… 9
神の如く行へ…………………………………11
昭和17年(1942)
沈思せよ蒋先生………………………………12
ことほぎの詞…………………………………17
変貌する女性…………………………………18
シンガポール陥落……………………………20
夜を寝ねざりし暁に書く……………………23
昭南島に題す…………………………………26
特別攻撃隊の方々に…………………………27
或る講演会で読んだ言葉……………………29
独居自炊………………………………………32
帝都初空襲……………………………………33
戦歿報道戦士にささぐ………………………35
与謝野夫人晶子先生を弔う…………………36
仕事場にて……………………………………38
民国の民と兵とに与ふ………………………39
真珠港特別攻撃隊……………………………41
鬱勃たる健康…………………………………44
われら文化を…………………………………45
山道のをばさん………………………………46
女性はみんな母である………………………49
感激をかくさず………………………………50
三十年…………………………………………52
神とともにあり………………………………55
新天地…………………………………………56
みなもとに帰るもの…………………………58
少女よ…………………………………………59
神これを欲したまふ…………………………61
逞しき一念……………………………………63
覆滅彼にあり…………………………………64
寒夜読書………………………………………66
戦にきよめらる………………………………67
われらの道……………………………………69
決戦の年に志を述ぶ…………………………70
昭和18年(1943)
少女の思へる…………………………………71
殄滅せんのみ…………………………………73
紀元節を迎ふ…………………………………75
さかんなるかな造船…………………………77
「撃ちてし止まむ」…………………………79
供木のことば…………………………………81
監視哨…………………………………………83
あそこで斃れた友に…………………………84
艦隊を見る……………………………………86
海軍魂を詠ず…………………………………87
軍人精神………………………………………89
突端に立つ……………………………………90
提督戦死………………………………………92
厳然たる海軍記念日…………………………94
山本元帥国葬…………………………………96
五月二十九日の事……………………………98
報道の戦士をたたふ……………………… 101
われらの死生……………………………… 103
「まつた」を知らず……………………… 105
「江田島」を読んで……………………… 106
ビルマ独立………………………………… 107
友来る……………………………………… 110
ぼくも飛ぶ………………………………… 112
おん魂来りうけよ………………………… 114
勤労報国…………………………………… 115
粛然たる天兵……………………………… 116
救世観音を刻む人………………………… 118
フイリツピン共和国独立………………… 120
四人の学生………………………………… 124
全学徒起つ………………………………… 126
戦に徹す…………………………………… 128
断じてかへさず…………………………… 131
激戦未だ終らず…………………………… 133
大決戦の日に入る………………………… 134
第五次ブーゲンビル島沖航空戦………… 136
十二月八日三たび来る…………………… 137
貴さ限りなし……………………………… 139
少年飛行兵………………………………… 140
少年飛行兵の夢…………………………… 142
少女戦ふ…………………………………… 143
海上日出…………………………………… 145
熱鉄烈火の年……………………………… 146
マキン、タラワの武人達………………… 148
新年よ、熟視せよ………………………… 152
新年は見る………………………………… 153
昭和19年(1944)
昭南島生誕二周年………………………… 155
臣ら一億楠氏とならん…………………… 160
南洋眼前にあり…………………………… 161
品性の美…………………………………… 163
少年兵……………………………………… 164
陽春の賦…………………………………… 166
敵ゆるすべからず………………………… 168
必勝の品性………………………………… 170
春暁におもふ……………………………… 171
山林頌……………………………………… 173
美をすてず………………………………… 175
保育………………………………………… 176
写真を見て………………………………… 178
米英自ら知らず…………………………… 179
合せ祀らるる靖国の神に………………… 181
われらの祈………………………………… 183
戦意愈 昂し……………………………… 186
古代の如く………………………………… 188
たのしい少女……………………………… 189
弾薬手……………………………………… 191
根元の道…………………………………… 192
ほんとの力………………………………… 193
婦女子凛烈たり…………………………… 195
黒潮は何が好き…………………………… 197
南瓜賦……………………………………… 198
米英が来る………………………………… 200
美しき落葉………………………………… 202
最大の誇に起つ…………………………… 203
神州護持…………………………………… 205
十二月八日四たび来る…………………… 207
われらの雄たけび………………………… 209
わたつみのうた…………………………… 212
大東亜の子ども達よ……………………… 214
満三年……………………………………… 216
新春に面す………………………………… 218
二千六百五年のむかし…………………… 219
皇太子さま御乗馬………………………… 223
昭和20年(1945)
皇国骨髄の臣……………………………… 224
梅花かをる………………………………… 226
青春のうた………………………………… 228
力を知る…………………………………… 229
無想の剣…………………………………… 231
おほぞらのうた…………………………… 233
栗林大将に献ず…………………………… 236
神潮特別攻撃隊…………………………… 237
戦火………………………………………… 239
琉球決戦…………………………………… 240
海軍記念日に……………………………… 241
薫風の如く………………………………… 243
勝このうちにあり………………………… 245
一億の号泣………………………………… 246
犯すべからず……………………………… 248
小曲二篇…………………………………… 249
石くれの歌………………………………… 250
非常の時…………………………………… 252
松庵寺……………………………………… 254
武装せざる平和…………………………… 255
永遠の大道………………………………… 257
雪白く積めり……………………………… 258
昭和21年(1946)
和について………………………………… 260
皇太子さま………………………………… 261
国民まさに餓ゑんとす…………………… 263
雲…………………………………………… 265
絶壁のもと………………………………… 266
(観自在こそ)…………………………… 268
昭和22年(1947)
山菜ミヅ…………………………………… 268
田植急調子………………………………… 270
(リンゴばたけに)……………………… 275
暗愚小伝…………………………………… 276
家………………………………………… 276
土下座………………………………… 276
ちよんまげ…………………………… 278
郡司大尉……………………………… 279
日清戦争……………………………… 280
御前彫刻……………………………… 281
建艦費………………………………… 282
楠公銅像……………………………… 283
転調……………………………………… 285
彫刻一途……………………………… 285
パリ…………………………………… 287
反逆……………………………………… 289
親不孝………………………………… 289
デカダン……………………………… 290
蟄居……………………………………… 292
美に生きる…………………………… 292
おそろしい空虚……………………… 293
二律背反………………………………… 295
協力会議……………………………… 295
真珠湾の日…………………………… 297
ロマン ロラン……………………… 299
暗愚…………………………………… 301
終戦…………………………………… 302
炉辺……………………………………… 304
報告(智恵子に)…………………… 304
山林…………………………………… 305
暗愚小伝断片……………………………… 308
(死はいつでも)……………………… 308
わが詩をよみて人死に就けり………… 309
山のひろば………………………………… 310
蒋先生に慙謝す…………………………… 311
脱卻の歌…………………………………… 314
「ブランデンブルグ」…………………… 316
試金石……………………………………… 320
岩手山の肩………………………………… 322
昭和23年(1948)
人体飢餓…………………………………… 323
東洋的新次元……………………………… 328
山口より…………………………………… 334
山口部落………………………………… 334
かくしねんぶつ………………………… 336
クロツグミ……………………………… 337
ヨタカ…………………………………… 338
別天地…………………………………… 339
噴霧的な夢………………………………… 340
おれの詩…………………………………… 341
お祝のことば……………………………… 343
新年………………………………………… 345
岩手の人…………………………………… 347
昭和24年(1949)
もしも智恵子が…………………………… 348
女医になつた少女………………………… 350
悪婦………………………………………… 351
山の少女…………………………………… 353
山からの贈物……………………………… 354
月にぬれた手……………………………… 355
滑稽詩二篇………………………………… 357
Rilke Japonica etc. ………………… 357
赤トンボ………………………………… 358
智恵子抄その後…………………………… 360
元素智恵子……………………………… 360
メトロポオル…………………………… 362
裸形……………………………………… 363
案内……………………………………… 365
あの頃…………………………………… 366
吹雪の夜の独白………………………… 368
鈍牛の言葉………………………………… 369
山荒れる…………………………………… 372
建てましよ吾等の児童会館……………… 374
この年……………………………………… 376
あいさつ…………………………………… 377
一九五〇年………………………………… 378
昭和25年(1950)
偶作………………………………………… 379
典型………………………………………… 381
クチバミ…………………………………… 383
金田一国士頌……………………………… 384
東北の秋…………………………………… 385
開拓に寄す………………………………… 386
大地うるはし……………………………… 390
人間拒否の上に立つ……………………… 391
明瞭に見よ………………………………… 395
船沈まず…………………………………… 396
遠い地平…………………………………… 398
初夢まりつきうた………………………… 399
昭和26年(1951)
岩盤に深く立て…………………………… 400
智恵子と遊ぶ……………………………… 402
昭和27年(1952)
山のともだち……………………………… 404
ばた屋……………………………………… 405
餓鬼………………………………………… 407
報告………………………………………… 408
お正月に…………………………………… 410
昭和28年(1953)
東京悲歌…………………………………… 411
十和田湖畔の裸像に与ふ………………… 413
かんかんたる君子………………………… 414
昭和29年(1954)
記者図……………………………………… 415
弦楽四重奏………………………………… 416
新しい天の火……………………………… 418
昭和30年(1955)
開拓十周年………………………………… 419
追悼………………………………………… 422
開びやく以来の新年……………………… 423
お正月の不思議…………………………… 424
生命の大河………………………………… 426
原形篇
現実………………………………………… 431
道程………………………………………… 432
ベルリオの一片…………………………… 438
クリスマスの夜…………………………… 446
エブラハム リンコン…………………… 452
*後記……………………………………… 457
 

