研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  立原道造 >  『立原道造全集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『立原道造全集』全6巻

『立原道造全集』全6巻(角川書店、1971.6~1973.7)



第1巻 詩集 1 1971.6.20
 
詩集 萱草に寄す 風信子叢書 第1篇 …13
SONATINE NO.1 ……………………………15
はじめてのものに………………………16
またある夜に……………………………18
晩き日の夕べに…………………………20
わかれる昼に……………………………22
のちのおもひに…………………………24
夏花の歌……………………………………27
SONATINE NO.2 ……………………………33
虹とひとと………………………………34
夏の弔ひ…………………………………36
忘れてしまつて…………………………38
詩集 暁と夕の詩 風信子叢書 第2篇 …41
I 或る風に寄せて…………………………42
II やがて秋…… …………………………44
III 小譚詩…………………………………46
IV 眠りの誘ひ ……………………………48
V 真冬の夜の雨に…………………………50
VI 失なはれた夜に ………………………52
VII 溢れひたす闇に………………………54
VIII 眠りのほとりに ……………………56
IX さまよひ ………………………………58
X 朝やけ……………………………………60
詩集 田舎歌 風信子叢書 第3篇 ………63
I 村ぐらし…………………………………64
II 詩は ……………………………………68
III 一日は…………………………………72
詩集 優しき歌I 風信子叢書 第4篇 ……77
燕の歌………………………………………78
うたふやうにゆつくりと…………………80
薊の花のすきな子に………………………83
I 憩らひ…………………………………84
II 虹の輪 ………………………………86
III 窓下楽………………………………88
IV 薄明 …………………………………90
V 民謡……………………………………92
鳥啼くときに………………………………94
甘たるく感傷的な歌………………………96
ひとり林に…………………………………99
I ひとり林に………………………… 100
II 真冬のかたみに…… …………… 102
浅き春に寄せて………………………… 104
詩集 優しき歌II………………………… 107
序の歌…………………………………… 108
I 爽やかな五月に……………………… 110
II 落葉林で …………………………… 112
III さびしき野辺……………………… 114
IV 夢のあと …………………………… 116
V また落葉林で………………………… 118
VI 朝に ………………………………… 120
VII また昼に…………………………… 122
VIII 午後に …………………………… 124
IX 樹木の影に ………………………… 126
X 夢みたものは………………………… 128
拾遺詩篇
子供の話…………………………………… 132
初冬(身動きの出来ない程の)………… 138
小さな墓の上に…………………………… 146
燕の歌……………………………………… 148
静物………………………………………… 150
枯木と風の歌……………………………… 152
旅装………………………………………… 155
風のうたつた歌(その1~9)…………… 157
風のうたつた歌(その1~3)…………… 163
天の誘ひ…………………………………… 167
風に寄せて(その1、2)………………… 170
傷ついて、小さい獣のやうに…………… 174
雪の祭日…………………………………… 176
離愁………………………………………… 178
夏の旅(I~VII)………………………… 179
雨の言葉…………………………………… 185
夏の弔ひ…………………………………… 187
旅の手帖…………………………………… 189
孤独の日の真昼…………………………… 192
葬送歌……………………………………… 194
