研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  千葉亀雄 >  『千葉亀雄著作集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『千葉亀雄著作集』全5巻

『千葉亀雄著作集』全5巻(ゆまに書房、1991.6~1993.6、小田切秀雄監修)



1 評論 I 1991.12.25
 
日本現代文芸思潮…………………………… 7
「或る心の自叙伝」の作者長谷川如是閑氏……62
賀川・西田・倉田三氏………………………72
有島武郎氏と叛逆心…………………………81
劇作家としての谷崎潤一郎論………………88
菊池寛と里見 ………………………………97
中条百合子論……………………………… 111
作品を通じて見たる芥川龍之介………… 119
明治文学史上に於ける徳富蘆花………… 140
自然主義への革命………………………… 164
文芸に於ける時代意識…………………… 168
新感覚派の誕生…………………………… 189
文芸時評…………………………………… 198
大正十三年の文壇(一)散文芸術と詩…… 198
大正十三年の文壇(二)感覚派の功過…… 201
大正十三年の文壇(三)思想なき芸術…… 203
大正十三年の文壇(四)随筆流行と知識…… 205
大正十三年の文壇(五)戯曲時代いかん…… 207
新感覚論…………………………………… 209
名は所詮一の概念………………………… 216
主観強調の文学を提唱す………………… 221
心境小説を難ず…………………………… 240
心境小説とゴシップ……………………… 246
芸術派とは何ぞや………………………… 251
新興芸術派とは何ぞや(再び)………… 262
芸術と政治………………………………… 270
現代文章の特質…………………………… 274
随筆について……………………………… 286
一葉について……………………………… 290
露伴の理想主義的小説…………………… 292
柳浪氏の作物など………………………… 296
人生哲学の記録者………………………… 299
蘇峰先生について………………………… 302
女性作家のトリオ………………………… 305
司会者の言葉……………………………… 310
人類愛と世界平和を基調とする近代文芸の考察…… 314
北欧文学とハムズン……………………… 355
米国の社会主義小説……………………… 370
人類解放とイバニエス…………………… 384
農民を主題とした近代芸術……………… 399
芸術に現れたる近代都市………………… 430
小説として書かれた第四階級人類史…… 442
「何処へ行く(クオ・ アデイス)」に就て…… 456
「餓ゑ」の印象…………………………… 460
「デカメロン」の芸術的価値…………… 463
「人われを大工と呼ぶ」………………… 467
ピランデルロとデレツダ女史の特異性… 471
「ジエニー・ゲルハート」と「白い牙」…… 474
現代世界文学概観………………………… 478
*解題(岩田光子)……………………… 587
*解説 千葉亀雄について(羽鳥徹哉)
…………………………………………… 597
 

2 評論 II 1992.6.25
 
高級芸術と通俗小説との一線……………… 9
民衆文学の傾向を論ず………………………19
読者のレベル…………………………………26
読み物文芸の価値……………………………31
探偵小説と神秘小説…………………………37
大衆文芸の本質………………………………47
売る側の文学…………………………………74
新聞の続物と挿絵の将来……………………80
大衆文芸と芸術プロパア……………………94
大衆文学の理想と現実………………………99
事実小説の流行…………………………… 116
大衆文芸の現状と将来…………………… 122
新聞小説研究……………………………… 130
ユウモア文学論…………………………… 162
大衆文芸界の展望………………………… 172
滑稽文学か諷刺文学か…………………… 181
大衆文学の新動向………………………… 188
伝記に関する断想………………………… 202
欧米に於ける純文学と大衆文学………… 212
大衆文芸展望……………………………… 228
探偵と恐怖小説…………………………… 235
大乗小説と歴史小説……………………… 239
伝記文学ありとせば……………………… 249
涙香氏の翻訳小説………………………… 253
白井氏と中里氏…………………………… 264
中里介山氏………………………………… 266
涙香随想…………………………………… 267
貧るやうに読んだ作品…………………… 280
「赤穂浪士」読後………………………… 282
創作家大仏次郎君………………………… 285
「赤穂浪士」三巻を評す………………… 291
大衆文学の最高峯「赤穂浪士」………… 294
吉川英治氏の作風………………………… 297
菊池寛氏の「心の日月」を読む………… 299
白髪鬼について…………………………… 301
長谷川君にアクロバツト………………… 304
個性の自由(直木氏を憶ふ)…………… 307
大衆作家としての牧氏…………………… 308
直木と佐々木と…………………………… 316
忘れられた文芸…………………………… 320
真珠と宝剣………………………………… 326
夏と読物的文学…………………………… 329
「読み物」批判…………………………… 336
芸術味ある探偵物を……………………… 339
サンデー毎日大衆文芸懸賞選評………… 342
第二回「応募作品選評」……………… 342
第四回「選後の断想」………………… 343
第五回「選び終へて」………………… 345
第六回「選評」………………………… 348
第七回「選評」………………………… 350
第八回「選評」………………………… 357
第九回「選評」………………………… 359
第十回「選後に」……………………… 360
第十二回「選評」……………………… 362
第十三回「選評」……………………… 365
第十四回「選評」……………………… 368
第十五回「選評」……………………… 372
第十六回「選評」……………………… 376
仇を討たぬ心理…………………………… 379
「研辰の討たれ」の史実………………… 387
西洋のかたき打…………………………… 399
かたき討談義……………………………… 403
三月の本郷座を見て……………………… 412
時代劇と世話物…………………………… 419
民衆の欲求から見て……………………… 426
盲の垣のぞき……………………………… 432
独立した芸術映画………………………… 441
問題映画はどうか………………………… 444
外国芸術の日本に対する感化…………… 448
人力車文化………………………………… 466
近代小説の超自然性……………………… 473
江戸文学,東京文学の一面 ……………… 489
郷土芸術論………………………………… 507
生活と娯楽の関係………………………… 518
風俗詩と俳句……………………………… 523
小説の歴史………………………………… 527
*解題(福田久賀男)…………………… 552
*解説 千葉亀雄と大衆文学(尾崎秀樹)…… 563
 

