研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  竹内好 >  『竹内好全集』全17巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『竹内好全集』全17巻

『竹内好全集』全17巻(筑摩書房、1980.9~1982.9)



第1巻 1980.9.20
 
魯迅…………………………………………… 1
序章―死と生について…………………… 3
伝記に関する疑問…………………………14
思想の形成…………………………………46
作品について………………………………74
政治と文学……………………………… 112
結語―啓蒙者魯迅……………………… 153
自註……………………………………… 155
附録 思想家としての魯迅…………… 158
略年譜…………………………………… 164
創元文庫版 あとがき………………… 171
未来社版 あとがき…………………… 173
魯迅雑記I(1946―1956) ……………… 177
魯迅の死について……………………… 179
「藤野先生」…………………………… 192
『魯迅評論集』後記…………………… 196
魯迅と許公平…………………………… 204
魯迅の言と行…………………………… 214
「狂人日記」について………………… 218
魯迅伝…………………………………… 229
「阿Q正伝」の世界性 ………………… 235
魯迅と二葉亭…………………………… 243
ノラと中国……………………………… 247
ただ真実を追う………………………… 258
孤独なる遍歴者………………………… 262
ゴルキイと魯迅………………………… 264
魯迅の評価をめぐって………………… 266
魯迅の日に……………………………… 274
「阿Q正伝」寸感 ……………………… 277
田中清一郎・中沢信三共訳『阿Q正伝』…… 279
『魯迅評論集』はじめに・解説……… 280
『魯迅作品集』解説…………………… 288
「故郷」解説…………………………… 294
中国における魯迅研究書……………… 296
『現代中国文学全集・魯迅篇』あとがき…… 301
『野草』解説…………………………… 316
『続魯迅作品集』解説………………… 330
『阿Q正伝・狂人日記』解説 ………… 338
『阿Q正伝・狂人日記』紹介 ………… 344
「横眉」の詩の解……………………… 346
「阿Q正伝」 …………………………… 348
魯迅……………………………………… 349
「現代中国童話集・魯迅」解説……… 352
『魯迅選集』の特色…………………… 354
『魯迅選集』第1巻解説 ……………… 359
『魯迅選集』第2巻解説 ……………… 369
『魯迅選集』第3巻解説 ……………… 378
『魯迅選集』第4巻解説 ……………… 390
*解題(飯倉照平)……………………… 397
 

第2巻 1981.1.20
 
魯迅入門……………………………………… 1
読者へ……………………………………… 3
I 伝記……………………………………… 6
1 自伝と自伝的作品…………………… 6
2 家系とおいたち………………………10
3 実学から文学へ………………………16
4 結婚……………………………………23
5 政治と文学……………………………27
6 「絶望」へ、そして「絶望」から…34
7 新しいものと古いもの………………44
8 事件……………………………………59
II 歴史的環境 ……………………………75
1 文学革命の源流………………………75
2 文学革命………………………………88
3 文学革命以後…………………………96
III 作品の展開………………………… 109
1 作品と作品以外のもの…………… 109
2 『吶喊』と『彷徨』……………… 117
3 「阿Q正伝」 ……………………… 139
4 『野草』…………………………… 149
5 『朝花夕拾』……………………… 156
6 『故事新編』……………………… 162
7 『両地書』その他………………… 174
IV 魯迅精神について ………………… 180
自註……………………………………… 184
略年譜…………………………………… 188
参考文献………………………………… 196
あとがき………………………………… 198
世界文学はんどぶっく・魯迅(抄)…… 201
I 伝記…………………………………… 203
1 蔡元培からみた魯迅……………… 203
2 伝記の材料………………………… 207
V 年譜…………………………………… 212
VI 作品年表 …………………………… 246
VII 参考文献…………………………… 275
魯迅雑記II(1956―1973)……………… 289
歴史における魯迅……………………… 291
花鳥風月………………………………… 323
魯迅の読者……………………………… 328
魯迅の問題性…………………………… 337
魯迅の思想と文学……………………… 340
魯迅文学の鑑賞態度について………… 345
魯迅先生に代って……………………… 356
「アヒルの喜劇」解説………………… 358
忘れられないことば…………………… 359
『世界文学大系・魯迅』解説………… 362
祝福のことば…………………………… 377
魯迅……………………………………… 379
「故郷・宮しばい」解説……………… 382
『魯迅選集』の再刊にあたって……… 383
『魯迅選集』の改訂に際して………… 384
「惜別」の碑への感慨………………… 389
田北誠一さんへ………………………… 392
『魯迅作品集』第1巻解説 …………… 394
『魯迅作品集』第2巻解説 …………… 406
『魯迅作品集』第3巻解説 …………… 420
「故郷」の訳者として………………… 437
『現代中国文学・魯迅』解題………… 439
三度目の正直…………………………… 444
*解題(飯倉照平)……………………… 447
 

