研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  辰野隆 >  『辰野隆随想全集』全5巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『辰野隆随想全集』全5巻・別巻1巻

『辰野隆随想全集』全5巻・別巻1巻(福武書店、1983.5~1983.10)



第1巻 1983.5.15
 
忘れ得ぬ人々………………………………… 1
I
旧友谷崎潤一郎…………………………… 9
露伴先生の印象……………………………33
巨人露伴の片鱗……………………………40
露伴先生……………………………………52
我等の露伴…………………………………57
露伴翁と文子女史…………………………61
如是閑の印象………………………………64
漱石の印象…………………………………83
『明暗』の漱石……………………………87
漱石・乃木将軍・赤彦・茂吉………… 101
II
浜尾新先生……………………………… 113
記憶に生きる人………………………… 122
和田正幾先生………………………… 122
佐藤正之先生………………………… 126
林兼助先生…………………………… 130
上田万年と斎藤緑雨…………………… 135
寺田博士の思い出……………………… 141
三宅雪嶺先生…………………………… 145
鴎外先生………………………………… 151
III
鈴木信太郎……………………………… 157
友田恭助(1) ………………………… 166
友田恭助(2) ………………………… 168
志田文雄………………………………… 171
石田巳四雄博士………………………… 173
野村胡堂君……………………………… 179
今井登志喜君逝く……………………… 182
安倍能成………………………………… 186
石川欣一………………………………… 189
旧友三人………………………………… 202
桑原虎雄……………………………… 202
横田兵馬・栗田斉二郎……………… 205
無想庵の風 …………………………… 208
IV
印象―永井荷風………………………… 213
斎藤茂吉氏……………………………… 217
鈴木三重吉との因縁―喧嘩口論は酒の下物…… 220
吉江喬松博士…………………………… 234
中勘助と内田百 ……………………… 239
畸人の印象―内田百 ………………… 243
弟子―井伏鱒二………………………… 247
カンドー神父…………………………… 257
火野葦平氏とともに…………………… 260
回顧―野依さんと僕…………………… 263
東山千栄子女史………………………… 266
杉村春子………………………………… 267
太宰治の死について…………………… 269
伊藤博文の手紙………………………… 272
*解説(市原豊太)……………………… 277
*出典一覧………………………………… 281
 

第2巻 1983.6.15
 
え・びやん…………………………………… 1
I
愛書癖……………………………………… 9
クレマンソーの言葉………………………30
逸話…………………………………………43
日本人(1) ………………………………47
書狼書豚……………………………………52
雨の日………………………………………62
酔眠巣………………………………………68
映画妄談―『ミモザ館』その他…………72
夏日漫読……………………………………84
盛夏漫筆……………………………………99
死の瞬間…………………………………99
旅の話………………………………… 102
銷夏漫筆………………………………… 106
夏日閑談………………………………… 110
長髪賊と断髪令……………………… 112
菎蒻問答……………………………… 115
ユダヤ人の心臓……………………… 117
食う、眠る……………………………… 127
舌の保養………………………………… 130
夏日断想………………………………… 136
日本人(2) …………………………… 152
II
夏日つれづれ…………………………… 163
閑日月…………………………………… 174
閑言語…………………………………… 177
良い学生と悪い学生…………………… 182
読書の思い出…………………………… 187
書物のゆくえ…………………………… 194
酒に真あり……………………………… 197
我が生涯最初の泥酔………………… 197
癖・最後は泣き上戸………………… 199
酒に真あり…………………………… 202
徒然語…………………………………… 207
独語……………………………………… 213
汽車の中………………………………… 218
炬燵ばなし……………………………… 221
いやなもの……………………………… 224
ひるめし………………………………… 227
えり子とフグの関係…………………… 230
温いうそと冷たいほんと……………… 236
酒友を語る……………………………… 242
クレマンソーの屍……………………… 245
炬燵閑話………………………………… 248
読書生独語……………………………… 251
馬鹿々々しい話………………………… 253
*解説(山田 )………………………… 257
*出典一覧………………………………… 261
 

第3巻 1983.7.15
 
フランス文芸閑談…………………………… 1
I
モリエール瑣談…………………………… 7
『孤客』について…………………………23
鬼才ボーマルシェ…………………………27
先駆セナンクール…………………………45
ヴィニーとボードレール―『ボードレール研究序説』より……68
偉大なるバルザック………………………74
人間バルザック……………………………76
II
ボードレール………………………………81
性格と時代………………………………81
詩人………………………………………93
ボードレールの五十年祭―『信天翁の眼玉』より……97
フローベール瑣談…………………………99
ヴィリエ・ド・リラダンに就て―『信天翁の眼玉』より―…… 114
アナトール・フランスに就て………… 126
III
ジュール・ルナールの目……………… 133
ルナールの日記………………………… 148
日記第1巻 ……………………………… 152
日記第2巻 ……………………………… 174
日記第3巻 ……………………………… 192
日記第4巻 ……………………………… 202
日記第5巻 ……………………………… 217
日記第6巻 ……………………………… 228
日記第7巻 ……………………………… 242
『シラノ』閑言語……………………… 256
*解説(杉捷夫)………………………… 265
*出典一覧………………………………… 269
 

