研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  坪内逍遥 >  『逍遥選集』全12巻・別冊5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『逍遥選集』全12巻・別冊5巻

『逍遥選集』全12巻・別冊5巻(第一書房、1977.5~1978.2)
※『逍遥選集』全12巻(春陽堂、1926~27)の復刻に別冊5巻を加えたもの。



第1巻 1977.5.22
 
緒言………………………………………… 1
桐一葉(読み本体)………………………… 1
桐一葉(実演用)………………………… 179
序………………………………………… 181
沓手鳥孤城落月…………………………… 375
序………………………………………… 377
『沓手鳥孤城落月』と史実との関係… 473
役の行者…………………………………… 487
序………………………………………… 489
再版に んで…………………………… 491
附録……………………………………… 595
フランスに於ける『役の行者』(吉江喬松)…… 608
行者と女魔………………………………… 613
法難………………………………………… 687
序………………………………………… 689
法難に就いて…………………………… 693
大いに笑ふ淀君…………………………… 815
*附録
上演年表………………………………… 1
 


第2巻 1977.5.22
 
緒言………………………………………… 1
牧の方(第一作)…………………………… 1
緒言………………………………………… 3
改作 牧の方……………………………… 153
序………………………………………… 155
史上の牧の方…………………………… 158
名残の星月夜……………………………… 279
附録……………………………………… 419
義時の最期………………………………… 433
北條義時の死は自然か、人為か?…… 591
霊験………………………………………… 605
緒言……………………………………… 607
現代男……………………………………… 681
翻案につきて…………………………… 717
翻案劇に就きて………………………… 718
ある富豪の夢……………………………… 723
回春泉の試験……………………………… 755
骨董熱……………………………………… 787
*附録
上演年表………………………………… 1
 


第3巻 1977.6.22
 
緒言………………………………………… 1
新曲浦島……………………………………… 1
長生新浦島………………………………… 101
『新曲浦島』を改作した動機に就いて…… 103
新曲赫映姫………………………………… 163
鉢かつぎ姫………………………………… 237
俄仙人……………………………………… 255
金毛狐……………………………………… 265
序………………………………………… 265
一休禅師…………………………………… 293
お夏狂乱…………………………………… 301
初夢………………………………………… 319
小袖物狂…………………………………… 333
寒山拾得…………………………………… 349
お七吉三…………………………………… 354
歌麿と北斎………………………………… 359
和歌の浦…………………………………… 371
堕天女……………………………………… 379
常闇………………………………………… 417
聖徳太子と悪魔…………………………… 443
舞踊論
新楽劇論…………………………………… 505
『浦島』を作せし顛末…………………… 556
『浦島』の寓意…………………………… 563
『赫映姫』について……………………… 568
謡ひものに引直したる 『竹取』について…… 571
音楽と絵画………………………………… 576
国民楽の将来……………………………… 587
能楽研究の順序…………………………… 595
謡曲文は歌なりや文なりや……………… 605
美文としての謡曲文(其一)…………… 610
美文としての謡曲文(其二)…………… 618
謡ひものゝ文章…………………………… 629
能楽の将来につきて……………………… 637
宗教と楽劇………………………………… 645
日本舞踊の現在 及び 将来…………… 654
日本舞踊の将来…………………………… 671
文学と音楽………………………………… 679
舞踊について……………………………… 685
舞踊劇に対する予が作意の過去 及び 将来…… 690
「初夢」の曲と振………………………… 704
外国の舞踊劇と将来の振事……………… 708
試みとしての日本オペラ………………… 714
歌劇の輸入………………………………… 719
舞踊劇……………………………………… 721
明治の舞踊………………………………… 724
浮世絵と我が舞踊劇……………………… 730
音楽と其背景……………………………… 736
舞台上の色彩と舞踊劇…………………… 739
名画の筆意にもとづく新舞踊劇………… 743
新舞踊劇の試演に就いて………………… 751
わが在来の舞踊に就いて………………… 762
をどり……………………………………… 771
代表的型物………………………………… 773
わが六大舞踊派の特質…………………… 795
日本舞踊改造の最後の一策……………… 817
『近代舞踊史論』序……………………… 836
日本舞踊の行くべき道…………………… 839
*附録
上演年表………………………………… 1
 


