研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中井英夫 >  『中井英夫作品集』全10巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中井英夫作品集』全10巻・別巻1巻

『中井英夫作品集』全10巻・別巻1巻(三一書房、1986.5~1989.10)



第1巻 流刑 1986.5.15
 
オーストラリア幻想旅行…………………… 5
黒鳥譚<小説>…………………………… 7
黒鳥の囁き<小説>………………………49
黒鳥の旅……………………………………87
幻想庭園……………………………………97
出口と入口について―言語空間の祭典…… 108
陰画の旅………………………………… 131
流刑された作家たち……………………… 135
ケンタウロスの嘆き…………………… 137
終りなき宴―「三島由紀夫全集」刊行に寄せて…… 150
見てしまった魂の不幸―「三島由紀夫十代作品集」…… 154
肉体の背信―三島由紀夫私記………… 156
二度目の遺書―三島由紀夫「小説とは何か」…… 163
禿鷹……………………………………… 166
見えない遺書―川端康成……………… 175
血紅の美酒―泉鏡花に寄せて………… 181
美の洪水―泉鏡花……………………… 184
美への愛憎―「黒蜥蜴」……………… 198
香り高い闇―「一寸法師」…………… 202
孤独すぎる怪人―新・江戸川乱歩論… 207
乱歩変幻………………………………… 230
銀と金―乱歩と正史…………………… 242
異端と幻想の文学………………………… 247
日本の異色作家………………………… 249
久生十蘭論……………………………… 252
戦争と久生十蘭………………………… 264
王の孤独―久生十蘭…………………… 271
異次元の作家たち―小栗・夢野・久生…… 277
地球への流刑者―小栗虫太郎「二十世紀鉄仮面」「人外魔境」…… 282
異端の復権―久生・夢野・橘………… 285
悪夢の固まり―「夢野久作全集」…… 296
狂気のあかし―「ドグラ・マグラ」頌…… 299
「瓶詰の地獄」解説―夢野久作……… 304
彼方より…………………………………… 309
ふるさと・わが流刑地………………… 311
彼方より<戦中日記>………………… 319
*第一巻 自作解説……………………… 413
*初出・初収一覧………………………… 420
 

第2巻 幻視 1987.2.15
 
薔薇幻視……………………………………… 7
地下の薔薇園への招待…………………… 9
青の神秘について…………………………17
薔薇ならぬ薔薇の旅I―パリ・バガテル……29
薔薇ならぬ薔薇の旅II―地中海へ………39
小説・薔薇の罠……………………………55
あとがき 薔薇への詫びごと……………67
小説とエッセイ………………………………71
火星植物園…………………………………73
薔薇の夜を旅するとき……………………83
薔薇の獄―もしくは鳥の匂いのする少年……93
薔薇の縛め……………………………… 101
薔薇の戒め……………………………… 111
被衣……………………………………… 121
呼び名…………………………………… 131
重い薔薇………………………………… 141
薔薇への遺言…………………………… 155
薔薇が,薔薇で… ……………………… 173
薔薇の旅 ただし過去への…………… 177
香りへの旅………………………………… 183
香りの渓間への招待…………………… 185
香りへの旅I …………………………… 193
失われた香を求めて…………………… 201
香りへの旅II…………………………… 207
美しい滅びの芸術……………………… 213
香水詩集………………………………… 219
森の迷路―ビアランバン…………… 219
手紙―アムール アムール………… 220
恋やつれ―タブー…………………… 220
漂流者―シャネルNo.5……………… 221
紅い涙―夜間飛行…………………… 221
眸―カランドル……………………… 222
星の言葉―ミル……………………… 222
香りと文字と…………………………… 223
香りの植物園…………………………… 231
小説・低地の邑への旅………………… 253
あとがき 花火闇の中で……………… 263
小説とエッセイ…………………………… 267
香りの言葉……………………………… 269
白銀の暗殺者―香りの源泉について… 275
香水に寄せる11の脚韻詩の試み……… 283
黒衣の紡ぎ手―アルページュ……… 286
緑の血―アンフィニ………………… 288
金の供物―カレーシュ……………… 290
紗の帷―シャネルNo.19 …………… 292
泡立つ花束―ジョイ………………… 294
青の仲間―フィジー………………… 296
早春の訣れ―ミス・ディオール…… 298
星の宴―夜間飛行…………………… 300
恋の刑務所―ランテルディ………… 302
片頬―リヴゴーシュ………………… 304
踊り子―レール・デュ・タン……… 306
地下を旅して…………………………… 309
色彩・その毒について………………… 313
炎色反応………………………………… 323
第五太陽忌……………………………… 351
炎と記憶………………………………… 357
兄とレコードと友人たち……………… 361
掠れた唄たちへの頌…………………… 365
シャンソン二題………………………… 373
*第二巻 自作解説……………………… 377
*初出・初収一覧………………………… 396
 

