研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  安西冬衛 >  『安西冬衛全集』全10巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『安西冬衛全集』全10巻・別巻1巻

『安西冬衛全集』全10巻・別巻1巻(宝文館出版、1977.12~1986.8)

第1巻 1977.12.20
 
軍艦茉莉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
安西冬衛について(北川冬彦)‥‥‥‥13
1
軍艦茉莉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
閹人 氏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
新疆の太陽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
勲章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
真冬の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
暮春の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
誕生日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
再び誕生日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
澄める町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
戦役‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
日食‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
Khan‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
退却‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
掩護陣地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
十年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
輪廻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
秤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
2
徳一家のlesson‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
シルクハットのある卓布‥‥‥‥‥‥‥51
あの道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
曇日と停車場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
蝙蝠傘のあるタブロー‥‥‥‥‥‥‥‥58
理髪師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
Call‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
午餐会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
自由亭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
開港場と一等運転士とJampoa‥‥‥‥‥64
普蘭店といふ駅で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
室‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
徳と法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
3
肋子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
肋大佐の朱色な晩餐会‥‥‥‥‥‥‥‥72
黄河の仕事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
養狐会社の書記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
向日葵はもう黒い弾薬‥‥‥‥‥‥‥‥77
骰子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
百年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
途上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
曇日と停車場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
マルヌの紀念日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
騎兵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
エスキース‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
4
タンポポ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
民国十五年の園遊会‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
櫛比する街景と文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
陸橋風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
夜行列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
河口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
雪毬花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
藍刀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
石油‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
土耳古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
興亡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
オダリスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
狐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
猫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
晩春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
首夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
翌日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
5
易牙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
長髪賊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
地球儀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
遊戯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
松の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
鶇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
無花果‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
Souvenir‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
物集茉莉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
亜細亜の鹹湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
政治は家具に包囲されてゐる‥‥‥‥ 147
三つのもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
二つの河の間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
政治は家具に包囲されてゐる‥‥‥ 151
平和と戦争‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
商売敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
畢生の冒険‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
老いた亜細亜の若い塩‥‥‥‥‥‥‥ 155
翼ある仕事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
ぱん屋の ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
膠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
マラソン選手  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
渇ける神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
軍艦肋骨号遺聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
八面城の念力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
怒る河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
蟻走痒感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
オルドスの幻術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
汗の亡霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
幻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
黒き城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
三つの天幕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
毒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
大学の留守‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
大学の留守‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
大学の留守‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
下市口にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
定六‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
韃靼海峡と蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
再び韃靼海峡と蝶‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
堕ちた蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
測量艦不知奈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
美しき日本の冬の夜の設計‥‥‥‥ 237
燕とアスファルト‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
未だ冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
約拿紀行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
土匪の出る列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
赤と黒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
老いた塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
遊隋の城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
沼べり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
悪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
炉ぼこりに渇くわが神‥‥‥‥‥‥ 264
梅雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
ブブの宇宙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
迷宮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
金と銀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
臥せる拳闘家 坐せる闘牛士‥‥‥ 274
窯業と画貌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
玄い石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
左袒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
転経‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
闕典‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
鴉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
沙漠の行者が臥てゐると鴉が食物を運ぶ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
偉大な料理人の一粒の塩‥‥‥‥‥ 288
政治上多少の陥穽‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
黄ろい急行列車で智利へ‥‥‥‥‥ 294
権謀と術数‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
包囲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
廃語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
祖述‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
活仏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
贋造の仏陀と四十一人の仏弟子‥‥ 304
契約の櫃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
蛙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
軽便鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
畢生の冒険‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
キニーネを喫む男‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
一蝶類蒐集家の公理‥‥‥‥‥‥‥ 315
腎と肝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
赤い山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
黄ろい眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
蝶と腸詰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
赤い図星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
四行倉庫の抜穴は英吉利の陣地に続いてゐる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
輯後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
 

