研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  土田杏村 >  『土田杏村全集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『土田杏村全集』全15巻

『土田杏村全集』全15巻(第一書房、1935.2~1936.4)
※日本図書センターからの復刻あり(1982)。



第1巻 人生と哲学 1935.3.15
 
刊行の辞(長谷川巳之吉)……………… 3
編纂の辞(恒藤恭,務台理作,加藤仁平,山根徳太郎,土田千代)…… 6
例言………………………………………… 9
小引(務台理作)…………………………14
人生論…………………………………………23
序……………………………………………25
真理…………………………………………27
第1章 懐疑 ……………………………27
第2章 知識と本体 ……………………29
第3章 疑へないもの …………………30
第4章 真理の成立 ……………………32
第5章 実用 ……………………………33
第6章 真理の妥当 ……………………35
第7章 生命と真理 ……………………36
第8章 真理の体系 ……………………38
第9章 真理の目的 ……………………40
第10章 価値……………………………41
道徳…………………………………………44
第1章 快楽 ……………………………44
第2章 利己と利他 ……………………46
第3章 慣習意識と道徳意識 …………47
第4章 功利 ……………………………49
第5章 自我と他我 ……………………51
第6章 人格の自律 ……………………52
第7章 意志と歴史 ……………………54
第8章 動機と結果 ……………………56
第9章 道徳的法則 ……………………57
第10章 無限の努力……………………59
芸術…………………………………………61
第1章 美価値と快楽 …………………61
第2章 芸術生活の完了的特質 ………63
第3章 美価値と芸術内容 ……………64
第4章 生命的統一 ……………………66
第5章 芸術と現代生活 ………………68
第6章 芸術と実行 ……………………69
第7章 追体験と移入 …………………71
第8章 形成 ……………………………73
第9章 形式と内容 ……………………74
第10章 自然美…………………………76
世界…………………………………………79
第1章 観念論と経験論 ………………79
第2章 秩序と個性 ……………………81
第3章 範疇と経験内容 ………………82
第4章 物自体 …………………………84
第5章 存在 ……………………………86
第6章 価値と存在 ……………………87
第7章 外界 ……………………………89
第8章 弁証法的唯物論 ………………91
第9章 時間と歴史 ……………………92
第10章 楽観と悲観……………………94
宗教…………………………………………96
第1章 宗教的理解 ……………………96
第2章 最高の絶対的者 ………………98
第3章 厳粛なる世界 …………………99
第4章 宗教価値 …………………… 101
第5章 神の実在 …………………… 103
第6章 摂理と帰依 ………………… 104
第7章 罪悪と救済 ………………… 106
第8章 天啓と奇蹟 ………………… 107
第9章 浄土 ………………………… 109
第10章 象徴の世界………………… 111
社会……………………………………… 113
第1章 他我 ………………………… 113
第2章 社会の成立 ………………… 115
第3章 共同社会と共利社会 ……… 117
第4章 社会的文化 ………………… 118
第5章 唯物史観 …………………… 120
第6章 基礎哲学の改造 …………… 122
第7章 理想と存在 ………………… 123
第8章 弁証法と自由 ……………… 125
第9章 共同社会的理想 …………… 127
第10章 社会政策原理……………… 129
人間論……………………………………… 131
序………………………………………… 133
人間の地位……………………………… 137
第1章 現代の認識 ………………… 137
第2章 環境と地位 ………………… 139
第3章 客観性と主体性 …………… 140
第4章 現代の人間問題 …………… 142
第5章 社会と大衆 ………………… 144
第6章 機械と社会階級 …………… 146
第7章 闘争 ………………………… 148
第8章 イデオロギイ ……………… 149
第9章 知識の存在形態 …………… 151
第10章 地位と全体性……………… 153
人間と大衆……………………………… 155
第1章 大衆の性質 ………………… 155
第2章 大衆の動向 ………………… 157
第3章 社会の成立 ………………… 158
第4章 社会的人間 ………………… 160
第5章 観念論と実在論 …………… 162
第6章 唯物史観 …………………… 164
第7章 科学的社会主義 …………… 165
第8章 芸術の地位性 ……………… 167
第9章 時論的理念 ………………… 169
第10章 時論的具体………………… 171
人間の歴史……………………………… 173
第1章 歴史的構成 ………………… 173
第2章 歴史と現在 ………………… 175
第3章 人間と歴史内容 …………… 176
第4章 歴史と価値 ………………… 178
第5章 歴史法則 …………………… 180
第6章 歴史と精神生活 …………… 182
第7章 歴史と社会生活 …………… 183
第8章 歴史と社会的人間 ………… 185
第9章 歴史的進展 ………………… 187
第10章 歴史的認識と行動………… 188
人間と自然……………………………… 191
第1章 客観的唯物論 ……………… 191
第2章 自然の地位的存在 ………… 193
第3章 自然の社会的性質 ………… 194
第4章 自然の人間的性質 ………… 196
第5章 人間の対象性 ……………… 198
第6章 自然の時論的構造 ………… 200
第7章 生命的と非生命的 ………… 201
第8章 非生命的世界基盤 ………… 203
第9章 宗教的世界 ………………… 205
第10章 澄んだ生命体験…………… 206
人間の存在形態………………………… 209
第1章 交際社会意識 ……………… 209
第2章 社会階級意識 ……………… 211
第3章 イデオロギイの歪曲 ……… 212
第4章 社会的模倣 ………………… 214
第5章 世俗的地位 ………………… 216
第6章 官僚主義と英雄主義 ……… 218
第7章 地位的享受 ………………… 220
第8章 志向の暴露 ………………… 221
第9章 時論的志向の解消 ………… 223
第10章 人間の自由………………… 225
人間の個性……………………………… 227
第1章 個性の認識 ………………… 227
第2章 個性の根拠 ………………… 229
第3章 人間の個性典型 …………… 231
第4章 歴史的時代の個性 ………… 232
第5章 発達時期の個性 …………… 234
第6章 運命と悲劇 ………………… 236
第7章 人間の幸福 ………………… 238
第8章 個性と社会 ………………… 240
第9章 人間の理解 ………………… 241
第10章 矛盾と超克………………… 243
現代哲学概論……………………………… 247
序………………………………………… 249
第1章 理想主義哲学概論 …………… 253
第2章 カント哲学と社会問題 ……… 290
第3章 独逸西南学派の法律哲学 …… 321
第4章 マアルブルグ学派と社会主義…… 364
第5章 唯物弁証論の哲学的基礎 …… 380
第6章 ディルタイの哲学 …………… 411
第7章 精神科学派の教育哲学 ……… 460
第8章 理解と歴史 …………………… 474
 