3 評論 III 1991.6.24
 
近代思想とヂヤーナリズム………………… 7
新聞十六講……………………………………36
文学と新聞…………………………………36
芸術家と新聞記者…………………………48
新聞と人間的興味…………………………57
大記者の資格その他………………………68
婦人記者の謎………………………………77
新聞の政治記事……………………………88
新聞記者憲法………………………………97
新聞と文章道…………………………… 106
新聞の劇評,新刊評 …………………… 114
知識か経験か…………………………… 132
現代新聞の傾向(上)………………… 140
現代新聞の傾向(下)………………… 148
編輯局と綜合編輯……………………… 158
一小説に現はれた新聞………………… 168
新聞小説論……………………………… 177
ラジオと新聞…………………………… 187
現代ジャーナリズム論…………………… 196
新聞製作者の悩み………………………… 215
黒岩涙香に与ふる書……………………… 225
陸羯南先生を憶ふ………………………… 235
如是閑と私………………………………… 238
新聞記者時代―最近の菊池寛氏………… 245
「国民新聞」記者時代の滝田君………… 250
裁断批評家―大宅壮一論………………… 256
現代婦人思潮……………………………… 260
日本女性美の新時代……………………… 338
女性の性的新道徳観……………………… 349
現代の要求する女性……………………… 355
新興階級の婦人に与ふ…………………… 374
彼女等の求めたもの……………………… 382
新しい恋愛と貞操………………………… 396
働く女性の為に…………………………… 405
国家の前途と女性愛……………………… 415
現代女性と内容の充実…………………… 426
女性と職業問題…………………………… 437
女性の政治参加について………………… 441
たゞ叡知のみ婦人を救う………………… 450
婦人参政権問題・貞操問題其の他……… 462
女性の男性化,男性の女性化 …………… 505
恋愛本能の母性本能征服………………… 521
それは唯一,最終のもの―処女尊重の根拠…… 527
恋愛の拡大化と微小化…………………… 532
破婚時代を何と見るか…………………… 545
女性教育と環境…………………………… 553
新聞と婦人問題…………………………… 556
女らしさと云ふこと……………………… 559
理想の婦人………………………………… 562
*解題(福田久賀男)…………………… 565
*解説
*千葉亀雄のジャーナリズム論(香内三郎)…… 574
*フェミニスト千葉亀雄(香内信子)…… 579
 