天の篭……………………………………… 196
切抜画……………………………………… 198
夏へ………………………………………… 200
フアンタスチツク………………………… 202
ヴアカンス………………………………… 204
八月旅情の歌……………………………… 205
旅人の夜の歌……………………………… 206
みまかれる美しきひとに………………… 208
夜想楽……………………………………… 210
風と枯木の歌……………………………… 212
逝く昼の歌………………………………… 214
ゆふすげびと……………………………… 216
予後………………………………………… 218
追憶………………………………………… 220
石柱の歌…………………………………… 222
不思議な川辺で…………………………… 224
初冬(けふ 私のなかで)……………… 228
晩秋………………………………………… 230
ふるさとの夜に寄す……………………… 232
歌ひとつ…………………………………… 234
午後に……………………………………… 236
歌ひとつ(――暗い心の夕ぐれに)…… 238
何処へ?…………………………………… 240
夜に詠める歌……………………………… 242
わがまどろみは覚めがちに……………… 246
或る晴れた日に…………………………… 250
初夏………………………………………… 252
草に寝て…………………………………… 254
風に寄せて(その1~5)………………… 256
月の光に与へて…………………………… 266
麦藁帽子…………………………………… 268
唄…………………………………………… 269
魂を鎮める歌……………………………… 270
後期草稿詩篇
荒物屋の軒先で…………………………… 274
八月の歌(1~5)………………………… 278
BALLADE …………………………………… 282
小さな墓石の上に………………………… 284
燕の歌(2) ……………………………… 286
旅装………………………………………… 288
夜の歌(私は薔薇や)…………………… 290
海よ………………………………………… 296
夏の旅―エリザの記念に………………… 298
夜でない夜に……………………………… 302
田中一三に(1~3)……………………… 304
黄昏に……………………………………… 310
ひとり林に………………………………… 312
私の 貧しさは…………………………… 314
晩春………………………………………… 316
窓辺に凭りて……………………………… 318
夢のあと(嘗てを)……………………… 322
径の曲りで………………………………… 324
夕映の中に………………………………… 326
夜 泉のほとりに………………………… 328
一日………………………………………… 330
私のかへつて来るのは…………………… 336
優しき歌―光の中で……………………… 338
地のをはりの……………………………… 340
僕は おまへに―夜の歌………………… 344
それが どういふことか―夜の歌……… 346
昨日と今日とがいりまじる……………… 348
この闇のなかで…………………………… 350
北…………………………………………… 352
アダジオ…………………………………… 353
風詩………………………………………… 354
恢復………………………………………… 355
静物………………………………………… 356
どこの空だつたのだらう(I、II) …… 358
詩抄(1~3)……………………………… 360
くりひろげられた 広い 野景に……… 366
優しき歌…………………………………… 368
優しき歌―旅のをはりに………………… 370
風のうたつた歌(その1~4)…………… 372
子守唄……………………………………… 376
灼ける熱情となつて……………………… 378
朝に………………………………………… 380
南国の空青けれど………………………… 382
*解説・編註……………………………… 385
解説(鈴木亨)……………………… 386
「風信子叢書覚書」について……… 389
編註(堀内達夫)…………………… 392
 