第2巻 1978.3.20
 
桜の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
仕事部屋から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
詩人の位置‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
仕事部屋から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
春山さんへの手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
書物の位置‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
好きな絵画、音楽そして詩‥‥‥‥‥28
絵画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
音楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
自分の嫌な用語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
三つの美‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
稽古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
和服‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
創痍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
束の間の美しさ 錯覚の美しさ‥‥‥34
黒と褐色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
F・A‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
メチエについて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
私が専売局だつたら‥‥‥‥‥‥‥‥39
「大学の留守」の界隈‥‥‥‥‥‥‥40
余白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
桜の実のエスキイス‥‥‥‥‥‥‥‥47
季節のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
暮春の美学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
録音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
秩序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
曹達 ぎぼしむし 葱坊主‥‥‥‥52
新月の匂ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
わが暮春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
博愛なる海洋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
桜の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
失恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
桜の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
乾ける書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
地上の糧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
夏の夜の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
香脂が寛大な樹木の創痍のなかにあるやうに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
土用‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
書斎立秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
立秋雑稾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
新秋鈔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
八朔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
ラケツトのないテニス‥‥‥‥‥‥‥69
おひつの落ちる音はおひつの落ちる音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
夜寒の記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
湯婆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
夜長の記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
藁ふでの記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
歳暮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
八つ手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
木枯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
風土と風尚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
坐雲亭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
沢菴の三つのクロツキー‥‥‥‥‥‥85
クロツキーの縁起‥‥‥‥‥‥‥‥85
出石の二日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
出石拾遺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
師走十日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
南宗寺にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
京都雑筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
最初の記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
バスのゆきさき‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
町の名‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
蹴上終点‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
山科の郷愁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
醍醐所見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
黄檗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
沙界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
水辺に燦爛たる文明を凝らしてゐた都‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
地上の黄金郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
鉄砲や白粉、金魚などがこの港から伝播し銀座が又此の市から始まつた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
一時にもせよかういふ由緒のある市がなぜ沈滞したか‥‥‥‥‥‥‥ 114
外は細かにして内証手広きならひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
古い町の名前は同職組合の勾ひを遺してゐる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
「乱れ髪」の詩人はかういふ市で多感なその娘時代を過した‥‥‥‥ 117
最初の私設鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
背負い切れぬ祖先の遺産 夥しい文化財‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
沙界挽歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
米甚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
駿河屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
志賀小品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
穴村ゆき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
さゞなみの志賀の都は今麻生‥‥ 135
日吉にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
伊勢路より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
津にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
一身田にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
窪田にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
相可口にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
半分の日曜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
把針(半分の日曜)‥‥‥‥‥‥‥ 143
眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
饅頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
解定‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
把針灸治‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
もう半分の日曜(灸治)‥‥‥‥‥ 146
豪宕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
淡白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
昔の顔料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
青山熊治‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
まんぢゆう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
外護者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
紅蜀葵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
食後の話題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
手帖から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
佐伯祐三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
鮭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
北浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
加納町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
胡同‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
菜の花月夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
過分数‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
場末‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
他意なき百姓‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
高邁なる精神に就て‥‥‥‥‥‥‥ 154
チエーホフの小さい索引‥‥‥‥‥ 157
百年の知己‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
アンダーライン‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
2カペイク ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
軽気球‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
世界観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
予見精神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
突飛なインバネス‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
梨の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
馬のゐる蓋然性‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
包囲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
土佐の海に硯石をとる‥‥‥‥‥‥ 170
ほとゝぎす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
達頼喇嘛の弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
超現実主義は今後如何なる方向をとるか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
文学の貧困万歳‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
脆弱な文化‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
十日灸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
縄手風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
「早春」その他‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
変つた本屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
風俗採集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
冬祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
柿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
中世の宗教裁判‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
悪魔的な快感‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
闇市所見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
スルメ休業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
日記抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
昭和8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
昭和17年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
昭和18年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
昭和19年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
昭和20年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
喫茶日録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
韃靼海峡と蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
「韃靼海峡と蝶」の位置‥‥‥‥‥‥ 233
韃靼海峡と蝶祝典‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
韃靼海峡と蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
再び韃靼海峡と蝶‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
堕ちた蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
測量艦不知奈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
軍艦肋骨号遺聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
キニーネを喫む男‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
一蝶類蒐集家の公理‥‥‥‥‥‥‥ 250
マーキユリーの飛翔‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
定六‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
理髪師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
バルカン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
蝙蝠傘のあるタブロー‥‥‥‥‥‥ 258
悪魔の紋章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
軍艦茉莉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
章侯爵夫人のScandale‥‥‥‥‥‥ 263
左袒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
古きチワワのスペイン風の壁‥‥‥ 267
肉桂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
夜行列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
地理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
亜細亜では河をみとめます‥‥‥‥ 272
蟻走痒感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
沙漠の行者が臥てゐると鴉が食物を運ぶ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
軽便鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
百人の僧侶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
焼ける砂糖のそばで‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
誕生日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
暮春の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
暮春のために‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
レエテのほとりで‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
有孔虫の億劫の眠りの中を‥‥‥‥ 293
赤と黒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
鶇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
物集茉莉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
下市口にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
風俗と風儀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
夜の甲胄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
なぜ月見草は鉄道用地を好むか‥‥ 314
西風の街道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
有翼椅子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
白いコーモリ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
壮大な登攀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
輯後に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
座せる闘牛士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
○‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
○‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
座せる闘牛士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
丸坊主‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
島の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
地理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
西班牙I ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
西班牙II‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
西班牙III ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
陸橋と落日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
百年の家具‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
異形の沙漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
巻パンの思想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
半熟の卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
経営‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
風俗と風儀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
仏陀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
メキシコ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
オダリスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
近衛士官‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
コンパ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
沙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
班点と経緯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
檻とチエツク‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
砂鉄と烏賊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
チヨークは貨物列車のドテツ腹を好む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
麻布といふ装飾ある鉄柵のレヂデンス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
経緯に富む経緯‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
組合の精神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
木伊乃との対質‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
打楽器‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
掌櫃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
哺乳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
愛情の背景をなすわが鉄道達‥‥‥ 375
難波発二十二時佐野行終‥‥‥‥ 375
わが夜のプラツトホーム‥‥‥‥ 378
わが夜のプラツトホーム再び‥‥ 381
指導鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
マニフエスト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
現代詩解読の困難について‥‥‥‥ 398
F・Aとその方法‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
O・BとF・W‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
「座せる闘牛士」について‥‥‥‥ 409
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
 

第3巻 1983.8.30
 
未刊詩篇(1)
I 大正13年(1924)―昭和5年(1930)
競売所のある風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
埋れた帆船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
雨によごれた停車場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
陸橋と不幸な少女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
雨によごれた停車場‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
冬尽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
未完成の詩・作品第十番「きやんどる・らめんたびれ」の序曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
探偵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
北国と稚拙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
支那装せるマドモアゼル・冬‥‥‥‥‥‥29
療養院‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
鯉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
戦争‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
坂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
港・帆船を主題とせる‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
ある不幸な一日のArrangement ‥‥‥‥‥34
電話の後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
褪紅色の膝掛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
窓際の婦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
食後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
――にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
村のエスキース‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
あの土を全部あすこへ‥‥‥‥‥‥‥‥39
教会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
曇日と停車場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
アンリ・マチス風の室内に配せる或る姉弟の肖像とその背面にカムフラージユされたる自像 或は地球儀と愛国婦人会をモチーフとせる姉弟のあるAssemblage. ‥‥‥‥40
冬構‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
戦後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
打虎山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
陰陽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
大連‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
入江‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
マリア・ブランシヤール‥‥‥‥‥‥‥‥44
春日煦々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
紋章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
凱旋門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
オダリスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
kiev‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
少女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
タンポポ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
マリイ・ロオランサン夫人‥‥‥‥‥‥‥51
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
前菜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
紋章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
古いネエデルランドの冬‥‥‥‥‥‥‥‥54
TINT‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
曇天‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
日光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
しぐれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
十二月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
薪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
扉の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
紋章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
桜の落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
曇り日の博物館で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
Water closet‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
堀池の僧正‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
N氏の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
指物師 勘堂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
立公‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
又‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
述懐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
ストーブにあたりにくる男の名‥‥‥‥63
途上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
閑葛藤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
冬色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
桜の落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
役‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
黄河の仕事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
主として新兵器に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
航空機の発祥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
弾丸の進歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
レヴイシツトの無力‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
軽機関銃の改良‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
タンクの復古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
水雷戦術の紀元‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
軽巡洋艦の強 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
要塞の結構‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
Super‐dreadnoughtの荘厳 ‥‥‥‥‥‥73
未成鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
ハレム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
「未成鉄道」より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
臘月のひとに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
イラクと花粉熱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
府‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
揚子江バグダード鉄道波斯横断問題‥‥‥77
土耳古風呂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
続 徳一家のLESSON‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
続々 徳一家のLesson‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
百万弗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
瓦斯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
咫尺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
儀礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
五‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
善‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
刑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
七‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
樅の木の中にある火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
ワ゛ン・ドンゲンに関する一挿話‥‥‥‥91
一九二七年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
百分率‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
官吏侮辱罪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
経験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
戦争と平和‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
燭台‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
ドミトリーの帳尻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
黒と白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
サンドヰッチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
大落日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
鋏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
黒い河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
備忘録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
天秤座‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
酩酊する男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
ラズルダズル腸詰会社‥‥‥‥‥‥‥ 114
グラツドストーンの内部‥‥‥‥‥‥ 114
ランゲルハンス氏島‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
芸術と反抗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
王領大学校‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
暖い博覧会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
白い赤十字‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
賢い民‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
赤星家の甲胄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
三の宮駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
自転車問屋からの求婚‥‥‥‥‥‥‥ 117
慈善‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
洋燈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
牛荘の手巾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
田舎住‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
井‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
田舎住‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
藍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123