4 創作 1992.12.10
 
新版日本仇討…………………………………13
婦人の仇討…………………………………15
津田勝子美濃稲葉山の仇討(夫の仇)……15
奈良義成妹伏見の仇討(兄の仇 永禄十二年)……20
戸沢母子奥州碇ケ淵の仇討(夫と父,主の仇 文禄元年)……21
吉村れつの仇討(父の仇)……………26
石井すて大和郡山の仇討(母の仇 天和三年十一月二十八日)……29
尼崎りや江戸浅草の仇討(父の仇 元禄年中)……33
瀬川江戸吉原の仇討(父と夫の仇 享保七年四月二日)……36
伊東はる鎌倉山田原の仇討(父の仇 享保七年八月十一日)……40
姉妹仙台白鳥明神前の仇討(父の仇 享保八年四月朔日)……44
松田さつ殿中の仇討(主の仇 享保九年四月四日)……47
おべん薩摩不川山の仇討(父の仇 明和八年四月十三日)……51
山崎母子深川猿子橋の仇討(夫と父の仇 寛政十年十一月十二日)……56
かつ武州川越の仇討(父の仇 文政三年十月)……60
いゑ常陸南蔵院の仇討(父の仇 文政七年七月十三日)……63
こよ常陸小中村の仇討(父の仇 天保二年三月二十六日)……64
山本りよ江戸護持院原の仇討(父の仇 天保六年七月十三日)……65
登波の仇討(父,義妹の仇 天保十二年三月)……70
たか浅草須賀橋の仇討(兄の仇 嘉永六年十一月二十八日)……77
いの等常陸天下野村の仇討(夫と父の仇 安政三年十一月二十三日)……79
本多の二女小倉の仇討(兄の仇 慶応三年八月二十三日)……84
妻敵討………………………………………86
堀川波の鼓………………………………86
板橋の妻敵討……………………………88
槍権三重帷子……………………………89
四谷西念寺町の妻敵討…………………92
山城八幡の妻敵討………………………93
武州鴻の巣の妻の為の敵討……………95
仇討奇談―討てざりし仇討・討たざりし仇討……97
宇野熊王と楠正儀………………………97
森寺政右衛門の武勇……………………99
徳川秀忠と仇討の話………………… 100
疵侍高倉長右衛門…………………… 102
斎藤弥三郎の仇討届出で…………… 106
蜂須賀長之助兄の仇を助く………… 107
河合権太夫江戸浅草大音寺前の返討…… 107
討たれずに自殺……………………… 108
崇禅寺馬場の返り討………………… 109
深津定八の仇討願…………………… 112
都筑兄弟仇を討たず………………… 112
奥州釘子村の百姓敵を被討に参り候実記…… 113
武市兄弟の仇討願…………………… 118
耶馬渓の恩人僧禅海………………… 121
仇討か喧嘩か………………………… 123
相馬大作檜山騒動の実説…………… 126
仇を討たぬ為追放…………………… 132
仇討でない仇討………………………… 134
有名無実の仇(天下茶屋の仇討―灘島仇討―福井仇討―箱根躄仇討―彦山権現誓助太刀―讃岐丸亀仇討)…… 134
宮本武蔵の仇討は試合である(慶長十七年四月十三日)…… 136
堀部安兵衛の仇討は喧嘩の助太刀(元禄七年二月十一日)…… 140
十木伝蔵は兇漢なり,仇討に非ず(明和元年四月三日)…… 144
見当違ひの仇討(元禄年間)……… 149
江州膳所縄手大番士の変死事件(文化三年四月七日)…… 151
明治大正時代の仇討…………………… 159
仇討禁止の法令……………………… 159
吉井四郎の仇討(父の仇 明治元年九月二十三日)…… 160
直七兄弟房州浜波太村の仇討(父の仇 明治二年四月)…… 160
幸治兄弟陸中人首村の仇討(父の仇 明治二年)…… 162
住谷兄弟神田筋違の仇討(父の仇 明治三年二月二十三日)…… 163
太田平作熊本の仇討(父の仇 明治三年六月)…… 180
本多家臣金沢の仇討(主君の仇 明治四年十一月二十三日)…… 183
村上兄弟高野の仇討(父の仇 明治四年二月二十九日)…… 194
設楽兄弟新潟の仇討(外祖父の仇 明治五年二月十三日)…… 203
萩原兄弟土佐一宮村の仇討(父母の仇 明治六年二月十日)…… 204