第4巻 1983.8.15
 
ふらんすとふらんす人……………………… 1
I
旅のたより………………………………… 9
スーヴニール………………………………16
不思議な男…………………………………19
欧州双六……………………………………24
パリの散策…………………………………31
てんかん……………………………………36
ほりだしもの………………………………44
汝自身を知れ―ベルンにて………………57
二人のセルヴィヤ人………………………61
空瀾先生……………………………………74
エドモン……………………………………83
ル・パントゥーン・デ・パントゥーン…97
デュアメル先生………………………… 109
デュアメル先生を迎えて…………… 109
デュアメルの顔……………………… 111
II
リュシヤン・ギトリー………………… 115
ベルト・ボヴィー……………………… 122
懐しいパリ(1921―1923)…………… 124
旅のおもいで…………………………… 126
おもいで………………………………… 132
パリ回想………………………………… 135
詩の朗読会―マチネ・ポエチック… 135
裁判…………………………………… 136
パリの臭い……………………………… 138
フランス気質…………………………… 146
フランス人……………………………… 161
パリの独白…………………………… 161
ベルフォールとトゥールーズ……… 162
エスプリ………………………………… 167
敗れたフランス………………………… 173
パリの芝居……………………………… 179
芝居の思出……………………………… 194
モーリス・ド・フェロディー………… 204
ピエラ…………………………………… 206
III
フランス革命夜話……………………… 211
革命問答……………………………… 211
シャルロット・コルデー…………… 225
浴槽の刺客………………………… 225
後日談……………………………… 233
ロベスピエールの死………………… 240
断頭吏サンソン……………………… 247
ルイ十六世の最後…………………… 254
結語―老若問答……………………… 260
*解説(河盛好蔵)……………………… 267
*出典一覧………………………………… 271
 

第5巻 1983.9.15
 
忘れ得ぬことども…………………………… 1
I
スポーツ回顧……………………………… 9
続スポーツ回顧……………………………27
スポーツと勉学……………………………38
陸上競技の思い出など……………………47
水泳の思い出………………………………54
ゴルフ談語…………………………………59
ゴルフ逆縁…………………………………63
ゴルフ閑談…………………………………65
シールズ対巨人戦…………………………69
贔屓のひき倒し……………………………71
II
一杯きげんの昔話―一高・帝大の思い出……77
我が師我が友………………………………98
茶のみ話………………………………… 106
大学界隈………………………………… 113
III
夢の中の父……………………………… 135
父母……………………………………… 138
父と私…………………………………… 140
終焉の記………………………………… 143
弟―左の手首…………………………… 145
保を憶う………………………………… 149
正治を憶う……………………………… 150
我が家の歴史…………………………… 153
年頭感…………………………………… 155
我が家の元旦…………………………… 158
終戦三年………………………………… 161
変哲もない古女房……………………… 163
家庭の力士……………………………… 165
目がね断想……………………………… 169
風呂談義………………………………… 172
父の書斎………………………………… 175
僕の書斎………………………………… 178
停年の春………………………………… 179
無頓着…………………………………… 181
カンニング……………………………… 183
IV
年寄りのひや水………………………… 189
せっかち………………………………… 193
犬………………………………………… 196
ほろ酔い機嫌…………………………… 200
フォト閑談……………………………… 204
海と雨…………………………………… 208
途上……………………………………… 212
腰を抜かした話………………………… 214
旅の日記………………………………… 218
講演旅行………………………………… 225
朝のひととき…………………………… 228
淡い友交………………………………… 231
記憶ちがい……………………………… 234
歳とらぬ春……………………………… 238
与客点心………………………………… 241
食事……………………………………… 245
V
岡倉天心と私…………………………… 251
目に青葉………………………………… 264
随感……………………………………… 269
『続文芸評論』を読む………………… 275
思い出…………………………………… 279
若い友だち―東大時代の教え子たち… 282
*解説(中野好夫)……………………… 293
*出典一覧………………………………… 297
 

別巻 1983.10.15
 
天皇陛下大いに笑う………………………… 1
I 座談会
天皇陛下大いに笑う(徳川夢声,サトウ・ハチロー,辰野隆)…… 7
II 対談
(大仏次郎)………………………………47
(里見 )…………………………………67
(武林無想庵)……………………………92
(谷崎潤一郎)………………………… 117
(野村胡堂)…………………………… 140
(長谷川如是閑)……………………… 182
(日夏耿之介)………………………… 205
III 翻案戯曲
父と子…………………………………… 231
*解説(鼎談「辰野先生を偲んで」)(河盛好蔵,市原豊太,山田〓)…… 275
*出典一覧………………………………… 297
[ 2011/02/28 03:00 ] 辰野隆 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。