研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  辻潤 >  『辻潤全集』全8巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『辻潤全集』全8巻・別巻1巻

『辻潤全集』全8巻・別巻1巻(五月書房、1982.4~1982.11)



第1巻 1982.4.15
 
浮浪漫語……………………………………… 7
序詞…………………………………………11
Tada=Dada…………………………………15
Tada=Dada of Alangri‐Gloriban………16
一滴の水……………………………………21
浮浪漫語……………………………………23
自分だけの世界……………………………33
『自我経』の読者へ………………………42
「自由」という言葉………………………48
価値の転倒…………………………………52
「性格破産者」の手帳より………………58
のんしゃらんす……………………………66
書物と鮭……………………………………71
流吉の日記から……………………………77
ボヘミヤと詩人……………………………84
ボオドレエルと伝説………………………91
病理学的に見たポオ…………………… 121
ジプシイの話…………………………… 137
ある日の文学問答……………………… 166
謎の人ユイスマン……………………… 178
自由芸妓の説…………………………… 193
ふわんたじあ…………………………… 201
えきすとらばがんざ…………………… 205
いぬかは………………………………… 206
三ちゃん………………………………… 221
あるこおる……………………………… 239
消息……………………………………… 255
M langes………………………………… 260
ですぺら…………………………………… 277
ですぺら………………………………… 281
ダダの話………………………………… 286
ぷろむなあど・さんちまんたる……… 298
文学以外………………………………… 304
らぷそでいや・ぼへみあな…………… 332
あびばッち……………………………… 363
わりあちおん…………………………… 371
ふもれすく……………………………… 377
陀々羅断語……………………………… 406
享楽の意義……………………………… 413
きゃぷりす・ぷらんたん……………… 419
ぐりんぷす・DADA……………………… 443
 

第2巻 1982.6.15
 
絶望の書……………………………………… 9
序文…………………………………………11
ものろぎや・そりてえる…………………13
ふらぐまん・でざすとれ…………………26
どりんく・ごうらうんど…………………45
幻燈屋のふみちゃん………………………55
陀々羅行脚…………………………………84
博多から長崎まで…………………… 109
島原と天草のグリンプス…………… 133
かれら果たして何を求めつつありや?…… 151
うんざりする労働……………………… 154
書斎……………………………………… 157
無想庵のプロフィル…………………… 160
Mの出家とIの死………………………… 163
Benjamin De Casseres あるいは「インキ壷のタイタン」…… 168
虚妄の正義……………………………… 175
メカマをちどる………………………… 180
ふわんたじあ…………………………… 195
こんとら・ちくとら…………………… 199
巴里の下駄………………………………… 241
え゛りと・え゛りたす………………… 243
榛名丸の三等船室より………………… 247
やっと三分の一……………………… 247
さまよえるギタア…………………… 249
新手の刺青…………………………… 251
“Three Monkeys” ………………… 252
巴里の十日間…………………………… 255
高いマッチ…………………………… 255
南方旅館……………………………… 257
アンチ・モデルヌ…………………… 259
ここが巴里……………………………… 261
葡萄酒と大菩薩峠…………………… 261
十三時………………………………… 266
日本がいいよ…………………………… 268
無軌道電車…………………………… 268
ギャルソンヌ………………………… 271
そうですかね………………………… 273
ドームとエレンブルグ……………… 275
子供のいない巴里……………………… 277
按摩上下二百文……………………… 277
巴里のセムシ………………………… 279
うるさいブール・ボアール………… 281
無想庵との邂逅………………………… 283
西洋から帰って………………………… 288
帰朝漫談………………………………… 292
巴里コンニャク問答…………………… 295
あとがき………………………………… 328
どうすればいいのか?…………………… 329
にひるの ……………………………… 333
無信条に生きる………………………… 339
無 茫沈………………………………… 344
石コロと豚の涙………………………… 349
ベッ!! プセウ!!………………… 351
錯覚したダダ…………………………… 355
エイ・シャク・バイ…………………… 361
ダだ羅先生閉口の事…………………… 373
平凡な切断面…………………………… 376
小説……………………………………… 379
里親……………………………………… 393
お化けに凝った………………………… 399
どうすればいいのか?………………… 405
 

