研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  檀一雄 >  『檀一雄全集』全8巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『檀一雄全集』全8巻・別巻1巻

『檀一雄全集』全8巻・別巻1巻(沖積舎、1991.9~1992.11)



第1巻 1991.9.20
 
此家の性格…………………………………… 9
退屈な危惧……………………………………25
美しき魂の告白………………………………37
衰運……………………………………………55
帰心……………………………………………69
花筐序…………………………………………83
花筐……………………………………………89
夕張胡亭塾景観…………………………… 113
逗留客……………………………………… 139
樹々に匐う魚……………………………… 147
漆黒の天国………………………………… 159
魔笛………………………………………… 165
冬の瓦……………………………………… 189
吉野の花…………………………………… 201
母の手……………………………………… 209
孤独者……………………………………… 221
少年………………………………………… 227
芙蓉………………………………………… 237
夕べの雲…………………………………… 247
裾野少女…………………………………… 261
出生まで…………………………………… 271
最後の狐狸………………………………… 283
後生安楽…………………………………… 297
佐久の夕映え……………………………… 311
埋葬者……………………………………… 349
白雲悠々…………………………………… 373
*解題(石川弘)………………………… 386
*「此家の性格」について(真鍋呉夫)…… 392
 

第2巻 1991.10.21
 
序詩 白昼杜鵑(佐藤春夫)……………… 5
リツ子・その愛……………………………… 9
リツ子・その死…………………………… 179
*解題(石川弘)………………………… 338
 

第3巻 1991.11.20
 
真説 石川五右衛門………………………… 7
新カグヤ姫………………………………… 285
天鼓………………………………………… 305
降ってきたドン・キホーテ……………… 335
光る道……………………………………… 353
*解題(石川弘)………………………… 367
 

第4巻 1991.12.20
 
照る陽の庭…………………………………… 7
落日……………………………………………43
元帥……………………………………………63
淋しい人…………………………………… 101
燃える草舟………………………………… 115
ペンギン記………………………………… 129
黒い糸……………………………………… 175
巷のイエス・キリスト…………………… 185
街を焦がす野火…………………………… 209
海の光……………………………………… 237
*解題(石川弘)………………………… 360
 

第5巻 1992.5.20
 
夕日と拳銃…………………………………… 5
*解題(石川弘)………………………… 386
 

第6巻 1992.6.20
 
火宅の人……………………………………… 5
*解題(石川弘)………………………… 459
 

第7巻 1992.8.5
 
小説 太宰治………………………………… 7
小説 坂口安吾…………………………… 117
小説 林芙美子…………………………… 151
敗北者……………………………………… 167
長恨歌……………………………………… 191
熱風………………………………………… 219
小人閑居…………………………………… 231
ザボンの家………………………………… 245
梨花………………………………………… 257
死んでも喇叭……………………………… 271
幼年………………………………………… 297
帰去来……………………………………… 307
母…………………………………………… 315
私の家に来た天女………………………… 327
*解題(石川弘)………………………… 346
 

