研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  津村信夫 >  『津村信夫全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『津村信夫全集』全3巻

『津村信夫全集』全3巻(角川書店、1974)



第1巻 詩編 1974.11.30
 
愛する神の歌………………‥17
矜持……………………19
馬小屋で雨を待つ間…………‥21
小扇…………………‥22
鴉影…………………‥23
可愛い妖怪………………24
夕方私は途方に暮れた………‥26
銅版画…………………28
父が鋏をもつて……………29
咳……………………30
ローマン派の手帖…………‥31
雪球…………………‥32
旅装…………………‥33
臥床…………………‥34
養蜂…………………‥36
花樹…………………‥37
春の航海から……………‥38
昧爽…………………‥39
馬小屋で雨を待つ間…………40
花にとけた鐘……………‥41
橙娘…………………‥42
雪の誘ひ………………‥43
雪と膝…………………44
雪のやうに………………‥47
落葉松…………………48
林檎の木………………‥49
山脈地方の手紙……………51
OLD SONGS ………………53
林間地…………………55
山ずまひ………………‥56
ETUDE …………………57
日記…………………‥58
孤児…………………‥60
晴夜…………………‥61
雪のやうに………………62
ある雪に寄せて……………63
若い旅で………………‥65
抒情の手………………‥67
追憶…………………‥69
高原…………………‥70
秋の歌…………………71
春の噴煙………………‥72
北信濃の歌………………‥75
千曲川…………………77
往生寺…………………78
長野…………………‥79
林檎園…………………80
善光寺平………………‥81
戸隠…………………‥82
山の湖畔で………………83
石像の歌…………………85
星へ…………………‥86
吹奏楽…………………87
屋上庭園………………‥89
若年…………………‥91
海の想ひ………………‥92
就寝時…………………94
手紙…………………‥95
海岸線…………………96
愛する神の歌……………‥98
肱をついて……………‥ 100
姉の庭………………‥ 102
仕事………………… 103
生涯の歌……………… 104
家鴨と少年……………‥ 105
私弁………………… 107
睡眠………………… 108
吾が家………………‥ 109
夕暮………………… 110
父のゐる庭………………‥ 113
その1
詩人の出発……………… 116
冬の旅………………… 118
秋風…………………‥ 119
田舎の絵本……………… 121
川中島を望む……………‥ 123
駅前旅館………………‥ 125
蟲をめづる夜……………‥ 127
小児の絵筆の想ひ出に………‥ 129
風景画家………………‥ 131
その2
白椿…………………‥ 134
桑畑…………………‥ 136
半日…………………‥ 138
天の川………………… 140
眠れる少年……………… 142
山中…………………‥ 144
静かな少年……………… 146
冬の火………………… 148
大倉村の手紙……………‥ 150
晴れた日のわかれ…………‥ 152
その3
山懐…………………‥ 156
林間詩………………… 158
太郎…………………‥ 160
寂しい村で……………… 162
月夜…………………‥ 164
父…………………… 167
鳩…………………… 170
早春…………………‥ 173
野火…………………‥ 176
起臥…………………‥ 178
紀の国………………… 181
穉い嘆き………………‥ 184
冬に…………………‥ 187
父が庭にゐる歌…………… 190
あとがき………………‥ 193
或る遍歴から……………… 195
その1
南で…………………‥ 198
夕暮…………………‥ 199
その2
田舎…………………‥ 202
稲妻…………………‥ 203
旅行者………………… 204
木の実………………… 206
みづ絵………………… 208
魚を喰べる……………… 210
鄙の歌………………… 212
風土によせて……………‥ 215
緑葉…………………‥ 217
早春…………………‥ 219
戸隠姫………………… 220
戸隠びと………………‥ 222
炉…………………… 223
厨…………………… 224
吹雪…………………‥ 226
飯山…………………‥ 228
その3
雪尺余………………… 232
はるかなものに…………… 235
詩人の枕………………‥ 238
晩夏…………………‥ 240
月…………………… 242
晩秋…………………‥ 244
水ぎは………………… 246
熊…………………… 248
猟館…………………‥ 249
昼を愛する歌……………‥ 251
父と娘………………… 253
荒地野菊………………‥ 256
冬の夜道………………‥ 258
冬の少年………………‥ 260
炉のほとり……………… 262
白髪…………………‥ 264
聖女…………………‥ 266
春…………………… 268
空地…………………‥ 270
牛のこと………………‥ 272
子供の好きな少女に………… 274
椿…………………… 276
冬夜鴨を煮る……………‥ 278
夏草…………………‥ 280
父なきのち……………… 283
海の民………………… 286
日本の田舎……………… 288
あとがき………………‥ 291
拾遺詩編I
夜間飛行機………………‥ 294
若いお母さん……………… 295
夜の街…………………‥ 297
僕……………………‥ 298
思慕…………………… 300
停車場風景………………‥ 301
美しい満足………………‥ 304
樹木の死………………… 306
朝の感想………………… 309
雨になつた晩……………… 311
季節の唄………………… 313
干もの…………………‥ 315
林檎…………………… 317
素朴な冬………………… 319
朝……………………‥ 320
若い季節………………… 322
素直な風景………………‥ 324
パステルで描いた夕べ………… 325
街で拾つた詩……………… 327
牧歌…………………… 329
雨夜の幸福………………‥ 331
水溜り…………………‥ 333
秋の図案………………… 335
野あそび………………… 336
葱……………………‥ 338
青年期…………………‥ 339
散兵…………………… 339
水蒸気、母………………‥ 341
卵を買つた晩……………… 342
変貌…………………… 342
放牧…………………… 343
基督降誕祭の詩が一つ………… 344
私の食卓から……………… 345
市街…………………… 347
薔薇…………………… 348
含嗽…………………… 348
傷痕…………………… 349
花粉と…………………‥ 350
文字…………………… 351
山の斜面で………………‥ 352
夏の休暇………………… 353
居間…………………… 353
暮景…………………… 354
小歌…………………… 355
秋の猟…………………‥ 356
青葉通…………………‥ 358
私の好きな詩人に…………… 359
夜の行方………………… 360
一枚の絵………………… 361
雷鳴…………………… 362
墜死…………………… 363
「外はお寒むいです」………… 364
山上湖…………………‥ 366
ワルツ調………………… 367
水沫…………………… 369
沖を見てゐる……………… 371
冬の雷…………………‥ 373
自然のやうに……………… 375
ある遍歴から……………… 376
淡路島…………………‥ 377
蔵王山…………………‥ 379
海辺…………………… 380
日曜日…………………‥ 381
訪問…………………… 382
初冬の山………………… 384
翁……………………‥ 386
山を眺めて………………‥ 388
供木の歌………………… 390
円覚寺通………………… 392
冬三たび………………… 395
冬に入りて………………‥ 397
拾遺詩編II(少年詩編)
兄弟…………………… 400
柿の木の歌………………‥ 405
冬の子供………………… 406
みかん…………………‥ 408
春の星…………………‥ 409
海風…………………… 411
友情…………………… 412
故里びと………………… 414
海の響き………………… 416
山の少年………………… 418
着物…………………… 419
秋の学校………………… 421
梅の花…………………‥ 422
雪……………………‥ 424
信濃の少年に……………… 426
遺稿詩編
少年鼓手………………… 430
汽車の歌………………… 431
海の幸…………………‥ 432
水乞ひ…………………‥ 434
梨の実…………………‥ 437
*解説(鈴木亨)…………… 442
*編注(鈴木亨)…………… 448
 

