研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  綱島梁川 >  『梁川全集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『梁川全集』全10巻

『梁川全集』全10巻(春秋社、1921.11~1923.4)



第1巻 東西倫理思想史 1921.11.20
 
追憶記(逍遥)…………………………… 1
凡例(安倍能成)………………………… 1
欧洲倫理思想史……………………………… 1
緒論………………………………………… 1
古代倫理……………………………………26
第1章 希臘倫理の特質 ………………26
第2章 ソークラテース以前の倫理 …28
第3章 ソークラテース ………………31
第4章 ソークラテース学派 …………36
第5章 プラトーン ……………………42
第6章 アリストテレース ……………52
第7章 ストア学派 ……………………68
第8章 エピクーロス …………………83
第9章 羅馬のストア学派 ……………92
第10章 新プラトーン派………………97
中代倫理………………………………… 103
第1章 基督教の勝利 ……………… 103
第2章 基督教道徳 ………………… 110
第3章 初代基督教会の倫理 ……… 129
第4章 暗黒時代の倫理 …………… 133
第5章 教会的倫理 ………………… 135
第6章 スコラ哲学者の倫理 ……… 137
今代倫理………………………………… 141
第1章 今代倫理の特質 …………… 141
第2章 宗教上及び哲学上の改革 … 142
其一 形而上学派倫理……………… 144
第1章 デカルト ………………… 144
第2章 スピノーザ ……………… 148
第3章 ライブニッツ …………… 155
其二 独逸唯心派倫理……………… 163
第1章 カント …………………… 163
第2章 フィヒテ ………………… 187
第3章 ヘーゲル ………………… 192
第4章 シュライエルマヘル …… 197
第5章 ショーペンハウエル …… 199
第6章 ハルトマン ……………… 201
其三 独逸実験派倫理……………… 204
第1章 ヘルバルト ……………… 204
其四 英国倫理……………………… 208
1 経験派倫理説…………………… 208
第1章 ホッブス ……………… 208
第2章 ロック ………………… 215
2 直覚派倫理説…………………… 222
1 唯知派倫理説………………… 222
第1章 カッドヲルス ……… 223
第2章 カムバーランド …… 225
第3章 クラーク …………… 228
第4章 プライス …………… 233
第5章 リード ……………… 237
2 唯情派倫理説………………… 241
第1章 シャフツベリー …… 241
第2章 バトラー …………… 249
第3章 ハッチソン ………… 255
第4章 ヒューム …………… 260
第5章 スミス ……………… 269
3 功利派倫理……………………… 276
第1章 ペーレー ……………… 277
第2章 ベンザム ……………… 279
第3章 ミル …………………… 286
4 進化論派倫理説………………… 294
スペンサー……………………… 294
其五 仏国倫理……………………… 302
第1章 エルヱ゛シユス ………… 302
第2章 ルーソー ………………… 304
第3章 コント …………………… 305
春秋倫理思想史…………………………… 313
前編……………………………………… 313
第1章 支那倫理通論 ……………… 313
第2章 春秋以前の倫理 …………… 321
第1編 鄒魯学派 ……………………… 341
第1章 鄒魯学派通論 ……………… 341
第2章 孔子 ………………………… 343
第3章 易の倫理 …………………… 374
第4章 子思 ………………………… 381
第5章 孟子 ………………………… 388
第6章 荀子 ………………………… 423
第2編 荊楚学派 ……………………… 451
第1章 荊楚学派通論 ……………… 451
第2章 老子 ………………………… 454
第3章 列子 ………………………… 477
第4章 荘子 ………………………… 509
第3編 鄒魯荊楚二派以外の学者 …… 539
第1章 楊朱 ………………………… 539
第2章 墨  ………………………… 555
*附録 雑記……………………………… 595
 

第2巻 西洋倫理学史 1922.4.28
 
西洋倫理学史………………………………… 1
凡例(安倍能成)………………………… 1
緒論………………………………………… 1
第1編 希臘及希臘―羅馬の倫理説 ……16
第1章 ソークラテース以前の倫理 …16
第2章 ソークラテースの倫理 ………30
第3章 ソークラテース学派 …………41
第4章 プラトーンの倫理 ……………53
第5章 アリストテレースの倫理 ……71
第6章 ストア学派の倫理 ……………96