第4巻 1957.6.10
 
英国に於る応用彫刻に就て………………… 3
フランスから帰つて…………………………16
緑色の太陽……………………………………23
美術展覧会見物に就ての注意………………30
銀行家と画家との問答………………………36
彫刻の面白味…………………………………42
版画の話………………………………………49
工房雑感………………………………………56
静物画の新意義………………………………60
つまらぬ喧嘩…………………………………67
黏土と画布……………………………………69
室内装飾に就いて……………………………77
芸術を観る眼…………………………………84
感覚の鋭鈍と趣味生活………………………89
木曜便…………………………………………95
油絵の懸け方……………………………… 101
真生と仮生………………………………… 105
日本画に対する感想……………………… 108
言ひたい事を言ふ………………………… 112
印象主義の思想と芸術…………………… 120
1 概観…………………………………… 120
2 エドワール マネ…………………… 154
3 クロード モネ及び新印象派画家… 180
4 アルフレ シスレー………………… 188
5 カミーユ ピサロ…………………… 190
6 オーギユスト ルノワール………… 194
7 エドガー ドガ其他………………… 202
8 ポール セザンヌ、附、後期印象派…… 211
9 附言…………………………………… 225
年表……………………………………… 226
芸術雑話…………………………………… 234
展覧会を見る人に………………………… 255
展覧会の作品批評を求められて………… 259
芸術鑑賞その他…………………………… 261
彫刻鑑賞の第一歩………………………… 267
味ふ人……………………………………… 279
家…………………………………………… 282
裸体画について…………………………… 284
美の立場から(震災直後)……………… 287
自刻木版の魅力…………………………… 297
彫塑総論…………………………………… 301
彫刻的なるもの…………………………… 330
カリカチユア……………………………… 332
彫刻十個条………………………………… 334
日本工芸美術会に望む(文展第四部設置以前)…… 345
*後記……………………………………… 347
 

第5巻 1957.12.10
 
雑記帳より…………………………………… 3
触覚の世界…………………………………… 6
作家言…………………………………………13
彫刻の方向……………………………………14
正と譎と………………………………………29
七つの芸術……………………………………31
1 絵画について……………………………31
2 彫刻について……………………………32
3 建築について……………………………32
4 音楽について……………………………33
5 映画について……………………………34
6 書について………………………………34
7 詩について………………………………35
現代の彫刻……………………………………37
画に於ける詩精神……………………………95
写生の二面………………………………… 101
小刀の味…………………………………… 108
彫刻鑑賞の蒙をひらく…………………… 110
彫刻………………………………………… 112
美意識について…………………………… 118
比例均衡…………………………………… 122
展覧会偏重の弊…………………………… 125
戦時、美を語る…………………………… 126
美…………………………………………… 135
彫刻性について…………………………… 136
木彫地紋の意義…………………………… 142
普遍と独自………………………………… 152
肖像雑談…………………………………… 155
素材と造型………………………………… 160
蝉の美と造型……………………………… 203
美の健康性………………………………… 208
奉祝展に因みて…………………………… 215
美術行政について……………………… 215
油画の問題……………………………… 218
彫刻寸言………………………………… 221
彫刻家の場合……………………………… 224
永遠の感覚………………………………… 230
美の影響力………………………………… 234
美を求める慾望…………………………… 237
野菜の美…………………………………… 239
彫刻に何を見る…………………………… 240
内面的力量の問題………………………… 246
とびとびの感想…………………………… 248
防空と芸術……………………………… 248
美の鍛冶………………………………… 249
今日の国語……………………………… 251
彫刻その他………………………………… 254
美の中心…………………………………… 258
美術立国…………………………………… 261
信親と鳴滝………………………………… 263
美ならざるなし…………………………… 268
人体について……………………………… 269
美…………………………………………… 270
東洋と抽象彫刻…………………………… 271
本面について……………………………… 274
能面の彫刻美……………………………… 276
仏画賛……………………………………… 279
技法について……………………………… 283
本邦肖像彫刻技法の推移………………… 285
美の日本的源泉…………………………… 293
埴輪の美………………………………… 295
法隆寺金堂の壁画……………………… 296
夢違観音………………………………… 298
神護寺金堂の薬師如来………………… 302
藤原期の仏画…………………………… 305
能面「深井」…………………………… 308
戒壇院の増長天…………………………… 312
東大寺戒壇院四天王像…………………… 313
唐招提寺木彫如来像……………………… 316
能の彫刻美………………………………… 317
十大弟子…………………………………… 323
日本の美…………………………………… 326
新薬師寺迷企羅像………………………… 340
天平彫刻の技法について………………… 343
江戸の彫刻………………………………… 351
夢殿救世観音像…………………………… 353
法隆寺金堂釈迦三尊像…………………… 355
書について………………………………… 357
書の深淵…………………………………… 362
書をみるたのしさ………………………… 364
黄山谷について…………………………… 365
書についての漫談………………………… 368
*後記……………………………………… 373
 

