研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  谷崎潤一郎 >  『谷崎潤一郎全集』全30巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『谷崎潤一郎全集』全30巻

『谷崎潤一郎全集』全30巻(中央公論社、1981.5~1983.11)



第1巻 1981.5.25
 
誕生…………………………………………… 1
象………………………………………………17
The Affair of Two Watches ………………37
刺青……………………………………………61
麒麟……………………………………………73
信西……………………………………………91
彷徨………………………………………… 109
少年………………………………………… 143
幇間………………………………………… 187
 風………………………………………… 209
秘密………………………………………… 247
悪魔………………………………………… 271
あくび……………………………………… 299
朱雀日記…………………………………… 331
羹…………………………………………… 369
続悪魔……………………………………… 559
 

第2巻 1981.6.25
 
恐怖…………………………………………… 1
少年の記憶……………………………………13
恋を知る頃……………………………………23
熱風に吹かれて………………………………75
捨てられる迄……………………………… 177
憎念………………………………………… 287
春の海辺…………………………………… 301
饒太郎……………………………………… 353
金色の死…………………………………… 463
お艶殺し…………………………………… 501
懺悔話……………………………………… 571
 

第3巻 1981.7.25
 
創造…………………………………………… 1
華魁……………………………………………27
法成寺物語……………………………………41
お才と巳之介……………………………… 111
独探………………………………………… 229
神童………………………………………… 275
鬼の面……………………………………… 369
 

第4巻 1981.8.25
 
恐怖時代……………………………………… 1
亡友……………………………………………93
美男………………………………………… 133
病蓐の幻想………………………………… 155
人魚の嘆き………………………………… 185
魔術師……………………………………… 213
既婚者と離婚者…………………………… 245
鴬姫………………………………………… 257
或る男の半日……………………………… 295
玄弉三蔵…………………………………… 329
詩人のわかれ……………………………… 359
異端者の悲しみ…………………………… 377
晩春日記…………………………………… 453
十五夜物語………………………………… 471
ハツサン・カンの妖術…………………… 505
ラホールより……………………………… 553
 

第5巻 1981.9.25
 
女人神聖……………………………………… 1
仮装会の後………………………………… 161
襤褸の光…………………………………… 179
兄弟………………………………………… 201
少年の脅迫………………………………… 239
前科者……………………………………… 261
人面疽……………………………………… 303
二人の稚児………………………………… 329
金と銀……………………………………… 359
白昼鬼語…………………………………… 457
人間が猿になつた話……………………… 547
 

第6巻 1981.10.25
 
小さな王国…………………………………… 1
魚の李太白……………………………………39
嘆きの門………………………………………55
柳湯の事件………………………………… 111
美食倶楽部………………………………… 139
母を恋ふる記……………………………… 191
蘇州紀行…………………………………… 221
秦淮の夜…………………………………… 245
呪はれた戯曲……………………………… 271
西湖の月…………………………………… 329
富美子の足………………………………… 355
真夏の夜の恋……………………………… 395
或る少年の怯れ…………………………… 409
或る漂泊者の俤…………………………… 473
秋風………………………………………… 483
天鵞絨の夢………………………………… 503
 

第7巻 1981.11.25
 
途上…………………………………………… 1
検閲官…………………………………………27
鮫人……………………………………………65
蘇東坡……………………………………… 251
月の囁き…………………………………… 303
私…………………………………………… 361
不幸な母の話……………………………… 383
鶴唳………………………………………… 417
AとBの話…………………………………… 441
廬山日記…………………………………… 499
生れた家…………………………………… 509
或る調書の一節…………………………… 519
 

第8巻 1981.12.25
 
愛すればこそ………………………………… 1
或る罪の動機……………………………… 111
奇怪な記録………………………………… 125
蛇性の婬…………………………………… 149
青い花……………………………………… 223
永遠の偶像………………………………… 245
彼女の夫…………………………………… 289
或る顔の印象……………………………… 327
お国と五平………………………………… 341
本牧夜話…………………………………… 365
愛なき人々………………………………… 429
白狐の湯…………………………………… 487
アヱ゛・マリア…………………………… 517
 

