研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  近松秋江 >  『近松秋江全集』全13巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『近松秋江全集』全13巻

『近松秋江全集』全13巻(八木書店、1992.4~1994.9)



1 小説 I 1992.4.23
 
食後…………………………………………… 3
人影…………………………………………… 8
その一人………………………………………20
報知……………………………………………22
八月の末………………………………………25
お金さん………………………………………37
一人娘…………………………………………48
田舎の友………………………………………55
同級の人………………………………………66
雪の日…………………………………………72
別れたる妻に送る手紙………………………80
主観と事実と印象………………………… 127
骨肉………………………………………… 138
桑原先生…………………………………… 146
途中………………………………………… 150
立食………………………………………… 166
伊年の屏風………………………………… 171
わたり者…………………………………… 186
小猫………………………………………… 194
生家の老母へ―女房より下女の好いのを…… 201
執着(別れたる妻に送る手紙)………… 205
刑余の人々………………………………… 227
遊民………………………………………… 233
見ぬ女の手紙……………………………… 239
疑惑………………………………………… 250
後の見ぬ女の手紙………………………… 298
流れ………………………………………… 304
黒髪………………………………………… 315
仇情………………………………………… 322
津の国屋…………………………………… 339
青草………………………………………… 359
松山より東京へ…………………………… 373
春の宵……………………………………… 381
その後……………………………………… 385
春のゆくゑ………………………………… 399
或る女の手紙……………………………… 409
逝く者……………………………………… 412
男清姫……………………………………… 427
別れた妻…………………………………… 453
*解説・解題………………………………… 1
*「感興」醸成装置としての秋江文学(中島国彦)…… 3
*解題・主な異同(中尾務)……………14
 

2 小説 II 1992.8.24
 
舞鶴心中……………………………………… 3
うつろひ………………………………………40
住吉心中………………………………………52
春の旅…………………………………………60
閨怨……………………………………………74
女…………………………………………… 119
再婚………………………………………… 126
京都へ……………………………………… 138
愛着の名残り……………………………… 148
墓域………………………………………… 173
宵…………………………………………… 185
雪のあと…………………………………… 194
惜春の賦…………………………………… 198
淡雪………………………………………… 216
春の悩み…………………………………… 227
恋を猟する人……………………………… 239
葛城太夫…………………………………… 250
はらから…………………………………… 293
四条河原…………………………………… 303
金魚………………………………………… 313
湖上の友…………………………………… 322
女難………………………………………… 325
未練………………………………………… 347
あだ夢……………………………………… 366
春さき……………………………………… 384
落選………………………………………… 393
入学試験…………………………………… 402
叔父と甥…………………………………… 407
水の流れ…………………………………… 415
五慾煩悩…………………………………… 430
忍ぶ夜……………………………………… 449
添乳物語…………………………………… 462
旅人………………………………………… 469
*解説・解題………………………………… 1
*解説(遠藤英雄)……………………… 3
*解題・主な異同(田沢基久)…………14
 

3 小説 III 1992.10.23
 
秘密…………………………………………… 3
十六夜…………………………………………38
その頃…………………………………………52
逆旅の縁………………………………………62
順礼歌…………………………………………78
源子姫…………………………………………83
死んでいつた人々……………………………89
薄情………………………………………… 101
老婆(「死んだ人々」の続篇)………… 112
老若………………………………………… 125
初しぐれ…………………………………… 136
冬の夜……………………………………… 145
老若続篇…………………………………… 165
小石川の家………………………………… 175
死の幕の彼方……………………………… 185
借家人……………………………………… 198
文豪の遺墨………………………………… 212
わかれ道…………………………………… 224
汚染………………………………………… 234
ゆく雲……………………………………… 248
喧嘩別れ…………………………………… 280
冷熱………………………………………… 299
断雲………………………………………… 310
春の海……………………………………… 404
天国へ……………………………………… 413
山径………………………………………… 425
思ひ別れ…………………………………… 447
いつはり…………………………………… 488
*解説・解題………………………………… 1
*解説(中尾務)………………………… 3
*解題・主な異同(笹瀬王子)………… 8
 

4 小説 IV 1992.12.23
 
黒髪…………………………………………… 3
麻耶山颪………………………………………24
二人の独り者…………………………………35
狂乱………………………………………… 146
霜氷る宵…………………………………… 191
返らぬ日…………………………………… 223
白浪………………………………………… 239
銅の竃……………………………………… 247
嫌はれた女………………………………… 262
栗山物語…………………………………… 281
通夜………………………………………… 288
養子成金…………………………………… 298
旧恋………………………………………… 320
春陰………………………………………… 354
昔し住んだ家……………………………… 361
ダイヤモンド……………………………… 372
私は生きて来た…………………………… 377
冷熱………………………………………… 418
頽廃時代を顧みて………………………… 427
*解説・解題………………………………… 1
*回想の至聖所(紅野謙介)…………… 3
*解題・主な異同(遠藤英雄)
 

5 小説 V 1993.4.23
 
子供…………………………………………… 3
霊魂不滅(Immortality)の賦 ……………12
二十の女………………………………………18
屈辱……………………………………………30
出された女……………………………………54
地上の光………………………………………68
朝霧………………………………………… 141
未亡人……………………………………… 149
旧恋………………………………………… 157
子の愛の為めに…………………………… 171
村火事……………………………………… 221
はげ白粉…………………………………… 231
西瓜ひとつ………………………………… 237
第二の出産………………………………… 251
煤けた人生の風景画……………………… 278
ある夜の出来事…………………………… 285
意気なこと………………………………… 292
銀河を仰いで……………………………… 304
露地に住む者……………………………… 322
S子の家出 ………………………………… 334
奇縁………………………………………… 341
色餓飢……………………………………… 357
破られた夢………………………………… 362
木村のいたづら…………………………… 373
難破の夢…………………………………… 378
老い込み…………………………………… 382
燐を嚥んで死んだ人……………………… 386
生命保険…………………………………… 403
金…………………………………………… 418
農村行……………………………………… 431
座敷と茶の室……………………………… 476
魂祭………………………………………… 478
旧痕………………………………………… 487
ある一つの時代…………………………… 502
誕生日……………………………………… 511
水の流れ…………………………………… 521
*解説・解題………………………………… 1
*曲がり角の秋江(竹盛天雄)………… 3
*解題・主な異同(中尾務)……………14
 