第6巻 1957.7.10
 
文部省美術展覧会評………………………… 2
一夕話………………………………………… 7
第三回文部省展覧会の最後の一瞥………… 9
AB HOC ET AB HAC……………………………36
ENTRE DEUX VINS ……………………………44
文部省美術展覧会第二部私見………………55
彫刻に関する二三の感想……………………78
西洋画所見……………………………………86
光風会の一瞥……………………………… 110
文展の彫刻………………………………… 115
文展第二部に聯関する雑感……………… 125
大正博覧会の彫刻を見て所感を記す…… 131
彫刻に就て………………………………… 135
文展分評 彫刻…………………………… 150
寸感………………………………………… 170
上野の彫刻鑑賞…………………………… 172
上野の彫刻諸相…………………………… 180
彫刻新人展評……………………………… 187
文展第三部所蔵…………………………… 190
上野の現代洋画彫刻……………………… 194
第四回文展彫刻評………………………… 199
大調和美術展に就て……………………… 201
大調和展について………………………… 204
展覧会に寄する言葉……………………… 205
アンデパンダンについて………………… 206
津田青楓君へ……………………………… 208
富士見町教会堂の階上にて……………… 211
遠藤順治氏のつづれ織…………………… 214
現代化した原始美………………………… 217
南薫造君の絵画…………………………… 219
松原友規小品画頒布会…………………… 222
宅野田夫を珍重す………………………… 223
片岡環渡闍作品頒布会…………………… 225
第二回高田博厚彫塑作品頒布会………… 226
庫田 君の画を見て……………………… 228
宮崎丈二色紙の会………………………… 229
私も欲しい………………………………… 230
難波田龍起の作品について……………… 231
趣味といふ事……………………………… 232
女みづから考へよ………………………… 235
女の生きて行く道………………………… 239
岩石のやうな性格………………………… 246
日常の瑣事にいのちあれ………………… 249
母性のふところ…………………………… 251
若い人へ…………………………………… 255
一彫刻家の要求…………………………… 257
適材………………………………………… 264
芸術政策の中心…………………………… 267
芸術と国民生活…………………………… 269
芸術による国威宣揚……………………… 275
中央協力会議の印象……………………… 279
美術館の事その他………………………… 285
美術家と生活……………………………… 290
十二月八日の記…………………………… 295
戦時下の芸術家…………………………… 301
戦時の文化………………………………… 309
扉のことば………………………………… 311
人意以上のもの…………………………… 312
人類清濁の分るるところ………………… 313
乏しきに対す……………………………… 316
わが思ふ壷………………………………… 322
厳たり古代の心…………………………… 323
日本婦道の美……………………………… 325
自信を以て起て…………………………… 326
平常心を豊かに…………………………… 327
第四次元の願望…………………………… 330
玄米四合の問題…………………………… 333
美しい生活………………………………… 337
悲しみは光と化す………………………… 339
農にほこりを持て………………………… 341
おおらかで正直な心……………………… 343
私のきいた番組…………………………… 345
頭に残つた放送…………………………… 353
*後記……………………………………… 355
 

第7巻 1957.8.10
 
古代エジプトの作品………………………… 3
カフラー王坐像…………………………… 3
ラー ヘテプ、ネフエルト坐像………… 4
「シエイク エル バラド」…………… 4
書記坐像…………………………………… 5
ドナテロ小感………………………………… 7
ミラノの本寺とダ ヰ゛ンチの壁画………10
「聖ジヨルジオ」と「ダビデ」……………19
ミケランジエロの彫刻写真に題す…………21
ミケランジエロ ブオナローテイ…………23
(私はさきごろ)……………………………34
ミケランジエロの作品………………………37
サン ピエトロ寺のクーポラ……………37
スカラの聖母………………………………38
ピエタ………………………………………38
奴隷…………………………………………39
ダビデ………………………………………40
モーセ………………………………………40
聖母子………………………………………41
朝……………………………………………42
夕……………………………………………42
ブルタス胸像………………………………43
システイーナ礼拝堂天井画………………44
アダムの創造………………………………44
アダムとエバの楽園追放…………………45
エレミヤの右の裸像………………………46
キリスト……………………………………46
人体デツサン………………………………47
顔デツサン…………………………………48
アウグスト ロダン作「バプテスマ」のヨハネ……49
M DITATIONS SUR LE MA TRE ………………52
ロダン逝く……………………………………56
ロダンの死を聞いて…………………………59
ロダンの生涯…………………………………64
オオギユスト ロダン………………………68
序にかへて…………………………………68
1 一個の全球………………………………73
2 親ゆづり…………………………………76
3 善い姉さんと腹の出た家と……………78
4 始まり……………………………………82
5 実地修業…………………………………84
6 修道院……………………………………87
7 下働きと仕立女工………………………89
8 総決算と新時代…………………………92
9 苦境と愉楽と……………………………94
10 振出しへ返る事 ………………………97
11 自己の道 …………………………… 100
12 「歩む人」と「地獄の門」と …… 103
13 胸像群 ……………………………… 107
14 記念像群及「バルザツク」の彫刻的意義…… 110
15 一九〇〇年以後 …………………… 117
16 晩年、死、死 ……………………… 122
17 「小さい花子」 …………………… 126
ロダンの素描……………………………… 131
ロダンの手記談話録……………………… 136
ロダンの作品……………………………… 142
考へる人………………………………… 144
バルザツク……………………………… 145
思………………………………………… 146
カテドラル……………………………… 146
姉と弟…………………………………… 146
素描……………………………………… 147
版画……………………………………… 148
彫刻家ガツトソン ボーグラム氏……… 150
日本の芸術を慕ふ英国青年……………… 157
バーナード リーチ君に就いて………… 164
リーチを送る……………………………… 166
二十六年前………………………………… 169
リーチ的詩魂……………………………… 172
ブレークのイマジネエシヨン…………… 174
“Angelus.”……………………………… 176
アンドレ ドラン………………………… 180
死んだ荻原守衛君………………………… 191
画家九里四郎君の渡欧を送る…………… 196
岸田劉生氏の死…………………………… 199
旧友石井柏亭氏…………………………… 203
長沼守敬先生の語るを聴く……………… 205
三つの死…………………………………… 208
高田君の彫刻……………………………… 215
パリの梅原龍三郎君……………………… 218
パリの安井さん…………………………… 223
近代日本の作品…………………………… 225
老夫……………………………………… 225
老猿……………………………………… 226
銀盤……………………………………… 226
北条虎吉肖像…………………………… 227
演劇学校…………………………………… 228
ノラの型…………………………………… 235
「熊野」と公衆…………………………… 246
楽聖をおもふ……………………………… 249
「日伊文化研究」書評…………………… 256
谷口吉郎著「意匠日記」書評…………… 258
野間清六編「埴輪美」序………………… 260
関義訳ブルデル「ロダン」序…………… 261
清水多嘉示著「巨匠ブルデル」序……… 263
奥平英雄編「絵の歴史日本篇」序……… 265
五十沢二郎著「歴史教室」推薦文……… 267
教材社「児童の図画工作」推薦文……… 268
富永惣一著「ギリシア彫刻」推薦文…… 269
土門拳写真集「風貌」推薦文…………… 270
藤間節子舞踊リサイタルはしがき……… 271
村にて…………………………………… 271
再び村にて……………………………… 272
山より…………………………………… 272
(はからず今年は)…………………… 273
(わたくしが岩手の山の)…………… 273
(舞踊家としての)…………………… 274
戯曲 青年画家…………………………… 275
*後記……………………………………… 359
 