第9巻 1982.1.25
 
肉塊…………………………………………… 1
神と人との間……………………………… 199
雛祭の夜…………………………………… 409
港の人々…………………………………… 427
無明と愛染………………………………… 463
腕角力……………………………………… 489
 

第10巻 1982.2.25
 
痴人の愛……………………………………… 1
マンドリンを弾く男……………………… 303
蘿洞先生…………………………………… 317
二月堂の夕………………………………… 333
赤い屋根…………………………………… 341
馬の糞……………………………………… 389
為介の話…………………………………… 399
友田と松永の話…………………………… 409
一と房の髪………………………………… 495
金を借りに来た男………………………… 519
上海見聞録………………………………… 551
上海交遊記………………………………… 561
青塚氏の話………………………………… 599
 

第11巻 1982.3.25
 
白日夢………………………………………… 1
日本に於けるクリツプン事件………………29
ドリス…………………………………………45
顕現……………………………………………71
黒白………………………………………… 133
続蘿洞先生………………………………… 375
卍(まんじ)……………………………… 393
 

第12巻 1982.4.25
 
蓼喰ふ蟲……………………………………… 1
三人法師…………………………………… 187
乱菊物語…………………………………… 215
 

第13巻 1982.5.25
 
吉野葛………………………………………… 1
盲目物語………………………………………55
紀伊ノ国ノ狐憑ク漆掻キニ語…………… 159
覚海上人天狗になる事…………………… 173
武州公秘話………………………………… 181
青春物語…………………………………… 343
蘆刈………………………………………… 441
春琴抄……………………………………… 493
 

第14巻 1982.6.25
 
韮崎氏の口よりシユパイヘル・シユタインが飛び出す話…… 1
顔世……………………………………………19
夏菊……………………………………………97
聞書抄……………………………………… 153
猫と庄造と二人のをんな………………… 263
初昔………………………………………… 369
きのふけふ………………………………… 439
 

第15巻 1982.7.25
 
細雪 上巻…………………………………… 1
細雪 中巻………………………………… 245
細雪 下巻………………………………… 343
 

第16巻 1982.8.25
 
磯田多佳女のこと…………………………… 1
同窓の人々……………………………………37
「潺湲亭」のことその他……………………55
都わすれの記…………………………………73
越冬記…………………………………………93
月と狂言師………………………………… 113
京洛その折々……………………………… 135
少将滋幹の母……………………………… 154
A夫人の手紙 ……………………………… 283
疎開日記…………………………………… 301
乳野物語…………………………………… 393
小野篁妹に恋する事……………………… 441
忘れ得ぬ日の記録………………………… 461
 

第17巻 1982.9.25
 
吉井勇君に…………………………………… 1
或る時…………………………………………11
上山草人のこと………………………………17
幼少時代………………………………………41
過酸化マンガン水の夢…………………… 255
鍵…………………………………………… 273
老後の春…………………………………… 405
親不孝の思ひ出…………………………… 433
 

第18巻 1982.10.25
 
残虐記………………………………………… 1
四月の日記……………………………………89
高血圧症の思ひ出……………………………97
夢の浮橋…………………………………… 145
おふくろ、お関、春の雪………………… 213
三つの場合………………………………… 221
親父の話…………………………………… 333
当世鹿もどき……………………………… 343
 

第19巻 1982.11.25
 
瘋癲老人日記………………………………… 1
四季………………………………………… 175
台所太平記………………………………… 201
雪後庵夜話………………………………… 375
京羽二重…………………………………… 461
おしやべり………………………………… 475
七十九歳の春……………………………… 491
 

第20巻 1982.12.25
 
「門」を評す………………………………… 1
活動写真の現在と将来………………………11
芸術一家言……………………………………23
阪神見聞録……………………………………61
饒舌録…………………………………………69
岡本にて…………………………………… 167
現代口語文の欠点について……………… 181
懶惰の説…………………………………… 219
恋愛及び色情……………………………… 239
「つゆのあとさき」を読む……………… 279
佐藤春夫に与へて過去半生を語る書…… 307
私の見た大阪及び大阪人………………… 347
正宗白鳥氏の批評を読んで……………… 399
芸談………………………………………… 411
装釘漫談…………………………………… 455
文房具漫談………………………………… 461
直木君の歴史小説について……………… 471
陰翳礼讃…………………………………… 515
 