川上行義武州粂川の仇討(父の仇 明治十一年十一月)…… 208
臼井六郎三十間堀の仇討(父母と妹の仇 明治十三年十二月二十七日)… 211
成田鉄三郎千葉の仇討(母の仇 明治三十八年)…… 215
本山兼吉筑後味阪村の仇討(父の仇 大正四年五月十九日)…… 218
徳川時代の仇討………………………… 222
浪人姫路の仇討(父の仇 慶長年間)…… 222
戸田八郎右衛門山城日ノ岡の仇討(兄の仇 元和元年五月三日)…… 224
奈良荒池の仇討(父の仇 慶長十年七月十七日)…… 224
安倍四郎五郎与力の仇討(寛永五年八月二十一日)…… 225
黒田四郎兵衛山城日ノ岡の仇討(叔父の仇 寛永六年五月一日)…… 225
染川銀之助大阪玉造の仇討(兄の仇 寛永七年正月十五日)…… 227
渡辺数馬伊賀上野の仇討(弟の仇 寛永十一年冬)…… 230
河路兄弟尾州鳴海山の仇討(父の仇 寛永十一年冬)…… 237
高木善兵衛信濃木曽谷の仇討(兄の仇 寛永十五年三月十五日)…… 239
曽我九之助京都の仇討(祖父祖母の仇 寛永十六年七月十五日)…… 240
多賀兄弟江戸大炊殿橋の仇討(兄と伯父の仇 寛永十八年)…… 241
飯尾兼晴雲州松江の仇討(弟の養父と弟の仇 正保十二年十二月十七日)…… 244
吉見半之丞武州川崎の仇討(兄の仇 承応二年三月十五日)…… 250
平岡名古屋本住寺の仇討(父の仇 承応二年五月五日)…… 252
堀越兄弟江戸小石川水戸屋敷前の仇討(父の仇 承応三年十月)…… 254
柘植兵左衛門江戸誓願寺前の仇討(父の仇 明暦元年)…… 257
原田与右衛門江戸浅草の仇討(兄と叔父の仇討 明暦元年九月二日)…… 259
古沢忠次郎江戸牛込の仇討(父母,兄の仇 寛文四年五月十七日)…… 259
市郎兵衛下野古宿村の仇討(母及び妹の仇 寛文五年九月十日)…… 260
土屋兄弟尾州須賀口の仇討(父の仇 寛文七年十月二十八日)…… 261
向阪平治兵衛伊豆三島の仇討(子の仇)…… 261
小畑五太夫大阪心斎橋通りの仇討(弟と叔父の仇 寛文十年三月十五日)…… 262
松下助三郎摂州芥川の仇討(父の仇 寛文十一年九月九日)…… 263
松井三七大阪の仇討(仇討と又敵)…… 266
三人江戸麹町の仇討(父の仇)…… 268
奥平源八等江戸市ヶ谷浄瑠璃坂の仇討(父の仇 寛文十二年二月二日)… 270
畠山兄弟江州石部の仇討(父の仇 寛文年中)…… 280
小針彦次郎陸奥赤沼の仇討(父の仇 延宝三年五月七日)…… 282
宮受忠太夫富士麓の仇討(兄の仇 延宝四年正月十六日)…… 286
鈴木安兵衛江戸谷中の仇討(弟の仇 延宝四年六月八日)…… 290
松ケ枝久左衛門鎌倉扇ケ谷の仇討(兄の甥の仇 延宝五年二十九日)…… 291
松枝主馬江戸京橋の仇討(父の仇 延宝六年七月十三日)…… 294
山寺十左衛門江戸市ケ谷谷田町の仇討(兄の仇 延宝六年十月十日)…… 296
曽根次郎吉長州下関の仇討(父の仇 延宝八年十月五日)…… 296
近藤源太兵衛但馬村岡の仇討(兄の仇 天和二年五月二日)…… 302
本部兄弟大阪御堂前の仇討(父の仇 貞享四年六月三日)…… 308
五兵衛等出雲仁多郡の仇討(父の仇 元禄六年五月四日)…… 310
肥前深堀武士の仇討(侮辱の怒 元禄十四年)…… 310
石井兄弟伊勢亀山城内の仇討(父の仇 元禄十四年五月九日)…… 311
赤穂四十七士江戸本所の仇討(主君の仇 元禄十五年十二月十五日)…… 316
(附)山鹿素行の報讐論………… 336
布施平太夫の仇討(兄の仇 寛永五年頃)…… 339
小林兄弟桑名城内の仇討(父の仇 享保七年九月九日)…… 340
山崎兄弟武州幡ケ谷の仇討(兄の仇 享保十一年十月)…… 344
(附)虚無僧御定………………… 345
猪瀬伴介江戸青山の仇討(父の仇 享保十二年十月十四日)…… 347
清水新次郎江戸橋場の仇討(友人の仇 享保年中)…… 347
松本新蔵武州黒鍬谷の仇討(主君の仇 延宝四年)…… 353