第8巻 1958.1.15
 
未来派の絶叫………………………………… 3
純一な芸術が欲しい………………………… 6
センチメンタリズムの魔力…………………12
明治の時代を劃せる作品……………………15
文芸界の広さ…………………………………22
日本の秋と文学………………………………25
芸術上の良知…………………………………33
詩歌と音楽……………………………………38
詩歌と音楽……………………………………47
詩壇の進歩……………………………………50
Romaji de Shi wo kaku toki no kokoromochi……53
余はかく詩を観ず……………………………58
生きた言葉……………………………………59
詩そのもの……………………………………64
詩について……………………………………65
童謡・民謡・小唄……………………………66
日本語の新らしい美を………………………69
詩人の知つた事ではない……………………73
小感……………………………………………76
気について……………………………………77
詩の勉強………………………………………78
言葉の事………………………………………84
自分と詩との関係……………………………89
詩精神…………………………………………92
詩の深さ………………………………………94
詩精神と日常生活……………………………95
朗読詩について…………………………… 100
詩の進展…………………………………… 105
詩人の一兵である………………………… 107
中村草田男雅丈…………………………… 108
私の詩の理法……………………………… 110
詩について語らず………………………… 111
日本詩歌の特質…………………………… 114
自伝………………………………………… 127
話言葉としての日本語…………………… 130
応募詩選評………………………………… 133
雅歌………………………………………… 156
ホヰツトマンのこと……………………… 159
ホヰツトマンの事………………………… 163
ウオルト ホヰツトマン………………… 190
ロマン ロラン六十回の誕辰に………… 194
ヱ゛ルハアラン…………………………… 197
ヴアレリイに就いて……………………… 225
芭蕉寸言…………………………………… 226
コスモスの所持者宮沢賢治……………… 228
宮沢賢治に就いて………………………… 229
宮沢賢治の詩……………………………… 231
宮沢賢治さんの印象……………………… 240
(宮沢賢治は)…………………………… 241
宮沢賢治十六回忌に因みて……………… 242
宮沢賢治十七回忌………………………… 246
一言………………………………………… 247
筑摩書房版宮沢賢治全集………………… 249
啄木と賢治………………………………… 251
大藤君……………………………………… 254
熱情と理解の人―川路柳虹の印象―…… 256
所感―詩人広瀬操吉観―………………… 257
与謝野先生を憶ふ………………………… 259
八木重吉の詩について…………………… 261
夭折を惜しむ―中原中也のこと―……… 263
神保光太郎の詩…………………………… 265
詩魔佐藤惣之助氏………………………… 266
希代の純粋詩人―萩原朔太郎追悼―…… 268
倉橋弥一さん……………………………… 270
高祖保さんをしのぶ……………………… 272
水野葉舟君のこと………………………… 274
逸見猶吉の死……………………………… 276
尾形亀之助を思ふ………………………… 278
埴輪の美と武者小路氏…………………… 280
志賀さんの顔……………………………… 285
北原白秋の「思ひ出」…………………… 287
尺牘………………………………………… 290
所感の一端―室生犀星詩集「故郷図絵集」―…… 292
ホヰツトマンの「草の葉」が出た……… 293
猪狩満直詩集「移住民」に就て………… 296
更科源蔵詩集「種薯」感想……………… 297
宮崎丈二詩集「白猫眠る」を読む……… 299
豊島与志雄氏著「猫性語録」…………… 300
鴎外先生の「花子」……………………… 303
「夜明け前」雑感………………………… 306
「日本古典全集」礼讃…………………… 312
「日本古典全集」に感謝す……………… 315
日本の百科全書運動……………………… 318
日本家庭大百科事彙……………………… 320
たのしい望み……………………………… 323
陶山篤太郎詩集「銅牌」序……………… 325
広瀬操吉詩集「雲雀」序………………… 326
草野心平詩集「第百階級」序…………… 328
滝俊一詩集「波止場」序………………… 330
広田末松詩集「午前の歌」跋…………… 331
黄瀛詩集「瑞枝」序……………………… 334
石川善助遺稿詩集「亜寒帯」序………… 335
田中信造詩集「古き幻想の詩」序……… 337
上田静栄詩集「海に投げた花」序……… 339
永瀬清子詩集「諸国の天女」序………… 341
竹内勝太郎遺稿詩集「春の犠牲」後記… 343
海野秋芳詩集「北の村落」序…………… 345
田村昌由編「日本青年詩集」序………… 346
鈴木白羊子詩集「太陽化」序…………… 348
清水房之丞詩集「炎天下」序…………… 350
高橋新吉詩集「神社参拝」序…………… 352
与謝野晶子歌集「白桜集」序…………… 353
川野辺精詩集序…………………………… 354
田村昌由詩集「蘭の国にて」序………… 355
大木実詩集「故郷」序…………………… 357
韓植詩集「高麗村」序…………………… 359
寺田弘編「傷痍軍人詩集」序…………… 360
宮沢稔、木村直祐共編詩集「再起の旗」序…… 362
小野綾子歌集「刈株」序………………… 364
八木重吉詩集序…………………………… 367
池田克巳詩集「上海雑草原」序………… 369
宮崎稔、小森盛共編「海洋詩集」序…… 371
真壁仁詩集「青猪の歌」序……………… 373
菊池正詩集「北方詩集」序……………… 375
臼井喜之介詩集「望南記」序…………… 377
森英介詩集「火の聖女」序……………… 379
式場莞爾詩集「海の星座」序…………… 380
水野葉舟小品集「草と人」序…………… 381
照井 三著「詩の朗読」序……………… 384
富士正晴詩人論集序……………………… 386
三上慶子著「照らす太陽」序…………… 389
江南文三訳「日本語の法華経」序……… 391
「小田島孤舟歌碑頌」序………………… 394
小倉豊文著「絶後の記録」序…………… 396
松木喜之七遺稿歌集序―松木喜之七氏と私の鯉―…… 397
竹内てるよ著「いのち新し」序………… 400
*後記……………………………………… 401
 

