研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  坪田譲治 >  『坪田譲治全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『坪田譲治全集』全12巻

『坪田譲治全集』全12巻(新潮社、1977.6~1978.5)



第1巻 小説 1 1978.1.20
 
短篇小説(大正8年~昭和9年)
森の中へ……………………………………… 8
白い石…………………………………………16
村に帰るこころ………………………………23
何を砕かむ……………………………………33
正太の馬………………………………………39
正太の故郷……………………………………48
コマ……………………………………………55
子供の憂鬱……………………………………57
雷雨……………………………………………61
ピンと ………………………………………66
壷………………………………………………76
正太弓を作る…………………………………78
田園小景………………………………………82
正太樹をめぐる………………………………87
友情……………………………………………93
枝にかかった金輪……………………………95
父の記憶…………………………………… 105
マタメガネ………………………………… 115
三輪車……………………………………… 119
虹…………………………………………… 132
兄は樹上にあり…………………………… 136
心村に帰る………………………………… 146
雪という字………………………………… 158
町から帰った女…………………………… 161
葡萄の若葉………………………………… 164
セキセイ鸚哥……………………………… 173
蟹と遊ぶ…………………………………… 178
遊ぶ子供…………………………………… 183
善太の四季………………………………… 194
キャラメルの祝祭………………………… 209
日まわり…………………………………… 216

激流を渡る………………………………… 231
補遺
亡き兄の自画像…………………………… 337
西方浄土…………………………………… 342
老人と子供と蟹…………………………… 347
七月の夢…………………………………… 350
樹の下の石………………………………… 356
夕飯前……………………………………… 359
心の浜辺…………………………………… 364
*あとがき(坪田譲治)………………… 365
*編集後記(水藤春夫)………………… 371
 

第2巻 小説 2 1977.7.20
 
笛……………………………………………… 8
けしの花………………………………………21
土に帰る子……………………………………33
お化けの世界…………………………………36
蟹………………………………………………55
カタツムリ……………………………………61
父と子…………………………………………67
晩春懐郷………………………………………79
善太と三平……………………………………89
白い鳥黒い鳥…………………………………95
秋の丘にて………………………………… 106
桐の木……………………………………… 108
善太漂流記………………………………… 113
まさかの時………………………………… 121
土から出た船……………………………… 123
水晶山悲劇………………………………… 126
正太の夢…………………………………… 133
平蕃曲……………………………………… 137
玩具店にて………………………………… 140
谷間の松風………………………………… 143
家…………………………………………… 148
猫…………………………………………… 154
幼年の恐怖………………………………… 158
一匹の鮒…………………………………… 161
兄・叔父・私……………………………… 169
求むるこころ……………………………… 180
かくれんぼ………………………………… 203
一つの線…………………………………… 207
イトウ退治………………………………… 211
先生と弟子………………………………… 219
カナリヤ…………………………………… 223
四郎とキヨ………………………………… 226
池畔に釣る………………………………… 235
最後の総会………………………………… 240
赤い馬……………………………………… 252
童心の花…………………………………… 263
青山一族…………………………………… 277
胸中風景…………………………………… 294
村は晩春…………………………………… 300
村は夏雲…………………………………… 315
鶴…………………………………………… 325
子供の猫…………………………………… 334
鯰…………………………………………… 342
*あとがき(坪田譲治)………………… 351
*編集後記(水藤春夫)………………… 355
 

第3巻 小説 3 1977.9.20
 
風の中の子供………………………………… 7
短篇小説(昭和12年~昭和13年)
弱い心一景……………………………………68
子供のともしび………………………………72
甚七南画風景…………………………………82
賊の洞穴………………………………………96
胡蝶と鯉…………………………………… 104
柿の甚七…………………………………… 124
甚七乗馬日誌……………………………… 137
老人浄土…………………………………… 144
野尻少女…………………………………… 149
河中の岩…………………………………… 157
失われたる田園…………………………… 160
家…………………………………………… 178
漁夫の辞…………………………………… 198
包頭の少女………………………………… 207

