研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  寺田透 >  『寺田透・評論』全7巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『寺田透・評論』全7巻

『寺田透・評論』全7巻(思潮社、1969.3~1975.6)



第1巻 1969.3.15
 
現代一瞥………………………………11
1935
一径路…………………………………………13
1936
デュナミス―実体への青い目………………24
私信……………………………………………33
1940
文学精神の現在………………………………39
1946
成長の要求……………………………………42
偏奇性感冒……………………………………52
1947
わが罹災記……………………………………60
良心と固執……………………………………67
正宗白鳥論……………………………………72
観念のドン・キホーテ………………………88
葉山嘉樹…………………………………… 104
正岡子規…………………………………… 121
『作家論』(正宗白鳥)………………… 134
1948
『雁』の解説……………………………… 150
レアリスムの流れ………………………… 162
歳月………………………………………… 173
徳田秋声…………………………………… 182
川端康成論………………………………… 201
井伏鱒二論………………………………… 215
岩野泡鳴…………………………………… 239
『春は馬車に乗って』…………………… 263
『暗い絵』のこと………………………… 267
詩精神の暁暗……………………………… 276
小説と時間―永井・谷崎・志賀諸家の作風について…… 280
現代一瞥…………………………………… 303
井伏鱒二のユマニテ……………………… 312
チェーホフに関する埋め草……………… 314
美・感動・現実性―文学創造に関する一考察…… 327
正宗白鳥の態度…………………………… 351
1949
『生立ちの記』…………………………… 353
宮沢賢治論………………………………… 356
古典………………………………………… 374
福田恆存『現代作家』…………………… 395
アランの『思索のあと』について……… 397
短い文章…………………………………… 403
*わが寺田透入門(大岡信)…………… 407
 

第2巻 1969.12.20
 
透体脱落………………………………11
1949
批評以前―騒音のなかで……………………13
現代風景………………………………………21
正宗白鳥『日本脱出』について……………23
当代の悪趣味…………………………………30
1950
Compte Rendu…………………………………35
透体脱落―『正法眼蔵』について…………39
文化遺産の継承………………………………60
『アンナ・カレーニナ』……………………72
アンナ・カレーニナ論の余白に……………94
坂本繁二郎―自選回顧展の折に―発生状態における美術心理……99
アトリエ訪問……………………………… 109
三人の女流作家―百合子・たい子・芙美子…… 115
小説とは何か……………………………… 126
ポール・ヴァレリー……………………… 133
わだつみのこゑ…………………………… 137
『細雪』の序……………………………… 142
丹羽文雄論………………………………… 151
宇野浩二…………………………………… 169
オランの周辺―宮崎嶺雄訳『ペスト』について、付丹羽文雄の『罪戻』…… 176
心境小説・私小説………………………… 192
Convention………………………………… 206
1951
小林秀雄小論……………………………… 208
文芸時評…………………………………… 211
リヤリズムの諸相………………………… 217
大田洋子『蛆』…………………………… 250
中山義秀『恋路ケ浜』…………………… 252
高見順『インテリゲンチヤ』…………… 254
二つの視覚―絵画と映画について……… 258
トルストイについて若い人たちのために…… 265
批評の問題………………………………… 271
マチス嫌ひ………………………………… 282
石川淳……………………………………… 292
美術展望…………………………………… 304
美の位置…………………………………… 307
『二十五時』と『一九八四年』、あるひはわがヴァレリー…… 316
わが文学生活……………………………… 341
北村透谷…………………………………… 342
小説………………………………………… 349
秋声の私小説……………………………… 386
小林秀雄論………………………………… 394
『栄華物語』について…………………… 420
ピカソのこと……………………………… 435
画家の自覚を……………………………… 437
『紋章』について………………………… 440
『明暗』について………………………… 447
田辺元先生への答辞……………………… 456
十二月八日………………………………… 458
*回想のなかの寺田透(森本和夫)…… 461
 