II 昭和6年(1931)―昭和10年(1935)
尾のない太陽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
時差‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
随筆と小品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
夜寒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
チエーホフの庖丁‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
ぬきがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
スポーツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
ラズル・ダズル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
現代の英雄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
百年の知己‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
汎帝国主義‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
匿名政治‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
辺彊弁理公司‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
現代の英雄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
樹液の中にある音楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
神々が甫めてわたくしたちに翼を‥‥‥ 134
老いた太陽は新らしい傷口を療治する‥ 134
火の獄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
跡見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
悶える鹿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
貞任之胸座化為酒頬菱喰‥‥‥‥‥‥ 139
蕁麻と公算‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
猟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
かくて古りゆく時‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
薄暑の砌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
大英帝国日未だ没せず‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
「渇ける神」紀要‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
挽歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
冷酷な音楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
氷の檻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
魔笛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
胡蘿蔔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
蛇の卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
松樅等‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
沙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
タブー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
猶太‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
星条旗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
言語学者の加担‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
虻の音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
歩兵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
亜細亜的函数‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
寒い国の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
二百十日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
領袖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
玄い石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
間者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
テレビン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
海戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
鼻祖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
赤い停仔脚の成不成功‥‥‥‥‥‥‥‥ 170
フィラデルフィヤ 小亜細亜の古い府 フィラデルフィヤ 亜米利加の古い府‥‥ 170
それは品のいいコートに襤褸と骸炭を拾ひに下りてくる鴉に与へる坐標軸である‥ 170
一滴一グラムの水の質量に象眼されてゐる純粋な動員計画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
円い塔の一角に坐して肉体を毀つ‥‥‥ 171
廃語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172

III 昭和11年(1936)―昭和15年(1940)
 水観にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
保険附の支那蒸気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
オクターブに跨る怪物‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
子供謝肉祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
ペソ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
黒と金‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
馬は男爵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
秋雛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
靴と劇場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
パパイヤとタフタ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
紅い河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
海の聯曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
千鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
貝屏風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
大漢口陥落す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
龍の爪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
エドワード七世と古代の洞窟‥‥‥‥‥ 189

IV 昭和16年(1941)―昭和20年(1945)
鼻祖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
桜四章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
木花之佐久夜比売‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
木花開耶姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
さくら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
山の暮春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
ガマビル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
シッタン川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
子供謝肉祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
さるすべり問答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
戦の場にけふしも神嘗祭を迎ふ‥‥‥‥ 205
菊の佳節に逢ひて懐を述ぶ‥‥‥‥‥‥ 207
ふたつなきいのちを‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
十二月八日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
軍神につづけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
紀元節言志‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
きさらぎの夜空に祷る‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
撃ちてし止まむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
梅咲けり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
撃滅の道に殺到せん‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
レンネル島沖海戦の捷報到る‥‥‥‥‥ 224
春の駒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
出陣の旦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
海光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
尚武‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
山本元帥の遺烈に誓ふ‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
雄魂を慰めん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
はるとふゆ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
草山に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
千鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
厄除札‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
詔を建艦に謹む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
比律賓共和国独立‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
霜と聖戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
 と鉄の意志‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
初冬の午後の一と時を‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
聖断奉行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
必殺の姿勢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
敵国降伏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
東風強し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
或る陸軍報道班員‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
速力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
鉄量に鉄量を‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
胚胎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
廃墟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
日間瑣事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254

V 昭和21年(1946)―昭和25年(1950)
新秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
むかし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
オディツセイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
彼の近状‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
長男の社会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
閨門春曙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
棕櫚の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
詩人の出発‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
敗戦の美学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
小風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
吟遊詩人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
田舎の詩人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
大徳寺クロツキー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
スペインの二つの楽曲の近辺で‥‥‥‥ 268
イベリヤ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
ホタ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
王道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
間道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
風俗二種‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
恍惚たる星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
「アイイダ」と闘ふ男‥‥‥‥‥‥‥ 273
紅いカーペツト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
冬の草木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
五十七才のゴオグ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
中学生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
朝のラウンジ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
閉ざされた庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
断食‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
青写真‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
寒風の街道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
ビフテキ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
小春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
場末の古道具店でアポリネエルに遇ふ‥ 278
空想の水栓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
機械‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
法馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
二頭立の馬車で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
踏絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
黒死病‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
うすばかげらう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
ドラクロア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
若い悪魔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
白洲にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
風俗採集(スクラツプ)‥‥‥‥‥‥‥ 285
リラの夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
風俗採集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
ドクチャンあります‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
クロンウエル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
壁画(部分)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
パーマネント・ウエーブ‥‥‥‥‥‥ 290
二つのクロツキー‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
三つのメタホオル‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
山の夕べ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
生涯の部分‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
資質‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
沙漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
稚拙感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
職業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
オブジェ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
献身の杖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
砦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
夏日小園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
エケ・ホモ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
格言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
邪魔で出世‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
厩は別天地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
染工場の不潔な朝顔‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
白いスエター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
大大阪のれいめい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
一九四八年のドンキホーテ‥‥‥‥‥‥ 303
ハムレットの春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
赤煉瓦のステンシヨ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
海の告知‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
水でつぽう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
裏長屋の倫理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
新らしさはより古きもののなかに‥‥‥ 309
燕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
りんご‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
夜の思料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
ブルースとルンバのあいだで‥‥‥‥‥ 316
林檎分割‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
西班牙と松脂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
四九年の半言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
文化炎上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
美しきアンダルシヤの野‥‥‥‥‥‥‥ 322
夏の思議‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
サガレン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
今年はじめての秋雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
文化祭序詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
冬の行状‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
ノアノア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
二月の美学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
袖珍闘牛士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
金の蠍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
大手前の早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
朝粧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
夏すでに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
ほたるのテール・ライト‥‥‥‥‥‥‥ 337
平和‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
社会道徳を興す婦人の会‥‥‥‥‥‥‥ 339
星のロマンス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
カシオペア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
アンドロメダ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
ペルセウス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
ペガサス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
プレアデス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
百日紅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
奈良土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
点心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352

VI 死語発掘人の手記
死語発掘人の手記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
死語発掘人の手記(部分)‥‥‥‥‥‥ 390
死語発掘人の手記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
死語発掘人の手記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393

VII 一鱗翅類蒐集家の手記
一鱗翅類蒐集家の手記‥‥‥‥‥‥‥‥ 396

初期詩篇
春雨の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
落日黄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
灰色 黄昏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
旗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
鳰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
北支那短景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
小崗子小品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
厨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
夜霧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
ジヤツク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
春の霙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
余寒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
冬日幻想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
習作‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
静物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
昔帝劇の廊下より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
惜冬賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
「冬」素描‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
小品三つ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
冬衛集(1) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
冬衛集(2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
冬衛集(3) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
冬衛集(4) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 436
冬衛集(5) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
冬衛集(6) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
冬衛集(7) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
冬衛集(8) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
冬衛集(9) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
冬衛集(10)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
冬衛集(11)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 444
燎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 444
門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
東京よ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
憧憬の君よ 今こそ殉情の君が愛撫に身を委せよう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
沼津風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
入間川スケツチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
宵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
皿に描かれた風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
霜月の写生帖から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
風土哀詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
上海の冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
夜・異端者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
冬きたる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
地図と少女の幻想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
立冬小品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
ふゆゑ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
藍色の詩箋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
切子硝子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
漱石忌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
緑の水瓶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
冬、冬、冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
風変りな顔から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
新年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
室‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
卓上静物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
水辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
越後町風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
屋敷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
羅甸区の冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
カシノ、ド、パリ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
霜月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
芥火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
 

