研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  徳富蘆花 >  『蘆花全集』全20巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『蘆花全集』全20巻

『蘆花全集』全20巻(蘆花全集刊行会、1928.10~1930.6)



第1巻 1930.2.15
 
武雷土………………………………………… 1
引用書目…………………………………… 2
武雷土伝の巻首に書す(徳富蘇峰生)… 3
武雷土年譜…………………………………13
第1章 少年 ………………………………15
第2章 壮年 ………………………………18
第3章 穀法排撃 …………………………21
第4章 愛蘭事件其の他諸問題 …………32
第5章 クリミヤ戦争 ……………………37
第6章 印度事件、米国南北戦争 ………47
第7章 議院改革、武氏三たび内閣に入る……57
第8章 晩年 ………………………………74
第9章 ブライト氏の公生涯 ……………82
第10章 ブライト氏の私生涯……………92
格武電……………………………………… 103
第1章 一生の暁 ……………………… 103
第2章 進歩の時期 …………………… 109
第3章 自由貿易(其一) …………… 113
第4章 自由貿易(其二) …………… 120
第5章 自由貿易(其三) …………… 134
第6章 千八百四十六年より同四十九年に至る…… 143
第7章 平和と戦争(其上) ………… 149
第8章 平和と戦争(其中) ………… 157
第9章 平和と戦争(其下) ………… 163
第10章 二年間の退隠………………… 167
第11章 平和主義は戦争主義と共に倶に内閣に立べき乎…… 173
第12章 英仏通商条約(上)………… 180
第13章 英仏通商条約(下)………… 188
第14章 終暮の五年間………………… 197
第15章 献身的の政治家……………… 207
第16章 人物及性向…………………… 215
第17章 民政の胎内より生れ出たる双生子…… 221
グラツドストーン伝……………………… 225
例言……………………………………… 226
近世欧米 歴史之片影…………………… 401
例言……………………………………… 402
猛鷲旗下の一名将……………………… 403
戸外の巴里……………………………… 428
アルフオンス・ドオデー……………… 433
記憶すべき英国会の一夜……………… 449
伯林所感………………………………… 478
商業界の奈破烈翁……………………… 483
少年軍…………………………………… 494
愛蘭無冠王……………………………… 506
ペスタロツヂ…………………………… 524
セリダン将軍普仏戦争手記…………… 536
世界の末日……………………………… 562
写真派文学の勇将……………………… 575
 


第2巻 1929.12.5
 
短篇小説集
石美人………………………………………… 1
航海小説 羅武烈号…………………………27
花あらそひ……………………………………55
老武者…………………………………………85
すつる命…………………………………… 207
外交奇譚…………………………………… 301
鉄公の退隠……………………………… 304
白糸……………………………………… 321
百合の花………………………………… 339
冬宮の怪談……………………………… 356
王の紛失………………………………… 372
鞭の痕…………………………………… 393
土京の一夜……………………………… 407
法王殿の墓……………………………… 423
一億万法………………………………… 441
とりかへ子……………………………… 458
三刺客…………………………………… 474
大使夫人………………………………… 493
 


