研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  寺田透 >  『寺田透・評論 第II期』全7巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『寺田透・評論 第II期』全7巻

『寺田透・評論 第II期』全7巻(思潮社、1977.8~1981.7)



第1巻 1977.8.1
 
ことだまの運命………………………13
1964
世界の色十二ヶ月……………………………15
円地文子『鹿島綺譚』………………………40
文芸時評………………………………………46
横浜の文化……………………………………58
宮沢賢治の童話の世界………………………62
望月芳郎訳、ピエール・ド・ボワデッフル『小説はどこへ行くか』……85
手紙体で………………………………………90
唐木順三『無常』……………………………91
心の表現…………………………………… 106
武田泰淳・作品とひと…………………… 107
野上弥生子『秀吉と利休』……………… 110
横浜小劇場第九回試演に寄せて………… 116
詩の復権は可能か………………………… 119
荷風と白鳥………………………………… 154
音楽の意識………………………………… 158
吉行淳之介『砂の上の植物群』………… 159
出発のころ………………………………… 165
東京大学新聞五月祭記念懸賞小説選後評…… 169
現代詩について…………………………… 172
草野心平『第四の蛙』…………………… 176
河野与一訳編『プルターク『倫理論集』の話』…… 182
ボードレールの絵画論…………………… 185
小林秀雄『考へるヒント』……………… 206
述懐・葉山嘉樹にふれて………………… 212
沢柳大五郎『ギリシアの美術』をよむ… 215
芸術と思想の間…………………………… 220
終刊を聞いて―「近代文学」のこと…… 223
サイデンステッカー『現代日本作家論』…… 226
わが横浜…………………………………… 231
杉浦明平『町民大会前後』……………… 243
義堂周信…………………………………… 249
明平のこと………………………………… 285
網野菊『ゆれる葦』……………………… 287
和泉式部の歌集と日記…………………… 293
正法眼蔵随想……………………………… 301
栄花雑感…………………………………… 304
大江健三郎『個人的な体験』…………… 308
花田清輝『俳優修業』…………………… 314
1965
那智滝図―根津美術館蔵………………… 319
吉川逸治『近代美術への天才たち』…… 321
父祖の地…………………………………… 324
日本文学と宗教…………………………… 333
西洋風……………………………………… 335
偶感―朔太郎・達治・順三郎…………… 336
ドイツ表現派展の記憶…………………… 339
思想家泡鳴………………………………… 345
子供の絵―横浜市こどもの美術展をみて…… 348
『近代日本のことばと詩』あとがき…… 350
江戸をかう見る…………………………… 352
漱石の我…………………………………… 374
果て知れぬもの…………………………… 377
日本文人画のこと………………………… 382
美術書省察………………………………… 386
1966
『思出の記』……………………………… 390
鎌倉時代一面―彫刻から見た…………… 393
国士上田敏………………………………… 398
寅彦の自由………………………………… 403
杢太郎コントラ林太郎…………………… 409
亡友記……………………………………… 413
井伏さんの虚実…………………………… 415
吉本隆明『言語にとって美とはなにか』…… 418
十七世紀ヨーロッパ絵画………………… 426
象徴主義…………………………………… 431
日記に関する文学的考察………………… 436
神西清詩集………………………………… 455
戦後最大の………………………………… 459
茨城県芸術祭文学部門選評……………… 461
『青年の環』―第一、二部・第三部…… 462
唐木順三『詩とデカダンス』…………… 467
江戸美術のこと、その他………………… 468
菩薩断想―スケッチ帖から……………… 475
鳥海青児についてここにまた…………… 476
四十四年前のこと………………………… 496
夢まぼろしの日記………………………… 499
参考文献目録……………………………… 516
ことだまの運命…………………………… 520
言葉について……………………………… 529
言葉のこと………………………………… 535
*横浜の眼ということ―寺田透一側面(磯田光一)…… 541
 