第4巻 1983.11.30
 
未刊詩篇(2)
I 煉瓦積人足の手記・西班牙の証言
煉瓦積人足の手記 1―145‥‥‥‥‥‥‥14
西班牙の証言 146―215‥‥‥‥‥‥‥‥29

II 昭和26年(1951)―昭和30年(1955)
春来‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
あしかびのごと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
新妻表情くらべ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
朝の支度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
愛のスェーター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
旅のたより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
ミシンに倚りて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
夕化粧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
春風切つて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
三月の遍歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
紫と白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
ぶらんこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
虎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
海への誘ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
スリツプを脱ぐ少女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
(友ケ島)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
鹿の子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
さらば夏休よ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
紅蜀葵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
新胎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
霜凪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
即興詩 美しき架橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
刑罰と栄光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
新しい日の出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
磬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
国原年首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
宮廷の虫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
罟師と瞽者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
有用の砂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
輝かしい前進‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
(堺市レクリエーション大会)‥‥‥‥‥78
磯馴松‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
(友ケ島)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
美しきブラジル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
大阪の朝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
海牙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
舟出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
無蓋帝国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
縫目のない壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
夜の信用状‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
水の上の乾杯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
晩夏光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
忠実なる糸杉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
過ぎゆく夏の回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
新らしい道標‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
花と詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
富士は新らしく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
撰式辞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
金色の時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
はつ春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
紡績の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
イフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
ナポレオンと蝙蝠傘‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
海と山との際‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
安息の丘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
ももいろのモモス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
好色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
時間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
生の飛躍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
文学座の楽屋にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
ジンのある風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
百日の恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
死海アスフアルト会社‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
永遠の泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
テレビンの匂ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
坐賈と商旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
羅漢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
一角獣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
かの水晶の王宮より来る金の声‥‥‥‥ 127
春はずむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
泉と羊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
風にそよぐ芦から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
新らしき祈祷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
わが新春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
ラビツトの初旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
道徳の生理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
変質旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
北見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
ドミノ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
渇望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
主と下僕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
かえらざる河のほとりで‥‥‥‥‥‥‥ 144
褐色の思惟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
ニツケル・オデォン‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
青葉がくれに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
銀河に悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
海の女王‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
夜のサロンにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
鴎に寄せた手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
奈良の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156

III 昭和31年(1956)―昭和35年(1960)
火星人との結婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
規那‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
マラゲニヤ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
不死鳥の碑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
悪徳の城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
故旧忘れめや‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
かわうそ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
平和のはと ここに飛び立つ‥‥‥‥‥ 168
桃の木の下での解脱‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
マリー・ロオランサン Marie Laurencin‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
地霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
芳躅頌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
もみじ便り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
初夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
十日戎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
ゆっくりといそげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
乾ける河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
復活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
朝日をかざして‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
ヤコブの黒い梯子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
五月の窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
臼砲脱臼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
匿名ホテル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
赤いサソリ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
(わたしは小さい炎)‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
夏室内‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
エグローグ侯百年祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
秋の使者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
天景の道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
赤と黒とのコンテュニティ‥‥‥‥‥‥ 198
冬の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
(大阪府芸術祭)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
デルクストリス讃歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
冬の李‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
赤い鷓鴣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
夜の破浪神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
復活祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
こどもの眼は‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
春の洪水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
夏のおどりへの誘い‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
七月のほめうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
生命の泉のほとりに‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
不可視の群集の包囲のただ中で‥‥‥‥ 220
水のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
この八月の時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
浜ひるがお‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
鉄と火の協奏曲の中で‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
冬のとりで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
樹木讃仰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
(大阪府芸術祭)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
伉儷頌歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
アルカディヤの野にひらく窓‥‥‥‥‥ 241
窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
正月嬉遊図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
デフイニシヨン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
トレドの砦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
五月の貞節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
ドッグ・イヤード日記‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
夜の要人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
高層ビルの屋上で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
われ山崎を過ぎる時‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
新らしい水平線に立つ少女らに‥‥‥‥ 259
この恍惚と陶酔と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
パイプオルガン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
ゴールデン'60 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
蓬莱島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
旧正の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
無痛帝国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
胡粉の桃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
皇子生れましぬ祝はざらめや‥‥‥‥‥ 273
美しきわが大阪の街‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
古いチーズ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
ルビコンの彼岸へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
朝粧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
十一月三日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279

IV 昭和36年(1961)―昭和40年(1965)
いのちあわれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
霞の中から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
要人不在‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
唐津のひと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
少年求婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
火と水の協奏曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
五月の造形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
竜の落し子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
球宴のアプローチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
山上新唱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
北京狆がペニスを出す‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
南京 新秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
初秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
調教‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
流域‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
秋の封印‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
五色木頌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
早春の旅より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
新春伉儷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
初点前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
初富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
夜のスリット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
千人風呂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
京城乗合‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
水やがてぬるまん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
馬酔木に寄せる贐のうた‥‥‥‥‥‥‥ 319
古道行人稀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
夜のプロジェクション‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
夜の思料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
タブー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
道芝ゆかし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
赤帽のネポテイズム‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
青水蝋樹とMボタン ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
草原の頌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
黒四の正月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
黒部の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
志摩の玉虫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
青い妓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
目下養生中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
冬の花火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
寄居虫のうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
若いホープ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
中之島春昼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
新らしい渚への誘い‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
讃歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
初夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
二つの姿勢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
透しのある呪文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
鬚を蓄えた古いチーズ‥‥‥‥‥‥‥‥ 360
月世界旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
たとえ渚はかわっても‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
姫路今昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
茨戸のバラード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
樹が腕組して云うには‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
アニメーション'65 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
三万二千年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
堺港火力のほめうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
眉宇いさぎよく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
砂漠と鹹湖をわれらに‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
蝶の祝典序列‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
夜の卍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
玉煙ヲ生ズ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
 

第5巻 小説 エッセイ 1978.12.30
 
小説
河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
寒山拾得‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
夏立ちぬ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
エッセイ

I 大正14年―昭和18年
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
一月十九日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
秋〈編輯中記〉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
春の鱈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
北川冬彦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
溝渠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
佐伯の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
詩とその周囲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
春浪精神の再建(1)(2)‥‥‥‥‥‥ 168
参宮線にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 170