第4巻 1977.6.22
 
緒言………………………………………… 1
テムペスト(颶風)………………………… 1
緒言(坪内逍遥)………………………… 3
此作の特質…………………………………12
真夏の夜の夢……………………………… 171
緒言(坪内逍遥)……………………… 173
ヘンリー四世 第1部 …………………… 305
緒言(坪内逍遥)……………………… 307
ヘンリー四世 第2部 …………………… 477
緒言(坪内逍遥)……………………… 479
じゃじゃ馬馴らし………………………… 661
緒言(坪内逍遥)……………………… 663
 


第5巻 1977.7.22
 
緒言………………………………………… 1
アントニーとクレオパトラ………………… 1
緒言(坪内逍遥)………………………… 3
以尺報尺…………………………………… 215
緒言(坪内逍遥)……………………… 217
附録……………………………………… 387
マクベス…………………………………… 395
緒言(坪内逍遥)……………………… 397
沙翁劇に関する雑筆三篇………………… 543
日本に於ける沙翁研究、翻案 及び 上演の略誌…… 545
沙翁劇の翻訳に就いて………………… 578
沙翁劇の翻訳に対する私の態度の変遷…… 584
醒めたる女(最後のド・ムラン家)セント・ジョン・ハンキン〔作〕…… 591
ハンキン 及び 其代表作…………… 593
ウォーレン夫人の職業バーナード・ショー〔作〕…… 753
 


第6巻 1977.7.22
 
緒言………………………………………… 1
主として倫理講話者のために……………… 1
方今の小、中学の徳育 并びに 其弊… 3
方今の倫理教育を論ず……………………15
方今の修身講話者…………………………57
修身講話者心得……………………………61
徳教頽廃の譬喩観…………………………71
倫理観の障魔………………………………83
国際道徳の成立ち易からざる理由………93
「中学修身訓」編者の主旨…………… 106
主として少、青年のために……………… 111
随時少年訓……………………………… 113
善悪根柢一覧…………………………… 161
修身奉公訓……………………………… 167
倫理入門講話…………………………… 172
孔子とソクラテス……………………… 245
武弊と文弊……………………………… 279
理想の語義を弁ず……………………… 291
千歳一遇の機…………………………… 329
公徳訓 并びに 図表………………… 371
悪徳の解剖……………………………… 455
常識善悪図表…………………………… 551
附言…………………………………… 551
自殺の分類 及び 其の是非………… 557
礼の分析 并びに 図表……………… 589
悪徳矯正法 并びに 図表…………… 595
刺客論 并びに 図表………………… 601
教育上より観たる文芸…………………… 645
文学芸術の三作用……………………… 647
酒と芸術………………………………… 655
人生道楽………………………………… 665
今の小説を読む若き人々のために…… 669
年少読書家のために…………………… 695
文部大臣の訓令につきて……………… 705
文芸に対する三の異つた標準………… 713
文芸取締り問題………………………… 719
劇は教化機関なりや?………………… 735
プレートーの観た少年教育と文芸との関係…… 769
*附録
教育家としての著者…………………… 1
倫理教育時代の坪内先生(金子馬治)…… 3
教育家としての坪内先生(五十嵐力)…… 7
 


