研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  富岡多恵子 >  『富岡多恵子の発言』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『富岡多恵子の発言』全5巻

『富岡多恵子の発言』全5巻(岩波書店、1995.1~1995.5)



1 性という情緒 1995.1.10
 
*「文学的」おいたち記 その一………… 1
I
セックス・カクメイ……………………… 9
性という情緒………………………………21
オンナ革命…………………………………31
ボーイフレンド道の極意…………………40
男にとっての結婚…………………………50
みちゆき勝手解釈―心中天の網島………60
II
〈母の訓〉とは何ぞや……………………89
アイスル・アイシナイ……………………99
性の非日常性…………………………… 117
母親からの解放………………………… 133
三島由紀夫の結婚(上野千鶴子,小倉千加子,富岡多恵子)…… 149
III
旅のワラジ……………………………… 169
溌剌と不潔……………………………… 177
陰あらわるれば褻なりや……………… 180
女の子のすばらしさ…………………… 184
男のさみしさ 女のやさしさ………… 188
結婚というひとつのカタチ…………… 192
アドレッセンス………………………… 195
自分の子、他人の子、人間の子……… 204
からだの戦後…………………………… 208
姑の存在(多田道太郎,富岡多恵子)…… 212
脱強姦へ………………………………… 219
【インタヴュー】やわらかいものをやわらかいままに(富岡多恵子,黒川創聞き手)…… 221
*出典一覧………………………………… 242
 

2 詩よ歌よ 1995.2.10
 
*「文学的」おいたち記 その二………… 1
I
詩の言語と詩の空間……………………… 9
詩人のめし―山之口貘……………………24
詩から小説へ―室生犀星…………………43
「溝跨ぎ」回想……………………………85
II
詩人が小説を書く時(清岡卓行,富岡多恵子)…… 103
ことばへのエロティシズム…………… 118
環境としての芸術とコトバ…………… 124
ことばなき世代の謀叛………………… 132
コトバにこそ反乱が…………………… 144
名前をつける…………………………… 148
怨の一字………………………………… 153
詩と散文の距離………………………… 156
女の言葉………………………………… 159
「思想」の安売り……………………… 161
ことばとの距離………………………… 165
ことばの土地…………………………… 170
英語に怨みはかずかずござるより…… 174
大阪センチメンタル・ジャーニー抄… 178
III
海から見た土地―小野十三郎………… 191
詩的生活―尾崎放哉…………………… 208
「うた」の力―釈迢空………………… 224
*解説 富岡多恵子の土地(黒川創)… 231
*出典一覧………………………………… 252
 

3 女の表現 1995.3.10
 
*「文学的」おいたち記 その三………… 1
I
女の競合…………………………………… 9
からだの戦略………………………………25
「主婦」解体………………………………40
ハダカの女と女の裸―E・J・ベロックの写真……56
こわい写真―レニ・リーフェンシュタールのヌバ族……62
II
詩人の誕生―左川ちか……………………71
椰揄の視線―「女が見る女」と「男が見る女」……92
ひとの死に方………………………………98
ボーと生きること……………………… 107
女に天才はいない……………………… 114
詩人のはにかみ………………………… 123
最後に嫌われた理由…………………… 128
III
女の表現………………………………… 135
書くことと行動すること……………… 150
拡散の時代……………………………… 160
反イメージ……………………………… 171
知られたくないお里とは何か………… 179
キッチュの力…………………………… 190
死語となる言葉………………………… 204
だれと暮すか(多田道太郎,富岡多恵子)…… 209
【インタヴュー】「病気」のこと(富岡多恵子,黒川創聞き手)…… 227
*出典一覧………………………………… 240
 

4 闇をやぶる声 1995.4.10
 
*「文学的」おいたち記 その四………… 1
I
人形の生死………………………………… 9
ウタとカタリ―曾根崎心中………………13
「漫才作者」の誕生………………………42
II
詩の階級、音楽の階級―ひとは階級をつくるのが好きである……65
ヒミツの空間に生きる……………………72
浄化された「ひばり伝説」………………82
ニホン人の好きな音―日本の流行歌(1)……90
ニホン人の好きなコトバ―日本の流行歌(2)…… 102
虚像の男たち…………………………… 114
歌謡曲への裏切り……………………… 125
III
ナンバ…………………………………… 137
音(おん)づかい(武智鉄二,富岡多恵子)…… 145
闇からもれる言葉―冥途の飛脚……… 151
IV
聖者たちの休息………………………… 181
コルトレーンと義太夫………………… 186
浮世の夏に歌謡曲はひびく…………… 189
景色になる人間………………………… 194
ハプニング……………………………… 197
今日と明日の芸………………………… 201
漫才の女………………………………… 205
*解説 大阪まで(黒川創)…………… 217
*出典一覧………………………………… 231
 

5 物語からどこへ 1995.5.10
 
*「文学的」おいたち記 その五………… 1
I
芸術というイレモノ……………………… 9
「英会話」私情……………………………18
月例コンテスト流写真……………………28
II
ブンガク「岩手の食事」…………………37
詩の神話にマバタキするな………………52
芸と芸術……………………………………56
芸術という不渡手形………………………59
不許可写真―記録性の逆転劇……………73
戦争写真集―石川文洋のベトナムの記録……79
青春と時代の憂鬱―桑原甲子雄氏に会う……85
呪術と複製…………………………………91
漱石と勘助の文学―『銀の匙』の評価をめぐって…… 107
III
ウラミ・ノヴェル……………………… 135
サクラはこわくない…………………… 144
世間のなかの「小説」………………… 150
私生活と私小説………………………… 170
小説の変容……………………………… 186
虚構と楽屋……………………………… 202
小説言語の「内輪」化………………… 216
「小説」のカタチはどうなるか……… 225
*解説 スタインの顔(黒川創)……… 233
*出典一覧………………………………… 244
*富岡多恵子の仕事……………………… 247
[ 2011/03/10 07:31 ] 富岡多恵子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。