研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  立原正秋 >  『立原正秋全集』全24巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『立原正秋全集』全24巻

『立原正秋全集』全24巻(角川書店、1982.8~1984.8)



第1巻 1982.9.12
 
他人の自由…………………………………… 5
血の畑…………………………………………91
晩夏………………………………………… 175
遁走曲……………………………………… 187
セールスマン・津田順一………………… 207
梔のある家………………………………… 259
乾いた土地………………………………… 281
夜の仲間…………………………………… 299
聖クララ村………………………………… 349
「接吻」と五つの短篇…………………… 387
クリスマス・ケーキ…………………… 389
接吻……………………………………… 393
挨拶……………………………………… 398
少年……………………………………… 406
ビーチ・ハウスで……………………… 409
三面記事………………………………… 413
「八月の午後」と四つの短篇…………… 419
名刺……………………………………… 421
八月の午後……………………………… 424
殺し屋…………………………………… 429
女乞食…………………………………… 433
夫婦……………………………………… 440
宏子と三つの短篇………………………… 443
心中……………………………………… 445
朝飯……………………………………… 452
さびしい………………………………… 455
*解題(武田勝彦)……………………… 461
 

第2巻 1982.11.12
 
美しい村……………………………………… 5
薪能……………………………………………37
剣ケ崎…………………………………………85
海と三つの短篇…………………………… 147
聖堂の想ひ出…………………………… 149
黒い馬車………………………………… 159
七号室…………………………………… 164
赤煉瓦の家………………………………… 173
嫉妬………………………………………… 213
四月の雨…………………………………… 237
波…………………………………………… 287
手…………………………………………… 311
掌の小説…………………………………… 325
光と風……………………………………… 341
漆の花……………………………………… 389
*解題(武田勝彦)……………………… 441
 

第3巻 1983.2.12
 
白い罌粟……………………………………… 5
鎌倉夫人………………………………………83
情炎………………………………………… 281
薔薇屋敷…………………………………… 355
*解題(武田勝彦)……………………… 421
 

第4巻 1983.10.12
 
花のいのち…………………………………… 5
死の季節…………………………………… 159
銀婚式……………………………………… 209
焼けた樹のある風景……………………… 227
流鏑馬……………………………………… 273
雨…………………………………………… 299
トランプ遊び……………………………… 351
女の店……………………………………… 375
最後の仕舞………………………………… 393
春の病葉…………………………………… 427
*解題(武田勝彦)……………………… 465
 

第5巻 1983.9.12
 
海岸道路……………………………………… 5
合わせ鏡…………………………………… 297
死者への讃歌……………………………… 349
刃物………………………………………… 363
船の翳……………………………………… 415
海浜点景…………………………………… 463
*解題(武田勝彦)……………………… 479
 

第6巻 1983.11.12
 
恋の巣………………………………………… 5
渚通り……………………………………… 163
扇…………………………………………… 209
相聞歌……………………………………… 229
寒い冬……………………………………… 249
暗い春……………………………………… 267
競馬………………………………………… 321
女の手紙…………………………………… 355
石楠花……………………………………… 375
双頭の蛇…………………………………… 415
七月の弥撒………………………………… 447
*解題(武田勝彦)……………………… 467
 

第7巻 1983.12.12
 
辻が花………………………………………… 5
永い夜…………………………………………49
春の修羅…………………………………… 105
狂い花……………………………………… 133
雪のなか…………………………………… 167
船の旅……………………………………… 185
わかれ……………………………………… 225
おんなの足音……………………………… 253
ながい午後………………………………… 287
*解題(武田勝彦)……………………… 451
 

第8巻 1983.4.12
 
美しい城……………………………………… 5
春のいそぎ………………………………… 179
枯野………………………………………… 331
行く川……………………………………… 347
曠野………………………………………… 383
*解題(武田勝彦)……………………… 419
 

