研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中勘助 >  『中勘助全集』全17巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中勘助全集』全17巻

『中勘助全集』全17巻(岩波書店、1989.9~1991.3)



第1巻 小説1 1989.9.21
 
銀の匙………………………………………… 1
花さか爺―「銀の匙」補遺……………… 177
花さか爺別稿…………………………… 192
こまの歌―「銀の匙」補遺……………… 195
銀の匙初出………………………………… 213
銀の匙…………………………………… 215
つむじまがり…………………………… 309
*後記……………………………………… 379
 

第2巻 小説2 1989.11.21
 
堤婆達多……………………………………… 1
犬…………………………………………… 157
菩提樹の蔭………………………………… 227
孔子(未定稿)…………………………… 279
小品………………………………………… 317
夢の日記から…………………………… 319
ゆめ……………………………………… 333
雷の太鼓とチャルメラ お伽話……… 341
小品四つ
秋草…………………………………… 349
小箱…………………………………… 350
折紙…………………………………… 351
あしべ踊……………………………… 353
*後記……………………………………… 355
 

第3巻 小説3 1990.6.21
 
鳥の物語……………………………………… 1
雁の話……………………………………… 3
鳩の話………………………………………37
鶴の話………………………………………85
ひばりの話…………………………………95
鶯の話…………………………………… 111
鶯の話別稿〔鶯とほととぎすの話〕…… 149
白鳥の話………………………………… 157
白鳥の話別稿………………………… 199
いかるの話……………………………… 211
鷹の話…………………………………… 233
鵜の話…………………………………… 295
鷲の話…………………………………… 327
雉子の話………………………………… 343
かささぎの話…………………………… 361
*後記……………………………………… 377
 

第4巻 随筆・小品1 1989.10.23
 
随筆(明治三十七年―大正六年日録)
夢の日記…………………………………… 3
夢の日記別稿……………………………31
病床…………………………………………37
兵営…………………………………………49
衛戍病院……………………………………75
島守…………………………………………99
妹の死…………………………………… 133
郊外その一……………………………… 151
郊外別稿……………………………… 171
孟宗の蔭………………………………… 173
裾野……………………………………… 245
郊外その二……………………………… 265
小品
夏目先生と私…………………………… 325
夏目先生と私別稿…………………… 356
黒幕……………………………………… 359
黒幕別稿……………………………… 364
チャリネ………………………………… 367
綱ひき…………………………………… 373
綱ひき別稿…………………………… 384
*後記……………………………………… 385
 

第5巻 随筆・小品2 1989.12.21
 
随筆(大正九年―昭和三年日録)
沼のほとり………………………………… 3
沼のほとり別稿…………………………94
東京…………………………………………95
貝桶……………………………………… 109
しづかな流(一)……………………… 131
小品
本朝二十四孝…………………………… 353
林園……………………………………… 355
きもの…………………………………… 359
じんがら………………………………… 363
*後記……………………………………… 367
 

第6巻 随筆・小品3 1990.1.22
 
随筆(昭和四年―十一年日録)
しずかな流(二)………………………… 3
しづかな流別稿……………………… 225
街路樹…………………………………… 239
街路樹別稿…………………………… 349
小品
母の死…………………………………… 355
*後記……………………………………… 371
 

第7巻 随筆・小品4 1990.2.21
 
随筆(昭和十一年―十六年日録)
逍遥………………………………………… 3
逍遥別稿……………………………… 250
逍遥以後疎開まで(一)……………… 251
氷を割る………………………………… 347
胆石……………………………………… 377
*後記……………………………………… 389
 

第8巻 随筆・小品5 1990.3.22
 
随筆(昭和十七年―十八年日録)
逍遥以後疎開まで(二)………………… 3
逍遥以後疎開まで別稿…………………44
蜜蜂…………………………………………45
蜜蜂別稿……………………………… 165
結婚……………………………………… 171
余生……………………………………… 181
小品
妙子への手紙…………………………… 235
遺品……………………………………… 289
生死の格闘……………………………… 311
島崎藤村氏のこと……………………… 313
トランプ………………………………… 315
*後記……………………………………… 325
 

第9巻 随筆・小品6 1990.4.23
 
随筆(昭和十八年―二十年日録)
樟ケ谷……………………………………… 3
樟ケ谷別稿…………………………… 284
羽鳥(一)……………………………… 293
*後記……………………………………… 425
 