家に子供あり……………………………… 213
*あとがき(坪田譲治)………………… 349
*編集後記(前川康男)………………… 353
 

第4巻 小説 4 1977.12.20
 
子供の四季…………………………………… 7
短篇小説(昭和14年~昭和26年)
兄を描く…………………………………… 256
牧場の春…………………………………… 269
牧場の夏…………………………………… 286
花と牛……………………………………… 303
牛と馬……………………………………… 314
記念碑……………………………………… 326
弱気地獄…………………………………… 331
老年礼讃…………………………………… 337
*あとがき(坪田譲治)………………… 343
*編集後記(前川康男)………………… 349
 

第5巻 小説 5 1977.10.20
 
短篇小説(昭和27年~昭和32年)
ある老人の死………………………………… 8
せみと蓮の花…………………………………15
三重吉断章……………………………………44
二十の春………………………………………54
母………………………………………………64
遠い昔のこと…………………………………74
魔性のもの……………………………………87
女のこと………………………………………96
戸締り合戦………………………………… 107
みみずくと蓮の花………………………… 118
木戸と垣根………………………………… 129
雲煙四十年………………………………… 139

虎彦竜彦…………………………………… 157
*あとがき(坪田譲治)………………… 369
*編集後記(水藤春夫)………………… 375
 

第6巻 小説 6 1978.3.20
 
老いては……………………………………… 8
老人独白………………………………………22
こわがり屋……………………………………34
姉………………………………………………53
老年の歌………………………………………65
昨日の恥………………………………………76
昨日の恥 今日の恥…………………………83
手術……………………………………………96
借金について……………………………… 108
道則妖術を習うこと……………………… 120
息子シカル………………………………… 131
まずお爺さんの話………………………… 143
兄弟仲よく………………………………… 153
あいうえお………………………………… 164
虚々実々…………………………………… 175
うちきもの………………………………… 185
もののはずみ……………………………… 195
七十の風景………………………………… 206
賢い孫と愚かな老人……………………… 217
秋の夜ながに……………………………… 227
マスコット………………………………… 237
ぼけた老人とぼけぬ老人………………… 247
ものを捨てる……………………………… 258
後悔先に立たず…………………………… 272
涙を流す…………………………………… 282
不安な季節………………………………… 293
親友妹尾正男……………………………… 304
橋…………………………………………… 318
昭和五年四十歳…………………………… 324
小説尾崎士郎……………………………… 334
*あとがき(坪田譲治)………………… 351
*編集後記(前川康男)………………… 355
 

第7巻 童話 1 1977.8.20
 
正太の汽車……………………………………12
蛙………………………………………………13
河童の話………………………………………14
善太と汽車……………………………………19
正太と蜂………………………………………24
ろばと三平……………………………………29
樹の下の宝……………………………………36
小川の葦………………………………………42
黒猫の家………………………………………45
バケツの中の鯨………………………………51
合田忠是君……………………………………54
母ちゃん………………………………………60
村の子…………………………………………62
熊………………………………………………67
ダイヤと電話…………………………………70
シナ手品………………………………………75
鯉………………………………………………81
激戦……………………………………………86
スズメとカニ…………………………………92
芋………………………………………………97
ハヤ………………………………………… 101
城山探険…………………………………… 105
蜂の女王…………………………………… 111
スキー……………………………………… 115
異人屋敷…………………………………… 119
日曜学校…………………………………… 124
引っ越し…………………………………… 130
お馬………………………………………… 135
どろぼう…………………………………… 140
魔法………………………………………… 146
デンデン虫………………………………… 151
狐狩り……………………………………… 156
時計退治…………………………………… 162
ペルーの話………………………………… 166
真珠………………………………………… 186
蛇退治……………………………………… 191
ビワの実…………………………………… 195
岩…………………………………………… 201
猛獣狩……………………………………… 207
白ねずみ…………………………………… 212
二ひきのカエル…………………………… 218
狐…………………………………………… 224
石屋さん…………………………………… 230
新しいパンツをはいて…………………… 235
蜃気楼……………………………………… 240
ジャンケン………………………………… 244
おどる魚…………………………………… 247
狐と河童…………………………………… 249
探険紙芝居………………………………… 254
少年鼓手…………………………………… 264
壜のゆくえ………………………………… 268
善太の手紙………………………………… 271
秀吉を見ました…………………………… 272
ベニー河のほとり………………………… 276
沙漠の中にて……………………………… 287
早い時計…………………………………… 290
大入道……………………………………… 292
タコと小鳥………………………………… 295
なまず釣り………………………………… 297
太郎の望み………………………………… 302
鼠の話……………………………………… 304
たんぼの大しょう………………………… 309
日の丸のはた……………………………… 310
いたずら三平……………………………… 311
リスとカシのみ…………………………… 312
ナマズ……………………………………… 314
ネズミのかくれんぼ……………………… 315
ごほうび…………………………………… 316
しりとりあそび…………………………… 317
水と火……………………………………… 318
キツネのさいころ………………………… 319
川はながれる……………………………… 321
大きなもの………………………………… 321
小鳥の巣…………………………………… 323
ウサギがり………………………………… 324
ネズミとすず……………………………… 324
もりのけもの……………………………… 326
いしとカエル……………………………… 327
ことりのやど……………………………… 329
ひとつのビスケット……………………… 330
ふしぎないえ……………………………… 331
いたずら…………………………………… 332
いちろうのぼうけん……………………… 333
四月一日…………………………………… 336
きしゃイヌ………………………………… 338
雪ふる池…………………………………… 342
*あとがき(坪田譲治)………………… 347
*編集後記(水藤春夫)………………… 351
 