第3巻 1982.8.15
 
痴人の独語…………………………………… 9
いずこに憩わんや?―あるいは『痴人の独語』の序に代う―……11
錯覚した小宇宙……………………………17
錯覚した小宇宙…………………………19
錯覚自我説………………………………25
あるばとろすの言葉……………………31
えふえめらる……………………………37
ぺるめるDROPS …………………………40
ふらぐめんたる…………………………42
ダダの吐息………………………………44
ダダの言葉………………………………47
サンふらぐめんた………………………50
おうこんとれいる…………………………57
おうこんとれいる………………………59
迷羊言……………………………………65
自己発見への道…………………………72
自分はどのくらい宗教的か?…………79
和尚はどうして「明徳」を明らかにしたか?……87
妄語…………………………………………99
惰眠洞妄語…………………………… 101
痴人の独語…………………………… 107
痴人の手帖より……………………… 113
「英雄」は過ぎゆく………………… 119
あまちゃ放言………………………… 123
もっと光を!………………………… 129
かばねやみ……………………………… 137
天狗になった頃の話………………… 139
だだをこねる………………………… 145
変なあたま…………………………… 150
瘋癲病院の一隅より………………… 156
木ッ葉天狗酔家言…………………… 161
ひぐりでいや・ぴくりでいや………… 167
ひぐりでいや・ぴぐりでいや……… 169
のっどる・ぬうどる………………… 189
天狗だより…………………………… 195
かばねやみ…………………………… 205
1+X……………………………………… 217
鏡花礼讃……………………………… 219
無想庵に与う………………………… 228
交遊観………………………………… 230
れみにせんちゃ………………………… 234
ものろぎや・そりてえる…………… 237
あさくさ・ふらぐまんたる………… 258
あぶさるど……………………………… 267
不協和音でarrangeされたMOZAIK … 269
あぶさるど…………………………… 274
「享楽座」のぷろろぐ……………… 276
楕円の月……………………………… 279
孑孑以前…………………………………… 283
れざんどらん―序にかえる―………… 285
PENペン草 ……………………………… 289
孑孑以前……………………………… 291
PENぺん草 …………………………… 303
仏家の思想教化について…………… 313
惰眠洞放言…………………………… 314
もう・てんとあかん………………… 318
シンガポールの夢…………………… 320
のつどる・ぬうどる………………… 325
あむぷれっしょん……………………… 333
宮崎滔天を憶う……………………… 335
ひとりの殉難者……………………… 365
海笛のカケラ………………………… 369
生田長江氏のことなど……………… 372
シェストフについて………………… 378
 

第4巻 1982.10.10
 
エッセイ
はんもん一束…………………………………13
狂えどもはた叫べども………………………24
父の霊にささぐ―『天才論』第5版を出すに就いて……26
無想庵への手紙………………………………28
『犬の死まで』その他………………………30
寓言と牧歌的…………………………………37
ダダの顔………………………………………40
土なくもがな…………………………………41
脱線語…………………………………………43
勉めよや春夫!………………………………46
夏の連想………………………………………53
パピニの『自叙伝』を読む…………………59
らんどむ・くりちこすDADA…………………62
あさくさ・ふらぐめんたる…………………93
幻影の進化……………………………………99
不思議な人格者…………………………… 101
仲介役として……………………………… 104
空々漠々…………………………………… 108
閲覧聴聞月録……………………………… 118
ものろぎや………………………………… 119
インバリッド・ヴァニティ……………… 132
最初の自然………………………………… 135
昔見た芝居………………………………… 141
連環………………………………………… 149
ヴァリエテ………………………………… 159
催眠剤が必要だ…………………………… 160
レオ・シェストフの言葉………………… 162
己れが道を楽しむのみ…………………… 164
東方の神話………………………………… 166
古風な涙…………………………………… 174
唯一者とその所有………………………… 178
苦熱の窓…………………………………… 188
ひぐりでいや・ぴぐりでいや…………… 196
詩人としてのゴーリキー………………… 206
風狂私語…………………………………… 209
阿呆律……………………………………… 212
食客問答…………………………………… 216
自分と音の世界…………………………… 227
ダダ文学雑感……………………………… 232
まんごりあな……………………………… 235
オリ賃に窮する…………………………… 241
少年時代の読書…………………………… 243
なにを書いたらいいのか?……………… 248
なにを書いたらいいのか? なにか書いてみよう…… 251
あやかしのことども……………………… 256
ふりぼらす・りてらりや………………… 265
妄人のことば……………………………… 272
旅便り……………………………………… 279
浮生随縁行………………………………… 280
歳末所感…………………………………… 288
消息………………………………………… 292
馬込雑筆…………………………………… 296
妄人の秋…………………………………… 300
なめくじだより…………………………… 312
まだ生きている…………………………… 314
あほだらり………………………………… 315
未完成烏有叢書の序……………………… 317
痴人の手帖………………………………… 320
阿呆旋律…………………………………… 335
痴人の独語………………………………… 340
水島流吉の覚書…………………………… 350
続水島流吉の覚書………………………… 366
序文
De trop―スタンレ・マコウア『響影(狂楽人日記)』…… 377
はしがき―ワイルド『プロフォンディス』越山堂刊―…… 382
『一青年の告白』に就いて……………… 385
序―『ダダイスト新吉の詩』…………… 388
訳者小言―ジョルジュ・プレカアノフ「無政府主義と社会主義」(『世界大思想全集』29中収録)…… 395
序―林芙美子著『蒼馬を見たり』……… 397
序―西山勇太郎著『低人雑記』………… 399
アンケート回答
年頭所感…………………………………… 403
今の気持ちでは(「文壇に対する要求」)…… 404
自歴………………………………………… 404
児孫のために蓄財するの可否…………… 405
あなたの近況は如何……………………… 406
プロレタリア文学の分裂と結成について…… 406
反ソヴエト戦争起こらば………………… 407