第7巻 1977.8.22
 
緒言………………………………………… 1
芝居絵と豊国 及び 其門下……………… 1
芝居絵
世界に類例のないわが芝居絵の価値…… 269
『芝居錦絵集成』序……………………… 291
『舞台の団十郎』序……………………… 293
活動写真と我が劇の過去………………… 299
広義に謂ふ演劇の定義 并びに 芝居錦絵の分類…… 309
演劇史料としての我が国の芝居絵 并びに 其図表…… 317
わが劇画に現れたパセチックなアブナ趣味の由来に就いて…… 329
女歌舞伎に関する古画八種に就いて…… 347
歴史小説、歴史画、歴史劇
歴史小説に就きて………………………… 373
我が国の史劇……………………………… 383
其一 過去……巣林子、黙阿弥、学海の三家を評す…… 383
其二 現在……桜痴居士の本領……… 396
其三 現在……夢幻劇派……………… 423
其四 再び夢幻劇を論ず……………… 433
其五 未来改善案の第一段…………… 443
三たび夢幻劇を論ず……………………… 453
四たび夢幻劇を論ず……………………… 461
神来丸の宝剣 小天地の名画 志賀松節一代記…… 465
史劇に就きての疑ひ……………………… 527
史劇に関する疑ひを再び『太陽』記者に質す…… 543
芸術上に所謂歴史的といふ語の真義如何…… 555
再び歴史画を論ず………………………… 593
史劇 及び 史劇論の変遷……………… 633
 


第8巻 1977.8.22
 
緒言………………………………………… 1
壱円紙幣の履歴ばなし……………………… 1
をかし…………………………………………65
政界叢話…………………………………… 105
梓神子……………………………………… 143

人生四季…………………………………… 183
所謂新しい女……………………………… 211
序………………………………………… 211
何故に滑稽作者は出でざるか?………… 373
如何なる人が最も善く笑ふか?………… 381
詩人の二性格……………………………… 389
学者頭と詩人頭…………………………… 397
「文明」の研究…………………………… 407
牛のよだれ………………………………… 419
ノルダウの『現代の堕落』の序………… 439
馬骨人言…………………………………… 449
近世文学思想の源流……………………… 547
近松の浄瑠璃……………………………… 665
『天の網島』……………………………… 673
『女殺油地獄』…………………………… 693
近松が時代物……………………………… 725
『めいどの飛脚』………………………… 731
近松研究会発会の辞……………………… 739
『槍権三重帷子』………………………… 741
『恋八卦柱暦』…………………………… 751
『天の網島』……………………………… 755
『雪女五枚羽子板』……………………… 759
『国性爺合戦』…………………………… 763
近松とシェークスピヤ…………………… 769
特種の偶人劇としての我が操り芝居の研究…… 779
外国の操り芝居…………………………… 789
我が国の操り芝居に就いて……………… 799
近松二百年記念事業に対する希望……… 815
近松二百年記念事業に就いて(再び)… 829
 