第3巻 1970.9.10
 
わが批評の立場………………………11
1951
文学的年末勘定………………………………13
文芸時評………………………………………15
1952
『幸福への距離』について…………………20
鴎外全集第3.4巻 ……………………………22
戦力増強………………………………………29
アンガージュマンの文学……………………31
杉浦明平『作家論』…………………………34
フォーヴィスムの再検討……………………39
山のことなど…………………………………48
死の見方………………………………………53
『砦』をめぐって……………………………56
きのふの手紙…………………………………61
日本のフォーヴ………………………………78
日本近代小説における家の問題……………92
京都の庭………………………………………99
画一的批評の危険………………………… 102
1953
クートー個展……………………………… 105
願望訥言…………………………………… 108
『竹の中』………………………………… 113
永井荷風とフランス文学………………… 118
中村光夫の『谷崎潤一郎論』について… 140
立原道造…………………………………… 154
『雪国』…………………………………… 167
平光善久様侍史…………………………… 183
生島遼一訳・チボーデ『小説の美学』… 187
スターリンの言語学説…………………… 189
原民喜……………………………………… 208
ゴッホ遠望………………………………… 220
白鳥小論…………………………………… 227
『ミセレーレ』…………………………… 230
ロマン・ロランの『ミレー』のこと…… 234
日本語の問題……………………………… 247
広場日記…………………………………… 269
『愛と誓ひ』……………………………… 282
佐々木基一『リアリズムの探究』……… 292
文芸時評…………………………………… 294
劇評について……………………………… 305
三島由紀夫論……………………………… 309
荷風小論…………………………………… 334
わが批評の立場…………………………… 337
中村真一郎『文学の魅力』『文学の創造』…… 343
『秘楽』のこと…………………………… 345
ルオー……………………………………… 348
バロック芸術の精神……………………… 354
『バルザック―人間喜劇の研究』あとがき…… 417
最近の井伏氏……………………………… 420
井上長三郎………………………………… 431
ふたつの椅子……………………………… 448
*全体と部分について(渋沢孝輔)…… 451
 