第2巻 社会哲学及び文化哲学 1936.1.15
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
社会哲学………………………………………13
序……………………………………………15
緒論…………………………………………17
第1部 社会概念 …………………………21
第2部 社会学方法論 ……………………59
第3部 目的的統体としての社会 ………73
第4部 社会理想論 ………………………82
第5部 社会政策原理論 ……………… 113
主要参考文献…………………………… 150
社会哲学原論……………………………… 153
序論……………………………………… 155
第1章 現代社会の生活 ……………… 161
第2章 世界改造の大勢 ……………… 179
第3章 世界秩序変化の原因 ………… 211
第4章 現今社会人の人生観 ………… 239
文化主義原論……………………………… 267
序論……………………………………… 269
第1編 総論 …………………………… 281
第1章 社会改造の原理 …………… 281
第2章 民衆文化と文化主義 ……… 326
第2編 経済理想論 …………………… 335
第3章 経済理想論の新建設 ……… 335
第4章 経済理想論上の快楽説 …… 344
第5章 経済理想の自律性 ………… 365
第3編 文化主義政策論 ……………… 375
第6章 社会改造の文化主義的方法…… 375
第7章 排斥すべき外来思想 ……… 387
第8章 統一文化の生活 …………… 415
文化哲学入門……………………………… 443
序………………………………………… 445
第1編 理想主義哲学入門 …………… 451
第1章 事実とそれの規制原理 …… 451
第2章 理想の普遍妥当性 ………… 462
第3章 新理想主義倫理学概論 …… 473
第4章 理想主義の根柢としての人格…… 482
第5章 理想主義と愛 ……………… 492
〔補遺1〕 …………………………… 501
〔補遺2〕 …………………………… 502
第2編 自由と文化 …………………… 503
第6章 理論理性と実践理性 ……… 503
第7章 「自由」の実在根拠と認識根拠…… 510
第8章 人格の自由と宗教哲学 …… 518
第9章 各文化範囲の自律的成立 … 526
 


