研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  戸坂潤 >  『戸坂潤全集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『戸坂潤全集』全5巻

『戸坂潤全集』全5巻(勁草書房、1966.2~1967.2)



第1巻 1966.5.25
 
科学方法論…………………………………… 1
序…………………………………………… 3
再版序……………………………………… 4
方法概念の分析(その1) ……………… 5
方法概念の分析(その2) ………………23
学問の分類…………………………………43
科学論………………………………………60
科学的世界、科学の学問性………………90
結論……………………………………… 114
科学論……………………………………… 115
序………………………………………… 117
再版序…………………………………… 117
科学の予備概念………………………… 119
科学と実在……………………………… 137
科学の方法(その1) ………………… 156
科学の方法(その2) ………………… 171
科学と社会……………………………… 190
科学的世界……………………………… 206
技術の哲学………………………………… 229
技術の問題……………………………… 232
技術と実験……………………………… 245
技術とイデオロギー…………………… 254
技術家の社会的地位…………………… 268
付、独創と大衆―「大衆的発明」と特許法…… 286
技術と知能……………………………… 289
科学的精神について……………………… 299
科学的精神とは何か…………………… 301
最近日本の科学論……………………… 309
再び科学的精神について……………… 317
現代科学教育論………………………… 327
ひと吾を公式主義者と呼ぶ…………… 334
技術的精神とは何か…………………… 342
科学と科学の観念……………………… 348
技術と科学との概念…………………… 352
生産を目標とする科学………………… 356
技術へ行く問題………………………… 359
空間について……………………………… 363
物理的空間の成立まで………………… 365
物理的空間の実現……………………… 387
幾何学と空間…………………………… 400
範疇としての空間に就いて…………… 428
性格としての空間……………………… 462
空間概念の分析………………………… 477
付1 カントと現代の科学……………… 518
付2 エマヌエル・カント『自然哲学原理』解説…… 527
*解説(古田光)………………………… 555
*あとがき(鶴田三千夫)……………… 563
 

第2巻 1966.2.15
 
イデオロギーの論理学……………………… 1
序…………………………………………… 3
「性格」概念の理論的使命……………… 5
「問題」に関する理論……………………20
論理の政治的性格…………………………39
無意識的虚偽………………………………61
科学の歴史的社会的制約…………………69
科学の大衆性………………………………80
イデオロギー概論……………………………95
序……………………………………………97
第1部 「社会科学」的イデオロギー論の綱要……98
第2部 「社会学」的イデオロギー論の批判…… 153
日本イデオロギー論―現代日本に於ける日本主義・ファシズム・自由主義・思想の批判…… 223
序………………………………………… 225
増補版序文……………………………… 225
増補版重版序文………………………… 226
序論……………………………………… 227
第1編 日本主義の批判とその原則 … 235
第2編 自由主義の批判とその原則 … 328
結論……………………………………… 402
補足……………………………………… 413
現下に於ける進歩と反動との意義… 413
大衆の再考察………………………… 424
自由主義・ファシズム・社会主義… 431
*解説(鶴見俊輔)……………………… 439
*あとがき(鶴田三千夫)……………… 444
 

第3巻 1966.10.10
 
現代哲学講話………………………………… 1
序…………………………………………… 3
〔旧版〕『現代のための哲学』序……… 4
第1篇 ……………………………………… 7
社会に於ける自然科学の役割………… 7
自然科学とイデオロギー………………19
ヘーゲルと自然哲学……………………40
自然弁証法………………………………51
第2篇 ………………………………………60
社会科学に於ける実験と統計…………60
歴史と弁証法……………………………69
イデオロギーとしての哲学……………78
日常性の原理と歴史的時間……………95
第3篇 …………………………………… 105
新聞の問題…………………………… 105
新聞現象の分析……………………… 118
アカデミーとジャーナリズム……… 145
批評の問題…………………………… 154
第4篇 …………………………………… 167
哲学評論……………………………… 167
哲学の話……………………………… 190
付1 世論の考察……………………… 208
付2 ファシズムのイデオロギー性… 213
現代唯物論講話…………………………… 219
序………………………………………… 221
第1部 物質論 ………………………… 223
第2部 認識論 ………………………… 267
第3部 科学論 ………………………… 320
第4部 文化論 ………………………… 379
付 社会科学に於ける方法…………… 414
認識論とは何か…………………………… 419
第1章 認識について ………………… 421
第2章 真理について ………………… 431
第3章 真理について(続き) ……… 441
第4章 意識について ………………… 448
第5章 思想について ………………… 456
付1 クリティシズムと認識論との関係…… 468
付2 哲学の現代的意義………………… 487
思想の科学…………………………… 487
クリティシズムと科学的精神……… 498
*解説(小松茂夫)……………………… 506
*あとがき(鶴田三千夫)……………… 516
 