第3巻 変身 1986.6.30
 
 皮…………………………………………… 5
幻戯……………………………………………27
銃器店へ………………………………………39
翼のあるサンダル―あるいは蟾蜍の記……77
影の狩人………………………………………91
死者の誘い………………………………… 107
星の砕片…………………………………… 129
鏡のなかへの旅…………………………… 145
空き瓶ブルース…………………………… 159
藍いろの夜………………………………… 175
青髯公の城………………………………… 189
人形たちの夜(抄)……………………… 259
笑う座敷ぼっこ………………………… 261
三途川を渡って………………………… 279
影人(えいじん)……………………… 297
憎悪の美酒……………………………… 311
歪む木偶………………………………… 327
貴腐(プリチュール・ノーブル)…… 343
*第三巻 自作解説……………………… 359
*初出・初収一覧………………………… 366
 

第4巻 狂気 1988.1.31
 
幻想博物館…………………………………… 7
聖父子……………………………………… 9
大望ある乗客………………………………19
影の舞踏会…………………………………29
黒闇天女……………………………………41
地下街………………………………………53
チッペンデールの寝台 もしくはロココふうな友情について……63
セザーレの悪夢……………………………71
蘇るオルフェウス…………………………79
公園にて……………………………………89
牧神の春………………………………… 101
邪眼……………………………………… 113
悪夢の骨牌………………………………… 123
水仙の眠り……………………………… 125
アケロンの流れの涯てに……………… 137
暖い墓…………………………………… 149
大星蝕の夜……………………………… 161
ヨカナーンの夜………………………… 173
緑の唇…………………………………… 185
緑の時間………………………………… 195
緑の訪問者……………………………… 207
廃屋を訪ねて…………………………… 219
戦後よ,眠れ …………………………… 231
闇の彼方へ……………………………… 243
人外境通信………………………………… 255
笑う椅子………………………………… 257
鏡に棲む男……………………………… 267
扉の彼方には…………………………… 277
青猫の惑わし…………………………… 287
夜への誘い……………………………… 297
美味追真………………………………… 307
真珠母の匣………………………………… 317
恋するグライアイ……………………… 319
死者からの音信………………………… 329
海の雫…………………………………… 341
幻影の囚人……………………………… 353
ピノキオの鼻…………………………… 363
優しい嘘………………………………… 375
青い贈り物……………………………… 387
絶滅鳥の宴……………………………… 397
あとがき………………………………… 407
*第九巻 自作解説……………………… 409
*初出・初収一覧………………………… 414
 

第5巻 迷宮 1986.8.31
 
夜翔ぶ女……………………………………… 7
ふつうの会話―家具に寄せる短編…………15
卵の王子たち―世界一小さな密室…………21
安楽死志願……………………………………27
三つの手紙……………………………………33
真珠姫…………………………………………41
天蓋……………………………………………49
名なしの森……………………………………53
変身譜…………………………………………81
干からびた犯罪…………………………… 107
盲目の薔薇………………………………… 131
あるふぁべてぃく………………………… 145
男色家の朝の歌…………………………… 161
夕映少年…………………………………… 175
月光の箱…………………………………… 179
影を売る店………………………………… 183
影法師連盟………………………………… 189
古代旅行者………………………………… 195
日蝕の子ら………………………………… 223
黒塚………………………………………… 245
星の不在…………………………………… 267
幻談・千夜一夜…………………………… 319
1 口上と物語の始まり………………… 321
2 シェーラザードの登場……………… 325
3 ハサンの船出………………………… 329
4 シャーリヤルの微笑………………… 333
5 青い実の憂愁………………………… 337
6 麝香の夜……………………………… 341
7 豹と王子……………………………… 345
8 魔女神と艶夢………………………… 350
9 間奏曲………………………………… 355
10 艶書と旅立ち ……………………… 359
11 シェーラザードの退場 …………… 364
12 旅の終りと納めの詞 ……………… 369
*第五巻 自作解説……………………… 375
*初出・初収一覧………………………… 382
 