第4巻 1971.7.1
 
ニヒリズムの周辺……………………13
1953
現代新人論……………………………………15
山中春雄個展…………………………………42
『おかめ笹』…………………………………43
1954
私小説および私小説論………………………47
庄野潤三『愛撫』・小島信夫『小銃』……84
鳥海青児………………………………………86
河上徹太郎………………………………… 102
武田泰淳作品集第2巻解説 ……………… 115
『基地六〇五号』と『魔の遺産』……… 122
田所泉宛書簡……………………………… 126
『志賀直哉論』書評……………………… 129
『現代日本作家研究』あとがき………… 132
和泉式部論………………………………… 135
「文体論」のためのノート……………… 170
『虞美人草』……………………………… 197
金達寿『玄海灘』………………………… 206
『人間・文学・歴史』読後……………… 212
『潮騒』のこと…………………………… 223
芥川龍之介の近代精神…………………… 225
芥川龍之介の文体………………………… 236
大岡昇平論………………………………… 252
武田泰淳と三島由紀夫…………………… 279
批評精神…………………………………… 286
泡鳴小論…………………………………… 288
広津和郎『泉への道』…………………… 292
ギュンター・アイヒの夢………………… 294
チェーホフのこと………………………… 297
三島由紀夫氏の文学……………………… 299
石川淳『鳴神』…………………………… 304
『細雪』…………………………………… 306
『芥川龍之介』…………………………… 322
一群の新人作家…………………………… 325
Submergedについて ……………………… 328
1955
中村光夫論………………………………… 329
「小林秀雄の功罪」……………………… 358
作家論の功罪……………………………… 372
厚塗りのマチエール……………………… 377
『冷たい天使』…………………………… 384
私の処女出版……………………………… 387
伊藤整論…………………………………… 388
現代小説の袋小路………………………… 418
四十になったばかりの男の今日の二十代に対する観察…… 421
「読者の感想」を読んで………………… 426
ハムレットに関するアンケート………… 430
ジード『ドストエフスキー論』あとがき…… 431
『酸素』評………………………………… 435
『草枕』の文章…………………………… 438
佐多稲子『子供の眼』『夜の記憶』…… 453
高見順『私の文学観』…………………… 455
椎名麟三『美しい女』・堀田善衛『記念碑』…… 457
1956
唐木順三『中世の文学』………………… 461
文学と世代………………………………… 463
人間的立場で……………………………… 467
小林正・関義訳、ルイ・アラゴン『スタンダールの光』…… 468
福永武彦『冥府・深淵』解説…………… 470
断想………………………………………… 472
奥野健男『太宰治論』…………………… 474
富士正晴『贋・久坂葉子伝』…………… 477
中島健蔵・中野重治編『戦後十年日本文学の歩み』…… 479
『山の音』読後…………………………… 481
『同時代の文学者』あとがき…………… 500
鴎外の私小説……………………………… 503
雪舟展所感………………………………… 514
政治と文学―中野重治…………………… 519
広津和郎『自由と責任とについての考察』…… 547
文学と思想………………………………… 549
問題作の理解……………………………… 559
平野謙『現代の作家』…………………… 568
近頃の新人小説評………………………… 572
福田恆存『人間・この劇的なるもの』… 580
字の美しさといふこと…………………… 582
新演劇研究所公演『どん底』所感……… 585
林武………………………………………… 589
日本の近代的リアリズムの方法―自然主義の創作方法論を中心に…… 601
現代社会と文学…………………………… 615
服部達『われらにとって美は存在するか』…… 632
戯曲と小説………………………………… 636
伊藤整『若い詩人の肖像』……………… 640
伊藤整『文芸読本』……………………… 643
ニヒリズムの周辺………………………… 645
*寺田透論序章(その位置と特徴と)(祖父江昭二)…… 667
 

第5巻 1972.5.20
 
生への意志……………………………13
1956
文芸批評の問題………………………………15
1957
平野謙『政治と文学の間』…………………32
小島信夫『裁判』……………………………35
寝てゐる男……………………………………38
加藤周一『運命』解説………………………57
正宗白鳥『懐疑と信仰』……………………60
大雅管見………………………………………62
唐木順三『詩と哲学の間』…………………67
福田・中村訳、C・ウィルソン『アウトサイダー』……69
中野重治『事実と解釈』……………………73
立原のこと……………………………………75
絵画について―その文学的感想……………78
半日……………………………………………82
富士正晴『游魂』……………………………94
『椎名麟三作品集』第2巻解説 ……………98
前から考へてゐたこと―太宰治………… 105
中村真一郎『回転木馬』………………… 108
石川淳『白頭吟』………………………… 111
1958
文芸時評…………………………………… 113
お互ひの為事をよく見るといふこと… 113
時評の自己反省………………………… 119
私は何を知ってゐるのか……………… 126
三島由紀夫『橋づくし』・中村真一郎『天使の生活』・福永武彦『心の中を流れる河』…… 134
芸術家と芸人……………………………… 137
私は「勤務評定」をかう考へる………… 168
今度のカゼイン展をみて………………… 170
南画史我観………………………………… 172
小林多喜二のこと………………………… 179
偽善・偽悪………………………………… 188
続・鳥海青児……………………………… 196
朔太郎管見………………………………… 210
深沢七郎小論……………………………… 225
人間存在における悲劇と喜劇…………… 228
『禅と美術』読後………………………… 244
文学座公演『国性爺』…………………… 252
白隠のこと………………………………… 254
椎名麟三…………………………………… 264
講演・詩・リリシズム…………………… 268
伊藤整『氾濫』…………………………… 277
武田泰淳『森と湖のまつり』…………… 283
わたしの古典……………………………… 292
小林秀雄『近代絵画』読後……………… 295
葉山嘉樹と平林たい子…………………… 316
「新日展」の老人達……………………… 335
『文学 その内面と外界』あとがき…… 343
ルオーのキリスト………………………… 348
1959
加山又造…………………………………… 351
大岡昇平『朝の歌』……………………… 367
近代日本文学と日本語―文体論的に、特に二葉亭の場合…… 369
鳥海氏の近業の意味……………………… 397
高村光太郎の芸術論……………………… 406
「戦後の秀作展」所感…………………… 419
中村真一郎『文学的感覚』……………… 426
写実主義、自然主義、印象主義―特にフランスの場合…… 429
情況と人間についての文学的考察……… 458
モスクワ芸術座日本公演………………… 467
二つの中世………………………………… 477
『絵画とその周辺』後記………………… 494
江藤淳『作家は行動する』……………… 498
生への意志………………………………… 505
鳥海芸術小引……………………………… 540
田舎の婚礼………………………………… 542
三島由紀夫『沈める滝』解説…………… 546
谷崎潤一郎の文体………………………… 553
鳥海さんのモチーフ……………………… 564
観山展所感………………………………… 569
ランボー散文詩反訳解題………………… 576
『詩的なるもの』あとがき……………… 582
ギリシャの彫刻…………………………… 585
三島由紀夫『鏡子の家』………………… 591
「未来」は過去に学ぶ―不吉な歴史の日のこと…… 594
梶井基次郎………………………………… 597
日米安全保障条約改定問題についてのアンケート…… 612
誤訳懺悔…………………………………… 615
1960
詩論を意図する随想……………………… 617
独断について……………………………… 633
新しい文学が必要か……………………… 649
*寺田透論(栗津則雄)………………… 657
 