第3巻 1929.2.1
 
自然と人生…………………………………… 1
灰燼………………………………………… 5
自然に対する五分時………………………39
此頃の富士の曙…………………………41
大河………………………………………42
利根の秋暁………………………………43
上州の山…………………………………45
空山流水…………………………………45
大海の出日………………………………46
相模灘の落日……………………………48
雑木林……………………………………50
檐溜………………………………………51
春の悲哀…………………………………52
自然の声…………………………………52
高根の風雨……………………………52
碓氷の川音……………………………54
栗…………………………………………55
梅…………………………………………56
風…………………………………………56
自然の色…………………………………57
春雨後の上州…………………………57
八汐の花………………………………58
相模灘の夕焼…………………………59
山百合……………………………………61
朝霜………………………………………64
蘆花………………………………………65
海と岩……………………………………66
榛の木……………………………………68
薄…………………………………………68
良夜………………………………………69
香山三日の雲……………………………70
五月の雪…………………………………76
香山の朝…………………………………76
相模灘の水蒸気…………………………78
富士の倒影………………………………79
四ッ手網…………………………………80
田家の煙…………………………………82
写生帖………………………………………85
哀音………………………………………87
可憐児……………………………………89
海運橋……………………………………92
桜…………………………………………93
兄弟………………………………………94
吾家の富…………………………………97
国家と個人………………………………99
断崖…………………………………… 100
晩秋初冬……………………………… 106
夏の興………………………………… 108
雨後の月……………………………… 114
湘南雑筆………………………………… 131
元旦…………………………………… 133
冬威…………………………………… 133
霜の朝………………………………… 134
伊豆の山火…………………………… 135
霽日…………………………………… 135
初午…………………………………… 137
立春…………………………………… 137
雪の日………………………………… 138
雪の明くる日………………………… 139
初春の雨……………………………… 140
初春の山……………………………… 141
三月の節句…………………………… 141
春の海………………………………… 142
彼岸…………………………………… 143
伊勢参宮……………………………… 144
磯の潮干……………………………… 145
沙浜潮干……………………………… 147
花月の夜……………………………… 149
新樹…………………………………… 149
暮春の野……………………………… 151
蒼々茫々の夕………………………… 152
夕山の百合…………………………… 153
梅雨の頃……………………………… 154
夏……………………………………… 155
涼しき夕……………………………… 156
立秋…………………………………… 157
迎火…………………………………… 157
船を川に浮ぶ………………………… 158
夏去り秋来る………………………… 159
秋分…………………………………… 159
鯵釣り………………………………… 160
海と合戦……………………………… 167
秋漸く深し…………………………… 178
富士雪を帯ぶ………………………… 179
凩……………………………………… 180
凩の後………………………………… 181
月を帯ぶ白菊………………………… 182
暮秋…………………………………… 182
透明、凛然…………………………… 183
秋晩の佳日…………………………… 183
時雨の日……………………………… 186
寒星…………………………………… 186
寒月…………………………………… 187
凩の湘海……………………………… 188
寒樹…………………………………… 189
冬至…………………………………… 189
歳除…………………………………… 190
風景画家コロオ………………………… 191
青山白雲…………………………………… 209
序………………………………………… 211
漁師の娘………………………………… 217
恐ろしき一夜…………………………… 235
沼山津村………………………………… 248
南禅寺…………………………………… 261
夏の夜かたり…………………………… 272
数鹿流ケ滝……………………………… 293
米国土蛮征討記………………………… 302
水国の秋………………………………… 327
訪はぬ墓………………………………… 349
夏の山…………………………………… 354
青蘆集……………………………………… 385
五分時の夢……………………………… 387
除夜物語………………………………… 390
燕尾服着初の記………………………… 405
零落……………………………………… 415
慈悲心鳥………………………………… 428
伴助七翁………………………………… 436
東信名勝の一二………………………… 442
甲州記行はがき便……………………… 452
マリー・バシカアトセッフの日録…… 464
雨の水国………………………………… 500
両毛の秋………………………………… 514
碓氷…………………………………… 514
妙義…………………………………… 529
日光…………………………………… 533
塩原…………………………………… 535
吾が初恋なる自然……………………… 541
 


第4巻 1929.7.5
 
トルストイ…………………………………… 1
例言………………………………………… 3
小序………………………………………… 7
第1 生涯…………………………………… 9
第2 著作……………………………………49
第3 総論………………………………… 132
ゴルドン将軍伝…………………………… 151
序………………………………………… 153
第1章 二十以前 ……………………… 160
第2章 クリミヤの初陣 ……………… 165
第3章 清国出征 ……………………… 173
第4章 長髪賊征討(1)……………… 182
第5章 長髪賊征討(2)……………… 189
第6章 長髪賊征討(3)……………… 198
第7章 グレヴゼンドの慈善家 ……… 207
第8章 赤道州総督 …………………… 216
第9章 蘇丹総督 ……………………… 242
第10章 東走西奔……………………… 270
第11章 蘇丹印払……………………… 284
第12章 カアツーム篭城(1) ……… 302
第13章 カアツーム篭城(2) ……… 333
第14章 不死の死……………………… 343
書翰抜萃………………………………… 351
探偵異聞…………………………………… 355
巣鴨奇談………………………………… 357
うらおもて……………………………… 389
毒薬……………………………………… 407
雲かくれ………………………………… 434
秘密条約………………………………… 462
大隠謀…………………………………… 488
まがつみ………………………………… 511
 