第2巻 詩集 2 1982.8.30
 
未刊詩集
詩集 さふらん………………………………19
ガラス窓の向うで…………………………21
脳髄のモーターのなかに…………………22
コツプに一ぱいの海がある………………23
忘れてゐた…………………………………24
庭に干瓢が乾してある……………………25
高い籬に沿つて……………………………26
胸にゐる……………………………………27
長いまつげのかげ…………………………28
昔の夢と思ひ出を…………………………29
ゆくての道…………………………………30
月夜のかげは大きい………………………31
小さな穴のめぐりを………………………32
詩集 日曜日…………………………………33
風が…………………………………………35
唄……………………………………………36
春……………………………………………37
日記…………………………………………38
旅行…………………………………………40
田園詩………………………………………42
僕は…………………………………………43
暦……………………………………………44
愛情…………………………………………45
帽子…………………………………………46
跋……………………………………………47
詩集 散歩詩集………………………………49
魚の話………………………………………51
村の詩 朝・昼・夕………………………53
食後…………………………………………56
日課…………………………………………57
前期草稿詩篇
お時計の中には………………………………61
計算ちがひが…………………………………62
夏(白い往来)………………………………63
へんな出発……………………………………64
午睡……………………………………………64
小曲……………………………………………65
真昼(七月は)………………………………66
単語……………………………………………67
問答……………………………………………68
夕方(もう夜なのか)………………………68
コツプ…………………………………………69
路………………………………………………70
清閑……………………………………………70
出発……………………………………………71
Hに ……………………………………………72
蚊が鳴いてゐる………………………………72
夜が すれちがひながら……………………73
迷子……………………………………………74
流れ……………………………………………74
休暇……………………………………………75
公園……………………………………………75
少年が…………………………………………76
午後……………………………………………76
本(星や月のあかるい夜道)………………77
少女……………………………………………78
本(星や月のにほひの)……………………78
春(いつも大切に)…………………………79
正午(日向の猫は)…………………………80
朝(早起の太陽や)…………………………80
或る―…………………………………………81
夕方(町に)…………………………………82
正午(鶏よ)…………………………………82
夜曲(魚よ)…………………………………83
一日(i~iv) ………………………………84
飛びながら小鳥が……………………………85
四月の空は……………………………………86
成長……………………………………………86
チユーリツプは………………………………87
古典的な夜……………………………………88
田舎で…………………………………………89
風が……………………………………………90
唄………………………………………………92
謎々……………………………………………93
黄昏(片仮名の(リ)と)…………………94
ハンカチ………………………………………95
夜道……………………………………………96
《夜》…………………………………………96
過失……………………………………………97
旅行……………………………………………98
田園詩…………………………………………99
暦(貧乏な天使が)……………………… 100
ばかな太陽………………………………… 101
いたづら書き……………………………… 102
黄昏(一日の最後の光線が)…………… 103
眠られない夜……………………………… 104
絶望が僕を掴んだ………………………… 105
病(プラツトフオームで)……………… 106
学校1 ……………………………………… 107
学校2 ……………………………………… 108
新月のメモ………………………………… 108
よいもの…………………………………… 109
口笛を吹いてゐる散歩者よ……………… 110
散歩………………………………………… 111
夜(眠りと夢が)………………………… 111
峠(谺は僕を呼んだ)…………………… 112
悪い季節…………………………………… 113
一日(そこはよい見晴らし)…………… 113
虫の午後 七章…………………………… 114
秋…………………………………………… 118
市場………………………………………… 118
夜曲(ベンチが)………………………… 119
日曜日(散歩をする人は)……………… 120
霧…………………………………………… 120
夜(林檎が一つ)………………………… 121
或る朝……………………………………… 121
公園で……………………………………… 122
中学一年生は……………………………… 123
季節(……いつの間にか)……………… 124
ポオルとヰ゛ルジニイ…………………… 125
クリスマスのおぢいさん………………… 126
永い午後に………………………………… 127
よい本を読んだ晩………………………… 128
かなしみは(かなしみは「気を付け」)…… 129
眠りのなかで……………………………… 130
切抜画……………………………………… 131
夜曲(あかりを消した)………………… 132
風の話(この川は夕焼から)…………… 133
小鳥よ……………………………………… 134
何かが掌を………………………………… 135
日曜日(日曜日は)……………………… 136
朝(子供は額を)………………………… 137
冬(組詩)………………………………… 138
だめな男…………………………………… 139
日課………………………………………… 140
噴水………………………………………… 141
二十歳……………………………………… 142
かなしみは(かなしみはなかつたさうな)…… 143
とほい外国の薬屋町を…………………… 145
室内………………………………………… 145
青空………………………………………… 146
夏の死……………………………………… 147
悲歌 第三………………………………… 149
幼年時……………………………………… 150
大きな空洞の前で………………………… 151
夕暮の雲に………………………………… 152
冬(散文詩)……………………………… 152