第3巻 1981.3.20
 
現代中国の文学……………………………… 1
中国文学展望……………………………… 3
『世界の文学』中国篇……………………15
五四文化革命………………………………28
文学革命……………………………………39
賛―『新青年』複刻にあたって…………45
吉川幸次郎訳『胡適自伝』評……………48
葉紹鈞『小学教師』あとがき……………54
『小学教師』とその作者…………………58
茅盾『見聞雑記』後記……………………70
茅盾伝………………………………………78
茅盾『霜葉は二月の花より紅なり』付記……84
茅盾…………………………………………86
社会主義の現実主義………………………96
茅盾『腐蝕』…………………………… 104
『現代中国文学全集・茅盾篇』あとがき…… 104
『世界文学全集・魯迅、茅盾』解説… 108
茅盾『夜明け前』解説………………… 127
『現代中国文学・茅盾』解題………… 149
魯迅と林語堂…………………………… 160
林語堂…………………………………… 169
林語堂伝………………………………… 171
佐藤亮一訳『北京好日』……………… 178
林語堂『嵐のなかの木の葉』付記…… 179
林語堂『嵐のなかの木の葉』解説…… 180
林語堂『朱ぬりの門』………………… 185
曹禺の『雷雨』………………………… 188
『抗戦期文学集I』解説 ……………… 190
『記録文学集I』解説 ………………… 208
フエドレンコ『新中国の芸術家たち』…… 216
趙樹理『李家荘の変遷』付記………… 219
『李家荘の変遷』と『真夜中』……… 220
島田政雄・三好一共訳『李家荘の変遷』…… 222
趙樹理『結婚登記』…………………… 225
趙樹理文学の新しさ…………………… 228
周而復『上海の朝』…………………… 241
『世界文学辞典』中国関係項目……… 242
中国文学と日本…………………………… 271
中国文学と日本文学…………………… 273
もっと中国人の心を…………………… 284
生活と文学……………………………… 286
中国現代文学の翻訳書………………… 289
中国現代文学への眼…………………… 291
中国の抵抗文学………………………… 294
日本における中国文学研究の現状と問題…… 297
海外文芸思潮を探る…………………… 314
中国文学への新しい関心……………… 316
最近の中国小説………………………… 319
翻訳文学の十年………………………… 321
中国文学の研究紹介…………………… 330
飯田吉郎編『現代中国文学研究文献目録』…… 333
中国小説五選…………………………… 336
魯迅雑記III(1973―1977) …………… 345
魯迅と日本……………………………… 347
西施と小町……………………………… 357
魯迅の論争態度………………………… 358
日本における魯迅の翻訳……………… 366
『魯迅文集』訳者のことば…………… 402
金銭感覚について……………………… 403
新訳『魯迅文集』について…………… 407
『魯迅文集』第1巻解説 ……………… 411
『魯迅文集』第2巻解説 ……………… 430
『魯迅文集』第3巻・解説にかえて … 449
「魯迅を読む」について……………… 456
魯迅を読む……………………………… 456
*解題(飯倉照平)……………………… 475
 

第4巻 1980.11.20
 
現代中国論…………………………………… 1
民族………………………………………… 3
日本人の中国観………………………… 3
中国のレジスタンス〔中国人の抗戦意識と日本人の道徳意識〕……16
運動…………………………………………43
文学運動…………………………………43
学生運動〔五・四運動と蔡元培〕……60
婦人運動…………………………………82
政治…………………………………………90
新中国の精神……………………………90
文学……………………………………… 102
政治と文学の問題(日本文学と中国文学1)〔中国文学とヒューマニズム〕…… 102
文化移入の方法(日本文学と中国文学2)〔魯迅と日本文学〕…… 115
思想・歴史……………………………… 128
近代とは何か(日本と中国の場合)〔中国の近代と日本の近代〕…… 128
中国新書版 あとがき………………… 172
中国の人民革命…………………………… 177
新中国を生み出したもの……………… 179
中国の人民革命………………………… 194
中華人民共和国の誕生………………… 216
中国……………………………………… 234
孫文……………………………………… 239
三民主義………………………………… 244
五四記念日について…………………… 245
歴史を変えた学生たち………………… 250
五四運動の学び方……………………… 252
民族的屈辱への怒り…………………… 255
五・四運動……………………………… 257
抗日運動………………………………… 259
中国のキキン?………………………… 262
たゆまざる革新………………………… 264
民兵……………………………………… 268
スノウ著『中国の赤い星』…………… 270
『自由陣綫』の抗議に答える………… 271
「清宮秘史」…………………………… 275
中国に関する二、三の本……………… 276
鶴見和子著『パール・バック』……… 278
青年は何を考えているか……………… 283
バーチェット著『纏足を解いた中国』他…… 286
『歴史家』第2号をよんで …………… 288
スメドレー著『偉大なる道』………… 291
ルポルタージュ文学の傑作…………… 293
スノー著『目覚めへの旅』…………… 294
福地いま著『私は中国の地主だった』…… 296
青年にすすめる五書…………………… 298
丸岡秀子著『中国・十二の物語』…… 299
新井宝雄著『林彪時代』……………… 300
玉川信明著『中国 アナキズムの影』…… 300
中国革命と日本…………………………… 303
中国革命思想…………………………… 305
日本・中国・革命……………………… 309
明治維新と中国革命…………………… 344
中国近代革命の進展と日中関係……… 358
中江丑吉著『中国古代政治思想』…… 390
鈴江言一著『孫文伝』………………… 393
陶晶孫著『日本への遺書』…………… 395
さねとう・けいしゅう著『中国人日本留学史』…… 396
内山完造著『花甲録』………………… 399
『日本の百年』4「アジア解放の夢」…… 410
秦郁彦著『軍ファシズム運動史』…… 413
満州国研究の意義……………………… 415
満史会編『満州開発四十年史』……… 418
原理の一貫性…………………………… 420
「夜明けの国」………………………… 424
仁井田陞著『東洋とは何か』………… 428
楊逸舟著『台湾と蒋介石』…………… 431
戴国 著『日本人との対話』………… 432
洛沢著『花岡川の嵐』………………… 432
*解題(飯倉照平)……………………… 435
 

第5巻 1981.4.20
 
方法としてのアジア………………………… 1
アジアのナショナリズムについて……… 3
アジアのナショナリズム………………… 6
中国の民族主義…………………………… 9
孫文観の問題点……………………………25
胡適とデューイ……………………………42
アジアにおける進歩と反動………………57
二つのアジア史観…………………………82
方法としてのアジア………………………90
日本人のアジア観……………………… 115
東亜同文会と東亜同文書院…………… 133
明治維新と中国革命…………………… 154
アジアの中の日本……………………… 168
「アジア学」の視点…………………… 181
中国・インド・朝鮮……………………… 193
東洋人の日本観………………………… 195
アジアに散らばった日本の兵隊……… 204
アジアの心……………………………… 207
飯塚浩二著『アジアのなかの日本』… 210
アジアの詩……………………………… 212
顔を眺める……………………………… 213
タゴール記念会編『タゴール』他…… 218
タゴールと中国………………………… 220
ネルー著『忘れえぬ手紙よりI』 …… 223
ネルー著『父が子に語る世界歴史』… 226
石田保昭著『インドで暮らす』にふれて…… 228
梅棹忠夫著『東南アジア紀行』……… 231
金達寿著『朝鮮』……………………… 232
朝鮮語のすすめ………………………… 235
朝鮮映画「赤い花」を見て…………… 238
隣人の責務……………………………… 242
時勢の要求を満たすもの……………… 243
おもかげの消えぬ人…………………… 245
毛沢東……………………………………… 249
魯迅と毛沢東…………………………… 251
評伝 毛沢東…………………………… 259
毛沢東の著作集………………………… 317
防衛抵抗主義の毛沢東………………… 319
『毛沢東選集』第2巻によせて ……… 325
親愛なる日本国民へ…………………… 328
毛沢東…………………………………… 329
『文芸講話』解説……………………… 331
毛沢東演説の背景……………………… 341
平和共存への理論的努力……………… 345
『矛盾論』解説………………………… 349
毛沢東思想の受けとり方……………… 353
「『矛盾論』論争」と私の立場……… 378
ふたたび毛沢東思想について………… 384
『矛盾論』の翻訳について…………… 406
毛沢東の詩……………………………… 408
*解題(飯倉照平)……………………… 425
 