第5巻 1930.1.10
 
不如帰………………………………………… 1
第百版不如帰の巻首に…………………… 3
名婦鑑……………………………………… 269
例言……………………………………… 271
仏国革命の花…………………………… 273
老女皇…………………………………… 302
トルストイ家の家庭教育……………… 316
修羅場裏の天使………………………… 327
政治家の妻……………………………… 336
ビスマアク夫人……………………… 336
グラツドストーン夫人……………… 342
社会改良運動の母……………………… 345
ウイルラード夫人…………………… 345
ブース夫人…………………………… 354
英雄の妻………………………………… 362
賢母……………………………………… 366
つれなき生命…………………………… 373
一枝の筆………………………………… 386
画家……………………………………… 391
夜叉面の女菩薩………………………… 397
西洋細君気質…………………………… 402
名女優…………………………………… 416
エルレン・テルリー女史…………… 416
サアラア・ベルナアル女史………… 420
欧洲政界の三女傑……………………… 425
無官の露国全権大使………………… 425
仏国新聞の女王……………………… 429
英国女権論の勇将…………………… 433
読余雑録………………………………… 436
烈婦の一隊…………………………… 436
断頭台上の婦人……………………… 438
孛露士亜の皇后ルイザ……………… 439
奈翁の勁敵……………………………… 444
金冠の婦人……………………………… 462
日耳曼皇后…………………………… 462
伊太利王后…………………………… 467
露西亜皇太后………………………… 471
羅馬尼亜后…………………………… 476
西班牙太后…………………………… 480
和蘭女王……………………………… 484
墺地利皇后…………………………… 489
 


第6巻 1928.12.3
 
思出の記……………………………………… 1
 


第7巻 1929.3.5
 
黒潮…………………………………………… 1
十年………………………………………… 325
順礼紀行…………………………………… 357
船中雑記(横浜より坡西土)………… 361
埃及瞥見………………………………… 373
エルサレムへ…………………………… 383
エルサレム及附近の十二日…………… 388
馬上三日の記…………………………… 427
詩的ガリラヤ…………………………… 441
史の海詩の島…………………………… 463
土京雑記………………………………… 468
バルカン半島瞥過の記………………… 479
露西亜に入る…………………………… 486
ヤスナヤ・ポリヤナの五日…………… 492
聖彼得堡………………………………… 543
莫斯科…………………………………… 548
西比利亜鉄道…………………………… 563
愛する我故国…………………………… 574
 


