研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  高柳重信 >  『高柳重信全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『高柳重信全集』全3巻

『高柳重信全集』全3巻(立風書房、1985.7~1985.8、飯田龍太,大岡信,中村苑子,三橋敏雄,吉岡実編)


第1巻 1985.7.8
 
前略十年……………………………………… 7
作品I ………………………………………11
作品II………………………………………14
作品III ……………………………………24
作品IV………………………………………36
作品V ………………………………………42
あとがき……………………………………50
蕗子……………………………………………53
序にかへて(富沢赤黄男)………………59
逃竄の歌……………………………………63
盗汗の歌……………………………………67
なげき節……………………………………69
子守歌………………………………………71
廃嫡の歌……………………………………73
跋……………………………………………76
伯爵領…………………………………………79
序(菱山修三)……………………………83
花火の谷間より……………………………87
蒙塵や……………………………………87
厚き苔敷く………………………………87
吹き沈む…………………………………87
遂に谷間に………………………………87
汽車が虹が………………………………88
碑銘の丘より………………………………88
花茨………………………………………88
灰が降る…………………………………88
馬車は越えゆく…………………………88
むらさき山脈より…………………………89
山脈の……………………………………89
めざし雲…………………………………89
寝墓の森より………………………………89
森の夜更けの……………………………89
その黒斑…………………………………90
風下の……………………………………90
森の奥の…………………………………90
金の灯台より………………………………90
灯台の白い律呂に………………………90
灯台の青き喘ぎの………………………91
虎の斑の岬より……………………………91
虎の斑の…………………………………91
青絹の……………………………………91
黒い孤島より………………………………92
孤島にて浪の呪ひの……………………92
孤島にて不眠の鴉………………………92
咲き燃えて………………………………92
泯びの河口より……………………………93
海へ夜へ…………………………………93
海押しよせる……………………………93
汚名の湿地より……………………………93
老いて狂ひし……………………………93
領内古謡より………………………………93
森や谷まも………………………………93
さよなら…………………………………94
蜘蛛の囲の………………………………94
かの孔雀…………………………………94
降る雪の…………………………………94
指切りの…………………………………95
明日は胸に咲く…………………………95
●●○●…………………………………95
あとがき(大宮伯爵)……………………96
罪囚植民地………………………………… 101
晴………………………………………… 103
曇………………………………………… 108
雨………………………………………… 112
風………………………………………… 114
雪………………………………………… 117
覚書……………………………………… 120
蒙塵………………………………………… 125
揺れるばかり…………………………… 127
喪服の時間……………………………… 130
愛撫の晩年……………………………… 134
二十六字歌……………………………… 138
足軽集…………………………………… 141
水滸伝…………………………………… 145
爬虫の族………………………………… 147
髪………………………………………… 150
三十一字歌……………………………… 153
遠耳父母…………………………………… 157
望遠集…………………………………… 159
耳の五月………………………………… 162
父の沖…………………………………… 165
母系……………………………………… 168
高柳重信全句集・覚書………………… 173
山海集……………………………………… 179
飛騨……………………………………… 183
坂東……………………………………… 186
葦原ノ中国……………………………… 192
倭国……………………………………… 198
日本軍歌集……………………………… 203
不思議な川……………………………… 207
後記……………………………………… 229
日本海軍…………………………………… 233
富士と高千穂…………………………… 255
あとがき………………………………… 268
作品目次………………………………… 272
日本海軍・補遺…………………………… 279
山川蝉夫句集……………………………… 293
春・三六句……………………………… 297
夏・三六句……………………………… 301
秋・三六句……………………………… 305
冬・三六句……………………………… 309
雑・八四句……………………………… 314
あとがき………………………………… 324
山川蝉夫句集以後………………………… 327
昭和五十五年五月以降………………… 329
昭和五十六年…………………………… 332
昭和五十七年…………………………… 336
昭和五十八年…………………………… 339
<参考篇>
蕗子(「黒弥撤」版)…………………… 343
逃竄の歌………………………………… 345
盗汗の歌………………………………… 349
なげき節………………………………… 352
子守歌…………………………………… 354
廃嫡の歌………………………………… 357
伯爵領(「黒弥撤」版)………………… 361
山川蝉夫句抄……………………………… 373
春………………………………………… 375
夏………………………………………… 377
秋………………………………………… 379
冬………………………………………… 381
雑………………………………………… 383
あとがき………………………………… 387
パトスのかなかな(塚本邦雄)……… 389
*解題(三橋敏雄)……………………… 395
 