第3巻 現代思想批判 1935.11.15
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
思想問題……………………………………… 9
序……………………………………………11
第1講 社会とイデオロギイ ……………15
第2講 現今思想問題の発生 ……………34
第3講 社会とは何か ……………………50
第4講 政治社会と経済社会 ……………82
第5講 理想主義と社会問題(1)………96
第6講 理想主義と社会問題(2)…… 118
第7講 唯物弁証法とその批判(1)… 137
第8講 唯物弁証法とその批判(2)… 171
第9講 社会主義とアナアキズム …… 202
第10講 思想問題対策論……………… 211
マルキシズム批判………………………… 221
序………………………………………… 223
第1章 闘争的時代・闘争的文化 …… 225
第2章 福本和夫氏の史観及び経済学の批判…… 244
第3章 唯物史観批判 ………………… 282
第4章 マルクス・イデオロギイの解剖…… 300
第5章 マルキシズムに於ける信用経済理論の欠陥…… 313
第6章 余は結局何処でマルキシストと論点を相違せしめるか…… 338
教化に於ける具体的聡明の欠乏………… 345
亜細亜政策の可能及び限界……………… 376
権藤成卿氏の所論………………………… 389
日本思想の現在及び将来………………… 401
建設せられる明日の思想………………… 418
自由主義の再検討………………………… 437
荒木陸相の思想批判……………………… 447
国家社会主義批判………………………… 463
 


第4巻 思想研究 1935.7.15
 
小引(務台理作)………………………… 2
日本支那現代思想研究………………………11
英文版の序…………………………………13
邦文版の序…………………………………17
増補改訂版序………………………………29
第1章 序論 ………………………………31
第2章 進化論的哲学 ……………………56
第3章 理想主義哲学の発達 ……………75
第4章 新カント主義と新ヘエゲル主義(1)……89
第5章 新カント主義と新ヘエゲル主義(2)…… 121
第6章 新カント主義と新ヘエゲル主義(3)…… 143
第7章 文明批評と社会思想(1)…… 165
第8章 文明批評と社会思想(2)…… 183
第9章 文明批評と社会思想(3)…… 193
第10章 支那に於ける現代思想(1)…… 208
第11章 支那に於ける現代思想(2)…… 231
第12章 結論…………………………… 249
附録 現代の東洋思想………………… 256
支那思想家氏名発音表……………… 268
思想読本…………………………………… 271
巻のはじめに…………………………… 273
第1章 観念論はどうなる …………… 279
第2章 心的改造と物的改造 ………… 295
第3章 理想主義と社会(1)………… 308
第4章 理想主義と社会(2)………… 320
第5章 社会主義の展開 ……………… 331
第6章 マルクス主義の勃興 ………… 342
第7章 マルクスの中心思想(1)…… 354
第8章 マルクスの中心思想(2)…… 365
第9章 マルクスの中心思想(3)…… 387
第10章 弁証法的唯物論批判………… 397
第11章 唯物史観批判………………… 411
第12章 左翼運動及び思想対策批判… 423
第13章 社会主義とアナーキズム…… 433
第14章 ファシズムと国民社会主義… 442
第15章 思想問題への根本的態度…… 454

カント哲学と唯物史観………………… 465
マルクスに於ける唯物論の限界……… 513
 


第5巻 宗教と道徳 1935.2.5
 
小引(山根徳太郎)……………………… 2
宗教論………………………………………… 9
序……………………………………………11
第1章 宗教的生活とは何か ……………15
第2章 我等如何に生くべきか …………97
第3章 人間的理解を如何にして得るか…… 108
第4章 人生に於ける感謝報恩 ……… 116
第5章 人間的不安を救済する道 …… 125
第6章 自力と他力・現実と浄土 …… 137
第7章 現実世界の絶対的実感 ……… 151
第8章 宗教否定と現実社会 ………… 157
宗教への闘争……………………………… 167
反宗教運動とその反対運動…………… 169
反宗教運動者の所論を評す…………… 180
現代社会に於ける宗教生活の確立…… 200
宗教的態度とは何か…………………… 213
宗教の源泉意識………………………… 222
仏教と現代社会………………………… 229
華厳哲学小論攷…………………………… 241
序………………………………………… 243
解説……………………………………… 245
道徳論……………………………………… 347
序………………………………………… 349
第1章 道徳と社会制度 ……………… 353
第2章 道徳の歴史的具体性 ………… 368
第3章 道徳の主観主義と客観主義 … 380
第4章 日本と忠君愛国 ……………… 396
第5章 家族制度と道徳 ……………… 409
第6章 孝行と敬老 …………………… 422
第7章 勉学と貧困 …………………… 436
第8章 職業と勤勉 …………………… 449
第9章 自立自営と反省 ……………… 461
第10章 質素と礼儀…………………… 474
第11章 公正と寛容…………………… 488
第12章 同情と共同…………………… 501
第13章 修養…………………………… 514
第14章 戊申詔書……………………… 527
第15章 結論…………………………… 540
 