第8巻 1929.5.5
 
寄生木………………………………………… 1
寄生木序…………………………………… 1
寄生木序(篠原良平)…………………… 9
 


第9巻 1928.10.5
 
みみずのたはこと…………………………… 1
故人に……………………………………… 1
故人に…………………………………… 2
都落ちの手帳から…………………………19
千歳村……………………………………20
都落ち……………………………………26
村入………………………………………31
水汲み……………………………………35
憶出のかずかず…………………………39
草葉のささやき……………………………51
二百円……………………………………52
百草園……………………………………57
月見草……………………………………63
腫物………………………………………65
わかれの杉………………………………78
白…………………………………………84
ほほづき…………………………………94
碧色の花……………………………… 102
おぼろ夜……………………………… 106
ヤスナヤ、ポリヤナの未亡人へ…… 109
安さん………………………………… 119
麦の穂稲穂……………………………… 125
村の一年……………………………… 126
媒妁…………………………………… 152
螢……………………………………… 156
夕立雲………………………………… 159
葬式…………………………………… 163
田川…………………………………… 175
驟雨浴………………………………… 181
村芝居………………………………… 187
夏の頌………………………………… 191
低い丘の上から……………………… 197
ひとりごと……………………………… 205
地蔵尊………………………………… 206
水車問答……………………………… 212
農……………………………………… 215
蛇……………………………………… 221
露の祈………………………………… 230
草とり………………………………… 231
不浄…………………………………… 235
美的百姓……………………………… 242
過去帳から……………………………… 245
墓守…………………………………… 246
綱島梁川君…………………………… 258
梅一輪………………………………… 264
関寛翁………………………………… 298
次郎桜………………………………… 332
きぬや………………………………… 337
命がけ………………………………… 342
暁斎画譜……………………………… 348
落穂の掻き寄せ………………………… 353
デデン………………………………… 354
芝生の上……………………………… 358
小鳥…………………………………… 359
炬燵…………………………………… 360
蓄音器………………………………… 362
春七日………………………………… 364
雛節句……………………………… 364
春雨………………………………… 365
雨後………………………………… 366
摘草………………………………… 367
彼岸入り…………………………… 368
蛇出穴……………………………… 369
仲春………………………………… 369
ある夜………………………………… 371
与右衛門さん………………………… 374
五月五日……………………………… 379
紫雲英………………………………… 382
印度洋………………………………… 385
自動車………………………………… 387
デカの死……………………………… 390
ハムレツト…………………………… 393
春の暮………………………………… 395
首夏…………………………………… 397
憎むと枯れる………………………… 398
麦愁…………………………………… 400
堀川…………………………………… 401
ムロのおかみ………………………… 406
田圃の簔笠…………………………… 408
つゆ霽れ……………………………… 410
有たぬ者……………………………… 411
食はれるもの………………………… 413
蜩……………………………………… 415
夏の一日……………………………… 416
明治天皇崩御の前後………………… 419
御大葬の夜…………………………… 427
東の京西の京………………………… 429
乃木大将夫妻自刃…………………… 431
コスモス……………………………… 435
秋さびし……………………………… 436
展望台に上りて……………………… 440
暮秋の日……………………………… 449
二つの幻影…………………………… 451
入営…………………………………… 453
生死…………………………………… 455
天理教の祭…………………………… 457
渦巻…………………………………… 461
透視…………………………………… 462
雪……………………………………… 465
旅日記から……………………………… 471
熊の足跡……………………………… 472
紅葉狩………………………………… 496
読者に…………………………………… 509
読者に………………………………… 510
 


第10巻 1928.11.5
 
黒い眼と茶色の目…………………………… 1
新春………………………………………… 261
 


第11巻 1929.8.5
 
死の蔭に……………………………………… 1
上の巻 門出から九州めぐり…………… 3
大阪まで………………………………… 4
黄金汁………………………………… 4
八つの眼……………………………… 5
地を流るゝ天の川…………………… 9
山の影…………………………………11
名古屋…………………………………12
参宮……………………………………13
渋面作つた夫婦岩……………………16
鳥羽……………………………………18
蝶々髷…………………………………19
大阪……………………………………20
木浦丸…………………………………25
豊後路……………………………………32
別府……………………………………32
佐伯まで………………………………39
赤松峠…………………………………43
日向路……………………………………47
可愛嶽…………………………………47
祝子川…………………………………58
宮崎へ…………………………………65
大淀川…………………………………71
青島……………………………………76
七浦七峠………………………………81
鵜戸窟…………………………………85
油津から飫肥へ………………………87
夜馬車…………………………………90
高千穂の峰……………………………97
薩摩路………………………………… 100
美しい薩摩………………………… 100
九月廿四日………………………… 109
桜島………………………………… 118
南洲居……………………………… 124
秀頼の墓…………………………… 127
雄熊さん…………………………… 132
南洲山荘…………………………… 136
名残の半日………………………… 141
桜島よ、さらば…………………… 146
肥後路………………………………… 150
球摩川谿谷………………………… 150
水俣………………………………… 153
千代塚……………………………… 165
三太郎……………………………… 172
日奈久……………………………… 177
伯母の墓…………………………… 180
故郷の夜…………………………… 186
菊池………………………………… 190
山鹿………………………………… 198
春竹の叔母さん…………………… 205
水遊び……………………………… 208
古巣………………………………… 220
島原………………………………… 224
お諏訪さん………………………… 228
天満宮……………………………… 234
門司へ……………………………… 238
中の巻 南満洲と朝鮮………………… 241
南満洲………………………………… 242
旅順………………………………… 254
大連の一日―海城へ……………… 274
海城―奉天へ……………………… 284
奉天………………………………… 295
朝鮮…………………………………… 313
平壌の一瞥………………………… 313
京城………………………………… 318
群山―さらば朝鮮………………… 345
下の巻 裏日本を伝ふて……………… 353
帰途…………………………………… 354
大里の菊…………………………… 354
山口………………………………… 356
松下村塾…………………………… 358
日本海づたひ………………………… 362
萩から出雲へ……………………… 362
古国出雲―大社…………………… 376
松江………………………………… 382
但馬へ……………………………… 389
城の崎……………………………… 391
天の橋立…………………………… 400
保津川下り………………………… 414
桃山………………………………… 421
大阪………………………………… 424
魂のぬけた和歌の浦……………… 428
大和路………………………………… 431
神武陵……………………………… 431
初瀬の夕…………………………… 433
多武峰の雨………………………… 435
天理教祖の墓……………………… 438
寺から寺へ………………………… 440
京洛の数日…………………………… 444
宇治の川舟………………………… 444
嵐山………………………………… 447
寂光院……………………………… 449
酒と蜜柑…………………………… 452
逗子…………………………………… 454
沓手鳥孤城落月……………………… 462
帰り…………………………………… 463
太平洋を中にして………………………… 469
「太平洋を中にして」に題して……… 471
日本……………………………………… 473
日米問題の解決について……………… 475
私と平和………………………………… 489
世界平和の鍵…………………………… 491
七月一日………………………………… 493
私と米国………………………………… 496
雑居か別居か…………………………… 503
血と色と………………………………… 505
良風美俗………………………………… 507
維新の渦巻……………………………… 509
大正……………………………………… 511
An open letter to American Missionaries …… 515
日本及朝鮮在勤米国男女宣教師諸君へ…… 523
何方へ伸びやう?……………………… 531
私と朝鮮………………………………… 534
百日紅の盛りを眺めて………………… 544
日と星…………………………………… 561
 


