研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  永井龍男 >  『永井龍男全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『永井龍男全集』全12巻

『永井龍男全集』全12巻(講談社、1981.4~1982.5)



第1巻 短篇小説 1 1981.4.17
 
活版屋の話…………………………………… 9
蒼空の下に……………………………………12
出産……………………………………………18
黒い御飯………………………………………33
新しい電車……………………………………38
泉………………………………………………43
火………………………………………………50
絵本……………………………………………52
アトリエの女…………………………………56
巣の中…………………………………………62
菜の花…………………………………………68
麻布……………………………………………78
今年も来年も…………………………………84
息子……………………………………………88
ウェルカムと水瓜……………………………97
妙高山麓…………………………………… 107
手袋のかたっぽ…………………………… 119
往来………………………………………… 138
竹薮の前…………………………………… 152
唐辛子……………………………………… 170
胡桃割り…………………………………… 182
麻の上着…………………………………… 193
自転車風景………………………………… 201
「あいびき」から………………………… 208
ペロッケ…………………………………… 226
ある夏まで………………………………… 244
へちまの棚………………………………… 274
朝霧………………………………………… 292
花火………………………………………… 312
菊と飛行機………………………………… 323
バースデイ・ブック……………………… 341
子供のアルバム…………………………… 354
水仙案内記………………………………… 368
点呼通信…………………………………… 382
望楼………………………………………… 388
青電車……………………………………… 391
ある供養…………………………………… 406
うねり……………………………………… 415
*あとがき 校正を終って(1)(永井龍男)…… 427
*解題(松本国雄)……………………… 441
*本全集未収録作品一覧………………… 453
 

第2巻 短篇小説 2 1981.5.20
 
日向の萱……………………………………… 7
十歳一歳………………………………………16
白い犬…………………………………………33
陽気な窓………………………………………48
風………………………………………………68
マッチ…………………………………………79
狐………………………………………………82
旧市内……………………………………… 102
鳶の影……………………………………… 115
夜の鯉のぼり……………………………… 130
そばやまで………………………………… 147
トンネル…………………………………… 158
新涼………………………………………… 160
時計………………………………………… 177
十夜柿……………………………………… 184
白い柵……………………………………… 195
魚…………………………………………… 206
おんなのひと……………………………… 212
途中………………………………………… 226
塵埃………………………………………… 235
眼ざまし時計……………………………… 251
鏡…………………………………………… 269
せんたく日和……………………………… 285
パチンコの玉……………………………… 307
父親………………………………………… 330
まっすぐな釘……………………………… 343
少年唱歌隊………………………………… 354
スケッチ・ブック………………………… 364
女の午後…………………………………… 375
雪ぞ降る…………………………………… 393
水の輪……………………………………… 399
小美術館で………………………………… 419
*あとがき 校正を終って(2)(永井龍男)…… 427
*解題(松本国雄)……………………… 437
*本全集未収録作品一覧………………… 444
 

第3巻 短篇小説 3 1981.6.20
 
枯芝…………………………………………… 7
銭湯の溝………………………………………19
電車を降りて…………………………………34
電報……………………………………………48
名刺……………………………………………55
私の眼…………………………………………68
快晴……………………………………………83
灯………………………………………………95
丸ノ内小景………………………………… 105
花の下……………………………………… 117
蜜柑………………………………………… 132
秋扇………………………………………… 141
ある土曜日………………………………… 166
虫…………………………………………… 178
一個………………………………………… 206
若い鶏……………………………………… 218
みずかき…………………………………… 237
カステラ…………………………………… 262
もげたボタン……………………………… 281
忘れ物……………………………………… 317
杉林そのほか……………………………… 331
しりとりあそび…………………………… 345
鯉と鮒……………………………………… 363
傘のありか………………………………… 385
ある友の会………………………………… 408
*あとがき 校正を終って(3)(永井龍男)…… 421
*解題(松本国雄)……………………… 431
*本全集未収録作品一覧………………… 437
 

第4巻 短篇小説 4 1981.7.20
 
襟巻…………………………………………… 7
ブルフロッグ大全……………………………19
雨が降るまで…………………………………36
冬の日…………………………………………44
蝶………………………………………………63
青梅雨…………………………………………78
とこやのいす…………………………………93
いてふの町………………………………… 101
ちっちゃな靴下…………………………… 117
胡桃………………………………………… 133
紅い紐……………………………………… 145
ロッカー・ルーム………………………… 154
萩数日……………………………………… 170
今年の灯…………………………………… 182
息災………………………………………… 191
くちなしの実……………………………… 207
日ごよみ…………………………………… 220
雀の卵……………………………………… 233
日向と日蔭………………………………… 246
とかげの尾………………………………… 274
刈田の畦…………………………………… 288
出口入口…………………………………… 298
秋…………………………………………… 307
ゆうやけ空………………………………… 319
粗朶の海…………………………………… 336
谷戸からの通信…………………………… 346
昨日今日…………………………………… 363
棺…………………………………………… 372
日常片々…………………………………… 384
ホテルの鏡………………………………… 397
*あとがき 校正を終って(4)(永井龍男)…… 401
*解題(松本国雄)……………………… 409
*本全集未収録作品一覧………………… 416
 