第6巻 教育と社会 1935.6.15
 
小引(加藤仁平)………………………… 2
教育目的論……………………………………13
序……………………………………………15
第1章 教育の目的と人生一般の目的 …19
第2章 存在と価値 ………………………68
第3章 教育学と心理学 ……………… 128
第4章 人格と自由 …………………… 161
第5章 文化と社会 …………………… 201
第6章 教育の目的 …………………… 234
社会教育学概論…………………………… 249
序………………………………………… 251
第1章 教育概念と社会概念 ………… 255
第2章 教育の意義及び理想 ………… 297
第3章 教育理想の歴史的実現 ……… 327
第4章 教育制度及び教育方法 ……… 350
現今教育学の主問題……………………… 369
第1章 スプランガアの哲学の根本的方法とその批評…… 371
第2章 スプランガアの価値体系論とその批評…… 409
第3章 各教科目に於ける理解の本質…… 474
第4章 昭和の理念と教育 …………… 498
第5章 国史教育の方法と眼目 ……… 518
女子教育論………………………………… 529
良妻賢母主義はどうなるか…………… 531
女学生に於ける軽率の原因…………… 535
女子教育私見…………………………… 539
社会意識と現教育制度の矛盾…………… 549
 


第7巻 新経済理論の研究 1936.3.15
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
生産経済学より信用経済学へ……………… 7
序…………………………………………… 9
第1章 フェビアニズムよりダグラスイズムの生れるまで……15
第2章 ダグラスイズム及びその論争 …50
第3章 ダグラスイズム研究補説 …… 142
第4章 ハッタアスレイ氏の共同社会信用論…… 161
失業問題と景気恢復……………………… 203
序………………………………………… 205
第1章 コオル氏及びキトソン氏の失業理論…… 215
第2章 ペル氏の新人口学説と失業論…… 237
第3章 ペンティイ氏の経済恢復論 … 331
第4章 ケインズ氏の貨幣改革論 …… 371
 


第8巻 文明批評と社会問題 1935.9.15
 
文明批評と社会問題………………… 1
小引(恒藤恭)…………………………… 2
前篇
文明の高等批評………………………………13
島国家としての日本の将来…………………23
序論…………………………………………25
輸出本位の産業の危険……………………29
輸出が及ぼす国民生活の不利益…………32
輸出と国民経済の本義……………………35
将来の強国の資格は何か…………………39
日本の実業家の経営振り…………………43
島国家としての将来の政策………………45
中篇
現今の経済……………………………………53
生活に於ける経済の地位…………………55
物質的基礎の豊醇…………………………57
生産作用の自律……………………………59
消費と生産との社会的平等性……………62
国民経済単位………………………………63
経済生活の現実的機械性…………………66
政治よりの支配……………………………69
国際的通商の強制…………………………70
生活享受の粗悪……………………………73
労働に於ける創造性の欠乏………………76
現代産業文明の浪費性……………………78
鉱山と水力電気……………………………82
戦争による文化の破壊……………………85
全民衆への課題……………………………88
生産の芸術性の恢復………………………90
生産の道徳性の恢復………………………93
生産の社会的統制…………………………98
国有論の出発点………………………… 100
新らしき産業文明……………………… 103
国民的経済生活の根本義……………… 104
食糧政策………………………………… 107
動力政策と原料品政策………………… 110
産業政策………………………………… 112
対労働組合政策………………………… 114
文明は何処へ行く………………………… 117
序………………………………………… 119
第1講 文明のシグナル ……………… 123
第2講 現代文明を決定するもの …… 155
第3講 機械の問題 …………………… 190
第4講 モダアニズムと機械時代(1)…… 224
第5講 モダアニズムと機械時代(2)…… 253
第6講 現代の英雄 …………………… 279
第7講 商品化と標準化 ……………… 303
第8講 社会経済はどう進むか ……… 315
第9講 都会と田舎はどうなるか …… 341
第10講 黎明…………………………… 366
日本に於ける国粋社会党の可能性問題… 369
農村問題の社会学的基礎………………… 389
改版序…………………………………… 391
1 都会と農村との根本関係…………… 397
2 物価を決定する都会農村の関係公式…… 430
3 文明問題としての農村問題を解決する根本原理及び方策…… 457
4 農村争議と将来の農村学校………… 480
後篇
現今世相の特性…………………………… 495
日本は何処へ行く………………………… 517
日本は存立出来るか…………………… 519
日本存立の物質的基礎はどうなる…… 521
国民的統制経済とは何か……………… 523
国家社会主義の誤謬…………………… 525
戦争は避け得られるか………………… 529
コンミュニズムと非統制資本主義…… 530
日本の経済は何処へ行く……………… 534
日本の政治は何処へ行く……………… 536
統制国民主義へ………………………… 538
日本の教育は何処へ行く……………… 540
 