第9巻 1983.6.12
 
剣と花………………………………………… 5
*解題(武田勝彦)……………………… 465
 

第10巻 1982.8.12
 
冬の旅………………………………………… 5
夏草………………………………………… 485
*解題(武田勝彦)……………………… 509
 

第11巻 1983.1.12
 
女の部屋……………………………………… 5
去年の梅…………………………………… 163
夏のことぶれ……………………………… 319
往きて還らざる…………………………… 351
橋の上……………………………………… 391
山肌………………………………………… 405
野づら……………………………………… 437
ちぎれ雲…………………………………… 453
沙魚………………………………………… 475
夢のあと…………………………………… 493
*解題(武田勝彦)……………………… 533
 

第12巻 1982.12.12
 
あだし野……………………………………… 5
血と砂……………………………………… 155
*解題(武田勝彦)……………………… 421
 

第13巻 1983.5.12
 
紬の里………………………………………… 5
雪の朝……………………………………… 179
のちのおもいに…………………………… 197
鵙…………………………………………… 225
錆鮎………………………………………… 265
くれない…………………………………… 299
乾いた十月………………………………… 339
荻野村にて………………………………… 369
山椒の木のある家………………………… 387
埋葬………………………………………… 399
やぶつばき………………………………… 427
*解題(武田勝彦)……………………… 443
 

第14巻 1983.7.12
 
舞いの家……………………………………… 5
果樹園への道……………………………… 343
*解題(武田勝彦)……………………… 435
 

第15巻 1982.10.12
 
夏の光………………………………………… 5
流れのさなかで…………………………… 175
きぬた……………………………………… 333
*解題(武田勝彦)……………………… 527
 

第16巻 1983.8.12
 
恋人たち……………………………………… 5
はましぎ…………………………………… 165
*解題(武田勝彦)……………………… 409
 

第17巻 1983.3.12
 
冬のかたみに………………………………… 5
夢は枯野を………………………………… 197
猷修館往還………………………………… 357
埋れ水……………………………………… 421
*解題(武田勝彦)……………………… 433
 

第18巻 1984.1.12
 
残りの雪……………………………………… 5
*解題(武田勝彦)……………………… 443
 

第19巻 1984.2.12
 
春の鐘………………………………………… 5
*解題(武田勝彦)……………………… 483
 

第20巻 1984.3.12
 
たびびと……………………………………… 5
帰路………………………………………… 129
埋火………………………………………… 347
吾亦紅……………………………………… 373
一夜の宿…………………………………… 389
山水図……………………………………… 405
山居記……………………………………… 419
仮の宿……………………………………… 435
*解題(武田勝彦)……………………… 455
 

第21巻 1984.4.12
 
その年の冬…………………………………… 5
水仙………………………………………… 283
空蝉………………………………………… 305
詩歌集 光と風…………………………… 325
能楽堂…………………………………… 327
閃光……………………………………… 347
昼の月…………………………………… 357
山河……………………………………… 367
旅人……………………………………… 377
風の姿…………………………………… 389
*解題(武田勝彦)……………………… 397
 