第6巻 1980.12.20
 
日本イデオロギイ…………………………… 1
はじめに…………………………………… 3
若い友への手紙…………………………… 6
I 文学の受けとり方への疑問………… 6
II 世論の勝利 …………………………16
III 再軍備への恐怖……………………25
IV 憲法と道徳 …………………………34
V 平和教育について(教員へ)………46
VI ナショナリズムと平和教育(教員へ)……55
VII 歴史家への注文……………………70
国の独立と理想……………………………74
インテリ論…………………………………86
指導者意識について…………………… 106
中国知識人の自己改造………………… 120
日本共産党論…………………………… 133
架空ソヴェト旅行記…………………… 167
民衆・知識人・官僚主義………………… 177
ある挑戦………………………………… 179
教養主義について……………………… 192
日本共産党への注文…………………… 202
ゴマカシとタワゴト…………………… 203
インテリ論……………………………… 206
政治と知識人…………………………… 219
知識人の政治参与……………………… 229
平和への意志…………………………… 233
日本の民衆……………………………… 245
労働組合と官僚主義…………………… 255
望みなし………………………………… 274
リーダーシップ………………………… 275
四十周年の日本共産党………………… 291
国の独立と理想…………………………… 295
日本から抹殺したいもの……………… 297
青年に対する緊急な要望……………… 297
平和運動への参加……………………… 298
判断と賭け……………………………… 299
破防法成立を文学者はどう考えるか… 302
講和に対する意見・批判・希望……… 302
自由主義の脱落者……………………… 304
現実と取組む学問……………………… 306
破防法演説会に臨んで………………… 309
復活したい戦前のもの三つ…………… 310
リベラリズムの天皇制………………… 310
民族のめざめ…………………………… 313
危機と統一……………………………… 317
新しい種………………………………… 331
岡本・ケーリ両氏への回答…………… 334
平和の維持に関する意見・批判・希望…… 337
支配者の深謀遠慮……………………… 339
政治・人間・教育……………………… 341
左社綱領について……………………… 360
論争の態度について…………………… 369
憲法擁護が一切に先行する…………… 371
平和運動深化のため…………………… 374
現代の理想像…………………………… 378
恐怖と無力感…………………………… 386
労組への一市民の希望………………… 396
「平和論」を中心として……………… 402
福田論争について……………………… 405
平和的共存について…………………… 410
教科書国定化などについて…………… 413
参議院選挙の意義について…………… 414
東欧中東の激動に思う………………… 414
人権感覚ということ…………………… 417
組合員としての意識…………………… 422
警職法改正と戦前の警察……………… 423
松川裁判と広津和郎…………………… 424
合理主義への信仰の回復……………… 425
*解題(飯倉照平)……………………… 431
 

第7巻 1981.2.20
 
国民文学論…………………………………… 1
中国文学の政治性………………………… 3
ナショナリズムと社会革命………………13
亡国の歌……………………………………21
近代主義と民族の問題……………………28
国民文学の提唱……………………………38
国民文学の問題点…………………………42
文学の自律性など…………………………55
文学における独立とはなにか……………66
文壇について…………………………… 103
近代日本の文学…………………………… 115
芸術家の自我と民衆…………………… 117
文学革命のエネルギイ………………… 136
権力と芸術……………………………… 142
天皇制について………………………… 171
天皇制文学……………………………… 173
エリスは空想の産物である…………… 177
日本的ブルジョア作家山本有三……… 186
吉川英治論……………………………… 189
『ビルマの竪琴』について…………… 201
転向と抵抗の時代……………………… 207
プロレタリア文学……………………… 224
連帯責任者の義務……………………… 243
文学……………………………………… 246
社会と文学……………………………… 258
生活と文学……………………………… 270
生活記録と文学………………………… 283
生活記録運動についてのまとまりのない感想…… 285
表現について……………………………… 291
曲学阿世………………………………… 293
笑った方がいい………………………… 295
手近な改革……………………………… 299
小さな改革について…………………… 301
コトバの改革…………………………… 304
国宝廃止論……………………………… 306
息子への忠言…………………………… 315
確実さの上に…………………………… 317
大学総長の論理………………………… 320
美文意識について……………………… 324
共通の広場……………………………… 330
サービス………………………………… 333
今、私は何を主張するか……………… 337
少数意見………………………………… 338
現代の恋愛……………………………… 339
ローマ字の独立………………………… 349
「一言」七題…………………………… 354
資本家と学生………………………… 354
厳格主義……………………………… 355
悪循環………………………………… 356
ねぎごと……………………………… 357
年賀郵便……………………………… 358
中国と中共…………………………… 359
祖国の中の異国……………………… 360
「空のない国」………………………… 361
農村と都市の封建性について………… 363
人と人との間…………………………… 366
人生と文学について…………………… 376
感想……………………………………… 385
表現について…………………………… 387
都立大学のオブローモフ主義という問に答えて…… 398
コトバ問題についての感想…………… 404
漢文反対の弁…………………………… 411
予測とかけ……………………………… 414
国語についてのアンケート…………… 417
ニセ札の季節…………………………… 418
廃墟……………………………………… 422
転身中の「異議あり」………………… 424
「二二六」から「二・二六」へ……… 427
吟香の日記……………………………… 431
私はどのようにして日本語を学んだか…… 434
妙な記憶………………………………… 435
妙な記憶の後日譚……………………… 437
知識の必要……………………………… 440
ささやかな注文………………………… 444
実感的演説論…………………………… 446
*解題(飯倉照平)……………………… 455
 

