研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  竹山道雄 >  『竹山道雄著作集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『竹山道雄著作集』全8巻

『竹山道雄著作集』全8巻(福武書店、1983.3~1983.11)



第1巻 1983.3.20
 
昭和の精神史………………………………… 5
妄想とその犠牲…………………………… 136
独逸・新しき中世?……………………… 266
若い世代…………………………………… 290
ハイド氏の裁判…………………………… 299
*解説(林健太郎)……………………… 317
 

第2巻 1983.5.15
 
スペインの贋金……………………………… 5
イタリアめぐり………………………………25
南仏紀行………………………………………96
スイスにて………………………………… 139
中世のおもかげ…………………………… 157
たそがれのパリ女たち…………………… 176
オランダの訪問…………………………… 192
ベナレスのあたり………………………… 224
西の果ての島……………………………… 236
高野山にて………………………………… 252
四国にて…………………………………… 281
私の文化遍歴……………………………… 305
 と飛……………………………………… 315
*解説(芳賀徹)………………………… 319
 

第3巻 1983.6.15
 
I
失われた青春………………………………… 7
幻影……………………………………………34
国籍……………………………………………61
智識人の裏切り?……………………………81
憑かれた人々……………………………… 104
II
空地………………………………………… 205
昭和十九年の一高………………………… 217
終戦の頃のこと…………………………… 234
旧制一高の外国人学生たち……………… 247
III
学生事件の見聞と感想…………………… 253
門を入らない人々………………………… 281
*解説(粕谷一希)……………………… 317
 

第4巻 1983.7.15
 
I
樅の木と薔薇………………………………… 9
知られざるひとへの手紙……………………37
思い出…………………………………………66
あしおと………………………………………88
蓮池のほとりにて………………………… 102
磯…………………………………………… 110
II
川西瑞夫君の追憶………………………… 125
二十歳のエチュード……………………… 131
三谷先生の追憶…………………………… 160
麻生先生のこと…………………………… 173
岩元禎先生………………………………… 176
鶴林寺をたずねて………………………… 179
矢内原さんの私が接した面……………… 182
木村健康さん……………………………… 187
安倍能成先生のこと……………………… 198
一つの秘話………………………………… 224
III
最後の儒者………………………………… 233
亡き神西清君のこと……………………… 246
堀辰雄君と私……………………………… 259
片山敏彦さんの死………………………… 263
死について………………………………… 274
IV
ペンクラブの問題………………………… 321
*解説(高橋英夫)……………………… 351
 

第5巻 1983.8.15
 
I
ベルリンにて………………………………… 7
剣と十字架(抄)………………………… 103
1 力と力の世界………………………… 103
2 ベルリンに住んで…………………… 137
3 ダハウのガス室……………………… 181
4 人民にとっての東と西……………… 204
5 東の人々……………………………… 233
II
聖書とガス室……………………………… 263
消えてゆく炎……………………………… 327
*解説(西義之)………………………… 353
 

第6巻 1983.9.15
 
I
独逸的人間…………………………………… 9
ゲーテに於ける自然と倫理…………………33
『ファウスト』の夜の場とニーチェ………59
老いたるロッテの悩み………………………75
ベッチーネ・フォン・アルニムのこと……99
ワグナーの弟子…………………………… 112
イプセンの願望…………………………… 130
II
希臘にて…………………………………… 149
不滅の風景画……………………………… 248
デダルスの翼……………………………… 266
III
将軍達と「理性の詭計」………………… 281
シュプランガーのこと…………………… 288
神韻縹渺…………………………………… 293
IV
バテレンに対する日本側の反駁………… 301
天皇制について…………………………… 319
*解説(小堀桂一郎)…………………… 347
 

第7巻 1983.10.15
 
ビルマの竪琴………………………………… 5
第1話 うたう部隊 ……………………… 7
第2話 青い鸚哥 …………………………33
第3話 僧の手紙 ……………………… 112
白磁の杯…………………………………… 173
*解説(清水徹)………………………… 309
 

第8巻 1983.11.15
 
I
古都遍歴―奈良……………………………… 9
II
作庭の歴史的系統の概略………………… 195
竜安寺石庭………………………………… 219
III
詩仙堂……………………………………… 235
六波羅蜜寺………………………………… 241
海北友松…………………………………… 260
古都は警戒する…………………………… 269
日本の肖像芸術…………………………… 283
神魂神社…………………………………… 298
*解説(吉川逸治)……………………… 311
*年譜……………………………………… 321
*著作年表………………………………… 337
*著書一覧………………………………… 339
*訳書一覧………………………………… 342
*主要発表一覧…………………………… 345
*新聞発表一覧…………………………… 377
*座談会・対談一覧……………………… 381
*参考記事………………………………… 393
[ 2011/02/28 02:54 ] 竹山道雄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。