第9巻 生活と恋愛 1935.4.15
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
文化と文化生活………………………………11
自然に帰るひと……………………………13
文化とは何か………………………………19
所謂文化生活論の否定……………………33
文化生活と相対性原理……………………40
芸術とは何か………………………………46
生活苦に直面して…………………………63
私達の生活…………………………………80
恋愛と貞操の問題……………………………89
恋愛の勝利…………………………………91
恋愛三角関係論………………………… 112
離婚に就いての一考察………………… 136
貞操観念の更改………………………… 144
恋愛論……………………………………… 155
序………………………………………… 157
最近諸家の恋愛観を論ず……………… 161
第1 現代人の性道徳と恋愛生活…… 161
第2 性欲と恋愛……………………… 173
第3 恋愛は至上か…………………… 192
第4 愛と恋愛………………………… 201
第5 道徳及び芸術と恋愛…………… 211
第6 結婚と自由恋愛………………… 223
恋愛のユウトピア……………………… 235
第1 恋愛とは何か…………………… 235
第2 理想社会………………………… 277
第3 自由恋愛………………………… 288
恋愛価値の検討………………………… 297
恋愛と生活……………………………… 314
貞操といふこと………………………… 321
恋愛と産児調節………………………… 330
結婚論……………………………………… 337
序………………………………………… 339
結婚準備篇……………………………… 343
家庭出発篇……………………………… 376
社会女性篇……………………………… 409
 


第10巻 芸術史研究 1936.2.15
 
芸術史研究…………………………… 1
小引(山根徳太郎)……………………… 2
第1篇 仏教美術研究 ……………………… 7
第1章 長谷寺銅板仏論 ………………… 9
第2章 薬師寺三尊論 ……………………49
第3章 東大寺大仏と宇佐八幡 …………90
第4章 仏像の表情の正面側面と曼荼羅思想…… 107
第5章 高雄観心寺式彫刻と東密の法流…… 114
第2篇 桃山時代障屏画論 ……………… 131
第1章 桃山時代障屏画概説 ………… 133
第2章 大覚寺の山楽 ………………… 141
第3章 三宝院襖画の筆者を論ず …… 162
第4章 智積院壁障画論 ……………… 194
第5章 聚光院の松栄襖画 …………… 221
第6章 狩野永徳襖画論 ……………… 245
第7章 桃山時代末期襖画論 ………… 268
第8章 大阪城内展観伊藤氏蔵襖について…… 294
第3篇 庭園美の研究 …………………… 311
第1章 庭園の美 ……………………… 313
第2章 庭園美に於ける大衆的要求 … 320
第3章 三宝院庭園に於ける桃山時代の理想…… 334
第4章 龍安寺の庭 …………………… 357
第4篇 芸術史雑纂 ……………………… 365
第1章 新羅楽と散楽伎楽舞楽 ……… 367
第2章 能楽の芸術的世界 …………… 383
第3章 幽玄と闌曲 …………………… 392
第4章 華道の精神と歌学 …………… 402
第5章 桃山時代の生花 ……………… 409
第6章 将来の民俗工芸に就いて …… 415
第7章 雨過天青窯に就いて ………… 425
第8章 床の間 ………………………… 433
 


