研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  田山花袋 >  『田山花袋全集』全16巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『田山花袋全集』全16巻・別巻1巻

『田山花袋全集』全16巻・別巻1巻(文泉堂書店、1973.9~1974.3)
※『田山花袋全集』全16巻(内外書籍、1936~37)の復刻に別巻を新しく付したもの。


第1巻 1973.9.20
 
田山花袋全集に寄す(島崎藤村)……… 1
生……………………………………………… 1
妻…………………………………………… 219
蒲団………………………………………… 519
一兵卒……………………………………… 608
土手の家…………………………………… 632
ネギ一束…………………………………… 644
兄…………………………………………… 652
少女病……………………………………… 667
弟…………………………………………… 688
写真………………………………………… 697
車の音……………………………………… 706
おし灸……………………………………… 713
不安………………………………………… 728
朝…………………………………………… 736
*解説(前田晁)………………………… 757
 


第2巻 1973.9.20
 
田山花袋といふ人(窪田空穂)………… 1
縁……………………………………………… 1
田舎教師…………………………………… 311
幼児………………………………………… 597
げんげ……………………………………… 626
拳銃………………………………………… 641
ある死……………………………………… 651
記念会……………………………………… 659
幼きもの…………………………………… 676
町より山へ………………………………… 710
*解説(前田晁)………………………… 745
 


第3巻 1973.9.20
 
田山花袋氏の想ひ出(西村真次)……… 1
髪……………………………………………… 1
春雨………………………………………… 205
残る花……………………………………… 445
罠…………………………………………… 655
庖丁………………………………………… 694
死…………………………………………… 700
*解説 読後小感(加能作次郎)……… 717
 


第4巻 1973.9.20
 
田山さんを憶ふ(森田草平)…………… 1
一握の藁……………………………………… 1
別るゝまで……………………………………76
別れてから………………………………… 158
散歩………………………………………… 230
線路………………………………………… 248
客…………………………………………… 254
女の髪……………………………………… 275
郊外にて…………………………………… 291
劇場で……………………………………… 329
楽園………………………………………… 347
赤い肩掛…………………………………… 385
胡瓜………………………………………… 403
椿の花……………………………………… 414
鴬に………………………………………… 444
暴風雨の前………………………………… 464
霜解………………………………………… 514
寒い朝……………………………………… 567
ある朝……………………………………… 576
パラソル…………………………………… 585
蝋燭………………………………………… 607
明るい茶の間……………………………… 629
ある母の眼病……………………………… 656
鶴田君……………………………………… 684
*解説(中村星湖)……………………… 701
 


第5巻 1973.11.20
 
花袋全集に栄光あれ(相馬御風)……… 1
燈影…………………………………………… 1
孤独………………………………………… 291
風雨の夜…………………………………… 343
燈台へ行く道……………………………… 374
トコヨゴヨミ……………………………… 411
毒草………………………………………… 445
九時すぎ…………………………………… 515
山の湯……………………………………… 536
恋ごころ…………………………………… 570
野の道……………………………………… 642
日曜日の遠足……………………………… 668
悪友?……………………………………… 696
*解説(中村星湖)……………………… 719
 


第6巻 1973.11.20
 
文学維新運動の第一人者(菊池寛)…… 1
時は過ぎ行く………………………………… 1
合歓の花…………………………………… 369
帰京………………………………………… 409
籾がら……………………………………… 435
ボールドに書いた字……………………… 459
毒薬………………………………………… 471
をばさんのIMAGE ………………………… 512
二人の最期………………………………… 543
旅の者……………………………………… 570
息子への手紙……………………………… 611
山の町まで………………………………… 637
二人の母親………………………………… 657
ある大工の嚊……………………………… 673
*解説(中村白葉)……………………… 689
 


