研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  滝井孝作 >  『滝井孝作全集』全11巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『滝井孝作全集』全11巻・別巻1巻

『滝井孝作全集』全11巻・別巻1巻(中央公論社、1978.9~1979.12)



第1巻 小説 1 1978.9.25
 
無限抱擁……………………………………… 7
節分………………………………………… 195
弟…………………………………………… 203
旅…………………………………………… 219
祖父………………………………………… 233
父…………………………………………… 243
始ての世帯と病気………………………… 273
養子(大正10年)………………………… 289
良人の貞操………………………………… 303
中務大輔の娘……………………………… 315
一枚の版画………………………………… 331
小石川の親類……………………………… 347
妹の問題…………………………………… 369
*編集後記(津田亮一)………………… 407
 

第2巻 小説 2 1978.10.25
 
チヨ子の自由………………………………… 9
別荘番…………………………………………31
孤………………………………………………37
長火鉢…………………………………………49
仮寓……………………………………………63
澄む……………………………………………73
弾力のある気持………………………………81
妻の親…………………………………………93
幻想曲……………………………………… 105
亀田の娘…………………………………… 111
露滴庵近事………………………………… 157
仏法僧……………………………………… 171
ある転機…………………………………… 181
桃源の湯…………………………………… 191
ゲテモノ…………………………………… 203
松倉………………………………………… 233
養子(大正15年)………………………… 243
俳句会……………………………………… 253
ジヤコブン………………………………… 269
ある女の人の死…………………………… 283
大阪商人…………………………………… 291
お葉小母…………………………………… 309
結婚まで…………………………………… 319
見習記者…………………………………… 353
博打………………………………………… 369
田舎の父…………………………………… 379
紋付………………………………………… 397
*編集後記(津田亮一)………………… 409
 

第3巻 小説 3 1978.11.25
 
偶感…………………………………………… 9
トシコ…………………………………………15
父来たる………………………………………45
暑い日…………………………………………63
風流人…………………………………………81
河骨……………………………………………97
たぬき……………………………………… 111
故郷の話…………………………………… 123
父の活計…………………………………… 137
八王子にて………………………………… 159
酔蜂君……………………………………… 175
舎人達の失敗……………………………… 189
邦男と二宮と……………………………… 199
隣一二軒…………………………………… 217
琴の物語…………………………………… 227
生れ在所…………………………………… 239
初奉公……………………………………… 249
鮎釣………………………………………… 255
慾呆け……………………………………… 269
哀しき老父………………………………… 285
山中釣遊…………………………………… 301
Y君とぼくと ……………………………… 315
彼の周囲…………………………………… 327
金鉱の夢…………………………………… 347
責任自殺…………………………………… 367
住宅………………………………………… 381
山女魚……………………………………… 397
*編集後記(津田亮一)………………… 411
 

第4巻 小説 4 1978.12.25
 
積雪…………………………………………… 7
故郷……………………………………………29
父祖の形見……………………………………49
廬州の雨………………………………………69
大火の夜………………………………………75
戦場風景………………………………………87
梅の花……………………………………… 135
子供と魚釣………………………………… 151
蟹…………………………………………… 165
伐り禿山…………………………………… 179
裸婦………………………………………… 197
初舞台……………………………………… 211
身辺新緑…………………………………… 221
純潔………………………………………… 249
釣友達……………………………………… 265
山の姿……………………………………… 279
松島秋色…………………………………… 301
流行と信用………………………………… 339
Kの思出 …………………………………… 355
奇禍………………………………………… 367
*編集後記(津田亮一)………………… 389
 

第5巻 小説 5 1979.1.25
 
逝く春………………………………………… 7
道志川…………………………………………31
青萼の梅………………………………………41
野趣……………………………………………55
鮎つりと老人…………………………………77
トクサの庭……………………………………91
俳人仲間…………………………………… 127
*編集後記(津田亮一)………………… 391
 