第6巻 鏡と影 1986.11.15
 
白鳥盗人……………………………………… 9
日本人の貌―非国民の思想…………………15
暗い宴―わが体験……………………………34
アリス狩り……………………………………38
国民服の菊五郎………………………………46
文字・色・音―出会い………………………49
牡蠣の殻なる牡蠣の身の……………………51
古い時計―映画の時間・観客の時間………56
誰が鞭を持ち始めたのか―ナチは復活するか……61
金魚と蟻と人間と―人肉喰いの思想………66
金沢・東京・田端……………………………70
舌と鼻と………………………………………73
鏡と影の世界―わが“のすたるじあ”……77
正義の味方……………………………………81
ある冥さについて―近代と私………………85
死者への手紙―手紙の楽しみ………………88
木馬館周辺―見世物…………………………93
点としての東京―東京の風景………………97
電気地獄草紙……………………………… 103
暗号異聞…………………………………… 108
禁じられた扉……………………………… 112
偏愛的俳優(スタア)列伝―光と影の彼方に…… 116
幻影の都市―私の都市論………………… 127
地下鉄幻想………………………………… 132
立野地蔵尊由来…………………………… 137
男が化粧するとき………………………… 140
現代の「いき」の構造…………………… 144
「新青年」の変遷………………………… 147
恐山の異臭………………………………… 158
死者の香―恐山菩提寺…………………… 162
カイン待望論……………………………… 174
空しい音―愛読者をさがす登場人物…… 181
影の会のこと―乱歩から清張へ………… 186
百科事典とコンピュートピア…………… 197
街角での呟き……………………………… 201
百科事典と人間と………………………… 207
作家小論と書評
地下鉄の与太者たち―ボルヘス……… 213
戦後風俗の中のカフカ………………… 219
風に唄う人―プレヴェール…………… 223
老いたるアリョーシャ―ドストエーフスキー…… 227
手ぶくろ―バルザック………………… 231
ヘルマフロディットの幻―バルザック…… 236
散文精神の城―メリメ………………… 239
プルーストの日々……………………… 242
幻影美術館にて―ボッス小論………… 244
昼見えぬ星―北原白秋………………… 254
枯野と十字架―竹久夢二……………… 265
廃園にて―横溝正史…………………… 269
胎児の夢―竹中英太郎………………… 272
枇杷熟るるころ―内田百 …………… 282
サド侯爵の脇役たち…………………… 287
繭ごもる嬰児―渋沢龍彦……………… 296
炎の種子―寺山修司…………………… 300
1 砕けた鏡…………………………… 300
2 炎の種子…………………………… 308
弔辞……………………………………… 318
われに五月を…………………………… 320
美と恐怖の塔―江口裕子著「エドガア・ポオ論考」…… 324
朝霧の彼方に―「木々高太郎全集I」…… 326
生者の沈黙と死者の饒舌―渡辺温作品集「アンドロギュノスの裔」…… 329
登攀を許さぬ峻峰―平畑・三谷編集「西東三鬼全句集」…… 333
戦争の日々の哀歓―山田風太郎著「滅失への青春」…… 336
痛ましい予言者―海野十三著「敗戦日記」…… 340
「天狗」頌―大坪砂男………………… 342
「美国横断鉄路」―久生十蘭………… 344
「青蛾館」―寺山修司………………… 346
「グアテマラ伝説集」―アストゥリアス…… 348
「記憶の遠近法」―渋沢龍彦………… 351
「評伝三島由紀夫」―佐伯彰一……… 354
*第六巻 自作解説……………………… 357
*初収一覧………………………………… 366
 

第7巻 恥 1989.4.15
 
黒鳥館戦後日記 西荻窪の青春…………… 7
一九四五年………………………………… 9
一九四六年…………………………………69
続・黒鳥館戦後日記 西荻窪の青春…… 251
一九四七年……………………………… 253
LA BATTEE(ラ・バテエ) 1~30……… 397
1 一九七九年一二月~八〇年二月
1 罪の構図…………………………… 399
2 孫・孫・孫………………………… 401
3 呪文………………………………… 403
4 二通の遺書………………………… 405
5 人名整理法………………………… 407
6 旅へ………………………………… 409
7 故郷の香り………………………… 411
8 コアラと牛肉……………………… 413
9 黒い噴火…………………………… 415
10 悪感 ……………………………… 417
II 一九八〇年三月~四月
11 音楽展で ………………………… 419
12 肩書き …………………………… 421
13 語り草 …………………………… 423
14 暗い春 …………………………… 425
15 桜の下には ……………………… 427
16 一振りの剣 ……………………… 430
17 時の人 …………………………… 432
18 春の触手 ………………………… 434
19 死の合唱隊(コロス) ………… 436
20 遠い弔鐘 ………………………… 438
III 一九八〇年五月~六月
21 痴漢 ……………………………… 440
22 清涼剤 …………………………… 442
23 紫陽花の畔には ………………… 444
24 老いの歯 ………………………… 446
25 アダムの朝 ……………………… 448
26 「新青年」の話 ………………… 450
27 白鳥の死 ………………………… 452
28 梅雨と七夕 ……………………… 454
29 地上の縁 ………………………… 456
30 地上の罠 ………………………… 458
*第七巻 自作解説……………………… 461
*初出・初収一覧………………………… 466
 