第9巻 1977.9.22
 
緒言………………………………………… 1
芸術と社会
新時代に対する芸術の職能………………… 3
民衆教化と演劇………………………………47
民衆本位と我が劇の前途……………………93
民衆娯楽問題……………………………… 113
娯楽よりも文化………………………… 113
民衆娯楽問題の種々の見方…………… 121
民衆の娯楽よりも民衆の遊び………… 128
禍乱の防止策としての公共芸術の奨励… 137
新民衆劇を起さんとする理由…………… 153
熱海町の為のペーヂェント……………… 231
ペーヂェントの適用範囲………………… 287
新国民演芸としての英米のペーヂェント…… 297
戸外劇三種………………………………… 323
1 路傍に寝てゐる青年………………… 323
2 喜劇「登ろ登ろ!」………………… 335
3 中山安兵衛…………………………… 356
ペーヂェントと戸外劇…………………… 379
近松ペーヂェント………………………… 389
教育上に於ける遊戯の機能……………… 401
芸術と家庭
文化力としての童話 及び 童話術…… 431
私の希望する家庭童話劇………………… 451
児童劇の三種類…………………………… 461
児童劇に関する若干の疑問……………… 477
演劇と青年教育…………………………… 485
児童劇の進化……………………………… 493
児童劇の種類 及び 使命……………… 511
児童劇の効用……………………………… 525
児童劇に対する種々の杞憂……………… 547
児童劇の扱ひ方…………………………… 559
家庭用并びに学校用 脚本……………… 575
田舎の鼠と東京の鼠…………………… 575
神楽師の息子銀吉……………………… 579
メレー婆さんと其飼犬ポチ…………… 588
わるい友だち…………………………… 601
因幡うさぎ……………………………… 606
すくなびこな…………………………… 642
をろち退治……………………………… 655
文福茶釜………………………………… 672
小野の道風……………………………… 688
道潅と欠皿……………………………… 707
烏帽子折と猿の群れ…………………… 744
人と浪…………………………………… 762
をさな正行……………………………… 782
実際上から観た児童劇…………………… 809
児童劇の効用(再び)…………………… 823
児童劇の模範実演の必要………………… 831
家庭用児童劇の地方巡回公演に際して… 837
初等教育に於ける演劇…………………… 847
復興期芸術に関する予測………………… 861
*附録
家庭用児童劇 及び ペーヂェント上演顛末…… 1
坪内博士と家庭用児童劇(伊達豊)…… 3
児童劇公演顛末……………………… 7
ペーヂェント上演略記(大村弘毅)……25
 


第10巻 1977.9.22
 
緒言………………………………………… 1
劇に関する論説
国劇小史……………………………………… 3
明治劇界小史…………………………………21
歌舞伎劇の徹底的研究………………………41
日本演劇全史の編著に就いて………………95
舞台構造様式の分類 及び 進化……… 117
むかしの若女がた………………………… 131
女形の前途と歌舞伎の前途……………… 149
女形優待論………………………………… 173
文学としての我が在来脚本……………… 215
旧狂言作者 及び 旧脚本……………… 227
時代おくれの脚本………………………… 245
新演劇の現在……………………………… 257
わが旧劇に似た外国の劇………………… 269
暗い芝居 対 明るい芝居……………… 325
『市川団十郎の代々』序………………… 337
初代桜田治助の伝………………………… 341
『歌舞伎脚本傑作集』第3巻緒言 ……… 361
並木五瓶の伝……………………………… 371
四世鶴屋南北の伝………………………… 387
『河竹黙阿弥伝』序……………………… 409
黙阿弥作「綱模様燈篭菊桐」…………… 415
劇壇の現在 及び 未来………………… 423
作の上より見たる我が劇壇の現在 及び 未来…… 429
我が演劇の前途…………………………… 435
観る方からの演劇の趣味………………… 443
観劇の目安………………………………… 451
昨今の劇評………………………………… 459
写実劇と素人俳優………………………… 465
翻案劇……………………………………… 475
演劇刷新の依然として困難なる所以…… 481
劇と舞台面との調和……………………… 491
近頃の劇の面白からぬ理由……………… 497
自意識の過ぎた芸術……………………… 507
歌舞伎劇に対する希望…………………… 513
演劇界の未来……………………………… 521
新脚本と其前途…………………………… 533
新作脚本と旧俳優………………………… 545
普通の見物人の好まぬ劇………………… 551
大正五年の我が劇壇……………………… 561
近松の新改作……………………………… 575
日本演劇の前途…………………………… 587
帝国劇場と歌舞伎劇……………………… 631
新しい劇と新しい観客…………………… 665
旧派の俳優は、新劇の俳優として尚ほ大いに用ふるに足るか?…… 673
東京劇壇の現況と外国劇界の趨勢……… 699
何故に日本人が沙翁を記念するか?…… 741
老近松を世界に紹介すべし……………… 757
近松 対 シェークスピヤ 対 イブセン…… 769
『仮名手本忠臣蔵』の劇としての価値… 815
『菅原伝授手習鑑』……………………… 829
『妹脊山婦女庭訓』……………………… 833
大震災より得たる教訓…………………… 839
自己を失はない程度の新芸術…………… 865
大阪と新しい芸術………………………… 873
新民衆芸術の発祥地としての大阪……… 881
 