6 小説 VI 1993.6.23
 
無明…………………………………………… 3
めぐりあひ……………………………………26
無残……………………………………………38
戯曲 初夏の夜の悩み………………………46
女は怖いもの…………………………………62
女一人男二人…………………………………71
浮気もの………………………………………80
薄雪の降る夜…………………………………91
児病む―子供に書き遺す一節…………… 101
せゝらぎ…………………………………… 119
漣…………………………………………… 126
久世山情趣………………………………… 138
早春の温泉場……………………………… 146
寂しき生涯………………………………… 155
遺言………………………………………… 160
春と女……………………………………… 177
浅春………………………………………… 184
秋の花……………………………………… 191
父の愛……………………………………… 214
郷信………………………………………… 264
たしかに聞いた雪駄の音………………… 275
手向草……………………………………… 278
春陰………………………………………… 282
最後の失望………………………………… 290
魔神像……………………………………… 309
当世胸算用………………………………… 326
異なもの味なもの………………………… 340
不思議な家………………………………… 348
雨に濡れた百合の花……………………… 352
何処にも恋はあり………………………… 361
痴愚懺悔…………………………………… 368
戯れにあらず……………………………… 377
苦海………………………………………… 392
春の戯れ…………………………………… 418
山雨………………………………………… 436
思ひのこし………………………………… 447
殺されさうな人…………………………… 458
人間哀史…………………………………… 468
母は帰らん………………………………… 479
*解説・解題………………………………… 1
*昭和初年代の秋江評価(田沢基久)… 3
*解題・主な異同(笹瀬王子)…………15
 

7 小説 VII・随筆・紀行・小品 1993.8.23
 
救はれざる者………………………………… 3
金………………………………………………26
悪性……………………………………………50
ある有閑マダム………………………………64
雅癖……………………………………………89
斎藤実盛の如く………………………………95
人間哀史…………………………………… 105
母親………………………………………… 120
春宵………………………………………… 136
姉ひとり…………………………………… 150
心も暗……………………………………… 157
メニエール氏症候群……………………… 167
こんな女もゐる…………………………… 181
時代………………………………………… 196
世間に涙あり……………………………… 207
ある英国海軍軍人からの手紙…………… 222
不心得な女………………………………… 231
随筆・紀行・小品………………………… 245
山寺……………………………………… 246
兄弟の祈り……………………………… 248
鳩………………………………………… 248
浜町……………………………………… 250
青い空、白い雲………………………… 251
旅路……………………………………… 252
愛読の書―日本外史…………………… 258
朝迎へ…………………………………… 260
瀬戸内海………………………………… 261
花七日…………………………………… 265
廃滅の寺々……………………………… 269
散歩……………………………………… 272
舟津屋…………………………………… 274
春寒……………………………………… 276
若い細君………………………………… 277
車窓……………………………………… 278
山吹の咲く頃…………………………… 286
初日の出………………………………… 290
浴泉日記………………………………… 292
裁縫のかへり…………………………… 294
新緑のかげ……………………………… 296
秋の駒ヶ岳……………………………… 298
蘆の湯日誌……………………………… 300
伊賀大和………………………………… 302
箱根山を流す新内……………………… 304
大和路…………………………………… 307
冬の日かげ……………………………… 308
煙霞……………………………………… 310
兎狩……………………………………… 314
高野山から……………………………… 316
山………………………………………… 318
箱根土産………………………………… 321
野峰日記………………………………… 330
高野山…………………………………… 332
吉野路…………………………………… 333
長命寺の夏の月………………………… 343
比叡山から琵琶湖へ…………………… 347
瀬田川…………………………………… 351
湖光島影………………………………… 354
京の夏〈1〉 …………………………… 362
わが仮万の記…………………………… 366
比叡山…………………………………… 374
大和路の春……………………………… 378
春興……………………………………… 383
初雪……………………………………… 389
京都の冬を懐しむ……………………… 391
深川雑興………………………………… 395
畿内の桜………………………………… 397
春の関東平野…………………………… 398
秩父紀行………………………………… 403
京の夏〈2〉 …………………………… 407
日光湯元より…………………………… 409
大文字のともる夜……………………… 412
郊外小景………………………………… 420
郊外より………………………………… 422
新東京情調……………………………… 424
京の春…………………………………… 427
四月の京都―今年の都踊……………… 429
伊勢から京都へ………………………… 432
五月雨の詩趣…………………………… 441
真夏の苦熱と涼味……………………… 445
冬景雑筆………………………………… 447
武蔵野の自然…………………………… 449
梅花の賦………………………………… 451
桜花の賦………………………………… 455
青葉茂れる頃…………………………… 457
蛙の声…………………………………… 459
青山白雲………………………………… 461
菊花の賦………………………………… 463
駿河湾の一夏…………………………… 464
冬の日…………………………………… 469
京都の風物を懐ふ……………………… 471
惜春の賦………………………………… 473
北陸紀行………………………………… 476
房総をめぐりて………………………… 479
日光湯元温泉より……………………… 484
虫の声…………………………………… 486
下田の港………………………………… 488
雨中の天城を越えて…………………… 490
小旅行記………………………………… 491
ふるさとの記…………………………… 492
春雨日記………………………………… 500
関ヶ原あたりの春……………………… 502
*解説・解題
*秋江文学と「随筆」の意味(紅野敏郎)…… 3
*秋江論の問題点(和田謹吾)…………14
*解題(遠藤英雄)………………………18
 

8 歴史小説 1994.4.23
 
大総統の印綬………………………………… 3
頼朝と女性……………………………………12
伊豆の頼朝……………………………………21
英雄涙あり……………………………………34
北条泰時………………………………………48
関ヶ原後日物語………………………………91
その前夜(家康と三成)………………… 106
両雄の機略………………………………… 116
幕末の大奥哀史…………………………… 129
井上準之助………………………………… 141
明恵上人と泰時…………………………… 174
仙石左京の娘……………………………… 189
会津の狂乱………………………………… 198
大姫………………………………………… 243
朧月夜恋の絵姿…………………………… 255
侠妓小柳…………………………………… 270
春日局……………………………………… 273
柳営夜話…………………………………… 281
小栗上野介………………………………… 288
慶応より明治へ…………………………… 299
三国干渉…………………………………… 306
太閤歿後の風雲(関ヶ原の前夜)……… 343
明恵上人と泰時…………………………… 361
水野越前守………………………………… 378
政界回顧―岡崎邦輔翁に訊く…………… 628
福沢諭吉と日本精神……………………… 631
小栗上野介露艦を去らしむ……………… 636
馬琴と武士道……………………………… 639
山岡鉄舟…………………………………… 642
*解説・解題
*解説(中尾務)………………………… 3
*解題(田沢基久)………………………15
 