第22巻 1984.5.12
 
エッセイI
文学
《犀》創刊の辞……………………………… 7
《犀》創刊雑録……………………………… 9
《犀》編集後記………………………………11
《犀》終刊の辞………………………………13
『剣ケ崎』について…………………………15
ひとつの感想…………………………………16
純文学と大衆文学……………………………18
私小説的発想を排す…………………………20
不毛の世代……………………………………22
一小説家の感想………………………………25
庭を眺めている日々―何のために小説を書くか―……28
実作者の所感…………………………………31
《早稲田文学》編集長就任に際して………34
第七次《早稲田文学》復刊の辞……………36
《早稲田文学》編集後記……………………38
編集室から去るにあたって…………………46
十四本の白髪…………………………………47
文学は変っているか…………………………49
『花伝書』の教え……………………………52
秘すれば花……………………………………54
わが愛する歌…………………………………56
『冬の旅』あれこれ…………………………57
『冬の旅』を終えて…………………………59
川端康成覚え書………………………………61
ジュネとミラー………………………………70
小川国夫との出逢い…………………………72
懐かしい顔 大岡昇平氏について…………75
田久保英夫氏の脱出…………………………77
吉田知子さんのこと…………………………80
『白痴』の美しさ……………………………83
宗谷真爾著『なっこぶし』…………………85
寺田透著『現代日本のことばと詩』………86
平尾靖著『少年非行』………………………88
李恢成著『またふたたびの道』……………89
後藤明生著『私的生活』……………………90
能と新劇の交流を……………………………92
中村光夫作『汽笛一声』……………………96
昭和45年版〈文学選集〉あとがき…………99
寒椿―三島由紀夫の死―………………… 101
川端文学のエロティシズム……………… 106
中世への回帰……………………………… 118
世阿弥の教養……………………………… 119
伝説の終焉………………………………… 120
道綱の母―『かげろふの日記』の作者… 121
物語の裏にある生臭さ―『今昔物語』―…… 126
正徹と子規………………………………… 134
現代にとって文学とは何か(1・2)…… 136
作庭記―私の発想の一部として―……… 141
旅のあと…………………………………… 143
ふたりの新人……………………………… 144
一編集者との出逢い……………………… 146
最も影響を受けた小説…………………… 148
初版本のこと……………………………… 149
死を垣間見るということ―川端康成氏の一周忌を前に―…… 151
小説を書き出すまで……………………… 153
短歌と私…………………………………… 154
思いだす歌など…………………………… 155
細谷川……………………………………… 157
世阿弥と道元……………………………… 158
夏の本……………………………………… 159
劇の浄化作用―原作者として―………… 161
『きぬた』限定版跋……………………… 162
わたしの里子 読者の里子―『残りの雪』連載を終えて―…… 163
『幼年時代』を書くまで………………… 166
『冬のかたみに』跋……………………… 167
絵画の無限空間について………………… 169
限定と拡散―前田青邨展と高山辰雄展をみて―…… 171
太古の風景―『リツ子・その愛』『リツ子・その死』をめぐって―…… 182
大岡昇平著『現代小説作法』解説……… 188
唐木順三著『光陰』……………………… 192
文芸時評(昭和49年)…………………… 193
法師温泉行………………………………… 223
「近代文学」の人達……………………… 226
春の便り…………………………………… 229
滅亡を生きた人―武田泰淳氏追悼―…… 232
死者への手紙―舟橋聖一氏追悼―……… 235
薪能の起源………………………………… 239
鎌倉薪能におもう………………………… 240
一年の後に―角川源義氏追悼―………… 243
“読む”ということ……………………… 244
藤枝静男著〈田紳有楽〉評……………… 245
村松剛著〈評伝アンドレ・マルロオ〉讃…… 246
キキ著〈頭痛天体交響楽〉讃…………… 247
金子晋著〈鎌倉再見〉讃………………… 247
随筆集〈夢幻のなか〉の周辺…………… 248
〈日本の庭〉を書き終えて……………… 250
唐木順三著〈歴史の言ひ残したこと〉評…… 251
藤枝静男著〈悲しいだけ〉評…………… 253
〈吉村貞司著作集〉推薦文……………… 255
金子晋著〈江ノ電沿線文学散歩〉序…… 256
方丈記……………………………………… 257
周辺
刃物………………………………………… 261
山川方夫の想い出………………………… 263
都会人の感覚……………………………… 265
吉行さんの時計…………………………… 266
高井有一の艶めいた声…………………… 268
にぎやかにしてさびしき男 野坂昭如… 269
十八年ぶりの同窓会……………………… 270
会ってみたい人…………………………… 272
漁師町にて………………………………… 273
住みにくい鎌倉の夏……………………… 275
早春………………………………………… 277
鎌倉薪能…………………………………… 279
暗い風景の金沢…………………………… 281
夏と秋のあいだ…………………………… 283
鉢植蜜柑…………………………………… 286
旅のこぼれ話……………………………… 288
山桜のこと………………………………… 292
鎌倉の寺…………………………………… 295
思いがけない発見………………………… 297
匿名のはがき……………………………… 298
面を藉りて舞う…………………………… 300
講演について……………………………… 302
非行について……………………………… 305
蝮と朝食…………………………………… 308
素振り……………………………………… 312
標札泥棒…………………………………… 313