第11巻 国文学研究 1935.12.15
 
国文学研究…………………………… 1
小引(山根徳太郎)……………………… 2
前篇 方法論的研究………………………… 7
序…………………………………………… 9
第1章 国文学の哲学的方法 ……………15
第2章 御杖の言霊論 ……………………40
第3章 言道のリアリズム ………………65
第4章 仲基の方法論 ……………………92
第5章 自動詞他動詞の精神生活的発達…… 119
第6章 上代歌謡研究の根本方法論 … 149
第7章 方言と感情 …………………… 181
第8章 文芸創作の弁証論的過程 …… 216
中篇 俳諧文学の研究…………………… 253
第1章 芭蕉と一茶の進んだ道 ……… 255
第2章 芭蕉の連句に於ける芸術思想…… 276
第3章 近代性の誕生と来山 ………… 307
第4章 丈草と浪花の芸術的地位 …… 330
第5章 鬼貫のまこと説と歌学の伝統…… 343
後篇 万葉集の研究……………………… 385
第1章 万葉歌の文学的自覚と支那思想…… 387
第2章 万葉に於ける支那的語法 …… 413
第3章 仙柘枝伝説原形論 …………… 425
第4章 万葉に於ける原始的歌形 …… 451
第5章 万葉に於ける句の名称 ……… 475
第6章 怕物の歌 ……………………… 485
附録
附録第1 国文学の哲学的研究、第2巻『文学の発生』巻頭の序…… 495
附録第2 国文学の哲学的研究、第4巻『文学と感情』巻頭の序…… 503
 


第12巻 日本精神史 1935.10.15
 
小引(山根徳太郎)……………………… 2
日本精神史…………………………………… 9
第1章 精神生活と価値感情 ……………11
第2章 神話文学の構成とその源泉 ……38
第3章 祝詞の宗教意識とその成立 ……84
第4章 上代部族集団の人文地理学的研究…… 113
第5章 歌謡の形式問題と建築の形式問題…… 133
第6章 上代文学と道徳 ……………… 167
第7章 飛鳥時代の文化的背景 ……… 197
第8章 聖徳太子の文明批評 ………… 218
第9章 奈良時代前期の文化的背景 … 226
第10章 万葉時代に於ける文学と美術の理念…… 242
第11章 懐風藻と万葉集……………… 272
第12章 装飾芸術の理想と天平文化… 280
第13章 大伴旅人……………………… 305
第14章 平安朝初期密教文化の成立背景…… 333
第15章 智証大師の精神生活………… 363
第16章 三井寺の研究………………… 380
第17章 『徒然草』の紳士道………… 408
第18章 弱法師………………………… 432
第19章 能面の考察…………………… 455
 


第13巻 文学論及び歌論 1935.5.15
 
小引(山根徳太郎)……………………… 2
文学論………………………………………… 9
序……………………………………………11
総説…………………………………………13
第1章 何のための文芸か ……………13
第2章 文芸家 …………………………15
第3章 文壇 ……………………………16
第4章 文芸のイズム …………………18
第5章 描写と技巧 ……………………19
第6章 心境文芸と客観文芸 …………21
第7章 文芸のテエマ …………………22
第8章 文章道 …………………………23
第9章 文芸の鑑賞 ……………………25
第10章 文芸批評………………………26
小説…………………………………………28
第1章 生活者 …………………………28
第2章 ヒュマニズム …………………29
第3章 体験と分析 ……………………31
第4章 描写の哲学 ……………………33
第5章 描写の諸水深 …………………34
第6章 描写主観 ………………………36
第7章 構想 ……………………………37
第8章 会話と地 ………………………39
第9章 主人公 …………………………40
第10章 通俗小説………………………42
劇……………………………………………44
第1章 劇の世界 ………………………44
第2章 社会劇と詩劇 …………………46
第3章 悲劇と喜劇 ……………………47
第4章 動く舞台 ………………………49
第5章 時間性と空間性 ………………50
第6章 劇の構想 ………………………52
第7章 俳優 ……………………………53
第8章 歌舞伎劇と能楽 ………………55
第9章 劇と社会 ………………………56
第10章 キネマ…………………………58
詩……………………………………………60
第1章 詩人 ……………………………60
第2章 詩の世界 ………………………61
第3章 詩と生活 ………………………63
第4章 詩の描写 ………………………64
第5章 詩興 ……………………………66
第6章 詩の時間 ………………………67
第7章 詩の諸主義 ……………………68
第8章 社会詩 …………………………70
第9章 短歌と俳句 ……………………71
第10章 童謡と民謡……………………73
評論…………………………………………75
第1章 創作としての評論 ……………75
第2章 評論の哲学的観点 ……………77
第3章 評論の社会的観点 ……………78
第4章 評論の歴史的観点 ……………80
第5章 評論の技術的観点 ……………81
第6章 文明批評 ………………………83
第7章 随筆 ……………………………84
第8章 批評意識 ………………………86
第9章 プロレタリア文芸 ……………87
第10章 プロレタリア文芸……………89
日本歌論史……………………………………91
第1章 短歌成立の基本意識 ……………93
第2章 唯心論的歌論の誕生 ………… 106
第3章 平安朝歌論の展開 …………… 118
第4章 俊成の幽玄体歌論 …………… 125
第5章 定家の有心体歌論 …………… 135
第6章 写実主義の勃興 ……………… 149
第7章 正統派の沈滞と民衆的要求 … 159
第8章 近世歌論の革新 ……………… 168
第9章 主観的写実主義の組織 ……… 173
第10章 現代意識への自覚…………… 178
歌謡の発生及び発達……………………… 189
上代の歌謡………………………………… 285
序………………………………………… 287
第1章 序論 …………………………… 291
第2章 紀記歌謡に於ける新羅系歌形の研究…… 312
 