9 新編文壇無駄話 I 1992.6.23
 
一九〇一年(明治三十四年)……………… 3
鏡花の註文帳を評す……………………… 3
鏡花作通夜物語評………………………… 3
水蔭作『江島道』評……………………… 4
風葉作『黒装束』を評す………………… 4
天外作『恋と恋』を評す………………… 6
『小羊』について………………………… 7
西鶴作『おせん長左』…………………… 7
『無花果』を評す………………………… 8
漫言…………………………………………10
時文雑俎〈1〉 ……………………………12
彼れ悲むべし………………………………12
時文雑俎〈2〉 ……………………………13
上野芸苑記…………………………………13
時文雑俎〈3〉 ……………………………14
露西亜小説の片影…………………………15
一九〇二年(明治三十五年)………………17
村上専精氏僧籍返還………………………17
英雄崇拝を論す……………………………17
はやり唄合評………………………………20
帝国文学記者に誨ふ………………………20
〔無題〕……………………………………20
吾が欲求する人格…………………………21
ツルゲネーフと時代病……………………23
男らしき行為………………………………25
時論…………………………………………27
春潮兄に呈す………………………………31
一九〇四年(明治三十七年)………………32
露西亜の小説と日本の小説………………32
文芸家の覚悟………………………………35
一九〇六年(明治三十九年)………………36
家庭小説の一面材(両性の愛よりも親子の愛)……36
放言録………………………………………39
時評〈1〉 …………………………………39
新アート、フオア、アートス、セーク…40
あこがれ……………………………………41
美術院派の理想画…………………………42
時評〈2〉 …………………………………44
破戒を読む(特に其の材料に就いて)…45
『破戒』を評す……………………………46
『青春』の思想……………………………49
我邦に於ける英文学と大陸文学…………51
スケツチ小話(最近のスチユヂオより)……52
文芸時評……………………………………55
吾が幼時の読書……………………………57
小説に就いて………………………………61
性格と意匠…………………………………62
一九〇七年(明治四十年)…………………67
お吉殺しとエレナ・イワノフナ殺し……67
先づ其の面皮を剥げよ……………………70
無題録〈1〉 ………………………………71
故高山樗牛に対する吾が初恋……………74
無題録〈2〉 ………………………………76
榛名山居の記………………………………79
デカダン式といふこと……………………85
『蒲団』合評………………………………87
文芸雑話〈1〉 ……………………………88
文芸雑話〈2〉 ……………………………90
文芸雑話〈3〉 ……………………………91
文芸雑話〈4〉 ……………………………93
一九〇八年(明治四十一年)………………94
文壇無駄話〈1〉 …………………………94
文壇無駄話〈2〉 …………………………96
文壇無駄話〈3〉 …………………………98
夏目漱石……………………………………99
文壇無駄話〈4〉 ……………………… 101
文壇無駄話〈5〉 ……………………… 102
文壇無駄話〈6〉 ……………………… 103
文壇無駄話〈7〉 ……………………… 105
文壇無駄話〈8〉 ……………………… 106
文壇無駄話〈9〉 ……………………… 107
文壇無駄話〈10〉……………………… 109
文壇無駄話〈11〉……………………… 111
文壇無駄話〈12〉……………………… 112
田山花袋氏……………………………… 113
諸家座談………………………………… 116
文壇無駄話〈13〉……………………… 116
文壇無駄話〈14〉……………………… 117
文壇無駄話〈15〉……………………… 119
文壇無駄話〈16〉……………………… 122
文壇無駄話〈17〉……………………… 124
文壇無駄話〈18〉……………………… 125
文壇無駄話〈19〉……………………… 128
文壇無駄話〈20〉……………………… 129
二葉亭氏には旅行記を求む…………… 131
小杉天外氏……………………………… 132
文壇無駄話〈21〉……………………… 134
文壇無駄話〈22〉……………………… 136
性格の人国木田独歩…………………… 137
恋を得ながらの失恋…………………… 139
文壇無駄話〈23〉……………………… 142
文壇無駄話〈24〉……………………… 144
文壇無駄話〈25〉……………………… 145
小栗風葉氏……………………………… 147
文壇無駄話〈26〉―函根より………… 147
文壇無駄話〈27〉―函根より………… 149
室中偶語〈1〉 ………………………… 150
最近の小説壇…………………………… 152
文壇無駄話〈28〉―函根堂ヶ島より… 153
文壇無駄話〈29〉―函根にて………… 154
文壇無駄話〈30〉―箱根より………… 156
文壇無駄話〈31〉(帝国大学一覧印象記)…… 157
作者の署名……………………………… 159
島崎藤村氏……………………………… 159
私でも文学者になれるでせうか……… 161
室中偶語〈2〉 ………………………… 164
文壇無駄話〈32〉……………………… 165
『生ひ立ちの記』苦心談……………… 167
文話十六片……………………………… 168
文壇無駄話〈33〉……………………… 170
文壇無駄話〈34〉……………………… 172
複雑なる描写…………………………… 174
文壇無駄話〈35〉……………………… 175
文壇無駄話〈36〉……………………… 178
著しき傾向……………………………… 180
文壇無駄話〈37〉(ペンのお話)…… 182
香の物と批評…………………………… 184
思ひ出るまゝ…………………………… 186
文壇無駄話〈38〉……………………… 186
一九〇九年(明治四十二年)…………… 188
四十二年の文芸界に対する要求……… 188
文壇無駄話〈39〉―伊豆山日記……… 189
文壇無駄話〈40〉……………………… 193
熱海梅林………………………………… 197
望む所は長篇小説に在り……………… 197
正宗君について………………………… 198
エツセイスト出てよ…………………… 199
文壇無駄話〈41〉(安火を擁して英雄を詈る)…… 199
文明と翻訳……………………………… 201
文士の見たる政治家…………………… 202
文壇無駄話〈42〉……………………… 205
秋江氏の喜劇事件……………………… 206
発見家か創作家か……………………… 208
文壇無駄話〈43〉……………………… 211
文壇無駄話〈44〉……………………… 213
創作上の疑問一束……………………… 214
作品中の女性…………………………… 216
随感漫録………………………………… 217
文壇無駄話〈45〉―科学批評の理想… 219
文壇無駄話〈46〉……………………… 221
自働車試乗記…………………………… 222
俥とお湯が最上の道楽………………… 224
文壇無駄話〈47〉……………………… 225
文壇無駄話〈48〉……………………… 227
トルストイの技巧……………………… 228
文壇無駄話〈49〉……………………… 231
芸術は人生に対する興味に本づく…… 235
吾等の批評(所謂早稲田派の諸評家に与ふ)…… 236
島村抱月氏の「観照即人生の為也」を是正す(何故に芸術の内容は実人生と一致するか)…… 240
印度洋上にて病歿せる長谷川氏……… 252
文壇無駄話〈50〉……………………… 253
人生批評の三方式に就いての疑ひ(劇、小説、評論)…… 254
ウォルタア・ペータア氏の「文芸復興」の序言と結論(印象批評の根拠)…… 256