第8巻 1980.10.20
 
近代日本の思想……………………………… 1
近代の超克………………………………… 3
日本とアジア………………………………68
日本のアジア主義…………………………94
北一輝…………………………………… 156
岡倉天心………………………………… 162
大川周明のアジア研究………………… 177
わが石橋発見…………………………… 199
日本思想史へ踏み込むために………… 203
戦争責任について……………………… 210
戦争体験論雑感………………………… 218
戦争体験の一般化について…………… 222
「戦争体験」雑感……………………… 232
明治維新百年祭・感想と提案………… 236
「明治ブーム」に思う………………… 239
学者の責任について…………………… 245
人間の解放と教育………………………… 275
軍隊教育について……………………… 277
教員の目の色…………………………… 285
教師の役割と教師の自覚……………… 290
人間・芸術・教育……………………… 328
文学と教育のつながり………………… 336
文学教育の会に望む…………………… 338
新中国の教育報告から………………… 339
せまい経験のなかから………………… 340
教師の課題……………………………… 345
信仰の告白……………………………… 358
危機の教研と日教組…………………… 362
文学教育は可能か?…………………… 369
教師について…………………………… 375
教育は政治に無力か…………………… 392
人間の解放と部落解放運動…………… 400
「解放教育と文学教育」という問いに答える…… 420
*解題(飯倉照平)……………………… 433
 

第9巻 1981.7.20
 
不服従の遺産………………………………… 1
まえがき…………………………………… 3
基本的人権と近代思想…………………… 7
日中関係のゆくえ…………………………42
「民族的なもの」と思想…………………59
日本の独立と日中関係……………………63
殉難者の霊の前に…………………………81
安保反対運動の新しい状況………………91
破局に直面する日中関係…………………95
辞職理由書…………………………………99
決断の時………………………………… 100
民主主義の再建のために……………… 104
心境と見透し…………………………… 106
民主か独裁か…………………………… 109
四つの提案……………………………… 114
六・四闘争を見る……………………… 120
建設のたたかい………………………… 128
私たちの憲法感覚……………………… 131
ハガチー事件について………………… 138
大事件と小事件………………………… 142
なぜ勝利というか……………………… 160
世評に答える…………………………… 166
革命伝説について……………………… 171
評価における中国と日本……………… 174
読者の問いに答える…………………… 179
日本人の自信について………………… 183
五・一九前後の大衆運動をどう見るか…… 190
水に落ちた犬は打つべし……………… 209
『戦後』同人の問いに答える………… 226
日本人について………………………… 233
一九六一年に望む……………………… 236
近況報告………………………………… 237
一年目の中間報告……………………… 241
テロと右翼……………………………… 248
恐怖からの自由………………………… 254
中傷への抗議…………………………… 261
不服従運動の遺産化のために………… 265
中国問題と日本人の立場……………… 276
あとがき………………………………… 287
一九六〇年代 1 ………………………… 297
気になる沖縄…………………………… 299
地方文化の考え方……………………… 304
五つの思想的事件……………………… 311
沖縄から部落まで……………………… 316
安保特別委員会傍聴記………………… 322
総評大会にのぞむ……………………… 324
選挙の意義……………………………… 325
日本人の誇り…………………………… 326
収穫は大きい…………………………… 329
不本意な結論…………………………… 330
六〇年代・二年目の中間報告………… 334
自衛と平和……………………………… 340
日韓交渉私感…………………………… 353
六〇年代・三年目の中間報告………… 355
日本に革命が起ると思いますか……… 361
六〇年代・四年目の中間報告………… 362
一九七〇年代は目標か………………… 368
中国の核実験について………………… 389
六〇年代・五年目の中間報告………… 389
熱戦の代りに思想戦を………………… 395
ヴェトナム戦争について……………… 399
改憲問題の展望………………………… 400
六〇年代・六年目の中間報告………… 408
予見と錯誤……………………………… 413
六〇年代・七年目最終報告…………… 423
危機の時代の思想……………………… 429
一九六〇年代 2 ………………………… 439
アジア・フォード財団資金問題について…… 441
中国近代思想史研究会編集部の提案について…… 442
全中国研究者シンポジウムについて… 442
アメリカの財団の資金供与をめぐる問題…… 443
学術の国際交流………………………… 447
思想団体の原理と責任………………… 459
思想の科学運動の将来………………… 466
ある抗議の顛末………………………… 471
言論問題について……………………… 491
『中央公論』執筆拒否解除の件について…… 492
和解します……………………………… 495
*解題(飯倉照平)……………………… 497
 