第7章 エピクロス学派の倫理 …… 117
第8章 古アカデーマイア学派 …… 126
第9章 新アカデーマイア学派 …… 128
第10章 折衷学派…………………… 130
第11章 羅馬に於けるストア学派… 135
第12章 後プラトーン派…………… 142
第13章 新プラトーン派…………… 144
第2編 基督教及中世期倫理 ………… 149
第1章 基督教道徳の大綱 ………… 149
第2章 基督教の殊徳 ……………… 159
第3章 初代基督教会の思想の変遷…… 168
第4章 暗黒時代の教会道徳 ……… 176
第5章 スコラ学派の倫理 ………… 179
第6章 中世期の神秘派 …………… 193
第7章 決疑学 ……………………… 198
第8章 宗教改革 …………………… 200
第9章 近世倫理への過渡 ………… 202
第3編 近世倫理学 …………………… 205
第1章 実験派倫理説 ……………… 205
第2章 純理哲学派倫理説 ………… 319
第3章 独逸唯心派倫理説 ………… 352
第4章 独逸実在派倫理説 ………… 408
第5章 仏国倫理説 ………………… 419
第6章 第三期英国倫理説 ………… 436
第1章 直覚派倫理説 ……………… 443
第2章 功利派倫理説 ……………… 456
第3章 進化論派倫理説 …………… 479
第4章 超絶派倫理説 ……………… 498
*附録 雑記……………………………… 513
 

第3巻 倫理学説研究 1922.7.30
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
マッケンヂー氏 倫理学綱要……………… 1
序言………………………………………… 1
第1編 道徳に関する理論 ……………… 7
第1章 倫理学の範囲 ………………… 7
第2章 倫理学と他の諸学科との関係……13
第3章 道徳的断定 ……………………15
第4章 義務 ……………………………22
補遺………………………………………25
第5章 意志及び欲望 …………………33
第6章 幸福 ……………………………41
第7章 完成 ……………………………61
第8章 意志の自由 ……………………74
第9章 個人と社会 ……………………82
第2編 道徳的生活 ………………………94
第10章 道徳的秩序……………………94
第11章 誡律………………………… 106
第12章 徳…………………………… 114
第13章 内部生活…………………… 124
第14章 道徳病学…………………… 131
第15章 道徳的進歩………………… 140
第16章 美術と倫理との関係……… 147
第17章 宗教と倫理との関係……… 154
スチーブン氏 倫理学…………………… 165
1 スチーブンの小伝…………………… 165
2 倫理学者としてのスチーブンの位置…… 167
3 スチーブンの『倫理学』の目次…… 174
4 本書の梗概…………………………… 179
第1章 倫理研究の目的と範囲 …… 179
第2章 動機に関する学説 ………… 189
第3章 社会的動機に関する学説 … 201
第4章 道徳律の形 ………………… 214
第5章 道徳律の内容 ……………… 219
第6章 為他説(利他説) ………… 222
第7章 良心論 ……………………… 231
第8章 道徳標準論 ………………… 245
第9章 道徳と幸福 ………………… 251
第10章 結論………………………… 257
5 本書の概評…………………………… 261
シジウィック氏 倫理学方案第一篇…… 271
序………………………………………… 271
第1章 緒論 …………………………… 273
第2章 倫理学と政治学との関係 …… 290
第3章 倫理的断定 …………………… 302
第4章 快楽と欲望 …………………… 324
第5章 自由意志問題 ………………… 343
第6章 倫理上の諸原理と諸方案 …… 371
第7章 利己説と自愛 ………………… 387
第8章 直覚説 ………………………… 397
第9章 善 ……………………………… 408
倫理問題の発達…………………………… 419
第1章 古代倫理学 …………………… 419
第1期 ソークラテース前の倫理説…… 420
第2期 ソークラテース時代の倫理説…… 421
第3期 アリストテレース以後の倫理説…… 436
第2章 中世倫理学 …………………… 447
第1期 原始的基督教 ……………… 447
第2期 哲学的基督教 ……………… 451
第3期 教会的基督教 ……………… 453
第3章 近世倫理学 …………………… 457
第1 神学上の改革…………………… 458
第2 哲学的改革……………………… 460
第3 主心派倫理説…………………… 462
第4 英国倫理説……………………… 475
緒言……………………………………… 487
快楽派倫理………………………………… 491
第1章 ソフィストの希臘思想に及ぼしゝ影響…… 491
第2章 アリスチッポス及シレーネ派の倫理説…… 505
