研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中江兆民 >  『中江兆民全集』全17巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中江兆民全集』全17巻・別巻1巻

『中江兆民全集』全17巻・別巻1巻(岩波書店、1983.11~1986.4)



第1巻 1983.12.15
 
凡例………………………………………… 3
民約論 巻之二……………………………… 1
策論……………………………………………19
民約訳解 巻之一……………………………65
民約訳解 巻之二………………………… 105
民約訳解よみくだし文………………… 131
非開化論…………………………………… 201
参考
民約訳解草稿……………………………… 239
民約抄……………………………………… 253
*『民約訳解』の校訂、訓読について(島田虔次)…… 263
*解題(井田進也,松永昌三) ………… 279
 

第2巻 1984.3.15
 
凡例………………………………………… 3
維氏美学 上冊……………………………… 1
緒論………………………………………… 9
第1部
第1篇 伎術ノ起源及ビ其類別 ………47
第1章 載籍以前ノ伎術 人心精美ヲ好ムノ情 部分及ビ総括 言語……47
第2章 模擬 言語文字ヲ造作スルニ於ケル模擬ノ功 音調…64
第3章 言語文字ノ道益々進暢スルニ及ビ、芸術ニ係ル諸種ノ体裁此レヨリ出ヅ……83
第4章 総合 芸術ハ本ト人心ニ起原ス…… 102
第2篇 美学上快楽ノ本原及ビ其性質…… 108
第1章 人身窮理上ノ条件 声音及ビ形色中有スル所ノ細分子ノ鼓動ヨリ生ズル感触 脳髄発動ノ増殖…… 108
第2章 性理上ノ条件 事理ノ順序 物ノ集合 物ノ相反スル事 物ノ重複 直線 曲線 斜線 水平線… 115
第3章 生気 希蝋ノ芸文ニ於ケル意趣 芸文ニ於ケル題目ノ撰択 芸文ニ於ケル道理…… 127
第4章 総合 耳目ノ快ハ作者ノ才ヲ感ズルヨリ発ス…… 144
第3篇 嗜好 ………………………… 151
第1章 嗜好ノ種々ナル事及ビ其変化 鑑評ノ具…… 151
第2章 嗜好ノ変易シテ且ツ定体無キノ原由 教育 先入ノ説 古人ト今人トノ争 装飾ノ流行…… 158
第3章 嗜好ノ釈義 希蝋人嗜好ノ釈義 嗜好ノ教育…… 169
第4篇 芸術ノ才 …………………… 179
第5篇 伎巧 ………………………… 198
第1章 諸伎芸進歩ノ沿革 ……… 198
第2章 巧芸ノ総称ノ釈義 諸種ノ巧芸ノ相因ル事…… 216
第6篇 美学ノ物タル如何 ………… 228
第1章 美 美ノ一字未ダ以テ芸文ノ義ヲ尽スニ足ラザル事 模擬ヲ主トスルノ説未ダ信憑スルニ足ラザル事 美学ノ釈義…… 228
第2章 凡ソ芸術ノ作ニ於テ賞鑑家ノ感服スル所以ノ者ハ作者ノ才能ニ在リ 「エステチック」《美学》ノ釈義…… 241
第7篇 美麗ノ術、意趣ノ術 ……… 258
第1章 美麗ノ術ノ本質 希蝋人ニ於ケル美麗ノ術…… 258
第2章 意趣ノ法 流麗ト婉美トハ意趣ノ法ニ属セズ 雄健及ビ純美… 269
第3章 総言 ……………………… 291
第8篇 手法 ………………………… 299
第1章 独得ノ手法 平庸ノ手法 希蝋彫刻ノ手法…… 299
第2章 意答利ノ画家ノ手法、荷蘭ノ画家ノ手法 手法ノ論ノ肝要ナルコト 博士家ノ手法 政府ノ教育… 314
*後記(井田進也)……………………… 341
 

第3巻 1984.11.22
 
維氏美学 下冊……………………………… 1
凡例………………………………………… 3
第2部
第1篇 芸術ノ類別 …………………… 7
第2篇 建築術 …………………………18
第1章 天象ノ説ヲ主張スル流派 建築ノ形状ハ各地ノ風土材料及ビ制度宗旨ノ性質ニ由リテ各々相異ナル事……18
第2章 建築ハ当初居宅ノ広大ニ赴クヨリ起リシヲ論ズ 希臘ノ建築法…32
第3章 羅馬ノ建築 ビザンチンヌノ建築 亜刺比ノ建築 仏蘭西初年建築……45
第4章 「オジワール」法 中興ノ時ノ建築法……52
第5章 総括 …………………………69
第3篇 彫刻 ……………………………79
第1章 象徴 彫刻術ニ於ケル象徴ノ効益 希臘種族ノ美貌 骨格 純美……79
第2章 希臘彫刻ニ於ケル意趣 博士家ノ陋見 古昔彫像ノ長処ハ何処ニ在ル乎 近代ノ彫刻家何ヲ修メテ以テ古昔ノ彫刻家ニ勝ルコトヲ得ル乎……94
第3章 〔建築ニ用フル彫刻〕建築ニ用フル彫刻ノ衰頽ノ原因 建築ニ用フル彫刻ニ係ル要款…… 117
第4篇 画学 ………………………… 142
第1章 筆画 設色  染 濃淡…… 142
第2章 充補ノ彩色 ……………… 156
第3章 設色ノ 斉及布置 設色ヲ以テ画ノ意趣ヲ発揮スル事…… 174
第4章 筆画 生気ヨリ発スル形貌 線条ヲ主トスル筆画家及ビ生気ヲ主トスル筆画家 生気ヲ主トスル筆画家ノ線条ヲ主トスル筆画家ニ勝ル所以ノ理…… 192
第5章 光線ニ因リテ発スル変形 輪郭 布置 線画ヨリ発スル遠近ノ勢并ニ 染ヨリ発スル遠近ノ勢…… 201
第6章 手術 デラクロアーテオドールルーソー及ビリュベンノ諸氏ニ係ル例則…… 208
第7章 運筆并ニ作者固有ノ情性ヲ発揮シ及ビ物体ノ性ヲ発揮スル事 リュベン フランズアルス ユージェーンヌ、デラクロアー 美術博士院ノ謬迷ヲ論ズ…… 223
第5篇 舞蹈 ………………………… 231
第6篇 音楽 ………………………… 236
第1章 音楽沿革ノ概略 ………… 236
第2章 音楽ハ学ト術トノ二科ニ渉ルヲ論ズ 音響ノ意義…… 246
第3章 音声ノ本質ヲ論ズ ……… 253
第4章 図画調〔彫〕刻ノ法ニ由テ音律ヲ定ム 音楽ハ各自ノ思想ヲ表発ス…… 259
第5章 各自固有ノ性質ニ随テ音楽ヲ調ス 音楽ト詩学ノ連合 「メロヂ」及「アルモニ」 音楽ノ区域… 267
第7篇 詩学 ………………………… 277
第1章 詩学トハ何者ナル乎 詩人ノ才性…… 277
第2章 人心ヲ感ズルノ要款 …… 283
第3章 私愛ノ念 文芸ノ作ヲ評スルニ於ケル私愛ノ念ノ力…… 292
第4章 詩ノ語 諧韵ヲ用ヒザル詩 詩ノ境界…… 298
第5章 近世詩風ノ性質 ………… 316
第6章 詩学ニ係リ道徳并ニ心性ノ学ノ進歩 稗官…… 322
第7章 「ドラーム」 …………… 336
第8章 歌行ノ詩及ビ諷刺ノ詩 詩ニ於ケル感情ヲ発揮スル手段ノ他ノ諸芸ニ勝サルコトヲ論ズ 詩及ビ学術…… 348
第8篇 結局論 ……………………… 357
附録 プラトンノ美学………………… 384
 