第7巻 1973.11.20
 
序文(長谷川誠也)……………………… 1
黄い小さい花………………………………… 1
山村……………………………………………25
帰国……………………………………………64
山荘にひとりゐて………………………… 104
出水………………………………………… 173
丘の上……………………………………… 202
ある轢死…………………………………… 238
山の悲劇…………………………………… 263
長流………………………………………… 304
KとT………………………………………… 339
礼拝………………………………………… 391
祖先………………………………………… 425
丘の悲劇…………………………………… 435
心願………………………………………… 454
山の旅舎…………………………………… 470
埋めた金…………………………………… 480
赤い夕日…………………………………… 497
大隊長の帽子……………………………… 511
お蔦………………………………………… 520
小さな舟…………………………………… 545
剃刀と鋏…………………………………… 567
河ぞひの家………………………………… 585
三人………………………………………… 619
芍薬………………………………………… 641
夜の灯……………………………………… 662
女の留守の間……………………………… 689
黄い麦畠…………………………………… 711
*解説(中村星湖)……………………… 737
 


第8巻 1973.11.20
 
序(蒲原有明)…………………………… 1
一兵卒の銃殺………………………………… 1
再び草の野に……………………………… 205
河ぞひの春………………………………… 405
*解説(前田晁)………………………… 725
 


第9巻 1974.1.20
 
田山花袋氏と私(生田葵山)…………… 1
ある僧の奇蹟………………………………… 3
Sとその妻 ……………………………………72
号泣………………………………………… 108
彼の一日…………………………………… 131
彼女の幻影………………………………… 155
山上の震死………………………………… 179
2と3………………………………………… 205
鸚鵡………………………………………… 247
遺伝の眼病………………………………… 273
Nの水死 …………………………………… 320
萎れた草…………………………………… 344
土蔵のかげ………………………………… 366
錆びた沼…………………………………… 399
再生………………………………………… 448
一夜………………………………………… 494
強い心……………………………………… 523
絶壁………………………………………… 557
林に添つた道……………………………… 580
足…………………………………………… 600
Kの死因 …………………………………… 608
一つの空想………………………………… 642
ぬかり道…………………………………… 677
島の虐殺…………………………………… 692
一つの恐怖………………………………… 712
*解説(松波治郎)……………………… 729
 


第10巻 1974.1.20
 
序文―驚くべき事実―(徳田秋声)…… 1
残雪…………………………………………… 1
新しい芽…………………………………… 291
鈴子の恋…………………………………… 603
*解説(宇野浩二)……………………… 745
 


第11巻 1974.1.20
 
序文(正宗白鳥)………………………… 1
廃駅…………………………………………… 1
曠野の恋…………………………………… 355
こころの珊瑚……………………………… 475
*解説 『廃駅』その他を読んで(加能作次郎)…… 791
 


第12巻 1974.1.20
 
序文(上司小剣)………………………… 1
源義朝………………………………………… 1
通盛の妻…………………………………… 437
道綱の母…………………………………… 623
*解説(加藤武雄)……………………… 833
 


第13巻 1974.3.20
 
花袋翁を思ふ(小杉放庵)……………… 1
百夜…………………………………………… 1
恋の殿堂…………………………………… 351
二つの燕…………………………………… 741
浴室………………………………………… 797
*解説(中村白葉)……………………… 819
 


第14巻 1974.3.20
 
偉大な足跡(佐藤紅緑)………………… 1
ふる郷………………………………………… 1
憶梅記……………………………………… 117
野の花……………………………………… 183
重右衛門の最後…………………………… 305
梅屋の梅…………………………………… 389
女教師……………………………………… 463
山小屋……………………………………… 547
春潮………………………………………… 585
名張少女…………………………………… 725
*解説(佐藤春夫)……………………… 789
 