第4巻 1966.7.20
 
思想としての文学…………………………… 1
序…………………………………………… 3
第1部 ……………………………………… 5
批評に於ける文学・道徳・及び科学… 5
匿名批評論………………………………14
局外批評論………………………………21
批評観三題………………………………25
科学と批評………………………………32
批評家の客観的公正……………………38
モーラリストの立場による科学と文学……43
文学と科学とに於ける共変法則………47
唯物論と文学……………………………54
科学的道徳の創造………………………61
第2部 ………………………………………64
文学に於ける偶然性と必然性…………64
風刺文学に対して………………………69
笑い・喜劇・及びユーモア……………74
シェストーフ的現象に就いて…………79
行動主義文学について…………………87
モダーニズム文学について……………91
「純文学」の問題………………………96
主体及び道徳……………………………99
文芸評論家の意識…………………… 105
横光利一の論理……………………… 114
第3部 …………………………………… 119
常識の論……………………………… 119
共通感覚と常識……………………… 125
常識・合理主義・弁証法…………… 128
俗物論………………………………… 132
日常性について……………………… 136
啓蒙論………………………………… 141
ジャーナリズムと哲学との交渉…… 145
ジャーナリスト論…………………… 153
ディレッタント論…………………… 157
哲学と文章…………………………… 162
論文論………………………………… 174
付1 文芸評論の方法について……… 180
付2 所謂批評の「科学性」についての考察…… 187
付3 認識論としての文芸学………… 195
付4 日本の民衆と「日本的なるもの」…… 203
道徳の観念………………………………… 211
第1章 道徳に関する通俗常識的観念…… 213
第2章 道徳に関する倫理学的観念 … 225
第3章 道徳に関する社会科学的観念…… 240
第4章 道徳に関する文学的観念 …… 254
思想と風俗………………………………… 269
序………………………………………… 271
第1部 風俗 …………………………… 272
風俗の考察…………………………… 272
映画の写実的特性と風俗性及び大衆性…… 282
文芸と風俗…………………………… 289
文学・モラル及び風俗……………… 296
社会思想と風俗……………………… 302
風俗文学としての社会時評………… 307
思想的評論について………………… 314
評論に於ける分析型と主張型……… 319
風俗警察と文化警察………………… 325
衣裳と文化…………………………… 330
第2部 教育風俗 ……………………… 335
教育と啓蒙…………………………… 335
教育と教養…………………………… 343
作家の教養の問題…………………… 350
現代青年の問題……………………… 355
学生論三題…………………………… 363
女性教育の問題……………………… 374
現代青年子女の結婚難……………… 379
大学論………………………………… 384
学校教育二題………………………… 391
受験地獄論…………………………… 400
学生スポーツ論……………………… 407
第3部 宗教風俗 ……………………… 413
新興宗教について…………………… 413
宗教のインチキ性とは何か………… 418
風刺としての邪教…………………… 423
宗教における思想と風俗…………… 427
社会不安と宗教……………………… 431
ブルジョア哲学とその宗教化的本質…… 436
現代の哲学と宗教…………………… 443
付1 娯楽論…………………………… 453
*解説(橋川文三)……………………… 470
*あとがき(鶴田三千夫)……………… 481
 