第4巻 1984.1.17
 
凡例………………………………………… 3
理学沿革史〔1〕 …………………………… 1
*後記(井田進也)……………………… 383
 

第5巻 1984.7.16
 
凡例………………………………………… 3
理学沿革史〔2〕 …………………………… 1
*後記(井田進也)……………………… 407
 

第6巻 1985.3.15
 
凡例………………………………………… 3
第4編 近代ノ理学
第6章 英吉利及ビ蘇古蘭ノ理学 ……… 7
緒論……………………………………… 7
本論………………………………………14
第1 ロックノ理学……………………14
第2 ベルケレーノ理学………………36
第3 ユームノ理学……………………40
第4 アダム、スミッス及ビ感激ノ情ヲ以テ道徳ノ根原ト為スノ説……50
第5 ベンザム及ビ利益ノ道学………52
第6 蘇古蘭派ノ理学 レイド ステワルト アミルトン……55
第7章 第十八紀法朗西ノ理学 …………59
緒論………………………………………59
本論………………………………………70
第1 観察ニ係ル理学 コンヂヤック ヂデロー ドルバック ウォルテール ルーソー……70
第2 政術ニ係ル理学 エルウエシユース モンテスキユー ウォルテール ルーソー チュルゴー コンドルセー……76
第8章 第十八紀日耳曼ノ理学 カント…… 152
緒論…………………………………… 152
本論…………………………………… 161
純然智慧ノ点検…………………… 164
実行ノ智慧ノ点検 道学………… 196
第4 文芸…………………………… 204
第9章 第十九紀法朗西ノ理学 ……… 209
緒論…………………………………… 209
本論…………………………………… 218
第1 メーンヌ、ド、ビラン……… 218
第2 ウィクトル、クーザン 採 派ノ理学…… 228
第3 実際派ノ理学 オーギュスト、コント…… 233
第4 財利学家及ビ社会党ノ説…… 241
第10章 カントノ継述者 フィクテ シェルリング ヘッケル スコペンノーエル…… 260
緒論…………………………………… 260
本論…………………………………… 270
第1 フィクテ……………………… 273
第2 シェルリング………………… 279
第3 ヘッケル……………………… 286
第4 ヘッケル派ノ理学…………… 309
第5 スコペンノーエル…………… 313
第11章 近時英国ノ理学……………… 334
緒論…………………………………… 334
本論…………………………………… 341
第1 英国ノ性理学………………… 342
第2 英国学士世界全体ノ説……… 358
第3 英国近時ノ道徳及ビ政術…… 365
総論……………………………………… 389
緒論…………………………………… 389
本論…………………………………… 390
 

第7巻 1984.4.13
 
凡例………………………………………… 3
理学鉤玄……………………………………… 1
*解題(松本三之介)…………………… 281
*『理学鉤玄』の基本用語およびそのフランス語表記一覧…… 1
 

第8巻 1984.2.15
 
凡例………………………………………… 3
革命前法朗西二世紀事……………………… 1
三酔人経綸問答…………………………… 175
民主国ノ道徳……………………………… 273
*解題(松沢弘陽,井田進也) ………… 329
 

第9巻 1984.5.15
 
凡例………………………………………… 3
道徳学大原論………………………………… 1
*解題(井田進也)……………………… 333
 

第10巻 1983.11.15
 
凡例………………………………………… 3
平民の目さまし……………………………… 1
国会論…………………………………………35
選挙人目ざまし………………………………77
一年有半…………………………………… 125
続一年有半………………………………… 221
*解題(松本三之介)…………………… 293
 