谷十三郎江戸小菅の仇討(父の仇 元文元年十一月二十五日)…… 360
宮川長春の子狩野某を斫る(父の仇 元文二年頃)…… 365
矢内兄弟江戸築地の仇討(母の仇 元文五年三月七日)…… 366
兄弟長崎の仇討(父母の仇 寛保元年)…… 368
上野長之助の仇討(父の仇 元文五年頃)…… 370
小西太左衛門岡山の仇討(他人の為め 寛保元年六月二日)…… 370
喜三次,伝十郎長崎の仇討(母の仇 寛保元年十二月九日)…… 375
鈴木善六陸奥野手崎の仇討(父の仇 寛保二年五月二十三日)…… 375
雄之助兄弟下総の仇討(父の仇 寛暦三年中)…… 377
山形忠三郎越前の仇討(父の仇 寛暦七年中)…… 380
吉太郎大和吉野山の仇討(兄の仇 宝暦七年三月)…… 382
勝野造酒之丞肥前蓮池の仇討(父の仇 宝暦九年五月十八日)…… 385
辰之助の仇討(父の仇 宝暦十年頃)…… 385
佐々木清十郎陸奥中村原町の仇討(父の仇 宝暦十三年五月二十五日)… 385
茂助つや常陸大足村の仇討(父,夫の仇 明治二年七月二十七日)…… 389
弥藤次兄弟陸奥菊多郡の仇討(父の仇 安永五年三月十八日)…… 392
小沢嘉右衛門陸奥水沢の仇討(養父の仇 安永九年十一月九日)…… 394
富吉江戸牛込の仇討(父の仇 天明三年十月八日)…… 396
与右衛門の仇討(父の仇か 寛政二年頃)…… 399
文蔵嘉吉常州君島村の仇討(叔父と従兄の仇 寛政十年頃)…… 399
徳力貫蔵江戸蔵前の仇討(母の仇 寛政十二年十月九日)…… 400
喝凡加賀の仇討(兄の仇)………… 401
岩井兄弟肥後清閑寺原の仇討(父の仇)…… 404
富五郎武州揚尾宿の仇討(父或は兄の仇 文化元年三月十三日)…… 408
八郎讃岐松ケ端の仇討(父の仇 文化元年十月二十六日)…… 408
服部仁平下総玉虫村の仇討(父の仇 文化八年六月)…… 413
土屋又蔵出羽庄内の仇討(兄の仇 文化八年九月二十二日)…… 413
権次郎下総正徳寺の仇討(母の仇 文化十三年九月二十日)…… 418
相州藤川の仇討(文化十四年)…… 418
武州大森の仇討(一つの事実か,二つの事実か 文化十四年)…… 418
和吉出羽寒河江の仇討(父の仇 文政三年五月二十日)…… 422
上田宇平巣鴨の仇討(父の仇,主の仇 文政三年)…… 425
岡村兄妹吉川の仇討(父の仇 文政三年九月二十七日)…… 431
浅田兄弟常陸祝町の仇討(養父と父の仇 文政七年四月二十七日)…… 434
宇市四谷塩町の仇討(父の仇 文政七年十月十日)…… 437
文次郎武蔵小具村の仇討(父の仇 文政九年二月十四日)…… 439
平井外記讃州南羽床村の仇討(兄の仇 文政十年六月十二日)…… 441
岡崎平右衛門肥後益城郡の仇討(父の仇 文政十二年正月十五日)…… 446
清兵衛常州瓜連村の仇討(叔父の仇 文政十五年四月十九日)…… 449
茂八常州柏崎村の仇討(父の仇 天保七年三月二日)…… 450
藤村丑太郎常州湊村の仇討(父の仇 天保七年三月二日)…… 450
光蔵等江州草津の仇討(師匠の仇 天保七年六月十五日)…… 452
森金七郎江戸神田山本町の仇討(養父の仇 天保七年七月十七日)…… 453
徳治やす奥州涌谷の仇討(妻の父と,父の仇討 天保九年十一月十一日)… 461
乙蔵江戸飯倉片町の仇討(父の仇 天保十一年四月九日)…… 464
本多由次郎常州大串村の仇討(父の仇 天保十一年六月二十一日)…… 467
新井兄弟出羽の仇討(兄の仇 天保十二年七月二十七日)…… 471
岩之進駿河鰯ケ島村の仇討(養父の仇 弘化元年二月二十三日)…… 473
熊倉伝十郎江戸神田護持院原の仇討(父の仇 弘化二年八月六日)…… 473
音吉兄弟陸奥国山岸村の仇討(父の仇 嘉永二年七月二十二日)…… 476
定吉兄弟江戸神田新銀町代地の仇討(父と養父の仇 嘉永三年十月十八日)…… 480
金井仙太郎下野粟谷村の仇討(父の仇,主人の仇 嘉永三年十月二十二日)…… 485
庄助信濃飯田の仇討(兄の仇 嘉永四年五月二十日)…… 492