第8巻 童話 2 1978.2.20
 
三平の夏………………………………………10
天の秘密地の秘密……………………………17
鼠やトンボ……………………………………25
四人でした事…………………………………26
雀と良介………………………………………28
ガマやイタチ…………………………………30
小勇士…………………………………………33
子猫……………………………………………34
山の上の岩……………………………………36
小鳥と三平……………………………………38
写真……………………………………………40
太郎のゆめ……………………………………42
おじさんの発明………………………………50
三平蛙…………………………………………55
ふしぎな森……………………………………57
すずめの話……………………………………60
森のてじなし…………………………………61
あめ玉…………………………………………62
牛の友だち……………………………………63
子ねこのかくれんぼ…………………………65
木つつき………………………………………66
太郎の舟………………………………………69
正太の海………………………………………71
キャラメルでんしゃ…………………………72
一つのパン……………………………………73
ねこの太郎……………………………………74
旗の大将………………………………………75
シナの子ども…………………………………77
谷間の池………………………………………84
甚七おとぎばなし……………………………92
七人の子供………………………………… 102
甚七昔ばなし……………………………… 124
小獅子小孔雀……………………………… 130
山のみずうみ……………………………… 136
池のクジラ………………………………… 140
鯰の夢……………………………………… 142
岩のはなし………………………………… 145
易県の兄弟………………………………… 150
魔法の庭…………………………………… 156
王春の話…………………………………… 159
ハサンの鳥………………………………… 163
桃の実……………………………………… 168
きつねとぶどう…………………………… 174
三本の柿の木……………………………… 175
角のあるけだもの………………………… 182
おうむとわに……………………………… 186
あばれもの次郎…………………………… 190
おじいさんのメガネ……………………… 193
八郎とこい………………………………… 198
貝の話……………………………………… 199
枝の上のからす…………………………… 201
サバクの虹………………………………… 206
雀のそうしき……………………………… 210
犬と友達…………………………………… 214
ナスビと氷山……………………………… 222
うさぎ……………………………………… 225
ひるの夢よるの夢………………………… 228
ひとつぶのたね…………………………… 239
けんかタロウとけんかジロウ…………… 240
うさぎとてんぐ…………………………… 242
ゆめ………………………………………… 244
三びきのアリ……………………………… 249
タコをとばす……………………………… 253
ガマのげいとう…………………………… 261
おじいさんおばあさん…………………… 262
ニジとカニ………………………………… 264
ねことままごと…………………………… 265
ままごと…………………………………… 266
よっちゃんとりんご……………………… 267
たねをまく………………………………… 268
おべんとうのはなし……………………… 271
うし………………………………………… 272
山の湖(長篇)…………………………… 274
*あとがき(坪田譲治)………………… 347
*編集後記(水藤春夫)………………… 351
 

第9巻 童話 3 1977.11.20
 
春の夢秋の夢………………………………… 7
少年の日…………………………………… 137
あとがき………………………………… 241
短篇童話
一人の子供………………………………… 244
夜…………………………………………… 255
山のオジサン……………………………… 261
エンピツ…………………………………… 268
ラクガキ…………………………………… 270
柿の木と少年……………………………… 277
山のなかでは……………………………… 284
山の中のサルの家………………………… 289
こどもじぞう……………………………… 296
夏の夢冬の夢……………………………… 300
おばけとゆうれい………………………… 315
武南倉造…………………………………… 317
*あとがき(坪田譲治)………………… 341
*編集後記(前川康男)………………… 347
 