第6巻 随筆 1 1979.2.25
 
回想の高山……………………………………11
安房山越へ……………………………………15
京の雨…………………………………………20
芭蕉の墓………………………………………24
俳人井月と其の句集…………………………28
新京極にて……………………………………31
狢………………………………………………35
京都南座二月狂言……………………………39
処女作「父」について………………………43
異臭……………………………………………47
飛騨の雪………………………………………50
尤三姐…………………………………………52
匂ひを捉へた句………………………………56
董源の画………………………………………60
一休に扮した犬養君…………………………62
観心寺の秘仏…………………………………64
庭前二題………………………………………68
井戸……………………………………………72
味ひ方…………………………………………76
座右宝について………………………………79
女………………………………………………82
加藤録郎君のこと……………………………86
夢………………………………………………89
謡のけいこ……………………………………91
フイリツプの小説……………………………94
油画の名画……………………………………95
世間……………………………………………97
小品四つ………………………………………99
近火…………………………………………99
ある会場にて…………………………… 103
校正室にて……………………………… 104
若い保線工夫の死……………………… 106
五条の鮎狩………………………………… 109
田端………………………………………… 112
奈良日記…………………………………… 115
漱石の俳句………………………………… 118
梅村騒動…………………………………… 122
良寛餅……………………………………… 144
不易流行…………………………………… 146
歌舞伎・浅草・隅田川…………………… 150
あやつり人形……………………………… 155
小林秀雄氏への公開状…………………… 160
飛騨の風景………………………………… 162
室生寺の秋………………………………… 173
素人の一人………………………………… 176
飛騨高山の郷土色………………………… 179
けやきの若葉……………………………… 182
栗の花……………………………………… 187
交友日録…………………………………… 189
奈良公園にて……………………………… 193
秋の山……………………………………… 196
伊勢詣……………………………………… 200
近所の丘…………………………………… 205
奈良の春…………………………………… 207
其角・嵐雪・去来・凡兆………………… 214
のんきな患者の作家……………………… 223
国なまり…………………………………… 225
水車………………………………………… 228
墓参………………………………………… 230
魚釣………………………………………… 232
田園と俳句………………………………… 237
鮎釣日記…………………………………… 247
鮎釣入門記………………………………… 252
阿呆由……………………………………… 257
炊事………………………………………… 261
一碧楼と俳句……………………………… 264
狐つきの話………………………………… 268
人の声……………………………………… 273
茎立菜・干きす…………………………… 277
榾・ハル木………………………………… 280
釣り歩るき………………………………… 283
秋色………………………………………… 294
作家の俳句………………………………… 297
虚子さんの文章…………………………… 306
長塚節の小説と歌………………………… 314
美しい鮎…………………………………… 317
秋雨艸々…………………………………… 322
山女釣……………………………………… 330
春寒し……………………………………… 335
梅見………………………………………… 339
小感………………………………………… 348
小家と小庭………………………………… 351
近所の友…………………………………… 354
第1回芥川賞選評 ………………………… 359
秋深し……………………………………… 362
外村繁君とぼく…………………………… 367
志賀直哉対談日誌………………………… 370
昭和10年の俳壇…………………………… 395
第2回芥川賞選評 ………………………… 398
文学的自叙伝……………………………… 399
第3回芥川賞選評 ………………………… 409
ゲテモノ雑記……………………………… 411
*編集後記(津田亮一)………………… 415
 