殴り逃げ…………………………………… 315
酒と剣の効用……………………………… 318
旅先での本屋……………………………… 320
ひとつの行為……………………………… 321
借家を追われる…………………………… 323
転居記……………………………………… 325
数学の想い出……………………………… 327
モーツァルトとの出逢い………………… 330
私のなかの音楽…………………………… 331
湘南日記…………………………………… 335
元漁師と魚屋のおやじ………………… 335
衣更え…………………………………… 337
春の漬け菜……………………………… 338
鰯………………………………………… 340
男の着物………………………………… 342
来訪者…………………………………… 343
春から夏に………………………………… 345
山房の山萩など…………………………… 348
柿と椋鳥…………………………………… 352
一重と八重………………………………… 354
掘られた山淑の木………………………… 356
わが作庭の記……………………………… 357
非合理的な家……………………………… 359
新築後一年のことなど…………………… 361
消えて行く上布…………………………… 365
日常のなかの着物………………………… 366
着物のうしろ姿…………………………… 368
東ケ谷日記………………………………… 369
昼時の蕎麦屋…………………………… 369
四十二通の履歴書……………………… 371
読者の風姿……………………………… 373
消えて行く黒髪………………………… 375
履歴書後日譚…………………………… 377
蕎麦屋後日譚…………………………… 379
美しい女―池内淳子さん―……………… 381
秘めた多言―嫌いな女―………………… 382
逆説の幸福………………………………… 384
私の好きな言葉…………………………… 387
きものの匂………………………………… 388
結城つむぎ……………………………… 388
上布の肌ざわり………………………… 390
風土について…………………………… 392
久留米絣………………………………… 395
泥大島…………………………………… 398
木綿のなつかしさ……………………… 400
頑固な長老………………………………… 403
藤枝長老の盃と印綬……………………… 404
落款と陶器と酒…………………………… 406
大磯の家…………………………………… 410
ブランデーとフランスパン……………… 412
さびしいコップ…………………………… 413
無事の人…………………………………… 415
書斎の周辺………………………………… 418
鵯と蹲踞………………………………… 418
すだちの秋……………………………… 420
唐招提寺の月…………………………… 422
蕎麦汁の味……………………………… 424
水………………………………………… 426
梅の花と里子…………………………… 428
山桜の頃………………………………… 430
春日遅遅………………………………… 432
焼き捨てた原稿………………………… 434
よしなしごと…………………………… 436
続よしなしごと………………………… 438
週言………………………………………… 440
紫式部…………………………………… 440
返事の強要……………………………… 442
春の味…………………………………… 443
竹薮とバッハ…………………………… 445
小さな店………………………………… 446
梅雨期の花と魚………………………… 448
奇遇……………………………………… 449
秋の香り………………………………… 451
木犀と火鉢……………………………… 453
鎌倉の交通渋滞………………………… 454
寒梅……………………………………… 456
上鶲が来た朝…………………………… 458
夢幻のなか……………………………… 458
香のこと………………………………… 460
精神の贅沢について…………………… 463
湘南の魚………………………………… 464
魚のことなど…………………………… 467
十五匹の車海老………………………… 469
視点………………………………………… 470
中国の古代青銅器……………………… 470
木犀……………………………………… 471
必要悪…………………………………… 472
伊那の宿………………………………… 473
文学賞の選考委員……………………… 473
慈善事業………………………………… 474
郷ひろみの暴力団……………………… 475
ある茶会と小面………………………… 476
蕎麦屋で………………………………… 476
千登三子さんの本……………………… 477
美術商の店先で………………………… 478
アクロポリスと結城紬―動的に過ぎる日本の発見―…… 479
まかり通る犬の論理……………………… 481
心に節度を………………………………… 484
裏方について……………………………… 486
顔を見せること…………………………… 490
著者へ27問………………………………… 491
書斎の夏…………………………………… 493
私と八月…………………………………… 495
山桜の頃…………………………………… 496
ことしの雪………………………………… 498
脳髄の乾燥について……………………… 500
樹木ともみじ……………………………… 503
滅びゆくもの……………………………… 504
厄介な読者………………………………… 507
気づまりにならない人―吉行淳之介氏―…… 508
「近代文学」終刊の頃―埴谷雄高氏―… 510
平野さんとの距離………………………… 512
花の証拠―里見 氏―…………………… 516
弔辞―望月春江氏―……………………… 519
白木蓮の花………………………………… 520
〈紬の里〉前後…………………………… 521
ある日の午後……………………………… 522
日本語あれこれ…………………………… 525
新聞記者の文章…………………………… 527
もりとかけ………………………………… 530
*解題(武田勝彦)……………………… 533
 