II 昭和21年―25年
洞窟の讖書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
現詩壇に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
青年と亀裂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
ナンバにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
青春謝肉祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
天から落ちた靴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
わが新春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
近代の小妖精‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
喰積‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
わが初冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
王将のない将棋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
美貌について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
間にあるもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
大阪弁ノート(1)(2)‥‥‥‥‥‥‥ 186
負数の子供‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
詩と絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
一九四八年のロー 杉山平一への手紙‥ 191
異質の風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
「韃靼海峡と蝶」界隈‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
エスコート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
三頭の馬のあるマニフエスト‥‥‥‥‥ 198
「渇ける神」のサイドライト‥‥‥‥‥ 198
以前の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
エロ出版の追放‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
立夏以後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
リリプットの紐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
外貌の美しさについて‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
風俗手帖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
方法と提出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
太宰の義‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
(スクーター)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
(スクーター)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
女らしさの中に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
五十一才の追撃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
メイドンネ・ナフト‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
会話のエスプリを鍛へるために‥‥‥‥ 221
悪しきものには抵抗ふな‥‥‥‥‥‥‥ 225
なぜロシヤタバコの吸口はあんなに長いのか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
詩人小白書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
黒インキのハガキ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
変らぬすがた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
秋の百選会から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
風俗の周囲(上)(下)‥‥‥‥‥‥‥ 234
女の美しさについて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
薔薇の木の下で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
秋の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
東京人物採集(1) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
東京人物採集(2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
東京人物採集(3) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
東京人物採集(4) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
東京人物採集(5) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
タンポポのポロネーズ‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
タンポポのポロネーズ(2) ‥‥‥‥‥ 245
ポロネーズ(2)補遺 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
タンポポのポロネーズ(3) ‥‥‥‥‥ 247
東京採集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
風俗のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
ブランデン先生のこと‥‥‥‥‥‥‥ 250
長門美保と東郷青児‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
観光の角度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
姫路の小印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
死語発掘人のデスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
半人半馬の詩人達(上)(下)‥‥‥‥ 254
(ストロボ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
東京の女・大阪の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
風土と人について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
高野初冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
聖ザヴイエルの投影‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
キヤンドル・ウツド‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
夏の旅より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
初冬のほとりで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
アクセント‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
きもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
復古と異形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
極端は美ではない‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
アンディ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
真夏の夜の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
百合となる道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
価値改価の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
桜の記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
アトランタの後姿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
アーム・イン・アーム‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
“ベニヤ文化”の洋装‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
乳母車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
精神のとりで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
古代への半日旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
現代悪の証言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
コント1・9・5・0‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
晶子をしのぶ夕への誘い‥‥‥‥‥‥‥ 284
予言者郷土を容れず‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
小便小僧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287

III 昭和26年―30年
詩人試論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
青衣女人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
春のフロントグラス‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
風俗好戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
風俗は批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
新らしきアゴラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
花森安治論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
女学生と詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
句碑の落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
初春のこころ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
きさらぎ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
箱根山のカーテン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
鉄砲を恐れる根性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
美への序曲?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
翅ある頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
春の磯で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
美しき堺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
藍と白と赤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
街の詩人は語る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
婦人帽のある風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
開国百一年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
腰をすえて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
鹹い海と淡い水の際に‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
海の回廊で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
現代詩への誘い(上)(下)‥‥‥‥‥ 323
池田克己の顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
ナポレオン・蝙蝠傘‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
私の好きなお店‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
伊勢海老‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
海のゼラシイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
文学への意欲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
春の支度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
海が私をよんでる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
大会にそそぐ永遠の情熱‥‥‥‥‥‥‥ 334
哺乳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
味の愁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
桜と富士と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
本の発見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
春服‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
申年生れの六番目の子‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
ヌードの美しさ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
ヌードのモラル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
運命の赤い星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
某月某日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
怪談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
夏の夜ばなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
息づまる死闘一瞬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
ケリー・グラントから‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
愛情こそ社会をよりよくする資産‥‥‥ 355
桜んぼう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
私の新婚白書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356

IV 昭和31年―35年
三十一年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 360
ある小さな漁村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
マリー・ロオランサン縁起‥‥‥‥‥‥ 362
よび還す青春像‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
性の季節風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
私の本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
赤い炉火に寄せるわがねがい‥‥‥‥‥ 367
テレビの美‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
一期一会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
わがヰタ・セクスアリス‥‥‥‥‥‥‥ 371
ボナパルティスムへの発展‥‥‥‥‥‥ 372
草上の饗宴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
春浪の冒険小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
カリプソ娘考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
甲子園と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
空想の翼にまたがって‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
大阪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
夜と昼の女性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
「食後の唄」界隈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
初心者への言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
茶番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 388
いろはかるた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
松風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
文明かるた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
朝宗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
茫々四十年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
選挙にもの申す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 396
アタル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
風俗将門眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
六月の小さい旅から‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
「亜」のデータ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
一粒の塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
大阪善哉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
エチケットについて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
私の青写真‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
新年の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
初富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
自由と統御‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
すごろく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
いんぎんぶれい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
テレビと即物性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
拍手の中から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
さくらんぼとトロピズム‥‥‥‥‥‥‥ 418
赤茄子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
鴎外遺贈の文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
詩の中の美しき女性たち‥‥‥‥‥‥‥ 420
満州のとうふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
わが良友悪友録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
希代の友・北川冬彦‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
井上靖の姿勢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
山口誓子のメカニズム‥‥‥‥‥‥‥ 427
リットル・キング市橋立彦君‥‥‥‥ 428
臆説米良道博エロガント‥‥‥‥‥‥ 429
べーやん「奥村綱雄」‥‥‥‥‥‥‥ 430
新春の詩歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
壷中の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
ゆっくりといそげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 436
ある笑劇から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
洋酒と詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
かなしき情事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
平和を我らに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
いのちあわれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
読書について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
本は生きている‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 444

V 昭和36年―40年
桃林の野に放て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
ベーブ・ルースの夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
茉莉は生きている‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
球春のアプローチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
詩人の生計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
伝言板‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
秋風吹く水族館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
「軍艦茉莉」書志‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
開かれざるこうもりガサ‥‥‥‥‥‥‥ 457
暴力はほかにもある‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
お仕立券付きYシャツ ‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
私の周辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
新しい記号‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
ホテルのロビイで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
沿線処々春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
春のラインアップ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
一等国の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
臨海工業地帯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
ナイターの灯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
鄙うた愛し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
なぜハンガリア人は二重の十字架をもつか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
お正月覗き眼鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
詩のモチーフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
王者の快楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
ジョン・ミハイリディスの餡パン‥‥‥ 478
海外旅行について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
考え方の革命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
テレビ人文地理走査線‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
北九州と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
男からみれば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 484
今昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
大阪の生理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
旅と女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
考える人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
近ごろ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
若戸大橋に立って大連をしのぶ‥‥‥‥ 492
人はもの思う葦である‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
三木露風を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 496
河井酔茗先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
河井酔茗先生のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
冬の遠足‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 500
窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
トレンチコートの姿勢‥‥‥‥‥‥‥ 503
叔父にもらった書付け‥‥‥‥‥‥‥ 504
世界早回り選手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
私は市電ファン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 506
名づけ親‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
せんべいと洋書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
万葉乙女にあう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
朱い糸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
ライスカレー物議‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
女の弁疏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
お米政治の悪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
関所の今昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
異説「貫禄負け」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
匿名の旅人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 516
明治の亡霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 517
蝙蝠傘のある風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 518
各停天国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
月世界旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
夏を惜しむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
大安吉日明け‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
むかしの家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 523
北海道日記抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
大連の残暑きつい日‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
ホテル談義‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 526
竹の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
旅の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 528
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
 