第3章 エピキュラスの倫理説 ……… 526
第4章 ホッブスの倫理説 …………… 548
第5章 ロックの倫理説 ……………… 567
第6章 ヒウムの倫理説 ……………… 581
第7章 ベンザムの倫理説 …………… 598
第8章 ヂョン、スチュアルト、ミルの倫理説…… 615
第9章 ハーバート、スペンサーの倫理説…… 634
第10章 ハーバート、スペンサーの倫理説(続)…… 650
第11章 ハーバート、スペンサーの倫理説(続)…… 679
*附録 雑記……………………………… 699
 

第4巻 倫理教育論集 1922.5.20
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
倫理学序論…………………………………… 1
第1章 倫理学の性質 …………………… 1
第2章 倫理学と他学科との関係 ………42
道徳的理想論…………………………………71
第1章 道徳的理想の根拠 ………………71
第2章 道徳的理想の発達 ………………85
第3章 道徳的理想の性質 …………… 100
第4章 道徳的理想の内容 …………… 115
第5章 理想と義務的意識 …………… 140
倫理教育宗教に関する論文……………… 155
『福翁百話』を読む…………………… 155
国家主義に関して木村鷹太郎氏に質す…… 165
木村鷹太郎君の『東西倫理学史』を読む…… 178
古代希臘に於ける知力的倫理思想の趨向を論ず(ソークラテース、プラトーン、アリストテレース三家の倫理思想の比較観)…… 187
福徳の応報問題を論ず………………… 200
福翁の人生二面観……………………… 212
道徳の本能化(道徳の美的一面)…… 224
存養論(宋儒とカント)……………… 236
哲学館事件に関して倫理学上動機の意義を論じ併せてミュイアヘッド氏の動機論を評す…… 250
所謂哲学館問題……………………… 250
動機の正解…………………………… 252
動機と意向…………………………… 257
動機論の比較観……………………… 262
動機と道徳的情操乃至一切の衝動との関係…… 270
動機と結果…………………………… 274
物論の焼点となりしミュ氏動機論一節…… 282
目的は手段を是認するとは何の義ぞ…… 289
誤れる哉文部の官人………………… 297
ミュ氏倫理説の瑕疵………………… 299
倫理学上の幸福説を論ず……………… 303
忠恕の意義及び根拠を論ず…………… 326
倫理学説の分彙………………………… 337
武士道と人格の観念…………………… 347
教育界の新要求………………………… 362
教授の真意義…………………………… 367
教員補充策の根本方針………………… 370
報酬的徳育法を排す…………………… 376
中等倫理教科書の編纂に関する卑見… 379
貞潔の徳につきて教育家の反思を促す…… 386
学者の実利的、応用的精神を排す…… 392
美的意識と宗教的意識………………… 395
岸本能武太氏の『宗教研究』を読みて…… 401
我邦現今の宗教界の形勢……………… 412
信仰と理性……………………………… 419
迷信とは何ぞや………………………… 427
神の人格性につきて…………………… 457
倫理問答…………………………………… 467
快楽説Hedonismには倫理上価値ある元素ありや否や…… 467
道徳の主義は進歩的なりとの意義を説明せよ…… 468
行為と品性との関係を論ぜよ………… 471
格物致知に就きて朱子と陽明と如何に解釈を異にするや…… 472
伊藤仁斎と物徂徠との学説の異同を論ぜよ…… 474
倫理教育に於いて例話を使用するの可否如何、若し可なりとせば如何なる方法によるべきか…… 476
心理的利己主義と倫理的利己主義との異同を論ぜよ…… 478
良心は如何にして発達するものなりや…… 479
孔子の所謂仁を倫理上より説明せよ… 481
伊藤仁斎の倫理説とカントの倫理説とを比較せよ…… 483
動機の善と結果の不善と撞著する時は道徳上如何に判断すべきか…… 486
社会の進歩は道徳上に如何なる影響を及ぼすか…… 488
カント氏無上大法(Categorical Imparative)を説明せよ…… 491
論語に所謂「一以貫之」の意義を説明せよ…… 492
宋儒の学説と伊藤仁斎の学説との異同を論ぜよ…… 493
生徒をして自信の精神を養成せしむる方法如何…… 495
理性の意義如何………………………… 496
理性と悟性との別如何………………… 497
理性と知見との別如何………………… 497
堪能と技能との別如何………………… 498
「感情の自然の衝動」とある衝動と感情とは同一義なりや否や…… 498
幸福の意義如何………………………… 498
本原的の意義如何……………………… 499
合理的情の意義如何…………………… 499
性情及び性向の意義如何……………… 500
道徳官は知的作用なりや否や………… 500
シャフツベリーの所謂私情と公情とは今日の言葉もていはば何に当たるや…… 500
*附録
道徳的理想論………………………… 501