第2巻 小説編 1974.11.30
 
戸隠の絵本………………… 7
戸かくし姫………………‥ 9
戸隠の絵本………………‥11
1 宣澄踊………………‥12
2 お地蔵様………………16
3 雷…………………‥19
4 紫陽花………………‥22
5 袈裟治君………………24
6 月夜のあとさき…………‥28
7 挿頭花………………‥31
8 少年…………………34
9 炉…………………‥40
10 夜の神楽 ……………‥41
11 かまど池 ……………‥45
12 燈火 ………………‥49
13 戸隠天狗 ……………‥52
14 戸隠びと ……………‥57
15 夕景色 ………………58
16 乗合自動車 ……………64
17 冬物語 ………………68
紅葉狩伝説………………‥75
その1 鬼………………‥76
その2 小女呉羽……………83
その3 とかくし山絵巻………‥88
その4 しがらみ紀行…………93
その5 髭………………‥97
その6 荒倉山…………… 101
その7 紅葉の位牌………… 107
信州雑記………………‥ 113
秋風………………… 114
冬の手紙……………… 116
冬日記………………‥ 120
三等郵便局長…………… 122
厨…………………‥ 128
とかくし山に就て―あとがき…… 130
善光寺平………………… 137
みなさんへ……………… 139
春の雲………………… 140
果物の木の在所…………… 144
自然…………………‥ 150
善光寺………………… 154
子供の楽しみ……………‥ 157
姥捨…………………‥ 162
雪…………………… 166
松代…………………‥ 168
山の上 戸隠(上)………… 173
山の上 戸隠(下)………… 177
足の丈夫な人……………‥ 186
兄弟…………………‥ 189
海をみにゆく子供…………‥ 192
信州の言葉……………… 195
戸隠の語部………………‥ 199
初冬の山………………‥ 200
坊の娘………………… 202
最終の人々……………… 227
春山…………………‥ 254
戸隠拾遺………………‥ 259
春山の鐘……………… 259
子供達………………‥ 262
猟人………………… 265
薪拾い………………‥ 269
草むら………………… 273
御坊…………………‥ 304
ノート………………… 322
拾遺編
碓氷越え………………… 333
遺稿編
みるきい・うゑい伝説………… 358
みづうみ………………… 378
冬の旅…………………‥ 396
哀し娘…………………‥ 423
荒地野菊………………… 438
木曽の魚………………… 465
越水…………………… 477
*解説(小山正孝)…………‥ 484
*編注(鈴木亨)…………… 490
 

