研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  永井荷風 >  『荷風全集』全29巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『荷風全集』全29巻

『荷風全集』全29巻(岩波書店、1962.12~1974.6)
※初版は全28巻。第2刷(1972~74)刊行時に新資料1巻を追加し、全29巻となった。



第1巻 1963.7.12
 
おぼろ夜……………………………………… 1
烟鬼……………………………………………15
花篭……………………………………………31
かたわれ月……………………………………39
濁りそめ………………………………………47
三重襷…………………………………………57
薄衣……………………………………………75
夕せみ……………………………………… 129
をさめ髪…………………………………… 149
うら庭……………………………………… 183
闇の夜……………………………………… 191
花ちる夜…………………………………… 207
四畳半……………………………………… 249
青簾………………………………………… 265
小夜千鳥…………………………………… 273
山谷菅垣…………………………………… 301
桜の水……………………………………… 319
新梅ごよみ………………………………… 329
いちごの実………………………………… 423
野心………………………………………… 431
*後記……………………………………… 515
 


第2巻 1964.6.12
 
闇の叫び……………………………………… 1
地獄の花………………………………………33
新任知事…………………………………… 173
夢の女……………………………………… 225
夜の心……………………………………… 391
燈火の巷…………………………………… 437
すみだ川…………………………………… 469
庭の夜露…………………………………… 497
*後記……………………………………… 507
 


第3巻 1963.8.12
 
あめりか物語………………………………… 1
船房夜話…………………………………… 5
牧場の道……………………………………17
岡の上………………………………………29
酔美人………………………………………51
長髪…………………………………………67
春と秋………………………………………81
雪のやどり…………………………………97
林間……………………………………… 107
悪友……………………………………… 117
旧恨……………………………………… 133
寝覚め…………………………………… 149
一月一日………………………………… 167
暁………………………………………… 177
市俄古の二日…………………………… 199
夏の海…………………………………… 215
夜半の酒場……………………………… 227
落葉……………………………………… 237
夜の女…………………………………… 245
ちゃいなたうんの記…………………… 267
夜あるき………………………………… 279
六月の夜の夢…………………………… 289
舎路港の一夜 あめりか物語 余篇… 313
夜の霧 あめりか物語 余篇………… 321
夏の海 あめりか物語 異文………… 331
ふらんす物語……………………………… 345
船と車…………………………………… 349
ローン河のほとり……………………… 365
秋のちまた……………………………… 373
蛇つかひ………………………………… 383
晩餐……………………………………… 403
祭の夜がたり…………………………… 419
霧の夜…………………………………… 441
おもかげ………………………………… 457
再会……………………………………… 473
ひとり旅………………………………… 489
雲………………………………………… 499
巴里のわかれ…………………………… 541
黄昏の地中海…………………………… 559
ポートセット…………………………… 569
新嘉坡の数時間………………………… 579
西班牙料理……………………………… 589
橡の落葉………………………………… 595
橡の落葉の序………………………… 596
墓詣…………………………………… 598
休茶屋………………………………… 606
裸美人………………………………… 608
恋人…………………………………… 612
夜半の舞蹈…………………………… 617
美味…………………………………… 623
ひるすぎ……………………………… 625
舞姫…………………………………… 627
*後記……………………………………… 631
 


第4巻 1964.8.12
 
歓楽…………………………………………… 1
歓楽………………………………………… 3
監獄署の裏…………………………………49
牡丹の客……………………………………71
花より雨に…………………………………85
狐……………………………………………93
曇天……………………………………… 111
深川の唄………………………………… 121
春のおとづれ…………………………… 141
祝盃……………………………………… 151
新帰朝者日記……………………………… 175
新帰朝者日記 拾遺…………………… 241
冷笑………………………………………… 249
*後記……………………………………… 467
 


第5巻 1963.1.8
 
すみだ川……………………………………… 1
第五版すみだ川之序………………………61
すみだ川序…………………………………63
つくりばなし………………………………66
新橋夜話………………………………………73
序……………………………………………75
掛取り………………………………………77
色男…………………………………………93
風邪ごゝち……………………………… 119
名花……………………………………… 139
松葉巴…………………………………… 157
五月闇…………………………………… 175
浅瀬……………………………………… 189
短夜……………………………………… 201
昼すぎ…………………………………… 213
見果てぬ夢……………………………… 227
小品集……………………………………… 253
夏の町…………………………………… 255
伝通院…………………………………… 273
下谷の家………………………………… 285
楽器……………………………………… 299
日本の庭………………………………… 309
父の恩……………………………………… 323
*後記……………………………………… 373
 


第6巻 1962.12.5
 
柳さくら……………………………………… 1
散柳窓夕栄………………………………… 5
恋衣花笠森…………………………………61
花瓶………………………………………… 101
仮面………………………………………… 147
うぐひす…………………………………… 163
夏すがた…………………………………… 175
腕くらべ…………………………………… 209
*後記……………………………………… 413
 


第7巻 1963.4.12
 
おかめ笹……………………………………… 1
おかめ笹あとがき……………………… 179
雨瀟瀟……………………………………… 181
雨瀟瀟序………………………………… 219
雪解………………………………………… 221
春雨の夜…………………………………… 253
二人妻……………………………………… 263
芸者の母…………………………………… 343
寐顔………………………………………… 357
*後記……………………………………… 367
 