第10巻 1981.5.20
 
中国を知るために 第一集………………… 1
『中国』の成り立ち……………………… 3
代用品「開講の辞」……………………… 7
扇……………………………………………12
谷崎さんの文章……………………………17
造語法について……………………………22
他山の石……………………………………26
同文同種……………………………………31
田中慶太郎氏のこと………………………35
支那と中国…………………………………41
大岡さんの場合……………………………46
幽霊の説……………………………………51
支那から中共へ……………………………55
一回休み……………………………………65
内輪ばなし…………………………………69
『朝日』のこと、竹山さんのこと………75
流れた「支那」論争………………………80
犬養さんと吉川さん………………………90
名を正さんかな……………………………95
日本文の名手…………………………… 102
度量衡のはなし………………………… 106
度量衡のはなし(続)………………… 111
玉を引く………………………………… 116
訂正と補足……………………………… 120
人民の力………………………………… 126
まず助数詞から………………………… 131
個と人…………………………………… 135
力のはたらき方………………………… 140
九九とソロバン………………………… 144
数の単純度……………………………… 149
単位の明確度…………………………… 153
数の表記………………………………… 157
閑話……………………………………… 162
匂い……………………………………… 167
杞憂……………………………………… 172
中国を知るために 第二集……………… 177
序………………………………………… 179
もちの話………………………………… 180
“餅”と“餌”………………………… 184
“ズーバ”の思い出…………………… 189
学界の新風……………………………… 193
プイ族のもちつき……………………… 198
遠山さんの質問………………………… 202
物質観と人間観………………………… 207
姓と氏と名……………………………… 212
天下に人あり…………………………… 216
天下に人なし…………………………… 221
復習一回………………………………… 227
訳語の運命……………………………… 233
とりきめ再論…………………………… 239
漢文ぎらい……………………………… 246
外国語教育のこと、朝鮮文字のこと… 253
目的と方法……………………………… 259
一期一会………………………………… 265
音節について…………………………… 272
標準語と普通語………………………… 278
まず深呼吸から………………………… 284
四声について…………………………… 291
教授法の多様化………………………… 297
もっと台湾を…………………………… 304
ローマ字化の諸方式…………………… 310
ローマ字の功罪………………………… 316
映画の話から…………………………… 322
倉石さんのこと………………………… 329
漢文をどうするか……………………… 335
漢文をどうするか(続)……………… 342
字引きの話など………………………… 348
殴る……………………………………… 351
習俗と美意識…………………………… 357
気………………………………………… 364
環………………………………………… 370
中国を知るために 第三集(上)……… 377
郵便制度のこと………………………… 379
波………………………………………… 385
道………………………………………… 391
無題……………………………………… 396
国のまほろば…………………………… 401
知識の穴………………………………… 407
知………………………………………… 412
*解題(飯倉照平)……………………… 419
 

第11巻 1981.6.20
 
中国を知るために 第三集(下)………… 1
漢文のこと、アフリカのこと…………… 3
自由談……………………………………… 9
上海一九三〇年……………………………16
年あらたまる………………………………22
紅葉と方位感覚……………………………28
天山と砂漠…………………………………34
イスラムについて…………………………40
円と方形……………………………………46
鳩……………………………………………53
清官…………………………………………59
L氏のこと …………………………………66
禁を犯す……………………………………72
四十年………………………………………78
怪談と法意識………………………………84
ショーを見る………………………………90
雪山…………………………………………96
〈男なら〉……………………………… 103
女なら…………………………………… 109
鬱屈……………………………………… 115
血と言語………………………………… 121
辞書のこと……………………………… 128
舌足らずの注文………………………… 134
筋書き…………………………………… 140
季語……………………………………… 146
謎………………………………………… 152
迷惑……………………………………… 158
非力……………………………………… 165
国交回復の条件…………………………… 171
中国の現状と日華関係………………… 173
中国問題の考え方……………………… 195
「中共」と呼ぶのを止めよう………… 205
新中国の五周年に際して……………… 206
中国問題の基本的考え方……………… 209
中国観の破産…………………………… 214
近くて遠い中国………………………… 224
中国問題の再検討……………………… 233
まず正確なよび方から………………… 245
感謝の相手は中国人民………………… 245
高市恵之助・富山栄吉共著『日中問題入門』…… 246
中ソ論争と日本の道…………………… 248
宇都宮徳馬氏と中国…………………… 254
中国問題についての私的な感想……… 258
ふたたび日中問題について…………… 271
周作人から核実験まで………………… 283
中国の激動をどう見る………………… 298
「一枚の写真」をめぐって…………… 300
「わからない」という意味…………… 301
国交回復の条件………………………… 308
池田講演をよんで……………………… 340
内なる中国……………………………… 348
戴季陶の『日本論』…………………… 350
戦後から戦前へ………………………… 367
答えざるの弁…………………………… 378
尻馬には乗れない……………………… 380
講和の原点……………………………… 387
「前事不忘、後事之師」……………… 394
*解題(飯倉照平)……………………… 411
 