第3巻 感想 日記編 1974.11.30
 
短歌…………………‥13
「アララギ 昭和3年10月号」より …‥15
「アララギ 昭和3年11月号」より …‥15
「アララギ 昭和3年12月号」より …‥15
「アララギ 昭和4年1月号」より……15
「アララギ 昭和4年2月号」より……16
「アララギ 昭和4年3月号」より……16
「アララギ 昭和4年4月号」より……16
「アララギ 昭和4年5月号」より……17
「アララギ 昭和4年6月号」より……17
「アララギ 昭和4年7月号」より……17
「アララギ 昭和4年9月号」より……18
「アララギ 昭和4年10月号」より …‥18
「アララギ 昭和4年11月号」より …‥18
歌曲
伊那節……………………21
小品
ハガキ……………………27
火山灰(手記)………………28
庭の憶ひ…………………‥33
自然のこと―信濃での二人の兄の想出に‥36
私信―堀さんへ………………38
高遠……………………‥40
写真の弁…………………‥42
ゆかり……………………43
夏花の記…………………‥45
青嵐……………………‥48
詩人肖像…………………‥50
『春秋箚記』跋………………51
父を憶ふ…………………‥53
竹村さんの風土………………54
故郷滞在記…………………57
遠足隊……………………61
感想
一九三〇年の前半期詩壇の回想……‥65
ヴヱルムランドの『祖母』………‥66
静かな子供達………………‥68
冬の作品…………………‥71
椎の木…………………‥71
三好達治氏『ジャムの抄訳』……‥71
丸山薫氏『風』……………‥72
阪本越郎氏『桜の木の下』………72
室生犀星氏『梅の花』…………72
「新科学的文芸」と「青い馬」……‥73
榊山潤氏「小品集」…………‥73
田河誠一氏「海薔薇」…………73
丸岡明氏「祈祷」……………74
本多信氏「レアの瞳」…………74
多間寺龍夫氏「素朴な愛情」……‥74
「柊冬青」読後………………75
鴬の篭―三好氏の歌集に―………‥76
郷愁に就て―「幼年」の笛に合せて…‥79
はせをの迹…………………81
萩原朔太郎のこと……………‥84
『美しき家族』によせて…………85
「早春」によせる……………‥86
手習机……………………90
狼言先生へ…………………93
少年の智慧…………………95
中也の詩魂…………………97
「若き友への手紙」註………… 100
宮沢賢治の詩……………… 101
犀星の詩業………………‥ 104
晩食の後―「詩集西康省」に就て―… 107
早春の手紙―神保光太郎君に―…… 108
萩原さんの「父」…………… 110
編輯後記および選評
後記〈「四人」昭和7年7月第4号〉 … 115
後記〈「四季」昭和11年春季号〉…‥ 116
後記〈「四季」昭和11年5月号〉 …‥ 117
後記〈「四季」昭和11年6月号〉 …‥ 118
編輯後記〈「四季」昭和11年7月号〉 ‥ 119
編輯後記〈「四季」昭和11年初秋号〉‥ 120
編輯後記〈「四季」昭和11年10月号〉‥ 121
編輯後記〈「四季」昭和11年11月号〉‥ 122
編輯後記〈「四季」昭和12年7月号〉 ‥ 123
編輯後記〈「四季」昭和12年8月号〉 ‥ 123
編輯後記〈「四季」昭和12年10月号〉‥ 124
編輯後記〈「四季」昭和12年11月号〉‥ 125
編輯後記〈「四季」昭和12年12月号〉‥ 126
編輯後記〈「四季」昭和13年1月号〉 ‥ 127
編輯後記〈「四季」昭和13年2月号〉 ‥ 128
〈第1回中原中也賞〉推薦の言葉 …‥ 129
編輯後記〈「四季」昭和16年1月号〉 ‥ 130
編輯後記〈「四季」昭和16年4月号〉 ‥ 130
〈第2回中原中也賞〉二人の詩人 …‥ 131
編輯後記〈「四季」昭和16年7月号〉 ‥ 132
編輯後記〈「四季」昭和17年4月号〉 ‥ 133
〈第3回中原中也賞〉推薦の言葉 …‥ 134
選のあとに〈「四季」昭和18年5月号〉… 134