第11巻 1984.6.29
 
凡例………………………………………… 3
新聞雑誌論説1
1878(明治11)―1882(明治15)年
招魂祠記……………………………………… 1
民権論………………………………………… 4
男女異権論…………………………………… 9
疑学弁…………………………………………12
原政……………………………………………15
拿破崙三世論…………………………………18
論公利私利……………………………………22
祝詞……………………………………………26
兄弟鬩牆説……………………………………29
1887(明治20)年
随感随録第一章………………………………32
1 改革時代の老物…………………………32
2 谷将軍……………………………………35
3 A.B.C.……………………………………36
4 未来は如何………………………………38
5 盲人………………………………………38
6 我邦政治ノ一新…………………………39
7 青年輩脳髄中の妄念……………………40
8 多頭ノ怪物………………………………42
暁鐘新報発刊ノ規言…………………………47
1888(明治21)年
本紙発刊の詞…………………………………49
古今孰れの国にても…………………………52
泰西諸国の政事家には………………………54
世の中には上品なる卑屈者とも云ふ可き……56
国の文明たると野蛮たるとを問はず………58
卿とか大臣とか………………………………60
欧羅巴や天竺では……………………………62
新民世界〔1〕 ………………………………64
羅馬帝国の末年抑圧肆恣の政………………67
天地の内にも外にも二つと無き……………69
宮崎夢柳「咏雪限韵」への評………………71
少く容色有り少く才気有る婦人は…………72
新民世界〔2〕 ………………………………74
漢土にては市井から引き抜かれて…………78
現今卿若くは大臣の位に居る者……………80
文学趣味論の応援……………………………82
障子の切り張のような事を為るは…………84
奈良紀游………………………………………85
日耳曼皇帝維廉 せり………………………88
文章ノ妙ハ社会ノ極致ヲ穿ツニアリ………90
士族諸君に告ぐ………………………………92
再び士族諸君に告ぐ…………………………96
老錬と因循とは境を接して居る………… 100
三たび士族諸君に告ぐ…………………… 102
勧告………………………………………… 106
西人云へる有り…………………………… 108
農族諸君に告ぐ…………………………… 110
黄金ニ非ズ黄金ニ非ズ…………………… 119
土佐紀游…………………………………… 126
文学成熟の期……………………………… 134
仏蘭西第二帝制の時にや有りけん……… 136
東西古今の史を閲みしたる人々は……… 139
土著兵論…………………………………… 142
阿讃紀游…………………………………… 153
政事家の度量……………………………… 161
農業論……………………………………… 165
政党論……………………………………… 169
工族諸君に告ぐ…………………………… 184
婦人改良の一策…………………………… 194
富者諸君に望む…………………………… 199
流行ノ論…………………………………… 202
阿土紀游…………………………………… 209
外交論……………………………………… 218
地方官を論ず……………………………… 225
再び地方官を論ず………………………… 230
懇親会……………………………………… 235
再び懇親会を論ず………………………… 239
実業家と政治家…………………………… 243
又実業家と政治家………………………… 247
虚業家……………………………………… 251
大宴会……………………………………… 256
又大宴会…………………………………… 260
東方ノ強国………………………………… 264
悪くらしく子供らしく…………………… 267
決闘………………………………………… 269
貴嬢子貴婦人に告ぐ……………………… 272
在野政治家………………………………… 275
明治の豪商に告ぐ………………………… 278
今日は是れ政治的戦争の時代…………… 282
少歳曽経慕渭浜…………………………… 284
弔馬場辰猪君……………………………… 286
政海の新潮君に告ぐ……………………… 290
宮崎夢柳「兆民中江老兄見似近作……」への評…… 292
平民………………………………………… 293
伊国と仏国………………………………… 296
又伊国と仏国……………………………… 300
宮崎夢柳「浪華客舎一夕不寐賦此遺懐」への評…… 303
西班牙国…………………………………… 304
又西班牙国………………………………… 308
露矢亜国…………………………………… 312
又露矢亜国………………………………… 316
又々露矢亜国……………………………… 320
瑞西国……………………………………… 325
墺地利国…………………………………… 329
歳暮有感…………………………………… 333
1889(明治22)年
租税………………………………………… 334
己丑元旦…………………………………… 337
首藤鶴南「元日口占」への評…………… 338
後藤象次郎君ハ去年ノ冬ヨリ…………… 339
一昨日は当地陸軍の会宴にて…………… 342
蓬門………………………………………… 345
去年の何月頃にて有りけん……………… 346
大阪府会議員の半数改選………………… 349
松尾香艸「二月初訪兆民……」への評… 353
憲法の発布は吾邦古今未曽有…………… 354
我明治政府が今回の御芽出度…………… 356
松尾香艸「呈宮崎夢柳兄次其寄示韵」への評…… 358
松尾香艸「紙鳶」への評………………… 359
候補者諸君に告ぐ………………………… 360
国会議士の後盾…………………………… 365
大同団結伯は内閣に這入る……………… 370
松尾香艸「春初過城南」への評………… 373
遺老の入閣………………………………… 374
廟堂諸公政治上の欲望…………………… 378
今日の政党………………………………… 386
死刑廃止論………………………………… 389
内閣の責任………………………………… 392
予章翻風白日動…………………………… 396
黒田内閣…………………………………… 398
アンケート「書目十種」への回答……… 402
汽車自大阪至東京………………………… 403
東海鉄道…………………………………… 404
在野政治家の最大義務…………………… 407
華族に新旧の別有るは…………………… 409
読者諸君に告ぐ…………………………… 411
生産社会の実相…………………………… 413
参考
原政 婁騒政論之大旨意訳……………… 420
兄弟鬩牆説 係六七年前旧製今後所載皆然…… 422
*解題(松永昌三)……………………… 425
*校訂注…………………………………… 471
 