芸術は人生の理想化なり(西鶴と近松)…… 263
水野葉舟君の畑さ……………………… 268
文壇無駄話〈51〉……………………… 269
読書漫話………………………………… 270
概括の内容の不明瞭(小説の文体と評論の文体)…… 272
西鶴と近松(前論の補遺)対象に対する演繹的見方と帰納的見方…… 274
批評に就いて…………………………… 278
ありと見ても可、なしと見ても可…… 280
長谷川二葉亭氏………………………… 281
文芸雑感〈1〉 ………………………… 283
山から〈1〉 …………………………… 288
山から〈2〉 …………………………… 289
山から〈3〉 …………………………… 290
湖上の月………………………………… 293
雑談……………………………………… 295
読書漫言〈1〉 ………………………… 298
読書漫言〈2〉 ………………………… 298
読書漫言〈3〉 ………………………… 299
此の頃の新聞雑誌……………………… 299
文壇無駄話〈52〉……………………… 302
文壇無駄話〈53〉(之れも個人の告白?)…… 303
作家と天分……………………………… 305
二三日…………………………………… 307
文壇無駄話〈54〉……………………… 312
『泡鳴論』と『懐疑と告白』………… 314
文壇無駄話〈55〉……………………… 318
文壇無駄話〈56〉……………………… 319
批評小話………………………………… 320
文壇無駄話〈57〉……………………… 321
智識ある批評其他……………………… 322
永井荷風氏……………………………… 324
輓近の批評界…………………………… 325
文芸批評の標準(其他)……………… 325
予の雑誌より受けたる感化…………… 327
気焔……………………………………… 329
文壇無駄話〈58〉……………………… 330
米殻仲買人……………………………… 331
文壇無駄話〈59〉……………………… 333
泡鳴君帰る……………………………… 336
文壇の党派的関係……………………… 337
文壇無駄話〈60〉……………………… 340
「新潮」の記事に就いて……………… 341
矢張り豊年……………………………… 342
文壇無駄話〈61〉―現代主義とジヤアナリズム…… 345
一九一〇年(明治四十三年)…………… 349
此の頃―吾れを忘れて拝跪せしむるものあれよ…… 349
文学者の心の閲歴、経験……………… 352
戸川秋骨君……………………………… 353
幼き日記………………………………… 354
好きな女………………………………… 356
文壇無駄話〈62〉……………………… 357
うき草の悲み…………………………… 359
文壇無駄話〈63〉……………………… 363
「微温」と「藤村集」………………… 365
文壇無駄話〈64〉(凡てが主観的創造)…… 366
暖日……………………………………… 368
『多情多恨』の柳之助………………… 374
文壇無駄話〈65〉……………………… 375
文壇無駄話〈66〉……………………… 377
九雑誌を評す…………………………… 379
「現代の価値」を読む………………… 382
作者の見方と社会……………………… 384
小間物店………………………………… 385
雑感三則………………………………… 389
思つたまゝ〈1〉 ……………………… 390
春の夕ぐれ……………………………… 393
油屋のお神さん―料理屋のお神さん… 395
徳富蘆花氏(自然と人生)…………… 396
思ったまゝ〈2〉(一葉女史の「濁江」及び其他)…… 398
夏目漱石論……………………………… 402
作文経験談……………………………… 403
徳田秋江氏の私信……………………… 404
秋骨氏に………………………………… 404
文壇雑感………………………………… 405
文芸雑感〈2〉 ………………………… 409
島崎藤村論……………………………… 411
文壇無駄話〈67〉……………………… 412
友人をモデルにする場合……………… 415
遠藤清子女史に送る手紙……………… 415
演劇局外観……………………………… 417
田山花袋論……………………………… 418
文壇無駄話〈68〉―予は馬琴たらんことを欲す…… 420
顔の形容………………………………… 423
秋江氏近信……………………………… 429
文芸いろいろ…………………………… 429
私の早稲田に入つた径路と早稲田に対する希望…… 431
文壇無駄話〈69〉―塩原にて………… 433
当今の女流作家―塩原にて…………… 436
女殺油地獄……………………………… 442
大塚楠緒子女史を悼む………………… 445
模倣と体達―塩原にて………………… 446
文壇無駄話〈70〉―無駄話家………… 448
四十三年小説界外観…………………… 451
一九一一年(明治四十四年)…………… 454
寄席はも少しどうにかならぬものか… 454
感情化の筆……………………………… 455
近松の印象―近松を研究せんとする人の手引に…… 457
四十三年評論界概観…………………… 461
文学雑誌一口評………………………… 462
社翁に就ての感想二三………………… 463
真山青果論……………………………… 464
文壇無駄話〈71〉―雨声会を評す…… 465
三人づれ………………………………… 469
文学短評〈1〉 ………………………… 472
作品の中の人生観(人生の出しやう)…… 474
塩原の秋………………………………… 478
文壇無駄話〈72〉……………………… 480
人格美と道徳…………………………… 483
岡山……………………………………… 485
腕白児…………………………………… 486
明治年間最大の文明批評家…………… 489
文学短評〈2〉 ………………………… 492
憧憬の人西行…………………………… 493
文壇無駄話〈73〉……………………… 495
古歌新釈(西行の歌)………………… 497
小説の題………………………………… 500
文学者は何故に尊敬せられざるか…… 501
刺戟を感ずる今日此頃………………… 502
五人集を読む…………………………… 503
月刊雑誌と真の評論家………………… 505
一葉の女―『別れ路』のお京………… 507
小説に描かれた女の印象……………… 508
七月の小説……………………………… 509
文壇無駄話〈74〉……………………… 513
山………………………………………… 515
文芸院の審査…………………………… 518
一口評…………………………………… 519
小説染みた犯罪………………………… 520
哀音……………………………………… 522
舞鶴心中と鴎外氏の『心中』………… 524
文芸時談………………………………… 527
世迷言…………………………………… 530
文芸偶語………………………………… 532
九月の小説……………………………… 533
平面描写の教へは如何なる範囲まで遵奉すべきか(花袋氏の「描写論」と泡鳴氏の「藤村論」)…… 536
一生の道連れに一番気の置けない友達…… 541
秋の自然を描いた名文………………… 543
鴎外博士の「百物語」から…………… 544
車窓……………………………………… 547
風葉氏が現在の地位―多数の嫉妬―革命の血祭―力強き将来…… 550
虚子氏に対する雑感…………………… 551
手紙〈1〉 ……………………………… 552
文芸院の仕事…………………………… 554
多情多恨………………………………… 555
手紙〈2〉 ……………………………… 560
歳晩偶語(四十四年度で最も記憶に残つた事)…… 562
*解説・解題………………………………… 1
*秋江批評の原風景(紅野敏郎)……… 3
*解題(田沢基久)………………………13
 