雨(やさしい鳩たち)…………………… 153
夜に――…………………………………… 154
詩人がうたふ「春の唄」………………… 154
木の椅子に………………………………… 156
病(脊中の破れた木曜日よ)…………… 157
空つぽな時刻……………………………… 158
初夏(i・ii) …………………………… 159
神津牧場・I ……………………………… 161
神津牧場・II……………………………… 162
神津牧場・III …………………………… 162
昼…………………………………………… 163
もう傍にゐないぼく……………………… 164
さがすのはよさう………………………… 165
誰かゞ歩く………………………………… 166
肉親………………………………………… 166
覚悟………………………………………… 168
手紙………………………………………… 168
林道………………………………………… 170
峡の歌……………………………………… 171
隣の部屋で………………………………… 172
曙…………………………………………… 173
庭の少女…………………………………… 174
真昼(道は何度も)……………………… 175
もう見えない……………………………… 176
秋のマドリガル…………………………… 177
僕に まだしあはせも…………………… 179
床屋は……………………………………… 180
僕の口ぐせによると……………………… 182
あの家では………………………………… 183
昨夜は おそく…………………………… 186
もつとたのしくて………………………… 188
鏡…………………………………………… 190
秋の歌……………………………………… 191
物尺の歌…………………………………… 191
帰りの電車を待つ間……………………… 192
黄昏の歌…………………………………… 194
卑怯の歌…………………………………… 195
鉛筆のマドリガル………………………… 196
白痴………………………………………… 199
風…………………………………………… 200
旅情歌I …………………………………… 202
夜ぶん、くらいあかりが………………… 203
初秋………………………………………… 204
電話の口笛………………………………… 205
僕は、子供の筈だつた…………………… 206
食料品店で………………………………… 207
晩夏(つめたい風が)…………………… 208
眼をつむり………………………………… 208
かなしいまでに…………………………… 210
春風の歌…………………………………… 212
夏へ………………………………………… 213
白…………………………………………… 214
旅…………………………………………… 215
海峡………………………………………… 216
夜(僕にはどうしても)………………… 218
風の話(そんなことを言ふのは)……… 219
十月一日の朝……………………………… 220
落葉………………………………………… 221
黄昏へ……………………………………… 222
晩秋………………………………………… 223
天の誘ひ…………………………………… 224
曇天………………………………………… 225
擒…………………………………………… 226
窓(坐つて 黙つてゐた)……………… 227
雨(雨といふに)………………………… 228
鴉の歌……………………………………… 228
昨日………………………………………… 230
船…………………………………………… 231
風琴を聞く女……………………………… 232
踊子は……………………………………… 233
日暮に近い部屋のなかで………………… 234
春が来たなら……………………………… 235
空つ風の高台に…………………………… 236
雨(軒先を拾つて歩いた)……………… 237
だのに だのに と僕は………………… 238
枯木………………………………………… 240
たそがれ…………………………………… 241
晩夏(ひと日、山にて)………………… 241
ゆくての道………………………………… 242
燈下愁曲…………………………………… 243
古調………………………………………… 244
歌…………………………………………… 246
わが歌は…………………………………… 247
千万無量のたまゆらに…………………… 248
幾度か人 別れ…………………………… 249
詩…………………………………………… 251
唖蝉の歌…………………………………… 252
序曲………………………………………… 253
ある人は…………………………………… 254
窓(しづかな夜)………………………… 255
うつりかはり……………………………… 256
僕は三文詩人に…………………………… 257
驢馬の歌…………………………………… 258
やつと欲しいものが……………………… 259
しあはせな一日は………………………… 260
伝説………………………………………… 261
終ることのない生涯を…………………… 262
枯木は悲しく……………………………… 263
僕のなかを掠めるものは………………… 264
いつでも紙とインキが…………………… 265
いつそインキと紙が……………………… 267
書くことは………………………………… 269
巣立ち……………………………………… 270
折立………………………………………… 271
池のほとり………………………………… 272
郷愁(A・B・C) ………………………… 274
暦(消える音楽のなかで)……………… 275
疲れの外に身を投げて…………………… 276
朝へ………………………………………… 278
一人の人を………………………………… 279
黄昏(町の空を)………………………… 280
ピアノの町に……………………………… 282
私のいのちは……………………………… 283
くらい想念を……………………………… 284
郷愁(明るい谷に)……………………… 284
少年………………………………………… 286
少年の日…………………………………… 287
もし鳥だつたなら………………………… 288
鏡の歌……………………………………… 289
季節(春になると)……………………… 290
春(願ひに近く)………………………… 291
脱殻………………………………………… 292
峠(叢に風が明るく)…………………… 293
大きな町の上に…………………………… 294
それは雨の………………………………… 295
かつてひとりが…………………………… 296
林のなかに………………………………… 297
夏…………………………………………… 298
林空………………………………………… 299
一日(I・II) …………………………… 300
*解説・編註……………………………… 303
解説(鈴木亨)……………………… 304
編註(堀内達夫)…………………… 308
 