第21巻 1983.1.25
 
東京をおもふ………………………………… 1
春琴抄後語……………………………………77
文章読本………………………………………87
私の貧乏物語……………………………… 247
大阪の芸人………………………………… 261
半袖ものがたり…………………………… 271
厠のいろいろ……………………………… 283
旅のいろいろ……………………………… 295
源氏物語の現代語訳について…………… 321
所謂痴呆の芸術について………………… 329
客ぎらひ…………………………………… 359
雪…………………………………………… 371
早春雑記…………………………………… 391
メモランダム……………………………… 401
ラヂオ漫談………………………………… 411
春団治のことその他……………………… 419
老いのくりこと…………………………… 427
創作余談…………………………………… 443
明治回顧…………………………………… 451
気になること……………………………… 461
文壇昔ばなし……………………………… 481
或る日の問答……………………………… 497
にくまれ口………………………………… 511
 

第22巻 1983.6.25
 
随筆小品
「夜の宿」と「夢介と僧と」と…………… 1
そぞろごと…………………………………… 5
人の親を観て………………………………… 6
劇場の設備に対する希望…………………… 9
ノートブツクから……………………………13
父となりて……………………………………24
発売禁止に就て………………………………32
貢の十人斬り…………………………………34
私の初恋………………………………………36
詩と文字と……………………………………38
創作の気分……………………………………41
夏日小品………………………………………44
更紗…………………………………………44
宝石…………………………………………45
香……………………………………………46
漱石…………………………………………47
十千万堂主人………………………………48
樗牛…………………………………………49
梅雨の書斎から………………………………50
浅草公園………………………………………57
朝鮮雑観………………………………………61
早春雑感………………………………………65
支那劇を観る記………………………………70
伊香保のおもひで……………………………75
支那の料理……………………………………78
反古箱…………………………………………84
或る時の日記…………………………………87
其の歓びを感謝せざるを得ない……………94
映画雑感………………………………………98
日本の活動写真…………………………… 103
「カリガリ博士」を見る………………… 107
映画のテクニツク………………………… 113
支那趣味と云ふこと……………………… 121
女の顔……………………………………… 124
歌四首……………………………………… 126
頭髪、帽子、耳飾り……………………… 127
縮緬とメリンス…………………………… 131
「永遠の偶像」の上演禁止……………… 135
脚本検閲に就いての注文………………… 142
私のやつてゐるダンス…………………… 145
稽古場と舞台の間………………………… 147
「愛すればこそ」の上演………………… 150
手記………………………………………… 153
上方の食ひもの…………………………… 156
萩原君の印象……………………………… 160
洋食の話…………………………………… 162
映画化された「本牧夜話」……………… 167
滝田君の思ひ出…………………………… 180
都市情景…………………………………… 182
釈明………………………………………… 187
栗原トーマス君のこと…………………… 192
「九月一日」前後のこと………………… 196
関西文学の為めに………………………… 220
芥川君と私………………………………… 224
いたましき人(芥川龍之介追憶)……… 227
東西味くらべ……………………………… 230
敏先生のおもひで………………………… 232
故人と私(小山内薫追悼)……………… 236
東西美人型………………………………… 238
関西の女を語る…………………………… 240
私の姓のこと……………………………… 244
カフエー対お茶屋・女給対芸者………… 257
料理の古典趣味…………………………… 262
春、夏、秋………………………………… 266
草人を迎へに行く日……………………… 268
春寒………………………………………… 271
秋、冬、春………………………………… 287
大衆文学の流行について………………… 289
鳥取行き…………………………………… 293
天狗の骨…………………………………… 298
倚松庵十首………………………………… 302
追悼の辞に代へて(直木三十五追悼)… 304
職業として見た文学について…………… 306
映画への感想―「春琴抄」映画化に際して―…… 317
蛎殻町と茅場町…………………………… 322
翻訳小説二つ三つ………………………… 327
泉先生と私………………………………… 333
純粋に「日本的」な「鏡花世界」……… 336
旧友左団次を悼む………………………… 339
シンガポール陥落に際して……………… 346
白秋氏と私………………………………… 351
奉天時代の杢太郎氏……………………… 353
露伴翁追悼講演会に寄す………………… 357
追憶(菊池寛追憶)……………………… 359
「細雪」回顧……………………………… 362
嶋中君と私………………………………… 367
「お国と五平」所感……………………… 372
茂山千作翁のこと………………………… 380
新春試筆…………………………………… 384
「暁の脱走」を見る……………………… 386
久米君の死の前後………………………… 393
「すむつかり」贅言……………………… 397
私の「幼少時代」について……………… 400
歐陽予倩君の長詩………………………… 403
あの頃のこと……………………………… 406
ふるさと…………………………………… 409
秦豊吉君のこと…………………………… 420
「法成寺物語」回顧……………………… 423
幼少時代の食べ物の思ひ出……………… 426
千万子抄…………………………………… 429
伊豆山放談………………………………… 432
日本料理の出し方について……………… 440
吉井勇翁枕花……………………………… 442
古川緑波の夢……………………………… 449
若き日の和辻哲郎………………………… 456
女優さんと私……………………………… 463
わが小説―「夢の浮橋」………………… 468
武林君を悼む……………………………… 471
野崎詣り(池崎忠孝回想)……………… 473
京都を想ふ………………………………… 478
千万子からの雪だより…………………… 483
「撫山翁しのぶ草」の巻尾に(笹沼源之助追悼)…… 488
「越前竹人形」を読む…………………… 517
 

