研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  寺田寅彦 >  『寺田寅彦全集』全17巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『寺田寅彦全集』全17巻

『寺田寅彦全集』全17巻(岩波書店、1960.10~1962.2)



第1巻 随筆 1 1960.10.7
 
根岸庵を訪う記……………………………… 7
東上記…………………………………………14
半日ある記……………………………………26
星………………………………………………30
祭り……………………………………………31
車………………………………………………33
窮理日記………………………………………35
鴫つき…………………………………………36
高知がえり……………………………………39
こがらし………………………………………44
雪ちゃん………………………………………46
どんぐり………………………………………50
竜舌蘭…………………………………………56
あらし…………………………………………63
森の絵…………………………………………69
枯れ菊の影……………………………………72
やもり物語……………………………………82
障子のらく書き………………………………88
イタリア人……………………………………93
花物語…………………………………………99
まじょりか皿……………………………… 114
先生への通信……………………………… 120
物理学の応用について…………………… 137
方則について……………………………… 142
知と疑い…………………………………… 154
物質とエネルギー………………………… 157
科学上における権威の価値と弊害……… 164
科学者と芸術家…………………………… 171
自然現象の予報…………………………… 180
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ…… 195
物理学と感覚……………………………… 201
瀬戸内海の潮と潮流……………………… 212
物理学実験の教授について……………… 216
夏の小半日………………………………… 223
津田青楓君の絵と南画の芸術的価値…… 227
研究的態度の養成………………………… 243
戦争と気象学……………………………… 246
かえるの鳴き声…………………………… 249
*注解……………………………………… 251
*後記(矢島祐利)……………………… 253
 

第2巻 随筆 2 1960.11.7
 
科学上の骨董趣味と温故知新……………… 7
病中記…………………………………………11
病院の夜明けの物音…………………………17
病室の花………………………………………21
電車と風呂……………………………………30
丸善と三越……………………………………37
自画像…………………………………………57
小さな出来事…………………………………81
鸚鵡のイズム……………………………… 102
帝展を見ざるの記………………………… 106
浅草紙……………………………………… 117
芝刈り……………………………………… 123
球根………………………………………… 137
春寒………………………………………… 147
文学の中の科学的要素…………………… 153
凍雨と雨氷………………………………… 161
漫画と科学………………………………… 164
旅日記から(明治42年)………………… 170
厄年とetc.………………………………… 204
春六題……………………………………… 218
簑虫と蜘蛛………………………………… 227
蜂が団子をこしらえる話………………… 233
田園雑感…………………………………… 238
*注解……………………………………… 249
*後記……………………………………… 253
 

第3巻 随筆 3 1960.12.7
 
アインシュタインの教育観………………… 7
アインシュタイン……………………………19
ねずみと猫……………………………………37
ある日の経験…………………………………60
写生紀行………………………………………67
笑い……………………………………………89
案内者……………………………………… 101
断水の日…………………………………… 114
夢…………………………………………… 122
マルコポロから…………………………… 126
蓄音機……………………………………… 131
亮の追憶…………………………………… 148
一つの思考実験…………………………… 164
茶わんの湯………………………………… 181
塵埃と光…………………………………… 187
断片(I) ………………………………… 191
神田を散歩して…………………………… 194
海陸風と夕なぎ…………………………… 201
秋の歌……………………………………… 204
電車の混雑について……………………… 206
異郷………………………………………… 217
相対性原理側面観………………………… 223
雑記(I) ………………………………… 234
*注解……………………………………… 259
*後記……………………………………… 267
 

第4巻 随筆 4 1961.1.7
 
子猫…………………………………………… 7
浮世絵の曲線…………………………………20
言語と道具……………………………………25
ある幻想曲の序………………………………29
二十四年前……………………………………31
石油ランプ……………………………………36
解かれた象……………………………………41
雑記(II)……………………………………46
地震雑感………………………………………56
鑢屑……………………………………………64
流言飛語………………………………………75
二科会展覧会雑感……………………………78
池………………………………………………84
議会の印象……………………………………90
中村彝氏の追憶………………………………95
二科会その他…………………………………98
路傍の草…………………………………… 102
書簡(I) ………………………………… 115
断片(II)………………………………… 116
備忘録……………………………………… 120
怪異考……………………………………… 146
昭和二年の二科会と美術院……………… 155
人の言葉―自分の言葉…………………… 160
日本楽器の名称…………………………… 164
土佐の地名………………………………… 169
比較言語学における統計的研究法の可能性について…… 175
子規の追憶………………………………… 196
スパーク…………………………………… 200
雑感………………………………………… 203
二科狂想行進曲…………………………… 206
年賀状……………………………………… 208
化け物の進化……………………………… 213
*注解……………………………………… 229
*後記……………………………………… 235
 