第9巻 1957.11.10
 
紐育より……………………………………… 3
雲と波…………………………………………17
画室日記の中より……………………………23
巴里より………………………………………33
パリの祭………………………………………34
珈琲店より……………………………………39
量の有する滑稽性……………………………45
琅 洞より……………………………………49
出さずにしまつた手紙の一束………………52
ノンシヤランス………………………………64
三月七日(火曜日)…………………………67
芋と南瓜の触感………………………………70
伊太利亜遍歴…………………………………75
所感……………………………………………84
仏蘭西の春……………………………………86
「一隅の卓」より……………………………88
工房よりI ……………………………………92
温泉と温泉場………………………………92
工房よりII……………………………………95
「流星の道」読後…………………………95
近状……………………………………… 106
顔…………………………………………… 108
工房よりIII ……………………………… 110
ロダンとマイヨルとの好悪に就て…… 110
二科院展見物…………………………… 114
雑誌「大街道」の事…………………… 115
詩の朗読………………………………… 115
近状……………………………………… 118
工房よりIV………………………………… 119
故成瀬校長の胸像に就て一言…………… 122
ある首の幻想……………………………… 124
あの蛙……………………………………… 127
成瀬前日本女子大学校長の胸像を作りながら…… 128
私の太子展出品について………………… 129
ルイ十六世所刑の図……………………… 130
雷の思出…………………………………… 133
人の首……………………………………… 135
遥にも遠い冬……………………………… 140
パンの会の頃……………………………… 142
近状………………………………………… 144
電報文学…………………………………… 146
百三十五番………………………………… 147
小父さんが溺れかけた話………………… 149
触目いろいろ……………………………… 152
日本人の買つたフランス美術………… 152
観光局と美術家………………………… 153
街上に満ちる詩………………………… 155
銀座の夜………………………………… 155
公共記念碑的作品の審美的取締……… 155
詩人協会のピエロ的死亡……………… 156
詩の文学性……………………………… 157
言葉の生理……………………………… 158
装幀について…………………………… 158
ラヂオの児童音楽……………………… 160
ネオ月並式……………………………… 162
魚と鳥…………………………………… 162
洋々たる芸術の流れ…………………… 162
循環……………………………………… 163
トウキヤウ スタイル………………… 163
三陸廻り…………………………………… 165
冬二題……………………………………… 188
満目粛条の美…………………………… 188
毛皮……………………………………… 189
おわびとお礼と…………………………… 191
新茶の幻想………………………………… 193
ヒウザン会とパンの会…………………… 197
某月某日…………………………………… 207
揺篭の歌…………………………………… 211
某月某日…………………………………… 213
九代目団十郎の首………………………… 217
こごみの味………………………………… 220
漁…………………………………………… 222
蟻と遊ぶ…………………………………… 223
手…………………………………………… 227
某月某日…………………………………… 229
よろこびの歌……………………………… 231
智恵子の切抜絵…………………………… 233
某月某日…………………………………… 235
身辺三題…………………………………… 239
悠久山の一本欅………………………… 239
ほくろ…………………………………… 241
「こどもの報告」……………………… 243
某月某日…………………………………… 245
制作………………………………………… 248
谷中の家…………………………………… 249
鬨の渡し…………………………………… 252
手形………………………………………… 253
しやつくり病……………………………… 254
某月某日…………………………………… 257
自作肖像漫談……………………………… 260
春さきの好物……………………………… 267
母のこと…………………………………… 270
三十年来の常用卓………………………… 273
雷ぎらひ…………………………………… 275
間違のこと………………………………… 278
智恵子の半生……………………………… 281
素人玄人…………………………………… 300
姉のことなど……………………………… 305
某月某日…………………………………… 313
九十九里浜の初夏………………………… 319
美術学校時代……………………………… 321
子供の頃…………………………………… 332
某月某日…………………………………… 342
七月の言葉………………………………… 344
一夏安居の弁……………………………… 346
日本の母…………………………………… 348
某月某日…………………………………… 354
罹災の記…………………………………… 362
仕事はこれから…………………………… 364
*後記……………………………………… 367
 

第10巻 1958.3.10
 
回想録………………………………………… 3
消息……………………………………………52
(今日はうららかな)………………………54
雪解けず………………………………………59
(春になつて)………………………………60
汽車ぎらひ宿屋ぎらひ………………………67
七月一日………………………………………70
年越し…………………………………………72
ある夫人への返事……………………………75
子供の頃の食事など…………………………79
開墾……………………………………………82
早春の山の花…………………………………86
季節のきびしさ………………………………88
みちのく便り1 ………………………………90
みちのく便り2 ………………………………92
みちのく便り3 ………………………………94
夏の食事………………………………………96
九月三十日………………………………… 100
山の雪……………………………………… 101
十二月十五日……………………………… 107
山の人々…………………………………… 110
山の春……………………………………… 119
みちのく便り4 …………………………… 125
「樹下の二人」…………………………… 127
青春の日…………………………………… 128
遍歴の日…………………………………… 139
新春雑談…………………………………… 153
たべものの話……………………………… 156
南沢座談…………………………………… 157
おろかなる都……………………………… 167
松林忠様…………………………………… 176
制作現況…………………………………… 178
工房にて…………………………………… 180
ラジオと私………………………………… 182
美と真実の生活…………………………… 185
皇太子さまを送る………………………… 200
山の秋……………………………………… 201
余録………………………………………… 212
日本芸術院のことについて……………… 213
新春放談…………………………………… 221
父との関係………………………………… 225
わたしの青銅時代………………………… 258
荻原守衛…………………………………… 286
モデルいろいろ…………………………… 297
二本松霞ケ城……………………………… 319
生命の創造………………………………… 320
花巻温泉…………………………………… 326
焼失作品おぼえ書………………………… 333
断片………………………………………… 349
(私は温泉が)………………………… 349
(彫刻道具の)………………………… 350
山の幸いろいろ………………………… 351
山の食ひもの…………………………… 352
健康について…………………………… 355
*後記……………………………………… 357
 

第11巻 1958.8.10
 
短歌……………………………………… 3
明治32年(1899)頃………………………… 3
明治33年(1900)…………………………… 4
明治34年(1901)…………………………… 8
明治35年(1902)……………………………23
明治36年(1903)……………………………34
明治37年(1904)……………………………40
明治38年(1905)……………………………46
明治39年(1906)……………………………63
明治40年(1907)……………………………68
明治42年(1909)……………………………69
明治43年(1910)……………………………75
大正7年(1918) ……………………………78
大正10年(1921)……………………………78
大正12年(1923)……………………………79
大正13年(1924)……………………………79
大正14年(1925)……………………………90
大正15年・昭和元年(1926)………………91
昭和2年(1927) ……………………………93
昭和6年(1931) ……………………………93
昭和8年(1933) ……………………………94
昭和12年(1937)……………………………94
昭和13年(1938)前後………………………95
昭和19年(1944)……………………………96
昭和20年(1945)……………………………96
昭和21年(1946)……………………………97
昭和22年(1947)……………………………98
昭和23年(1948)……………………………99
昭和24年(1949)………………………… 100
昭和26年(1951)………………………… 101
昭和27年(1952)………………………… 101
昭和28年(1953)………………………… 102
年代不詳…………………………………… 102
俳句…………………………………… 105
明治32年(1899)頃……………………… 105
明治33年(1900)………………………… 105
明治34年(1901)………………………… 107
明治42年(1909)………………………… 108
昭和17年(1942)………………………… 112
昭和20年(1945)………………………… 112
昭和21年(1946)………………………… 114
昭和22年(1947)………………………… 114
雑纂
初期書簡体小文…………………………… 115
「鴬篭」より…………………………… 115
「滝縞格子」より……………………… 116
「涼榻」より…………………………… 116
「相思」より…………………………… 117
工場失火につきてのおぼえがき………… 118
赤城行費用覚え…………………………… 121
琅 洞広告………………………………… 126
高村光太郎画会…………………………… 132
高村光太郎彫刻会………………………… 135
高村光太郎人体素描……………………… 141
木彫小品 鳥蟲魚介蔬菜果  を頒つ… 142
正宗得三郎氏油絵小品画会広告………… 144
ホヰツトマン写真絵葉書頒布推薦……… 145
ベトオヴエンの青銅死面頒布推薦……… 146
ゐなかざけ「花霞」引札………………… 147
訳書広告…………………………………… 148
「続ロダンの言葉」…………………… 148
エリザベト ゴツホ「回想のゴツホ」…… 148
ホヰツトマン「自選日記」…………… 149
ヱ゛ルハアラン詩集「明るい時」…… 149
アンケート6 ……………………………… 150
現代名流の日本画観…………………… 150
わが好む演劇と音楽…………………… 150
どちらが好きか………………………… 151
文章は無駄のない事…………………… 152
帝展の佳作に就いて…………………… 152
地面の中から…………………………… 153
試験制度万能の世の中に子供を出したくない…… 153
あなたの夫人、令嬢、令妹などが職業を持つことをお望みになりましたら…… 155
世界平和の日…………………………… 155
私の好きな世界の人物………………… 156
雑誌新年号観…………………………… 156
新時代の女性に望む資格のいろいろ… 157
詩界に就いて…………………………… 157
亜の回想………………………………… 157
後継詩壇を背負ふ人として如何なる人々を推されるか…… 158
正富汪洋氏に就いて…………………… 158
自画像…………………………………… 158
この頃食卓にあつた話………………… 159
いまの日本に欲しいもの……………… 159
山について……………………………… 159
十年前のあなたは……………………… 160
与謝野寛、晶子の短歌………………… 160
私の好きな顔…………………………… 161
「墨人」に……………………………… 161
詩集「大いなる日に」序………………… 162
詩集「をぢさんの詩」序………………… 163
詩集「道程」再訂版序…………………… 164
詩集「記録」序…………………………… 165
「記録」詩篇前書き……………………… 167
白玉書房版詩集「智恵子抄」後記……… 190
詩集「典型」序…………………………… 191
詩集「智恵子抄その後」あとがき……… 193
岩波文庫版「高村光太郎詩集」はしがき…… 195
「ロダン」後記…………………………… 196
造営彫塑人会発会式祝辞………………… 199
岩手県立盛岡美術工芸学校開校式祝辞… 201
岩手県立盛岡美術工芸学校第一回卒業式祝辞…… 204
裸婦像完成記念会挨拶…………………… 207
宮沢賢治文庫おぼえ書…………………… 213
自伝 略歴………………………………… 221
雑…………………………………………… 223
カランダツシユの彫塑について……… 223
水野葉舟宛「道程」献辞……………… 224
「ランスの本寺」の正誤と訂正、其他…… 224
頭の良い厳格な人―鴎外追悼―……… 226
悪趣味を排す…………………………… 227
誤訳です………………………………… 228
☆………………………………………… 229
消息……………………………………… 229
「生成言」より………………………… 230
太田村の便り…………………………… 231
短句……………………………………… 232
対談
鴎外先生の思出川路柳虹〔対談者〕…… 235
東亜新文化と美術の問題川路柳虹〔対談者〕…… 240
朝の訪問真壁仁〔対談者〕……………… 274
心境を語る国安芳雄〔対談者〕………… 281
先生山を下る藤川栄子〔対談者〕……… 297
芸術と生活奥平英雄〔対談者〕………… 314
芸術よもやま話草野心平〔対談者〕…… 325
わが生涯高見順〔対談者〕……………… 334
芸術について奥平英雄〔対談者〕……… 373
春をつげるバツケ丸山義二〔対談者〕… 385
補遺
日本画と四画伯について………………… 403
寸言―シヤワ゛ンヌについて―………… 405
林一郎を知る―林一郎詩集「元始経」序―…… 408
私の好きな時間…………………………… 411
卑俗との戦………………………………… 412
(照井 三の思出)……………………… 414
照井 三君のこと………………………… 417
*後記……………………………………… 419
 