第10巻 童話 4 1978.4.20
 
金の梅・銀の梅………………………………12
城………………………………………………15
トルコ人の夢…………………………………18
かにと日の丸…………………………………21
カワズのはなし………………………………22
馬になって……………………………………24
子供の日………………………………………25
すずめと牛……………………………………27
山の中の花……………………………………28
栗の大木………………………………………30
トンボのひるね………………………………31
トラオくん……………………………………33
遠くにいる日本人……………………………35
かえるのお月さま……………………………37
メガネの中に…………………………………38
山の友だち……………………………………40
カマキリ………………………………………42
夢のふるさと…………………………………44
イワナとサル…………………………………45
コオロギのはなし……………………………47
ガマのゆめ……………………………………48
大きなタマゴ…………………………………51
花と魚と鳥……………………………………54
元日の花………………………………………55
カニとカキのたね……………………………57
おじいさんの話………………………………59
森の中の塔……………………………………61
カラスの礼儀…………………………………66
夢の元日………………………………………69
おかあさんの字引き…………………………71
金のかぶと……………………………………73
天狗の酒………………………………………78
あたご山のいのしし…………………………81
ぬすびとをだます話…………………………86
ころは万寿……………………………………88
楽師グッティラ物語……………………… 112
イタチのいる学校………………………… 136
びわの木学校(短篇)…………………… 139
びわの木学校(長篇)…………………… 142
むかしのお正月…………………………… 170
トンボと飛行機…………………………… 173
カエルとハガキ…………………………… 174
道ばたの池のコイ………………………… 179
カラスとドジョウ………………………… 182
かっぱとドンコツ………………… 184
生まれたときもう歯がはえていたという話…… 184
エヘンの橋………………………………… 186
明治の夜…………………………………… 189
子ども大将………………………………… 193
病気の話…………………………………… 199
ドンコツの最期…………………………… 203
学校に住んでいたいたち………………… 206
いり豆……………………………………… 210
ひげ屋敷…………………………………… 214
大川の泳ぎ場……………………………… 216
かっぱに出会った話……………………… 219
おとうさんの話…………………………… 223
妙林寺山…………………………………… 231
木の葉がに………………………………… 234
川干と胴じり網…………………………… 241
人見のおばあさん………………………… 248
子ども十二か月…………………………… 254
「かっぱとドンコツ」あとがき……… 266
ねずみといびき…………………… 269
卵とどじょうの競争……………………… 269
レグホンの最期…………………………… 276
友さん、川に落ちる……………………… 282
馬太郎とゴンベエ………………………… 290
ケイちゃんとかきのたね………………… 295
かっぱのふん……………………………… 301
にいさんのおよめさん…………………… 304
めじろとり………………………………… 309
ねずみのいびき…………………………… 315
大戸の刀きず……………………………… 323
大がかあの話……………………………… 325
墓守りのおていさん……………………… 327
坪田長門守のお墓………………………… 328
川ざらいとぬけあな探検………………… 330
「ねずみのいびき」あとがき………… 342
補遺
船上からとばすゆめ……………………… 345
アメ玉のはなし…………………………… 347
*あとがき(坪田譲治)………………… 351
*編集後記(前川康男)………………… 355
 

