研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中上健次 >  『中上健次全集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中上健次全集』全15巻

『中上健次全集』全15巻(集英社、1995.5~1996.8、柄谷行人,浅田彰,四方田犬彦,渡部直己編)


1 1995.8.23
 
初期小説集I
十八歳…………………………………… 7
JAZZ……………………………………… 33
隆男と美津子…………………………… 41
海へ……………………………………… 53
不満足…………………………………… 79
愛のような……………………………… 91
日本語について………………………… 127
一番はじめの出来事…………………… 209
眠りの日々……………………………… 265
灰色のコカコーラ……………………… 297
十九歳の地図…………………………… 371
蝸牛……………………………………… 415
補陀落…………………………………… 447
黄金比の朝……………………………… 473
*解題 校異(永島貴吉)……………… 525

 

2 1995.9.25
 
初期小説集II
鳩どもの家……………………………… 7
羅漢……………………………………… 55
火宅……………………………………… 69
浄徳寺ツアー…………………………… 107
蛇淫……………………………………… 147
荒くれ…………………………………… 169
水の家…………………………………… 207
路地……………………………………… 235
雲山……………………………………… 261
荒神……………………………………… 281
鷹を飼う家……………………………… 317
鬼………………………………………… 355
神坐……………………………………… 381
臥龍山…………………………………… 393
藁の家…………………………………… 443
幻火……………………………………… 467
赫髪……………………………………… 479
女形……………………………………… 503
水の女…………………………………… 513
かげろう………………………………… 535
吉野……………………………………… 555
*解題 校異(永島貴吉)……………… 573

 

3 1995.5.24
 
化粧…………………………………………7
修験……………………………………… 9
欣求……………………………………… 21
草木……………………………………… 35
浮島……………………………………… 47
穢土……………………………………… 63
天鼓……………………………………… 77
蓬莱……………………………………… 91
楽土……………………………………… 103
化粧……………………………………… 117
三月……………………………………… 129
伏拝……………………………………… 147
紅の滝…………………………………… 157
岬…………………………………………… 167
枯木灘……………………………………… 243
覇王の七日………………………………… 489
*解題 校異(石原千秋)……………… 503

 

4 1995.10.25
 
鳳仙花……………………………………… 7
紀伊物語…………………………………… 313
*解題 校異(宗像和重)……………… 569

 

5 1995.7.25
 
千年の愉楽………………………………… 7
半蔵の鳥………………………………… 9
六道の辻………………………………… 31
天狗の松………………………………… 63
天人五衰………………………………… 99
ラプラタ綺譚…………………………… 139
カンナカムイの翼……………………… 161
熊野集……………………………………… 191
不死……………………………………… 193
桜川……………………………………… 209
蝶鳥……………………………………… 225
花郎……………………………………… 239
海神……………………………………… 253
石橋……………………………………… 271
妖霊星…………………………………… 287
勝浦……………………………………… 301
鬼の話…………………………………… 315
月と不死………………………………… 327
偸盗の桜………………………………… 343
葺き籠り………………………………… 357
熊の背中に乗って……………………… 409
鴉………………………………………… 425
*解題 校異(宗像和重)……………… 439

 

6 1995.11.25
 
地の果て 至上の時……………………… 7
*解題(石原千秋)……………………… 455

 

7 1995.12.25
 
日輪の翼…………………………………… 7
讃歌………………………………………… 281
*解題 校異(石原千秋)……………… 603

 

8 1996.1.24
 
町よ…………………………………………7
香港……………………………………… 9
シンガポール…………………………… 21
スペイン―ヒタノスの涙……………… 33
モロッコ―タンヘルの雨……………… 47
町よ、ソウル―イテウォンの女……… 57
踊り子イメルダ………………………… 69
物語ソウル…………………………………83
輪舞する、ソウル。……………………… 157
火まつり…………………………………… 229
天の歌―小説 都はるみ………………… 337
戯曲………………………………………… 485
ちちのみの 父はいまさず…………… 487
火まつり………………………………… 521
謡曲・本宮……………………………… 591
ふたかみ………………………………… 599
日輪の翼………………………………… 607
*解題 校異(宗像和重)……………… 723

 