HIYAKASHI ………………………………… 411
闇汁………………………………………… 414
彼の墓地を選挙するための歌…………… 419
きゃぷりちこ……………………………… 424
どうおなりでしょう……………………… 425
あぶさるど………………………………… 427
タンカ……………………………………… 429
無題詩……………………………………… 431
無題………………………………………… 433
短歌…………………………………… 435
句……………………………………… 441
 

第5巻 1982.5.15
 
天才論………………………………………… 7
おもうまま………………………………… 9
きづいたこと(一般の読者のために)…16
序文…………………………………………25
第1篇 天才の特徴 ………………………35
第1章 問題の歴史 ……………………36
第2章 天才と変質 ……………………41
第3章 天才に潜在せる神経病と精神病……85
第4章 天才と狂気 ………………… 122
第2篇 天才の起因 …………………… 167
第1章 気象の天才に及ぼす影響 … 168
第2章 風土の天才に及ぼす影響 … 189
第3章 種族と遺伝とが天才と精神病者とに及ぼす影響…… 208
第4章 疾病の天才に及ぼす影響 … 230
第5章 文明と機会の影響 ………… 233
第3篇 狂天才 ………………………… 243
第1章 狂者の文学 ………………… 244
第2章 狂者の芸術 ………………… 265
第3章 文学及び芸術上の半狂者 … 296
第4章 政治上及び宗教上の狂者と半狂者…… 342
第4篇 総合―天才の変質的心徴 …… 425
第1章 狂天才の特徴 ……………… 426
第2章 狂天才と正気の天才との比較…… 445
第3章 天才の癲癇性 ……………… 452
第4章 正常なる天才 ……………… 472
第5章 結論 ………………………… 479
著者の小伝……………………………… 483
主要な著作目録………………………… 486
この書を著すために著者が見た主な参考書…… 487
人名索引…………………………………… 1
 

第6巻 1982.7.15
 
唯一者とその所有(自我経)……………… 7
読者のために……………………………… 9
序文…………………………………………18
第1篇 人間篇 ……………………………33
人生………………………………………35
旧時代と新時代の人々…………………43
A 古代人………………………………44
B 近代人………………………………57
C 自由人…………………………… 159
追録…………………………………… 229
第2篇 自我篇 ………………………… 241
所有…………………………………… 243
所有人………………………………… 264
1 自己の力………………………… 284
2 自分の交態……………………… 322
3 自分の自己享楽………………… 482
唯一者………………………………… 546
 

第7巻 1982.9.10
 
阿片溺愛者の告白…………………………… 7
新版の序…………………………………… 9
序……………………………………………11
第1編 ………………………………………14
読者に……………………………………14
序の告白…………………………………20
第2編 ………………………………………67
阿片の愉楽………………………………70
阿片痛感の緒論…………………………88
阿片の痛苦…………………………… 107
追加……………………………………… 137
後の阿片溺愛者の手記より…………… 149
著者の小伝……………………………… 167
註……………………………………… 172
蛇足…………………………………… 179
一青年の告白……………………………… 191
序………………………………………… 193
「一青年の告白」新版の序…………… 195
ジョウジ・ムウア著作年表…………… 429
 