第2巻 1978.9.10
 
ヴァレリーとともに…………………11
1967
源氏物語一面…………………………………13
表現の思想……………………………………97
ヴァレリーとともに……………………… 114
戦後派文学………………………………… 125
古典文庫を推薦する……………………… 138
再説武田泰淳……………………………… 139
ヴァレリーの文明批評…………………… 155
思考する日本文の一典型………………… 161
井伏鱒二『黒い雨』……………………… 163
ヴァレリーにおける哲学………………… 167
花あかり…………………………………… 172
『大平記』………………………………… 173
『わが中世』あとがき…………………… 196
茨城県芸術祭 文学部門 選評………… 203
私の第一評論集…………………………… 205
久保田正文『正岡子規』………………… 207
わが中世…………………………………… 211
現代詩文庫………………………………… 212
1968
わが非禅…………………………………… 213
東京国立博物館…………………………… 216
鳥海さんと茶色…………………………… 217
野毛山公園にて…………………………… 219
感想・竹内勝太郎………………………… 220
文学理論の研究…………………………… 224
文学史の思想的再把握―『唐木順三全集第一巻』…… 227
近代詩以降………………………………… 234
武田泰淳『秋風秋雨人を愁殺す』……… 236
入沢康夫『わが出雲・わが鎮魂』……… 240
死の受けとり方…………………………… 244
詩の言葉…………………………………… 251
天沢退二郎『宮沢賢治の彼方へ』……… 297
茨城県芸術祭 文学部門 選評………… 304
因縁………………………………………… 305
古今所感…………………………………… 308
行け 行けるところまで………………… 320
某月某日…………………………………… 322
1969
J・ホイジンガ『レンブラントの世紀』(栗原福也訳)…… 323
時代区分…………………………………… 326
ヨネ・ノグチ頌…………………………… 330
辞書のこと………………………………… 335
堀田善衛『美しきもの見し人は』……… 340
記憶………………………………………… 350
仏像・仏画………………………………… 354
『万葉集』………………………………… 366
教官退職…………………………………… 370
野間宏といふ作家存在の意味…………… 388
故坂本繁二郎の芸術……………………… 389
読書ノート………………………………… 396
私撰日本近代詩史の一章………………… 404
千利休……………………………………… 462
ルオー・深く感じ深く見た画家………… 472
踏絵………………………………………… 489
椎名麟三『懲役人の告発』……………… 500
茨城県芸術祭 文学部門 選評………… 504
『思想と造型』あとがき………………… 507
『'70年 Calendar鳥海青児作品集』解説…… 509
*開かれた批評の精神(饗庭孝男)…… 513
 

第3巻 1979.5.10
 
バルザック論集成…………………… 9
バルザック断章………………………………11
三十女…………………………………………28
ふたりの若妻…………………………………42
平役人とプチ・ブルジョワ…………………61
セザール・ビロトー…………………………78
いとこベット…………………………………98
いとこベット再論………………………… 117
ある人生の門出…………………………… 133
いとこポンス……………………………… 148
農民………………………………………… 174
十三人組…………………………………… 202
十三人組物語…………………………… 202
ランジェー公爵夫人…………………… 215
幻滅………………………………………… 226
浮れ女盛衰記……………………………… 257
浮れ女盛衰記…………………………… 257
時間と社会……………………………… 272
モデスト・ミニョン……………………… 290
暗黒事件…………………………………… 297
村の司祭…………………………………… 313
谷間のゆり………………………………… 334
バルザックとモラリスト………………… 339
バルザックの芸術論……………………… 358
『パルムの僧院』………………………… 376
バルザックとスタンダール……………… 401
フランス文学における東洋―バルザックに依拠して…… 413
バルザック短章…………………………… 434
山師ヴォートラン……………………… 434
戦争利得者……………………………… 435
古典のあゆみ…………………………… 438
バルザックのこと……………………… 442
現代の眼………………………………… 447
バルザックと日本の小説……………… 449
初めてバルザックを読む人に………… 454
自由意志の歌…………………………… 456
詩人バルザック…………………………… 461
概説バルザック…………………………… 467
バルザック略説…………………………… 490
『バルザック―人間喜劇の平土間から―』あとがき…… 497
初稿発表覚え書…………………………… 501
*《精神の倫理》のために―バルザック論集成による寺田透論(清水徹)…… 503
 