現今の倫理宗教問題………………… 504
倫理雑記……………………………… 506
倫理と宗教…………………………… 513
雑記…………………………………… 514
 

第5巻 病 録 回光録 病窓雑筆 1921.12.25
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
病 録………………………………………… 1
序…………………………………………… 1
宗教的真理の性質………………………… 5
基督の詩……………………………………13
悲哀の高調…………………………………17
一家言………………………………………24
炉辺枕頭……………………………………28
真理の空名………………………………28
学究と独断………………………………31
秋の力………………………………………36
苦痛と解脱…………………………………38
(病鶏を傷みて)………………………38
答道友書……………………………………43
信のこゝろを思ふ…………………………54
人格のこゝろを思ふ………………………59
道学論 一節………………………………66
禅思録………………………………………70
法喜………………………………………70
真善美と神………………………………71
心情の宗教………………………………71
大いなるかな言や………………………75
新人と大自在……………………………76
功利と宗教………………………………78
方丈録………………………………………80
悟道の意義………………………………80
安心立命と永生…………………………82
充実生活と同情…………………………87
黙想記………………………………………89
理想信念の自家実現……………………89
職分に対する自覚………………………92
見神の眼…………………………………95
心のたどり…………………………………97
宗教上の光耀…………………………… 105
(神秘的実験の一面)……………… 105
病 録………………………………… 116
知己………………………………… 116
価値………………………………… 118
理性………………………………… 120
愛…………………………………… 124
真理と人生…………………………… 127
成功の意義と安心立命……………… 131
人に答ふる書………………………… 135
煩悶の人に答ふる書………………… 141
心響録………………………………… 144
悲哀の秘義………………………… 144
心性の要求………………………… 147
心機縦横…………………………… 149
自力信と他力信…………………… 149
余録二題……………………………… 152
絶対神と差別神超絶神と進化神…… 152
平等と差別…………………………… 156
偶思録………………………………… 160
(ヂョッブとポーロ、希臘的意識と基督教的意識)…… 160
人に与へて煩悶の意義を説く……… 165
心の一ふし……………………………… 178
法友…………………………………… 178
恩恵の生活…………………………… 180
読荘子…………………………………… 183
(荘子の解脱哲学)………………… 183
驚異と宗教……………………………… 199
予が見神の実験………………………… 208
安心立命の二法門……………………… 220
神火と人火……………………………… 229
応心録…………………………………… 232
(自己の実在、自己と神)………… 232
回光録……………………………………… 241
例言……………………………………… 241
予は見神の実験によりて何を学びたる乎…… 243
尺牘一則………………………………… 254
二声録…………………………………… 260
(一夜の瞑想)……………………… 260
神子の自覚……………………………… 266
如是我証………………………………… 275
自覚小記………………………………… 289
断光録…………………………………… 297
苦痛の秘義…………………………… 297
最も単純なる信念…………………… 299
自大自矜の一念を めよ…………… 300
われは谷間の白百合花なり………… 301
自然…………………………………… 302
後者に与みせむ……………………… 302
祈祷…………………………………… 303
『極数道徳』の著者に……………… 304
「神子」の弁………………………… 306
負けじ魂……………………………… 308
不断の神在…………………………… 310
「誰人の菰衣ています花の春」…… 311
人と石………………………………… 311
先後本夫……………………………… 313
融会力の妙法力……………………… 314
真人と神……………………………… 315
真理と人格の趣味……………………… 317
純他力観についての復書……………… 322
法悦のこヽろを想ふ…………………… 326
信仰詩につきて………………………… 335
神秘と宗教……………………………… 338
信仰問題に関する復書………………… 342
