研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  鶴彬 >  『鶴彬全集』全1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『鶴彬全集』全1巻

『鶴彬全集』全1巻(たいまつ社、1977)



第1巻 1977.9.14
 
編者序(一叩人)………………………… 1
大正14年編 1925年
作品……………………………………………16
作品……………………………………………16
作品……………………………………………16
評論 革新の言葉……………………………17
作品……………………………………………19
作品……………………………………………19
作品……………………………………………19
大正15年編 1926年
作品……………………………………………22
作品……………………………………………22
作品……………………………………………22
作品……………………………………………23
作品……………………………………………23
評論 福村無一路君を惜しむ一文…………23
評論 即論二題………………………………26
評論 感想一纒………………………………27
作品……………………………………………29
作品……………………………………………29
評論 古屋夢村論……………………………30
作品……………………………………………33
評論 貧しい頭の断層面……………………34
作品……………………………………………38
評論 明日の新興柳壇私観…………………39
評論 反逆とABC ……………………………41
作品……………………………………………42
作品……………………………………………43
時論 月評……………………………………44
評論 近代的ニヒリズムと我がニヒリズム……49
作品……………………………………………54
評論 第一短詩集を読む―新時代論………54
昭和2年編 1927年
評論 二頭作家に就いて……………………62
作品 性欲二題………………………………64
評論 理智の悟性的昇華―古屋夢村氏に応う……65
作品……………………………………………70
時論 短詩時代来る…………………………70
評論 虚無の殻を破る………………………72
作品……………………………………………75
作品……………………………………………75
作品……………………………………………76
評論 僕らは何を為すべきや………………77
鶴彬の書簡 10月21日、10月、10月29日、11月12日、11月19日……80
昭和2年編 補遺
長詩 大阪放浪詩抄…………………………85
昭和3年編 1928年
鶴彬の書簡 1月4日…………………………92
評論 宮島氏の思想に就いて………………92
作品……………………………………………96
作品……………………………………………96
作品……………………………………………97
評論 川柳の発生的意義と新興川柳の方向転換……97
評論 生命派の陣営に与ふ……………… 101
作品………………………………………… 107
作品 久遠ドーム………………………… 107
作品 プリズムの解……………………… 107
評論 プロレタリア川柳の美学的見地… 108
評論 プロレタリア川柳批評への批評的走り書―木村半文銭氏に応へる、弁解、逆説…… 111
作品………………………………………… 116
評論 古屋氏へおくる決闘書の前書…… 116
作品………………………………………… 116
評論 全国新興川柳詩人に与ふ………… 117
評論 とり残された問題の走り書的解決…… 119
評論 プロレ文化へ……………………… 123
作品………………………………………… 124
鶴彬の書簡 1月17日、2月9日、11月3日、11月12日…… 124
昭和4・5年編 1929・30年
昭和4年
作品 「創作」…………………………… 128
鶴彬の書簡 1月2日……………………… 129
時評 柳壇時評的漫筆…………………… 129
作品 「創作」…………………………… 134
作品 席題「無所畏」…………………… 134
評論 失はれたる写真主義の揚棄……… 134
作品 「創作」…………………………… 140
作品………………………………………… 140
評論 芸術における美の階級性と宣伝性―プロレタリア川柳入門のイロハに就いて…… 141
川柳座談会………………………………… 146
作品 「石響集」 宿題(雑詠一作品) 席題「鐘」…… 149
評論 プロレタリア川柳運動と「川柳人」との問題…… 149
作品 「石響集」………………………… 152
作品 席題「変化」「雑吟」…………… 152