第6巻 1984.9.20
 
童話
ほらあなの奇蹟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
三日月とエプロン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
ウェコの竜巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23

歌詞
校歌、他
忠岡尋常高等小学校校歌‥‥‥‥‥‥27
西屋敷国民学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥27
堺高等工業学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥28
堺工業学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
堺市立第五中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥28
陵南中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
堺市立工業高等学校の歌‥‥‥‥‥‥30
阿部野高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥30
岸城中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
岸和田産業高等学校校歌‥‥‥‥‥‥31
大阪大学の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
英彰小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
大阪学芸大学附属天王寺中学校校歌‥33
常磐小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
日置荘小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
住吉高等学校創立三十年記念歌‥‥‥34
西野田工業高等学校校歌‥‥‥‥‥‥35
扇町中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
樽井小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
忍頂寺中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
庄内小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
浅香山中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
四条畷高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥38
羽衣学園三十年讃歌‥‥‥‥‥‥‥‥39
富田林幼稚園園歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
池田小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
桜宮中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
淡輪小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
河南高等学校松原分校校歌‥‥‥‥‥42
園芸高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
三国丘高等学校六十周年記念歌‥‥‥43
浜小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
熊取小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
戎小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
高野山小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
富田林市立第一中学校校歌‥‥‥‥‥45
五箇荘小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
日根野中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
新北野中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
東住吉高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥48
久宝寺中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
中豊島小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
古市小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
大阪電気通信学園学園歌‥‥‥‥‥‥50
石切中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
長野中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
成城工業高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥52
泉陽高等学校生徒歌‥‥‥‥‥‥‥‥53
北宮小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
河南中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
貝塚高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
今宮小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
田尻中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
味舌中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
市小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
修斉小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
布忍小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
和泉工業高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥58
神戸山手学園創立四十周年記念祝歌‥59
御幸森小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
石尾中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
長野小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
羽衣学園短期大学学歌‥‥‥‥‥‥‥61
鳳小学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
松原第二中学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥62
守山高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
枚方高等学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥64

市歌・町歌、他
堺市歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
岸和田市民歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
守口市歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
大阪の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
河内長野市制五周年市民歌‥‥‥‥‥67
狭山町歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
岸和田市政四十年を讃うる歌‥‥‥‥69
門真市歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
橋本市歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
所歌・院歌、他
傷痍軍人大阪職業補導所所歌‥‥‥‥72
堺市興亜拓植訓練道場歌‥‥‥‥‥‥73
大阪身体障害者公共職業補導所所歌‥73
堺病院の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
今里青年会会歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
大阪警察病院院歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
泉大津婦人会の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
北消防署署歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
大阪母性クラブ会歌‥‥‥‥‥‥‥‥77
大阪高等技術研修所の歌‥‥‥‥‥‥77
大阪府立地方青少年ホームの歌‥‥‥78

社歌、他
ドミノの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
花のファッションパレード‥‥‥‥‥81
大津ゴム工業株式会社社歌‥‥‥‥‥81
大阪製煉所の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
ニチレ・ナイロンの歌‥‥‥‥‥‥‥82
ナショナル証券株式会社社歌‥‥‥‥83
一吉証券株式会社社歌‥‥‥‥‥‥‥83
八田製作所社歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
八田製作所応援歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
堺製鉄所安全歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
大津整理加工社歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥86

讃歌、小唄、他
慰霊祭の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
堺水族館の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
水族館小唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
三帝奉讃歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
堺中祭の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
堺東小唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
泉州綿織物の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
泉州木綿小唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
上神谷小唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
さくら音頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
羽衣おどり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
羽衣乙女うるはし‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
永井幸次先生六十年頌歌‥‥‥‥‥‥96
登美丘音頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
千早赤阪音頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
甲南フットボール部部歌‥‥‥‥‥‥99
狭山音頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
伝教大師生誕千二百年讃仰の歌‥‥ 100

童謡・ラジオ歌謡
合歓木の花咲く頃‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
平和です自由です‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
ひなまつり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
リラの小径‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
冬しらぬ里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
夜の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
春の月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
二日月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
夏よさよなら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
ララ一日が健やかに‥‥‥‥‥‥‥ 107
木のぼりの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
でも ひょっと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
泣き黒子のラブ・コール‥‥‥‥‥ 109
ふたりしずか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
桜の落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
鰯網の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
返り花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
夕焼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
南の風のジェラシィ‥‥‥‥‥‥‥ 112
白い花のたもとで‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
わたしとあなたと‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
きょうの幸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
青い月夜の幻想‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
二日月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
巷の雨のスケルツオ‥‥‥‥‥‥‥ 116
高原の駅で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
きさらぎのひと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
菜の花月夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
秋草の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
われは旅人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
アネモネ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
月夜の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
夏立つころ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121

短歌・俳句
短歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
俳句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126

時評(一)
文芸時評・書評
アントン・チェホフの詩‥‥‥‥‥ 143
稚拙感と詩の原始復帰に就いて‥‥ 144
詩集「三半規管喪失」の私見‥‥‥ 145
稚拙感に就いての雑稾‥‥‥‥‥‥ 146
答礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
安西覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
詩集『検温器と花』に就て‥‥‥‥ 150
『砂』に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
「馬糞と星」について‥‥‥‥‥‥ 153
「冬になる顔」より‥‥‥‥‥‥‥ 155
『詩抄』瞥見―内田忠‥‥‥‥‥‥ 156
「肉体輝燿」についての若干の考察‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
彼に於ける円熟といふこと‥‥‥‥ 160
イギリスの思考‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
小野十三郎著「現代詩手帖」について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
小野十三郎詩集「重油富士」‥‥‥ 164
野田宇太郎著「関西文学散歩」上巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
加藤秀俊著「マス・コミュニケイション」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
「女の勲章」の女たち‥‥‥‥‥‥ 166
詩雑誌評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
小野十三郎著『持論+続詩論+想像力』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
夏の怒濤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
「芸術家の運命」‥‥‥‥‥‥‥‥ 174