第15巻 1974.3.20
 
序文(坪谷水哉)………………………… 1
インキ壷……………………………………… 1
印象派……………………………………… 3
短篇………………………………………… 9
本能………………………………………… 9
自然力の去来………………………………10
モウパツサンの憂愁………………………11
芸術家の心…………………………………11
歌集一巻……………………………………13
『徒労』の作者……………………………16
泡鳴氏の耽溺………………………………17
フレツシといふこと………………………18
神経家の言…………………………………18
ブルジエエの短篇…………………………19
ルウドウイツヒ、ガンクホーヘル………20
オシツプ・シユビン………………………21
人生のための芸術…………………………22
イギリスの短篇……………………………22
一国の首都…………………………………25
充実した文章………………………………25
ボスサン!…………………………………26
西鶴…………………………………………28
男と女………………………………………29
新聞の批評家………………………………30
『マダム・ボワリーの故郷』……………31
心持と書き方………………………………32
情緒…………………………………………35
二葉亭四迷君を思ふ………………………37
偏奇怪僻の人物……………………………40
象徴派………………………………………43
ブルジエエの心理描写……………………45
新茶のかほり………………………………46
都会の夏と田舎の夏………………………49
最も感興を惹いた山水……………………53
書くと見ると………………………………56
田中喜一氏の『泡鳴論』…………………57
現実…………………………………………58
欲望と理想…………………………………58
エミール・ゾラ……………………………58
『田舎教師』の日記………………………59
踏査…………………………………………61
描写と説明…………………………………62
ホルツ、シユラアフの『死』……………63
フロオベルとモウパツサン………………63
主観の色彩…………………………………64
イブセン……………………………………65
西鶴について………………………………69
『耽溺』と『一夜』と『強者』…………76
フランスとロシア…………………………81
実行と芸術…………………………………82
メツキ………………………………………84
個性と類性…………………………………87
現代作家の苦悶……………………………89
ブルジエエの『弟子』……………………90
事件の筋……………………………………91
素材…………………………………………92
字義の解釈…………………………………93
分析…………………………………………93
バザンの小説………………………………94
国木田独歩…………………………………95
梅雨日記………………………………… 104
花袋文話…………………………………… 115
描写論…………………………………… 117
文章新語………………………………… 145
説明の文章…………………………… 145
状態描写……………………………… 146
印象的描写…………………………… 147
離れた気分と情調…………………… 149
ノートと写生………………………… 150
「筋」………………………………… 152
文章と対話…………………………… 153
新しき紀行文………………………… 154
文章の調子…………………………… 157
自然の描写…………………………… 161
手紙の雰囲気………………………… 162
日記の種類…………………………… 164
新しき情緒…………………………… 166
新傾向の俳句………………………… 168
模倣と創意…………………………… 173
文字の選択と辞句の排列…………… 175
触れるといふ事……………………… 176
自然と不自然………………………… 180
再現といふこと……………………… 181
文章と型……………………………… 185
小説新論………………………………… 188
尾崎紅葉とその作品…………………… 243
西鶴小論………………………………… 257
フロオベルとゴンクール……………… 277
アルフオンス・ドオデヱ……………… 290
『方丈記』に現れたる源平の盛衰…… 297
『浦のしほ貝』に見出したる『自然』…… 304
卓上語……………………………………… 313
剪裁……………………………………… 315
剪裁と度数……………………………… 316
雑多紛々………………………………… 316
新しき理解……………………………… 317
タイプとパアソナリチイ……………… 317
新傾向の俳句…………………………… 320
説明と描写……………………………… 320
自然に似た主観………………………… 320
逸し易き印象…………………………… 321
人生批判………………………………… 322
筋書評…………………………………… 323
新聞記事と芸術………………………… 323
フロオベル……………………………… 325
『ホルラ』……………………………… 326
皮剥の苦痛……………………………… 327
残酷……………………………………… 328
トルストイ……………………………… 328
トルストイとモウパツサン…………… 331
『夜の宿』……………………………… 331
爾人間よ………………………………… 332
子供と旅………………………………… 332
想像と作品……………………………… 335
眼の芸術………………………………… 336
洪水……………………………………… 337
平凡の痛苦……………………………… 338
『をんな』……………………………… 339
全責任…………………………………… 340
俳人一茶………………………………… 340
田園の子弟……………………………… 342
強弱……………………………………… 342
田舎の人への手紙……………………… 343
横と縦…………………………………… 344
心理描写………………………………… 345