第8巻 1963.12.12
 
ちゞらし髪…………………………………… 1
かし間の女……………………………………37
カツフヱー一夕話………………………… 121
夜の車……………………………………… 135
かたおもひ………………………………… 145
榎物語……………………………………… 161
夢…………………………………………… 177
あぢさゐ…………………………………… 201
つゆのあとさき…………………………… 223
*後記……………………………………… 359
 


第9巻 1964.2.12
 
ひかげの花…………………………………… 1
 東綺譚………………………………………93
作後贅言………………………………… 183
おもかげ…………………………………… 207
女中のはなし……………………………… 231
浮沈………………………………………… 257
*後記……………………………………… 429
 


第10巻 1964.4.13
 
勲章…………………………………………… 1
踊子……………………………………………17
来訪者…………………………………………81
問はずがたり……………………………… 155
羊羹………………………………………… 267
腕時計……………………………………… 281
或夜………………………………………… 291
噂ばなし…………………………………… 305
靴…………………………………………… 313
畦道………………………………………… 325
にぎり飯…………………………………… 337
心づくし…………………………………… 355
秋の女……………………………………… 371
買出し……………………………………… 385
人妻………………………………………… 399
*後記……………………………………… 415
 


第11巻 1964.11.28
 
裸体…………………………………………… 1
老人……………………………………………23
吾妻橋…………………………………………35
日曜日…………………………………………51
心がはり………………………………………65
たそがれ時……………………………………77
うらおもて……………………………………89
捨て児……………………………………… 101
袖子………………………………………… 117
男ごゝろ…………………………………… 127
夏の夜……………………………………… 143
東雲………………………………………… 155
冬日かげ…………………………………… 165
晩酌………………………………………… 173
珊瑚集 仏蘭西近代抒情詩選…………… 181
珊瑚集序………………………………… 182
死のよろこび(シヤアル・ボオドレヱル)…… 183
憂悶(シヤアル・ボオドレヱル)…… 185
暗黒(シヤアル・ボオドレヱル)…… 187
仇敵(シヤアル・ボオドレヱル)…… 189
秋の歌(シヤアル・ボオドレヱル)… 191
腐肉(シヤアル・ボオドレヱル)…… 194
月の悲しみ(シヤアル・ボオドレヱル)…… 199
そゞろあるき(アルチユウル・ランボオ)…… 201
ぴあの(ポオル・ヴヱルレヱン)…… 203
ましろの月(ポオル・ヴヱルレヱン)…… 205
道行(ポオル・ヴヱルレヱン)……… 207
夜の小鳥(ポオル・ヴヱルレヱン)… 209
暖き火のほとり(ポオル・ヴヱルレヱン)…… 210
返らぬむかし(ポオル・ヴヱルレヱン)…… 211
偶成(ポオル・ヴヱルレヱン)……… 213
沼(ピエエル・ゴオチエ)…………… 215
池(ヱドモン・ピカアル)…………… 217
音楽と色彩と匂ひの記憶(ヱミル・ヴオオケヱル)…… 219
秋のいたましき笛(アア・ヱフ・ヱロオル)…… 221
仏蘭西の小都会(アンリイ・ド・レニエエ)…… 223
葡萄(アンリイ・ド・レニエエ)…… 227
われはあゆみき(アンリイ・ド・レニエエ)…… 229
夕ぐれ(アンリイ・ド・レニエエ)… 231
秋(アンリイ・ド・レニエエ)……… 233
正午(アンリイ・ド・レニエエ)…… 235
告白(アンリイ・ド・レニエエ)…… 237
庭(アンリイ・ド・レニエエ)……… 240
 (アンリイ・ド・レニエエ)……… 242
年の行く夜(アンリイ・ド・レニエエ)…… 244
暮方の食事(シヤアル・ゲラン)…… 248
道のはづれに(シヤアル・ゲラン)… 251
ありやなしや(シヤアル・ゲラン)… 254
四月(ギユスタアヴ・カン)………… 255
ロマンチックの夕(伯爵夫人マチユウ・ド・ノワイユ)…… 257
九月の果樹園(伯爵夫人マチユウ・ド・ノワイユ)…… 260
西班牙を望み見て(伯爵夫人マチユウ・ド・ノワイユ)…… 263
菊花の歌(シヤアル・グランムウラン)…… 266
あまりに泣きぬ若き時(フヱルナン・グレヱ)…… 269
沈みし鐘(スチユアル・メリル)…… 270
夏の夜の井戸(スチユアル・メリル)…… 273
奢侈(アルベヱル・サマン)………… 276
珊瑚集拾遺………………………………… 287
をかしき唄(Tristan Klingsor)…… 289
嘆息(ステフワン・マラルメ)……… 294
ショーパンの曲(アンナ・ド・ノアイユ)…… 295
シューマンをきゝて(アンナ・ド・ノアイユ)…… 298
偏奇館吟草………………………………… 301
はしがき………………………………… 303
夏うぐひす……………………………… 305
からす…………………………………… 307
旧調……………………………………… 309
絶望……………………………………… 311
こほろぎ………………………………… 313
小春……………………………………… 316
暗き日のくり言………………………… 318
冬の草…………………………………… 320
口ずさみ………………………………… 322
狼………………………………………… 324
日曜日…………………………………… 328
船の上…………………………………… 330
涙………………………………………… 332
冬の窓…………………………………… 334
ハーモニカ……………………………… 339
燕………………………………………… 342
震災……………………………………… 345
窓の禽…………………………………… 347
門づけ…………………………………… 349
鳩………………………………………… 353
墓詣……………………………………… 356
影法師…………………………………… 359
拷問……………………………………… 361
堀割の散歩……………………………… 363
落花の風………………………………… 367
夜半の風………………………………… 369
犬の声…………………………………… 371
雀………………………………………… 373
暮春の庭………………………………… 374
無題……………………………………… 376
海月の歌………………………………… 378
山の手…………………………………… 379
 蟲……………………………………… 381
不浄の涙………………………………… 383
 ………………………………………… 385
雨蛙……………………………………… 388
武器……………………………………… 390
秋窓風雨夕……………………………… 392
永きわかれ……………………………… 394
ひるがほ………………………………… 402
偏奇館吟草拾遺…………………………… 405
即興……………………………………… 407
Au Caf  Printemps ………………… 407
自由劇場の稽古の午過ぎ…………… 409
朽行く老樹……………………………… 411
乱余漫吟…………………………………… 413
外套……………………………………… 415
日の暮…………………………………… 417
年はゆく………………………………… 419
押絵……………………………………… 421
銅像……………………………………… 423
冬の日…………………………………… 426
草の花…………………………………… 428
静なる小みち…………………………… 430
自選 荷風百句…………………………… 433
自選 荷風百句序……………………… 434
春之部…………………………………… 435
夏之部…………………………………… 438
秋之部…………………………………… 441
冬之部…………………………………… 443
俳句………………………………………… 447
狂歌………………………………………… 493
小唄………………………………………… 497
漢詩………………………………………… 501
*後記……………………………………… 507
 