第11巻 童話 5 1977.6.20
 
新百選 日本むかしばなし………… 9
本のはじめに………………………………10
ふしぎな子どもたち…………………………12
一寸法師……………………………………12
竹の子童子…………………………………16
うりひめこ…………………………………18
はなたれ小僧さま…………………………21
ヒョウタンから出た金七孫七……………24
タニシ長者…………………………………28
桃太郎………………………………………34
三人の大力男………………………………41
松の木の伊勢まいり………………………48
異郷ものがたり………………………………51
天人子………………………………………51
竜宮のおよめさん…………………………55
竜宮の馬……………………………………57
大きなカニ…………………………………59
灰なわ千たば………………………………60
沼神の手紙…………………………………66
かくれ里のはなし…………………………68
竜宮の娘……………………………………73
竜宮と花売り………………………………77
鬼と山姥と山の神と…………………………83
初夢と鬼の話………………………………83
鬼六のはなし………………………………87
鬼の子小綱…………………………………91
山姥と小僧…………………………………95
箕づくりと山姥……………………………99
牛方と山姥……………………………… 101
山の神のうつぼ………………………… 106
山の神と子ども………………………… 110
松の木の下の老人……………………… 115
千びきオオカミ………………………… 116
狩人の話………………………………… 118
兄弟ものがたり…………………………… 126
姉と弟…………………………………… 126
海の水はなぜからい…………………… 130
かしこくない兄と、悪がしこい弟…… 134
米良の上ウルシ………………………… 140
タニシ…………………………………… 143
歌のじょうずなカメ…………………… 145
五郎とかけわん………………………… 149
仁王とが王……………………………… 156
アラキ王とシドケ王の話……………… 156
ネズミとトビ…………………………… 158
馬になった男の話……………………… 162
となりのおじいさん……………………… 166
ウグイスのほけきょう………………… 166
こぶとりじいさん……………………… 170
サルとお地蔵さま……………………… 173
ネズミの国……………………………… 174
金をうむカメ…………………………… 179
灰まきじいさん………………………… 181
天福地福………………………………… 184
ものいうカメ…………………………… 186
だんご浄土……………………………… 188
鳥をのんだおじいさん………………… 191
さずかった宝、にげた宝………………… 196
親切なおじいさん……………………… 196
お地蔵さま……………………………… 197
びんぼう神……………………………… 200
木仏長者………………………………… 202
人が見たらカエルになれ……………… 207
権兵衛とカモ…………………………… 210
沢右衛門どんのウナギつり…………… 213
きき耳ずきん…………………………… 215
かべのツル……………………………… 219
わらしべ長者…………………………… 221
恩をかえした動物たち…………………… 226
ネズミのすもう………………………… 226
スズメのヒョウタン…………………… 229
おじいさんとウサギ…………………… 230
ネコのおかみさん……………………… 232
サル正宗………………………………… 234
サルとネコとネズミ…………………… 236
ツルの恩がえし………………………… 239
キツネものがたり………………………… 246
むかしのキツネ………………………… 246
片目のおじいさん……………………… 247
キツネとカワウソ……………………… 248
モズとキツネ…………………………… 250
トラとキツネ…………………………… 253
キツネとクマのはなし………………… 255
キツネとタヌキとウサギ……………… 256
キツネと小僧さん……………………… 258
金剛院とキツネ………………………… 260
キツネとタヌキ………………………… 263
動物ばかりの昔ばなし…………………… 265
かちかち山……………………………… 265
カメに負けたウサギ…………………… 269
サルとカワウソ………………………… 270
ハチとアリの拾いもの………………… 274
ミソサザイ……………………………… 276
ネコとネズミ…………………………… 276
古屋のもり……………………………… 278
オオカミに助けられた犬の話………… 281
豆と炭とわら…………………………… 285
タカとエビとエイ……………………… 286
カメとイノシシ………………………… 288
クラゲ骨なし…………………………… 290
とんちものと、知恵の助け……………… 293
サルのおむこさん……………………… 293
天狗のヒョウタン……………………… 295
牛のよめ入り…………………………… 297
親捨て山………………………………… 299
頭にカキの木…………………………… 301
天狗のかくれみの……………………… 304
きっちょむさんの話…………………… 308
1 つぼ買い…………………………… 308
2 火事………………………………… 308
3 ちゃくりかきす…………………… 310
4 水がめ買い………………………… 310
5 まさかそんなことはありますまい…… 311
浦島太郎 他(あかね書房版『日本のむかし話』より)…… 315
和尚さんと小僧さん……………………… 316
ぼたもちの話…………………………… 316
死んでしまう毒の話…………………… 319
みその父の話…………………………… 320
塩ザケを池へはなす話………………… 321
おろか村ばなし…………………………… 322
びょうぶをたてる話…………………… 322
かやをつる話…………………………… 324
手あらい水を飲む話…………………… 325
長頭をまわす話………………………… 326
親指太郎…………………………………… 327
浦島太郎…………………………………… 330
鼻かぎ権次………………………………… 333
赤いおわん………………………………… 337
ツルちょうちん…………………………… 338
オオカミのまゆ毛………………………… 341
舌切りスズメ……………………………… 343
ちいちい小ばかま………………………… 347
子どもと鬼………………………………… 348
花さかじじい……………………………… 352
絵すがた女房……………………………… 357
灰坊ものがたり…………………………… 359
*あとがき(坪田譲治)………………… 369
*編集後記(水藤春夫)………………… 373
 