チエホフの『決闘』…………………… 345
理解……………………………………… 347
選択……………………………………… 347
再び作者の批判………………………… 348
事件……………………………………… 349
印象主義………………………………… 349
印象に富んだ書………………………… 349
微かなる匂ひ…………………………… 350
人情……………………………………… 351
人情の撲滅……………………………… 352
束縛……………………………………… 352
涙………………………………………… 353
『出発前半時間』……………………… 353
『生田川』……………………………… 355
細かい心理……………………………… 356
平行線…………………………………… 356
覚醒……………………………………… 357
『寄生木』を書いた理由……………… 357
麦の道…………………………………… 358
模擬者…………………………………… 359
寂々……………………………………… 360
肯定?否定?…………………………… 361
作品の価値……………………………… 361
逼真……………………………………… 363
背面……………………………………… 364
雨………………………………………… 364
友………………………………………… 365
感激のライフ…………………………… 366
南の窓…………………………………… 366
自然物…………………………………… 367
真剣……………………………………… 368
此頃の脚本……………………………… 368
新しき刺戟……………………………… 369
生效……………………………………… 370
現実……………………………………… 370
誤解……………………………………… 371
弱者の文芸……………………………… 372
上と下と………………………………… 373
イブセン………………………………… 374
背面の主観……………………………… 374
アルツエバアセフの『妻』…………… 375
享楽……………………………………… 376
ある対話………………………………… 377
ライフ…………………………………… 378
一葉……………………………………… 379
独歩……………………………………… 380
西鶴の『置土産』……………………… 381
アンドレーエフ………………………… 382
客観といふこと………………………… 382
完全と矛盾……………………………… 383
現今の文壇……………………………… 383
デカダンの群…………………………… 384
泉…………………………………………… 387
扉に向つた心…………………………… 389
ある友に寄する手紙…………………… 396
痕跡……………………………………… 404
広い空間………………………………… 412
人生の一宿駅…………………………… 420
ある小説の中から……………………… 425
僧房にわかるゝとて…………………… 433
東京の三十年……………………………… 443
その時分………………………………… 445
川ぞひの家……………………………… 455
読書の声………………………………… 458
再び東京へ……………………………… 460
憲法発布の日の雪……………………… 466
明治二十年頃…………………………… 468
新しい文学の急先鋒…………………… 472
ゾラの小説……………………………… 476
紅葉と露伴……………………………… 478
紅葉山人を訪ふ………………………… 483
上野の図書館…………………………… 488
川ぞひの路……………………………… 492
私の最初の翻訳………………………… 494
出発の軍隊(日清戦争)……………… 497
『かくれんぼ』の作者………………… 500
最初の原稿料…………………………… 503
神田の大火事…………………………… 506
九段の公園……………………………… 509
山の手の空気…………………………… 513
卯の花の垣……………………………… 523
その時分の文壇………………………… 526
当時の大家連…………………………… 532
H書店の応接間 ………………………… 534
市区改正………………………………… 538
私達のグルウプ………………………… 541
丘の上の家……………………………… 544
新しき思想の芽………………………… 555
紅葉の病死……………………………… 558
丸善の二階……………………………… 561
郊外の一小屋…………………………… 567
陣中の鴎外漁史………………………… 570
小諸の古城址…………………………… 576
作家短評………………………………… 581
電車以前の東京………………………… 587
若い人達の群…………………………… 589
上田敏氏………………………………… 593
二階の一間……………………………… 596
私のアンナ・マアル…………………… 599
龍土会…………………………………… 605
独歩の死………………………………… 608
眉山の死………………………………… 618
『生』を書いた時分…………………… 625
私と旅…………………………………… 629
地理の編纂……………………………… 634
机………………………………………… 639
プログラム……………………………… 642
『田舎教師』…………………………… 647
イブセン・ソサイチイ………………… 655
東京の発展……………………………… 657
昔の人…………………………………… 661
二葉亭の死……………………………… 662
文学者の交遊…………………………… 666
ある写真………………………………… 672
白鳥氏と秋江氏………………………… 675
アスハルトの路………………………… 680
明治天皇の崩御………………………… 684
四十の峠………………………………… 688
廃寺の半年……………………………… 693
ゴンクウルの『陥穽』………………… 695
ある墓…………………………………… 702
飛行機…………………………………… 705
*解説(中村武羅夫)…………………… 709
 