第12巻 1963.9.12
 
異郷の恋 三幕四場………………………… 1
平維盛 一幕…………………………………55
秋の別れ 一幕………………………………65
わくら葉 三幕………………………………87
煙 三幕…………………………………… 163
三柏葉樹頭夜嵐 三幕…………………… 227
旅姿思掛稲 浄瑠璃 一幕……………… 283
開化一夜艸 二幕………………………… 291
夜網誰白魚 二幕………………………… 339
早春 一幕………………………………… 375
葛飾情話 歌劇 二場…………………… 391
停電の夜の出来事 一幕三場…………… 415
春情鳩の街 一幕三場…………………… 439
渡鳥いつかへる 一幕四場……………… 469
浅草交響曲 映画筋書…………………… 495
三巴天明騒動記…………………………… 509
平維盛一幕異文…………………………… 535
*後記……………………………………… 551
 


第13巻 1963.2.12
 
紅茶の後……………………………………… 1
紅茶の後序………………………………… 3
三田文学の発刊…………………………… 5
有楽座にて………………………………… 9
一幕見………………………………………12
片恋…………………………………………15
五月…………………………………………18
倦怠…………………………………………21
鋳掛松………………………………………26
霊廟…………………………………………29
冷笑につきて………………………………41
九月…………………………………………45
流竄の楽土…………………………………49
絶望なるかな………………………………51
希望…………………………………………55
歌舞伎座の桟敷にて………………………57
或劇場の運動場にて………………………62
自由劇場の帰り……………………………67
新年…………………………………………72
浮世絵………………………………………80
芝居小景……………………………………89
銀座…………………………………………95
あの人達………………………………… 106
蟲干……………………………………… 121
海洋の旅………………………………… 132
雑草園 其一……………………………… 147
谷崎潤一郎氏の作品…………………… 149
樅山庭後………………………………… 159
浅草の久保田君に呈す………………… 163
東京の夏の趣味………………………… 169
厠の窓…………………………………… 175
妾宅………………………………………… 187
大窪だより 自大正2年至大正3年……… 217
大窪だより 拾遺……………………… 291
日和下駄 一名 東京散策記…………… 293
序………………………………………… 295
第1 日和下駄…………………………… 297
第2 淫祠………………………………… 307
第3 樹…………………………………… 309
第4 地図………………………………… 316
第5 寺…………………………………… 321
第6 水 附 渡船……………………… 331
第7 路地………………………………… 345
第8 閑地………………………………… 350
第9 崖…………………………………… 365
第10 坂 ………………………………… 377
第11 夕陽 附 富士眺望 …………… 383
日和下駄異文…………………………… 389
*後記……………………………………… 393
 