10 新編文壇無駄話 II 1993.2.23
 
一九一二年(明治四十五・大正元年)…… 3
芸術上の単純化とは何ぞや……………… 3
慌たゞしき生活の悲哀…………………… 7
新年の新聞雑誌…………………………… 8
十月の日記より……………………………11
「自叙伝」読む……………………………16
書斎偶語……………………………………18
文壇無駄話〈1〉 …………………………20
手紙〈1〉 …………………………………23
新文芸に及ぼせる樗牛の影響……………26
高浜虚子氏の『朝鮮』……………………27
新しき人西行………………………………29
過渡期の文学雑誌記者……………………33
独居日記……………………………………36
手紙〈2〉 …………………………………40
王堂氏の哲人主義…………………………42
ホンの無駄話〈1〉 ………………………44
一葉女史の『一葉全集』…………………47
本間久雄君と加納作次郎君とに対つて芸術談を仕掛る書……48
日記 晴雨二日間…………………………53
人物と功業(亡き独歩を偲ぶ)…………55
東京より……………………………………57
文芸坐談……………………………………60
ホンの無駄話〈2〉 ………………………63
演芸漫録……………………………………67
暑中日記……………………………………70
『女殺油地獄』に於ける道徳問題………73
文章随話……………………………………77
文章無駄話…………………………………79
文楽と近松…………………………………83
堺大浜より…………………………………86
一九一三年(大正二年)……………………88
近松座の『天の綱島』(此の鑑賞文を秋田雨雀氏に送る)……88
一月の文楽座…………………………… 102
都を離れての鑑賞……………………… 106
無駄話〈1〉(自然主義派の正系) … 109
パセチック・ユーモアのお俊伝兵衛(「堀川」の作者を思慕す)…… 112
無駄話〈2〉(古い女を推賞す) …… 116
文楽座を東京に移したらどうだらう? 並に東京と大阪の観衆その他…… 122
文壇無駄話〈2〉(島崎藤村氏を見送る)…… 126
文壇無駄話〈3〉(芸術上の新開拓地並にシュニツレールの作法)…… 129
大阪の女(芸者美と素人美)………… 133
無駄話〈3〉 …………………………… 139
無駄話〈4〉 …………………………… 141
能と近代人……………………………… 142
文壇無駄話〈4〉 ……………………… 143
あの女、あの時………………………… 147
文壇無駄話〈5〉 ……………………… 148
「夜の宿」とモンナ・ ンナ………… 152
私の学ふべき物を持つてゐる人々…… 154
一九一四年(大正三年)………………… 158
評論の評論〈1〉 ……………………… 158
新年の小説其他………………………… 160
文芸他山の石…………………………… 165
文壇無駄話〈6〉 ……………………… 168
文壇無駄話〈7〉(婦人小論) ……… 169
嘱望すべきもの唯此の三つ…………… 171
美術劇場のストリンドベルヒ………… 172
評論の評論〈2〉 ……………………… 174
高等遊民の着物は何…………………… 178
夏目漱石氏の『社会と自分』………… 179
四月の小説と脚本……………………… 181
想出の記………………………………… 184
肉体の描かれたる芸術………………… 187
文楽座より(国の老母へ)…………… 192
文壇無駄話〈8〉 ……………………… 195
七月の小説……………………………… 196
お断り…………………………………… 199
喧嘩の売買(山田檳榔といふ仁)…… 199
文芸無駄話……………………………… 201
共鳴ある評論壇の人々………………… 204
文芸時評〈1〉 ………………………… 205
日光々々の秋(松崎天民君に送る)… 208
「光の巷」に就て……………………… 210
上司小剣氏を中心として大正三年の小説界を論ず…… 211
文芸雑感〈1〉 ………………………… 214
文芸偶感〈1〉 ………………………… 217
一九一五年(大正四年)………………… 219
小説壇…………………………………… 219
新年雑感………………………………… 221
尾島菊子さんに………………………… 224
潤一郎小剣二氏の作品………………… 225
無駄ばなし……………………………… 228
舞鶴心中物語…………………………… 230
上司小剣君に…………………………… 232
金さへあれば総べては円満なり……… 234
秋声氏と久雄氏とに…………………… 235
昨日の芸術の都から…………………… 238
との字さままゐる―六月廿二日……… 240
私の自伝的社会観……………………… 242
秋の夜の侘しさと独身者……………… 246
問題は深さに依つて生ず……………… 248
最近の日記……………………………… 250
牛込にて………………………………… 252
生田春月君に呈す……………………… 255
文壇無駄話〈9〉 ……………………… 256
無解決の小説(秋声氏のあらくれ)… 259
そのをりをり〈1〉 …………………… 261
そのをりをり〈2〉 …………………… 263
文壇電話噺(紅葉祭に就て)………… 264
一九一六年(大正五年)………………… 267
有婦姦と廃娼運動(矢島揖子女史の提案を評して且つ希望を述ぶ)…… 267
小説の本系と傍系……………………… 271
骨董と植木(滝田君と小川君)……… 275
「箕輪心中」を読む…………………… 277
文芸雑談―秋声―幹彦―綺堂―御風… 279
無駄話〈5〉 …………………………… 282
秋声氏の作風(最近の長篇作「奔流」其他の研究)…… 283
苦茗を啜つて文章を談ず……………… 287
青葉の蔭より…………………………… 289
文壇現状論……………………………… 292
日光より………………………………… 293
本郷座の九月狂言―あんまり勝手な真似を為れ度くない…… 296
遊蕩文学論者を笑ふ…………………… 297
電車の中………………………………… 301
夜歩る記………………………………… 303
文芸雑感〈2〉 ………………………… 304
近松とトルストイ……………………… 306
一九一七年(大正六年)………………… 308
苦労人で我儘な―徳田秋声氏………… 308
氏の人生観……………………………… 309
創作の一年間…………………………… 310
夏目漱石氏と高山樗牛氏……………… 313
年頭無駄話―通俗小説とは何か?…… 314
トルストイ伯を歓迎す………………… 316
トルストイの官能上の着眼点………… 318
幹彦君…………………………………… 322
雑感……………………………………… 325
何故死んだか―伯爵若夫人の情死問題其の他…… 326
余りむづかしく無く…………………… 329
入院日誌………………………………… 329
上司君…………………………………… 330
H夫人に与へて文学に表はされたる情死を語る書…… 332
人見知りをする女……………………… 335
中国より…無駄話を…………………… 337
夜汽車…………………………………… 339
肉体の描写……………………………… 341
爽やかで軽快な言葉…………………… 345
文芸茶話………………………………… 346
文壇無駄話〈10〉……………………… 348
四文豪の思ひ出………………………… 351
運命の不慮……………………………… 355
外国文学の影響幾何ぞ………………… 358
秋声氏の文章…………………………… 360
愛誦する文章…………………………… 362
文芸時事〈1〉 ………………………… 363
先輩の作風と其感化…………………… 366
新郎新婦へ与ふる書…………………… 368
俳句の味ひ―(俳諧七部集より)…… 371
大正文壇の畿内奉行…………………… 376
文芸時事〈2〉 ………………………… 377
どこかまだ物足りなさの残つてゐる批評家…… 380
秋声氏と芭蕉と………………………… 382
一九一八年(大正七年)………………… 384
ソフアに倚りて―原稿料問題………… 384
才分の豊かなる人……………………… 386
「第二の母」と「和解」……………… 387
文芸時評〈2〉 ………………………… 388
一枚四十銭の翻訳……………………… 390
文芸時事〈3〉(お産の描写) ……… 391
文芸時事〈4〉 ………………………… 393
文芸時事〈5〉(新歴史小説の疑ひその他)…… 395
空想の世界……………………………… 399
『早稲田文学』創刊前後の思ひ出…… 400
奈良より―五月十一日………………… 404
秋声先生へ……………………………… 407
酒席に於ける吉井氏…………………… 409
ロマンテック小説を排す―「秘めたる恋」の作者へ…… 411
文芸偶感〈2〉 ………………………… 413
近代文学の現実的基礎―附けて、文学の比較研究法の必要…… 416
無類の善人長江夫子…………………… 420
新潮記者に与ふ………………………… 422
ホンの偶語……………………………… 423
文壇無駄話〈11〉……………………… 425
島村抱月氏を悼む……………………… 426
「早稲田文学」再興時代……………… 428
「秘密」について……………………… 431
気が弱く存外臆病……………………… 432
田園雑興………………………………… 433
一九一九年(大正八年)………………… 435
汽車の中………………………………… 435
近事偶感〈1〉 ………………………… 437
病的の黴菌恐怖家……………………… 439
八つあたり……………………………… 441
天下泰平の文学………………………… 443
人と国…………………………………… 445
真個に蒲焼見たよう…………………… 448
芸術の独立……………………………… 450
五十二歳の花婿田中王堂氏を論ずる書…… 452
予を論じた宇野君の人物論…………… 456
近事偶感〈2〉 ………………………… 459
一九二〇年(大正九年)………………… 461
長屋の女………………………………… 461
正月文壇評……………………………… 463
京都より………………………………… 467
某青年作家に寄す……………………… 468
文学者の観たる普選運動並に解散…… 470
随看随録………………………………… 474
川辺氏にお答へす―普選尚早論に就て…… 477
新進文壇を嘲ける……………………… 478
京都駅で秋声氏と語る………………… 483
新緑の頃の悲み………………………… 486
よい死期かも知れぬ…………………… 490
今夜の御挨拶―今夕「鴻の巣」で申上げる前に一寸これ丈…… 490
通俗小説是解脱境―危げのない通俗作家は誰々か…… 491
私の事…………………………………… 493
函嶺浴泉記……………………………… 493
函嶺より………………………………… 496
花袋、秋声二氏誕生五十年祝賀……… 497
箱根から………………………………… 500
似而非現実主義に囚はれたる現文壇… 503
*解説・解題………………………………… 1
*解説(笹瀬王子)……………………… 3
*解題(遠藤英雄)………………………14
 