第12巻 1929.1.1
 
日本から日本へ―東の巻―………………… 1
第1篇 日本から ………………………… 3
第1 新紀元……………………………… 4
第2 初夢………………………………… 6
第3 十字架……………………………… 9
第4 光の二線……………………………13
第5 何しに?……………………………16
第6 相模灘………………………………19
第7 潮の岬から…………………………21
第8 ぼるねお丸…………………………23
第9 長崎…………………………………29
第2篇 水の上 ……………………………33
第1 支那に沿ふて………………………34
第2 南へ…………………………………52
第3 新嘉坡………………………………63
第4 印度洋(前)………………………95
第5 錫崙……………………………… 102
第6 印度洋(後)…………………… 112
第3篇 埃及 …………………………… 143
第4篇 昔昔のふるさと(Palestina)…… 207
第1 エルサレムへ…………………… 208
第2 エルサレム……………………… 213
第3 ヨルダン………………………… 335
第4 エルサレム(続)……………… 354
第5 Haifa …………………………… 361
第6 Nazareth………………………… 390
 


第13巻 1929.6.5
 
日本から日本へ―東の巻(上)・西の巻(下)―…… 1
第4篇 昔昔のふるさと(続) ………… 3
第7 テベリア湖畔……………………… 4
第8 ダマスコ……………………………30
第9 ナザレ(二たび)…………………43
第10 Nablus ……………………………54
第11 エルサレムへ ……………………67
第12 エルサレム(二たび) …………72
第13 パレスチナを後に ………………85
第14 船待ち ……………………………89
第5篇 伊太利 ………………………… 105
第1 S. S. Karlsbad………………… 106
第2 BrindisiからNapoli…………… 115
第3 Napoli…………………………… 121
第4 Roma……………………………… 163
第5 Firenze ………………………… 204
第6 Milano…………………………… 211
第7 Como湖畔………………………… 214
第8 Milano(二たび)……………… 248
第9 伊太利を後に…………………… 257
第6篇 仏蘭西 ………………………… 261
第1 巴里へ…………………………… 262
第2 巴里日記………………………… 267
第3 巴里日記(続)………………… 275
第4 巴里を出でて…………………… 296
第7篇 瑞西 …………………………… 307
第1 Gen ve…………………………… 308
第2 Montreux………………………… 322
第3 Zermatt ………………………… 327
第4 Bern……………………………… 340
第5 瑞西を後に……………………… 358
第8篇 独逸 …………………………… 361
第1 Weimar…………………………… 362
第2 伯林……………………………… 376
第3 Potsdam ………………………… 423
第4 K ln……………………………… 428
第9篇 白耳義から仏蘭西へ ………… 441
第1 白耳義…………………………… 442
第2 Hunの荒らし …………………… 452
第3 仏蘭西(二たび)……………… 460
 