第3巻 物語 1971.8.15
 
物語I
かろやかな翼ある風の歌…………………… 9
春のごろつき…………………………………45
間奏曲…………………………………………62
生涯の歌………………………………………77
鮎の歌…………………………………………91
メリノの歌…………………………………93
ちひさき花の歌………………………… 126
花散る里………………………………… 142
鳥啼く夕べに詠める歌………………… 145
鮎の歌…………………………………… 147
物語……………………………………… 166
物語……………………………………… 174
物語II
あひみてののちの………………………… 185
眠つてゐる男……………………………… 211
眠り………………………………………… 216
白紙………………………………………… 218
オメガ小品………………………………… 222
短篇二つ…………………………………… 225
日曜日…………………………………… 225
五月……………………………………… 228
手紙………………………………………… 232
夜に就て…………………………………… 238
Dictation ………………………………… 245
オメガぶみ………………………………… 252
物語草稿篇
やぶけたローラ…………………………… 275
生徒の話―夜……………………………… 286
生徒の話―平野…………………………… 289
生徒の話―祭……………………………… 299
窓…………………………………………… 305
夏の死……………………………………… 322
I 雲の女・詩人の出発のこと…………… 341
II 雲の女・詩人の出発のこと ………… 356
ホベーマの並木道………………………… 360
組曲風な三つのコント…………………… 371
緑蔭倶楽部………………………………… 381
貧乏の死(1) …………………………… 408
貧乏の死(2) …………………………… 414
雑纂
ノートブツク(1) ……………………… 419
ノートブツク(2) ……………………… 419
窓の作者より……………………………… 420
「離愁」の作者より……………………… 420
後記………………………………………… 421
いろいろなこと(1) …………………… 421
いろいろなこと(2) …………………… 422
いろいろなこと(3) …………………… 424
編輯と校正のあと………………………… 425
追分案内…………………………………… 427
夏秋表……………………………………… 429
風信子(1) ……………………………… 431
編輯後記…………………………………… 434
風信子(2) ……………………………… 434
月曜の感想………………………………… 436
*解説・編註……………………………… 437
解説(鈴木亨)……………………… 438
編註(堀内達夫)…………………… 442
 

第4巻 評論 ノート 翻訳 1982.1.20
 
評論
抒情小曲集…………………………………… 9
花卉……………………………………………12
クロスビイ詩抄………………………………14
愛する神の歌…………………………………16
黒手帖…………………………………………23
住宅・エツセイ………………………………26
追悼……………………………………………32
方法論…………………………………………34
芳賀檀氏へ……………………………………99
風信子……………………………………… 101
遥かな問ひ………………………………… 107
別離………………………………………… 110
風立ちぬ…………………………………… 114
風立ちぬ補遺……………………………… 135
詩集西康省………………………………… 142
句論への試み……………………………… 145
評論草稿篇
手帖………………………………………… 151
断章………………………………………… 154
昼の手紙…………………………………… 156
詩人の原理………………………………… 159
「谷の遊び場」について………………… 162
室生犀星論………………………………… 165
ノート
ノート 昭和10年2月―13年10月 ……… 173
「スケツチ・ブツク」より……………… 207
スケツチ・ブツク1 昭和10年9月 …… 208
スケツチ・ブツク2 昭和10年11月―12月…… 214
スケツチ・ブツク3 昭和10年12月―11年3月…… 223
「火山灰」ノート 昭和10年8月―13年8月…… 225
盛岡ノート 昭和13年9月―10月 ……… 273
長崎ノート 昭和13年11月―12月……… 311
翻訳
林檎みのる頃……………………………… 371
林檎みのる頃…………………………… 372
忘れがたみ……………………………… 379
ヴェロニカ……………………………… 384
ノオト…………………………………… 400
翻訳拾遺篇I
愛する……………………………………… 403
真面目な時………………………………… 411
《オルフエへのソネツト・II》………… 413
翻訳拾遺篇II
新古今和歌集十一〈神垣抄〉より……… 417
翻訳草稿篇
傷んだ薔薇(ブレイク)………………… 421
蝶の話(ジアン・コクトオ)…………… 422
M・L・ブリツゲの手記に就て第一のノート(E・ジャルウ)…… 425
マルテと時計(シュトルム)…………… 428
*解説・編註……………………………… 437
解説(鈴木亨)……………………… 438
立原の〈建築論〉について(生田勉)…… 440
編註(堀内達夫)…………………… 445
 

第5巻 1973.2.10
 
書翰
昭和2年(1927)―昭和8年(1933)……… 5
昭和9年(1934) ……………………………65
昭和10年(1935)……………………………97
昭和11年(1936)………………………… 179
昭和12年(1937)………………………… 263
昭和13年(1938)………………………… 323
*解説・編註……………………………… 429
解説(鈴木亨)……………………… 430
編註(堀内達夫)…………………… 433
書翰索引………………………………… 1
 