第12巻 1958.4.10
 
日記
昭和21年(1946)
I 1月1日~9月20日 ……………………… 3
II 10月10日~10月31日 ……………… 126
昭和22年(1947)
I 1月1日~8月29日 …………………… 139
II 8月30日~12月31日………………… 219
III 1月14日~10月15日 ……………… 262
昭和23年(1948)
I 1月1日~5月14日 …………………… 283
II 5月15日~10月4日 ………………… 328
III 10月5日~10月7日………………… 388
IV 2月15日~12月31日………………… 390
昭和24年(1949)
1月1日~1月21日 ……………………… 421
*後記……………………………………… 431
 

第13巻 1958.5.10
 
日記
昭和25年(1950)
12月31日…………………………………… 3
昭和26年(1951)
1月1日~12月31日………………………… 5
昭和27年(1952)
1月1日~12月31日…………………………89
昭和28年(1953)
1月1日~12月31日……………………… 169
昭和29年(1954)
1月1日~12月31日……………………… 249
昭和30年(1955)
1月1日~12月31日……………………… 323
昭和31年(1956)
1月1日~3月30日 ……………………… 397
通信事項……………………………… 413
昭和24年(1949)
1月1日~12月31日……………………… 415
昭和25年(1950)
1月1日~12月31日……………………… 479
農事メモ……………………………… 543
*後記……………………………………… 577
 

第14巻 1958.6.10
 
書簡
明治30年(1897)頃………………………… 3
明治34年(1901)…………………………… 4
明治35年(1902)……………………………13
明治38年(1905)……………………………14
明治39年(1906)……………………………15
明治40年(1907)……………………………17
明治41年(1908)……………………………20
明治42年(1909)……………………………22
明治43年(1910)……………………………25
明治44年(1911)……………………………27
明治45年・大正元年(1912)………………28
大正2年(1913) ……………………………32
大正3年(1914) ……………………………38
大正4年(1915) ……………………………39
大正5年(1916) ……………………………43
大正6年(1917) ……………………………46
大正7年(1918) ……………………………49
大正8年(1919) ……………………………50
大正9年(1920) ……………………………51
大正10年(1921)……………………………52
大正11年(1922)……………………………53
大正12年(1923)……………………………54
大正13年(1924)……………………………57
大正14年(1925)……………………………60
大正15年・昭和元年(1926)………………67
昭和2年(1927) ……………………………71
昭和3年(1928) ……………………………74
昭和4年(1929) ……………………………87
昭和5年(1930) ……………………………95
昭和6年(1931) ………………………… 106
昭和7年(1932) ………………………… 113
昭和8年(1933) ………………………… 116
昭和9年(1934) ………………………… 121
昭和10年(1935)………………………… 128
昭和11年(1936)………………………… 141
昭和12年(1937)………………………… 145
昭和13年(1938)………………………… 157
昭和14年(1939)………………………… 167
昭和15年(1940)………………………… 179
昭和16年(1941)………………………… 199
昭和17年(1942)………………………… 210
昭和18年(1943)………………………… 220
昭和19年(1944)………………………… 229
昭和20年(1945)………………………… 241
昭和21年(1946)………………………… 300
*後記……………………………………… 411
 

第15巻 1958.7.10
 
書簡
昭和22年(1947)…………………………… 3
昭和23年(1948)………………………… 103
昭和24年(1949)………………………… 167
昭和25年(1950)………………………… 219
昭和26年(1951)………………………… 278
昭和27年(1952)………………………… 322
昭和28年(1953)………………………… 349
昭和29年(1954)………………………… 366
昭和30年(1955)………………………… 379
昭和31年(1956)………………………… 388
年代不詳…………………………………… 389
未投函書簡………………………………… 391
補遺………………………………………… 396
*書簡索引………………………………… 427
*後記……………………………………… 449
 