第11巻 1977.10.22
 
緒言………………………………………… 1
美辞論稿……………………………………… 1
緒言………………………………………… 3
文学入門…………………………………… 157
読書法と朗読法に関する論説 4篇
読法を興さんとする趣意………………… 249
読書法を説きて国文研究者に望む……… 275
国文学の将来……………………………… 287
脚本の朗読法……………………………… 325
英詩文訓釈
英詩文の訓釈法に就いて………………… 351
テニソンの抒情詩 及び 物語歌……… 363
ウァーヅワースの抒情詩………………… 449
訳詩………………………………………… 515
破格の各文、文のすがた
破格の名文………………………………… 521
文のすがた………………………………… 527
国字 及び 国文に関する論説 5篇
新文壇の二大問題………………………… 537
普通教育に漢字を全廃すべし…………… 573
言文一致について………………………… 575
文章上の挙国一致………………………… 580
所謂漢字節減案の分析的批判…………… 589
史論に関するもの 4篇
史論四派…………………………………… 659
『国民の日本史』序……………………… 665
『世界文明史物語』序…………………… 675
『日本南国物語』序……………………… 679
脚本に関する訴訟事件の鑑定
黙阿弥作「青砥稿花紅彩画」の鑑定…… 685
演芸と演劇の別…………………………… 705
「春色梅開暦」事件……………………… 712
「檜山実記」事件………………………… 727
「近江源氏先陣館」事件………………… 745
「二蓋笠柳生実記」事件………………… 772
「箱崎文庫」事件………………………… 800
義太夫は改良すべからず 其他10篇
義太夫は改良すべからず………………… 815
西洋の八人芸……………………………… 818
百合若伝説の本源………………………… 824
百合若、酒顛童子、金太郎等…………… 834
頼朝の女、大姫…………………………… 849
大隈伯の『菅公談』跋…………………… 858
『平家詩史』序…………………………… 862
『漫遊人国記』序………………………… 867
『阿修羅帖』序…………………………… 870
『あぶな絵集』序………………………… 872
三絶披露の事……………………………… 880
 


第12巻 1977.10.22
 
跋に代へて………………………………… 1
少年時代
私の寺子屋時代……………………………… 3
十歳以前に読んだ本…………………………43
学生時代の追憶………………………………47
少年時に観た 歌舞伎の追憶………………53
新旧過渡期の文学
曲亭馬琴…………………………………… 295
新旧過渡期の回想………………………… 319
回憶漫談(其一)………………………… 341
回憶漫談(其二)………………………… 354
劇に関する回想
内地で初めて観た外国俳優のシェークスピヤ劇の印象…… 375
古河(河竹)黙阿弥……………………… 379
五世菊五郎………………………………… 386
九世団十郎………………………………… 388
九世団十郎、五世菊五郎………………… 397
熱海に関する追憶………………… 405
故人録
狩野芳崖(其一)………………………… 433
狩野芳崖(其二)………………………… 438
大西祝……………………………………… 441
斎藤緑雨(其一)………………………… 447
斎藤緑雨(其二)………………………… 455
小泉八雲(ラフカヂオ・ヘルン)……… 471
山田一郎(愛川)(其一)……………… 476
山田一郎(其二)………………………… 480
綱島梁川…………………………………… 482
二葉亭四迷(其一)……………………… 489
二葉亭四迷(其二)……………………… 508
田原栄……………………………………… 517
杉谷代水…………………………………… 520
島村抱月…………………………………… 523
舞踊の師西川嘉義………………………… 527
大隈老侯…………………………………… 532
饗庭篁村…………………………………… 540
森鴎外……………………………………… 555
坪内大造…………………………………… 565
東儀鉄笛…………………………………… 569
増子喜一郎………………………………… 579
文芸協会史料
文芸協会組織一新の趣意………………… 587
「ハムレット」の公演に先きだちて…… 590
文芸協会々則……………………………… 616
文芸協会内規……………………………… 620
文芸協会 演劇研究所規定……………… 622
余丁町の演劇研究所……………………… 627
日本に沙翁劇を興さんとする理由……… 635
日本で演ずる「ハムレット」…………… 654
「ハムレット」に就いて………………… 662
「ハムレット」公演後の所感…………… 667
「故郷」に就いて………………………… 675
教化の目的と文芸協会…………………… 683
何故に新しき劇を必要とするか?……… 693
文芸協会研究所創立まで………………… 707
*附録
逍遥年譜………………………………… 1
著者の業績に関する諸家の回想……… 1
東京専門学校文学科の創設(市島謙吉)…… 3
前期文芸協会(水口薇陽)………… 7
後期文芸協会(河竹繁俊)…………31
 