第12巻 随筆 評論 1978.5.20
 
班馬鳴く……………………………… 9
序(坪田譲治)……………………………10
深夜の感慨……………………………………11
班馬いななく………………………………11
店の争奪……………………………………13
郷里の道……………………………………18
深夜の感慨…………………………………21
日露戦争の頃………………………………25
路傍の子供…………………………………28
彼等何を待つ………………………………34
緑蔭偶語……………………………………38
夢に釣る魚…………………………………40
何を待ちつつ…………………………………42
最初の海……………………………………42
太田黒克彦氏の随筆………………………44
小田嶽夫氏…………………………………45
小山のお婆さん……………………………48
祈りの思い出………………………………50
回想の歳末…………………………………54
悪事の算盤…………………………………55
友だち回想…………………………………57
空想と実在…………………………………58
くやしかった話……………………………61
川の鮒・池の鮒……………………………66
秋の子供……………………………………70
何を待ちつつ………………………………72
壁に書く………………………………………76
明治回顧……………………………………76
童心馬鹿……………………………………79
家……………………………………………81
亀を釣る……………………………………82
郷国図譜……………………………………83
昔の日記……………………………………85
運命…………………………………………86
壁に書く……………………………………89
親父ごころ…………………………………92
幼年回想……………………………………95
故園の情………………………………………96
故園の情……………………………………96
少年薄暮(片島)……………………… 101
教育の回想……………………………… 103
母のことなど…………………………… 105
子を諭す………………………………… 108
名優を惜しむ…………………………… 111
子供の喧嘩……………………………… 113
家………………………………………… 117
ランプ芯の話…………………………… 121
はにかむ心……………………………… 124
友人にあてて…………………………… 126
聖母河畔の野獣………………………… 127
児童文学の早春…………………………… 134
文学の中の子供………………………… 134
童話の中の子供………………………… 138
作品を生ましめるもの………………… 142
児童文学の早春………………………… 144
童話作家の感想………………………… 149
新修 児童文学論………………… 151
まえがき(坪田譲治)………………… 152
児童文学論………………………………… 154
児童文学………………………………… 154
児童文学論……………………………… 159
私の童話観……………………………… 165
民話論…………………………………… 169
童話の作り方…………………………… 176
材料と料理……………………………… 182
童話の考え方…………………………… 185
ふたりの友だち………………………… 187
現実と空想……………………………… 189
人生と生活……………………………… 191
作家と作品………………………………… 193
作家と作品……………………………… 193
小川未明論……………………………… 195
鈴木三重吉論…………………………… 201
宮沢賢治論……………………………… 203
浜田広介論……………………………… 211
芥川龍之介論…………………………… 219
有島武郎論……………………………… 224
現代の児童文学短評…………………… 226
子供と私…………………………………… 234
沖縄の子供たち………………………… 234
読書の思い出…………………………… 237
一日一分………………………………… 239
子供心とおとな心……………………… 240
はるかなるものに寄せる心…………… 243
野尻雑記 他……………………… 247
野尻雑記…………………………………… 248
書の思出…………………………………… 251
わが師・わが友…………………………… 254
息子帰る…………………………………… 271
正太復員…………………………………… 273
片隅の交友録……………………………… 276
人間尾崎士郎……………………………… 336
もの忘れ…………………………………… 341
女の美しさ………………………………… 344
明治の母…………………………………… 346
孫のはなし………………………………… 347
兵隊の思い出……………………………… 351
『びわの実学校』創刊まで……………… 353
山本有三先生……………………………… 355
故郷の春…………………………………… 358
*あとがき(坪田譲治)………………… 361
*編集後記(水藤春夫)………………… 365
*坪田譲治年譜水藤春夫〔作成〕……… 373
*主要著作目録…………………………… 385
*索引……………………………………… 401
[ 2011/03/09 14:30 ] 坪田譲治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。