第8巻 失寵 1989.10.15
 
月蝕領宣言…………………………………… 7
殺人者の憩いの家………………………… 9
ポオ断章……………………………………28
影の訪問者…………………………………37
カニバリズムの夜…………………………41
不在…………………………………………44
LA BATTEE(ラ・バテエ) 53~69 ………47
分身…………………………………………49
わが町の記…………………………………51
コバルト60…………………………………53
白線屋………………………………………55
執行猶予……………………………………57
舌代…………………………………………60
最後の不安…………………………………62
フィナーレ…………………………………64
流薔園変幻……………………………………67
まえがき……………………………………69
一九七五年…………………………………77
一九八二年……………………………… 101
あとがき………………………………… 137
月蝕領崩壊………………………………… 139
まえがき………………………………… 141
第一部…………………………………… 145
一九八二年(六月二八日―九月一六日)…… 145
一九八二年(九月一七日)―一九八三年(一月一三日)…… 192
一九八三年(一月一六日―四月二七日)…… 238
追記…………………………………… 269
第二部…………………………………… 279
一九八一年(一月一六日―三月二六日)…… 279
一九八一年(六月一日)―一九八二年(一月一一日)…… 318
一九八二年(四月一九日―六月二四日)…… 359
あとがき……………………………… 395
*第八巻 自作解説……………………… 397
*影の墓碑銘(相沢啓三)……………… 402
*初出・初収一覧………………………… 406
 

第9巻 時間 1987.10.31
 
光のアダム…………………………………… 7
あとがき………………………………… 194
他人(ヨソビト)の夢…………………… 197
後記……………………………………… 507
蒼白者の行進……………………………… 351
*第九巻 自作解説……………………… 511
*初出・初収一覧………………………… 516
 

第10巻 死 1987.6.30
 
虚無への供物―その人々に………………… 9
あとがき………………………………… 584
*校訂 <虚無への供物>地図………… 585
*第十巻 自作解説……………………… 625
 