別冊1 1977.12.22
 
緒言(編集者〔識〕)…………………… 1
一読三歎 当世書生気質…………………… 1
はしがき…………………………………… 3
新磨 妹と脊かゞみ……………………… 267
はしがき………………………………… 269
諷誡 京わらんべ………………………… 493
はしがき………………………………… 497
内地雑居 未来之夢……………………… 549
緒言……………………………………… 551
内地雑居 未来之夢 附言…………… 555
松のうち…………………………………… 723
細君………………………………………… 815
*解題………………………………………… 1
 


別冊2 1977.11.22
 
緒言(編輯者〔識〕)…………………… 1
春風情話ソル・ヲルタル・スコット〔原著〕,橘顕三〔訳述〕…… 1
春風情話序(小川為次郎)……………… 3
春風情話附言(訳者〔識〕)…………… 7
泰西活劇 春窓綺話服部誠一〔纂述〕……63
泰西活劇 春窓綺話自序…………………65
該撒奇談 自由太刀余波鋭鋒…………… 293
開卷悲憤 慨世士伝……………………… 441
はしがき………………………………… 445
贋貨つかひ………………………………… 657
ふたごころ………………………………… 731
*解題………………………………………… 1
 


別冊3 1977.11.22
 
緒言(編輯者〔識〕)…………………… 1
小説神髄……………………………………… 1
緒言………………………………………… 3
没理想論…………………………………… 159
『マクベス評釈』の緒言……………… 161
我れにあらずして汝にあり…………… 171
烏有先生に謝す………………………… 175
没理想の語義を弁ず…………………… 177
烏有先生に答ふ………………………… 183
其意は違へり…………………………… 213
小羊子が白日夢………………………… 217
『早稲田文学』が谷「時文評論」村の縁起…… 229
没理想の由来…………………………… 283
罵の字…………………………………… 305
一種の批評家…………………………… 309
解嘲……………………………………… 311
希臘劇に関するもの
希臘古代の演劇に就いて………………… 319
エスキラスの三段曲梗概………………… 331
近代劇に関するもの
イブセンの社会劇………………………… 375
『鴨』の梗概……………………………… 409
『幽霊』の梗概…………………………… 477
『蘇生の日』序…………………………… 505
『ヘッダ・ガブラア』序………………… 509
ハウプトマン作『孤煢』の梗概………… 513
ショー其人 及び 其作………………… 539
『ソネットの黒婦人』に就いて………… 649
文体論 及び 外国文学に関するもの
文体の紛乱………………………………… 661
文体の成り行き…………………………… 667
翻刻三遷…………………………………… 672
外国語学と外国文学……………………… 676
外国美文学の輸入………………………… 680
翻訳すべき外国文学……………………… 683
教科書二種の編纂主旨
『小学国語読本』はしがき(編者〔識〕)…… 691
『小学国語読本』編纂要旨……………… 695
『中学新読本』編纂の主意坪内雄蔵〔編纂〕,杉谷虎蔵,五十嵐力〔補助〕…… 711
『中学新読本』編纂方針………………… 716
雑論
新聞紙の小説……………………………… 727
新聞小説鑑裁の標準……………………… 734
功過録としてのシェークスピヤ………… 751
如何にせば大優人たるを得べきか(訳文)…… 767
優人論の補遺(訳文)…………………… 771
性格と性根………………………………… 775
女方と「捨身」の芸風…………………… 781
雄弁は結構だが雄弁屋は有りがたくなし…… 785
話の巧拙と文の巧拙……………………… 789
歌謡
くだものゝうた…………………………… 799
郵便箱の歌………………………………… 800
織物の歌…………………………………… 802
国のけもの………………………………… 803
我が国は海の国…………………………… 805
大海原……………………………………… 809
早稲田中学校々歌………………………… 812
蜂屋小学校々歌(岐阜県加茂郡蜂屋村)…… 815
菅原小学校々歌(名古屋市西区)……… 817
付 早稲田中学校々歌曲譜
付 大海原曲譜
*附録
逍遥印譜………………………………… 1
『逍遥選集』の刊行に就いて金子馬治,五十嵐力,本間久雄,河竹繁俊〔編輯顧問〕,大村弘毅,伊達豊〔編輯主任〕… 1
解題……………………………………… 1
 