第12巻 1984.9.27
 
凡例………………………………………… 3
新聞雑誌論説 2
1889(明治22)年
政論の発刊に就て…………………………… 1
松尾香艸「書宮崎夢柳小伝後」への附記… 6
政治的の意見書は愛国心の見本…………… 8
帝国議会の開設に先ちて……………………11
鬼窟裡の活計…………………………………14
治安に妨害有りとは新聞条例中の文字……16
東雲児の懺悔…………………………………19
条約改正に係る今日の現況…………………21
建白書…………………………………………25
二将軍三伯……………………………………27
社会の出来事は波瀾の如し…………………31
政治上の道義は将に壊敗せんとす…………35
憲法の製造者兼守護者たる…………………41
我内閣諸公の腕前……………………………44
鉄道旅行の観察………………………………49
ゲジゲジ虫の寄合……………………………53
愛国公党…大同団結…………………………56
自由党出来たり湧出したり…………………58
清国商人と本邦商人…………………………60
阪崎紫瀾「東京客舎…」「白石駅有感…」「松嶋瑞巌寺…」への評……68
1890(明治23)年
大阪大会に就ての悪まれ口…………………70
衆議院議員の一大義務………………………73
祝国民新聞発刊………………………………79
財政論…………………………………………80
帰納法論理学の評……………………………83
祝信濃毎日新聞………………………………85
君子小人………………………………………87
進歩党の聯合、是れ一佳事なり……………89
杞人の憂………………………………………90
旧自由党の三派と九州同志会との合同……93
曙雑誌の発刊を祝す…………………………94
祝発刊…………………………………………96
国家の夢、個人の鐘…………………………98
服装と文章………………………………… 102
無人島の居民……………………………… 105
四千万人の砂漠…………………………… 108
海陸軍将と煙盒髷………………………… 113
天外地表の一国土………………………… 116
近視漢、跛行者…………………………… 119
国民新聞の解停を祝す…………………… 122
四境外の水………………………………… 124
謹て衆議院議長並に副議長を推薦す…… 127
国粋の宴の記……………………………… 130
三斗の酢を飲め…………………………… 132
医門多疾…………………………………… 136
進歩雑誌興り、余に一文を請ふ………… 138
題民の心…………………………………… 140
日本記者に一言す………………………… 142
あづま新聞発刊に就て…………………… 145
一大囂々の予報…………………………… 147
議員批評 一……………………………… 150
議員批評 二……………………………… 152
予算委員諸君に妄言す…………………… 155
議員批評 三……………………………… 159
1891(明治24)年
立憲自由党の急務………………………… 161
弥生館の議決……………………………… 175
殴打の時代………………………………… 178
大蔵大臣の演説…………………………… 180
其血玄黄…………………………………… 184
国会記者に一言す………………………… 186
議員批評 四……………………………… 188
議員批評 五……………………………… 191
九百五百の音響…………………………… 193
官制は議員の口を箝する器具に非ず…… 196
議員批評 六……………………………… 200
解散の避雷柱……………………………… 202
議員批評 七……………………………… 204
立憲自由党の大会に就て………………… 206
査定案是れ我党の旗幟…………………… 210
立憲自由党頂門の一針…………………… 213
狂人国……………………………………… 215
啖人鬼を減ず、吸血魔を減ず…………… 220
官制………………………………………… 224
政府国……………………………………… 227
選挙人に告ぐ……………………………… 230
雲上の縉紳地上の動物…………………… 234
自由党万歳………………………………… 239
「クルツプ」炮…………………………… 242
己れを屈して衆に従ふ…………………… 245
的の字……………………………………… 247
国会彼れ何物ぞ…………………………… 248
大谷木備一郎君外浜岡光哲君井上角五郎君呈出の緊急動議…… 250
我政府に一言す…………………………… 253
天野若円氏の緊急動議に就て…………… 256
無血虫の陳列場…………………………… 259
避雷柱、風雨針…………………………… 260
既定の歳出………………………………… 263
議会の迷室………………………………… 266
政府万歳、議会万歳……………………… 269
筆猶ほ在り舌猶ほ在り…………………… 273
発刊の旨趣………………………………… 275
官権党……………………………………… 277
議会解散非解散 他二篇
議会解散非解散………………………… 282
憲法の解釈……………………………… 284
共に是れ手習ひ………………………… 285
議会の敗者は是れ全国の勝者…………… 286
島本北洲「俳諧所設立趣意書」へのまえがき…… 288
予算案に於ける貴族院…………………… 290
条例の文字、条例の適用………………… 293
地価修正非修正に就て後言す…………… 297
帝国議会閉会……………………………… 299
俗論………………………………………… 304
競争外の生活場…………………………… 308
角田真平君を推薦す可し………………… 310
地価修正非修正に就て…………………… 312
天下の大勢 他五篇
天下の大勢……………………………… 319
俗論……………………………………… 320
功名心…………………………………… 320
倹素……………………………………… 321
議院外の勢力…………………………… 321
山県内閣………………………………… 322
改進、大成、自由………………………… 324
条約問題…………………………………… 327
脳髄の改革………………………………… 330
総理若くは幹事…………………………… 333
天事的必要、人為的必要………………… 336
解せりや解せりや………………………… 339
今日の計一言して定まらん……………… 341
土地所有権………………………………… 344
又土地所有権に就て……………………… 347
神経病……………………………………… 349
情海………………………………………… 352
*解題……………………………………… 389
 