第6巻 1974.11.1
 
バロックの精神………………………13
1960
「ことしの文学」……………………………15
ブッキッシュといふことなど………………18
唐木順三『無用者の系譜』について………22
チェーホフについて…………………………25
芸術家の思想…………………………………28
『をりふしの批評』まへがき………………62
詩壇時評………………………………………65
前言…………………………………………65
詩壇未評……………………………………88
詩壇試評………………………………… 108
詩壇非評付言…………………………… 128
絵の見方といふこと……………………… 156
進歩主義と反進歩主義…………………… 163
山田さんのしごと―素人の感想………… 201
久保栄の文体……………………………… 203
ふたたび大岡昇平氏のこと……………… 221
原爆と崖崩れ……………………………… 234
バロー一座………………………………… 237
室生犀星『告ぐるうた』………………… 249
井上長三郎『モニュマン(牛)』……… 251
『伊沢蘭軒』のこと……………………… 253
中野重治の詩と詩思想…………………… 256
『和泉式部日記』序……………………… 282
志賀直哉『創作余談』のことなど……… 306
加藤周一『二つの極の間で』『東京日記』…… 310
俳優座日曜劇場『セチュアンの善人』… 313
現代詩に関する“なからうか”………… 316
大岡信につき……………………………… 318
1961
ことしの文学予断………………………… 338
本多秋五『トルストイ論』……………… 341
うぶすなと呪詞神………………………… 343
エホバ不在―丸谷才一『エホバの顔を避けて』…… 367
師資相承…………………………………… 372
『理智と情念』前書き…………………… 374
武田泰淳…………………………………… 378
現代日本語の混乱について……………… 401
バロックの思想家………………………… 424
正法眼蔵透脱以後………………………… 426
原田義人の遺著…………………………… 455
本の案内十二カ月………………………… 458
『理智と情念』後書き…………………… 494
酒の効用…………………………………… 497
針生一郎『芸術の前衛』………………… 499
バロックの精神…………………………… 505
文芸時評…………………………………… 527
『火山灰地』所感………………………… 533
一九四六年十月…………………………… 537
大岡さんと三島さん……………………… 541
クレー展から……………………………… 544
フランス美術展をみて…………………… 545
井上長三郎近作展に寄せて……………… 548
曰く言ひがたき存在―武田泰淳………… 549
1962
ドラクロワ以後に失はれたもの………… 552
*寺田透論序章(菅野昭正)…………… 561
 