作品 「石響集」………………………… 152
作品 つる・あきら 席題「明」 席題「闇」 席題「雑吟」…… 152
作品 「石響集」………………………… 153
昭和5年
作品 プロレタリア川柳………………… 153
昭和4年
鶴彬の書簡 1月13日、6月30日、7月21日…… 154
昭和5年
鶴彬の書簡 5月1日……………………… 156
作品 「石響集」………………………… 157
作品 「石響集」………………………… 157
作品 「石響集」………………………… 157
作品………………………………………… 157
金沢第七聯隊在営編 1930~1933年
金沢第七聯隊赤化事件判決文…………… 162
昭和9年編 1934年
作品 連作「自由旗の下に」…………… 174
作品 連作「春近し」…………………… 174
評論 富士山と煙突と美と……………… 175
作品 連作「労働街風景」……………… 178
作品 連作「自由旗の下に」…………… 178
評論 木村半文銭論―神秘主義世界観及び創作態度の批判―…… 179
作品 連作「自由旗の下に」…………… 185
評論 木村半文銭論(承前)―神秘主義世界観及び創作態度の批判―…… 185
作品 連作「自由旗の下に」…………… 190
評論 柳壇時評…………………………… 191
作品 連作「東京解剖風景」…………… 195
評論 定型律形式及び図式主義への闘争…… 196
作品 連作「自由旗の下に」…………… 201
評論 川柳のジャンルに就いて………… 202
作品 連作「洪水」……………………… 204
評論 定型律形式及び図式主義への闘争(承前)…… 205
作品 「人絹工場」……………………… 212
評論 町の織物インフレと女工たち…… 213
長詩 若き精神を讃える唄……………… 215
作品 宿題「影」………………………… 218
昭和9年編 補遺
評論 「柳人街」におくる……………… 218
評論 柳壇時評…………………………… 220
作品 河北郡川柳聯盟結成記念川柳大会…… 222
作品 柳人塔……………………………… 223
逸話 井上剣花坊の逸話など…………… 223
評論 柳人街二十二番斬り(1) ……… 225
評論 柳人街二十二番斬り(2) ……… 227
昭和10年編 1935年
作品 連作「南葛の鼓動」……………… 230
作品 連作「凶作地帯―渡辺順三におくる」…… 230
評論 柳壇時評的雑感…………………… 230
評論 川柳に於ける詩の問題(承前)… 235
作品 連作「レ・ミゼラブル」………… 238
作品 研究吟互選………………………… 238
作品 席題「飯」………………………… 238
作品 席題「絃」………………………… 239
句集 黎明………………………………… 239
評論 自由律発展におけるセクト主義の批判…… 240
作品 連作「五月の歌」………………… 244
作品 研究吟三作品……………………… 244
作品 席題「腕」 席題「春の句」四作品 席題「乳」 研究吟一作品 席題「車」二作品 席題「声」三作品 席題「稲」二作品…… 244
作品 連作「五月抄」(五作品)……… 245
評論 川柳における諷刺性の問題……… 245
鶴彬の書簡 年月日時不明……………… 248
作品 川柳双吟三作品…………………… 249
鶴彬の書簡 9月15日、10月23日 ……… 250
作品 川柳七作品………………………… 251
評論 川柳レアリズムに就いて………… 252
作品 火箭集……………………………… 255
昭和10年編 補遺
評論 川柳における詩の問題…………… 256
昭和11年編 1936年
鶴彬の書簡 1月2日……………………… 260
評論 川柳職業化の問題………………… 260
作品 火箭集……………………………… 262
柳壇時評 川柳の詩壇的進出に就いて… 263
作品 火箭集……………………………… 265
作品 長詩 阪井久良伎………………… 265
記事 井上信子を励ます会の記事……… 267
評論 作品に就いての感想……………… 269
評論 課題吟「転形期」………………… 272
作品 連作「納米」……………………… 274
評論 川上三太郎と岸本水府にききたいこと…… 275
作品 火箭集……………………………… 277
評論 古川柳から何を学ぶべきか……… 278
作品 火箭集……………………………… 281
評論 正しい川柳大衆化のために……… 281
作品 連作「連綿として」……………… 283
評論 大衆的表現の問題………………… 284
作品 習作帖より………………………… 287
作品 火箭集……………………………… 287
評論 火箭集4月の作品を評す ………… 287
作品 火箭集……………………………… 291