第8巻 1992.9.14
 
全詩
虚空象嵌……………………………………11
烟のなかに………………………………11
望夢………………………………………12
雲霧の宴………………………………12
悪夢……………………………………12
虚空象嵌………………………………13
望夢……………………………………13
無題……………………………………13
烟のなかに……………………………14
掬花………………………………………14
恋歌……………………………………14
おなじく………………………………15
おなじく………………………………15
おなじく………………………………15
おなじく………………………………15
春日悲歌(ハルノヒウラミナガクウタアワレ)……16
いくさの友がうつしくれし写真にそへ佐藤春夫先生に贈る歌……16
優曇華…………………………………17
黴の唄…………………………………18
かはづの唄……………………………18
悲歌……………………………………18
掬花……………………………………19
夕べに狂ふしれうたひとつ…………19
無音歌……………………………………19
無音歌…………………………………19
讃歌……………………………………20
曽可と呂鈍の話…………………………21
曽可と呂鈍の話………………………21
距離……………………………………23
詩譜……………………………………24
夏草……………………………………26
闇夜には………………………………27
檀一雄詩集…………………………………30
誰も知らぬ………………………………30
月地抄…………………………………30
渤海戯唱………………………………31
挽歌……………………………………31
おなじく………………………………31
風信 並に序…………………………32
僻土残歌………………………………32
岳陽秋月………………………………32
誰も知らぬ……………………………33
わが鎮魂歌………………………………33
惜別……………………………………33
鎮魂歌…………………………………34
わが為に薦むる鎮魂歌………………35
観樹径行………………………………35
屋久島哀傷……………………………36
浮んだ魂………………………………38
ものうい獄舎……………………………39
ものうい獄舎…………………………39
恩寵……………………………………40
凍えた誘惑者の歌う…………………41
悲歌……………………………………44
ちぎれた月のする 歌………………45
離愁……………………………………49
花の下……………………………………50
音信……………………………………50
波(ポルト・ド・バァカス)………51
落下……………………………………51
花の下…………………………………52
無音歌…………………………………55
唐詩六篇
杜甫五篇…………………………………55
菊花の節崔氏山荘にて………………55
水のほとり……………………………56
旅………………………………………57
春に帰る………………………………58
秋の浦浪………………………………58
柳宗元一篇………………………………59
江雪……………………………………59
拾遺詩篇
初期詩篇…………………………………60
青春……………………………………60
日廻りの恋……………………………60
ランデヴー……………………………61
晴色……………………………………61
鮮かな風景……………………………61
初夏……………………………………62
恋………………………………………62
秋………………………………………63
さみだれ挽歌……………………………63
さみだれ挽歌…………………………63
祝ぎ歌…………………………………64
老残四月の歌…………………………64
無題……………………………………65
大西洋孤独哥…………………………66
雨ぞ零らん……………………………66
墓碑銘……………………………………66
無題 吹雪の道………………………66
無題 愛の透き間……………………67
無題 冬の瓦…………………………67
無題 魔笛……………………………67
太郎のあんよが冷い リツ子・その死
………………………………………68
無題 小説太宰治……………………68
残欠 小説太宰治……………………68
残欠 小説太宰治……………………69
墓碑銘 火宅の人・風の奈落………69
エッセイ
I
詩人と死…………………………………77
一人で金槌をもってする………………83
だれのために書くか……………………91
わたしは発言する………………………94
私は文壇をこう見る……………………98
作家精神のありよう………………… 104
回想と詩人…………………………… 105
暗い時期……………………………… 108
文芸奉還説…………………………… 110
文士十年説…………………………… 111
現代さま……………………………… 114
日本人と信仰………………………… 117
日本の日……………………………… 118
文学的断想…………………………… 119
詩人の死の周辺…………………… 119
マスコミの興隆…………………… 122
ロシア人の台所…………………… 124
文学裁判…………………………… 126
実力行使…………………………… 128
旅の行衛…………………………… 130
わたしの洗脳………………………… 132
世界…………………………………… 140
白日の嗚咽…………………………… 145
「ポリタイア」発刊覚書…………… 147
不思議なデビュー…………………… 149
風土と揺れる心情と………………… 151
私が産む草木虫魚…………………… 155
文飾の咎……………………………… 156
我が証言……………………………… 158
II
佐藤春夫の憂鬱……………………… 161
顔・佐藤春夫………………………… 165
さかんなる詩魂―佐藤春夫先生…… 167
わが師佐藤春夫……………………… 168
教訓―火野葦平……………………… 174
亀井勝一郎氏の美的情緒…………… 175
木山氏をいたむ……………………… 177
音問―梅崎春生……………………… 178
保田与重郎と五味康祐……………… 181
坂口安吾と尾崎士郎………………… 185
尾崎一雄氏と私……………………… 189
三島由紀夫…………………………… 191
酔顔に天地を映して―草野心平氏の酒…… 193
滝沢修氏の荒行……………………… 194
サムとアントニオ…………………… 195
棟方志功の世界……………………… 198
III
万葉びとの声―「万葉集」………… 205
「平家物語」の見事さ……………… 208
保田与重郎「芭蕉」………………… 209
太宰治の人と作品…………………… 215
坂口安吾「白痴」について………… 221
永井龍男氏の近業について………… 223
石川淳氏の季節―短篇集「鳴神」… 226
奇々怪々な食幻譚―開高健「新しい天体」…… 227
「地下の島」について……………… 229
フォークナー寸感―「八月の光」… 232
ニーチェ「この人を見よ」………… 234
座右の書「ベートーヴェンの生涯」
……………………………………… 236
IV
じじばばの花………………………… 243
コウモリ(凧)とホンゲンギョ(焚火)…… 248
“沖ノ端”の声……………………… 251
白秋の庭……………………………… 252
少年の日のけだるい孤独…………… 255
夢去りぬ……………………………… 256
久留米絣……………………………… 261
氷山…………………………………… 263
息子と共に…………………………… 264
わが顛落……………………………… 266
五十歳の弁…………………………… 267
わが半生の元日……………………… 269
悠悠たるかな………………………… 272
わたしの散歩道……………………… 274
ヤモリの影絵………………………… 274
住み,そして去る鳥と獣 …………… 277
教育について………………………… 279
家出のすすめ………………………… 280
無限の自由と悲しみを手に―成人の日によせて…… 284
猿飛佐助と次郎……………………… 286
子守歌………………………………… 287
娘達への手紙………………………… 289
娘と私………………………………… 292
V
敗戦の唄……………………………… 295
梵鐘の鳴る丘陵……………………… 302
島ぐらし……………………………… 306
グリークの町………………………… 307
アメリカの裏通り…………………… 309
ニューヨークの孤独………………… 314
露とロースト・ビーフ……………… 325
パリーの鯖…………………………… 331
ローマの観光客……………………… 337
スペインの蟹の足…………………… 343
パルテノンの女……………………… 348
海の泡………………………………… 352
来る日 去る日……………………… 353
*解題(石川弘)………………………… 376
 