11 新編文壇無駄話 III 1993.10.23
 
一九二一年(大正十年)…………………… 3
人及び芸術家としての徳田秋声氏……… 3
玉の杯なしとでも申しませうか………… 8
今年は何を書くか―「アンナ・カレニナ」のやうなもの…… 9
教育時事―昇格問題・女子高等教育……10
日本婦人讃美論……………………………12
森ヶ崎より…………………………………18
女子の為めに……―敢へて苦言を呈す…21
観劇雑感……………………………………23
久し振りの京より(秋声氏へ)…………26
未だ心ぼそい程度に在り…………………28
夏日の休息場所―文化生活は先づ此辺から……30
『坂崎出羽守』を評す……………………33
安田善次郎の死……………………………36
不安と迷妄…………………………………38
近事偶感……………………………………38
京の女………………………………………41
三の俊寛……………………………………49
『軍縮会議』一考察………………………49
知られざるを怨まず………………………50
歴史趣味と哲学……………………………51
精進の人少なき時目につく潤一郎、春夫君―小説商売の産業化……53
一九二二年(大正十一年)…………………55
近松が背景を成せる時代姿………………55
冬の京都より………………………………57
日に暖かく…………………………………60
古い舞踊新しい舞踊………………………63
「狂乱」楽屋話……………………………66
本郷座の『冥途の飛脚』…………………68
好いお道楽―有島武郎氏の財産放棄に就いて……70
牛門の二秀才………………………………75
古画新画……………………………………78
吉野山その他………………………………81
近頃雑感……………………………………83
上品な女と羽織……………………………86
近松劇の生命………………………………89
二つの会合…………………………………90
新富座の近松記念興行―錦絵で見る古名優の面影……92
竹内秀才の心事を悲む(間貴一、源頼朝、自分の経験)……95
山茶花の蔭より………………………… 100
年の暮れ文士貧富論…………………… 103
続々歌舞伎年代記……………………… 106
一九二三年(大正十二年)……………… 108
予の労農主義…………………………… 108
演劇はお能と異る……………………… 111
文士共同墓地(有志の諸兄に提案す)…… 113
都下の雑誌社…………………………… 114
所謂早稲田派は振はざるか…………… 124
雑巾買ひに三越・白木へ……………… 126
高野山の御廟…………………………… 129
批評の添削……………………………… 132
批評の批評……………………………… 135
青桐の葉蔭……………………………… 138
三叉氏と蘇峰学人……………………… 139
新聞と文芸……………………………… 142
有島武郎の死(弱気の人)…………… 144
有島氏の犬死…………………………… 145
藤森君にお答す………………………… 147
蚊やりの煙……………………………… 148
豊竹呂昇論……………………………… 150
漢字不可廃論…………………………… 151
意思の文学を主張す…………………… 153
天災に非ず天譴と思へ………………… 157
百舌の啼く声…………………………… 159
国民的災厄……………………………… 160
涙の溢れる東京………………………… 163
芸者廃止論……………………………… 164
地震文学………………………………… 166
関西落ちを嗤ふ………………………… 167
文学と政治……………………………… 168
今年の文壇回顧………………………… 173
新年号から―毛礼論其他……………… 175
一九二四年(大正十三年)……………… 177
闊達で愉快な感じ……………………… 177
空想の楽み……………………………… 179
新聞の評判の一………………………… 182
百合子の誕生(日記)………………… 184
人間の要求として文学に還れ………… 187
雨声会の御主人公……………………… 188
藤村新逓相に一言す…………………… 191
点火者は誰ぞ…………………………… 194
吾人は現実にのみ満足する能はず…… 198
婦人服装の洋化………………………… 199
寄席道楽の趣味から…………………… 200
蘇峰と雪嶺/国民新聞と日本人……… 202
諸家の脚本を読む……………………… 203
越路太夫の死を惜む…………………… 205
武者小路氏の下駄と帽子……………… 207
愛人と愛児を奪はれし頼朝…………… 209
中村氏の本格小説に賛否の箇条……… 210
自分の処女作及び其時代の回想……… 214
時代の表象自動車の横行……………… 215
近事片々………………………………… 216
広津和郎氏へ…………………………… 218
聯立内閣の役わり……………………… 219
文学教育の欠陥………………………… 222
多摩川遊記……………………………… 225
一寸先は暗の世………………………… 225
演劇小観………………………………… 227
作家としての感想……………………… 229
衣食住その他…………………………… 231
私は生きて来た………………………… 233
僕の政治趣味…………………………… 238
夏の夜の話……………………………… 240
自然に対する失恋……………………… 242
立秋……………………………………… 246
大震災一周年の回顧…………………… 247
失はれた書……………………………… 253
新秋の香山より………………………… 256
近松の濡れ場と殺し場………………… 258
新潮社派の文士………………………… 260
東京化せる女…………………………… 264
文士の土地熱…………………………… 265
土地所有論断片………………………… 268
正宗白鳥氏のこと……………………… 270
偶感…洋服経済論……………………… 272
文壇一年 練達した筆 賢い省略法―宇野君の「子を貸し屋」…… 274
文士と土地の事………………………… 275
一九二五年(大正十四年)……………… 275
四十八歳にして初めて父となりて(遺言状に代へて)…… 275