書牘……………………………………… 353
枕頭の記………………………………… 356
一燈録…………………………………… 371
覚者に対する信……………………… 371
青天に向つて開く牡丹かな………… 373
人格の不朽…………………………… 374
信仰即義の解………………………… 376
祈れよされど求めざれ……………… 379
信念と因果…………………………… 380
友をおもふ…………………………… 382
将来の宗教予想に関して某氏に答ふる書…… 384
求道の友に答ふ………………………… 386
偉大なる凡人主義……………………… 393
病友に与ふる書………………………… 414
聞光録(其一)………………………… 422
十字架の意義(1) ………………… 422
信仰と道徳…………………………… 423
信仰の平等性………………………… 424
南無阿弥陀仏………………………… 425
神は一人のみ………………………… 426
如来と浄土…………………………… 428
一種の神秘的意識…………………… 430
吾等が使命…………………………… 431
小造化翁……………………………… 432
基督の自覚と謙遜…………………… 433
二個の神……………………………… 434
法悦の生活…………………………… 435
聞光録(其二)………………………… 436
十字架の意義(2) ………………… 436
十字架の意義(3) ………………… 437
宗教の倫理化とは何ぞや…………… 440
一個の倒錯観………………………… 441
小児を見てのいのり………………… 442
祈祷と事業…………………………… 442
中間に居るを好まず………………… 443
カーライルとブース………………… 443
純熟の信仰…………………………… 444
如是言如是行………………………… 445
信仰生活の一風光……………………… 446
金子筑水君の「宗教的真理」を読む… 450
再び宗教的真理に関する筑水君の弁論を読む…… 466
見神の意義及び方法…………………… 480
読列子…………………………………… 504
(列子の解脱哲学)………………… 504
読墨子…………………………………… 535
(墨子の神意的功利説)…………… 535
病窓雑筆…………………………………… 567
我とは何ぞや…………………………… 567
(枕頭雑筆の一章)………………… 567
労働と人生……………………………… 585
労働対報酬問題に関する復書の一節… 605
『人道主義』序………………………… 610
病窓雑筆(1) ………………………… 614
『気がする』………………………… 614
信仰生活と発達……………………… 617
公明心………………………………… 619
病窓雑筆(2) ………………………… 621
書翰の一………………………………… 621
書翰の二………………………………… 628
病窓雑筆(3) ………………………… 633
宗教の第一義………………………… 633
一夏の清興…………………………… 643
宗教と修養……………………………… 645
倫理学上権威と人格の要求…………… 652
倫理的人格と宗教的人格……………… 654
愛と知識………………………………… 655
偉人……………………………………… 657
*附録 雑記……………………………… 659
 

第6巻 感想集 1922.9.25
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
笠岡漫遊雑誌………………………………… 1
消夏漫筆………………………………………45
偶思録…………………………………………71
所思断片………………………………………87
自省録……………………………………… 133
我観手びかえ……………………………… 149
我観録……………………………………… 167
雑記其一…………………………………… 197
雑記其二…………………………………… 239
雑記其三…………………………………… 263
雑記其四…………………………………… 289
雑記其五…………………………………… 371
寸光集……………………………………… 467
随感録第一………………………………… 513
随感録第二………………………………… 549
随感録第三………………………………… 573
随感録第四………………………………… 633
梁川随筆…………………………………… 665
枕頭雑筆…………………………………… 707
*附録 雑記……………………………… 761
 

第7巻 文芸雑纂 1922.1.20
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
美術文芸に関する論文
スペンサーの美論…………………………… 1
ベインの美論一斑……………………………35
ベインの可笑美論……………………………52
現今の美術界と社会…………………………57
歴史画家の態度を論じて歴史画の本義に及ぶ……64