別巻 宴 1988.9.15
 
詩篇 眠るひとへの哀歌 水星の騎士 拾遺
詩篇
眠るひとへの哀歌 全篇…………………11
眠るひとへの哀歌………………………11
白い手…………………………………11
眠るひとへ……………………………12
不在の手………………………………12
旅へ……………………………………13
炎………………………………………13
音楽……………………………………14
朝食……………………………………14
海への扉………………………………15
手を逃れて……………………………15
祈りの翅…………………………………16
朱………………………………………16
洞………………………………………16
翅………………………………………17
棘………………………………………17
鏡………………………………………18
沼………………………………………18
水の中の声………………………………19
夜,翼は遠いために …………………19
指と水仙………………………………20
人形……………………………………20
遠くへ行つた人と俺…………………21
水仙の一束が届けられた……………21
ある朝…………………………………22
譚………………………………………22
氷雨……………………………………23
蝕まれた人………………………………23
敗戦図…………………………………23
蝕まれた人……………………………24
「不明氏の墓」に寄せて……………25
凍える花………………………………25
行列……………………………………27
十二月の僧院…………………………28
翼と影…………………………………30
歳暮の天使……………………………30
挽歌……………………………………31
愚神……………………………………31
白日のフオーヌ…………………………32
氷の女…………………………………32
唇に寄す………………………………33
草上哀歌………………………………33
即興詩…………………………………34
星……………………………………34
正午……………………………………34
蛙………………………………………34
首………………………………………35
優雅な犯罪……………………………35
首吊りのうた…………………………36
屍体……………………………………37
雨の夜…………………………………38
白日のフオーヌ………………………39
邦1 ……………………………………39
邦2 ……………………………………40
邦3 ……………………………………40
邦4 ……………………………………40
邦5 ……………………………………41
あとがき…………………………………41
水星の騎士 全篇…………………………42
一九三六年
短唱……………………………………42
かげらふの恋…………………………43
羽虫……………………………………43
一九三七年
「貧しき子の夢」抄…………………44
青きかなしみ…………………………44
毒蛇……………………………………45
未亡人の夜……………………………46
三者……………………………………46
ひねくれもの…………………………46
登場……………………………………47
己惚……………………………………47
白い犬…………………………………48
時を送る唄……………………………49
地球追放………………………………49
黒猫に…………………………………52
罪の日…………………………………52
水星の騎士……………………………53
秘密……………………………………53
塔………………………………………53
あしおと………………………………54
一九三八年
酒場にて………………………………54
深夜…………………………………54
黎明…………………………………55
残骸……………………………………55
四月の会話……………………………56
地平線のうた…………………………56
少年の夜………………………………56
果樹園断章……………………………57
一九三九年
兄………………………………………57
ある序詩………………………………58
囚人の歌………………………………58
涙のあとに……………………………60
ある家の夜……………………………60
小さな家の火事………………………60
一九四〇年
わが眼のうた…………………………61
左眼のうた…………………………61
右眼のうた…………………………61
速達……………………………………62
他人に…………………………………62
ちちははとその子のうた……………63
序……………………………………63
家出…………………………………63
その子のうた 1 …………………63
両親に………………………………64
その子のうた 2 …………………64
二月の或夜に…………………………65
海を渡り終へた基督…………………65
ひぐれと子供達………………………66
蟻の詩人………………………………67
五月を送るうた………………………68
草の夜………………………………68
薔薇に寄す…………………………68
旅立ち………………………………68
小犬と蛇……………………………69
月との喧嘩…………………………69
くりや風物…………………………69
古い館の詩…………………………70
五月の入口…………………………70
断章……………………………………70
谷底の詩………………………………70
矢………………………………………71
あとがき…………………………………72
拾遺詩篇……………………………………74
戦中詩篇
鐘………………………………………74
暗き部屋にて…………………………75
六月ノ遺書……………………………75
消ゴムの唄……………………………76
敗戦……………………………………76
戯詩・時の馬車………………………77
<白日のフオーヌ>前後
病室……………………………………78
断片……………………………………79
横顔……………………………………80
風の中…………………………………81
祝砲……………………………………81
点景……………………………………82
港にて…………………………………82
夜がその死を教へてくれた…………83
河明り…………………………………83
邦6 ……………………………………84
五月……………………………………85
公園……………………………………85
鍵………………………………………86
奇妙な水族館…………………………87
水死人…………………………………87
<水の中の声>拾遺
からつぽの掌に寄す…………………88
隊商……………………………………88
指の翼…………………………………89
LARME NOIRE …………………………89
戯詩二篇………………………………90
唇を?………………………………90
死ね!………………………………90
終りの唄………………………………91
<眠るひとへの哀歌>前後
修羅……………………………………91
音………………………………………92
黄………………………………………92
刻………………………………………93
声………………………………………93
花………………………………………94
病院……………………………………94
<祈りの翅>前後
風………………………………………95
街で……………………………………96
友人および……………………………97
夜会……………………………………98
独楽……………………………………99
緑の教え………………………………99
新詩篇
箱…………………………………… 100
アルバム
「虚無への供物」アルバム…………… 102
黒鳥館から流薔園・月蝕領へ………… 106
黒衣の短歌史……………………………… 117
はじめに………………………………… 119
昭和二十年~二十三年………………… 124
昭和二十四年~二十五年……………… 132
昭和二十六年~二十七年……………… 195
昭和二十八年~二十九年……………… 245
昭和三十年以降………………………… 282
おわりに………………………………… 306
現代短歌論………………………………… 309
模倣のすすめ…………………………… 311
無用者のうた―戦後新人白書………… 320
現代の魔女―葛原妙子小論…………… 336
短歌の墓………………………………… 342
眠れゴーレム―寺山修司論…………… 345
“夏”のために―「岡井隆歌集」…… 356
標的としての現代歌人………………… 360
直立する男魂歌―佐佐木幸綱……… 360
反骨に伴う気品―福島泰樹………… 362
たおやかな歌腰―馬場あき子……… 363
月光の魔術師―塚本邦雄…………… 365
黄金の苦痛者―葛原妙子…………… 366
緑の翼―石川不二子小論……………… 369
むなしさの母胎………………………… 375
クウェート国通信……………………… 378
あとがき………………………………… 382
*中井英夫著作目録・年譜
*著作目録……………………………… 389
*年譜…………………………………… 399
*別巻 自作解説………………………… 415
*初収一覧………………………………… 422
[ 2011/03/10 23:24 ] 中井英夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。