別冊4 1977.12.22
 
阿難と鬼子母………………………………… 1
はしがき…………………………………… 3
阿難の累ひ…………………………………12
鬼子母解脱…………………………………56
エビロッグ………………………………78
改作 桐一葉………………………………81
近世畸人伝 其他……………………………95
近世畸人伝…………………………………98
『近世畸人伝』に就いて…………… 171
舞踊劇 変化雛………………………… 175
舞踊劇 鶴の栄………………………… 185
「鶴の栄」に関して演芸画報社へ送った手紙…… 189
舞踊劇 良寛と子守…………………… 193
附言…………………………………… 207
二葉の楠………………………………… 211
神変大菩薩伝…………………………… 245
漫談役行者……………………………… 295
此処やかしこ…………………………… 307
文界名所 底知らずの湖……………… 385
 の蔕……………………………………… 393
序談……………………………………… 395
二葉亭の事……………………………… 401
活歴劇「桃山譚」の今昔……………… 492
芸術上に於ける写実の位置…………… 507
清正役者としての吉右衛門…………… 523
芸伝統のねばり強さ…………………… 528
梨園外からの劇の指導者……………… 541
明治廿三四年ごろの文壇……………… 558
饗庭篁村の事…………………………… 578
自作上演の追憶………………………… 599
沙翁劇の新演出………………………… 618
謎の存在としてのシェークスピヤ…… 626
なぜ現代劇が栄えないか?…………… 633
俳優術…………………………………… 640
役者似顔絵 及び 写真……………… 650
老衰の歌舞伎を診断する……………… 653
続  の蔕………………………………… 671
人為は長く、人生は短し……………… 673
芸術の種々相…………………………… 678
九代目追遠興行の成功………………… 682
歌舞伎脚本の将来……………………… 693
比較的余命の長さうなのは世話物…… 703
歌舞伎座の十月興行…………………… 709
句読法のいろいろ……………………… 718
今も数々使はれる俗用語に関する疑ひ…… 732
朗読吹込み慚愧………………………… 743
『論語』の現代化……………………… 747
*解題………………………………………… 1
 