横山大観子作「屈原」を評す………………70
末松博士の提出せる日本画の一疑問につきて(附 ヘルン氏の日本絵画論)……75
裸体画問題を論ず……………………………82
絵画書簡評……………………………………88
歴史画の本領に対する卑見…………………92
歴史画論につきて………………………… 105
再び歴史的美術の本領を論ず…………… 112
邦画人物の持相を論ず…………………… 132
美術院派の絵画を評す…………………… 137
景画……………………………………… 137
人物画…………………………………… 141
美術と審査………………………………… 144
無声会の絵画を観る……………………… 148
東京美術だより(雅邦は天才なりや)… 154
日本絵画難………………………………… 157
丹青会の絵画を評す……………………… 164
東京美術院派評判記……………………… 169
橋本雅邦………………………………… 169
横山大観………………………………… 173
下村観山………………………………… 178
菱田春草………………………………… 182
西郷孤月………………………………… 185
寺崎広業………………………………… 186
小堀鞆音………………………………… 188
逍遥子訳『ハムレット』の緒言に擬して…… 191
想化の意義を論ず………………………… 201
脱我と同化(作者が人物描写の態度につきて)…… 206
光明小説とは何ぞや……………………… 213
高山林次郎氏の「詩的二面と其の利弊」を読む(高山氏の現実主義を評す)…… 216
国民性と文学……………………………… 231
修辞の上より見たる『妹脊山』………… 243
『菅原伝授手習鑑』を読む……………… 250
研究的態度を論ず………………………… 256
難者に対して再び研究的態度を論ず…… 261
哲学と文学………………………………… 267
紀行文の三種……………………………… 274
随感録……………………………………… 278
美学研究の不振………………………… 278
一人の自然詩人無し…………………… 280
東洋詩人の詩眼………………………… 281
美術学校と文学的教育…………………… 283
『ふた葉』記者に与ふるの書…………… 287
与宙外兄書(附『めぐる泡』の短評)… 290
『独弦哀歌』を読む……………………… 298
児玉花外子に寄する書…………………… 305
詩界小言(露伴子の『出廬』短評)…… 307
雑篇
月前狂……………………………………… 311
訳文三則(ルナン『耶蘇伝』の中あり)…… 338
耶蘇のエルサレム詣で(其一)……… 339
耶蘇の抱きたる神の観念(其二)…… 343
耶蘇の煩悶と勝利(其三)…………… 346
秋姿の瞑想………………………………… 349
車上半日記………………………………… 353
春愁賦……………………………………… 358
春興………………………………………… 362
雪声………………………………………… 363
燈影記……………………………………… 364
人を動かす春色多きを用ひず…………… 365
大西祝先生を弔す………………………… 368
大西操山先生を追懐す…………………… 370
操山先生の三周年に……………………… 384
蟹江義丸君を悼む………………………… 385
坪内鋭雄君の戦死を弔す………………… 385
文学博士大西祝先生略伝………………… 387
平尾不孤君の終焉………………………… 401
『心扉録』を読む………………………… 403
漢文評釈…………………………… 405
辞類………………………………………… 408
秋風辞(漢武帝)……………………… 409
漁父辞(屈平)………………………… 412
帰去来辞(陶淵明)…………………… 418
賦類………………………………………… 425
弔屈原賦(賈誼)……………………… 426
阿房宮賦(杜牧之)…………………… 434
秋声賦(欧陽永叔)…………………… 442
前赤壁賦(蘇子瞻)…………………… 450
後赤壁賦(蘇子瞻)…………………… 461
憎蒼蝿賦(欧陽永叔)………………… 467
愛蓮説(周茂叔)……………………… 475
進学解(韓退之)……………………… 478
春夜宴桃李園序(李太白)…………… 491
集昌黎文序(李漢)…………………… 494
送李愿帰盤谷序(韓退之)…………… 500
滕王閣序(王勃)……………………… 507
蘭亭記(王逸少)……………………… 517
独楽園記(司馬温公)………………… 523
酔翁亭記(欧陽永叔)………………… 525
昼錦堂記(欧陽永叔)………………… 531
喜雨亭記(蘇子瞻)…………………… 538
岳陽楼記(范希文)…………………… 541
黄州竹楼記(王元之)………………… 547
袁州州学記(李泰伯)………………… 551
思亭記(陳師道)……………………… 557
放鶴亭記(蘇東坡)…………………… 562
超然台記(蘇東坡)…………………… 568
春雨楼記(藤森弘菴)………………… 574
日喩(蘇東坡)………………………… 582