第5巻 1967.2.15
 
世界の一環としての日本…………………… 1
序…………………………………………… 3
第1部 日本の社会現象 ………………… 4
官公吏の社会的地位…………………… 4
日本の官僚……………………………… 8
警察機能…………………………………13
膨張する日本……………………………17
日本資本の退嬰主義と進展主義………24
不安の二種類……………………………30
政情不安の社会的基礎…………………34
日本ファシズムの発育…………………40
所謂「人民戦線」の問題………………46
人民戦線に於ける政治と文化………46
民族精神と文化………………………50
日本型ファシズムと文化人民戦線…52
民衆論……………………………………56
第2部 日本の文化現象 …………………62
文化の危機とは何か……………………62
神聖文化論………………………………67
神聖科学………………………………67
神聖医術………………………………68
自然科学者と生活意識…………………71
検閲下の思想と風俗……………………77
ナチス芸術統制に寄せて………………81
日本主義の文学化………………………84
「やまと魂」学派の哲学………………88
和辻博士・風土・日本…………………95
三木清氏と三木哲学………………… 103
現代に於ける「漱石文化」………… 111
現代日本のヒューマニズムと唯物論…… 117
第3部 日本の報道現象 ……………… 126
ジャーナリズム三題………………… 126
ジャーナリズムと大衆…………… 126
現下のジャーナリズム…………… 128
ジャーナリストの問題…………… 131
書物六題……………………………… 135
書物の私的擅有…………………… 135
書物の貸借関係…………………… 136
玄人の書物と素人の書物………… 137
書物の文化政策…………………… 138
玩具としての図書館……………… 139
読書経済学………………………… 140
出版現象に現われた時代相………… 143
文化統制と文化の「自粛」………… 152
その後の『朝日新聞』……………… 157
言論の自由と統制…………………… 163
日本のラジオ………………………… 166
ラジオと大学教育…………………… 171
ラジオ講演について………………… 177
付論……………………………………… 183
近衛内閣の常識性…………………… 183
思想動員論…………………………… 188
挙国一致性と国民生活……………… 196
戦争ジャーナリスト論……………… 203
社大党はファッショ化したか?…… 210
一九三七年を送る日本……………… 217
現代日本の思想対立……………………… 227
序………………………………………… 229
三四年度思想界の講評………………… 230
愛国運動と右翼小児病………………… 237
三五年度思想界の動向………………… 242
文化統制の種々相……………………… 245
三六年度思想界の展望………………… 250
三六年度思想界の回顧………………… 253
自由排撃三法案………………………… 256
不穏文書取締…………………………… 260
改革熱の流行…………………………… 263
吏道振粛………………………………… 266
挙国一致の擬装………………………… 270
国体明徴運動と内閣審議会…………… 274
重臣ブロックと機関説………………… 278
その後の国体明徴運動………………… 283
農村匡救の種々相……………………… 288
「農村対策」のからくり……………… 296
「社会政策」株式会社………………… 300
義金と予算……………………………… 304
統制主義の名目と実質………………… 308
国民生活の安定とは何か……………… 312
付 日本思想界の展望………………… 315
概観…………………………………… 315
日本のアカデミーに於ける自然科学の近況…… 317
現代日本に於ける自然科学の思想化的傾向…… 322
最近日本に於ける哲学界…………… 326
日本の唯物論の国際的環境………… 330
一九三六年度日本の社会・芸術・文化の理論…… 332
読書法……………………………………… 337
序に代えて……………………………… 339
I 「読書法日記」……………………… 343
読書の自由…………………………… 343
譬喩の権限…………………………… 344
耕作農民の小説……………………… 346
「文化的自由主義者」としてのA・ジード…… 347
宮本顕治の唯物論的感覚…………… 348
コンツェルン論の「結論」………… 349
科学が文章となる過程……………… 350
古典の方が却って近代的であること…… 351
歴史哲学の一古典…………………… 352
『日本科学年報』の自家広告……… 353
心理と環境…………………………… 354
「外国人」への注意書……………… 355
古本価値……………………………… 356
文化が実在し始めた………………… 357
科学主義工業に対して……………… 358
II 論議 ………………………………… 359
現代文学の主流……………………… 359
哲学書翻訳所見……………………… 360
世界文学と翻訳……………………… 362
作文の意義…………………………… 364
『本邦新聞の企業形態』に就いて… 365
易者流哲学…………………………… 367
岩波文庫その他……………………… 369
現代哲学思潮と文学………………… 371
デカルトと引用精神………………… 373
III 「ブック・レヴュー」…………… 376
『近代唯物論』……………………… 376
『小説の本質』……………………… 377
『文学と趣味』……………………… 379
『唯物恋愛観』……………………… 381
『統計学と弁証法』………………… 382
『ファシズムの諸問題』…………… 384
『芸術とヒューマニズム』………… 386
『日本文学の世界的位置』………… 388
『世界哲学史』……………………… 390
『自然弁証法』……………………… 392
『時間意識の心理』………………… 394
『ソヴェート旅行記』……………… 395
『昼夜随筆』………………………… 397
『人間の世界』……………………… 398
『ファシズムの社会観』…………… 400
『日本歴史読本』…………………… 401
『科学的精神と数学教育』………… 403
『フランス現代文学の思想対立』… 404
『農村の工業と副業』……………… 406
付1 ジードの修正について………… 408
付2 「科学主義工業」の観念……… 411
IV 書評 ………………………………… 420
マルクス主義と社会学……………… 420
非常時の経済哲学…………………… 423
『イデオロギーの系譜学』………… 425
再び『イデオロギーの系譜学』…… 428
『唯物弁証法講話』………………… 430
『現代宗教批判講話』……………… 431
『現代哲学辞典』…………………… 433
『人間の世界』を読む……………… 434
朗らかな毒舌………………………… 436
『日本教育の伝統と建設』………… 437
『科学的精神と数学教育』………… 439
社会・思想・哲学・の書籍について…… 440
V 余論…………………………………… 443
ブック・レヴュー論………………… 443
読書家と読書………………………… 445
論文集を読むべきこと……………… 447
如何に書を選ぶべきか……………… 448
論文の新しい書き方………………… 450
校正…………………………………… 452
翻訳について………………………… 453
篤学者と世間………………………… 455
付 最近のドイツ哲学の情勢を中心として…… 456
*戸坂潤略年譜(鶴田三千夫)………… 463
付 『唯物論研究』総目次………… 519
*解説(いいだもも)…………………… 550
*あとがき(鶴田三千夫)……………… 559
*著書・論文総索引………………………… 1
[ 2011/03/10 07:30 ] 戸坂潤 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。