第14巻 1963.6.12
 
江戸芸術論…………………………………… 1
浮世絵の鑑賞……………………………… 3
鈴木春信の錦絵……………………………17
浮世絵の山水画と江戸名所………………33
泰西人の見たる葛飾北斎…………………53
ゴンクウルの歌麿及北斎伝………………67
欧米人の浮世絵研究………………………81
浮世絵と江戸演劇…………………………95
衰頽期の浮世絵………………………… 113
狂歌を論ず……………………………… 131
江戸演劇の特徴………………………… 143
江戸芸術論 異文………………………… 155
浮世絵の山水画と江戸名所…………… 157
ゴングウルの歌麿伝 并に北斎伝…… 181
欧人の観たる葛飾北斎………………… 203
断腸亭雑稾………………………………… 227
序………………………………………… 229
断腸亭記(庭後隠士)………………… 230
築地草…………………………………… 237
矢はずぐさ……………………………… 247
矢立のちび筆…………………………… 273
雨声会の記……………………………… 279
一夕……………………………………… 283
初硯……………………………………… 289
築地がよひ……………………………… 295
草箒……………………………………… 301
何ぢやゝら……………………………… 307
葡萄棚…………………………………… 313
松の内…………………………………… 317
夏ごろも………………………………… 323
来青花…………………………………… 325
曝書……………………………………… 329
夕立……………………………………… 331
立秋所見………………………………… 335
雑草園 其二……………………………… 337
文明発刊の辞…………………………… 339
文反古…………………………………… 347
文明一周年の辞………………………… 353
書かでもの記……………………………… 357
小説作法…………………………………… 393
*後記……………………………………… 409
 


第15巻 1963.11.12
 
麻布襍記……………………………………… 1
花火………………………………………… 5
砂糖…………………………………………19
写況雑記……………………………………27
十年振 一名 京都紀行…………………39
梅雨晴………………………………………57
十日の菊……………………………………69
偏奇館漫録…………………………………83
偏奇館漫録 拾遺……………………… 123
二百十日……………………………… 130
裸談義………………………………… 139
隠居のこゞと…………………………… 147
鴎外先生…………………………………… 227
鴎外先生………………………………… 229
森先生の事……………………………… 231
鴎外全集刊行の記……………………… 234
鴎外全集を読む………………………… 239
森先生の伊沢蘭軒を読む……………… 241
東京堂版鴎外選集広告文……………… 247
東京堂版鴎外選集第8巻解説 ………… 248
鴎外記念館のこと……………………… 256
仏蘭西人の観たる鴎外先生…………… 259
下谷叢話…………………………………… 263
葷斎漫筆…………………………………… 457
大田南畝年譜……………………………… 525
為永春水…………………………………… 549
為永春水年譜……………………………… 581
*後記……………………………………… 593
 


第16巻 1964.1.13
 
荷風文稾……………………………………… 1
礫川 記………………………………… 3
几辺の記……………………………………15
七月九日の記………………………………23
白鳥正宗氏に答るの書……………………31
文芸春秋記者に与るの書…………………37
金阜山人戯文集………………………………43
金阜山人戯文集叙…………………………45
芸人読本……………………………………47
東京花譜……………………………………57
賞心楽事……………………………………63
洋服論………………………………………65
洋食論………………………………………75
桑中喜語……………………………………83
猥褻独問答……………………………… 111
毎月見聞録 自大正5年3月至大正7年11月…… 115
東京年中行事……………………………… 253
荷風随筆…………………………………… 265
成嶋柳北の日誌………………………… 267
柳橋新誌につきて……………………… 283
向嶋……………………………………… 293
百花園…………………………………… 309
上野……………………………………… 315
帝国劇場のオペラ……………………… 329
歌舞伎座の稽古………………………… 335
にくまれぐち…………………………… 349
新聞紙について………………………… 361
訳詩について…………………………… 367
申訳……………………………………… 373
中洲病院を訪ふ………………………… 401
市河先生の燼録………………………… 407
雀………………………………………… 411
巷の声…………………………………… 417
中村さんに質する文…………………… 423
正宗谷崎両氏の批評に答ふ…………… 429
*後記……………………………………… 439
 


第17巻 1964.7.13
 
冬の蝿………………………………………… 1
冬の蝿序…………………………………… 3
断腸花……………………………………… 5
枇杷の花……………………………………11
きのふの淵…………………………………17
井戸の水……………………………………31
深川の散歩…………………………………41
元八まん……………………………………53
里の今昔……………………………………61
十六七のころ………………………………75
十九の秋……………………………………83
岡鬼太郎氏の花柳小説を読む……………91
鐘の声…………………………………… 101
放水路…………………………………… 105
寺じまの記……………………………… 115
町中の月………………………………… 129
郊外……………………………………… 135
西瓜……………………………………… 139
浅草公園の興行物を見て……………… 157
冬の夜がたり…………………………… 165
蟲の声…………………………………… 177
雪の日…………………………………… 185
枯葉の記………………………………… 197
葛飾土産 其他…………………………… 203
亜米利加の思出………………………… 205
冬日の窓………………………………… 213
墓畔の梅………………………………… 227
仮寐の夢………………………………… 233
草紅葉…………………………………… 245
木犀の花………………………………… 255
葛飾土産………………………………… 263
細雪妄評………………………………… 281
宮城環景を観る………………………… 285
裸体談義………………………………… 289
出版屋惣まくり………………………… 299
放談……………………………………… 305
浅草むかしばなし……………………… 313
漫談……………………………………… 317
雑話……………………………………… 325
水のながれ……………………………… 329
向島……………………………………… 333
*後記……………………………………… 337
 