第7巻 1975.6.1
 
過去を読む地図………………………13
1962
江藤淳『小林秀雄』…………………………15
『故郷七十年』を読んで……………………25
栄花所感………………………………………29
唐木順三『中世から近世へ』………………34
西尾実『中世的なものとその展開』………40
詩と散文の今日的情況に関する抽象的考察……47
近代詩の本質と方法…………………………57
コメディ・フランセーズ……………………72
コメディ・フランセーズ…………………72
コメディ・フランセーズを観て…………74
コメディ・フランセーズ東京公演………78
中野重治『文学史考』のこと………………86
小山田二郎の世界……………………………89
福永武彦『告別』……………………………96
過去を読む地図………………………………98
メキシコ美術の記憶から………………… 103
マチス再論………………………………… 106
佐野乾山…………………………………… 111
『無常といふ事』………………………… 114
平家物語…………………………………… 118
わが中世…………………………………… 137
前置き…………………………………… 137
『那智滝図』…………………………… 149
謡曲……………………………………… 160
文芸時評…………………………………… 186
初歩的疑惑……………………………… 186
さまざまの困難・『瘋癲老人日記』と『砂の女』…… 196
戯曲と舞台……………………………… 206
詩と史…………………………………… 216
塔はここに……………………………… 227
抽象絵画…………………………………… 239
ピエール・スーラージュ……………… 239
シュネーデルの場合…………………… 248
ポリヤコフ……………………………… 257
抽象といふ概念………………………… 267
非具象から非定形へ…………………… 277
マーク・トビーを中心として………… 287
坂本繁二郎展から………………………… 298
永井荷風―江戸と西洋…………………… 299
唯物的回想………………………………… 309
1963
『未成年』と『貧しい人々』…………… 312
『戦争と平和』…………………………… 315
現代短歌…………………………………… 317
絵画的中世史……………………………… 321
抽象絵画…………………………………… 325
島尾敏雄の作品…………………………… 332
「四季」側面観…………………………… 340
小出楢重『臥裸婦』……………………… 365
マチス『窓辺の女』……………………… 367
『表現の思想』後書き…………………… 369
井伏鱒二『武州鉢形城』………………… 371
高橋和巳『文学の責任』………………… 374
瓦礫の画歴………………………………… 376
造形美術の畑で…………………………… 377
現代詩一面………………………………… 383
ポール・セザンヌ………………………… 396
補遺
創作月評…………………………………… 454
駒田信二『刺客列伝』………………… 454
川崎長太郎『脱走兵』………………… 455
アンケート………………………………… 456
地方文化といふこと…………………… 456
美術書について………………………… 456
かなづかひについて…………………… 457
高村光太郎について…………………… 458
岸首相の訪米について………………… 458
岩波文庫について……………………… 459
北斎について…………………………… 460
坂口安吾…………………………………… 461
『朝鳥』拝見……………………………… 466
手紙みたいな随感………………………… 467
表具する鳥海青児………………………… 469
安士正夫著『バルザック研究』購読のすすめ…… 470
飛鳥田の横顔……………………………… 471
執筆者だより……………………………… 472
文芸賞選後評……………………………… 474
第1回中短篇部門 ……………………… 474
第1回戯曲部門 ………………………… 476
第2回中短篇部門 ……………………… 478
第2回戯曲部門 ………………………… 479
第2回長篇部門 ………………………… 482
東京大学新聞五月祭記念懸賞小説選後評…… 486
『不在』を推す………………………… 486
『軽業師』を推す……………………… 487
寺田透・自筆略歴………………………… 490
*提灯魚のかがやき(篠田一士)……… 493
[ 2011/03/09 14:36 ] 寺田透 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。