第14巻 1930.3.15
 
日本から日本へ―西の巻(下)―………… 1
第10篇 英吉利…………………………… 3
第1 Great Silence …………………… 4
第2 倫敦へ………………………………12
第3 倫敦日記……………………………23
第4 Oxford………………………………60
第5 倫敦日記(続)……………………69
第6 Scotland………………………… 113
第7 JOHN BRIGHT …………………… 129
第8 Edward Carpenter……………… 145
第9 Avonのほとり…………………… 153
第10 倫敦日記(続) ……………… 167
第11 倫敦から ……………………… 179
第12 倫敦日記(続) ……………… 183
第13 英吉利の女 …………………… 223
第14 Plymouth ……………………… 229
第11篇 北米合衆国…………………… 239
第1 大西洋上………………………… 240
第2 紐育……………………………… 249
第3 入日を趁うて…………………… 301
第4 桑港……………………………… 320
第12篇 日本へ………………………… 343
第1 太平洋(前)…………………… 344
第2 布哇……………………………… 357
第3 太平洋(後)…………………… 369
第13篇 日本…………………………… 403
 


第15巻 1929.11.5
 
竹崎順子……………………………………… 1
竹崎順子の歌…………………………… 561
 


第16巻 1929.4.1
 
富士(第1巻) ……………………………… 1
 


第17巻 1929.10.5
 
富士(第2巻) ……………………………… 1
 


第18巻 1930.4.18
 
富士(第3巻)〔前承〕 …………………… 1
富士(第4巻) …………………………… 165
*年譜………………………………………… 1
*記(沖野岩三郎)…………………………50
 