第12巻 1981.8.20
 
作家について………………………………… 1
学問の革新のためにも…………………… 3
思想家としての中野重治………………… 4
風楼に満たず………………………………12
埴谷雄高のこと……………………………16
文体の底にあるもの………………………16
『桑原武夫全集』第5巻解説 ……………20
批評家としての堀田善衛…………………30
「丸山と吉本」論 序の序………………42
瑣事…………………………………………45
井上光晴のこと……………………………47
眼低手高……………………………………48
一回だけの文通……………………………52
村上大人追悼………………………………55
ともに歩みまた別れて……………………58
高橋和巳のこと……………………………61
正体不明の新しさ…………………………62
高橋和巳の学問……………………………70
酔翁対語……………………………………85
戦士を弔う…………………………………89
教育者としての目加田誠さん……………91
奥野信太郎さんのこと……………………94
達人を感じる………………………………97
かなしみのことば…………………………99
あのころのこと………………………… 102
「小書斎」因縁………………………… 105
増田渉―人と学問……………………… 109
善意の人なりや………………………… 114
武田泰淳著『司馬遷』解説1 ………… 117
武田泰淳の『風媒花』について……… 121
武田泰淳の一面………………………… 132
武田泰淳著『司馬遷』解説2 ………… 136
醒めたる酔漢…………………………… 140
ケジメの感覚…………………………… 141
勉励の人………………………………… 147
『武田泰淳全集』第9巻解説 ………… 148
交友四十年……………………………… 162
書物について……………………………… 167
私の読書論……………………………… 169
読書の習慣……………………………… 170
猪木正道著『ロシア革命史』………… 172
清水幾太郎著『愛国心』……………… 176
藤間生大著『歴史の学びかた』……… 180
万感のなかの一感……………………… 182
『対立を超えて―日本文化の将来』… 185
桑原武夫の「世界近代小説五十選」について…… 187
人類悪の告発…………………………… 189
「東方」への郷愁……………………… 198
クロッスマン編『神は躓く』………… 201
青春の古典……………………………… 205
『金瓶梅』……………………………… 208
観客とのつながり……………………… 208
筑摩書房版『文学講座』……………… 215
林達夫著『共産主義的人間』………… 217
石川達三著『風にそよぐ葦』………… 218
飯塚浩二著『日本の軍隊』…………… 221
ジョン・ガンサー著『マッカーサーの謎』…… 223
教員のための良書……………………… 224
『山びこ学校』と『原爆の子』……… 225
堀田善衛著『広場の孤独』…………… 227
丸山昇氏の批判によせて……………… 229
石母田正著『歴史と民族の発見』…… 231
魯迅とコルヴィッツ…………………… 234
三つの平和論…………………………… 237
杉浦明平著『作家論』………………… 239
日本文学五十年ベスト5 ……………… 241
変革期の人間像………………………… 242
「新しい愛国心について」選後評…… 248
津田左右吉著『日本の皇室』………… 249
野間宏著『文学の探究』……………… 251
根本誠著『専制社会における抵抗精神』…… 255
『中国留日学生報』に寄せて………… 257
上野図書館について…………………… 257
「文化人と総選挙」を読んで………… 258
日高六郎ほか共著『日本人の思想と意識』…… 260
『評論都立大学』に寄せて…………… 262
郭沫若著『中国古代の思想家たち』… 263
堀田善衛著『歴史』…………………… 265
改革者の論理…………………………… 268
「月の輪古墳」を見て………………… 270
新しい批評……………………………… 272
野間宏と伊藤整の『文学入門』……… 274
モーパッサン『脂肪の塊』…………… 277
柳田謙十郎さんへ……………………… 300
本多顕彰著『神を怖れぬもの』……… 303
周遐寿著『魯迅の故家』……………… 305
小田切秀雄著『日本近代文学』……… 305
広津和郎著『松川裁判』……………… 308
日本のうた……………………………… 310
『アジア政治経済年鑑』……………… 312
戦後十年の忘れられぬ著作…………… 313
『体系文学講座』……………………… 313
徳冨蘆花について……………………… 314
最近感銘を受けた外国の文学作品…… 316
黒田寛一著『スターリン主義批判の基礎』…… 317
『学生の百科辞典』…………………… 317
神吉晴夫編『三光』…………………… 318
毒ぬきの古典復興……………………… 319
本多秋五著『転向文学論』…………… 322
VIKING満十年へのメッセージ………… 324
思想と文学の間………………………… 325
加藤周一著『政治と文学』…………… 332
『日本浪曼派』の意義と作品………… 334
中国を知らぬ日本人…………………… 334
思想の新しい季節……………………… 337
高杉一郎編『エロシェンコ全集』…… 341
『日本文学史』第15巻「近代V」 …… 342
押しつけの図書「選定」……………… 344
矢内原忠雄著『政治と人間』………… 346
上原専禄編『日本国民の世界史』…… 348
ニーベル、ベイリー共著『もはや高地なし』…… 349
日高六郎著『現代イデオロギー』…… 350
加藤周一編『外国人の見た日本・戦後編』…… 352
桑原武夫著『時のながれ』…………… 354
本多秋五著『物語戦後文学史』……… 356
完結した『中国古典文学全集』……… 362
啄木讃…………………………………… 364
『現代教育学』第8巻「芸術と教育」…… 365
信夫清三郎著『安保闘争史』………… 369
埴谷雄高著『墓銘と影絵』…………… 372
誠実なる挫折…………………………… 374
『トロツキイ選集』第5巻「永続革命論」…… 375
松田道雄著『君たちの天分を生かそう』…… 377
みっつの遺跡…………………………… 379
尾崎秀樹著『魯迅との対話』………… 382
尾崎秀樹著『ゾルゲ事件』ほか……… 383
木下順二著『オットーと呼ばれる日本人』…… 385
五味川純平著『人間の条件』解説…… 386
井坂敦実さんへ………………………… 394
本多秋五著『有効性の上にあるもの』…… 395
むのたけじ著『たいまつ十六年』…… 397
桑原武夫著『「宮本武蔵」と日本人』…… 397
むの・たけじ著『雪と足と』………… 400
影山正治著『民族派の文学運動』…… 402
一九六五年の読書……………………… 402
葉山嘉樹について……………………… 403
斎藤雅子著『対話のある旅』………… 403
頭山満著『幕末三舟伝』……………… 404
水野茂一著『裸の教師』……………… 406
今村与志雄著『魯迅と伝統』………… 409
一九六七年の読書……………………… 409
『三好十郎の仕事』…………………… 410
大武正人著『小説・私の三好十郎伝』…… 411
『戦後日本思想大系』………………… 412
むのたけじ・岡村昭彦著『一九六八年』…… 412
一九六八年の読書……………………… 417
『日本庶民生活史料集成』…………… 418
光吉悦心著『火の鎖』………………… 421
佐藤悦弘著『自然認識論序説』……… 424
『北方文芸』第50号への言葉………… 425
「知性」頌……………………………… 426
VIKING満二十五年へのメッセージ…… 427
一九七三年の読書……………………… 428
『近代日本思想大系』………………… 428
ニーダム著『中国の科学と文明』…… 429
『放送朝日』休刊に寄せて…………… 430
辞書あって人生は楽しい……………… 431
時枝誠記編『例解国語辞典』………… 433
私と字引き……………………………… 435
倉石武四郎著『岩波中国語辞典』…… 437
新聞について…………………………… 438
学生新聞への要望……………………… 445
『日本経済新聞』と労組に望む……… 448
「新聞週間」に感じたこと…………… 450
小新聞の可能性………………………… 454
新しいジャーナリズムを……………… 459
「新聞を出す会」のすすめ…………… 461
記憶に消えぬ人………………………… 466
マスコミの接触度および利用度……… 468
二代目『文芸春秋』…………………… 469
『文芸春秋』…………………………… 475
読者調査から見た雑誌『文学』……… 480
読者調査について……………………… 494
雑誌『部落』150号を祝って ………… 496
PR誌について…………………………… 500
わが辺境観……………………………… 503
*解題(飯倉照平)……………………… 509
 