第14巻 随筆 随想 1935.8.15
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
I 明治43年
絶対他力教に対する疑問……………………13
不徹底語………………………………………26
回心の動機……………………………………32
II 大正3年より大正7年まで
三崎日記………………………………………41
巻頭に(文明思潮と新哲学序文)…………48
具体と抽象……………………………………51
刻下の戦乱と思想の独立……………………56
彼の人達………………………………………63
詩篇十三………………………………………74
聖餐…………………………………………74
幸なる心……………………………………75
木魚の音……………………………………75
憂鬱な春は来た……………………………77
ベランダに立ちて…………………………78
小さい私の室の秘密………………………79
空を見上げた眼について…………………80
公園の一隅なるベンチ……………………81
わたしの心はすつかりとあたりを征服してゐる……83
田舎…………………………………………85
忘れられたものがいまかへつて来る……86
秋になる不安………………………………87
冬の夜のはりつめた調子について………88
憂鬱の谷に咲く花……………………………89
公準としての愛…………………………… 102
自然の聖壇………………………………… 110
今は魂の季節である……………………… 119
III 大正8年より大正11年まで
人間の再生………………………………… 131
文化学と社会学…………………………… 158
理想主義と文化学………………………… 166
「文化学的研究」刊行の趣旨に就いて… 173
尖映句……………………………………… 185
夏秋の候………………………………… 185
赤い風船………………………………… 187
綱領………………………………………… 188
詩の認識…………………………………… 190
「霊魂の彼岸」序………………………… 197
聖徳太子憲法と文化主義………………… 202
富岡鉄斎翁に就いて……………………… 206
東京での学生弁論時代…………………… 213
尖映句……………………………………… 218
紫野より…………………………………… 219
再刊の序言………………………………… 232
自画像……………………………………… 233
克服すべき言葉…………………………… 240
増上縁……………………………………… 242
ヘルンのこと……………………………… 247
贈物………………………………………… 251
収穫………………………………………… 252
蔓荼羅詩章………………………………… 253
時計………………………………………… 254
釈尊自証の信仰…………………………… 267
信ずる限りのものを信ぜよ……………… 274
北窓抄録…………………………………… 280
紫野より…………………………………… 290
我国に於ける自由大学運動に就いて…… 301
旧都雑景…………………………………… 311
黙殺といふこと…………………………… 317
IV 大正12年より大正14年まで
紫野より…………………………………… 323
我国思想界の現状………………………… 328
労農露国の反宗教運動…………………… 342
或日の訪客………………………………… 350
ドウグラスイズム………………………… 359
好ましい女性の姿………………………… 372
謙虚………………………………………… 376
運命観より新社会連帯へ………………… 378
雑感………………………………………… 383
詩二篇……………………………………… 387
きんもくせい…………………………… 387
まんじゆしやげ………………………… 387
一九二三年を送り一九二四年を迎へる… 388
花に就いての雑感………………………… 390
流言蜚語…………………………………… 394
感想一篇…………………………………… 404
同窓の諸君へ……………………………… 407
初恋を「自然」に………………………… 410
建築のテエマに於ける歴史性…………… 412
生花の創作境……………………………… 422
信と望と愛………………………………… 425
農民美術研究所について………………… 428
消費のみの都会触手……………………… 432
忠義と孝道………………………………… 435
旱天を望んで……………………………… 447
丘の上に立つて…………………………… 450
生活の一隅………………………………… 451
一九二五年の賀詞………………………… 462
南都風景…………………………………… 463
あしびの花………………………………… 466
誤解せられた産児調節…………………… 469
モオランとロオメエン…………………… 475
V 大正15年
紫野から…………………………………… 481
社会科学及び民族史学の勃興…………… 483
丁馬随筆…………………………………… 494
生活の一隅………………………………… 498
表現劇場…………………………………… 503
僕の書斎から……………………………… 507
交響楽と社会……………………………… 511
日本の黙劇………………………………… 513
洛外四景…………………………………… 520
山と海……………………………………… 524
学界の通弊………………………………… 525
 