音楽・美術展評、他
座せるクロイツアー―日響評‥‥‥ 176
日響感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
大阪日日賞受賞作品について‥‥‥ 177
美への随順‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
女流総合美術展評‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
船越かつ美の近作‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
船越かつ美と曽山節雄‥‥‥‥‥‥ 181
佐伯祐三の位置とその意義‥‥‥‥ 182
『ぽんぴえ』第一回展を見る‥‥‥ 183
「独立祭」アントニオ・ルイス‥‥ 184
「山羊と女」ピカソ‥‥‥‥‥‥‥ 184
逸翁先生遺愛品展観を観て‥‥‥‥ 185
木造玩具船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
「蝙蝠傘を持つ老恩給者」‥‥‥‥ 186
日本の歴史博から‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
須田国太郎デッサン展をみる‥‥‥ 188
サルヴァドール・ダリの予前想像‥ 189
「クレマンソーの肖像」オーギュスト・ロダン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
「騎士とガラのいる風景」‥‥‥‥ 190
「コンポジション」カンディンスキー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191

映画評
われ泣きぬれて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
シベリヤ物語の部分‥‥‥‥‥‥‥ 192
ウォータールー橋=哀愁‥‥‥‥‥ 194
日本映画について‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
お遊さま‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
愛欲の十字路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
噴火山の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
文化果つるところ‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
双頭の鷲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
黒い絨氈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
ラプソディ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
わんわん物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
ナポリの饗宴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
悪魔のような女‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
旅情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
夏の嵐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
あすなろ物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
野菊の如き君なりき‥‥‥‥‥‥‥ 212
海底二万哩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
子供の眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
滅びゆく大草原‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
失われた大陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
夕やけ雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
日本かく戦えり‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
あの日あのとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
猫と庄造と二人のをんな‥‥‥‥‥ 223
嵐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
忘れえぬ慕情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
オクラホマ!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
黒い牡牛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
いとはん物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
無法一代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
東京暮色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
くちづけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
九時間の恐怖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
ドン・キホーテ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
地上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
カビリアの夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
女は一回勝負する‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
楢山節考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
初恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
この天の虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
蟻の街のマリヤ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
エミールと少年探偵団‥‥‥‥‥‥ 247
今日もまたかくてありなん‥‥‥‥ 248
笛吹川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
かあちゃんしぐのいやだ‥‥‥‥‥ 250
家族日誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
アメリカ・アメリカ‥‥‥‥‥‥‥ 253
軽蔑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
サーカスの世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
ダンケルク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
クール・ワールド‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
あゝ結婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
われ一粒の麦なれど‥‥‥‥‥‥‥ 262

時評(二)
放送時評
詩とラジオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
近ごろのラジオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
セレソ・ローサの姿勢‥‥‥‥‥‥ 268
相容れざる二つのプロ‥‥‥‥‥‥ 270
TVとポレモロジイ‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
しのびの電波‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
テレビ見たまま‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273

ラジオ評―聞いたまま
ラジオ評―聞いたまま‥‥‥‥‥‥ 275
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401



第7巻 1979.12.20
 
日記1 昭和3年―昭和19年 ‥‥‥‥ 3
昭和3年(1928) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
昭和4年(1929) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
昭和6年(1931) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
昭和7年(1932) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
昭和8年(1933) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
昭和9年(1934) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
昭和10年(1935)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
昭和11年(1936)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
昭和12年(1937)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
昭和13年(1938)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
昭和14年(1939)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
昭和15年(1940)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
昭和16年(1941)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
昭和17年(1942)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
昭和18年(1943)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
昭和19年(1944)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
 

第8巻 1981.5.20
 
日記2 昭和20年―昭和21年‥‥‥‥ 3
昭和20年(1945)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
昭和21年(1946)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
 

第9巻 1982.7.20
 
日記3 昭和2年―昭和30年 ‥‥‥‥ 3
昭和22年(1947)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
昭和23年(1948)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
昭和24年(1949)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
昭和25年(1950)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
昭和26年(1951)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
昭和27年(1952)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
昭和28年(1953)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
昭和29年(1954)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
昭和30年(1955)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
 

第10巻 1982.10.30
 
日記4 昭和31年―昭和40年‥‥‥‥ 3
昭和31年(1956)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
昭和32年(1957)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
昭和33年(1958)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
昭和34年(1959)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
昭和35年(1960)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
昭和36年(1961)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
昭和37年(1962)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
昭和38年(1963)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
昭和39年(1964)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
昭和40年(1965)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
*後記(山田野理夫)‥‥‥‥‥‥‥‥ 399


別巻 1986.8.30
 
放送台本
I 翼への美しき挺身‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
大仏千二百年祝典譜‥‥‥‥‥‥‥18
録音風物詩“海”‥‥‥‥‥‥‥‥20

II ルポルタージュ
災禍を越えて立ち上る人々
大正区の浸水地帯をゆく‥‥‥‥‥25
水禍の三宝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27

III ラジオ絵葉書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
ラジオ絵はがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
ラジオ絵葉書 私のふるさと‥‥‥32
ラジオ絵葉書 思い出の大連‥‥‥33
春を待つ心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
失われたふるさと‥‥‥‥‥‥‥‥37
煙草遍歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
桜の思い出 うこん桜‥‥‥‥‥‥40
升田幸三との三時間二十五分‥‥‥41

講演・談話
I 詩の運命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
現代詩について‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
考へ方の革命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
II 売春防止はこうして ‥‥‥‥‥‥‥68
善意が点す灯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
(障害をこえて)‥‥‥‥‥‥‥‥69
(東住吉高校校歌作詩を依頼されて)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
私の分岐点‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
思いつくまま‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71

雑纂
I 「亜」(後記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
「詩法」後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
「詩文化」エルゴ・ペリゲロ‥‥‥80
「現代詩」コレスポンダンス、編集後記、噴射塔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
II 展覧会にあたりて ‥‥‥‥‥‥‥‥88
国民詩朗読運動の展開‥‥‥‥‥‥88
国民詩朗読の夜のこと‥‥‥‥‥‥89
大阪府立堺工業学校校歌に寄せて‥90
池田小学校校歌、作者のことば‥‥91
富田林幼稚園園歌、作者のことば‥91
東住吉高校校歌、作者のことば‥‥92
「働く人の詩」月評‥‥‥‥‥‥‥92

毎日中学生新聞「詩」作品欄
はじめのことば‥‥‥‥‥‥‥‥95
選者から新しい皆さんへ‥‥‥‥95
「新しさはより古きもののなかに」註解‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
「千鳥」作者の言葉‥‥‥‥‥‥‥97
ザヴィエル記念碑撰文‥‥‥‥‥‥97
堺水族館の縁起‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
名産・堺打刃物のしをり‥‥‥‥‥98
生命の泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
ハリスクイズを愛しむ‥‥‥‥‥‥99
訪問・鍋井克之‥‥‥‥‥‥‥‥‥99