第5巻 随筆 5 1961.2.7
 
数学と語学…………………………………… 5
さまよえるユダヤ人の手記より……………10
ルクレチウスと科学…………………………18
野球時代………………………………………73
二つの正月……………………………………79
LIBER STUDIORUM ……………………………84
高浜さんと私…………………………………92
夏………………………………………………95
映画時代…………………………………… 104
レーリー卿………………………………… 123
時事雑感…………………………………… 160
火山の名について………………………… 173
日常身辺の物理的諸問題………………… 183
青衣童女像………………………………… 191
量的と質的と統計的と…………………… 195
カメラをさげて…………………………… 206
蓑田先生…………………………………… 213
家庭の人へ………………………………… 219
ラジオ・モンタージュ…………………… 226
*注解……………………………………… 231
*後記……………………………………… 245
 

第6巻 随筆 6 1961.3.7
 
青磁のモンタージュ………………………… 7
読書の今昔…………………………………… 8
物理学圏外の物理的現象……………………25
郷土的味覚……………………………………35
映画の世界像…………………………………39
「手首」の問題………………………………49
PROFESSOR TAKEMATU OKADA…………………57
千人針…………………………………………66
映画雑感(I) ………………………………69
工学博士末広恭二君……………………… 110
生ける人形………………………………… 118
チューインガム…………………………… 128
映画芸術…………………………………… 135
教育映画について………………………… 172
からすうりの花と蛾……………………… 179
札幌まで…………………………………… 191
ステッキ…………………………………… 201
音楽的映画としての「ラヴ・ミ・トゥナイト」…… 205
ロプ・ノールその他……………………… 210
夏目漱石先生の追憶……………………… 214
田丸先生の追憶…………………………… 227
*注解……………………………………… 237
*後記……………………………………… 255
 

第7巻 随筆 7 1961.4.7
 
鐘に釁る……………………………………… 7
北氷洋の氷の割れる音………………………10
IMAGE OF PHYSICAL WORLD IN CINEMATOGRAPHY……14
重兵衛さんの一家……………………………24
鉛をかじる虫…………………………………34
鎖骨……………………………………………38
火事教育………………………………………43
ニュース映画と新聞記事……………………49
書簡(II)……………………………………54
自然界の縞模様………………………………56
藤の実…………………………………………72
銀座アルプス…………………………………76
コーヒー哲学序説……………………………93
空想日録…………………………………… 101
映画雑感(II)…………………………… 116
映画「マルガ」に現われた動物の闘争… 124
物質群として見た動物群………………… 127
病院風景…………………………………… 131
さるの顔…………………………………… 137
ラジオ雑感………………………………… 138
津波と人間………………………………… 145
耳と目……………………………………… 152
蒸発皿……………………………………… 158
記録狂時代………………………………… 171
感覚と科学………………………………… 177
言葉の不思議……………………………… 180
涼味数題…………………………………… 195
錯覚数題…………………………………… 202
神話と地球物理学………………………… 215
学問の自由………………………………… 219
試験管……………………………………… 224
*注解……………………………………… 239
*後記……………………………………… 251
 

第8巻 随筆 8 1961.5.8
 
軽井沢………………………………………… 7
科学と文学……………………………………16
科学者とあたま………………………………51
浅間山麓より…………………………………57
沓掛より………………………………………62
二科展院展急行瞥見記………………………75
KからQまで……………………………………81
さるかに合戦と桃太郎………………………87
人魂の一つの場合……………………………92
伊香保…………………………………………96
異質触媒作用……………………………… 110
初冬の日記から…………………………… 120
猫の穴掘り………………………………… 134
思い出草…………………………………… 140
踊る線条…………………………………… 143
徒然草の鑑賞……………………………… 146
雑記帳より(I) ………………………… 156
ある探偵事件……………………………… 160
変わった話………………………………… 163
学位について……………………………… 175
ジャーナリズム雑感……………………… 187
科学に志す人へ…………………………… 202
函館の大火について……………………… 208
マーカス・ショーとレビュー式教育…… 222
庭の追憶…………………………………… 235
*注解……………………………………… 241
*後記……………………………………… 255
 