9 1996.2.25
 
十九歳のジェイコブ……………………… 7
野性の火炎樹……………………………… 181
*解題 校異(永島貴吉)……………… 393

 

10 1996.3.24
 
重力の都…………………………………… 7
重力の都………………………………… 9
よしや無頼……………………………… 27
残りの花………………………………… 55
刺青の蓮花……………………………… 69
ふたかみ………………………………… 87
愛獣……………………………………… 101
奇蹟………………………………………… 115
*解題 校異(石原千秋)……………… 439

 

11 1996.4.24
 
天の歌……………………………………… 7
大鴉………………………………………… 13
軽蔑………………………………………… 27
青い朝顔…………………………………… 407
*解題 校異(宗像和重)……………… 419

 

12 1996.5.25
 
未完小説集I
宇津保物語……………………………… 7
異族……………………………………… 115
火ねずみの恋…………………………… 707
吉野……………………………………… 721
蘭の崇高………………………………… 735
*解題(石原千秋)……………………… 765
 

13 1996.6.25
 
未完小説集II
鰐の聖域………………………………… 7
大洪水…………………………………… 129
熱風……………………………………… 495
*解題(宗像和重)……………………… 807

 

14 1996.7.24
 
評論・エッセイI
初期創作・詩編…………………………9
帽子…………………………………… 11
音のない音楽 誤てる者のために… 13
赤い儀式……………………………… 16
硝子の城……………………………… 25
昇天…………………………………… 26
讃歌…………………………………… 26
履歴書………………………………… 28
幻覚…………………………………… 30
四行詩………………………………… 31
No.20 ………………………………… 31
俺のピアフよ………………………… 32
作品38………………………………… 33
歌声は血を吐いて…………………… 33
五つの母音からなる季節…………… 34
四つの断章からなる季節への試み… 36
四十五回転盤季節と若干の問題…… 39
季節のための詩学…………………… 40
季節あるいはベトナムから遠く離れて…… 42
季節に関する報告及び反歌………… 43
夜(形而下学的考察による季節への試論)…… 45
季節への提言及び悲歌……………… 46
挽歌―久堀清彦に…………………… 47
故郷を葬る歌………………………… 48
季節への短かい一章………………… 50
泥坂…………………………………… 50
犯罪者の生成課程(序)…………… 52
発生前後……………………………… 53
初期文集…………………………………55
失われつつある詩と教育…………… 57
民主主義の踏絵……………………… 59
若き世代にむかって………………… 61
人間の条件…………………………… 62
五年後のにがみ……………………… 64
旅立て………………………………… 66
黒人兵と日本の若者………………… 67
星の王子さま………………………… 70
われらは主張する…………………… 71
われらは主張する…………………… 73
原点に回帰する……………………… 75
署名運動の意義 正統性の論理…… 77
無関心の功罪………………………… 79
飢えた子供の前で文学は可能か?―サルトルの発言について…… 81
現代についてのエチュード………… 84
日本春歌考と僕……………………… 98
愚劣の衆解散式のすすめ その序… 104
僕自身のための弁明と嘘つき……… 107
チェコ問題についてのコメント…… 110
北杜夫「黄いろい船」……………… 110
自己批判及び文学ノート…………… 114
短篇選評……………………………… 117
ヤクザ映画について………………… 129
編集後記に代えて僕たちの長い広告…… 133
犯罪者宣言及びわが母系一族……… 135
郷里(暴力)の意味―文学ノート2…… 139
やぶれかぶれ四枚…………………… 141
文学への執念………………………… 143
編集後記(「文芸首都」終刊記念号)…… 144
キャンプにて………………………… 144
『宿命と表現』の磁場―芹沢俊介第一評論集…… 146
鳥のように獣のように(抄)………… 153
I
二十代の履歴書…………………… 155
紀州弁……………………………… 156
母系一族…………………………… 158
萎びた日向くさい南瓜…………… 161
鳳仙花の母………………………… 163
わが友……………………………… 165
火宅の雪…………………………… 168
土のコード………………………… 171
町よ………………………………… 173
働くことと書くこと……………… 185
センチメンタリズム……………… 187
ピクニック・スト………………… 190
初発の者…………………………… 193