第8巻 1982.10.30
 
螺旋道………………………………………… 7
序詞………………………………………… 9
刹那…………………………………………11
刹那(カッサース)……………………13
螺旋道(ヒュネカア)…………………37
エトランジェ(ボオドレエル)………67
月狂叛逆者(ヒュネカア)……………68
忘れられたページ(マラルメ)………83
影(アラン・ポウ)……………………87
たんたらす(エマアスン)……………90
無神論者の供養(バルザック)…… 100
フランシスコ・フェラアと近代学校(エンマ・ゴルドマン)…… 121
自然と氷島人との対話(レオパルジ)…… 138
想界漫歩(グウルモン)…………… 148
ハインリッヒ・ハイネ(レオン・シェストフ)…… 159
閃光(ヒュネカア)………………… 166
虚無の対蹠において(プレイズ・サンドラアル)…… 178
「孑孑以前」より………………………… 199
夢幻と逆説……………………………… 201
観法察度(グウルモン)…………… 203
無根拠礼讃(シェストフ)………… 214
白痴は予言する(ヘッセ)………… 245
Eppur Si Muove(キャベル)……… 255
James Branch cabell(カッサース)…… 262
頭脳と世界(カッサース)………… 270
驚嘆(カッサース)………………… 274
宇宙は蒸発する(カッサース)…… 282
スピノザ(カッサース)…………… 290
ギュスターブ・ル・ボン(カッサース)…… 295
弁疏(ハネカア)…………………… 303
夢幻を吹く者(ハネカア)………… 313
未収録作品
暮鐘(アンデルゼン)…………………… 347
影(アンデルゼン)……………………… 355
おはなし(アンデルゼン)……………… 375
成効者…………………………………… 375
高襟物語………………………………… 378
独白(アラン・ポウ)………………… 383
うたいながら(メ・タアナ)………… 391
たそがれ(ツエレ)…………………… 393
頚飾り(モウパンサン)……………… 395
ららびやた(パウル・ハイゼ)……… 410
盲(マアテルクンク)………………… 436
 

別巻 1982.11.30
 
補遺
バビロン人ザデイック(ヴォルテア)…… 9
よすぎる夢(アンリ・バルビュッス)……36
過失(アンリ・バルビュッス)……………43
ゆうりか(散文詩)(アラン・ポウ)……48
ヴィヨンの詩より……………………………58
わかる物とわからない物…………………58
即興…………………………………………61
どこでもいいからこの世のほかへ(ボオドレエル)……63
さんぷる(DADA)(ポオル・モラン)……67
女詩人と天才と不思議な殺人(ホフマン)……68
にひりすと(ER IKDORN)(ベン・ヘクト)……84
おうべるまん(セナンクウル)……………92
体面(カッサース)……………………… 133
あかたれぷしい(カッサース)………… 138
神の手記(パピニ)……………………… 143
ジプシイの話……………………………… 179
『一青年の告白』註の代りに…………… 186
アンケート 文壇諸家―1月5日の日記… 190
『世界大思想全集』のはしがき………… 191
エレンブルグに会う……………………… 193
ソレルと祖国運動………………………… 196
僕の見た巴里……………………………… 207
通信………………………………………… 211
辻潤論
辻潤と低人教―跋にかえて(萩原朔太郎)…… 219
父親と息子(辻まこと)………………… 224
虚空鈴慕(若松流二)…………………… 232
祖父のこと(辻直生)…………………… 235
辻潤の思い出(玉生清)………………… 238
辻潤の知人のことなど(松尾季子)…… 247
辻潤の著作活動―明治・大正期を中心に(佐々木靖章)…… 274
唯一者 辻潤(大月健)………………… 321
〈辻潤〉と気仙沼そして私のこと(菅野青顔)…… 330
辻潤の小説観(庄司肇)………………… 338
辻潤、晩年の一断面(寺島珠雄)……… 347
辻潤・めぐる杯(添田知道)…………… 366
陀仙辻潤君(斉藤昌三)………………… 395
*年譜……………………………………… 399
辻潤の本……………………………… 401
辻潤をモデルとした主な小説……… 407
辻潤に関する主な本など…………… 408
その他の参考資料…………………… 412
辻潤の雅号…………………………… 426
解題…………………………………… 428
辻潤年譜……………………………… 446
あとがき(高木護)………………… 487
[ 2011/03/09 14:21 ] 辻潤 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。