第5巻 長篇小説 1 1981.8.20
 
風ふたたび…………………………………… 5
外燈………………………………………… 173
*あとがき 校正を終って(5)(永井龍男)…… 425
*解題(松本国雄)……………………… 435
*本全集未収録作品一覧………………… 439
 

第6巻 長篇小説 2 1981.9.20
 
四角な卵……………………………………… 5
噴水………………………………………… 185
*あとがき 校正を終って(6)(永井龍男)…… 477
*解題(松本国雄)……………………… 485
*本全集未収録作品一覧………………… 488
 

第7巻 長篇小説 3 1981.10.20
 
幸吉八方ころがし…………………………… 5
沖田総司…………………………………… 299
*あとがき 校正を終って(7)(永井龍男)…… 403
*解題(松本国雄)……………………… 419
*本全集未収録作品一覧………………… 424
 

第8巻 長篇小説 4 1981.11.20
 
皿皿皿と皿…………………………………… 5
コチャバンバ行き………………………… 159
石版東京図絵……………………………… 279
*あとがき 校正を終って(8)(永井龍男)…… 493
*解題(松本国雄)……………………… 499
 

第9巻 雑文集 1 1981.12.20
 
東京の雪………………………………………13
材料……………………………………………17
蛞蝓日記………………………………………22
夜寒……………………………………………25
箒星の頃………………………………………28
暖かい冬………………………………………31
代書屋風の室…………………………………34
カードの遊び…………………………………38
いびきに就いて………………………………40
金屏風…………………………………………48
東京の鴬………………………………………50
紅葉の前………………………………………52
雨………………………………………………57
五銭銅貨………………………………………59
からみズム研究………………………………63
天才の出現……………………………………73
短篇小説と貯金………………………………76
翁………………………………………………80
にわとりと牛…………………………………83
ものの芽………………………………………86
ねむいということ……………………………88
道徳教育………………………………………91
水のあと………………………………………95
街中の釣り………………………………… 111
正確な文章………………………………… 113
五家争鳴…………………………………… 116
彼岸花のこと……………………………… 121
十年一昔…………………………………… 124
孫と新興国………………………………… 129
薔薇のとげ………………………………… 132
相撲のマス………………………………… 134
ひもの箱…………………………………… 137
小悪魔……………………………………… 140
伯父さん…………………………………… 143
十月の時計………………………………… 146
鴉…………………………………………… 149
さくらのころ……………………………… 153
また、年寄りのこと……………………… 157
勝負事……………………………………… 161
復讐………………………………………… 164
芝刈り器…………………………………… 166
引越しの数………………………………… 168
夜の食堂車………………………………… 172
雪のあとさき……………………………… 174
時間外れの酒……………………………… 177
蚊帳………………………………………… 180
私の小説から……………………………… 182
質屋について……………………………… 186
赤とんぼ・蜂・鈴虫……………………… 190
名人上手…………………………………… 193
七草まで…………………………………… 195
パチンコ・プロ…………………………… 198
数え日……………………………………… 201
独楽の紐…………………………………… 204
雪のメモ…………………………………… 207
合唱………………………………………… 210
夏の月……………………………………… 212
脇役と端役………………………………… 214
ネクタイの幅……………………………… 218
初髪のこと………………………………… 220
去年今年…………………………………… 222
立春まで…………………………………… 227
鯉の川……………………………………… 232
八十八夜…………………………………… 237
ある朝刊…………………………………… 242
英朋つりしのぶ…………………………… 247
お山洗い…………………………………… 250
秋祭り……………………………………… 254
長火鉢のまわり…………………………… 259
霜の朝……………………………………… 265
冬遠からじ………………………………… 268
勲章の記…………………………………… 273
雪の正月…………………………………… 278
背中から…………………………………… 283
梅から桜…………………………………… 288
竹の子……………………………………… 294
梅雨明け…………………………………… 299
かまくらの鴉……………………………… 304
中国旬日…………………………………… 307
水さまざま………………………………… 333
死霊・生霊………………………………… 338
二百二十日………………………………… 343
膝の猫……………………………………… 348
一里塚……………………………………… 353
花十日……………………………………… 359
冬木の鴉…………………………………… 364
付け加える話……………………………… 367
夕ごころ…………………………………… 373
身に沁む…………………………………… 376
去年の銀杏………………………………… 378
風車………………………………………… 384
井戸の水…………………………………… 387
風…………………………………………… 390
四階の窓…………………………………… 393
紅白………………………………………… 397
冬至まで…………………………………… 399
運と不運と………………………………… 403
*あとがき 校正を終って(9)(永井龍男)…… 433
*解題(秋山喜久雄)…………………… 439
 