別冊5 1978.2.28
 
シェークスピヤ研究栞……………………… 1
序…………………………………………… 3
編者の言葉(日高只一,服部嘉香,河竹繁俊)…… 5
緒言 其一…………………………………14
緒言 其二…………………………………21
第1章 どの作を、どんな順序で、又、最初の参考用としては、先づ、どんな参考書を読むがよいか?……30
第2章 訓詁本位の研究 其一 …………54
第3章 訓詁本位の研究 其二 …………70
第4章 文学本位の研究 …………………78
第5章 伝記本位の研究 其一 …………93
第6章 伝記本位の研究 其二 ……… 101
第7章 伝記本位の研究 其三 ……… 117
第8章 シェークスピヤ疑義説 其一…… 133
第9章 シェークスピヤ疑義説 其二…… 145
第10章 シェークスピヤ疑義説 其三…… 157
第11章 「ソネット集」問題………… 166
第12章 シェークスピヤと其競敵…… 179
第13章 実演本位の研究 其一……… 186
第14章 実演本位の研究 其二……… 198
第15章 実演本位の研究 其三……… 212
第16章 シェークスピヤの肖像 其他…… 230
第17章 シェークスピヤ劇の翻訳…… 244
第18章 自分の翻訳に就いて………… 254
シェークスピヤ・アット・ランダム…… 279
シェークスピヤ・アット・ランダム… 281
沙翁訳全集の普及版を新刊するに就いて…… 281
日本に於ける「ハムレット」……… 283
諸家の翻訳振り(其一)…………… 286
此独白の冒頭の句に関する異説…… 293
諸家の翻訳振り(其二)…………… 295
沙翁に対しても日本人は日本人の立場から…… 302
エリザ朝の活歴劇…………………… 303
「以尺報尺」………………………… 306
国訳沙翁劇の上演…………………… 308
東劇の「ヱ゛ニスの商人」………… 309
築地の「ハムレット」……………… 313
国訳沙翁劇の上演は可能か、不可能か?…… 317
オフィリヤの性格…………………… 320
狂乱後の彼女………………………… 321
精神病理学上から…………………… 322
彼女の歌ふ小唄の譜………………… 324
沙翁劇訳本の朗読…………………… 325
挨拶…………………………………… 326
マンドレークといふ植物の訳名…… 330
メドラー(medlar)といふ果実の訳名…… 333
性に因む他の植物のいろいろ……… 335
私の屡々誤訳した植物の名………… 337
語彙の豊富よりも語義や語調の濃淡…… 338
演劇は由来拵へ物、沙翁劇は勿論、古今の名劇の総てが…… 341
沙翁は種々の夥しい鉱脈を有してゐる一大鉱山…… 344
注意すべき近刊書類………………… 348
実演関係の新著及び所謂異端物…… 351
シェークスピヤ全訳顛末……………… 362
疑問の団塊としてのシェークスピヤ… 368
歌舞伎画証史話…………………………… 375
序………………………………………… 377
女歌舞伎の話…………………………… 386
若衆かぶきの話………………………… 399
歌舞伎の劇場構造の進化に関して…… 412
歌舞伎劇場と沙翁劇場との偶然の類似…… 438
スペイン古劇の話……………………… 447
序言…………………………………… 448
芝居絵の話……………………………… 471
人形映画「魔法の時計」……………… 485
劇と映画に就いて……………………… 488
児童劇に就いて………………………… 506
日本シェークスピヤ協会の発会に際して…… 516
雑纂
脚本朗読術研究の必要…………………… 523
演劇博物館開館式の挨拶………………… 542
沢田正二郎を弔する辞…………………… 548
さながら帖………………………………… 552
詠草
和歌………………………………………… 559
俳句………………………………………… 596
歌謡
熱海町歌…………………………………… 619
新曲 熱海の栄…………………………… 621
我が庭ののうぜんかづら………………… 623
田植歌……………………………………… 625
本郷中学校歌……………………………… 626
余丁町小学校創立紀念日の歌…………… 629
余丁町小学校校訓の歌…………………… 630
*附録
逍遥著訳年表…………………………… 1
逍遥作品上演年表……………………… 1
創作劇・翻案劇……………………… 3
舞踊劇・歌劇…………………………29
シェークスピヤ劇……………………38
逍遥選集 総目次……………………… 1
解題……………………………………… 1
[ 2011/03/09 14:29 ] 坪内逍遥 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。