観八駿図説(柳子厚)………………… 588
梅聖兪詩集序(欧陽修)……………… 595
上枢密韓太尉書(蘇子由)…………… 600
至小邱西小石潭記(柳子厚)………… 608
養才(蘇老泉)………………………… 611
礼論(王安石)………………………… 619
送薜存義之任序(柳子厚)…………… 627
月瀬記(斎藤拙堂)…………………… 630
克己銘(呂与叔)……………………… 635
駿馬説(長野豊山)…………………… 637
桐葉封弟弁(柳子厚)………………… 643
鬼神論(安井息軒)…………………… 648
 

第8巻 日記録 1923.1.5
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
日記録………………………………………… 1
日記簿…………………………………………31
日録……………………………………………77
日録………………………………………… 117
日記………………………………………… 147
日記帳……………………………………… 189
日記帳……………………………………… 217
日記録……………………………………… 271
日記………………………………………… 337
しのび草…………………………………… 389
しのぶ草…………………………………… 435
自省録……………………………………… 467
肺療記要…………………………………… 477
病 日誌…………………………………… 479
病 日記…………………………………… 489
*綱島栄一郎年譜………………………… 501
 

第9巻 書簡集 1923.4.10
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
明治27年……………………………………… 1
明治28年……………………………………… 5
明治29年……………………………………… 7
明治30年………………………………………25
明治31年………………………………………47
明治32年………………………………………55
明治33年………………………………………77
明治34年………………………………………95
明治35年…………………………………… 111
明治36年…………………………………… 149
明治37年…………………………………… 187
明治38年…………………………………… 231
明治39年…………………………………… 329
明治40年…………………………………… 467
年月不詳…………………………………… 605
 

第10巻 ルナン耶蘇伝 補遺 1923.3.20
 
凡例(安倍能成)………………………… 1
ルナン氏 耶蘇伝…………………………… 1
補遺
其の罪を憎んで其の人を憎まずとは何の意ぞ…… 335
現時の倫理理想の三様観………………… 339
福沢翁の『修身要領』を読む…………… 341
哲学館問題に関して……………………… 350
「日本教育」の主張……………………… 353
濶大なる教育思想を歓迎す……………… 357
教授法の過重……………………………… 363
専門教育家とは何の謂ぞ………………… 367
教育の動機………………………………… 368
偉大なる動機……………………………… 369
禅に関する卑見の一節…………………… 370
見と神……………………………………… 383
内在と我在、神と我…………………… 383
断片………………………………………… 384
美術展覧会に対する書生評……………… 386
美術評とりどり…………………………… 388
思ひよれるまゝ…………………………… 389
所謂美術学校問題………………………… 391
日本画観…………………………………… 394
読売懸賞画題の歴史画…………………… 397
白馬会に望む……………………………… 399
歴史美論に関して………………………… 401
東京美術だより(1) …………………… 407
東京美術だより(2) …………………… 409
東京美術だより(3) …………………… 411
無声会の絵画概評………………………… 413
美術瑣言…………………………………… 416
美術雑信(1) …………………………… 420
美術雑信(2) …………………………… 423
(美術雑誌の事)……………………… 423
美術雑爼(1) …………………………… 426
(浮世絵家への希望)………………… 426
美術雑爼(2) …………………………… 428
(広業と永洗の絵合せ)……………… 428
雑爼集……………………………………… 431
東京美術雑観(1) ……………………… 437
東京美術雑観(2) ……………………… 440
絵画共進会(美術院派)……………… 440
日月会…………………………………… 443
正木新東京美術学校長…………………… 446
諸家美学説摘要(ベイン)……………… 448
文学の解釈(真正の読書法)…………… 465
エドワード、ドウデン所説…………… 465
青年文学者に望む………………………… 488