第7巻 随筆 2 1979.3.25
 
文芸時評………………………………………11
第4回芥川賞選評 ……………………………21
碧梧桐先生……………………………………23
風物誌…………………………………………27
第5回芥川賞選評 ……………………………33
我孫子の思出…………………………………34
第6回芥川賞選評 ……………………………38
人物を掴む力量………………………………40
“奥の細道”の心……………………………42
鮎釣……………………………………………44
幼な顔…………………………………………49
鮎の沈み釣……………………………………52
奈良の夏………………………………………59
第7回芥川賞選評 ……………………………64
上海から杭州へ………………………………67
上海より盧州まで……………………………71
第8回芥川賞選評 ……………………………83
俳句私見………………………………………85
惜春抄…………………………………………93
鮎釣風景…………………………………… 100
棋士の俳句………………………………… 106
第9回芥川賞選評 ………………………… 109
第10回芥川賞選評………………………… 112
第11回芥川賞選評………………………… 116
『無限抱擁』解説………………………… 118
第12回芥川賞選評………………………… 121
作劇術の手練……………………………… 124
鰯雲………………………………………… 126
第14回芥川賞選評………………………… 129
第15回芥川賞選評………………………… 131
第16回芥川賞選評………………………… 133
航空随筆…………………………………… 134
第17回芥川賞選評………………………… 138
第18回芥川賞選評………………………… 139
曲技飛行…………………………………… 140
第19回芥川賞選評………………………… 147
狂言の写実………………………………… 148
第20回芥川賞選評………………………… 160
今は昔……………………………………… 161
子供と共に………………………………… 166
麦…………………………………………… 172
道流杭のカイヅ釣………………………… 174
朴の葉……………………………………… 180
『碧梧桐句集』解説(桜井書店版)…… 185
カヤの実…………………………………… 198
不漁の記…………………………………… 201
事物の描写………………………………… 205
小猫………………………………………… 209
野草の花…………………………………… 212
冬のつり…………………………………… 214
碧梧桐の随筆……………………………… 218
碧梧桐の俳句……………………………… 223
長日月……………………………………… 233
『雪明り』の作者………………………… 235
直接描写…………………………………… 240
私の文学修業……………………………… 243
鮎解禁日…………………………………… 248
第21回芥川賞選評………………………… 254
「煙草と悪魔」解説……………………… 257
かくれたる作家…………………………… 263
暖かく鋭どく……………………………… 270
第22回芥川賞選評………………………… 272
兵隊の母達………………………………… 274
荷風覚書…………………………………… 276
田宮氏の歴史小説と「異邦人」………… 279
『演能手記』読後………………………… 283
第23回芥川賞選評………………………… 286
仮舞台の能………………………………… 289
第24回芥川賞選評………………………… 292
芭蕉の柳の句……………………………… 295
『無限抱擁』の頃………………………… 298
『釣随筆』解説…………………………… 305
第25回芥川賞選評………………………… 308
擬餌針……………………………………… 311
蕪村と暁台………………………………… 314
『土』を読む……………………………… 328
第26回芥川賞選評………………………… 330
新薬師寺の本尊…………………………… 332
玉のやうな画……………………………… 334
民芸館の宵………………………………… 335
新人の文章(1) ………………………… 342
裏庭の木木………………………………… 351
近頃の日本画……………………………… 353
鵜平さんと『土』………………………… 355
『安宅家の人々』と『鬼火』…………… 357
新人の文章(2) ………………………… 359
新人の文章(3) ………………………… 376
喜多会の能………………………………… 388
第27回芥川賞選評………………………… 391
『鬼火』評………………………………… 393
まめな人…………………………………… 395
新人の文章(4) ………………………… 397
*編集後記(津田亮一)………………… 417
 

第8巻 随筆 3 1979.4.25
 
気多川と天竜川………………………………11
喜多六平太翁…………………………………16
新人の文章(5) ……………………………19
芥川賞の作家たち……………………………28
新人の文章(6) ……………………………40
鑑賞の年季……………………………………54
新人の文章(7) ……………………………57
木登り…………………………………………72
第28回芥川賞選評……………………………79
簡明に、まつすぐな…………………………81
人物素描―川端康成氏―……………………83
狂言「釣狐」…………………………………88
能面挿話………………………………………91
文章雑談………………………………………98
第29回芥川賞選評………………………… 104
太宰治の作品……………………………… 106
飛騨高山の今昔…………………………… 112
秘曲「サギ」……………………………… 120
偶感………………………………………… 123
私の読書遍歴……………………………… 125
今年の鮎…………………………………… 129
文学と将棋………………………………… 131
元日の俳句………………………………… 134
私の生活…………………………………… 137
能のけいこを見る………………………… 139
八十翁の能………………………………… 147
新語、隠語に関して……………………… 150
第30回芥川賞選評………………………… 153
子規句集を読む…………………………… 155
「麦と兵隊」など………………………… 167
海ほほづき………………………………… 169
私の釣つた魚……………………………… 174
志賀さんの絵と書………………………… 179
奈良にゐた頃……………………………… 182
俳句の面白味……………………………… 184
志賀直哉ベスト・スリー………………… 198
第31回芥川賞選評………………………… 201
なづみ過ぎる……………………………… 203
古い能面について………………………… 206
芥川さんの俳句…………………………… 208
『碧梧桐句集』解説(角川文庫)……… 214
碧梧桐の書………………………………… 222
追羽子……………………………………… 224
定型と自由律と…………………………… 228
生活の危機の時に………………………… 245
第32回芥川賞選評………………………… 248
『土以前』を読む………………………… 250
ぴつたりした素材………………………… 252
装幀のことなど…………………………… 254
『虚子自伝』評…………………………… 258
書道博物館を見る………………………… 259
大会(能)………………………………… 262
お産………………………………………… 266
海紅堂昭和日記の解説…………………… 270
職務と信用といふ事……………………… 274
深山の花(柳蘭など)…………………… 277
馬瀬川のアユの味………………………… 280
アユの友釣風景…………………………… 283
初孫について……………………………… 286
偶感、予感、共感など…………………… 289
志賀さんの作品…………………………… 292
第33回芥川賞選評………………………… 294
加能作次郎について……………………… 296
「秋ふかき」の句について……………… 299
斎藤茂吉再読雑感………………………… 302
飛騨高山…………………………………… 307
第34回芥川賞選評………………………… 312
古典の美しさ……………………………… 314
味はひ深い好随筆………………………… 315
志賀さんの文学…………………………… 317
雑感………………………………………… 330
年魚・香魚・囮…………………………… 333
乳児素描…………………………………… 336
狂言の面白味……………………………… 341
第35回芥川賞選評………………………… 352
歌と俳句との間…………………………… 354
痔の手術…………………………………… 362
写真とその思出…………………………… 368
記録映画と劇映画………………………… 375
釣場の風景………………………………… 380
虚子句集を読み乍ら……………………… 383
川崎九淵讃………………………………… 387
みなもと近く……………………………… 393
原稿を読む(1) ………………………… 396
第36回芥川賞選評………………………… 400
灯蛾………………………………………… 402
二人の異色作家…………………………… 406
原稿を読む(2) ………………………… 411
*編集後記(津田亮一)………………… 415
 