第13巻 1981.9.20
 
自画像………………………………………… 1
佐久を思う………………………………… 3
忘れえぬ教師……………………………… 5
無名作家たちの恩寵………………………13
わが文学の泉………………………………16
芥川全集に寄せて…………………………16
芥川龍之介について………………………17
ロマン・ロランとアンドレ・ジイド……18
京都の縁……………………………………19
むかしの講座………………………………22
何を読むべきか……………………………26
青春の糧……………………………………26
私の天皇体験………………………………27
好きなうた…………………………………27
私と短歌……………………………………28
杉浦正一郎と私……………………………30
中野清見著『ある日本人』あとがき……32
中野清見のこと……………………………40
おことわりの弁……………………………42
ツルゲーネフ『父と子』…………………44
わが『戦争と平和』………………………46
本のことなど………………………………50
本の話………………………………………53
郭沫若氏のこと……………………………56
『秋田雨雀日記』…………………………59
中国人のある旧友へ………………………61
太宰治のこと………………………………65
メモ二則……………………………………67
赤い米………………………………………74
屈辱の事件…………………………………77
八月十五日…………………………………86
不堪回首……………………………………91
覚書…………………………………………94
東大に委託の書籍について訴える…… 102
新日本文学会への提案………………… 104
記憶のうちから………………………… 111
市民大会始末…………………………… 114
戸隠だより……………………………… 130
近況・一九五九年……………………… 132
本とのつき合い………………………… 133
近況・一九六一年……………………… 138
運と不運………………………………… 138
黎明の碑………………………………… 139
明治維新百年祭について……………… 140
スキー頌………………………………… 141
わが老人スキー………………………… 144
苦節三十年……………………………… 148
自画像…………………………………… 148
回復期の食欲…………………………… 159
近況・一九六六年……………………… 160
庄さんの一面…………………………… 160
石田英一郎さんのことなど…………… 162
近況・一九六八年……………………… 164
木山捷平著『見るだけの妻』………… 164
「差別を考える会」の呼びかけ……… 166
わだつみ会改組について……………… 168
老年問題私見…………………………… 168
ウソとマコト…………………………… 176
原稿料について………………………… 180
ささやかな体験………………………… 181
ごあいさつ……………………………… 185
医者にかからざるの記………………… 186
墜落の記………………………………… 192
土に化した人へ………………………… 201
入試問題と教科書への作品使用について…… 207
近況・一九七五年……………………… 208
一九七六年春…………………………… 209
『魯迅文集』贈呈の弁………………… 210
未来社二十五周年……………………… 211
中国と私………………………………… 212
わが回想………………………………… 231
わが著作…………………………………… 277
私の著作と思索………………………… 279
『魯迅雑記』あとがき………………… 281
『現代中国文』例言…………………… 284
「現代中国思想の史的概観」はしがき…… 286
『中国革命の思想』まえがき………… 289
共同研究についての感想……………… 293
雑誌『文学』を編集して……………… 302
「中国文学と日本文学」を特集して… 304
『革命と人間解放』あとがき………… 306
読者へのお願い………………………… 308
岩波講座『文学』刊行のことば……… 310
『国民文学論』まえがき……………… 311
読者への手紙…………………………… 314
『現代中国の作家たち』序…………… 315
『国民文学と言語』編者のことば…… 318
『知識人の課題』まえがき…………… 320
『戦後の民衆運動』まえがき………… 322
『現代世界文学全集』を編集して…… 323
「魯迅」を特集して…………………… 326
『魯迅選集』別巻の編集を終えて…… 328
岩波講座『現代思想』………………… 329
『世界の七つの顔』序にかえて……… 330
『近代日本思想史講座』……………… 332
講座をはじめるに当って……………… 334
「近代化と伝統」まえがき…………… 347
「世界のなかの日本」まえがき……… 350
『中国近代思想史研究会会報』……… 352
『中国現代文学選集』………………… 354
断片的に………………………………… 355
日記について…………………………… 356
『現代日本思想大系』………………… 358
『中国の思想』監修者のことば……… 359
後生畏るべし…………………………… 360
『現代中国入門』はしがき…………… 363
『竹内好評論集』刊行のいきさつ…… 365
『講座中国』第一巻の編集をおえて… 368
『講座中国』新装版刊行によせて…… 371
中国近代思想史研究の問題点………… 372
『現代中国文学』刊行のことば……… 372
世界を多様性から……………………… 373
『予見と錯誤』あとがき……………… 376
『状況的』序にかえて………………… 377
対談集というもの……………………… 379
犬も歩けば……………………………… 381
復刻『中国文学』別冊後序…………… 383
天下の珍味『史記』…………………… 385
『日中の原点から』後記……………… 386
『日本と中国のあいだ』……………… 387
『十八史略』現代版…………………… 389
『近代日本と中国』序………………… 390
魯迅友の会・中国の会…………………… 399
『魯迅友の会会報』発刊にあたって… 401
第2号・後記 …………………………… 404
魯迅の読まれ方の一例………………… 405
お断り…………………………………… 407
御あいさつ……………………………… 408
疑問と要望に答える…………………… 410
第13号・ごあいさつ…………………… 417
第14号・雑記…………………………… 419
加藤勝美さんに答える………………… 421
第15号・雑記…………………………… 423
第16号・雑記…………………………… 425
第17号・雑記…………………………… 428
第18号・雑記…………………………… 430
第19号・雑記…………………………… 432
第24号・雑感…………………………… 435
第26号・雑記…………………………… 437
第27号・雑記…………………………… 440
第28号・雑記…………………………… 442
第29号・雑記…………………………… 445
第30号・雑記…………………………… 447
第31号・雑記…………………………… 450
第32号・雑記…………………………… 452
第33号・雑記…………………………… 455
半沢正二郎さんのこと………………… 458
緊急の報告と提案……………………… 461
高倉氏の投稿について………………… 467
竹内芳郎氏の論文の転載に当って…… 469
第40号・おぼえ書き…………………… 471
第41号・おぼえがき…………………… 475
うめぐさ………………………………… 477
世の中は………………………………… 479
改訳を前にして思う…………………… 481
訳業のろのろ進行……………………… 486
「日本のなかの中国」ができない話… 488
ごあいさつ……………………………… 493
報告とお願い…………………………… 494
『中国』広告文抄……………………… 498
「政治に口を出さない」の弁………… 500
ふたたび「政治に口を出さない」の弁…… 503
五分の魂………………………………… 509
私的な感想……………………………… 516
ごあいさつ……………………………… 518
新装『中国』発刊パーティ…………… 520
城主の心境……………………………… 521
会報にのぞむ…………………………… 522
ごあいさつ……………………………… 524
*解題(飯倉照平)……………………… 527
 