第23巻 1983.7.25
 
序跋・雑篇
羹前書………………………………………… 3
羹後書………………………………………… 5
羹序…………………………………………… 6
甍序…………………………………………… 7
麒麟序………………………………………… 9
酒………………………………………………11
創作前後の気分………………………………12
多少読んで居る人……………………………17
金色の死序……………………………………18
一人一景(旅の印象)………………………19
「少年世界」へ論文…………………………20
異端者の悲しみはしがき……………………22
異端者の悲しみ序……………………………26
口の辺の子供らしさ…………………………27
蛇酒に序す……………………………………29
果して顔が好いか……………………………33
私の家系………………………………………34
煉獄序…………………………………………35
二人の芸術家の話前書………………………37
病める薔薇序…………………………………38
蘇州紀行前書…………………………………40
支那旅行………………………………………42
南京夫子廟……………………………………43
谷崎潤一郎氏の書簡…………………………45
富美子の足断書………………………………46
佐藤春夫君と私と……………………………47
性質の違つた兄と弟…………………………50
鮫人附記………………………………………52
鮫人作者記……………………………………53
「鮫人」の続稿に就いて……………………54
月の囁き前書…………………………………57
半公推選文……………………………………58
不幸な母の話断書……………………………59
「十五夜物語」について……………………60
堕落作者記……………………………………63
読むことすら嫌ひ……………………………64
小説も書き活動写真にも力を注ぐ…………65
感覚的な『悪』の行為………………………66
妹………………………………………………71
「肉塊」の筆を執るに際して………………72
生きて居る人間にはあるが…………………73
名妓の持つ眼(波多野秋子印象)…………74
横浜のおもひで前書…………………………76
無明と愛染作者断書…………………………78
痴人の愛掲載予告―最後まで熱をもつて…79
「痴人の愛」の作者より読者へ……………80
黒髪序…………………………………………81
痴人の愛はしがき……………………………83
現代戯曲全集谷崎潤一郎篇跋………………85
西洋と日本の舞踊……………………………86
現代小説全集谷崎潤一郎集著者年譜………89
現代日本文学全集谷崎潤一郎集序詞………94
現代日本文学全集推薦文……………………95
我が日・我が夢序……………………………97
芥川全集刊行に際して…………………… 100
名士と食物………………………………… 101
浦路夫人の内助…………………………… 102
明治大正文学全集谷崎潤一郎篇解説…… 105
黒白序にかへる言葉……………………… 109
黒白完結ことわり………………………… 111
「蓼喰ふ蟲」序詞………………………… 112
春秋満保魯志草紙序……………………… 114
ねこ………………………………………… 116
小山内君の思ひ出………………………… 119
現代生活考序詞…………………………… 123
月ケ瀬……………………………………… 125
世界最大の文学的宝庫…………………… 126
猫―マイペット…………………………… 128
大衆小説乱菊物語はしがき……………… 130
素顔のハリウツドはしがき……………… 131
離婚挨拶…………………………………… 133
大衆小説乱菊物語前篇終り作者記……… 135
恋愛及び色情断書………………………… 136
卍(まんじ)緒言………………………… 137
盲目物語はしがき………………………… 138
倚松庵随筆序……………………………… 140
青春物語緒言……………………………… 142
岡田時彦弔辞……………………………… 144
夏菊休載に就いて………………………… 145
『文章読本』発売遅延に就いて………… 146
聞書抄作者の言葉………………………… 147
東京にて…………………………………… 149
聞書抄(第二盲目物語)初出巻頭……… 152
明治一代女序……………………………… 162
東京にて(夏と人)……………………… 164
源氏物語序………………………………… 165
潤一郎訳源氏物語例言…………………… 170
えびらくさんのこと……………………… 175
偶感………………………………………… 178
三輪そうめんの歌二首…………………… 180
易学史序…………………………………… 181
潤一郎訳源氏物語奥書…………………… 185
莫妄想……………………………………… 188
文楽首の研究序…………………………… 189
細雪上巻原稿第十九章後書……………… 191
聞書抄断書………………………………… 192
永井荷風氏書翰後書……………………… 193
蓼喰ふ蟲あとがき………………………… 194
稚児序……………………………………… 195
「まんじ」に就て………………………… 197
幼年の記憶………………………………… 198
祇園序……………………………………… 229
安倍能成氏への書翰……………………… 232
少将滋幹の母作者の言葉………………… 233
嶋中雄作弔詞……………………………… 235
「細雪」瑣談……………………………… 237
藤壷………………………………………… 241
懐石料理(炉篇)序詞…………………… 247