第15巻 随筆 随想 1936.4.20
 
小引(恒藤恭)…………………………… 2
I 昭和2年
山と海…………………………………………13
逝ける左右田博士……………………………13
大正文化の概観………………………………16
昭和思想界の将来……………………………21
艶なる空………………………………………26
私の書斎………………………………………30
都鄙関係公式を得るまで……………………35
静かなる窓……………………………………41
病気に伝へる言葉……………………………47
II 昭和3年
紫野から………………………………………53
京都に住んで…………………………………55
静かなる窓……………………………………61
生花随想………………………………………69
同行……………………………………………73
III 昭和4年
樵夫と蛙………………………………………79
建築とキネマ…………………………………82
室伏高信の風貌………………………………88
河上博士について見るところ………………91
『草煙心境』後記……………………………98
書斎での対話……………………………… 101
初夏日記…………………………………… 104
二十何年前の懐顧………………………… 111
IV 昭和5年
紫野から…………………………………… 117
南縁に座して……………………………… 119
草烟雑記…………………………………… 123
新経済学問答……………………………… 127
消息………………………………………… 130
芸術の完成は……………………………… 133
新京極行進………………………………… 135
子供の教育について……………………… 138
金剛観能記………………………………… 142
兄麦僊の少年時代………………………… 147
紫野雑筆…………………………………… 151
身辺書信…………………………………… 156
V 昭和6年
紫野から…………………………………… 165
赤化思想と国体観念……………………… 167
マック首相を思ふ………………………… 177
「我が国」と「この国」………………… 184
VI 昭和7年
紫野から…………………………………… 191
プロレタリアン・コレクション………… 193
都会の事務化と高層建築………………… 201
過去、現在、未来………………………… 205
『短歌論』序……………………………… 209
新短歌の制作……………………………… 212
教育改革論………………………………… 223
西田哲学の時代的意義…………………… 230
「大衆」の社会学………………………… 236
古器雑談…………………………………… 248
支那の古陶………………………………… 252
『思想・人物・時代』序………………… 256
VII 昭和8年
紫野から…………………………………… 261
都会の虐殺………………………………… 263
冬翳日記…………………………………… 265
清朝瓷品…………………………………… 272
春信属稿…………………………………… 276
『宗教再建』序…………………………… 288
『紫野雑記』後記………………………… 291
評論と自由………………………………… 294
悩める現代の青年子女に与ふ…………… 297
芸術鑑賞の二途…………………………… 313
世阿弥の金島集…………………………… 320
『思慕の春』序…………………………… 325
『明日に呼びかける』序………………… 327
閲歴自記…………………………………… 329
回想………………………………………… 330
惜春日記…………………………………… 336
VIII 昭和9年
日本主義の再批判………………………… 345
ピストル…………………………………… 349
週末短言…………………………………… 354
万歳と落語………………………………… 360
附録…………………………………………… 1
編纂後記………………………………… 3
第1巻 人生と哲学(務台理作) … 5
第2巻 社会哲学及び文化哲学(恒藤恭)…… 7
第3巻 現代思想批判(恒藤恭) …12
第4巻 思想研究(務台理作) ……16
第5巻 宗教と道徳(務台理作) …19
第6巻 教育と社会(加藤仁平) …22
第7巻 新経済理論の研究(恒藤恭)……26
第8巻 文明批評と社会問題(恒藤恭)……29
第9巻 生活と恋愛(恒藤恭) ……32
第10巻 芸術史研究(山根徳太郎)……35
第11巻 国文学研究(山根徳太郎)……39
第12巻 日本精神史(山根徳太郎)……43
第13巻 文学論及び歌論(山根徳太郎)……47
第14巻 随筆随想(恒藤恭)………51
第15巻 『随筆随想』後篇編纂の後に(恒藤恭)……54
土田杏村年譜……………………………59
杏村土田君壙志…………………………96
土田杏村著書目録………………………97
土田杏村全集総目録………………… 103
跋 土田杏村全集の後に(山根徳太郎)…… 127
[ 2011/03/10 23:17 ] 土田杏村 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。