第10巻 雑文集 2 1982.1.20
 
わが切抜帖より……………………… 9
水晶……………………………………………11
銭湯……………………………………………16
春めく…………………………………………20
野球開幕………………………………………24
身上相談………………………………………28
少年……………………………………………32
銀座の着物・巴里のベレ……………………36
ある随筆の筆者………………………………40
キリンの死……………………………………44
月を往復する距離……………………………48
祝儀不祝儀……………………………………52
月の表面………………………………………56
カンディダの話………………………………60
デンキ屋問答…………………………………64
犬と猫…………………………………………69
耳と鼻と………………………………………73
億という数字…………………………………77
銀座の水溜り…………………………………81
歯医者の庭……………………………………85
蓮ひらく………………………………………89
「死ぬほど良心に」…………………………93
下足札…………………………………………97
五右衛門について………………………… 102
フォークと箸と…………………………… 106
ビルとネズミ……………………………… 110
昔の東京1 ………………………… 115
ステッキと文士…………………………… 117
わが寄席行燈……………………………… 120
二昔三昔…………………………………… 135
ライスカレーとカツレツ………………… 152
大震災の中の一人………………………… 159
武道館界隈………………………………… 164
昔の東京2 ………………………… 169
魚河岸春夏秋冬…………………………… 171
回想の芥川・直木賞……………… 199
芥川賞の生まれるまで佐佐木茂索,永井龍男〔対談〕…… 388
芥川賞直木賞受賞作・予選通過作品一覧…… 399
*あとがき 校正を終って(10)(永井龍男)…… 417
*解題(秋山喜久雄)…………………… 423
 

第11巻 雑文集 3 1982.2.20
 
I
終焉の菊池寛…………………………………13
菊池寛…………………………………………31
三月七日………………………………………34
直木三十五……………………………………40
芥川龍之介……………………………………43
横光氏の忌日…………………………………46
誠実の人………………………………………49
倒影……………………………………………52
宇野浩二………………………………………59
佐佐木茂索さんのこと………………………62
久米さんと旅…………………………………76
書きかけの手紙………………………………78
止まっている時計……………………………82
高田保さんのこと………………………… 105
吊りしのぶ………………………………… 108
蚊…………………………………………… 113
同町内の人々……………………………… 117
大仏さんのこと…………………………… 122
夕蝉………………………………………… 127
チェホフ叔父さん………………………… 136
「晩菊」の作者…………………………… 140
九蔵の団蔵………………………………… 143
夕立………………………………………… 145
中山義秀を偲ぶ…………………………… 155
ある同窓会………………………………… 162
見えるということ………………………… 177
円熟………………………………………… 182
久生十蘭…………………………………… 185
「天草日記」なぞ………………………… 188
聡明ということ…………………………… 191
墓碑銘……………………………………… 194
ボールがしたい…………………………… 196
枯木ということ…………………………… 200
中原中也…………………………………… 214
吉田君と子息……………………………… 217
便利ちょうほうなケンゾウ・ナイフ…… 221
へっぽこ先生……………………………… 225
銀座の少年劉生…………………………… 229
大東京繁昌記……………………………… 232
II
十日の菊…………………………………… 237
一ト匙の砂糖……………………………… 243
クリスマス・イヴ………………………… 247
病床からの手紙…………………………… 251
銀座の柳…………………………………… 254
袴の縞目…………………………………… 258
かまくら句会……………………………… 261
おもかげ…………………………………… 264
「銭形平次」誕生のころ………………… 267
村松梢風…………………………………… 269
小野佐世男………………………………… 272
古川緑波…………………………………… 275
横山兄弟のベレー帽……………………… 278
酒徒交伝…………………………………… 281
III
里見さんの家……………………………… 323
近作「俳人仲間」………………………… 326
別冊付録のこと…………………………… 330
大黒柱……………………………………… 332
やるまいぞ………………………………… 333
引越しのこと……………………………… 337
黒いソフト………………………………… 347
小笠原諸島………………………………… 350
今日出海における人間の研究…………… 354
眼鏡の人…………………………………… 358
ある最初…………………………………… 360
重量上げ…………………………………… 363
井上靖氏への返事………………………… 367
東京人……………………………………… 369
心の用意…………………………………… 372
IV
芸について小林秀雄,永井龍男〔対談〕…… 377
文学・閑話休題井伏鱒二,永井龍男〔対談〕…… 388
*あとがき 校正を終って(11)(永井龍男)…… 415
*解題(秋山喜久雄)…………………… 423
 

第12巻 俳句集 1982.5.20
 
俳句集
文壇句会今昔………………………………… 9
文壇句会今昔・拾遺……………………… 277
雲に鳥……………………………………… 341
雲に鳥以後………………………………… 383
*永井龍男年譜…………………………… 415
*著作年譜………………………………… 443
*書誌……………………………………… 489
*あとがき 校正を終って(12)(永井龍男)…… 547
*解題(手塚美佐)……………………… 555
[ 2011/03/10 23:23 ] 永井龍男 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。