第9巻 随筆 4 1979.5.25
 
天然アユ・放流アユ…………………………11
『名人』解説…………………………………14
原稿を読む(3) ……………………………20
第37回芥川賞選評……………………………23
東府会の事……………………………………25
島村利正君の小説……………………………27
スミイカ釣……………………………………32
手マリの句……………………………………36
原稿を読む(4) ……………………………40
第38回芥川賞選評……………………………43
飛騨の品漬……………………………………45
四十年前の思出………………………………47
風景小説………………………………………52
原稿を読む(5) ……………………………54
コヒのぼり・郷愁……………………………58
釣の味はひ……………………………………61
さはやかな味…………………………………64
上質の鮎………………………………………66
地橙孫句抄の序………………………………71
原稿を読む(6) ……………………………83
第39回芥川賞選評……………………………86
『狂言記』礼讃………………………………88
芥川さんの墓……………………………… 104
近江商人を素材に世相描く……………… 111
第40回芥川賞選評………………………… 113
生のまま素のまま………………………… 115
旅を思ふ…………………………………… 119
新しい時代の祝福………………………… 122
原稿を読む(7) ………………………… 124
リアルな能面……………………………… 127
すぐれた水墨画…………………………… 130
寝袋………………………………………… 133
第41回芥川賞選評………………………… 138
飛騨言葉の美しさ………………………… 140
荷風管見…………………………………… 141
原稿を読む(8) ………………………… 147
春三題……………………………………… 150
装幀楽屋話………………………………… 161
毛筆の字…………………………………… 169
ブリ・品漬・岩梨など…………………… 173
春慶塗のこたつ…………………………… 176
知恵づくのが興味津津…………………… 180
第42回芥川賞選評………………………… 183
芥川龍之介遺墨…………………………… 185
春の鯛釣…………………………………… 187
娘の就職…………………………………… 191
第43回芥川賞選評………………………… 200
『夕陽』編纂覚書………………………… 203
悼・岡田平安堂…………………………… 206
小沢碧童のこと…………………………… 210
俳人の生活………………………………… 222
飛騨の赤蕪………………………………… 226
八王子小品………………………………… 230
第44回芥川賞選評………………………… 234
春と名人戦………………………………… 236
第45回芥川賞選評………………………… 238
狂言の中の歌謡…………………………… 240
芥川賞と宇野浩二………………………… 245
ふくよかな筆の味………………………… 250
第46回芥川賞選評………………………… 252
志賀さんの文章…………………………… 254
室生さんを悼む…………………………… 257
制作は発見なり…………………………… 264
アユつりの魅力…………………………… 267
第47回芥川賞選評………………………… 270
街路樹……………………………………… 272
狂言の小舞………………………………… 282
第48回芥川賞選評………………………… 285
碧梧桐忌…………………………………… 287
一本橋……………………………………… 291
第49回芥川賞選評………………………… 296
第50回芥川賞選評………………………… 298
碧梧桐先生の書…………………………… 301
芥川賞委員三十年………………………… 305
定家かづらの花…………………………… 309
今年の馬瀬川……………………………… 314
第51回芥川賞選評………………………… 317
旅行の思出の句…………………………… 319
碧梧桐の鮎の句…………………………… 323
高山の朝市………………………………… 326
珍至梅……………………………………… 329
庭ナナカマド……………………………… 333
白黄の石榴の花…………………………… 338
高山の塩煎餅……………………………… 342
深い郷土愛にうたれる…………………… 346
私の本『郷愁』…………………………… 348
『芥川龍之介遺墨』を見て……………… 350
第52回芥川賞選評………………………… 354
第53回芥川賞選評………………………… 356
「故郷」飛騨高山………………………… 358
生生溌剌した作品………………………… 361
水仙………………………………………… 369
行摩りのひと……………………………… 373
初釣………………………………………… 376
第54回芥川賞選評………………………… 379
第55回芥川賞選評………………………… 381
世相の険悪………………………………… 384
秋萩帖の歌………………………………… 387
選句論……………………………………… 396
くちなしの実……………………………… 414
第56回芥川賞選評………………………… 418
小説の読み方……………………………… 420
*編集後記………………………………… 427
 

