研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  峠三吉 >  『峠三吉作品集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『峠三吉作品集』全2巻

『峠三吉作品集』全2巻(青木書店、1975.7~1975.8)



上 1975.7.1
 
凡例………………………………………… 1

I 抒情詩集(1) …………………………… 3
解題………………………………………… 4
笛…………………………………………… 5
幻影………………………………………… 5
夏祭………………………………………… 6
美しい日は去る…………………………… 6
私…………………………………………… 7
回想………………………………………… 7
青い星……………………………………… 8
夏の夜……………………………………… 9
くすり詩抄………………………………… 9
〔ヒルムのやうに蒼い夜〕………………10
瀕死の金魚…………………………………11
石蕗…………………………………………11
誰も知らない喫茶店………………………12
希ひ…………………………………………12
おもかげ……………………………………13
沈丁の花……………………………………13
わが季節のImage …………………………14
習作…………………………………………15
夕方…………………………………………16
たそがれの心象……………………………16
幻想の地に…………………………………19
初秋の頃……………………………………20
紫なせる……………………………………20
峠の秋………………………………………21
わが愛するもの……………………………22
絶頂…………………………………………22
憧憬…………………………………………23
旗……………………………………………25
川端に涼む若き母親………………………25
中年の労働者………………………………28
私の世界……………………………………28
鞦韆…………………………………………30
夕ぐれは……………………………………30
ゆたかな寂しさの…………………………31
音の家族……………………………………32
潮と浮標と…………………………………32
そのこと……………………………………33
静臥しつつ…………………………………34
原生…………………………………………34
らっきょうに寄せて………………………35
流れに歌ふ…………………………………36
心に…………………………………………36
立札…………………………………………37
眼……………………………………………38
過程…………………………………………39
或る未明の戦闘……………………………40
結核恢復者…………………………………40
二度目の思慕………………………………41
丘のある風景………………………………42
結婚…………………………………………42
梅雨曇りの朝………………………………43
愛苦…………………………………………43
II 抒情詩集(2)……………………………45
解題…………………………………………46
道程…………………………………………47
或る想念……………………………………49
讃美のうた…………………………………50
顕示…………………………………………52
樹木と神……………………………………54
そうして!…………………………………55
楽想…………………………………………56
ゆふぐれへの手紙…………………………56
或る少年の手紙……………………………58
老人…………………………………………60
同志…………………………………………60
花陰…………………………………………62
小さくておほきな花………………………62
盲ひた獣が…………………………………64
眠り…………………………………………65
裸木…………………………………………66
少女裸像……………………………………66
小さき者……………………………………67
無極の赦し…………………………………67
わが心の陰を………………………………68
春浅い半月の………………………………68
脱皮…………………………………………69
III 抒情詩集(3) …………………………71
解題…………………………………………72
手紙…………………………………………73
惑ひ…………………………………………73
陥没…………………………………………74
霧闇…………………………………………75
雨後に………………………………………75
虹……………………………………………76
隠れん坊……………………………………76
気まぐれ……………………………………77
わが想ひ……………………………………77
宵路…………………………………………77
向日葵………………………………………77
面影…………………………………………78
昴……………………………………………78
心の入江……………………………………79
再会…………………………………………79
愛の極北……………………………………79
愛の季節……………………………………80
愛の黎明……………………………………82
透身の踊り…………………………………82
歌……………………………………………84
春醸…………………………………………84
秘め言………………………………………85
灰碧の花……………………………………85
回帰…………………………………………86
愛と屍と……………………………………88
IV 抒情詩集(4)……………………………95
解題…………………………………………96
登行…………………………………………97
或るベアトリッチェ………………………97
真実…………………………………………98
夕暮に………………………………………99
子よ四つ手網を……………………………99
寂しき歌………………………………… 100
春風……………………………………… 101
風媒の花………………………………… 102
リルケに捧ぐ…………………………… 103
由美子と火事…………………………… 104
劫初の朝………………………………… 107
(Kへの手紙に) ……………………… 109
朝………………………………………… 109
雪………………………………………… 111
体をかけて……………………………… 112
肉体の上に……………………………… 112
会話……………………………………… 114
わか葉…………………………………… 116
色彩風景………………………………… 117
〔いたづらな子供が……〕…………… 117
子よ!…………………………………… 118
出発……………………………………… 120
V 時事詩集………………………………… 121
解題……………………………………… 122
絵本……………………………………… 123
聖き憎しみ……………………………… 123
土………………………………………… 124
怒りの焔………………………………… 124
クリスマスの帰りみちに……………… 125
新事務所の落成を祝う………………… 125
何故?…………………………………… 127
絵の具…………………………………… 127
公報……………………………………… 127
推移……………………………………… 128
僕たちの力は根を張ってゆく………… 129
電車線路のつぎ目を見給え…………… 129
共闘の誓い……………………………… 131
怒りのうた……………………………… 132
夢………………………………………… 132
雨の日に………………………………… 133
なぜに…………………………………… 133
ある婦人え……………………………… 134
修学旅行………………………………… 135
歌………………………………………… 137
暗夜……………………………………… 137
太田河口の春…………………………… 138
題のないうた…………………………… 139
プークに捧ぐる詩……………………… 141
劇団プークに捧ぐる詩………………… 142
愛の歌…………………………………… 144
白衣……………………………………… 146
序詩……………………………………… 147
くろい燕………………………………… 148
自由労働者に捧げる詩………………… 151
大山郁夫氏に捧げる詩………………… 153
宇品港にて……………………………… 155
アメリカ製の眠り人形へ……………… 157
傷痕……………………………………… 157
VI 原爆詩集 ……………………………… 159
解題……………………………………… 160
序………………………………………… 161
八月六日………………………………… 161
死………………………………………… 162
炎………………………………………… 164
盲目……………………………………… 166
仮繃帯所にて…………………………… 167
眼………………………………………… 168
倉庫の記録……………………………… 169
としとったお母さん…………………… 172
炎の季節………………………………… 175
ちいさい子……………………………… 178
墓標……………………………………… 180
影………………………………………… 184
友………………………………………… 186
河のある風景…………………………… 187
朝………………………………………… 187
微笑……………………………………… 188
一九五〇年の八月六日………………… 189
夜………………………………………… 191
巷にて…………………………………… 193
ある婦人へ……………………………… 193
景観……………………………………… 195
呼びかけ………………………………… 196
その日はいつか………………………… 197
希い……………………………………… 203
あとがき………………………………… 204
シュプレヒコール
解題……………………………………… 208
リベットの響き…………………………… 209
人民解放の歌……………………………… 220
短歌・俳句
解題……………………………………… 230
短歌………………………………………… 231
俳句………………………………………… 253
*解説(増岡敏和)……………………… 278
 