別巻 研究篇 1992.11.13
 
I
檀君の近業について(太宰治)…………11
檀一雄の悲哀(三島由紀夫)……………12
二十二歳の檀一雄(古谷綱武)…………15
檀さんの修羅の母胎(真鍋呉夫)………21
檀一雄論(河上徹太郎)…………………30
檀一雄(磯田光一)………………………38
檀一雄―その浪漫的放浪(抄)(花田清輝)……49
“神仙”の孤独―檀一雄小論(入江隆則)……53
檀一雄論―「火宅の人」を中心に(星加輝光)……62
漂泊の詩人檀一雄(中谷孝雄)…………90
誄檀一雄君(保田与重郎)………………94
II
「檀一雄集」解説(浅見淵)……………99
檀一雄―人と文学(瀬沼茂樹)……… 114
評伝的解説<檀一雄>(森川達也)… 121
「母の手」(村松剛)………………… 127
檀一雄の「愛と死」について(北川晃二)…… 128
太古の風景―<リツ子・その愛><リツ子・その死>をめぐって(立原正秋)…… 133
延寿城消息―檀一雄に与う(佐藤春夫)…… 138
「真説 石川五右衛門」解題(奥野健男)…… 144
ペンギン記(武田泰淳)……………… 148
「夕日と拳銃」について(栗田勇)… 150
「檀流クッキング」解説(荻昌弘)… 152
「来る日 去る日」(白井明)……… 157
道化と再生への想像力(大江健三郎)…… 165
花と孤愁―「火宅の人」を読む(森敦)…… 182
ひとすじの光―「火宅の人」を読む(水上勉)…… 193
III
檀一雄追悼(林富士馬)……………… 201
少年時代の兄(瀬尾三保)…………… 203
同居時代(尾崎一雄)………………… 205
若き日の面影(平林英子)…………… 207
ひとと歌(高橋幸雄)………………… 209
檀一雄大連に来る(坪井与)………… 210
サッフォ頌歌(長尾忍)……………… 212
檀さんの思い出(関合正明)………… 213
背信の記(緑川貢)…………………… 214
檀氏追悼―昭和二十年から二十一年頃のことなど(与田準一)…… 216
磯の小貝(庄野潤三)………………… 219
檀一雄の死(島尾敏雄)……………… 222
檀さんのこと(伊藤桂一)…………… 225
熊本市での一夜(高木護)…………… 228
五月の風の如くに(小島信夫)……… 231
「火宅」の人(菅原国隆)…………… 233
檀さんと私(辻久子)………………… 235
眼鏡屋へ(吉行淳之介)……………… 237
何事も“人柄”(野原一夫)………… 238
夏は終った(菅沼久美)……………… 239
豪快的詩人(向井潤吉)……………… 242
風貴族(新藤凉子)…………………… 244
一緒にいる娯しさ(久保輝巳)……… 245
檀さんの思い出(桂ゆき)…………… 251
檀一雄氏と聖…氏(横尾忠則)……… 252
白い雲の上(後藤明生)……………… 254
ジブラルタルのことなど(小川国夫)…… 257
火宅の雪(中上健次)………………… 259
或る日々(世耕政隆)………………… 261
断片(谷崎昭男)……………………… 264
殉愛詩人(古木春哉)………………… 265
淋しさの極はみや…(沖山明徳)…… 266
先生と祭り(石川弘)………………… 268
旅の教え(関口弥重吉)……………… 270
ポルトガルの日々(志村孝夫)……… 271
チョコレートの詩(水町三郎)……… 280
九大病院の口述筆記(小島千加子)… 282
空漠の人・檀一雄(草野心平)……… 285
音信(柳井道弘)……………………… 288
檀さん,太郎はいいよ(五味康祐) … 290
檀一雄哀悼(浅野晃)………………… 293
青山葬儀所控室(山口瞳)…………… 294
花たちばな(石川淳)………………… 297
父檀一雄の手(檀ふみ)……………… 299
似たもの父子の詩―檀一雄の思い出(檀太郎)…… 305
終焉日記(檀ヨソ子)………………… 316
資料
檀一雄の福岡高校時代(長野秀樹)… 327
差別の構造と差別意識(土方鉄)…… 340
*出典一覧………………………………… 344
*檀一雄年譜(沖山明徳)……………… 349
*檀一雄主要参考文献(谷崎昭男)…… 366
*解題(真鍋呉夫)……………………… 372
[ 2011/03/02 15:28 ] 檀一雄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。