少将滋幹の母序文………………………… 248
「少将滋幹の母」上演に際して………… 250
源氏物語草子序…………………………… 251
源氏物語新訳序…………………………… 252
「お遊さま」を見て……………………… 258
花の段……………………………………… 260
冒険的な試み……………………………… 261
盲目物語の原作者として………………… 262
アルペンフレックス推薦文……………… 263
羨望にたへぬ全集………………………… 264
谷崎と私序………………………………… 265
現代日本の百人写真説明………………… 267
墨塗平中…………………………………… 268
蓬生………………………………………… 271
八千代さんのことなど…………………… 272
佐多女聞書序文…………………………… 274
余白ある人生はしがき…………………… 276
春日 よ序文……………………………… 276
谷崎潤一郎より永井荷風へ……………… 281
鑑賞者の一人として……………………… 283
源氏物語の新訳を成し終へて…………… 284
妻を語る…………………………………… 286
お茶懐石の粋……………………………… 287
「蓼喰ふ蟲」を書いたころのこと……… 288
伊藤整全集推薦文………………………… 291
映画のことなど…………………………… 292
源氏物語の引き歌序……………………… 299
「十五夜物語」の思ひ出………………… 301
「緑波食談」に寄す……………………… 302
新訳源氏物語の愛蔵本について………… 303
東京の正月………………………………… 304
鴨東綺譚著者の言葉……………………… 308
嶋中鵬二氏に送る手紙…………………… 310
菊がさね序に代へる言葉………………… 311
潤一郎新訳源氏物語の普及版について… 314
辻留銀座店開店にさいして……………… 315
「月と狂言師」のこと…………………… 316
『鍵』本文訂正について………………… 318
幼少時代はしがき………………………… 319
古典は原文で読むのがほんたう………… 323
私の好きな六つの顔……………………… 324
伊豆山にて………………………………… 326
「雑談明治」を読む……………………… 331
歌々板画巻に寄せる言葉………………… 333
新劇その昔序……………………………… 334
碧い眼の太郎冠者序にかへて…………… 336
「親不孝の思ひ出」中断のおわび……… 338
偶感(谷崎潤一郎全集刊行に際して)… 339
谷崎潤一郎全集序………………………… 341
阿呆伝序…………………………………… 343
私と国歌大観……………………………… 345
むさうあん物語序………………………… 346
「少将滋幹の母」再演について………… 348
潤一郎訳源氏物語序にかへて…………… 349
「貴多川」開店祝………………………… 350
京舞礼讃…………………………………… 352
新版幼少時代序…………………………… 353
あの頃のこと(山田孝雄追悼)………… 356
少将滋幹の母断書………………………… 359
銀婚式披露挨拶…………………………… 360
敏介とピン助……………………………… 362
「細雪」を書いたころ…………………… 364
幼き日の六代目…………………………… 366
当世鹿もどきはしがき…………………… 368
潤一郎訳源氏物語愛蔵版序……………… 369
和辻君について…………………………… 370
無想庵君のために………………………… 372
舌代(喜寿挨拶)………………………… 374
お化粧室(安田輝子さんを推薦する)… 375
私と中央公論……………………………… 376
台所太平記掲載予告―週刊誌は三度目… 377
新訳に期待………………………………… 378
今度は是非見に行く……………………… 379
思ひ出……………………………………… 380
吉川英治君のこと………………………… 382
「ダンスに強くなる本」の序…………… 384
むずかしい仕事…………………………… 385
古典再現…………………………………… 386
佐藤春夫のことなど……………………… 387
佐藤春夫と芥川龍之介…………………… 391
路さんのこと……………………………… 395
菅楯彦氏の思ひ出………………………… 396
「板極道」に序す………………………… 399
新々訳源氏物語序………………………… 401
円地文子さんのこと……………………… 405
舞台の衣裳に寄せて……………………… 407
浄瑠璃人形の思ひ出……………………… 409
補遺
悪魔(続篇)前書………………………… 417
汽車の窓から……………………………… 418
方今文壇の大先達………………………… 422
労作即娯楽………………………………… 424
「饒太郎」断り書………………………… 426
「武州公秘話」続篇について…………… 427
大切な雰囲気序…………………………… 428
上方舞大会について……………………… 430
黒髪序……………………………………… 433
双葉会趣意書……………………………… 436
奥村冨久子さんについて………………… 437
六世歌右衛門に贈る言葉………………… 439
座右において用の足せる一冊本の辞書… 440
追憶………………………………………… 441
リンディー………………………………… 443
竹柏園大人の文藻………………………… 445
形見の品々にまつはる思ひ出…………… 447
こんどの機会に…………………………… 449
八重ちゃん………………………………… 450
 