第18巻 1964.10.12
 
女優ナナ 其他……………………………… 1
恋と刃……………………………………… 3
女優ナナ………………………………… 129
洪水……………………………………… 187
ヱミールゾラと其の小説……………… 231
女優ナヽ広告文………………………… 253
ゾラ氏の故郷…………………………… 255
ゾラ氏の「傑作」を読む……………… 259
ゾラ氏の作 La B te Humaine ……… 265
モーパサンの石像を拝す 其他………… 269
モーパサンの石像を拝す……………… 271
モーパッサンの扁舟紀行……………… 277
窓の花 其他……………………………… 305
氷る夜…………………………………… 307
窓の花(カチュル、マンデス)……… 313
水かゞみ(アンリイ、ド、レニヱー)…… 321
二人処女(マルセル、プレヴオ)…… 331
極東印象記(Henry Myles) ………… 341
仏蘭西の新社会劇 其他………………… 351
仏蘭西の新社会劇……………………… 353
仏蘭西自然主義と其反動……………… 383
芸術と芸術の製作者…………………… 401
伊太利新興の閨秀文学………………… 411
歌劇フオーストを聴くの記 其他……… 439
歌劇フオーストを聴くの記…………… 441
西洋音楽最近の傾向…………………… 469
欧洲歌劇の現状………………………… 491
欧米の音楽会及びオペラ劇場………… 501
仏蘭西観劇談…………………………… 515
仏蘭西現代の小説家 其他……………… 521
仏蘭西現代の小説家…………………… 523
仏国に於ける象徴派…………………… 533
仏国文壇の表徴派について…………… 539
小説壇の現在及び仏国小説の近事…… 545
ベルレーヌの伝記を読みて…………… 551
ピヱールロチと日本の風景…………… 557
*後記……………………………………… 577
 


第19巻 1964.5.12
 
西遊日誌抄…………………………………… 1
西遊日誌稿 1908年…………………………55
断腸亭日乗 1 ………………………………67
断膓亭日記巻之一(大正6年) …………73
断膓亭日記巻之二(大正7年) …………83
断腸亭日記巻之三(大正8年) ……… 115
断膓亭日記巻之四(大正9年) ……… 159
断腸亭日記巻之五(大正10年)……… 187
断膓亭日記巻之六(大正11年)……… 219
断膓亭日記巻之六(大正11年続)…… 255
断腸亭日記巻之七(大正12年)……… 261
断腸亭日記巻之八(大正13年)……… 307
断膓亭日記巻九(大正14年)………… 353
*後記……………………………………… 425
 


第20巻 1964.3.12
 
断腸亭日乗 2 ……………………………… 1
断腸亭日記巻之十(大正15年)………… 3
断膓亭日記巻之十(大正15年続)………19
断腸亭日記巻十一(昭和2年) ……… 103
断腸亭日記巻十一之下(昭和2年続)
………………………………………… 185
断膓亭日記巻十二(昭和3年) ……… 203
断腸亭日記巻十二下(昭和3年続) … 257
断膓亭日記巻第十三(昭和4年) …… 313
断膓亭日記巻十三下(昭和4年続) … 337
断腸亭日記巻十四(昭和5年) ……… 377
断腸亭日記巻十四下(昭和5年続) … 421
*後記……………………………………… 443
 


第21巻 1963.10.12
 
断腸亭日乗 3 ……………………………… 1
断腸亭日記巻十五(昭和6年) ………… 3
断膓亭日記巻十六(昭和7年) …………67
断腸亭日記巻十六続(昭和7年続) … 153
断膓亭日記巻十七(昭和8年) ……… 199
断膓亭日記巻十七続(昭和8年続) … 243
断腸亭日記巻十八(昭和9年) ……… 297
断腸亭日記巻十八続(昭和9年続) … 325
断膓亭日記巻十八続(昭和9年続 )…… 401
断腸亭日記巻十九(昭和10年)……… 419
断腸亭日記巻十九……………………… 421
断腸亭日記巻第十九続(昭和10年続)…… 487
*後記……………………………………… 531
 


第22巻 1963.5.15
 
断腸亭日乗 4 ……………………………… 1
断腸亭日記巻二十(昭和11年)………… 3
断腸亭日記巻第二十続(昭和11年続)…47
断腸亭日記第二十一(昭和12年)…… 129
断腸亭日記巻第二十一 ノ 続(昭和12年続)…… 207
昭和十三年歳次戊寅日記巻二十二…… 241
断膓亭日記巻第二十二続(昭和13年続)…… 251
断腸亭日記巻二十二続 (昭和13年続)…… 295
断膓亭日記第二十二巻続 (昭和13年続)…… 339
断膓亭日記巻二十三(昭和14年)…… 347
断腸亭日記巻二十三続(昭和14年続)…… 387
*後記……………………………………… 433
 


第23巻 1963.3.12
 
断腸亭日乗 5 ……………………………… 1
断腸亭日記第二十四巻(昭和15年)…… 5
断腸亭日記巻二拾四続(昭和15年続)…95
断腸亭日記第貳拾伍巻(昭和16年)… 129
断腸亭日記巻二十五続(昭和16年続)……… 199
断腸亭日記巻二拾六(昭和17年)…… 247
断腸亭日記第二十七巻(昭和18年)… 309
断腸亭日録巻貳拾八(昭和19年)…… 423
断腸亭日録第二十八巻続(昭和19年続)…… 463
*後記……………………………………… 513
 