第16巻 1957.5.10
 
ロダンの言葉………………………………… 3
凡例………………………………………… 5
ロダンの芸術(ユージエヌ カリエール)…… 6
ロダン手記………………………………… 7
ヱ゛ヌス………………………………… 7
中世期芸術への入門―原則……………13
フランスの自然…………………………23
ランスの本寺……………………………29
夜の本寺…………………………………36
本寺別記…………………………………41
断片………………………………………43
手紙………………………………………57
ジユヂト クラデル筆録(1900―1908年)……65
ポール グゼル筆録…………………… 114
肉づけ………………………………… 114
芸術に於ける神秘…………………… 117
芸術に於ける動勢…………………… 121
断片…………………………………… 128
カミーユ モークレール筆録………… 133
フレデリク ロートン筆録…………… 138
古代芸術の教訓(其一)…………… 138
古代芸術の教訓(其二)…………… 141
断片…………………………………… 145
ロダンの手帳クラデル〔編〕………… 152
昔の仕事場と今日の学校…………… 152
構造と肉づけ………………………… 153
古代芸術の伝統的法則……………… 155
続ロダンの言葉…………………………… 159
アウギユスト ロダン(オクターヴ ミルボー)…… 162
若き芸術家達に(遺稿)……………… 165
ロダン手記……………………………… 170
花について…………………………… 170
女の肖像……………………………… 174
芸術家の一日………………………… 177
庭園の朝…………………………… 177
古代彫刻の断片…………………… 181
庭園の夕…………………………… 183
ゴチツクの線と構造………………… 185
ゴチツク建築家は写実家である… 187
面と相反と………………………… 188
釣合の知識………………………… 189
石のレース細工…………………… 190
外陣………………………………… 191
くりかた…………………………… 192
芸術と自然…………………………… 193
古代芸術―ギリシヤ……………… 198
古代芸術の豊かさは肉づけにある…… 199
高肉とキヤロスキユロ…………… 201
ローマ及ローマ芸術……………… 203
アメリカの為に…………………… 204
ゴチツクの天才……………………… 205
ノートルダム……………………… 205
サン トウスターシユ…………… 207
彫刻に於ける色調について……… 209
十八世紀…………………………… 211
断片…………………………………… 214
手紙…………………………………… 238
ギユスターヴ コキヨ筆録…………… 239
ジユヂト クラデル筆録……………… 257
フレデリク ロートン外二三氏筆録… 259
バトレツト筆録……………………… 259
クラリ筆録…………………………… 260
フレデリツク ロートン筆録……… 261
フランシス ド ミオマンドル筆録…… 271
ポール グゼル筆録…………………… 272
「岡の上にて」より………………… 272
「ロダンの家にて」より…………… 277
フイデヤスとミケランジユ………… 289
女の美………………………………… 298
「本寺」より(手記)………………… 301
ロダン論(アサア サイマンス)……… 318
ロダン夫人の死(マルセル チレル)… 329
ロダンのモデエル達(マルセル チレル)…… 337
ドユ モーパスサンの描いたロダン…… 344
*後記……………………………………… 357
 

第17巻 1957.9.10
 
ベンヱ゛ヌウト チエリニ自伝…………… 3
三つの提議(ジエエムス ホイスラア)…28
セザンヌの画室(アムブロワーズ ヴオラール)……32
セザンヌ抄(ジヨワシエン ギヤスケ)…42
風景の前で語るセザンヌ(ジヨワシエン ギヤスケ)……50
画室で語るセザンヌ(ジヨワシエン ギヤスケ)……73
回想のゴツホ(エリザベツト デユ ケスヌ フアン ゴツホ)……78
小序…………………………………………78
1 準備………………………………………79
2 はじまり…………………………………93
3 再び仏蘭西へ………………………… 104
4 をはり………………………………… 106
附録……………………………………… 112
ゴオガンに宛てたフアン ゴツホの手紙…… 112
フアン ゴツホの最後に就て書いたゴオガンの手紙…… 113
略年譜…………………………………… 114
EXOTISCHの画家PAUL GAUGUIN(マイアー グレーフ)…… 115
痛ましき地獄の画家(アルセエヌ アレキサンドル)…… 127
ドガとそのモデエル(アリス ミシエル)…… 143
一八八一年独立派展覧会画評(ジヨリ ユイスマンス)…… 181
カリエールの感想………………………… 191
画論(アンリイ マテイス)…………… 199
アンリイ マテイス(マルセル サンバア)…… 207
ブルデル(アンドレ フオンテナス)… 211
ブルデルの語るを聴く(サンドル ケミリ)…… 224
リーチの手紙……………………………… 236
街路動勢論(エミイル マアニユ)…… 243
都市の水を論ず(エミイル マアニユ)…… 252
未来派婦人の婦人論(ワ゛ランテイヌ ド サンポワン)…… 255
未来派婦人の楽欲論(ワ゛ランテイヌ ド サンポワン)…… 259
ベートーフエン論(アサア シマンズ)…… 263
クロオド デユビユツシイの歌劇(ロマン ロラン)…… 278
アシジの聖フランチエスコ(イヨハンネス イエルゲンゼン)…… 286
アナトオル フランスに別る(ジヨオジ デユアメル)…… 306
LE HASCHICH(シヤルル ボードレール)…… 310
巴里の写生(ジヨリ ユイスマンス)… 319
金満家(ジヨリ ユイスマンス)……… 326
制作(エミイル ゾラ)………………… 329
新婚夫人(カチユウル マンデス)…… 365
初雪(ギ ド モオパツサン)………… 370
モデル(ギ ド モオパツサン)……… 378
反逆―ジヤン クリストフより―(ロマン ロラン)…… 385
リリユリ(ロマン ロラン)…………… 392
*後記……………………………………… 465
 