第16巻 1974.3.20
 
序文(吉江喬松)………………………… 1
女峰の谷……………………………………… 1
北伊豆…………………………………………14
関東平野の雪…………………………………25
北武蔵野………………………………………39
松川浦に遊ぶ…………………………………55
秩父の山裾……………………………………71
日光と塩原……………………………………85
熊野の山水……………………………………98
秋の京阪の二日…………………………… 111
北浦を下る………………………………… 115
猊鼻渓を見る……………………………… 132
葡萄峠を度る……………………………… 148
印旛沼にて………………………………… 170
身延の霧…………………………………… 200

多摩の水源………………………………… 209
雪の信濃…………………………………… 234
晃山再々記………………………………… 251
若狭道……………………………………… 269
北国街道…………………………………… 287
香山遊記…………………………………… 308
箱根紀行…………………………………… 317

備後の山中………………………………… 373
日光の山寺で……………………………… 390
雪の伊香保………………………………… 411
山を越えて伊那へ………………………… 414
耶馬渓の一夜……………………………… 422
川について………………………………… 432

日光山の奥………………………………… 447
碓氷の古道………………………………… 473
雪中の木曽………………………………… 488
陸羽一匝…………………………………… 502
春の日光山………………………………… 516

山水小記…………………………………… 533
*解説(白石実三)……………………… 737
 


新輯別巻 1974.3.20
 
わが影………………………………………… 1
山かげ………………………………………11
春の夜………………………………………11
ある夜………………………………………11
妹の君………………………………………12
君が姿………………………………………12
やみの夜……………………………………13
君をこひしは………………………………13
雨の夜………………………………………14
眺望…………………………………………15
朧月夜………………………………………16
君と我………………………………………18
まごころ……………………………………18
野遊…………………………………………19
あるとき……………………………………22
わが心………………………………………22
涙……………………………………………23
あら磯………………………………………23
月の夜………………………………………24
なでしこ……………………………………25
松原…………………………………………25
孤岩…………………………………………26
あら波………………………………………26
よき日………………………………………27
影……………………………………………27
ゆふ月………………………………………27
君が名………………………………………27
琴の音………………………………………28
わが住む里…………………………………29
孤燈…………………………………………29
旅にありける夜……………………………29
わが世………………………………………30
雲のみだれ…………………………………30
林の奥………………………………………31
夕月夜………………………………………32
友と別るゝとて……………………………33
昔の友………………………………………34
なき人をおもう……………………………34
ともし火……………………………………36
ゆめ…………………………………………37
をぐらき墓…………………………………38
花袋歌集………………………………………39
わすれ水………………………………………87
小詩人……………………………………… 119
近代の小説………………………………… 169
東京震災記………………………………… 429
椿…………………………………………… 499
花袋随筆…………………………………… 649
国木田のこと…………………………… 651
正宗君について………………………… 665
滝田君について………………………… 671
性の重荷………………………………… 674
『土』の作者…………………………… 679
流矢………………………………………… 687
*解説(吉田精一)……………………… 765
*年譜(和田謹吾)……………………… 785
*参考文献(和田謹吾)………………… 809
[ 2011/02/28 03:19 ] 田山花袋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。