選のあとに〈「四季」昭和18年6月号〉… 137
選のあとに〈「四季」昭和18年7月号〉… 137
初期詩ノート
信輔詩抄 昭和2年8月―昭和3年3月… 140
何か飲みたいな――…………‥ 140
少年の心………………… 140
或る日 詩人は永遠の少年なり…… 141
春さき…………………‥ 141
悩み…………………… 141
死光の訪る夜……………… 142
病床…………………… 142
パン…………………… 142
郊外に来て………………‥ 142
病鬱の詩………………… 143
かべ…………………… 143
何故水を出すのか…………… 144
母娘…………………… 144
人生の一日………………‥ 144
果実屋…………………‥ 145
跫音…………………… 145
夕闇に見し少女……………‥ 145
寝覚め…………………‥ 146
我が思ふ事………………‥ 147
いたつきて………………‥ 147
春宵…………………… 148
白い花…………………‥ 148
こころ(小曲)……………‥ 148
たき火(小曲)……………‥ 148
動く…………………… 149
渚……………………‥ 149
おしへ…………………‥ 150
味覚…………………… 150
田園風景………………… 150
哀愁…………………… 151
瞬間…………………… 151
良夜…………………… 151
青空に念ず(小曲)…………‥ 152
追慕…………………… 152
海辺で書いた詩……………‥ 153
続信輔詩抄 昭和4年―5年5月 ‥……… 154
マンドリン(童謡)…………‥ 154
病院断想………………… 154
雨になつた晩……………… 155
季節の唄(Fantasy) ………… 155
風の出た風景……………… 156
畑の日光………………… 156
病院晩夏(大学病院懐古)……… 156
朝かぜ(童謡)……………‥ 157
干もの…………………‥ 157
室内…………………… 158
秋の図案………………… 159
夜ぞら(林檎)―植村敏夫兄へ…… 159
In hospital ……………… 160
あゝ其れらの織りなす色合の……‥ 160
若い季節………………… 160
Infancy(幼時) …………… 161
点燈夫…………………‥ 162
素直な風景………………‥ 162
野あそび………………… 163
水溜り…………………‥ 164
パステルで描いた夕…………‥ 164
日誌
一九三三年日誌(抄) 昭和8年1月1日―12月31日… 168
一九三四年日誌(抄) 昭和9年1月1日―8月23日… 215
昭和十年日誌(抄) 昭和10年1月1日―4月6日… 242
昭和十三年日誌(抄) 昭和13年7月―12月… 265
十三年度創作メモアール 昭和13年… 305
読書余録(抄) 昭和15年4月―7月5日… 313
追分日誌(抄) 昭和15年7月20日―12月… 341
早春日誌(抄) 昭和15年12月31日―16年3月31日… 361
太郎日誌(抄) 昭和16年4月―6月30日… 393
鎌倉日誌―初枝のために(抄) 昭和16年7月25日―12月8日… 429
続鎌倉日誌―初枝のために(抄) 昭和16年12月10日―17年4月30日… 452
初枝日誌―吾が児の誕生日前後(抄) 昭和17年5月3日―7月30日… 476
続初枝日誌(抄) 昭和17年8月3日―10月31日… 498
続々初枝日誌(抄) 昭和17年11月下旬―18年5月31日… 515
幼女とともに(抄) 昭和18年6月3日―11月28日… 540
浄智寺谷日誌 昭和18年12月1日―19年5月4日… 573
*解説(堀内達夫)…………‥ 582
*編注(堀内達夫)…………‥ 585
*年譜(堀内達夫)…………‥ 660
*書誌(堀内達夫,山田俊幸) …… 756
[ 2011/03/09 14:31 ] 津村信夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。