下 1975.8.15
 
凡例………………………………………… 1
童話
百足競走……………………………………… 3
お爺さんと娘…………………………………12
ドッヂ・ボール………………………………25
小説
遠雷……………………………………………31
鏡占い…………………………………………44
随筆・詩論・ルポ・宣言
I 随筆…………………………………………65
拍手について………………………………65
V青年に ……………………………………67
港にて………………………………………69
新時代への苦悩……………………………71
『悲劇』のひげき…………………………75
私の恋愛観…………………………………77
ゴールデン・メダルによせて……………79
II 詩論 ………………………………………81
生活のうた…………………………………81
「生活の詩」断想…………………………82
美の解放……………………………………84
象徴的手法について………………………86
文学サークル運動について………………88
一年をかえりみて…………………………90
詩の話………………………………………93
子供の詩は教える…………………………97
『原子雲の下より』序文……………… 103
III ルポルタージュ……………………… 112
たえまない闘いのなかで……………… 112
IV 宣言 …………………………………… 117
吉田内閣打倒国民大会へ送るメッセージ…… 117
メーデーに送るメッセージ…………… 118
平和擁護のための宣言………………… 119
ことば…………………………………… 121
宣言……………………………………… 121
覚え書
メモ―覚え書―感想…………………… 125
子供ヲ思ウ……………………………… 134
小さな娘のために……………………… 139
日記
昭和20年―原爆直後……………………… 151
昭和21年―青年文化運動………………… 158
昭和22年―愛……………………………… 191
昭和28年―再生…………………………… 240
昭和24年―新しい進路…………………… 246
昭和25年―溢れ…………………………… 263
昭和27年―生活と文学…………………… 270
昭和28年―手術前………………………… 284
*峠三吉年譜……………………………… 292
*解説(増岡敏和)……………………… 297
*あとがき(峠一夫)…………………… 311
[ 2011/03/10 07:26 ] 峠三吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。