第6巻 雑纂 1973.7.30
 
後期拾遺詩篇
メヌエツト……………………………………10
戯曲
或る朝の出来事………………………………15
短歌
硝子窓から……………………………………23
「学友会誌第53号」より……………………25
鴉の卵抄(1) ………………………………28
「学友会誌第55号」より……………………32
鴉の卵抄(2) ………………………………35
「校友会雑誌第332号」より ………………38
「詩歌第12巻第7号」より …………………38
鴉の卵抄(3) ………………………………40
「詩歌第12巻第8号」より …………………41
「詩歌第12巻第9号」より …………………41
「詩歌第12巻第10号」より…………………42
「詩歌第12巻第11号」より…………………43
「詩歌第12巻第12号」より…………………45
Uta ……………………………………………46
「詩歌第13巻第2号」より …………………48
青空……………………………………………49
「校友会雑誌第335号」より ………………50
「詩歌第13巻第3号」より …………………50
『詩歌年刊歌集 1932年版』より…………51
「詩歌第13巻第5号」より …………………52
「詩歌第13巻第6号」より …………………53
窓………………………………………………54
「ゆめみこ第4号」より ……………………55
「ゆめみこ第8号」より ……………………55
俳句………………………………………57
「句帖第1巻第2号」より……………………59
「句帖第1巻第5号」より……………………59
詩ノート…………………………………61
「代数ノート」より…………………………63
昭和8年ノート ………………………………77
昭和9年夏ノート ………………………… 209
小品・感想草稿篇
即興(I~III)…………………………… 237
一年を顧みて……………………………… 238
彼は、いつも……………………………… 240
二十二日の朝……………………………… 241
草に蔽はれた道…………………………… 243
省線で……………………………………… 245
聞書・其一………………………………… 247
皺のことや………………………………… 248
時計………………………………………… 252
僕のまはりでは…………………………… 253
待つてゐても……………………………… 254
出発………………………………………… 255
「浅間山麓に位する芸術家コロニーの建築群」付言…… 256
鉛筆・ネクタイ・窓(I~III)………… 258
初期ノート
「幾何ノート」より……………………… 262
「三年英語ノート」より………………… 263
自選 葛飾集 山木祥彦第一歌集……… 264
文集ノート………………………………… 296
「T70手帳」より ………………………… 321
自選 両国閑吟集 山木祥彦第二歌集… 326
その日その日 昭和五年日記…………… 354
「水晶簾」詩稿 山木祥彦自選第一詩集…… 410
「英語熟語ノート」より………………… 426
「英作文ノート」より…………………… 447
「四年英語ノート」より………………… 449
「Miscellaneousノート」より ………… 455
「The science of wealthノート」より…… 460
「小型スケツチ・ブツク」より………… 461
「詩集クラブ・ノート」より…………… 464
「一九三六年手帳」より………………… 465
下書き草稿篇
僕は冷い草の上に………………………… 470
別れ……秋………………………………… 470
今になつて爪を噛まうと………………… 470
海には波は………………………………… 470
母は呼びつづけた………………………… 471
雲の唄……………………………………… 471
やがて秋……(初稿)…………………… 472
また昼に(初稿)………………………… 472
帆・ランプ・鴎…………………………… 473
どうして 不意に………………………… 473
太陽は空の中心にかかる………………… 474
SCHERZO …………………………………… 474
夕映えが 歿落を………………………… 477
私から 奪はれた………………………… 478
山の色は…………………………………… 479
美しい月の夜……………………………… 479
言葉もなく 私の………………………… 479
おまへは 私を求めてゐるが…………… 479
それはかへつて…………………………… 480
夢が花のやうになり……………………… 480
この美しさに……………………………… 480
とほくの空で……………………………… 480
夕映えばかりをのこして………………… 481
拾遺書翰 昭和9年~13年 ……… 483
座談会
現代詩の本質に就て(萩原朔太郎,三好達治,丸山薫,神保光太郎,立原道造)…… 494
『測量船』に就て(神保光太郎,津村信夫,立原道造)…… 502
*解説・編註
解説(鈴木亨)……………………… 508
編註(堀内達夫)…………………… 513
草稿整理表堀内達夫〔編〕………… 561
年譜(鈴木亨)……………………… 573
故立原道造蔵書陳列会案内………… 656
詩索引(詩題と歌い出し)………… 663
[ 2011/02/28 02:59 ] 立原道造 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。