第24巻 1964.9.12
 
断腸亭日乗 6 ……………………………… 1
断腸亭日記第二十九巻(昭和20年)…… 5
断腸亭日乗第二十九巻続(昭和20年続)…… 101
断腸亭日乗巻第三十(昭和21年)…… 117
断腸亭日乗第三十一巻(昭和22年 自1月初1至1月14日)…… 167
断腸亭日乗第三十一(昭和22年)…… 171
断膓亭日乗第三十二巻(昭和23年)… 233
断腸亭日乗第卅三巻(昭和24年)…… 277
断腸亭日乗第卅三巻(昭和24年続)… 303
断腸亭日乗第卅四巻(昭和25年)…… 321
断腸亭日乗第卅五巻(昭和26年)…… 351
断腸亭日乗第卅六巻(昭和27年)…… 375
断腸亭日乗第卅七巻(昭和28年)…… 405
断腸亭日乗第卅七巻(昭和28年続)… 429
断腸亭日乗第卅八巻(昭和29年)…… 437
断腸亭日乗巻卅九(昭和30年)……… 467
断腸亭日乗巻第四十(昭和31年)…… 495
断腸亭日乗巻第四十一(昭和32年)… 525
断腸亭日乗巻四十二(昭和33年)…… 553
断腸亭日乗第四十三巻(昭和34年)… 581
断腸亭日乗稿…………………………… 589
断腸亭日乗(昭和21年)……………… 593
断腸亭日乗第三十一(昭和22年)…… 645
*後記……………………………………… 655
 


第25巻 1965.5.31
 
断膓亭尺牘…………………………………… 1
書簡集…………………………………………75
補遺……………………………………… 511
*書簡索引………………………………… 521
*後記……………………………………… 529
 


第26巻 1965.1.30
 
雑纂1
王昭君 其他………………………………… 3
王昭君……………………………………… 5
おくり船……………………………………13
つくりばなし………………………………29
糸のもつれ…………………………………41
四畳半襖の下張……………………………57
雑草園 其三…………………………………65
新年の雑誌界 其他………………………67
酒汀作の「失恋」上……………………68
新年の雑誌界……………………………69
湖山君の「大学攻撃」を読む…………75
二月の文壇………………………………78
日本人の作は素人臭い…………………82
フランス物語の発売禁止………………87
芸術品と芸術家の任務…………………91
芸術は智識の樹に咲く花也……………95
作品の性質に依り何れにても可也……98
批評について………………………… 100
小説と口絵…………………………… 102
正宗白鳥君…………………………… 104
文学雑感……………………………… 106
文章の調子と色……………………… 108
太陽第3回懸賞募集小説選評 ……… 115
文芸読むがまゝ……………………… 119
久米秀治氏の「その話」…………… 142
増田廉吉君新作「驚き」を読む…… 147
上田博士三周忌……………………… 150
現代文学全集につきて……………… 152
沼波瓊音氏…………………………… 158
上田敏先生…………………………… 160
小波先生と少年文学………………… 162
近代仏蘭西作家一覧………………… 164
拍子木物語 其他……………………… 187
拍子木物語…………………………… 188
歌舞伎座の春狂言…………………… 193
琴古流の尺八………………………… 198
楽屋十二時…………………………… 203
芝居の囃子…………………………… 214
劇界と劇評家………………………… 223
音楽雑談……………………………… 228
自分の見たるロダンの作品………… 232
演芸の趣味…………………………… 233
帝国劇場開場式合評………………… 238
帝国劇場批評………………………… 247
仏蘭西の女優………………………… 250
三人吉三廓初買につきて…………… 254
新書漫評……………………………… 259
繁太夫節拝聴仕候…………………… 262
左団次上演用脚本選後感…………… 263
申訳(第9回自由劇場開演) ……… 267
今様薩摩歌を観る…………………… 269
市川左団次…………………………… 273
帝劇の「旅姿思掛稲」……………… 276
謎帯一寸徳兵衛を観る……………… 279
岡鬼太郎君作昔摸鼠小紋…………… 280
梅暦について………………………… 286
市川左団次追憶座談会……………… 288
断章…………………………………… 293
上海紀行 其他………………………… 295
上海紀行……………………………… 296
涙……………………………………… 304
逗子より……………………………… 305
読書は悪行なり、多く語って少く読め!…… 306
俳優を愛したる乙女に……………… 308
死後の生活…………………………… 311
帰郷雑感……………………………… 314
雅号について………………………… 321
欧米の生活と日本の生活…………… 322
東洋的風土の特色…………………… 327
予と宗教信仰………………………… 330
浅草趣味……………………………… 332
少年時代愛読の雑誌………………… 334
「味」は調和………………………… 336
乗合船………………………………… 340
雅号の由来…………………………… 342
客子暴言……………………………… 343
古本評判記…………………………… 349
花月編輯雑記………………………… 354
独居雑感……………………………… 358
亜米利加の思ひ出…………………… 365
秋草…………………………………… 372
東京風俗ばなし……………………… 375
アンケート……………………………… 391
新年物と文士………………………… 392
注目すべき本年の作品……………… 392
文士と酒、煙草……………………… 393
文士と芝居…………………………… 393
文士とすし、汁粉…………………… 394
小説の地の文の語尾………………… 394
文士と八月…………………………… 395
七月十二日の記……………………… 395
簡易銷夏法…………………………… 396
趣味と好尚…………………………… 398
夏の生活……………………………… 399
浴衣姿の美人に対して……………… 400
若気の過ちとも申す可くや………… 401
余が最も好む土地と花と人と……… 401
夏の旅行地の感想…………………… 402
私の好きな夏の料理………………… 403
私の好きな夏の女姿………………… 403
文部省の所管とせよ………………… 404
余の文章が始めて活字となりし時… 405
興も覚えず…………………………… 405
私が女に生れたら?どう男を遇するか?!…… 406
もし私に子があつたら……………… 407
快活なる運河の都とせよ…………… 408
挿画類題言……………………………… 411
断片……………………………………… 415
西洋音楽最近の傾向 附記………… 416
橡の落葉 添書……………………… 416
紅茶の後(其四) 附記…………… 417
浮世絵 添書………………………… 417
五月闇 ことわりがき……………… 417
二人処女 附記……………………… 418
散柳窓夕栄 挿画…………………… 418
大窪だより 添書…………………… 419
日和下駄 挿絵目録………………… 419
けふこのごろ 添書………………… 421
正誤…………………………………… 421
謹告…………………………………… 422
禾原先生遊学日誌はしがき及び注… 424
序跋其他………………………………… 433
喜怒多集序…………………………… 434
久保田万太郎著小説浅草の跋……… 435
ルバイヤツト序……………………… 438
江戸庵句集序………………………… 439
浅草川船遊之記前書………………… 445
山下八景前書………………………… 446
鳰鳥柳花鈔叙………………………… 447
東京風景版画集叙…………………… 448
雑誌花月発行の辞…………………… 451
詩集昨日の花のはじめに…………… 453
堀口大学著月光とピヱロ叙………… 455
谷中大円寺笠森阿仙碑文…………… 457
谷崎潤一郎著近代情痴集叙………… 458
黒田湖山著小説滑稽の叙…………… 460
浮世絵保存刊行会趣意書…………… 462
山内秋生著春の別離の叙…………… 464
岡鬼太郎著世話狂言集の序………… 465
風流御小道具所開店披露の口上…… 466
堀口大学著青春の焔の叙…………… 467
山彦栄子墓誌………………………… 469
歌舞伎座俳諧雑誌はしかき………… 470
巌谷三一編述綴合亀山縞題言……… 472
市川左団次所蔵蜀山人画像函題…… 475
三世河竹新七脚本全集広告文……… 476
大衆文学全集松本泰集序…………… 477
文学博士上田敏著述全集広告文…… 479
市川松莚養子襲名披露の文(代作)…… 482
雑誌赤本屋第一号題言……………… 484
楽天居小波先生還暦賀詞俳句集序… 485
邦枝完二作小説おせん序…………… 486
川尻清潭著名優芸談序……………… 488
日高基裕著釣する心序……………… 490
種くばり識語………………………… 491
大島隆一著柳北談叢序……………… 492
屠龍の技跋…………………………… 493
木村富子著浅草富士序……………… 494
金秉旭著詩集馬の序………………… 496
南畝先生手蹟帖に題す……………… 497
花柳章太郎著きもの簪序…………… 498
思想才芸まさに円熟………………… 499