第23巻 1984.6.12
 
エッセイII
美術
日本の庭……………………………………… 7
美術雑篇…………………………………… 133
端正な美の世界―安宅コレクション・朝鮮陶磁展―…… 135
貴族的で柔かい風姿―李朝白磁青花梅竹文壷―…… 140
高麗李朝十選…………………………… 141
飄逸の向う側に―李朝辰砂鷹人物文面取瓶―…… 147
美の堅固―明清工芸展を観て―……… 148
典雅なる逸品―宋・白釉黒花牡丹文梅瓶―…… 150
明の華―青花龍波涛文天球瓶―……… 151
土と薪の芸術の味……………………… 152
匂う磁器の膚―肥前有田行―………… 154
陶磁のふるさと………………………… 162
無限の喚起力―東山魁夷覚え書―…… 170
富貴寺のおもいで……………………… 180
耽美的な像……………………………… 181
モーツァルトと魚……………………… 182
一枚のレコード………………………… 186
亀甲と麻の葉―懐しい柄―…………… 188
陶工の故郷―金重素山覚え書―……… 191
川辺からの眺め―唐津紀行―………… 200
長大な構図―安宅コレクション―…… 209
存在のたしかさ………………………… 214
わが盃…………………………………… 216
李朝の大壷―身辺の美―……………… 218
面のことなど…………………………… 219
紀行
富士山……………………………………… 223
幻の杏子の花……………………………… 226
大分の旅…………………………………… 227
岬の体験…………………………………… 230
能登の旅…………………………………… 231
萩・長門の旅……………………………… 238
伊賀の番傘………………………………… 247
日本三景について………………………… 251
風土とはなにか…………………………… 252
松江・倉敷………………………………… 254
大和………………………………………… 266
金沢………………………………………… 274
篠山………………………………………… 283
鎌倉………………………………………… 292
結城・益子………………………………… 301
津和野……………………………………… 310
佐渡………………………………………… 319
高山………………………………………… 329
若狭路……………………………………… 338
飛鳥・吉野………………………………… 347
角館………………………………………… 356
津山………………………………………… 365
嵯峨野・西山……………………………… 373
闘牛とゴヤ………………………………… 383
街や村の曲りかどで……………………… 391
ナザレの蟹………………………………… 399
アクロポリスにて………………………… 408
エーゲ海の島々…………………………… 417
エピダウロス劇場にて…………………… 425
オリンピアの緑…………………………… 433
マキアヴェリの墓の上で………………… 441
無常感漂う韓国の寺院…………………… 450
伊勢路をゆく……………………………… 458
箱根から伊豆へ…………………………… 467
信州塩田の里……………………………… 476
中国心象紀行……………………………… 483
私のなかの大和路………………………… 504
旅ののちに………………………………… 508
*解題(武田勝彦)……………………… 511
 