第4巻 1980.7.10
 
ドラクロワ 1847~1852…………………… 9
時代の前後…………………………………11
その想像力の時代的意味…………………15
観客の想像力………………………………19
線の目ざます想像力………………………24
モンド………………………………………32
流血への嗜欲………………………………37
方式の把握と尊重…………………………43
演劇と絵画…………………………………48
想像力と色彩………………………………54
単純さ………………………………………59
生の煩労……………………………………65
交友…………………………………………70
ロマン主義と古典主義……………………75
バルビゾンのルソー………………………81
詩的昂揚と病弱……………………………86
文学の呼びおこすもの……………………92
人工と自然…………………………………97
ルシュウール…………………………… 103
セザンヌとの関聯……………………… 108
画家のしごと…………………………… 114
フランス的天分………………………… 118
様式の歴史……………………………… 123
建築様式の変遷………………………… 128
建築美の本質…………………………… 134
現代性…………………………………… 139
音楽家たち……………………………… 144
チマローザ……………………………… 149
モデルとエスキス……………………… 155
古の巨匠たち…………………………… 161
政治思想………………………………… 166
絵画の詩的性質と散文的性質………… 171
省略画法………………………………… 177
シャンロゼイ…………………………… 183
想像力と自然…………………………… 189
出発前…………………………………… 194
ルーベンスの国………………………… 199
プロシャ入国…………………………… 204
ロード・バイロン……………………… 209
エムスで………………………………… 215
抜書き…………………………………… 220
マリーヌのルーベンス………………… 226
ルーベンス若がきの大作……………… 230
写真……………………………………… 235
中間色の効果…………………………… 240
憂欝と精励……………………………… 245
色調の劇………………………………… 251
ディエップ海岸………………………… 256
為せ。くよくよするな。……………… 262
著作計画………………………………… 267
あとがき………………………………… 274
ドラクロワの日記………………………… 279
ある時代の証人…………………………… 295
「ドラクロワ展」所感…………………… 299
ドラクロワとボードレール……………… 302
世界の中の日本美術……………………… 309
現代とは何か…………………………… 311
抽象絵画………………………………… 317
アンフォルメル………………………… 323
空間の新しい意味……………………… 332
不定形空間への志向…………………… 342
伝統への再認識………………………… 353
世界性の取得…………………………… 358
補説1・彫刻の解体 …………………… 368
補説2・アクション・ペインティングとポップ・アート…… 377
現代美術…………………………………… 390
*寺田透のドラクロワ(瀬木慎一)…… 397
 

第5巻 1981.1.10
 
詩のありか…………………………………… 9
谷間のゆり…………………………………11
『着色版画』二三点(その1) …………20
『着色版画』二三点(その2) …………29
朔太郎、杜甫、義堂………………………39
義堂周信……………………………………56
ふたたび義堂周信…………………………66
みたび義堂周信……………………………80
唐詩選(その1) ……………………… 100
唐詩選(その2) ……………………… 113
絶海中津、そして茶山菅晋帥………… 130
万葉集、芭蕉、また古今集…………… 148
ふたたび万葉集………………………… 163
みたび万葉集…………………………… 177
万葉、芭蕉、プーシュキン、またランボー…… 190
ふたたびプーシュキン………………… 203
ふたたび芭蕉、またマラルメ………… 217
シモンズ、ポー、そしてふたたびマラルメ…… 235
みたびマラルメ………………………… 248
初版あとがき…………………………… 260
増補版あとがき………………………… 267
芸術の理路………………………………… 267
展覧会での感想………………………… 271
イタリア・ロシア・ソヴェート……… 282
源氏物語「絵合」……………………… 298
八重山の歌と踊りノート……………… 314
観劇記…………………………………… 326
観劇後記………………………………… 340
江戸と明治のつながり方に関する絵画的感想…… 359
明治・大正・昭和などと言ふこと…… 373
佐伯祐三の美術史的位置づけの試み… 387
『汚れた手』…………………………… 405
カタルシス……………………………… 421
「芸談」………………………………… 435
幻想と絵画と…………………………… 451
絵画と文学……………………………… 468
レアリスム……………………………… 483
技巧……………………………………… 498
伊良子清白……………………………… 515
あとがき………………………………… 544
掲載誌・年月一覧……………………… 547
『芸術の理路』………………………… 548
*寺田透氏の発語(吉増剛造)………… 549
 