村松藤吉郎上総松ケ谷村の仇討(父の仇 嘉永五年二月十七日)…… 492
とませ宥憲陸奥鹿島駅の仇討(母の仇 嘉永六年七月十四日)…… 497
須藤隼太郎相模戸塚駅の仇討(父の仇 嘉永六年十一月二十二日)…… 498
太左衛門陸奥下門岡村の仇討(父の仇 嘉永六年十二月二十三日)…… 498
赤石愛太郎常陸向井町の仇討(母の仇 安政元年六月十九日)…… 500
太田六助江戸住吉町の仇討(父の仇 安政元年六月十九日)…… 500
飯島量平常州府中宿の仇討(母の仇,姉の仇 安政三年正月二十八日)…… 505
小野米吉備後小畑の仇討(父の仇安政四年七月二十八日)…… 507
久米幸太郎陸奥祝田浜の仇討(父の仇 安政四年十月九日)…… 507
定之助上州西牧矢川村の仇討(父の仇 安政六年十一月二十五日)…… 512
いち庄四郎等常陸念仏塚の仇討(夫,父,兄の仇 万延元年四月七日)…… 512
広井磐之助和泉境橋の仇討(父の仇 文久三年六月二日)…… 513
大村達尾武州千住の仇討(父の仇 文久三年十月十五日)…… 518
宮本庫太郎武州針ケ谷村の仇討(父の仇 元治元年正月二十四日)…… 521
権右衛門鰐の仇討(父の仇 安永三年)…… 523
戦国時代の仇討………………………… 524
松本内匠の子の仇討(父の仇)…… 524
今井兄弟参州長沢の仇討(父の仇)…… 527
野田安兵衛鴨川べりの仇討(父の仇)…… 531
建部政長の仇討(姉(或は兄)の仇)…… 533
宇喜田直家岡山の仇討(父の仇)… 534
長沼兄弟諏訪の仇討(兄の仇 天正二十年頃)…… 534
嶺八兵衛紀州果無嶺の仇討(父の仇 慶長三年九月)…… 536
牧野伝蔵の仇討(父の仇 弘治三年頃)…… 538
中古以後の仇討………………………… 539
平維茂郎等討たる(父の仇)……… 539
源重俊殺さる(父の仇 久安三年正月一日)…… 543
曽我兄弟富士裾野の仇討(父の仇 建久四年五月二十八日)…… 543
阿新丸佐渡の仇討(父の仇 元徳二年六月)…… 551
中原兄弟の仇討(父の仇)………… 553
虚無僧の仇討(師の仇)…………… 554
唐九の仇討(先祖の仇 明応五年正月七日)…… 555
放下僧の仇討(父の仇)…………… 556
謡曲望月の事実(父の仇)………… 557
著者の観た「敵討」…………………… 558
*解題(福田久賀男)…………………… 583
*解説 千葉亀雄と仇討研究(福田久賀男)…… 585
 

5 初期作品 1993.6.25
 
いざさらば…………………………………… 5
銷夏余録…………………………………… 166
秋景雑筆…………………………………… 182
八犬伝を読みて雄大なる小説を想ふ…… 186
青葉村……………………………………… 197
秋風一夜…………………………………… 206
 記……………………………………… 221
『扇頭小景』を読む……………………… 227
断蓬記……………………………………… 235
乱鋒記……………………………………… 247
塵影(五)………………………………… 261
塵影(六)………………………………… 273
懸賞小観…………………………………… 283
少年文学を論ず…………………………… 291
国木田独歩と江見水蔭…………………… 298
陳き言……………………………………… 301
文界小観…………………………………… 314
烏水の『日本山水論』…………………… 318
小栗風葉…………………………………… 325
葡萄の詩人藤村…………………………… 330
支那小説に現はれたる復讎……………… 336
*略年譜(岩田光子)…………………… 349
*著作年表(福田久賀男)……………… 357
*解題(岩田光子)……………………… 455
*解説(岩田光子)……………………… 459
[ 2011/03/09 14:13 ] 千葉亀雄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。