第18巻 1958.9.10
 
自選日記(ウオルト ホヰツトマン)…… 5
エブラハム リンカンの死(ウオルト ホヰツトマン)…… 250
天才について(エミイル ヱ゛ルハアラン)…… 261
訳詩
エミイル ヱ゛ルハアラン
フラマンド……………………………… 281
パン焼………………………………… 281
路のほとり……………………………… 282
たとへ………………………………… 282
錯覚の村々……………………………… 283
風……………………………………… 283
十二の月………………………………… 285
あはれなる者(二月)……………… 285
小さな聖母(五月)………………… 285
サンジヤンさま(六月)…………… 286
明るい時………………………………… 288
訳者序………………………………… 288
1 おうさんらんたるわれらのよろこび…… 289
2 無言のままわれらの歩く………… 289
3 この野蛮な柱頭…………………… 290
4 夜の空はひろがり………………… 291
5 いつでも、かほど純真にふかい… 291
6 あなたは時としてあのなよやかな美を示す…… 292
7 おう!戸は叩かせて置かう……… 293
8 あどけない頃のやうに…………… 293
9 わかい、気のやさしい春は……… 294
10 しづかに来て …………………… 295
11 火のやうな恍惚の眼をして …… 295
12 長い間私のくるしんでゐた時 … 296
13 どういふわけか何故なのかいはれは何か…… 297
14 黄金と花との階段をしづしづ降りる…… 297
15 私はあなたの涙に、あなたの微笑に…… 298
16 私はあなたの二つの眼の中に … 299
17 われらの眼を愛するため ……… 299
18 われらの愛の園に、夏はつづく…… 300
19 あなたの明るい眼、あなたの夏の眼が…… 300
20 言つてごらん …………………… 301
21 われら自身以外の一切のものから…… 301
22 おお!この幸福! ……………… 302
23 生きませう ……………………… 303
24 われらの口の触れ合ふやいなや…… 303
25 底知れぬ深さ神のやうに聖い … 304
26 たとひもう、こよひ …………… 305
27 からだを捧げるとは、魂のある以上…… 305
28 われらのうちにたつた一つの心やさしさ…… 306
29 炎に花咲く美しい庭は ………… 307
30 もし万一にも …………………… 308
生活の相貌……………………………… 309
海の方へ……………………………… 309
騒然たる力……………………………… 312
わが人種……………………………… 312
不可能………………………………… 313
朝……………………………………… 314
砂浜で………………………………… 316
午後の時………………………………… 317
1 年は来ました、ひと足ひと足…… 317
2 六月の薔薇、おん身最も美しいもの…… 318
3 若しほかの花々が家をかざり…… 319
4 陰は浄まりあけぼのは虹いろ…… 319
5 私は、こよひ……………………… 320
6 ふたりして路ばたに腰かけよう… 320
7 しづかに、なほもしづかに……… 321
8 われらの愛の生れるわけであつたこの家には…… 322
9 窓をあけひろげて………………… 322
10 まつたき信がわれらの愛の底に住む…… 323
11 暁、陰、夕暮、空間、星 ……… 323
12 今は善い時、ランプのつく時 … 324
13 過ぎ去つた年の死んだ接吻が … 325
14 われらが同じ思に生きてゐてもう十五年…… 326
15 永遠にわれらの喜は痲痺したと思つた…… 326
16 われらのまはりに生きる一切のもの…… 327
17 私の感覚、私の心、私の頭脳 … 328
18 爽かな静かな健康の日々 ……… 329
19 私の眠の林から出て来た ……… 330
20 ああ、病の鉛が ………………… 330
21 明るい庭こそ健康そのもの …… 331
22 六月であつた、庭での事 ……… 332
23 身を捧げるだけでは足らず …… 332
24 おうもの一つ動かぬ静かな夏の庭よ…… 333
25 時間も気持も、まるで別 ……… 333
26 美しい夏の金色の小舟等は …… 334
27 感覚の熱、心情の熱、霊魂の熱…… 335
28 不動の美は ……………………… 335
29 そなたは、あの夕 ……………… 336
30 「明るい朝の時」「午後の時」…… 337
無量の壮麗……………………………… 338
空をたたふ…………………………… 338
思想家………………………………… 339
風を称ふ……………………………… 342
吾家のまはり………………………… 344
至上律…………………………………… 347
楽園…………………………………… 347
ミケランジユ………………………… 353
動く麦…………………………………… 357
田舎の対話(六番)………………… 357
村の唄…………………………………… 362
燃える娘……………………………… 362
あけ渡せ……………………………… 362
全フランドル…………………………… 364
種馬…………………………………… 364
農家の庭……………………………… 365
天上の炎………………………………… 366
訳者序………………………………… 366
未来(序詩)………………………… 367
新らしい都…………………………… 368
昔の信仰……………………………… 372
私の眼よ……………………………… 374
誇……………………………………… 376
機械…………………………………… 377
熱烈な生活…………………………… 379
港の突堤で…………………………… 381
今日の人に…………………………… 382
健康…………………………………… 383
死者…………………………………… 384
問題…………………………………… 385
機会…………………………………… 386
トンネル……………………………… 387
波止場で……………………………… 392
私の都………………………………… 394
わが友風景…………………………… 397
木蔦…………………………………… 401
東西南北……………………………… 403
森……………………………………… 404
花の方へ……………………………… 408
並木の第一樹………………………… 409
散歩…………………………………… 411
或る夕暮の路ゆく人に……………… 413
私の集(題跋詩)…………………… 416
戦争の赤い翼…………………………… 417
私の部屋……………………………… 417
一九一五年の春……………………… 418
病院…………………………………… 419
葬式…………………………………… 421
アルチユウル ラムボウ
眠れる人………………………………… 423
ジアン モレアス
小娘の言へること……………………… 424
ロマン ロラン
Ara Pacis(平和の祭壇) …………… 425
フランツ ヱルフエル
ならず者のアフホリズム……………… 427
エミイル ブルデル
詩篇……………………………………… 428
翻訳補遺
ヘルモン エー・マクニール氏略伝…… 433
エピナルの押絵(ジヨリ ユイスマンス)…… 439
女優マリイ ガアデンと新興音楽(ロバアト カテア)…… 442
女優サラ ベルナールの幼年時代……… 450
愛の言葉…………………………………… 455
ホヰツトマンの愛の言葉……………… 455
ロダンの愛の言葉……………………… 455
メエテルランクの愛の言葉…………… 455
ユウゴオの愛の言葉…………………… 455
ブレエクの愛の言葉…………………… 456
ホヰツトマンは言ふ…………………… 456
ダ ヰ゛ンチは言ふ…………………… 456
セガンチイニは言ふ…………………… 457
ヱ゛ルハアランは言ふ………………… 457
ロマン ロランは言ふ………………… 457
ロマン ロランより倉田君への手紙…… 458
*高村光太郎全集総目次………………… 463
*後記……………………………………… 485
 

別巻 1959.3.30
 
高村光太郎研究
I
高村光太郎の世界(亀井勝一郎)………… 5
高村光太郎の精神圏(高橋健二)…………16
高村光太郎における近代(小田切秀雄)…27
高村光太郎のモラル(佐古純一郎)………35
自然主義との関係(なかのしげはる)……45
高村光太郎の生涯(山本健吉)……………49
II
彫刻と高村光太郎(高田博厚)……………59
はじめの人(土方定一)……………………70
「裸婦坐像」「手」など(菊池一雄)……78
高村光太郎の肖像彫刻(本郷新)…………83
高村光太郎の木彫(今泉篤男)……………87
少年期の彫刻(高村豊周)…………………91
碌山と光太郎(石井鶴三)…………………96
III
高村光太郎―その近代詩史における意味―(那珂太郎)…… 103
詩と彫刻(宇佐見英治)………………… 111
自由韻律の道程―光太郎詩の韻図形―(長光太)…… 119
『道程』について(伊藤信吉)………… 129
「『道程』以後」について―「雨にうたるるカテドラル」を中心に―(村野四郎)…… 144
「猛獣篇」の形成(鳥見迅彦)………… 152
現代詩の父―「猛獣篇」以後―(黒田三郎)…… 161
『智恵子抄』私見(本郷隆)…………… 167
癌細胞(田村隆一)……………………… 180
戦後期(吉本隆明)……………………… 189
IV
高村光太郎の芸術論(寺田透)………… 207
一つの歴史―琅 洞のこと―(瀬木慎一)…… 216
高村光太郎の絵画について(難波田龍起)…… 221
書についてのノオト(松下英麿)……… 227
高村光太郎の短歌(吉野秀雄)………… 233
高村さんの翻訳(宗左近)……………… 245
全集補遺

カフエ・ライオンにて…………………… 261
(何もかも)…………………………… 261
(アメリカ帰りの)…………………… 262
短歌
絵にかける………………………………… 263
月黒く……………………………………… 263
散文
美は真に等し……………………………… 264
所謂好趣味の人たる勿れ………………… 266
高田博厚渡仏後援彫刻頒布会趣意……… 268
「蛙」に寄す……………………………… 269
往復書翰…………………………………… 270
往信(菊岡久利)……………………… 270
返信(高村光太郎)…………………… 272
あの頃―白秋の印象と思ひ出―………… 274
詩の本質…………………………………… 276
難波田龍起個展「感想帖」より………… 278
アンケート
断想―既成文壇の崩壊期に処す―……… 279
名士と食物………………………………… 280
短句………………………………… 282
(16~19)………………………………… 282
書簡………………………………… 283
(2295~2316)…………………………… 283
*高村光太郎年譜北川太一〔編〕……… 291
凡例…………………………………… 292
家系譜………………………………… 293
年譜…………………………………… 294
没後年譜……………………………… 377
没後関係文献………………………… 379
*覚え書(草野心平)…………………… 387
[ 2011/02/27 13:16 ] 高村光太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。