小山内薫君……………………………… 281
年齢考…………………………………… 282
ほし大根………………………………… 284
竹越さん………………………………… 285
干柿……………………………………… 288
交友録…………………………………… 289
一月の帝劇……………………………… 292
藤森淳三氏に与ふ……………………… 294
再び藤森淳三先生に与ふ……………… 295
頻繁なる停電…………………………… 295
人生五十………………………………… 297
長谷川二葉亭さん……………………… 299
春の随筆―新橋演舞場その他………… 302
閑話……………………………………… 305
現代小説全集…………………………… 314
時事新報の文芸欄について…………… 316
簡易生活とは何ぞ……………………… 318
坪内博士の史劇【並に歌舞伎座の建築】…… 321
冷たい飲みものと食ひもの…………… 322
汽車の展望台から……………………… 324
放送機の前に立ちて…………………… 326
真剣味の不足…………………………… 328
奮起せよ早稲田派の文士……………… 330
ジャナリズムの二大功労者…………… 332
草を刈る人……………………………… 335
わが家の秋……………………………… 338
普選と農村青年………………………… 339
臥褥偶感………………………………… 340
本誌入社当時の滝田君………………… 342
最近のこと二三………………………… 344
一九二六年(大正十五年・昭和元年)… 346
故人今人文士の墨蹟…………………… 346
文壇に於ける早稲田の地位…………… 348
新年号所感……………………………… 350
危険々々………………………………… 351
女に新旧なし…………………………… 353
いろんな事……………………………… 355
一月と二月の歌舞伎座………………… 356
妻君所感………………………………… 358
江戸女と上方芝居……………………… 361
僕の客観小説について広津和郎君に与ふ…… 362
個人雑誌の叢生………………………… 365
熱海から〈1〉―豆相の風景 ………… 367
三月四日の夜…………………………… 369
高山樗牛を懐ふ………………………… 371
熱海から〈2〉 ………………………… 374
批評数束(荷風、白鳥、青果、薫、草平氏等々)…… 375
本来の願ひ……………………………… 377
歴史と小説……………………………… 380
二三のこと―広津、宇野、秋声、久米等のいつたこと…… 381
歴史の趣味から………………………… 382
吾が社会批評(米価、地価、電灯会社の独占)…… 384
『別れた妻』を出した頃の文壇……… 386
僕の戯曲………………………………… 389
この頃の雑誌や戯曲…………………… 390
演劇雑感〈1〉 ………………………… 393
映画に就いて…………………………… 394
食べ飽きた仇討ち芝居その他………… 395
地方の父兄に与ふるの書……………… 397
貧富懸隔の甚だしい早稲田の文士…… 398
熱海雑信………………………………… 399
文学的才能 前田君の筆は人身攻撃… 402
芸術上のこと借銭のこと(附けたり前田晁氏のこと)…… 403
批評の本質……………………………… 407
『中央公論』…………………………… 412
秋宵読書………………………………… 414
演劇・戯曲……………………………… 416
当代政治家風俗―服装より窺いたる大臣政治家を評す…… 418
無駄話…………………………………… 421
私の事に関する論争その他…………… 424
十二月といふ月………………………… 427
投書……………………………………… 429
一九二七年(昭和二年)………………… 429
現在批評常識の硬化を打破せよ……… 429
文士の生活の変還……………………… 431
抗議……………………………………… 434
今の文壇と若槻内閣…………………… 435
文壇棚ざらへ〈1〉 …………………… 437
私の評論について……………………… 441
幼時を追憶して霊魂の不滅を知る…… 441
馬琴鑑賞………………………………… 444
文壇棚ざらへ〈2〉(主客問答) …… 453
大正時代の文学―自分を中心とした大正十五年間の回顧…… 456
文壇棚ざらへ〈3〉 …………………… 461
食味……………………………………… 462
昭和二年三月十日の日記……………… 465
名士訪問………………………………… 465
芸術家と文章―新人及近頃の文章に就いて…… 467
特別当座預金帳………………………… 467
車中所見―銀行総裁…………………… 470
百合子と道子…………………………… 473
文壇棚ざらへ〈4〉 …………………… 474
政治経済上より見たる現今の文学…… 476
「別れた妻」を書いた時代の文学的背景…… 478
文学の功利主義を論じてわが馬琴に及ぶ…… 482
帝国ホテルの「新潮」座談会………… 488
白鳥の秋声論…………………………… 489
飯にした女難…………………………… 492
家を四五軒……………………………… 496
芸術と実際生活の問題―情痴生活から見た藤村、秋声、花袋…… 497
鎖夏漫言………………………………… 504
芥川龍之介氏を悼む…………………… 505
徳冨蘆花先生…………………………… 507
文芸時評………………………………… 511
読書と現実……………………………… 513
徳冨蘆花氏の風格……………………… 515
秋景情趣………………………………… 517
文壇不振の一因―生活と作品の芸術的価値の関係…… 520
秋窓雑筆………………………………… 521
日記……………………………………… 523
秋深し…………………………………… 525
晩秋雑筆(谷崎、芥川両氏の論点を評す)…… 526
歳除の感―零落の賦…………………… 528
演劇雑感〈2〉 ………………………… 532
高山樗牛氏の風格……………………… 534
幽寂境…………………………………… 535
*解説・解題………………………………… 1
*拾遺二篇(田沢基久)………………… 3
*解題(笹瀬王子)………………………15
 