第6巻 1980.11.10
 
構築性の問題…………………………11
1970
短評十二ケ月…………………………………13
『古事記』復活……………………………13
神話の蛸壷…………………………………14
憂欝の撃壌…………………………………16
制作と時間…………………………………19
描写の論理…………………………………21
異端の歌声…………………………………23
補足の試み…………………………………26
現実的可能…………………………………28
散文詩の掟…………………………………29
漢詩の問題…………………………………31
時評の悩み…………………………………33
知命を過ぎ…………………………………35
ヴァン・エイクの細密写実にふれて………38
村上華岳………………………………………43
天皇摂関御影…………………………………54
反戦の文学……………………………………55
日本近代詩寸言(生田春月)………………56
横瀬夜雨………………………………………61
A・チボーデ『ポール・ヴァレリー』 ……85
第6回太宰賞選後評 …………………………88
心境小説・政治的……………………………89
飛花落葉…………………………………… 120
小林古径…………………………………… 143
モネ頌……………………………………… 153
『増補絵画とその周辺』あとがき……… 157
正宗白鳥の初期小説……………………… 160
『理智と情念』…………………………… 208
反省的推薦………………………………… 210
『増補文学その内面と外界』あとがき… 212
1971
歳旦回顧…………………………………… 213
佐佐木幸綱歌集『群黎』読後…………… 214
暮秋北窓試筆……………………………… 217
構築性の問題……………………………… 233
玉鬘を軸として…………………………… 248
書はいつのその人か―蘇軾・黄庭堅・米…… 265
春信………………………………………… 284
ノートや手紙の中にこそ………………… 288
高見順賞選後評…………………………… 289
大西巨人『神聖喜劇』第1部・第2部…… 291
立原・思ひ出すことあれこれ…………… 313
水墨襖絵…………………………………… 318
高橋君を偲ぶ―その中国文学研究の業績に即して…… 321
第7回太宰治賞選後評 …………………… 333
心平寸描…………………………………… 334
スタンダール寸感………………………… 347
マルケ『幸福な男』……………………… 351
遠藤典太…………………………………… 352
粗面・滑面―『生きている仏像たち』にふれて…… 355
九年ぶりの悲の器………………………… 364
道風と佐理………………………………… 381
1972
志賀直哉の死……………………………… 397
ゴヤに冷淡な一個の意見………………… 401
椎名麟三全集第10巻……………………… 407
江戸の晩春………………………………… 419
青木繁……………………………………… 441
書の展覧会………………………………… 453
第8回太宰賞選後評 ……………………… 458
『豊饒の海』……………………………… 459
西行の月の歌……………………………… 481
中野孝次『実朝考』……………………… 485
青春の袖珍………………………………… 488
『中村光夫全集第9巻』解説 …………… 489
秋成の物語………………………………… 504
菱田春草…………………………………… 513
白秋の様式………………………………… 519
歌のめきき………………………………… 529
『北窓の眺め』あとがき………………… 531
琳派の絵画………………………………… 534
*精神のプレザンス(中野孝次)……… 544
 

第7巻 1981.7.1
 
ランボー着色版画集私解…………………… 9
序にかへて…………………………………11
1 お話Conte ………………………………16
2 客寄せ芝居Parade 舞台面Scenes ……31
3 客寄せ芝居Parade………………………44
4 生涯3 Vies III 王権Royaut  ある一つの理性にA Une Raison 放浪の人Vagabonds……54
5 あけぼのAube 夜明し1 Veill es I 生涯1、2 Vies I,II……71
6 詞章片々1~8 Phrases I‐VIII 冬の祭F te d'Hiver……89
7 陶酔の朝Matin e d'Ivresse 野蛮人Barbare…… 103
8 古美術Antique 夜明し2 Veill es II 花Fleurs…… 120
9 妖精Fairy 詞章片々5 Phrases V ボトムBottom…… 131
10 ボトムBottom 美しくあることBeing Beauteous 出発D part 都会Ville H… 144
11 歴史的な夕Soir Historique 動きMouvement…… 157
12 岬Promontoire 町々Villes ……… 172
13 町々Villes 労働者Ouvrier 橋Les Ponts…… 184
14 町々Villes 神秘主義Mystique 民主主義D mocratie いくさGuerre …… 196
15 母国の景M tropolitain 夜明し1、2 Veill es I,II 海洋画Marine…… 210
16 俗な夜想曲Nocturne Vulgaire 大洪水ののちApr s le D luge 少年時代1 Enfance I…… 221
17 少年時代2、3、4 Enfance II,III,IV わだちOrnires……… 233
18 少年時代5 Enfance V 青春1~4 Jeunesse I‐IV…… 248
19 見切り市Solde 信心するD votion 苦悶Angoisse…… 264
20 天才G nie…………………………… 280
結び……………………………………… 289
附録・未定稿詩………………………… 302
巻末覚え書……………………………… 306
和泉式部…………………………………… 309
身と心…………………………………… 311
愛欲……………………………………… 335
措辞の特異さ…………………………… 358
死、親子………………………………… 383
阿保親王の裔…………………………… 407
南院にて………………………………… 431
挽歌……………………………………… 456
上東門院女房…………………………… 483
死へ……………………………………… 511
あとがき………………………………… 532
秀歌一覧………………………………… 534
和泉式部………………………………… 540
*詩の秘密への往還路(入沢康夫)…… 541
[ 2011/03/09 14:37 ] 寺田透 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。