第10巻 随筆・小品7 1990.5.21
 
随筆(昭和二十一年―二十三年日録)
羽鳥(二)………………………………… 3
忘れ庵……………………………………91
羽鳥…………………………………… 149
忘れ庵………………………………… 214
羽鳥…………………………………… 332
羽鳥別稿……………………………… 383
小品
闘球盤…………………………………… 387
村の酵母………………………………… 395
柳先生…………………………………… 419
すずめ…………………………………… 425
*後記……………………………………… 429
 

第11巻 随筆・小品8 1990.7.23
 
随筆(昭和二十三年―三十年日録)
帰京………………………………………… 3
随筆(一)…………………………………39
小品
故椎貝寿郎氏の思ひ出………………… 215
亮ちやんの思ひ出……………………… 242
別盃……………………………………… 250
追憶……………………………………… 263
先生の手紙と「銀の匙」の前後……… 268
ブドウ園の人…………………………… 292
雀のお宿………………………………… 293
斎藤茂吉氏の思ひ出…………………… 296
あんかう………………………………… 300
盲目……………………………………… 303
私の処女作と自信作…………………… 306
そば……………………………………… 308
がん……………………………………… 311
たご……………………………………… 313
あの山あの川…………………………… 315
深大寺…………………………………… 316
あのころ………………………………… 320
寺田寅彦,森田草平,鈴木三重吉三氏の思ひ出…… 322
某月某日………………………………… 329
名月……………………………………… 330
くひな笛………………………………… 333
戦記と思ひ出…………………………… 339
*後記……………………………………… 343
 

第12巻 随筆・小品9 1990.9.21
 
随筆(古国の詩 他二篇)
古国の詩…………………………………… 3
清水寺 知恩院 青蓮院……………… 4
野の宮 落柿舎 祇王寺………………13
新薬師寺 鷲尾隆慶師 東大寺 その一……18
伏見稲荷 法界寺 醍醐寺……………27
法華寺……………………………………36
鹿苑寺……………………………………40
詩仙堂 曼珠院…………………………46
水尾寂暁師と三千院……………………54
鶴林寺……………………………………68
栂の尾……………………………………84
古国の詩別稿……………………………90
思ひ出の記
小百合さんの思ひ出………………………96
天の橋立………………………………… 147
小品
旧友……………………………………… 179
猫の親子………………………………… 195
呪縛……………………………………… 201
まゆみ…………………………………… 205
染めかへ………………………………… 208
晩秋……………………………………… 210
七十年…………………………………… 213
瑠璃鳥…………………………………… 216
餅………………………………………… 221
思ひ出すことども……………………… 224
るりを飼ふ……………………………… 231
わらしな川……………………………… 235
よせ鍋…………………………………… 239
独り碁…………………………………… 245
姉妹……………………………………… 249
能の見はじめ…………………………… 252
伊豆の旅………………………………… 255
十六むさし……………………………… 264
古都のかをり…………………………… 267
府中のけやき…………………………… 269
和辻さんの思ひ出……………………… 273
日露戦争………………………………… 275
鬼灯……………………………………… 277
凧と幟…………………………………… 280
風のごとし……………………………… 284
やどかり………………………………… 288
ひがん…………………………………… 290
ひざ……………………………………… 293
織姫……………………………………… 298
護符……………………………………… 300
彫像……………………………………… 302
タゴの夢………………………………… 307
インドの古美術………………………… 309
姥酒……………………………………… 312
交遊抄…………………………………… 314
このごろ………………………………… 316
瑠璃鳥の死……………………………… 317
るりの死………………………………… 321
辞世……………………………………… 324
師走……………………………………… 327
読書について…………………………… 329
*後記……………………………………… 331
 