III
1 余はかく詩を観ず‥‥‥‥‥‥‥ 104
(渡辺修三詩集「エスタの町」感想)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
最近詩壇に望みたき事‥‥‥‥ 104
詩神新聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
現代日本女性詩人を如何に観るか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
最近の我国文学の国際的傾向を如何に見るか‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
南窗集を見る‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
著者の言葉「渇ける神」について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
最近の読書‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
読書ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
私の好きな作品―連合展から‥ 108
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
貴方の最大の敵は何か‥‥‥‥ 110
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
わたしの推薦図書‥‥‥‥‥‥ 110
私のすいせん書‥‥‥‥‥‥‥ 110
あなたはどう考えるか‥‥‥‥ 110
座右の書または枕頭の書五冊‥ 111
(依田義賢詩集「ろしま」感想)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
わが詩劇観‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
横山房子句集「背後」に寄せて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
頭の体操 私の薦める緑陰の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
2 今年のヒットを思い出す‥‥‥‥ 112
私の耳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
ガンバレ泉陽‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
ファン予想‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
近ごろ見た映画‥‥‥‥‥‥‥ 114
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
映画「ドン・キホーテ」‥‥‥ 114
映画アンケート‥‥‥‥‥‥‥ 115
静かなるドン・憂愁篇‥‥‥‥ 115
「にあんちゃん」の上演に寄せて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
3 旅のアンケート‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
愛する地帯‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
私の好きな風景‥‥‥‥‥‥‥ 116
私の好きな風景‥‥‥‥‥‥‥ 117
私のすきなハイキング・コース‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
もういちど行ってみたい旅行地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
4 大好物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
わが家の冷たい料理‥‥‥‥‥ 118
(なつかしいたべもの)‥‥‥ 118
私の好きな味の店‥‥‥‥‥‥ 118
私の好きな店‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
大丸東京店へのぞむ‥‥‥‥‥ 119
有名人のみたタカシマヤ‥‥‥ 1195 ソ連の原爆所有と世界平和の前進につ
いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
(第五次吉田内閣成立を前に)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
汚職をどうみる‥‥‥‥‥‥‥ 121
大阪府青少年保護育成条例について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
府政・今後の課題‥‥‥‥‥‥ 122
私の大阪採点‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
堺市政に注文する‥‥‥‥‥‥ 122
あすの国政に望む‥‥‥‥‥‥ 123
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
知名人アンケート‥‥‥‥‥‥ 123
私の人づくり論‥‥‥‥‥‥‥ 124
トロピズム放下‥‥‥‥‥‥‥ 125
6 私の書斎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
秋になったら 葉書回答‥‥‥ 125
女性への注文‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
わが家のしつけ‥‥‥‥‥‥‥ 126
言葉 まったりした肌ざわり‥ 126
女の魅力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
独立の年・私はかく期待する‥ 126
今年の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
百才への招待‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
思い出してもはずかしい‥‥‥ 127
これだけはかかさない‥‥‥‥ 128
私の消夏法‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
ことしのプラン‥‥‥‥‥‥‥ 128
一寸した心づかい‥‥‥‥‥‥ 129
不意のお金(一万円)アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
日曜説法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
私に愛誦する‥‥‥‥‥‥‥‥ 129

書簡
大正14年(1925)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
大正末~昭和初年(1926)〔推定〕‥ 134
昭和2年(1927) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
昭和3年(1928) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
昭和4年(1929) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
昭和5年(1930) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
昭和15年(1940)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
昭和17年(1942)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
昭和18年(1943)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
昭和19年(1944)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
昭和20年(1945)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
昭和22年(1947)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
昭和23年(1948)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
昭和24年(1949)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
昭和25年(1950)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
昭和26年(1951)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
昭和27年(1952)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
昭和28年(1953)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
昭和29年(1954)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
昭和30年(1955)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
昭和31年(1956)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
昭和32年(1957)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
昭和33年(1958)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
昭和34年(1959)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
昭和35年(1960)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
昭和36年(1961)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
昭和37年(1962)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
昭和38年(1963)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
昭和39年(1964)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
昭和40年(1965)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224

補遺
I Traumerei ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
朱冬日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
万華鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
Pirate‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
Talent‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
一挿話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
大阪と文化‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
棄権は敵だ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
初秋の堺港にて‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
鉄と火の協奏曲‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
科学の勝利‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
織田作之助の亡霊に逢ふ(上)‥ 238
三丘懐古の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
詩人祭のことば‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
桝の上のともしび‥‥‥‥‥‥‥ 241
第一球が投げられた‥‥‥‥‥‥ 241
双頭の蛇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
自伝(半風俗)‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
安西冬衛の半風俗‥‥‥‥‥‥‥ 244
引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
東浅香山小学校校歌‥‥‥‥‥‥ 245
俳句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
II 帽 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
Trop long ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
鶫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
厥後襍記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
「戦争」に就て‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
「植物の断面」の読後に‥‥‥‥ 254

最近の出版物
《シルクとミルク》の印象記‥ 256
抒情詩娘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257

新詩人へのオマアジュ
夜の馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
小野十三郎の所業に対するゾンテ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
現代詩に於けるイマアジュとその表現‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
初秋の詩の味い方‥‥‥‥‥‥‥ 264
「軍艦茉莉」の界隈‥‥‥‥‥‥ 266
(自作自解)春‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
III 映画と生活―「猟銃」の周辺で‥ 272
古い祷り 新らしい宗教―「哀愁」と「ウェスト・サイド物語」から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
IV 高木幸太郎の横顔 ‥‥‥‥‥‥‥ 284
風俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
美しきロケット‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
ふきあげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
鶴田浩二論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
私の姓名‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
スイートピー‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
臙脂の衿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
髪を愛しむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
正月のことば‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
私の中学生時代‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
平均値(抄)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
主と下僕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
詩よ聡に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
詩人のカメラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
北野の郷愁―「春のおどり」への誘い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
市岡高校生の自殺事件に思う‥‥ 299
みんな健康になろう‥‥‥‥‥‥ 300
ライムライトなつかし‥‥‥‥‥ 304
きらめく地上の新しい星‥‥‥‥ 305
旅での話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
ふるさと岸和田のこと‥‥‥‥‥ 306
赤電話の長電話‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
ロカビリーの話‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
木下闇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
古い都の新らしい港 新らしい市の古い港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
戦史の教訓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
貴婦人と小間使い‥‥‥‥‥‥‥ 319
たべもの雑俎‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
第14回広告電通賞の成果‥‥‥‥ 320
(第4回民間放送審議会に出席して)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
遠い人、近い友‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
良き時代の良き思い出‥‥‥‥‥ 324
ことしこれだけは‥‥‥‥‥‥‥ 325
絵に描いた餅になった艶福‥‥‥ 326
おんなの帳面‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
志賀直哉の姿勢‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
美しく哀しきもの 詩は母をかくうたう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
色紙の運命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
ペンキの郷愁‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
木更津の芸者‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
旅のたのしさ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
新しい年の放送に望むこと‥‥‥ 339
王様ノ黒子ハ主ニ面白イ 教育はエボケーションである‥‥‥‥‥‥ 341
雑魚のトトまじり‥‥‥‥‥‥‥ 342
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
*略年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397


[ 2010/12/18 13:02 ] 安西冬衛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。