第13巻 1985.1.16
 
凡例………………………………………… 3
新聞雑誌論説 3
1891(明治24)年
人心の厭倦…………………………………… 1
時機 他七篇
時機………………………………………… 9
関税回復……………………………………10
政府党………………………………………10
豪傑…………………………………………11
風俗の腐壊…………………………………12
自由は取る可き物なり……………………12
自由を消化するは難し……………………13
与に自由を語るに足らず…………………13
実業世界の饑饉………………………………15
候補者組織……………………………………17
難儀なる国是…………………………………20
治外法権の撤去………………………………22
又治外法権の撤去……………………………26
山県相公辞職の風説に就て…………………29
あづま新聞の拡張に就て……………………32
初め山県相公…………………………………34
風説一叢………………………………………37
凡派の豪傑非凡派の豪傑……………………39
条約改正 他三篇
条約改正……………………………………46
通商条規……………………………………47
首相の更迭…………………………………48
芳川文部大臣辞職の噂……………………49
自由党中の非政社倶楽部……………………50
伊藤伯に一言す………………………………53
功臣政府………………………………………57
平家……………………………………………61
大臣たることは六かしきものなる乎………65
「果して々々々」と「是れは々々々」……69
九州大会………………………………………73
旧天地新天地…………………………………76
伊藤伯 他一篇
伊藤伯………………………………………83
西郷伯………………………………………85
吾人の至願なり………………………………87
輸出税の全廃…………………………………89
穢土の菌………………………………………92
政治的芸人……………………………………94
政治的結核病…………………………………96
帝室財産………………………………………99
容器と容物………………………………… 102
内閣と議会の勝負………………………… 106
大樹公の分身……………………………… 109
議会を味方とし、輿論を後盾とし……… 117
国会は官衙に非ず………………………… 119
児島維慊氏は老壮士の称有り…………… 126
大臣の製造………………………………… 128
伊藤伯総理の職を固辞して……………… 135
蜉蝣党蠢動党……………………………… 137
松方伯多年大蔵の職に任じ……………… 142
祝「いばらき」の発刊…………………… 144
米商会所、第六銀行、久次米銀行……… 145
1892(明治25)年
北海道の牧畜業…………………………… 147
1897(明治30)年
中井篤介君祝辞…………………………… 150
1898(明治31)年
国民党生ぜざる可からず………………… 151
善忘国民に告ぐ…………………………… 158
我邦近時…………………………………… 165
国民党の本分……………………………… 168
起てよ国民………………………………… 172
武術と武道………………………………… 179
半山生に告ぐ……………………………… 181
余の信ずる逸品…………………………… 183
1900(明治33)年
日本人の生活……………………………… 187
大奮発を要す……………………………… 190
笊碁的開化………………………………… 193
盲目的進歩………………………………… 196
発表紙誌不明の論説
『四民の目さまし』収録の論説
商族諸君に告ぐ…………………………… 201
工業論……………………………………… 203
商業論……………………………………… 206
金融逼迫…………………………………… 210
貧民救助の策に就て……………………… 213
外国出稼…………………………………… 216
『一年有半附録』収録の論説
大恥辱大滑稽……………………………… 221
考へざる可らず…………………………… 227
経済界……………………………………… 234
士族の政治………………………………… 243
市会の商業………………………………… 246
議権は贓品也……………………………… 248
猟官悪からず……………………………… 250
猟官は権利なり…………………………… 252
魂胆………………………………………… 254
貴公子と雲助……………………………… 257
高襟党……………………………………… 258
愚拙無造作………………………………… 260
嫉妬擠排…………………………………… 262
潔癖………………………………………… 263
器用………………………………………… 264
足る事を知る……………………………… 265
『警世放言』収録の論説
無主義の弁………………………………… 266
枢密院……………………………………… 268
帝室と内閣の分離………………………… 272
理論は邦家を覆へすものなる歟………… 274
理論は邦家に必要なり…………………… 280
常備軍と土着兵…………………………… 283
経済社会の悪魔…………………………… 287
我邦の開化………………………………… 288
日本国は真に人を帰化せいむるの勢力ある邪…… 291
立憲政治の行旅は亜刺比砂漠の行商に似たり…… 294
脳中の葛藤は先天の遺物………………… 294
謝礼的賄賂………………………………… 295
賄賂請嘱の芥溜より生ずる毒菌………… 297
『兆民文集』収録の論説
所得税に就て……………………………… 298
又所得税に就て…………………………… 301
又々所得税に就て………………………… 305
国会の費…………………………………… 309
条約問答に就て…………………………… 312
非条約改正論に係る破壊的善後的の説… 316
官吏は日本人に非ざる乎………………… 324
外国の信用………………………………… 329
条約改正…………………………………… 333
貨幣の増発………………………………… 337
歳計予算表に就て………………………… 338
帰化法に就て……………………………… 342
貴族院議員………………………………… 346
当年の内国大博覧会に就て……………… 349
洋剣政治…………………………………… 353
曰く是れ…………………………………… 355
吾等は内閣の忠臣なり…………………… 356
無形の告身、十万人力…………………… 361
無形の黴…………………………………… 364
政府は著作者、国会は批評家…………… 366
前列後列…………………………………… 369
生きたる死骸……………………………… 370
大身の鎗…………………………………… 372
陸奥宗光君………………………………… 374
ビ公の辞職………………………………… 375
草稿
『東雲新聞』掲載の論説
衆議院議長………………………………… 383
衆議院の請願者に告ぐ…………………… 383
議場外有志の運動………………………… 385
衆議院の大勢……………………………… 388
通商条約に就て…………………………… 390
放言………………………………………… 392
両間に濠溝を穿つ可し…………………… 395
競ふて平生鬱勃の気を鼓し……………… 396
『北門新報』掲載の論説
北門新報の発刊に就て…………………… 398
社員諸君に告ぐ…………………………… 400
日本国の富海……………………………… 402
北海道庁…………………………………… 404
六千余方里の土塊………………………… 408
東京より北海道に至るの記……………… 412
西海岸にての感覚………………………… 421
冬は北海道の敵なり……………………… 430
*解題……………………………………… 433
*著作集収録論説の校異
*著作集収録論説一覧
 