第10巻 随筆 5 1979.6.25
 
能の話…………………………………………11
第57回芥川賞選評……………………………26
松山行…………………………………………28
縫合せの貝……………………………………34
佐渡の能面……………………………………37
四十五年の昔…………………………………43
古拙微笑の美術………………………………45
霊感の宝庫……………………………………54
第58回芥川賞選評……………………………59
翁草……………………………………………61
福田家の人達…………………………………64
世阿弥の「求塚」と漱石の「心」…………85
第59回芥川賞選評……………………………92
広津さんを惜む………………………………94
仏者六花翁……………………………………99
第60回芥川賞選評………………………… 111
将棋の部屋………………………………… 113
書きにくい少年時代……………………… 115
第61回芥川賞選評………………………… 116
第62回芥川賞選評………………………… 118
第63回芥川賞選評………………………… 120
まだ丈夫な私の歯………………………… 122
芭蕉の句…………………………………… 126
朝富士・夕富士…………………………… 128
波郷の俳句………………………………… 132
第64回芥川賞選評………………………… 138
ほととぎすの句など……………………… 140
第65回芥川賞選評………………………… 142
五十年前の思出…………………………… 144
『夜の光』………………………………… 147
志賀さんの奥さん………………………… 148
叱られる…………………………………… 155
むかしの思出……………………………… 161
志賀さんの書……………………………… 164
市谷加賀町訪問…………………………… 170
足柄海館訪問……………………………… 174
画文一致…………………………………… 180
第66回芥川賞選評………………………… 184
第67回芥川賞選評………………………… 186
風信………………………………………… 188
型破り……………………………………… 190
第68回芥川賞選評………………………… 191
未発表原稿を読む………………………… 193
志賀さんの生活…………………………… 195
第69回芥川賞選評………………………… 227
精一杯生きた人…………………………… 229
書生の心持………………………………… 231
能の神様…………………………………… 235
未発表日記の校訂をして………………… 238
本郷時代…………………………………… 244
篆刻と友だち……………………………… 248
俳句ハ物体ヲ示ス………………………… 250
老年………………………………………… 255
〔無題〕…………………………………… 258
第70回芥川賞選評………………………… 260
初暦の句など……………………………… 262
少年の目と老人の目……………………… 264
第71回芥川賞選評………………………… 265
六平太翁の謡曲のレコード……………… 267
ケヤキ冬木………………………………… 269
白い障子…………………………………… 273
処女作「父」の回想……………………… 286
第72回芥川賞選評………………………… 293
鮎の友づり………………………………… 295
第73回芥川賞選評………………………… 299
わたくしごと……………………………… 301
丁寧なひと………………………………… 303
第74回芥川賞選評………………………… 306
志賀さんの声……………………………… 308
武者小路さんの絵と書など……………… 315
いろいろのこと…………………………… 321
芥川さんの置土産………………………… 328
第75回芥川賞選評………………………… 334
美しい大和の寺々………………………… 336
俳句と写生………………………………… 341
志賀直哉の遺愛の能面…………………… 349
染井の能舞台……………………………… 353
久しぶりの岐阜…………………………… 357
素顔の文人・河東碧梧桐………………… 363
第76回芥川賞選評………………………… 383
新道繁さんの画室訪問…………………… 385
三つの寄稿の事など……………………… 389
句集『初心』の序………………………… 393
初めての書の個展………………………… 396
第77回芥川賞選評………………………… 400
新鮮明快の俳句…………………………… 402
第78回芥川賞選評………………………… 419
「唐子群遊」と「手長足長」…………… 421
芥川さんの作品など……………………… 425
芯の強いひと……………………………… 429
芭蕉と蕪村の真蹟………………………… 432
第79回芥川賞選評………………………… 436
徐渭の水墨画……………………………… 438
島田正治君の水墨画……………………… 441
芭蕉の晩年の句…………………………… 443
アズキの味………………………………… 449
第80回芥川賞選評………………………… 452
*編集後記(津田亮一)………………… 455
 