第9巻 随筆 9 1961.6.7
 
ピタゴラスと豆……………………………… 7
山中常盤双紙…………………………………10
夕なぎと夕風…………………………………13
鷹をもらいそこなった話……………………16
観点と距離……………………………………18
喫煙四十年……………………………………21
初旅……………………………………………33
雑記帳より(II)……………………………36
ゴルフ随行記…………………………………43
子規自筆の根岸地図…………………………49
藤棚の陰から…………………………………52
とんびと油揚…………………………………65
明治三十二年ごろ……………………………70
地図をながめて………………………………73
映画雑感(III) ………………………… 104
疑問と空想………………………………… 125
破片………………………………………… 130
天災と国防………………………………… 144
あひると猿………………………………… 155
鴫突き……………………………………… 162
追憶の冬夜………………………………… 166
夢判断……………………………………… 172
新春偶語…………………………………… 175
新年雑俎…………………………………… 179
相撲………………………………………… 184
追憶の医師たち…………………………… 190
西鶴と科学………………………………… 194
台風雑俎…………………………………… 208
詩と官能…………………………………… 220
からすと唱歌……………………………… 224
物売りの声………………………………… 226
ベルリン大学……………………………… 234
五月の唯物観……………………………… 244
*注解……………………………………… 251
*後記……………………………………… 267
 

第10巻 随筆 10 1961.7.7
 
自由画稿……………………………………… 7
箱根熱海バス紀行……………………………71
随筆難…………………………………………78
映画雑感(IV)………………………………85
B教授の死 ………………………………… 109
災難雑考…………………………………… 118
映画雑感(V) …………………………… 132
海水浴……………………………………… 135
糸車………………………………………… 142
映画と生理………………………………… 149
映画雑感(VI)…………………………… 154
静岡地震被害見学記……………………… 160
高原………………………………………… 168
小浅間……………………………………… 173
震災日記より……………………………… 180
映画雑感(VII) ………………………… 190
雨の上高地………………………………… 193
日本人の自然観…………………………… 200
小爆発二件………………………………… 231
三斜晶系…………………………………… 238
うずもれた漱石伝記資料………………… 251
*注解……………………………………… 257
*後記……………………………………… 273
 

第11巻 短章 1961.8.7
 
短章 その1 ………………………………… 5
短章 その2 ……………………………… 157
*注解……………………………………… 235
*後記……………………………………… 245
 

第12巻 俳諧 俳諧論 1961.9.7
 
俳諧…………………………………………… 5
俳句………………………………………… 7
連句…………………………………………23
歌仙………………………………………24
その他の連句……………………………86
三つ物…………………………………86
新三つ物………………………………87
俳諧六つ物……………………………90
二枚折…………………………………91
二つ折…………………………………93
二枚屏風………………………………95
TORSO …………………………………98
銀座より…………………………… 104
片々………………………………… 106
紀行……………………………………… 109
俳諧論……………………………………… 113
伊吹山の句について…………………… 115
夏目先生の俳句と漢詩………………… 118
連句雑俎………………………………… 120
天文と俳句……………………………… 176
俳諧の本質的概論……………………… 186
俳諧瑣談………………………………… 208
俳句の型式とその進化………………… 220
俳句の精神……………………………… 225
*注解……………………………………… 241
*後記……………………………………… 255
 

第13巻 日記 1 1961.10.7
 
明治25年……………………………………… 7
明治26年………………………………………14
明治29年………………………………………17
明治31年………………………………………24
明治32年………………………………………31
科学者の日記………………………………31
明治33年………………………………………33
明治34年………………………………………35
明治35年………………………………………45
明治36年………………………………………63
明治37年………………………………………84
明治38年………………………………………93
明治39年…………………………………… 105
明治41年…………………………………… 114
明治42年…………………………………… 133
西遊紀行………………………………… 133
北欧旅行記……………………………… 136
オーストリアおよびイタリア………… 137
明治43年…………………………………… 140
オーストリアおよびイタリア(つづき)…… 140
明治44年…………………………………… 143
ロンドン、オックスフォードおよびグラスゴー…… 143
明治45年…………………………………… 145
大正3年 …………………………………… 148
大正4年 …………………………………… 151
大正5年 …………………………………… 157
大正6年 …………………………………… 167
大正7年 …………………………………… 174
大正8年 …………………………………… 179
*注解……………………………………… 183
*後記……………………………………… 205
 

第14巻 日記 2 1961.11.7
 
大正9年 ……………………………………… 5
大正10年………………………………………21
大正11年………………………………………33
大正12年………………………………………47
大正13年………………………………………62
大正14年………………………………………69
大正15年………………………………………73
昭和2年 ………………………………………79
昭和3年 ………………………………………86
昭和5年 ………………………………………89
昭和6年 ………………………………………96
昭和7年 …………………………………… 106
昭和8年 …………………………………… 124
昭和9年 …………………………………… 137
昭和10年…………………………………… 164
*注解……………………………………… 175
*後記……………………………………… 201
 