第14巻 1985.5.24
 
凡例………………………………………… 3
新聞雑誌論説 4(無署名)
1881(明治14)年
吾儕ノ此新聞紙ヲ発兌スルヤ……………… 1
五輩今月十八日第一号ノ紙上ニ於テ……… 4
東洋自由新聞ノ発行ヲ祝ス………………… 7
君民共治之説…………………………………10
心思ノ自由……………………………………13
東洋自由新聞ヲ祝ス…………………………16
再論干渉教育…………………………………18
吾儕時事ヲ論ズルコトヲ欲セズ……………21
国会問答………………………………………24
元気養ハザルベカラズ………………………35
西園寺君公望東洋自由新聞社ヲ去ル………38
天ノ説…………………………………………41
有一邦于此……………………………………44
井上参議ノ演舌ハ一時ノ謬伝ニ過ギズ……48
再告府県会議員諸君…………………………52
英仏人民可哀不可慕…………………………55
防禍于未萌……………………………………58
宜シク朝廷ノ責ヲ軽クスベシ………………62
言論ノ自由……………………………………66
再論言論自由…………………………………69
答浅野先生……………………………………72
1882(明治15)年
叢談刊行之旨意………………………………76
一千七百九十三年仏蘭西民権之告示………78
自由新聞発行ノ旨意…………………………90
良心ノ論………………………………………93
政党ノ論………………………………………96
官局ノ気習………………………………… 100
毫釐の差千里ノ謬………………………… 104
為政者其レ鑑ミル所アレ………………… 109
時事蠡測…………………………………… 112
争地ノ論…………………………………… 121
論外交……………………………………… 125
書信ノ秘ヲ発スルノ害…………………… 137
社長板垣ノ西遊…………………………… 141
我自由党諸君ニ告グ……………………… 145
自由主義ノ運行…………………………… 149
1888(明治21)年
半明半蛮ノ世代…………………………… 153
勤王の説…………………………………… 156
官民の行き違ひ…………………………… 159
総生寛「遥寄中江篤介君」への評……… 162
下手な大工は釘を濫用し………………… 163
本月一日ノ貴社新紙欄外ノ報ニ由リテ……… 164
国民之友第十五号………………………… 168
坪内雄蔵氏近著の浮雲第二編…………… 170
社会に乱党を激出せざらんことを望む… 172
良、乱、勇、惰、四民の分析…………… 175
呈大円居士足下…………………………… 187
有為活溌の気象に富み…………………… 189
政治思想ノ張弛…………………………… 191
人爵の妄念を除け………………………… 194
平民主義ノ政治家………………………… 196
東京なる半渓岡本純君近著の…………… 200
老人の院劇を見て感有り………………… 202
朋友と云ふものは平生旨義目的を……… 205
東雲新聞記者坐下………………………… 207
市町村両制に係る推考…………………… 209
国民之友第二十二号の贈を得たり……… 215
我邦ニ於テ泰西立憲制度ノ旨義ノ……… 217
政論第一号を読む………………………… 219
古今亜細亜地方の癖として……………… 225
旧世界を出でゝ新世界に入るの時……… 227
貴族院ノ権限……………………………… 229
泰西諸国には機関新聞と云ふことが…… 231
大井小林氏等は這回名古屋控訴院の…… 233
「ドースル」の一書は…………………… 235
政治海中にも亦暗礁有り………………… 237
政府大改革の噂…………………………… 239
酔死道人小林雄七郎君其著はす所の…… 243
元老院の議事……………………………… 245
三菱会社は会社とは云へ………………… 251
有名なる第十九世紀の今日に於て……… 253
大同団結…………………………………… 255
保安条例の保存を望む…………………… 259
新聞紙の正誤……………………………… 263
今回金港堂より発刊せし文覚上人の…… 267
昨日は懇親会が有りたり………………… 269
昨日即ち明治二十一年十月十六日の…… 271
懇親会員諸君の別に臨んで一言す……… 272
東京の輿論新誌は今回…………………… 275
欧米は師匠国なり………………………… 277
東京本町金港堂が発売に係る…………… 279
市制町村制は政治的高塔の土台なり…… 283
国民の友の絢爛目を奪ふや……………… 285
同志社私立大学設立ノ計画……………… 286
又同志社私立大学ノ設…………………… 289
某新聞は発行を停止せられたり………… 295
枢密院と元老院…………………………… 297
枢密院……………………………………… 300
大阪小売商諸君に望む…………………… 304
昨日は兼て噂の有りし壮士連芝居……… 306
ブーランジヱー将軍……………………… 310
吾等が永徳の様なる応挙の様なる……… 314
経世評論第一号ノ寄ヲ得タリ…………… 317
「新世界」は亡国の俑を造る勿れと…… 319
朝日新聞ハ団珍乎タル挿画ノ故ヲ以テ……… 321
全国新聞雑誌批評 第一………………… 323
保安条例の満一周年……………………… 326
1889(明治22)年
全国新聞雑誌並著訳書批評 第一……… 330
東雲新聞ノ誕生日………………………… 334
大阪公論の不道徳………………………… 336
議員候補者の意見説明を望む…………… 339
再び議員候補者諸君の意見説明を望む… 342
全国新聞雑誌並著訳書批評 第二……… 345
*解題……………………………………… 347
*無署名論説認定の方法と基準………… 449
 