第11巻 俳句 雑纂 1979.7.25
 
俳句
折柴句集………………………………………13
浮寝鳥……………………………………… 119
雪間の菜…………………………………… 155
海ほほづき………………………………… 171
海ほほづき・以後………………………… 215
傘寿以後…………………………………… 269
相聞の俳句など…………………………… 283
雑纂
初期作品
息…………………………………………… 299
ほんたうの事……………………………… 302
まわた(短歌十首)……………………… 311
林檎(短歌五首)………………………… 312
いぬ………………………………………… 312
個的信仰…………………………………… 315
北条の海…………………………………… 317
小さんと円右……………………………… 323
三月の帝劇………………………………… 326
空いた電車………………………………… 333
人間を土台として………………………… 334
顔と手との距離…………………………… 344
五月の雑誌から…………………………… 347
三月の創作………………………………… 350
自序・後記
『折柴句集』自序………………………… 359
『慾呆け』後記…………………………… 362
『折柴随筆』自序(野田書房版)……… 362
『風物誌』後記…………………………… 363
『積雪』後記……………………………… 364
『結婚まで』後記(砂子屋書房版)…… 365
『折柴随筆』奥書(三笠書房版)……… 365
『父』おくがき…………………………… 366
『稚心』後記……………………………… 367
『浮寝鳥』奥書…………………………… 369
『雪間の菜』奥書………………………… 369
『故郷』後記……………………………… 370
『風流人』おくがき(光文社版)……… 371
『志賀直哉対談日誌』後記……………… 371
『結婚まで』後記(小山書店版)……… 372
『郷愁』後記……………………………… 373
『野草の花』後記………………………… 374
『釣なかま』あとがき…………………… 375
『生のまま素のまま』後記……………… 376
『海ほほづき』後記……………………… 377
『野趣』あとがき………………………… 378
『翁草』あとがき………………………… 380
『俳人仲間』後記………………………… 381
『志賀さんの生活など』あとがき……… 384
『滝井孝作全句集』自序(牧羊社版)… 386
『句集 山桜』はしがき………………… 398
『山茶花』あとがき……………………… 400
『釣の楽しみ』あとがき………………… 400
『かのこ百合』あとがき………………… 401
『巌に咲く花』あとがき………………… 402
『滝井孝作全句集』あとがき(講談社版)…… 404
雑纂
昔の京の月………………………………… 407
惟然の句…………………………………… 409
無限抱擁について………………………… 412
愛吟句一句評釈…………………………… 413
最初の原稿料を何に使つたか…………… 413
題を付ける時、書き出しに・結末に・困つた話…… 414
何故書くか?……………………………… 414
一番面白い恋愛小説は何か?…………… 415
川端康成選集推薦………………………… 415
中戸川富枝句集『春日』後記…………… 416
海紅用箋…………………………………… 418
『邸下選』(第1輯)跋 ………………… 419
『邸下選』(第2輯)跋 ………………… 420
我が愛する古典…………………………… 421
『邸下選』(第3輯)跋 ………………… 421
『柿二つ』の讃…………………………… 422
私の愛用品………………………………… 423
大川徳二『狂人物語』跋………………… 423
決して昔に劣らない……………………… 425
伊藤観魚―名古屋の書家………………… 426
森田子龍『書―生き方のかたち―』推薦…… 428
居直つた強さ……………………………… 428
『喜多流・声の名曲集』推薦…………… 429
柳秀咲書展に寄す………………………… 430
天賦の賜物………………………………… 431
小池邦夫君を推す………………………… 432
舟橋聖一『太閤秀吉』推薦……………… 433
佳品は現れる……………………………… 434
実感の文学………………………………… 435
網野菊『時々の花』はしがき…………… 435
『鮎つりの名著』監修のことば………… 437
図面の多い編集…………………………… 437
豊富なもの………………………………… 438
不思議な魅力の絵………………………… 439
*編集後記(津田亮一)………………… 441
 

別巻 1979.12.25
 
年譜 著作年表 書誌……………………… 5
参考文献…………………………………… 243
全巻内容…………………………………… 295
著作索引…………………………………… 317
*編集後記(津田亮一)………………… 335
[ 2011/02/27 13:19 ] 滝井孝作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。