第24巻 1984.8.12
 
エッセイIII
人生
イエスとユダについて……………………… 7
坂道と雲と……………………………………16
顔……………………………………………16
旅の名残り…………………………………19
木綿の匂……………………………………22
躁と鬱………………………………………26
今年の秋……………………………………29
化粧坂………………………………………33
日曜日………………………………………36
女のうしろ姿…………………………………40
海岸街の小さな店で………………………40
坂道…………………………………………43
五人の女……………………………………46
さまざまな姿態……………………………49
若い夫婦像…………………………………51
死者の顔……………………………………54
男性的人生論…………………………………57
傍観者になれない人生……………………57
男の勁さとは何か…………………………66
男の自制心について………………………74
指導者の在り方……………………………81
勇気の容……………………………………90
遊びのさまざま………………………… 100
放任と制約……………………………… 108
左手の発想……………………………… 116
文化とは何か…………………………… 125
父親の肖像……………………………… 134
公正の在り方…………………………… 144
酒の飲み方……………………………… 153
スペインでの発想……………………… 164
わが風景の構図…………………………… 169
春の雪のなかを………………………… 169
山桜のなかを…………………………… 179
蝉しぐれのなかを……………………… 187
紅葉のなかを…………………………… 197
移ろわぬものと三十年………………… 205
生死不染、去往自由…………………… 207
魚と時間………………………………… 210
四月から五月へ………………………… 212
初夏の書斎で…………………………… 215
雑木林のなかで………………………… 216
冬の花…………………………………… 217
散らで残るべき………………………… 218
名残の茶事……………………………… 221
二十年…………………………………… 222
いつもの道……………………………… 223
旅から帰って…………………………… 224
過ぎて行く日々の中で………………… 226
愛をめぐる人生論………………………… 228
秘めた多言……………………………… 228
嫉妬のかたち…………………………… 239
純粋結晶………………………………… 249
萎れし花………………………………… 259
人妻の恋………………………………… 270
貞操について…………………………… 280
妻というもの…………………………… 289
かけひき………………………………… 300
色と匂い………………………………… 309
大人の恋愛……………………………… 320
哀れについて…………………………… 330
流れについて…………………………… 342
雑篇
二十年来の酒……………………………… 353
新関脇の酒………………………………… 355
酒中日記…………………………………… 356
長夜の酒…………………………………… 360
酒有別腸…………………………………… 362
正月三ヶ日………………………………… 363
ギネスと平和……………………………… 365
魚と酒……………………………………… 366
天下一品の店……………………………… 368
わたしの庖丁書…………………………… 371
小さな海…………………………………… 378
魚の街……………………………………… 380
あさめし…………………………………… 382
食道楽……………………………………… 385
鮟鱇とモーツァルト……………………… 386
蛙とスッポンと海鼠……………………… 388
日本の酒…………………………………… 390
秋の酒……………………………………… 391
食べものの話……………………………… 393
春の味覚…………………………………… 431
再び厨房に入る…………………………… 432
夕河岸……………………………………… 434
めざし……………………………………… 436
里の味……………………………………… 438
東ケ谷山房だより………………………… 440
単独旅行者の眼…………………………… 455
トレドでの一日…………………………… 460
この一年…………………………………… 462

交喙の嘴…………………………………… 469
跋文(抄)
「剣ケ崎」後記…………………………… 491
「美しい城」後記………………………… 491
立原正秋初期作品集〈1〉あとがき …… 492
立原正秋初期作品集〈2〉あとがき …… 495
「他人の自由」あとがき………………… 496
「心のふるさとをゆく」あとがき……… 497
「秘すれば花」あとがき………………… 499
「渚通り」あとがき……………………… 500
「立原正秋の本」あとがき……………… 500
「曠野」あとがき………………………… 501
「男性的人生論」あとがき……………… 502
「坂道と雲と」あとがき………………… 503
「風景と尉藉」あとがき………………… 504
「冬のかたみに」跋……………………… 505
「夢幻のなか」あとがき………………… 506
「旅のなか」あとがき…………………… 506
「光と風」跋尾…………………………… 508
「埋火」跋………………………………… 509
秘めた愛惜………………………………… 510
書簡(抄)………………………… 511
*解題(武田勝彦)……………………… 535
*年譜武田勝彦〔編〕…………………… 541
*著作目録鈴木靖子〔編〕……………… 555
*参考文献城戸ユリ子〔編〕…………… 597
[ 2011/02/28 02:59 ] 立原正秋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。