第24巻 1983.8.25
 
初期小品
狆の葬式……………………………………… 3
うろおぼえ……………………………………18
死火山…………………………………………28
初期文章
「学生倶楽部」第2号 ………………………37
学生の夢……………………………………37
「学生倶楽部」第3号 ………………………40
楠公論………………………………………40
靖国神社……………………………………41
東京…………………………………………41
一休禅師……………………………………42
日本歴史雑話………………………………44
五月雨………………………………………47
玉取り姫……………………………………49
「学友会雑誌」第35号………………………52
牧童…………………………………………52
「学友会雑誌」第36号………………………52
護良王………………………………………53
観月…………………………………………53
残菊…………………………………………53
歳末の感……………………………………53
「少年世界」第8巻第1号……………………54
時代と聖人…………………………………54
「少年世界」第8巻第3号……………………55
日蓮上人……………………………………55
「学友会雑誌」第37号………………………57
厭世主義を評す……………………………57
「少年世界」第8巻第8号……………………59
海……………………………………………59
「学友会雑誌」第38号………………………60
道徳的観念と美的観念……………………60
小島高徳桜樹に題する図に………………64
「学友会雑誌」第41号………………………64
夏季休暇……………………………………64
無題録………………………………………65
発火演習記事西軍記事……………………69
「学友会雑誌」第42号………………………73
春風秋雨録…………………………………73
友におくるうた……………………………82
歳末に臨んで聊学友諸君に告ぐ…………83
「学友会雑誌」第43号………………………85
文芸と道徳主義……………………………85
みづぐき……………………………………92
述懐…………………………………………94
「学友会雑誌」第44号………………………96
起てよ、亜細亜……………………………96
野いちご会詠草………………………… 100
春期撃剣部小会記事…………………… 101
懸賞課題に就きて……………………… 104
「学友会雑誌」第45号…………………… 105
うたほぐ………………………………… 105
くさぐさ………………………………… 106
「校友会雑誌」第164号 ………………… 110
新任の辞………………………………… 110
前号批評………………………………… 111
「校友会雑誌」第165号 ………………… 113
前号批評………………………………… 113
第17周年寄宿寮記念祭記事…………… 121
「校友会雑誌」第167号 ………………… 129
前号批評………………………………… 129
擬国会記事……………………………… 131
「校友会雑誌」第168号 ………………… 132
前号批評………………………………… 132
「校友会雑誌」第170号 ………………… 134
前号批評………………………………… 134
仲秋の季節……………………………… 135
文芸欄投書家に告ぐ…………………… 136
「校友会雑誌」第171号 ………………… 136
前号批評………………………………… 136
「校友会雑誌」第172号 ………………… 138
前号批評………………………………… 138
「校友会雑誌」第173号 ………………… 140
前号批評………………………………… 140
「学友会雑誌」第51号…………………… 142
増鏡に見えたる後鳥羽院……………… 142
作文………………………………………… 152
翻訳
ウヰンダミーヤ夫人の扇(オスカー ワイルド)…… 155
ボードレール散文詩集…………………… 259