縮刷小本牡丹の客はしがき………… 501
荷風傑作鈔跋………………………… 502
モオパッサン序……………………… 503
荷風筆書画帖跋……………………… 504
麻田駒之助氏蔵画軸函題…………… 505
夏すがた題言………………………… 506
荷風文稾はしがき…………………… 507
重印荷風全集叙……………………… 508
永井荷風先生略伝…………………… 510
やどり蟹はしがき…………………… 512
現代日本文学全集永井荷風集序…… 513
つゆのあとさき序…………………… 514
狐につきて…………………………… 516
墨の糟序……………………………… 517
改訂下谷叢話序……………………… 518
夢の女題言…………………………… 519
 東綺譚題言………………………… 520
珊瑚集識語…………………………… 521
杏花余香はしがき…………………… 522
来訪者序……………………………… 523
鎌倉文庫版 東綺譚序……………… 525
日誌につきて………………………… 526
罹災日録序…………………………… 528
荷風日歴序…………………………… 529
日かげの花序………………………… 530
浮沈序………………………………… 531
木版摺かたおもひ序………………… 532
雑草園序……………………………… 533
葛飾土産序…………………………… 534
腕くらべ重刊の序…………………… 535
八木書店版 東綺譚序……………… 536
 東綺譚識語………………………… 537
東都書房版日和下駄序……………… 538
江戸庵句集序 異文………………… 539
*後記……………………………………… 547
 


