研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  壷井栄 >  『壷井栄全集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『壷井栄全集』全10巻

『壷井栄全集』全10巻(筑摩書房、1968.5~1969.2)



第1巻 1968.5.10
 
妻の座………………………………………… 5
岸うつ波………………………………………91
裲襠………………………………………… 213
*解説(小田切秀雄)…………………… 311
 

第2巻 1968.6.11
 
雑居家族……………………………………… 5
潮時計……………………………………… 167
*解説(小田切秀雄)…………………… 293
 

第3巻 1968.7.10
 
柚原小はな…………………………………… 5
草の実……………………………………… 189
*解説(小田切秀雄)…………………… 325
 

第4巻 1968.8.10
 
あす咲く花…………………………………… 5
*解説(小田切秀雄)…………………… 315
 

第5巻 1968.9.11
 
どこかでなにかが…………………………… 5
右文覚え書………………………………… 245
*解説(小田切秀雄)…………………… 347
 

第6巻 1968.10.8
 
二十四の瞳…………………………………… 5
母のない子と子のない母と……………… 133
*解説(小田切秀雄)…………………… 277
 

第7巻 1968.11.11
 
大根の葉……………………………………… 5
風車……………………………………………32
赤いステッキ…………………………………57
窓………………………………………………71
霧の街…………………………………………89
月給日……………………………………… 111
海の音……………………………………… 118
桃栗三年…………………………………… 132
暦…………………………………………… 147
廊下………………………………………… 206
女傑の村…………………………………… 226
大黒柱……………………………………… 248
寄るべなき人々…………………………… 260
種…………………………………………… 272
小豆飯……………………………………… 284

プロ文士の妻の日記……………………… 296
屍を越えて………………………………… 300
長屋スケッチ……………………………… 318
*解説(小田切秀雄)…………………… 325
 

第8巻 1968.12.11
 
垢……………………………………………… 7
同い年…………………………………………15
薮がらし………………………………………27
まないたの歌…………………………………39
五目ずし………………………………………49
裁縫箱…………………………………………59
ふたたび………………………………………67
艪………………………………………………77
可愛い手………………………………………88
表札………………………………………… 100
めがねと手袋……………………………… 108
浜辺の四季………………………………… 116
渋谷道玄坂………………………………… 130
紺の背広…………………………………… 158
初旅………………………………………… 168
履歴書……………………………………… 182
窓口………………………………………… 198
たからの宿………………………………… 207
屋根裏の記録……………………………… 236
晒木綿……………………………………… 267
桟橋………………………………………… 274
振袖と野良着……………………………… 296
かんざし…………………………………… 301
*解説(小田切秀雄)…………………… 311
 

第9巻 1969.1.10
 
月夜の傘……………………………………… 5
紙一重…………………………………………17
南天の雪………………………………………81
花………………………………………………93
歌…………………………………………… 127
風…………………………………………… 151
空…………………………………………… 193
伊勢の的矢の日和山……………………… 213
まずはめでたや…………………………… 220
花の旅路…………………………………… 231
チュウリップの幻想……………………… 238
月見縁……………………………………… 250
日めくり…………………………………… 281
*解説(小田切秀雄)…………………… 303
 

第10巻 1969.2.10
 
まつりご……………………………………… 5
甲子と猫………………………………………11
十五夜の月……………………………………16
港の少女………………………………………27
夕顔の言葉……………………………………37
おるすばん……………………………………45
妙貞さんの萩の花……………………………52
あばらやの星…………………………………60
朝夕の歌………………………………………67
りんごの袋……………………………………74
捨吉とすて犬……………………………… 114
あたたかい右の手………………………… 118
耳からごほうび…………………………… 126
柿の木のある家…………………………… 131
ヤギ屋のきょうだい……………………… 148
坂道………………………………………… 155
ともしび…………………………………… 170
風の子……………………………………… 214

坂下咲子…………………………………… 251
*年譜(古林尚)………………………… 281
*解説(小田切秀雄)…………………… 303
[ 2011/03/09 14:27 ] 壷井栄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。