第19巻 1929.9.5
 
偶感偶想 明治20年―大正15年…………… 1
第1 文学雑感
真なる詩、自然なる歌………………… 3
何故に余は小説を書くや……………… 9
書かざる所以……………………………16
国木田哲夫兄に与へて僕の近状を報ずる書……19
月刊「黒潮」とは何ぞや………………29
月刊黒潮には……………………………31
ノートより………………………………31
第2 感想・論文
勝利の悲哀………………………………33
謀叛論……………………………………39
死刑廃止…………………………………53
死刑廃すべし……………………………54
大江高等女学校に於る講演……………57
村井先生=第一外国語学校に於ける演説=……75
私のステツキ(新聞記事)……………86
第3 宗教・感想
余が犯せる殺人罪………………………91
閑窓雑筆(1) …………………………93
閑窓雑筆(2) …………………………99
基督降誕祭…………………………… 103
愛……………………………………… 106
偶感偶想(遺稿)…………………… 108
二つの秘密を残して死んだ叔母の霊前に捧ぐ…… 118
矢島叔母の絶筆について…………… 122
賀川豊彦君に………………………… 130
ミレー筆「豚殺し」に……………… 137
第4 随筆
孤墳の夕……………………………… 139
はわき溜……………………………… 142
有体意………………………………… 154
急行探検……………………………… 156
梅花一枝……………………………… 161
砂上の文字…………………………… 165
遠征…………………………………… 179
述懐一首……………………………… 186
犬の話………………………………… 187
高山彦九郎の談話…………………… 191
冬の郊外……………………………… 194
写真…………………………………… 196
湘南歳除……………………………… 198
梅花に対して………………………… 201
山と海………………………………… 207
潮来の夏の夕と朝…………………… 212
睡余録………………………………… 217
ヨセミテ谿谷の記…………………… 220
去年の余に語りし自然……………… 235
写真の裏に…………………………… 237
井手ン口……………………………… 238
村芝居………………………………… 240
乃木大将外套の話…………………… 247
兄弟の遺言…………………………… 248
猫……………………………………… 251
井上堰水先生………………………… 260
聖書の扉に…………………………… 264
別府ホテルにて……………………… 265
換舌…………………………………… 266
洗馬川………………………………… 267
自然美から見た伊太利と日本……… 269
よしなし言…………………………… 273
第5 雑感
農業教育……………………………… 279
モルトケ将軍………………………… 287
前代の老雄逝く……………………… 292
トルストイ伯の飲酒喫煙論………… 297
銀婚式に就て………………………… 311
去年今年……………………………… 316
昨夜の夢……………………………… 320
汽車の雑感…………………………… 322
七一雑報……………………………… 328
かあやん……………………………… 333
某氏の切抜帳に題す(1) ………… 339
某氏の切抜帳に題す(2) ………… 340
雑誌「趣味」に……………………… 341
来訪と信書につき…………………… 342
第6 序文
温亭主人の「不知火」を読む……… 345
英文「不如帰」序…………………… 347
山田寅之助著「羅馬観光記」序…… 349
筑山正夫訳「長恨」序……………… 351
守田有秋著「自然と人」序………… 353
青木精一著「杜翁大観」の序を頼まれたる時…… 355
三浦修吾著「愛の学校」序………… 356
小西増太郎著「聖地パレスチナ」序…… 359
天野藤男著「田園趣味」序………… 362
「子の見たるトルストイ」序……… 363
播磨楢吉訳「子の見たる父トルストイ」序…… 365
河合裸石著「熊の嘯」序…………… 368
死の蔭に序す………………………… 370
高橋鷹蔵著「御手のまゝ」序……… 371
原田良八著「挙国一家論」序……… 374
みみずのたはこと 黒い眼と茶色の目の引越について…… 377
石川三四郎著「哲人カアペンター」序…… 379
松村信一著「生より生へ」跋……… 381
曽我部四郎著「もう三千弗」序…… 385
倉本久三郎看護手志願書の代筆…… 390
第7 翻案・小品
末期の言……………………………… 391
日清戦争 夢物語…………………… 403
物語の物語…………………………… 420
不思議の家…………………………… 439
姑の話………………………………… 457
百物語………………………………… 463
妖狐…………………………………… 487
黒潮初篇……………………………… 494
黒潮第二篇…………………………… 497
腫物の果……………………………… 503
第8 広告文
青山白雲……………………………… 509
名婦鑑………………………………… 510
不如帰………………………………… 511
自然と人生…………………………… 512
探偵異聞……………………………… 513
黒潮…………………………………… 513
みみずのたはこと…………………… 514
黒い眼と茶色の目…………………… 519
死の蔭に……………………………… 523
新春…………………………………… 525
日本から日本へ……………………… 529
竹崎順子……………………………… 534
富士…………………………………… 536
徳冨健次郎と其妻愛は何者ぞ……… 538
 


第20巻 1930.6.5
 
書翰集 明治18年乃至大正6年
明治篇
明治18年……………………………………… 5
明治20年………………………………………16
明治21年………………………………………19
明治22年………………………………………21
明治23年………………………………………37
明治24年………………………………………58
明治25年………………………………………66
明治26年………………………………………69
明治27年………………………………………72
明治28年………………………………………85
明治29年………………………………………97
明治30年………………………………………98
明治31年…………………………………… 105
明治32年…………………………………… 108
明治33年…………………………………… 114
明治34年…………………………………… 121
明治35年…………………………………… 127
明治36年…………………………………… 129
明治37年…………………………………… 142
明治38年…………………………………… 148
明治39年…………………………………… 166
明治40年…………………………………… 182
明治41年…………………………………… 201
明治42年…………………………………… 222
明治43年…………………………………… 252
明治44年…………………………………… 286
明治45年…………………………………… 313
大正篇
大正元年…………………………………… 329
大正2年 …………………………………… 335
大正3年 …………………………………… 375
大正4年 …………………………………… 389
大正5年 …………………………………… 439
大正6年 …………………………………… 479
*書翰集索引………………………………… 1
[ 2011/03/10 07:29 ] 徳富蘆花 | TB(0) | CM(2)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/09/13 01:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ご指摘ありがとうございました。
[ 2016/09/30 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。