第15巻 1985.8.30
 
凡例………………………………………… 3
新聞雑誌論説 5(無署名)
1889(明治22)年
憲法発布ニ就テノ愚衷……………………… 1
憲法発布の盛典に就て人民の喜悦………… 4
全国新聞雑誌並著訳書批評 第三………… 7
憲法発布ノ余沢ヲ祝ス………………………10
這回の憲法に就て伊藤博文君の演説………13
暗殺専門家に告ぐ……………………………17
全国新聞雑誌並著訳書批評(第四)………20
森文部大臣の後任……………………………22
恩地検事の公訴………………………………25
全国新聞雑誌並著訳書批評 第五…………28
出獄諸君に告ぐ………………………………30
新聞雑誌の停止に就て………………………33
出獄諸子の被選権……………………………36
西京よりは西村七三郎………………………39
過日来新聞雑誌が往々怪我を………………41
政治的ノ劫風…………………………………43
官吏の議員候補者……………………………46
西村府知事を奉迎す…………………………50
選挙人に告ぐ…………………………………53
大阪党…………………………………………56
誰か大阪を争地と云ふ乎……………………63
大同団結の頭まは先日俄に…………………66
過日当府道頓堀角の芝居に…………………68
官有物払下……………………………………70
摂津河内和泉地価引下請願…………………76
市会議員の選挙に就て………………………82
某伯爵大臣の勇退 他三篇
某伯爵大臣の勇退…………………………87
某校長の 濁………………………………88
受賂人の液素………………………………88
端荘なる妖怪世界…………………………89
条約改正 他二篇
条約改正……………………………………90
大阪府監獄の金……………………………91
児嶋湾………………………………………91
条約改正の手続に就て………………………93
君子的に非ず議院的に非ず推合ひ屏合ひ的の政治……98
帰化法製定の割出に就て……………………99
新聞………………………………………… 103
演説………………………………………… 104
大阪市米穀の買占………………………… 105
伊藤伯の辞職……………………………… 111
報知記者朝廷を蔑如す…………………… 116
自由党員諸子の大会に就て……………… 119
大阪府通常会……………………………… 123
集会条例改正の噂に就て………………… 126
大阪府に於ける分県論…………………… 132
1890(明治23)年
地方官の出入……………………………… 135
放言否な法言……………………………… 139
国人の輸出………………………………… 141
貴族衆議両院諸君子に告ぐ……………… 144
立憲自由党の決議案を読みて…………… 147
立憲自由党の防腐剤……………………… 150
商法の実施に就て………………………… 152
山田伯の辞職……………………………… 155
1891(明治24)年
猛絶勇絶義絶侠絶の壮士………………… 158
某貴族院議員の傾倒 他一篇
某貴族院議員の傾倒…………………… 159
余は感情的動物なり…………………… 160
甲東若し在らば…………………………… 162
山田伯……………………………………… 163
内閣の決心卜知す可し…………………… 164
数字の戦方に始る………………………… 165
吊民報……………………………………… 167
烏有子嘗て無是公に建言したる………… 169
車上の獣皮 々然たり…………………… 170
病者一人に医者二人……………………… 171
委員諸君之を諒せよ……………………… 174
板垣翁の談話……………………………… 175
貴族院の消息……………………………… 177
菓子税……………………………………… 178
柄運律転…………………………………… 180
尊王討幕と民権拡張……………………… 182
交通管 他一篇
交通管…………………………………… 184
条約事件………………………………… 184
民報記者、自由記者……………………… 186
首相更迭の噂 他四篇
首相更迭の噂…………………………… 188
日韓問題………………………………… 188
露皇太子の来遊………………………… 188
官吏の非免職…………………………… 189
代議士と選挙人………………………… 189
現政府党 他一篇
現政府党………………………………… 190
功名心…………………………………… 190
海関税……………………………………… 192
床の間の挿花……………………………… 194
邪推一束…………………………………… 196
露太子殿下遭難事件に就て……………… 198
信用投票…………………………………… 200
自由改進両党聯合………………………… 202
道徳………………………………………… 203
1898(明治31)年
国民党創立趣意書・政綱………………… 204
入党手引草………………………………… 206
政党の今昔………………………………… 207
大政事家…………………………………… 208
政客の今昔………………………………… 210
昏睡の巨人………………………………… 211
1900(明治33)年
媾和問題 其二…………………………… 213
灰殻的外交 他四篇
灰殻的外交……………………………… 215
填補不填補……………………………… 216
蛸壺の蛸………………………………… 216
友喰ひ…………………………………… 217
正宗左文字……………………………… 217
貿易界……………………………………… 218
京都鉄道房総鉄道………………………… 220
株屋の称号………………………………… 222
演説のカチ当り…………………………… 224
頭上の陰雲………………………………… 226
小人閑行して不善を為す………………… 228
奢侈の運搬………………………………… 230
始ての閣議 他二篇
始ての閣議……………………………… 232
一線の曙光……………………………… 233
高襟的外交……………………………… 233
星逓相の辞職……………………………… 235
我邦の政治家……………………………… 237
終刊の辞…………………………………… 239
1901(明治34)年
新禧祝言…………………………………… 241
棒喝録……………………………………… 243
椒酒の余醺………………………………… 246
小言………………………………………… 248
日本に奢侈無し…………………………… 250
真の回復邪………………………………… 252
市議長の選挙……………………………… 254
又反対党…………………………………… 256
奉吊の議案 他二篇
奉吊の議案……………………………… 258
中堂の死………………………………… 259
劉坤一…………………………………… 259
福沢先生卒す……………………………… 260
閑人………………………………………… 261
満州の事…………………………………… 263
群盲………………………………………… 265
敵役………………………………………… 267
砂糖税……………………………………… 269
糖塩棉藍…………………………………… 271
今日の問題………………………………… 273
首悪処罰問題……………………………… 275
増税案の通過……………………………… 277
十月一日 他一篇
十月一日………………………………… 279
三四倶楽部……………………………… 280
井上伯の演説……………………………… 281
貴族院……………………………………… 283
貴族院の今日 他一篇
貴族院の今日…………………………… 285
法官の反抗……………………………… 286
政治的性理的……………………………… 287
停会後……………………………………… 289
元老の往来 他三篇
元老の往来……………………………… 291
折合相談………………………………… 292
総辞職…………………………………… 292
次の内閣………………………………… 293
元老時代…………………………………… 294
議事体の敗壊……………………………… 296
*解題……………………………………… 299
*新聞雑誌解題…………………………… 371
*新聞雑誌論説題名索引
 

第16巻 1986.3.27
 
凡例
書簡
中江柳・虎馬宛……………………………… 3
千谷・高橋宛………………………………… 9
『新聞雑誌』編集室宛………………………10
川口羽高宛……………………………………11
福田乾一宛……………………………………12
元老院宛………………………………………14
西園寺公望宛…………………………………15
小島竜太郎宛…………………………………17
馬場辰猪宛……………………………………18
児嶋稔(大島更造)宛………………………19
浅川範明宛……………………………………20
栗原亮一宛……………………………………25
伊藤大八・八重子宛…………………………31
初見八郎宛……………………………………84
徳富猪一郎宛……………………………… 102
大隈重信宛………………………………… 134
末広鉄腸宛………………………………… 138
小山久之助・清太郎宛…………………… 139
小塚藤吉宛………………………………… 151
坂牧勇助宛………………………………… 176
森鴎外宛…………………………………… 177
金玉均宛…………………………………… 179
葛岡信綱宛………………………………… 180
池田武意宛………………………………… 184
石川安次郎(半山)宛…………………… 185
島崎豊馬宛………………………………… 188
今西茂喜宛………………………………… 190
幸徳秋水宛………………………………… 192
原猪作宛…………………………………… 210
光妙寺三郎追憶会宛……………………… 220
小池政吉宛………………………………… 221
大石正巳宛………………………………… 222
高橋宛……………………………………… 223
大和田篤治宛……………………………… 224
石黒忠悳宛………………………………… 226
山陰閑人宛………………………………… 230
片岡健吉宛………………………………… 231
佐々友房宛………………………………… 232
田口卯吉宛………………………………… 233
杉孫七郎宛………………………………… 235
〈書簡写真〉………………………… 236
題辞・揮毫ほか…………………………… 249
関係者書簡………………………………… 295
*解題……………………………………… 333
 