第15巻 書簡 1 1961.12.7
 
明治36年……………………………………… 7
明治37年……………………………………… 9
明治38年………………………………………11
明治39年………………………………………12
明治40年………………………………………14
明治41年………………………………………16
明治42年………………………………………20
明治43年………………………………………44
明治44年………………………………………53
明治45年・大正元年…………………………56
大正2年 ………………………………………58
大正3年 ………………………………………59
大正4年 ………………………………………60
大正5年 ………………………………………62
大正6年 ………………………………………69
大正7年 ………………………………………78
大正8年 ………………………………………85
大正9年 ………………………………………90
大正10年…………………………………… 119
大正11年…………………………………… 139
大正12年…………………………………… 161
大正13年…………………………………… 189
大正14年…………………………………… 203
*注解……………………………………… 221
*後記……………………………………… 235
 

第16巻 書簡 2 1962.1.7
 
大正15年……………………………………… 5
昭和2年 ………………………………………30
昭和3年 ………………………………………43
昭和4年 ………………………………………59
昭和5年 ………………………………………74
昭和6年 ………………………………………94
昭和7年 …………………………………… 112
昭和8年 …………………………………… 124
昭和9年 …………………………………… 144
昭和10年…………………………………… 168
*注解……………………………………… 201
*後記……………………………………… 211
 

第17巻 雑編 1962.2.7
 
書籍批評
「俳諧師」について…………………………10
左千夫歌集を読む……………………………11
「氷魚」を読みて……………………………16
「地懐」を読みて……………………………20
「あらたま」雑感……………………………24
「赤彦童謡集」………………………………30
藤原博士の「雲」……………………………31
「芭蕉連句の根本解説」について…………34
地震と光り物…………………………………36
岡田博士の「測候瑣談」……………………39
定本 「世界映画芸術発達史」……………42
科学的文学の一例……………………………45
「ギリシヤとスカンディナヴィヤ」………48
「西洋拝見」を読んで………………………51
小泉八雲秘稿画本「妖魔詩話」……………54
青楓の果実蔬菜描写…………………………58
「漱石襍記」について………………………60
序文
「冬彦集」自序………………………………66
「薮柑子集」自序……………………………67
「万華鏡」自序………………………………71
「現代日本文学全集」吉村冬彦編の序詞…73
「続冬彦集」自序……………………………73
「柿の種」自序………………………………75
「柿の種」扉裏へ……………………………77
「物質と言葉」自序…………………………77
「蒸発皿」自序………………………………79
「触媒」自序…………………………………80
「螢光板」自序………………………………82
神谷尚志「ひとりしずか」序文……………84
百渓禄郎太「祖母岳」再版序文……………85
土井八枝「土佐の方言」序文………………87
推薦
「普及版漱石全集」…………………………92
「子規全集」…………………………………92
矢島祐利著「科学者と科学」………………93
「ギリシャ・ラテン講座」…………………94
奥村鶴吉編「野口英世」……………………96
安倍能成著「ギリシャとスカンディナヴィア」……97
藤田太郎個人展覧会…………………………98
普及講座「防災科学」………………………99
「ゲーテ全集」…………………………… 100
「決定版漱石全集」……………………… 101
応問
「自分の環境」…………………………… 104
「名士の書架」…………………………… 104
「最近の読書感」………………………… 105
「旅・読書」……………………………… 106
「最近読んだ日本の良書愚書」………… 106
「記・紀・万葉におけるわが愛誦歌」… 107
「ドイツ芸術の独自性について」……… 108
「ほんとほん」…………………………… 109
「古事記全歌謡の注釈と鑑賞」………… 110
「ローマ字つづり方に関する諸家の意見」…… 111

旋風研究のため…………………………… 114
レーリー卿………………………………… 115
研究者の対立……………………………… 115
自作年譜…………………………………… 116
Rokugwatuno Hare………………………… 118
Hakarino Hari …………………………… 120
地震研究所のパネルへ…………………… 121
断片…………………………………… 123
講演・談話
わが中学時代の勉強法…………………… 150
極度の寒さ………………………………… 157
漱石先生おもかげ草……………………… 160
雲の話……………………………………… 161
夏目先生の自然観………………………… 182
座談………………………………………… 183
ウェゲナーの大陸移動説………………… 189
旋風について……………………………… 195
火災と気象との関係……………………… 210
火災論の講義について…………………… 219
ロンドン大火と東京大火………………… 221
「薮柑子集」執筆当時の追憶…………… 224
火災研究の基本材料……………………… 227
伊豆地震…………………………………… 229
大地震と光り物…………………………… 231
地震に伴なう光の現象…………………… 233
山火事の警戒は不連続線………………… 236
シベリアの大山火事……………………… 239
不連続線と温度の注意で山火事を予防… 241
室戸の奇現象……………………………… 242
*注解……………………………………… 245
*後記……………………………………… 259
[ 2011/03/09 14:37 ] 寺田寅彦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。