第2巻 1985.7.8
 
<作家論>
放哉と山頭火………………………………11
飯田蛇笏の世界……………………………16
日野草城とエロチシズム…………………24
病人の言葉…………………………………31
阿波野青畝小論……………………………42
松本たかし小論……………………………53
富安風生先生の俳句………………………61
明喩と暗喩―中村草田男小論……………62
高屋窓秋の「白い夏野」…………………68
渡辺白泉と石田波郷………………………72
三橋鷹女覚書………………………………76
妖説・永田耕衣……………………………85
赤尾兜子の文体……………………………92
いまは亡き―三谷昭………………………93
「女身」の桂信子…………………………98
三橋敏雄句集「まぼろしの鱶」紹介… 102
鈴木六林男の三句……………………… 108
佐藤鬼房の俳句………………………… 110
神田秀夫戯論…………………………… 112
富沢赤黄男ノート……………………… 116
富沢赤黄男―孤独な魂の歎きを詠う… 137
富沢赤黄男の場合……………………… 152
富沢赤黄男論―その孤立の歴史……… 161
富沢赤黄男の日記から………………… 169
「魚の骨」と富沢赤黄男……………… 173
「天の狼」の富沢赤黄男……………… 177
西東三鬼の「旗」……………………… 184
戦後の西東三鬼………………………… 191
西東三鬼と平畑静塔…………………… 260
<俳句鑑賞>
現代俳句鑑賞I ………………………… 275
現代俳句鑑賞II………………………… 288
戦争と平和……………………………… 304
雑の秀句………………………………… 308
三橋鷹女………………………………… 315
<エッセイ>
大塚仲町………………………………… 319
ダルマサンガコロンダ………………… 322
スイライ・カンチョウ………………… 324
密書ごっこ……………………………… 325
テンモンドウ…………………………… 327
蝉………………………………………… 328
模糊たる来し方………………………… 330
健なげなる昔…………………………… 335
わが友―加藤郁乎・鷲巣敏男・飯田龍太…… 338
若き日に―大岡信……………………… 341
宇都宮雑記……………………………… 343
*解題(和田悟朗)……………………… 363
 

第3巻 1985.8.8
 
<俳句論>
俳句形式における前衛と正統……………11
子規・虚子・碧梧桐のころ………………18
新興俳句運動概観…………………………26
新興俳句運動の軌跡………………………45
戦後俳句の眺望……………………………58
敗北の詩―新興俳句生活派・社会派へ…65
偽前衛派―或いは亜流について…………71
バベルの塔―或いは俳句と人間性について……83
掌篇俗論集…………………………………92
密書ごっこ…………………………………96
大宮伯爵の俳句即生活………………… 100
続偽前衛派……………………………… 108
藤田源五郎への手紙…………………… 115
身をそらす虹の絶巓 処刑台………… 125
俳壇迷信論……………………………… 130
写生への疑問…………………………… 136
暗喩について…………………………… 143
酒場にて―前衛俳句に関する大宮伯爵の演説…… 151
前衛俳句をめぐる諸問題―山口誓子と金子兜太について…… 158
前衛俳句の総決算……………………… 168
「書き」つつ「見る」行為…………… 175
私にとって俳句とは…………………… 184
自作ノート……………………………… 186
前略十年………………………………… 191
「蕗子」への道………………………… 195
「蕗子」の周辺………………………… 200
蕗子誕生………………………………… 205
わが「日本海軍」の草創……………… 212
新しい歌枕……………………………… 213
<時評>
俳壇八つ当り…………………………… 217
「正義」について……………………… 222
矜恃について…………………………… 224
盗賊と乞食について…………………… 227
偽前衛派について……………………… 229
橋 石句集「風景」…………………… 232
大政奉還の説・再説…………………… 234
定本・赤黄男句集その他……………… 238
俳句の廃墟……………………………… 244
「破産」の積み上げ…………………… 251
詩型とは何かに肉薄―金子兜太著「定型の詩法」…… 257
俳句史の問題など……………………… 259
言葉の導くままに―大岡信著「子規・虚子」…… 263
見事な才気煥発ぶり―加藤郁乎著「夢一筋」…… 265
富安風生翁の気迫……………………… 267
風格ある戦後派俳人―飯田龍太著「思い浮かぶこと」…… 269
“歪んだ密告”ウ呑み………………… 270
戦後俳壇とある“通過儀礼”………… 272
危険な批評の論旨……………………… 274
批評精神の摩滅………………………… 276
<詩歌論>
詩壇遠望………………………………… 281
幻の長歌………………………………… 290
吉岡実と俳句形式……………………… 292
「旅」の中の絶景……………………… 297
切実に歌わざるを得ない心―鷲巣繁男歌集「蝦夷のわかれ」…… 301
生きながら鬼に―斎藤史歌集「ひたくれなゐ」…… 303
はじめに月と―山中智恵子小論……… 304
<講演・座談会>
関西の前衛俳句について<講演>…… 317
現代俳句を語る<座談会>(高柳重信,飯田龍太,大岡信,吉岡実)…… 330
*解題(坪内稔典)……………………… 385
*高柳重信年譜・主要著作目録(川名大編)
*年譜…………………………………… 395
*高柳重信主要著作目録……………… 403
[ 2011/02/27 13:17 ] 高柳重信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。