第14巻 1981.12.20
 
戦前戦中集…………………………………… 1
謝冰瑩「梅姑娘」付記…………………… 3
今日の中国文学の問題…………………… 4
来朝中の中国文人…………………………13
「現代小品文特輯」解説…………………15
漢学の反省…………………………………19
『中国文学月報』後記・第1巻 …………22
一年あれこれ………………………………30
茅盾論………………………………………32
魯迅論………………………………………37
魯迅「死」付記……………………………45
最近の中国文学……………………………46
郁達夫覚書…………………………………54
現代文学入門書……………………………63
私と周囲と中国文学………………………67
『中国文学月報』後記・第2巻 …………73
真実を活かせ………………………………82
現代中国文学の特質………………………83
周作人「日本文化を談るの書」解説……94
王国維特輯号を読む………………………95
郭沫若「達夫の来訪」解説…………… 101
『中国文学月報』後記・第3巻 ……… 102
北京通信………………………………… 107
通信……………………………………… 123
二年間…………………………………… 124
『中国文学月報』後記・第5巻 ……… 141
目加田さんの文章……………………… 145
返答……………………………………… 152
中国文学研究会について……………… 155
「蔡元培特輯号」解説………………… 157
同人綴方浜松紀行……………………… 159
『支那語発音四声速習表』…………… 159
支那と中国……………………………… 162
「賽金花口述」解説…………………… 173
佐藤三郎治訳『支那言語学概説』…… 174
『支那文を読む為の漢字典』………… 176
『アメリカと中国』特輯に寄せて…… 180
「中国文学叢書」刊行予告…………… 182
魚返善雄編著『大陸の言語と文学』… 184
翻訳時評………………………………… 186
『中国文学』後記・第6巻 …………… 199
顧頡剛と回教徒問題…………………… 212
支那の国語運動………………………… 226
新しい支那文学の入門書……………… 242
支那の子供……………………………… 253
吉川幸次郎氏への書簡………………… 258
支那学の世界…………………………… 266
石田幹之助著『長安の春』…………… 271
蕭紅「避難」付記……………………… 272
小野勝年訳『北京年中行事記』……… 273
支那語の教科書について……………… 274
支那を書くということ………………… 279
佐藤春夫先生と北京…………………… 286
青木正児著『江南春』………………… 292
大東亜戦争と吾等の決意(宣言)…… 294
『支那民俗誌』の焼失………………… 298
『中国文学』後記・第7巻 …………… 299
伊沢修二のこと………………………… 305
『賽金花』解説・後記………………… 315
東亜共栄圏と回教……………………… 347
北支・蒙疆の回教……………………… 356
蒙疆の印象……………………………… 382
旅日記抄………………………………… 395
新しい支那文化………………………… 428
大東亜文学者大会について…………… 433
『中国文学』後記・第8巻 …………… 436
『中国文学』の廃刊と私……………… 446
現代の支那文学………………………… 458
現代支那文学精神について…………… 463
支那研究者の道………………………… 472
葉紹鈞『小学教師倪煥之』訳者序…… 480
魯迅の矛盾……………………………… 486
*解題(飯倉照平)……………………… 497
 

第15巻 1981.10.30
 
日記(上)
鮮満旅行記・遊平日記……………………… 1
鮮満旅行記 1932年……………………… 3
遊平日記 1932年…………………………11
中国文学研究会結成のころ…………………37
1934年………………………………………39
1935年………………………………………83
北京日記…………………………………… 131
1937年…………………………………… 133
1938年…………………………………… 194
1939年…………………………………… 278
1940年…………………………………… 376
復員日記…………………………………… 393
1946年…………………………………… 395
浦和日記(1) …………………………… 459
1947年…………………………………… 461
*解題(飯倉照平)……………………… 529
 

第16巻 1981.11.20
 
日記(下)
浦和日記(2) ……………………………… 1
1948年……………………………………… 3
60年安保のころ………………………………57
1960年………………………………………59
1961年…………………………………… 123
1962年…………………………………… 192
転形期……………………………………… 211
1962年…………………………………… 213
1963年…………………………………… 334
1964年…………………………………… 492
*解題(飯倉照平)……………………… 525
 

第17巻 1982.9.20
 
補遺
『きけわだつみのこえ』…………………… 3
先生と児童へ………………………………… 4
ローマ字論者への提案……………………… 5
老舎『四世同堂』…………………………… 7
林語堂『北京好日』………………………… 7
『日本再登場』……………………………… 9
ユネスコ編『現代文化の反省』……………10
『世界の歴史』第3巻「東洋」 ……………11
『現代中国文学全集』刊行のことば………12
三好十郎著『日本および日本人』…………13
亀井勝一郎著『二十世紀日本の理想像』…14
サークルについて……………………………16
中国のインテリゲンツィア…………………19
文学革命………………………………………23
毛沢東…………………………………………25
「権力と芸術」はしがき……………………28
孫文『三民主義』……………………………30
戦争の回避を…………………………………31
思想の科学研究会の安保反対声明について……32
信州と旧友と私………………………………33
『論語』のこと………………………………37
残酷……………………………………………38
『アジア主義』論文解題……………………39
私の軍隊歴……………………………………42
「フォール報告」まえがき…………………42
「対馬―その歴史」まえがき………………43
『中国の思想』の読者へ……………………44
新聞の「公正」について……………………47
戴季陶の日本論・解説………………………51
「中国近代革命の進展と日中関係」について……52
初期習作
花の都…………………………………………55
感情……………………………………………56
「悔其少作」…………………………………57
男たち…………………………………………59
運動部を廃せよ………………………………71
『校友会雑誌』後記…………………………72
郁達夫研究(東京帝国大学支那文学科卒業論文)……74
*解題(飯倉照平)……………………… 163
*著作目録・年譜・人名索引…………… 173
著作目録……………………………… 175
年譜…………………………………… 281
人名索引……………………………… 370
*竹内好全集 誤植・誤記訂正と解題補訂…… 1
[ 2011/02/27 13:22 ] 竹内好 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。