第27巻 1965.3.30
 
雑纂2
雑草園 其四………………………………… 3
談話………………………………………… 5
アカデミイの内容……………………… 6
遊楽の仏京巴里…………………………11
レニエの詩と小説………………………17
モーレス、バレース……………………21
「姉の妹」の発売禁止…………………25
別に何とも思はなかった………………27
我が思想の変遷…………………………30
巴里の寄席芸人…………………………35
予の二十歳前後…………………………39
昨日午前の日記…………………………42
十七八の頃………………………………43
西洋の劇場………………………………49
明治座の九月狂言………………………56
自己の性情と態度………………………64
明治座の二番目…………………………67
大隅太夫の堀川…………………………70
炉辺にて…………………………………71
見て居て気持が好い……………………75
文士の生活………………………………80
現代と支那趣味…………………………88
新劇と劇場………………………………92
女優に就て………………………………95
鴎外先生のこと…………………………98
脚本検閲問題の批判………………… 103
芝居閑話……………………………… 109
井上唖々君のこと…………………… 115
偏奇館劇話…………………………… 119
歌劇葛飾情話の上演について……… 135
この頃の私…………………………… 139
合評
一夕話……………………………………… 145
摂州合邦辻………………………………… 163
雨夜の曲…………………………………… 190
怪異談牡丹燈篭…………………………… 210
桐一葉……………………………………… 231
妹背山婦女庭訓…………………………… 245
雪暮夜入谷畦道…………………………… 260
由井正雪…………………………………… 274
初開場の南座……………………………… 289
今様薩摩歌………………………………… 309
国性爺合戦………………………………… 328
一年間の総決算…………………………… 341
坂崎出羽守………………………………… 358
御柱………………………………………… 381
第一の世界………………………………… 401
深与三玉兎横櫛…………………………… 424
小田原陣…………………………………… 445
お国と五平………………………………… 459
薩摩櫛……………………………………… 479
雑談………………………………………… 496
二つの新作品(断橋・息子)…………… 509
月佳夏夜話………………………………… 532
*後記……………………………………… 553
 


第28巻 1965.8.14
 
雑纂3
対談・鼎談・座談
偏奇館雑談(永井荷風,邦枝完二) ……… 3
松井千枝子との一問一答録………………… 5
新春懇談会(永井荷風,市川左団次,谷崎潤一郎,嶋中雄作)……14
好日鼎談(永井荷風,谷崎潤一郎,辰野隆)……67
荷風先生とストリップ仲沢清太郎〔司会〕……82
荷風ないしょ話(永井荷風,相磯勝弥) …95
荷風思出草(永井荷風,相磯勝弥) …… 110
映画『女優ナナ』を語る(永井荷風,角田敏夫,石井柳子)…… 188
独身の教え(永井荷風,芦原英了) …… 200
昔の女 今の女(永井荷風,谷崎潤一郎,佐藤観次郎)…… 208
創作ノート・手帖・草稿
創作ノート………………………………… 221
手帖………………………………………… 235
草稿………………………………………… 283
原稿断片………………………………… 284
シンフホニヤ、デル、アサクサ……… 292
花のいろいろ…………………………… 294
裸体……………………………………… 296
養子……………………………………… 297
袖子……………………………………… 306

『耳無草』正誤原稿……………………… 319
いく代勘定書……………………………… 321
荷風文稾第一集後書……………………… 324
為永春水扉書……………………………… 324
荷風全集プラン…………………………… 324
谷口宛領収証……………………………… 327
雑誌「スリル」裁判鑑定書……………… 327
『小説道楽』書入………………………… 328
参考篇
暗面奇観 夜の女界……………………… 333
『夜の女界』書入……………………… 473
海の黄昏…………………………………… 475
荷風小伝…………………………………… 505
「三田文学」抄…………………………… 506
「文明」「花月」抄……………………… 517
聞書………………………………………… 541
漫言冗語(1) ………………………… 542
幽窗清話………………………………… 544
偏奇館漫談3 …………………………… 546
補遺
俳句………………………………………… 551
和歌・狂歌・漢詩………………………… 555
随筆・評論………………………………… 556
江戸錦絵の時価と室内装飾…………… 556
久米秀治君を悼む……………………… 566
ノエル、ヌエット個展推薦文………… 568
アンケート………………………………… 569
好きな土地……………………………… 569
文士と洋行……………………………… 569
序跋其他…………………………………… 571
蜀山人草稾の後に書す………………… 571
断片………………………………………… 572
広告……………………………………… 572
広告……………………………………… 572
求人広告………………………………… 573
書簡………………………………………… 574
*珊瑚集校異……………………………… 585
*後記……………………………………… 679
*索引……………………………………… 698
 


第29巻 1974.6.27
 
拾遺
俳句…………………………………………… 3
和歌…………………………………………… 7
漢詩…………………………………………… 8
アンケート…………………………………… 9
断片……………………………………………10
求職広告……………………………………10
談話……………………………………………11
最近の仏蘭西劇……………………………11
仏蘭西の追懐………………………………17
追憶の甘さ…………………………………21
草稿……………………………………………23
書簡……………………………………………27
続参考篇
下谷のはなし(『下谷叢話』初出)…… 121
杏花余香…………………………………… 285
「葛飾情話」の上演せられるまで……… 351
創作ノート(第28巻所収影印釈文)…… 361
手帖(第28巻所収影印釈文)…………… 375
草稿(第28巻所収影印釈文)…………… 427
左団次自叙伝……………………………… 435
知友書翰集………………………………… 467
*年譜竹盛天雄〔作製〕………………… 567
*著作年表竹盛天雄〔作製〕…………… 619
*書誌竹盛天雄〔作製〕………………… 755
*後記……………………………………… 875
*索引……………………………………… 896
[ 2011/03/10 23:21 ] 永井荷風 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/15 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。