研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  十返肇 >  『十返肇著作集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『十返肇著作集』全2巻

『十返肇著作集』全2巻(講談社、1969.4~1969.5)



上 1969.4.28
 
文学論
実感的文学論…………………………………10
批評家の空転………………………………10
文壇私闘時代………………………………18
小説におけるモデルとは何者か…………25
匿名批評の功罪……………………………32
流行作家論…………………………………37
ベスト・セラーと文学……………………44
文芸評論は“文壇政治論”ではない……50
現代文学の非行動性………………………55
罠ある“論争術”…………………………61
文学以前……………………………………67
“性”なるもの……………………………73
文学に何を求めるか………………………79
贋の季節………………………………………87
大戦の終り(序)…………………………87
ひとつの典型………………………………90
可能性の文学………………………………92
青春の問題…………………………………95
アプレゲール………………………………97
世代とは何か…………………………… 100
頽廃の中の真実………………………… 103
堕落論是非……………………………… 105
悪徳について…………………………… 107
孤独な観念家…………………………… 110
「肉体」の登場………………………… 112
思想対肉体……………………………… 117
流行作家………………………………… 119
若き酔漢の印象………………………… 122
重い世界………………………………… 124
廃墟の灯………………………………… 127
国語との戦い…………………………… 128
同世代の半面…………………………… 130
文学革命………………………………… 132
国籍抛棄者の文学……………………… 135
新旧文学の対立………………………… 137
批評家失格……………………………… 140
風俗と文学……………………………… 144
通夜の客………………………………… 147
新生活派の擡頭………………………… 151
文学の大道……………………………… 154
文壇通俗………………………………… 156
民主主義文学の貧困…………………… 158
批評の肉体……………………………… 160
批評と流行作家………………………… 163
明日のパン……………………………… 165
批評における官尊民卑的傾向について…… 167
実験小説………………………………… 169
センチメンタル・ヒューマニズムと小児病…… 173
文学的青春……………………………… 177
贋の季節………………………………… 180

「軽薄」の旗…………………………… 182
意志と行動の文学……………………… 186
「時代の作家」後書…………………… 191
文学者の自我…………………………… 196
文学はどう生きるか…………………… 208
文学の使命……………………………… 213
現代デカダニズム文学の一側面……… 217
自然主義は復活するか………………… 225
倦怠期の文学…………………………… 228
文壇主流の喪失………………………… 231
不安の季節……………………………… 237
現代文学の動向………………………… 240
生活のうしろに寝ていられない……… 245
行動の表現……………………………… 251
昭和作家の変貌………………………… 257
流行作家の条件………………………… 261
批評家としての私の覚悟……………… 269
破滅型作家と現代……………………… 273
青春の典型像と時代…………………… 275
太陽文学論争の行方…………………… 280
文芸雑誌論……………………………… 284
「文壇」の崩壊………………………… 292
小説と文学の結婚……………………… 297
昭和十年代作家の到達点……………… 304
人われを軽評論家と呼ぶ……………… 309
文芸時評
文芸時評論………………………………… 316
文芸時評…………………………………… 321
*解説(野口冨士男)…………………… 487
 

下 1969.5.28
 
作家・作品論
意志と情熱……………………………………10

作家論について……………………………62
谷崎潤一郎…………………………………67
谷崎潤一郎の生活と芸術…………………87
「鍵」と谷崎文学…………………………95
田山花袋論…………………………………99
正宗白鳥氏のこと……………………… 108
近松秋江論……………………………… 110
倉田百三「出家とその弟子」………… 116
志賀直哉の一側面……………………… 117
山本有三論……………………………… 125
宇野浩二論……………………………… 135
佐藤春夫論……………………………… 145
川端康成「浅草紅団」………………… 153
中河与一「臈たき花」………………… 156
宇野千代「色ざんげ」………………… 158
「おはん」……………………………… 160
堀辰雄論………………………………… 161
平林たい子……………………………… 167
「うつむく女」………………………… 172
林芙美子………………………………… 174
武田麟太郎論…………………………… 180
舟橋聖一「花の素顔」………………… 188
阿部知二「人工庭園」………………… 190
石川達三の文学………………………… 191
「心猿」………………………………… 193
「暗い嘆きの谷」……………………… 196
「自分の穴の中で」…………………… 198
「悪の愉しさ」………………………… 201
丹羽文雄論……………………………… 202
「鮎」…………………………………… 208
「愛慾の位置」………………………… 211
「告白」………………………………… 213
「恋文」………………………………… 214
「青麦」………………………………… 217
伊藤整論………………………………… 219
高見順氏について……………………… 224
岡本かの子論…………………………… 234
壷井栄…………………………………… 240
戦争文学と火野葦平…………………… 245
坂口安吾………………………………… 248
亀井勝一郎……………………………… 258
井上友一郎「受胎」…………………… 260
田村泰次郎「肉体の門」……………… 262
織田作之助……………………………… 265
梅崎春生………………………………… 266
三島由紀夫の才能……………………… 270
「潮騒」………………………………… 273
武田泰淳の反思想的発想……………… 273
堀田善衛の日本人論…………………… 277
「夜の森」……………………………… 280
井上靖「昨日と明日の間」「その日そんな時刻」…… 281
「黒い蝶」……………………………… 284
柴田錬三郎……………………………… 286
松本清張………………………………… 290
吉行淳之介……………………………… 297
有馬頼義「葉山一色海岸」…………… 299
石原慎太郎「亀裂」…………………… 302
五味川純平……………………………… 304
深沢七郎「楢山節考」………………… 307
水上勉「フライパンの歌」…………… 308
吉屋信子………………………………… 310
獅子文六「やっさもっさ」…………… 312
林房雄「息子の青春」………………… 315
源氏鶏太………………………………… 317
佐々木味津三「右門捕物帖」………… 322
土師清二「砂絵呪縛」………………… 325
富田常雄「姿三四郎」………………… 327
子母沢寛「お坊主天狗」……………… 330
山手樹一郎「桃太郎侍」……………… 332
村上元三「新選組」…………………… 335
橘外男「ある小説家の思い出」……… 337
今東光「お吟さま」…………………… 340
「こつまなんきん」…………………… 342
文学界人物史…………………………… 345
随想
文壇放浪記………………………………… 368
けちん坊…………………………………… 425
十返肇の文壇白書………………………… 471
料亭淀川楼………………………………… 489
東京第一歩………………………………… 490
同人雑誌遍歴書…………………………… 493
新興芸術派の人たち……………………… 495
「新科学的文芸」のころ………………… 498
獣類への挽歌……………………………… 499
文学都市東京……………………………… 501
私のペン・ネーム………………………… 503
詩のない生活から………………………… 504
日記………………………………………… 514
*解説(野口冨士男)…………………… 517
*年譜山本容朗〔作製〕………………… 521
[ 2011/03/10 07:27 ] 十返肇 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。