タゴールの詩……………………………… 275
グリーブ家のバアバラの話(トマス ハアディ)…… 279
カストロの尼(スタンダール)………… 333
 

第25巻 1983.9.25
 
書簡(1) (明治40年~昭和25年) …… 1
 

第26巻 1983.11.10
 
書簡(2) (昭和26年~昭和40年) …… 1
書簡補遺(1) …………………………… 173
書簡補遺(2) …………………………… 209
書簡番号索引……………………………… 285
*年譜……………………………………… 301
*著作年表………………………………… 333
*書誌……………………………………… 391
*題名索引………………………………… 458
 

第27巻 1983.2.25
 
新々訳源氏物語 巻一
例言
桐壷………………………………………… 1
帚木…………………………………………31
空蝉…………………………………………85
夕顔……………………………………… 101
若紫……………………………………… 155
末摘花…………………………………… 211
紅葉賀…………………………………… 249
花宴……………………………………… 283
葵………………………………………… 297
賢木……………………………………… 351
花散里…………………………………… 407
須磨……………………………………… 415
明石……………………………………… 467
澪標……………………………………… 515
 

第28巻 1983.3.25
 
新々訳源氏物語 巻二
蓬生………………………………………… 1
関屋…………………………………………29
絵合…………………………………………37
松風…………………………………………59
薄雲…………………………………………85
槿………………………………………… 121
乙女……………………………………… 147
玉鬘……………………………………… 201
初音……………………………………… 247
胡蝶……………………………………… 265
螢………………………………………… 289
常夏……………………………………… 313
篝火……………………………………… 339
野分……………………………………… 345
行幸……………………………………… 367
藤袴……………………………………… 399
真木柱…………………………………… 419
梅枝……………………………………… 463
藤裏葉…………………………………… 487
 

第29巻 1983.4.25
 
新々訳源氏物語 巻三
若菜 上…………………………………… 1
若菜 下………………………………… 109
柏木……………………………………… 215
横笛……………………………………… 259
鈴虫……………………………………… 281
夕霧……………………………………… 299
御法……………………………………… 379
幻………………………………………… 403
雲隠……………………………………… 431
匂宮……………………………………… 435
紅梅……………………………………… 453
竹河……………………………………… 471
橋姫……………………………………… 519
 

第30巻 1983.5.25
 
新々訳源氏物語 巻四
椎本………………………………………… 1
総角…………………………………………45
早蕨……………………………………… 147
寄生……………………………………… 171
東屋……………………………………… 275
浮舟……………………………………… 349
蜻蛉……………………………………… 431
手習……………………………………… 499
夢浮橋…………………………………… 577
[ 2011/02/28 03:11 ] 谷崎潤一郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。