随筆………………………………………… 490
文壇の活気………………………………… 492
観念派の小説……………………………… 493
作家へ一言………………………………… 494
社会の罪…………………………………… 495
何れか愚か何れか軽薄…………………… 497
作者と作…………………………………… 498
滔々たる頽波……………………………… 500
非と非……………………………………… 500
詩人と哲学者……………………………… 501
文学者としての道徳……………………… 512
今日の新体詩界…………………………… 513
昨今の批評壇……………………………… 515
詩題と筆力………………………………… 518
「珈琲店」と「可憐狂」………………… 519
『明治評論』記者の詩材論……………… 520
『冥途の飛脚』…………………………… 522
一筆集……………………………………… 526
鏡花子の近業……………………………… 529
一是一非集………………………………… 531
附録概評…………………………………… 534
『天の網島』合評………………………… 536
『多情多恨』合評………………………… 538
批評壇の乱調……………………………… 541
仮面文学者三種…………………………… 546
柳浪の『七騎落』………………………… 548
川上座演劇『畜生腹』合評……………… 550
蘇峯子の『単刀直入録』を評す………… 553
公共の精神………………………………… 556
作者の職業………………………………… 557
論文の平明………………………………… 560
艱渋なる文字…………………………… 561
思想の明晰……………………………… 562
煩瑣学者風……………………………… 565
哲学上の論文…………………………… 566
欧文直訳風……………………………… 567
文字の平明と文体……………………… 568
風葉子の「政駑」………………………… 571
泣菫子の「天馳使」……………………… 572
想界漫語…………………………………… 574
教育界の単調子………………………… 574
文学者と思潮…………………………… 575
紀行文と露伴紅葉……………………… 576
美術鑑査の標準………………………… 576
美術家の所謂気韻……………………… 577
文壇所見…………………………………… 579
本年の創作壇…………………………… 579
鴎外漁史の末流論……………………… 580
社会小説のうはすべり………………… 581
鏡花子の筆……………………………… 582
浪華文壇………………………………… 583
史蹟の意義……………………………… 584
泣菫子の暮笛集………………………… 587
真理の主張……………………………… 588
文壇一筆集………………………………… 589
おもしろし………………………………… 593
薬屋への報酬…………………………… 593
鋭き諷刺………………………………… 593
余裕……………………………………… 594
作のいとぐち…………………………… 595
臨終の奇語……………………………… 595
ウォルタルスコットの幼時…………… 596
大哲学者デカルテ……………………… 597
老婢を相談相手とす…………………… 598
筆さきの復讐…………………………… 598
ラシーンの最後………………………… 599
小説家の奇禍…………………………… 600
口授筆記………………………………… 600
自著を臥床にかくまふ………………… 602
クリストフハル、スマート…………… 602
狂詩人の妙答…………………………… 603
同窓記念…………………………………… 604
梅〔俳句〕………………………………… 607
故渋谷瀏君を懐ふ………………………… 609
『渋谷鴻南遺稿』跋……………………… 609
余の愛読書………………………………… 611
青年座右銘………………………………… 611
夏期学生の読物…………………………… 612
『基督教世界』記者の問に答へて……… 613
しのぶ草…………………………………… 615
月見草…………………………………… 615
研究の題目……………………………… 633
銷夏漫筆 吾家…………………………… 635
吾家……………………………………… 635
昔の吾家………………………………… 638
亡父……………………………………… 644
吾母……………………………………… 651
長姉と幼姉……………………………… 658
弟………………………………………… 659
長妹と幼妹……………………………… 662
*附録
見神実験と活動的自覚……………… 667
無題…………………………………… 670
『近世審美学』緒言………………… 672
*綱島栄一郎著作年表…………………… 675
*梁川全集の巻末に(安倍能成)………… 1
[ 2011/03/09 14:26 ] 綱島梁川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。