研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  田木繁 >  『田木繁全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『田木繁全集』全3巻

『田木繁全集』全3巻(青磁社、1982.9~1984.6)



第1巻 詩と詩論 1982.9.20
 
松ヶ鼻渡しを渡る……………………………15
耐える歌……………………………………16
五十日、六十日……………………………18
風……………………………………………20
俺はこんなところで………………………25
松ヶ鼻渡しを渡る…………………………28
大同電力春日出発電所八本煙突…………33
生活の波……………………………………36
リング雀は歌う……………………………37
駆逐艦旗風…………………………………40
安治川右岸………………………………47
機械詩集………………………………………57
汽槌の下で…………………………………58
製鑵場にて…………………………………59
鋲焼工………………………………………60
鋲打工………………………………………61
帯鋸…………………………………………62
設計技師……………………………………63
シィアリング・マシーン…………………65
ストッピング・ブレーキ…………………66
フライ・ホイール…………………………68
バイト1 ……………………………………70
バイト2 ……………………………………70
立体幾何学…………………………………71
内燃機関……………………………………72
バイトの心…………………………………73
空廻り………………………………………74
始動…………………………………………75
ゴー・ストップ……………………………76
自動開閉器…………………………………77
一九三六年型………………………………78
電気ブレーキ………………………………80
車輪…………………………………………81
銃声1 ………………………………………83
銃声2 ………………………………………84
離陸…………………………………………84
上昇…………………………………………86
錐揉み………………………………………87
滑空…………………………………………89
固定機関銃…………………………………90
照準…………………………………………92
垂直降下……………………………………93
浮力…………………………………………94
製材工場……………………………………95
生産場面詩おぼえがき……………… 103
××君に……………………………… 106
妻を思い出さぬために…………………… 111
妻を思い出さぬために………………… 112
後記……………………………………… 133
跛、山ヘ登る……………………………… 143
鬼………………………………………… 144
泥鰌……………………………………… 145
旱天……………………………………… 146
きりぎりす……………………………… 147
深耕……………………………………… 148
百姓修業………………………………… 150
冬の海…………………………………… 152
岩………………………………………… 154
除草……………………………………… 155
草刈男…………………………………… 157
草刈男…………………………………… 158
植物達は夜生長する…………………… 159
土運びの歌……………………………… 161
百姓腹…………………………………… 163
跛者の歌える…………………………… 165
跛、山へ登る…………………………… 167
跛の百姓………………………………… 171
視線について…………………………… 178
最初の水を迎える蛙達の歌…………… 181
かんいわし……………………………… 184
アイヌバリいまいづこ…………………… 187
操車場にて1 …………………………… 188
操車場にて2 …………………………… 189
操車場にて3 …………………………… 190
発車を待つ間…………………………… 192
現代の神………………………………… 193
吊革について…………………………… 195
その手…………………………………… 198
深夜のエレジイ………………………… 200
釣人1 …………………………………… 202
釣人2 …………………………………… 203
魚信……………………………………… 204
異変……………………………………… 205
真昼の月………………………………… 206
差潮のはな……………………………… 208
アイヌバリいまいづこ………………… 209
叙情殺し………………………………… 212
早春……………………………………… 214
水底のベトコン………………………… 216
Fancy Carps …………………………… 218
一九五七年六月二日の記録…………… 223
第一〇八号列車………………………… 227
補遺
河上博士に………………………………… 234
島々動く…………………………………… 237
同志黒木の霊前に………………………… 238
本望成就…………………………………… 245
南紀直通…………………………………… 249
寒ボラの当り……………………………… 256
太陽を追う人(訳詩)…………………… 259
箕島高等学校校歌………………………… 261
大阪府立大学応援歌……………………… 262
詩論
北川冬彦論………………………………… 266
小熊秀雄への公開状……………………… 274
詩における個性展開について…………… 284
官尊民卑の傾向について………………… 293
眼について………………………………… 299
*解説……………………………………… 327
風俗化せぬこと(秋山清)………… 328
反骨の自我(北川冬彦)…………… 343
解説(杉山平一)…………………… 349
 

第2巻 小説 1983.10.20
 
船と少年達…………………………………… 5
浜の一日………………………………………25
河………………………………………………45
南方……………………………………………65
釣狂記……………………………………… 115
スマート・ボール………………………… 169
長兄………………………………………… 187
俺の子守歌………………………………… 223
他人のはじまり…………………………… 245
私一人は別物だ…………………………… 265
改訂第一版刊行に際して……………… 341
*解説 肉身の確執(関根弘)………… 345
*自筆年譜………………………………… 355
 

第3巻 評論 1984.6.20
 
杜甫―イロニイの旅………………………… 7
東西南北の人……………………………… 9
まえがき…………………………………11
左拾遺の官………………………………23
一歳四行役………………………………43
浣花草堂…………………………………64
君見ずや 子の国、杜陵翁……………84
秋興八首……………………………… 106
臨絶の音……………………………… 136
みそさざいは移りすむ一枝の安きに―引用詩追注―…… 165
梅雨…………………………………… 167
狂夫…………………………………… 169
春夜喜雨……………………………… 171
独酌…………………………………… 174
徐歩…………………………………… 176
春帰…………………………………… 178
水檻遣心二首の一…………………… 180
屏跡三首の二………………………… 182
春日江村五首の一…………………… 184
絶句六首の六………………………… 186
旅夜書懐……………………………… 187
絶句四首の三………………………… 189
宿府…………………………………… 191
倦夜…………………………………… 194
月……………………………………… 196
不寐…………………………………… 198
八月十五夜月二首の二……………… 200
返照…………………………………… 202
即時…………………………………… 204
老病…………………………………… 206
秋夜五首の五………………………… 208
向夕…………………………………… 210
九日五首の五………………………… 212
次晩州………………………………… 215
発白馬潭……………………………… 217
陪王使君晦日泛江就黄家亭子二首の一…… 220
送李八秘書赴杜相公幕……………… 222
この本の成り立ち―あとがきに代えて…… 225
リルケへの対決…………………………… 229
窓集(ライナー・マリア・リルケ)… 231
訳者附記……………………………… 241
リルケへの対決1―作品を中心に― … 244
リルケへの対決2―カタリーナ・キッペンベルクの評論にふれて―…… 279
リルケへの対決3―作品の死と現実の死―…… 307
ドクター・ファウストゥス1―ルカーチ『近代芸術の悲劇』にふれて―…… 339
ドクター・ファウストゥス2―病理的と生理的―…… 363
垂直的と水平的―マン、リルケ、プルースト、ケーロールをめぐって―…… 390
二つの脊中を持つハイネ……………… 415
晩年の告白―フロォベエル『ブヴァールとペキュシェ』にふれながら―…… 448
リルケとサルトル―1970年2月15日、阪神ドイツ文学会における帰朝報告―…… 475
パリ日記抄……………………………… 485
*あとがき(小川正巳)………………… 499
*あとがき(下程息)…………………… 507
*発表年月、雑誌名……………………… 517
[ 2011/02/27 13:19 ] 田木繁 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。