評論 俳句性と川柳性…………………… 291
評論 九州柳壇に望む…………………… 295
作品 火箭集……………………………… 297
評論 川柳は詩でないか―永瀬清子に答へる―…… 297
評論 イデオロギイと技術の貧困―7月号作品評…… 301
作品 連作「孔雀」……………………… 304
作品 互選雑吟…………………………… 304
評論 「木村半文銭作品頒布会」を支持せよ…… 305
鶴彬の書簡 8月14日 …………………… 307
評論 『福日柳壇名句番附』を読む…… 310
評論 諷刺と情熱………………………… 313
作品 火箭集……………………………… 316
評論 格闘精神と芸と術と―火箭集8月号作品評―…… 316
作品 連作「城西消費組合の家立つ」… 319
鶴彬の書簡 9月18日 …………………… 320
作品 火箭集……………………………… 321
評論 ふところ手のレアリズム批評―宮崎斗白に答ふ―…… 322
評論 川柳の大衆性と芸術性―木村半文銭を駁す―…… 325
評論 川柳レアリズムの防衛―進歩的作家の立場より…… 330
作品 連作「半島の生まれ」…………… 334
昭和12年編 1937年
評論 二つのデマに対する答礼―再び木村半文銭を駁す―…… 336
評論 近頃悲憤之記……………………… 344
作品 火箭集……………………………… 348
作品 火華集……………………………… 348
評論 火華1月号作品短評 ……………… 349
評論 近頃悲憤之記(続)……………… 353
論説 井上剣花坊と石川啄木…………… 356
長詩 川柳の神様のヘド―うやうやしく木村半文銭にささげる…… 359
作品 火華集……………………………… 364
作品 連作「鉱毒の泥海」……………… 364
評論 田中五呂八と僕…………………… 365
評論 課題吟ABC「生産場面をうたった句」…… 370
評論 諷刺的なあまりにも諷刺的な―品川陣居への答礼―…… 371
評論 井上剣花坊と石川啄木(承前)… 377
評論 第1回剣花坊賞発表 ……………… 382
作品 金の卵を生む鳥…………………… 383
評論 川柳の詩の贋造について………… 384
作品 近事片々…………………………… 387
作品 火華集……………………………… 388
評論 大衆的・芸術的表現について―火華5・6号作品にふれて…… 389
作品 同人創作「蟻食ひ」……………… 393
評論 正しい川柳の詩の防衛のために… 394
評論 川柳は一つの武器である………… 398
評論 正しい川柳の詩の防衛のために(承前)…… 404
作品 宿題「群」他……………………… 409
評論 井上剣花坊と石川啄木…………… 410
鶴彬の書簡 9月12日 …………………… 417
作品 創作「しゃもの国綺譚」………… 418
作品 作句と批評の会…………………… 418
評論 井上剣花坊についての覚え書…… 419
鶴彬の書簡 10月14日…………………… 425
作品 「蜂と花園」……………………… 426
作品………………………………………… 427
昭和13年編 1938年
評論 真実の形象的表現と技術の創造を―川柳時代11月作品評―…… 430
鶴彬の書簡 8月25日、8月29日………… 434
弟喜多一二三氏書簡 9月14日、9月15日…… 435
渡辺尺蠖氏宛井上信子氏書簡 9月19日…… 436
*参考資料編……………………………… 437
北国新聞投稿作品 大正15年……… 438
その他の作品………………………… 440
思い出 川柳誌話(井上信子)…… 441
川柳誌『三味線草』が掲載した弾劾告発文…… 443
川柳誌『川柳人』への弾圧………… 445
中山仮面坊氏の日記から 昭和13年…… 445
川柳時代誌発売禁止通達…………… 447
平林たい子著『砂漠の花』第2部に書かれた鶴彬…… 447
井上信子の日記から 昭和13年…… 449
思い出の鶴彬………………………… 451
(渡辺尺蠖)……………………… 451
(勝目テル)……………………… 451
(井上麟二)……………………… 451
(秋山清)………………………… 452
(小田無限)……………………… 453
(中村秀子)……………………… 453
*鶴彬略年譜と内外情勢(一叩人)…… 454
*鶴彬に関する文献……………………… 460
*編者あとがき(一叩人)……………… 461
*索引……………………………………… 474
人名索引……………………………… 474
事項索引……………………………… 469
[ 2011/03/09 14:31 ] 鶴彬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。