第17巻 1986.2.27
 
凡例
多口子伝……………………………………… 1
西園寺公望奏文……………………………… 5
東洋自由新聞社顛覆ス……………………… 7
本論…………………………………………… 9
東洋著訳出版社設立株金募集ノ旨主………17
日本出版会社設立ノ主旨……………………20
杉田定一『窮愁一適』序……………………22
『革命前法朗西二世紀事』広告文草稿……25
徳富猪一郎『将来之日本』再版の序………27
菅了法『哲学論綱』序………………………29
板垣退助再辞爵表……………………………32
野村泰亨ほか纂訳『仏和辞林』序…………35
住田頼之助訳『西国 婦人立志編』序……39
後藤象二郎の封事……………………………41
根岸兎三郎『文明雑俎 処世の物種』序…48
小林雄七郎『自由鏡』序……………………49
公道会趣意書…………………………………51
哲学新論序……………………………………53
奉贈情雑誌記者先生並引……………………56
宮崎夢柳『仏蘭西革命記 自由の凱歌』序……58
伊東洋二郎『雄弁秘訣 実用演説法』叙…61
黒岩涙香訳『仏蘭西小説 有罪無罪』序…62
常山紀談訳……………………………………64
口上……………………………………………67
幸徳秋水「己丑歳晩」「試筆」への評……68
檄して天下の志士に告ぐ……………………69
自由党(再興)結党趣意書…………………71
自由党(再興)の主義・綱領・党議………73
矢野竜渓『報知異聞 浮城物語』批評……76
美人を得よ……………………………………78
西田瑞穂『老妖僧』贈言……………………79
立憲自由党の旨趣……………………………80
立憲自由党の主義・綱領・党議……………81
利光鶴松『政党評判記』序…………………83
衆議院の勅語奉答……………………………85
文章家の徳富君と政治家の徳富君…………86
衆議院議員辞表………………………………89
島本北洲『夢路の記』序……………………90
去婦……………………………………………92
浅川範彦『虎烈刺のむし』評………………93
平井収次郎君切腹の現状……………………95
将赴北海道口吟………………………………97
江口三省訳『社会問題』序…………………98
久松義典『北海道新策』序……………… 100
中江篤介・野村泰亨共訳『仏和字彙』訳者序言…… 102
植木枝盛墓碑銘…………………………… 103
宮城浩蔵墓碑銘…………………………… 107
桜洲山人「読西史戯作十首」への批評… 111
沢亀治郎『対総撰挙準備論策 一名大日本革新論』序…… 113
片山家墓碑銘……………………………… 114
福田富治『初学実用 仏蘭西文典』序… 116
更有何人誦黍離…………………………… 118
仏学塾関係資料
家塾開業願……………………………… 119
仏蘭西学舎開塾広告…………………… 122
開業免状御下渡願……………………… 123
明治十五年九月改正 仏学塾規則…… 127
仏学塾開陳書(1) …………………… 138
仏学塾開陳書(2) …………………… 144
外国教師雇の願………………………… 150
出版関係資料
『民約訳解』出版版権願……………… 152
『民約訳解』版権免許之証…………… 154
『革命前法朗西二世紀事』出版版権書替願…… 155
幸徳伝次郎宛内務省警保局書簡……… 156
続一年有半出版契約書………………… 157
『続一年有半』著作権譲渡登録願…… 159
続一年有半印刷高……………………… 160
覚………………………………………… 162
実業関係資料
吾妻鉄道株式会社設立発起願及副申書…… 163
中央清潔株式会社起業目論見書……… 167
兆民筆蹟(写真版)………………… 173
別篇
中江篤介氏……………………………… 181
中江兆民先生…………………………… 182
暗涙一掬………………………………… 184
青年急進過激党の組織………………… 186
中江篤助氏を訪ふ……………………… 187
兆民居士と保安条例…………………… 191
兆民居士の物語………………………… 192
集会政社法取締に関する在野党諸名士の意見…… 194
兆民居士大に談ず……………………… 194
高知屋の主人と談ず…………………… 197
中江兆民先生を訪ふ…………………… 201
兆民居士王学談………………………… 204
兆民居士の文学談……………………… 205
中江兆民居士の談……………………… 210
東西娼妓制度の異同…………………… 211
中江兆民翁の経済談…………………… 213
中江兆民先生の談話…………………… 215
英国財産相続法(抄)………………… 217
孛国財産相続法(抄)………………… 223
仏国訴訟法原論(抄)………………… 230
仏和辞林(抄)………………………… 243
道徳論…………………………………… 257
*『三酔人経綸問答』『国会論』『続一年有半』ほかの校異…… 385
*解題……………………………………… 389
*法律翻訳書解題………………………… 444
 

別巻 1986.4.30
 
凡例
中江兆民関係記事…………………………… 1
1879(明治12)年―1884(明治17)年… 3
1885(明治18)年―1887(明治20)年…13
1888(明治21)年…………………………23
1889(明治22)年…………………………38
1890(明治23)年1月―6月………………64
1890(明治23)年7月―12月 ……………98
1891(明治24)年……………………… 133
1892(明治25)年……………………… 162
1893(明治26)年……………………… 191
1894(明治27)年……………………… 203
1895(明治28)年……………………… 209
1896(明治29)年……………………… 213
1897(明治30)年……………………… 215
1898(明治31)年……………………… 218
1899(明治32)年……………………… 247
1900(明治33)年……………………… 249
1901(明治34)年1月―8月…………… 254
1901(明治34)年9月 ………………… 261
1901(明治34)年10月………………… 290
1901(明治34)年11月………………… 318
1901(明治34)年12月………………… 331
1902(明治35)年……………………… 415
1903(明治36)年―1912(明治45)年…… 486
1912(大正元)年―1926(大正15)年…… 502
1926(昭和元)年以降………………… 517
年譜………………………………………… 531
翻訳作品加筆箇所総覧…………………… 571
民約論 巻之二………………………… 573
民約訳解 巻之一……………………… 575
民約訳解 巻之二……………………… 579
非開化論………………………………… 583
維氏美学 上…………………………… 585
維氏美学 下…………………………… 597
理学沿革史 一………………………… 617
理学沿革史 二………………………… 637
理学沿革史 三………………………… 659
民主国ノ道徳…………………………… 686
道徳学大原論…………………………… 691
*中江兆民関係記事 解題……………… 705
*翻訳作品加筆箇所総覧 解題………… 747
*中江兆民関係記事細目………………… 771
*中江兆民全集人名索引
[ 2011/03/11 00:12 ] 中江兆民 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。