第13巻 随筆・小品10 1990.10.22
 
随筆(昭和三十一年以降日録)
随筆(二)………………………………… 3
雑纂
自序跋等
「銀の匙」連載予告………………… 268
「提婆達多」(新潮社版)跋……… 269
「銀の匙」(仮綴本)序…………… 273
「提婆達多」(岩波書店版)跋…… 275
「鳴子百合をうゑて」「こま」「誰か第一に我を拝せし」自注…… 276
創元文庫「中勘助自選随筆集(上)」はしがき…… 277
創元文庫「中勘助自選随筆集(下)」はしがき…… 279
自伝(古稀まで)…………………… 281
角川文庫「しづかな流」「街路樹」後記…… 284
「くひな笛」あとがき……………… 285
「中勘助全集」(角川書店版)目次およびあとがき…… 286
他著序跋および書評
大野亮子著「続ピアノの日記」序…… 310
「杉山彦三郎翁の談話」より………… 312
「手揉のお茶」前書…………………… 314
内田清之助著「ツグミ渡るころ」…… 315
目加田誠著「新釈 詩経」…………… 316
小堀杏奴著「静かな日々」「日々の思ひ」…… 317
森茉莉著「父の帽子」………………… 319
若杉慧写真集「野の仏」……………… 320
友松円諦著「世間虚仮」……………… 321
内田清之助著「鳥のむかし話」……… 322
応答
私の処女出版…………………………… 324
えとせとら……………………………… 325
処女作の想い出………………………… 326
記・紀・万葉に於けるわが愛誦歌…… 327
カレントブックス……………………… 328
昭和二十二年に望むこと……………… 329
反射能…………………………………… 330
わが母のことば 世の母へのことば… 331
執筆者通信……………………………… 332
み魂祭…………………………………… 333
執筆者通信……………………………… 334
武者小路実篤読本……………………… 335
志賀直哉読本…………………………… 336
日本のうた……………………………… 337
*後記……………………………………… 339
 

第14巻 詩歌 1990.11.21
 
飛鳥…………………………………………… 1
藁科………………………………………… 181
拾遺詩集…………………………………… 291
*「琅 」以下六詩集および単行本詩篇目次…… 415
*詩歌一覧(作品別)
*詩題一覧……………………………… 424
*短歌一覧……………………………… 438
*俳句一覧……………………………… 457
*後記……………………………………… 477
 

第15巻 書簡1 1991.1.28
 
書簡(明治四十四年―昭和二十三年)…… 1
明治四四(一九一一)年………………… 3
大正五(一九一六)年…………………… 4
大正六(一九一七)年…………………… 6
大正七(一九一八)年……………………13
大正八(一九一九)年……………………18
大正九(一九二〇)年……………………28
大正一〇(一九二一)年…………………38
大正一一(一九二二)年…………………64
大正一二(一九二三)年…………………87
大正一三(一九二四)年…………………98
大正一四(一九二五)年……………… 116
大正一五(一九二六)年……………… 140
昭和二(一九二七)年………………… 147
昭和三(一九二八)年………………… 149
昭和四(一九二九)年………………… 152
昭和五(一九三〇)年………………… 159
昭和六(一九三一)年………………… 167
昭和七(一九三二)年………………… 178
昭和八(一九三三)年………………… 188
昭和九(一九三四)年………………… 199
昭和一〇(一九三五)年……………… 203
昭和一一(一九三六)年……………… 206
昭和一二(一九三七)年……………… 212
昭和一三(一九三八)年……………… 225
昭和一四(一九三九)年……………… 229
昭和一五(一九四〇)年……………… 238
昭和一六(一九四一)年……………… 250
昭和一七(一九四二)年……………… 267
昭和一八(一九四三)年……………… 286
昭和一九(一九四四)年……………… 303
昭和二〇(一九四五)年……………… 312
昭和二一(一九四六)年……………… 340
昭和二二(一九四七)年……………… 414
昭和二三(一九四八)年……………… 472
*後記……………………………………… 499
 

第16巻 書簡2 1991.2.28
 
書簡(昭和二十三年―三十一年)………… 1
昭和二三(一九四八)年………………… 3
昭和二四(一九四九)年…………………39
昭和二五(一九五〇)年……………… 105
昭和二六(一九五一)年……………… 164
昭和二七(一九五二)年……………… 233
昭和二八(一九五三)年……………… 310
昭和二九(一九五四)年……………… 418
昭和三〇(一九五五)年……………… 489
昭和三一(一九五六)年……………… 555
*後記……………………………………… 581
 

第17巻 書簡3 1991.3.27
 
書簡(昭和三十二―四十年)……………… 1
昭和三二(一九五七)年………………… 3
昭和三三(一九五八)年…………………82
昭和三四(一九五九)年……………… 148
昭和三五(一九六〇)年……………… 211
昭和三六(一九六一)年……………… 285
昭和三七(一九六二)年……………… 362
昭和三八(一九六三)年……………… 404
昭和三九(一九六四)年……………… 453
昭和四〇(一九六五)年……………… 496
*書簡宛名索引…………………………… 519
*附録
*中勘助宛山田又吉書簡……………… 525
補遺 一九九一・三……………………… 649
詩………………………………………… 650
書簡……………………………………… 652
*後記……………………………………… 657
*年譜……………………………………… 661
*総目索引……………………………… (1)
[ 2011/03/10 23:21 ] 中勘助 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。