12 新編文壇無駄話 IV・アンケート 1994.6.23
 
一九二八年(昭和三年)…………………… 3
常緑のゆづり葉の色を愛す……………… 3
老境楽……………………………………… 4
近松秋江論………………………………… 7
石が流れて木ッ葉の沈む文壇の現状を慨す……12
短篇と長篇―通俗と芸術等の問題………15
普選模様半円本流行………………………17
女……………………………………………20
文芸批評……………………………………21
わが小説道…………………………………24
政治と文学…………………………………25
何にもいふことがない……………………27
閑文字………………………………………30
朝野二大政党の愚争………………………32
評論雑筆……………………………………34
文芸時評〈1〉 ……………………………37
八月下旬の日誌……………………………43
広津柳浪氏について………………………45
林・平林両氏のいふこと…………………47
故名家の書翰に就て………………………49
文壇早稲田派の思ひ出……………………52
この頃読んでゐる物………………………70
一九二九年(昭和四年)……………………71
通俗小説に物足りないもの………………71
正宗白鳥論…………………………………77
秋声氏の『闇の花』について……………85
徳富蘇峰氏の国民新聞退社を惜む………86
小説・評論・雑誌…………………………90
「新潮」思ひ出で…………………………93
評論の評論〈1〉 …………………………95
東京新景………………………………… 100
私の小説………………………………… 108
文士の晩年・死・葬…………………… 109
一九三〇年(昭和五年)………………… 112
文筆懺悔・ざんげの生活……………… 112
文学に対する懐疑と理想―人間の魂の問題…… 114
プロ文学私見…………………………… 120
芸術尊重論/評伝に価する文学を待つ…… 121
文学に於ける自由主義………………… 123
文学評論三四…………………………… 127
文壇を語る……………………………… 129
女流作家批判…………………………… 134
一九三〇年の文壇を送る……………… 139
一九三一年(昭和六年)………………… 141
殺人流血物の出版……………………… 141
江戸の落首文学………………………… 143
最近文学論……………………………… 146
一九三二年(昭和七年)………………… 150
五十を越して…………………………… 150
大人の読む文学を要求す―「既成作家」の立場から…… 153
大衆文学論……………………………… 155
文芸時事………………………………… 162
文士よ何処へ行く……………………… 168
三上於菟吉……………………………… 171
対支外交と経済国難…………………… 172
議論より実行―社会派小説の為に…… 174
近頃罵憤録……………………………… 176
芸術の精霊不朽………………………… 182
安価なるファッショ文学……………… 183
有島武郎が生きて居たら……………… 188
一九三三年(昭和八年)………………… 191
明治文壇無駄話………………………… 191
夏の中禅寺湖…………………………… 202
永井・谷崎・佐藤氏の芸術…………… 205
文壇、時の問題………………………… 209
一九三四年(昭和九年)………………… 212
寒苦行…………………………………… 212
ジャーナリズムの一観測……………… 214
文学と金銭……………………………… 222
大衆作家としての直木………………… 224
青年と愛郷思想………………………… 229
芸談漫語………………………………… 232
銀座街の四老人………………………… 236
福沢先生の文章………………………… 239
銀座で会ふ人々………………………… 243
文芸時評〈2〉 ………………………… 246
一九三五年(昭和十年)………………… 253
年頭雑感………………………………… 253
貧乏愚痴物語…………………………… 254
文芸漫談………………………………… 260
秋声氏父子の芸術……………………… 264
私小説の興味…………………………… 267
文芸色色放談…………………………… 271
坪内逍遙博士の事ども………………… 274
朗読会の時分…………………………… 279
恋愛文学―何が代表的なものか……… 281
文学は愚痴のもの……………………… 283
評論の評論〈2〉 ……………………… 287
日記の一節……………………………… 291
久米・正宗・杉山君等の話…………… 294
「斎藤実盛の如く」の批評に対して… 298
現代評論家の文章……………………… 299
一九三六年(昭和十一年)……………… 304
評論の評論〈3〉 ……………………… 304
近松秋江といふ男……………………… 311
文学と生活経済………………………… 313
私の古書架……………………………… 317
文壇時事二三…………………………… 320
津村秀松を諭す………………………… 323
日本と西洋……………………………… 325
文学雑感………………………………… 328
今夏読んだものの中から……………… 331
現代三老作家…………………………… 332
文芸懇話会賞…………………………… 335
一九三七年(昭和十二年)……………… 338
絵画漫想………………………………… 338
文芸無駄話……………………………… 340
近頃文壇無駄話………………………… 343
年寄の小説を…………………………… 345
思ひ出―初めて「罪と罰」を読んだ頃…… 347
純文学の話―私小説が何故悪い?…… 349
日露役当時……………………………… 350
一九三八年(昭和十三年)……………… 353
日本史への開眼―上院議員のT氏 …… 353
目と耳など……………………………… 354
一九三九年(昭和十四年)……………… 357
生ける屍の言葉………………………… 357
泉鏡花の文学…………………………… 358
一九四〇年(昭和十五年)……………… 361
自然と人生……………………………… 361
文壇の回想……………………………… 363
文学の私………………………………… 371
政治小説についての思ひ出…………… 374
一九四一年(昭和十六年)……………… 377
盲ら蛇…………………………………… 377
文学者の立場〈1〉 …………………… 379
盲目蛇物語……………………………… 381
文学者の立場〈2〉 …………………… 392
余世……………………………………… 393
日本趣味について……………………… 395
五月暗癈人漫語………………………… 397
一九四二年(昭和十七年)……………… 400
理想主義の評論家高山樗牛…………… 400
フイリッピンの独立運動と山田美妙斎その他…… 405
アンケート………………………………… 409
*解説・解題………………………………… 1
*無駄話への執着(紅野敏郎)………… 3
*解題(中尾務)…………………………11
 

13 書簡・初期作品・補遺 1994.9.23
 
書簡…………………………………………… 5
短信………………………………………… 103
日記………………………………………… 116
初期作品・翻訳…………………………… 123
塵塚……………………………………… 125
沈黙……………………………………… 126
寿命……………………………………… 130
雪人形…………………………………… 136
ボロヂノの役(戦争と平和の一節)… 138
生い立の記(一節)…………………… 148
アミイルの日記………………………… 156
*初期作品・翻訳 解題(笹瀬王子)… 160
補遺・参考作品…………………………… 161
山から…………………………………… 163
故郷を離れて…………………………… 168
大和五条………………………………… 171
秀吉と秀頼……………………………… 172
紅雀荘…………………………………… 182
島原……………………………………… 249
梅川忠兵衛 冥途の飛脚……………… 256
徳川時代文学講話……………………… 272
尾崎紅葉の金色夜叉〔抄〕…………… 296
地方の人………………………………… 303
兄弟……………………………………… 309
序跋………………………………………… 325
*自筆年譜………………………………… 344
*年譜………………………………………… 5
*書誌…………………………………………16
*著作年表……………………………………49
*座談会一覧……………………………… 137
*解説
*秋江書簡の魅力(紅野敏郎)………… 1
*収録作品索引…………………………… 1
[ 2011/03/09 14:09 ] 近松秋江 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。