アングリー、ハングリー………… 196
作家と肉体………………………… 199
II
私の道楽…………………………… 205
雪と「獣(けもの)」…………… 206
犯罪者永山則夫からの報告……… 220
時は流れる………………………… 239
親爺を殴り殺せ…………………… 242
地図の彼方へ……………………… 249
III
酒一筋に魅せられて……………… 258
いま変身について書くこと―フイリップ・ロス『乳房になった男』… 259
わがノッティンガム―私とシリトー…… 270
姉の自由・アナーキー―円地文子『花食い姥』…… 272
異国での確認―辻邦生『夏の砦』…… 278
“コートームケイ”の小説―大江健三郎『洪水はわが魂に及び』…… 282
読書ノートから…………………… 288
映画ノートから…………………… 298
方位'73 …………………………… 317
自同律に不愉快を表明するぼくの自意識…… 334
小説の新しさとは何か…………… 338
単行本未収録作品(1975年~1976年)…… 342
文学における私とは誰れか………… 342
「作家」にとってこの闘いは…―彼らにとって「本」は物である…… 345
私の近況……………………………… 346
夢の力(抄)…………………………… 349
風景の貌(かお)…………………… 351
熊野…………………………………… 359
大島・田子(たこ)………………… 361
風景を飲む…………………………… 364
私の中の日本人 大石誠之助……… 367
天下の絶品…………………………… 371
梅干の喧嘩…………………………… 375
私のスペイン………………………… 377
夢の力………………………………… 384
根元的な場所―南部………………… 387
鳥獣に類ス…………………………… 388
短篇小説としての能………………… 391
詩は軽蔑に価する…………………… 392
戦争を欲する子供たち……………… 395
戦後と私―江藤・本多論争を読んで…… 398
坂口安吾……………………………… 400
和田芳恵・老残の力………………… 414
短篇小説の力―水上勉『寺泊』『壺坂幻想』をめぐって…… 422
安岡章太郎・肉感的文体論………… 432
出さなかった返書―小林秀雄を読む…… 436
蓄積された自然としての存在―秋山駿氏へ…… 440
君の地図を映像の中に展開せよ…… 446
映画ノート'76~'77………………… 449
私の文章修業………………………… 454
犬の私………………………………… 457
十八歳の頃…………………………… 458
翻訳した詩…………………………… 460
〈本〉の外へ飛び出したい………… 463
単行本未収録作品(1977年~1979年)…… 465
海と光………………………………… 465
祖母の芋……………………………… 466
祝発刊(「新紀日報」の発刊に寄せて)…… 468
小説 非常なもの―森崎和江著『遙かなる祭』を読む…… 469
※酒を飲むたびに喧嘩し、………… 473
市長に会って………………………… 474
鈴木翁二 ジャズビレ大学卒……… 475
※夜の酒場で顔をあわせ、………… 477
魂ふゆ………………………………… 478
紀州―木の国・根の国物語…………… 479
序章…………………………………… 481
新宮…………………………………… 487
天満…………………………………… 496
古座…………………………………… 505
紀伊大島……………………………… 514
和深…………………………………… 524
日置…………………………………… 532
朝来…………………………………… 540
皆ノ川………………………………… 548
本宮…………………………………… 556
尾呂志………………………………… 564
有馬…………………………………… 572
尾鷲…………………………………… 579
紀伊長島……………………………… 587
松阪…………………………………… 597
伊勢…………………………………… 605
古座川………………………………… 612
十津川………………………………… 620
吉野…………………………………… 628
田辺…………………………………… 635
御坊…………………………………… 643
和歌山………………………………… 650
高野…………………………………… 657
天王寺………………………………… 665
終章 闇の国家……………………… 672
America, America(抄)……………… 681
America, America…………………… 683
On the Border(抄) ………………… 723
異界にて……………………………… 725
キンゼイの写した“部分”………… 735
ジン=イーヨーの変容―大江健三郎論ノート…… 739
毒虫ザムザ…………………………… 743
スパニッシュ・キャラバンを捜して(抄)…… 751
土着の子……………………………… 753
インドの闇…………………………… 757
インド、すれすれ…………………… 763
夢幻的なパキスタン………………… 768
トルコ、ちょっといい話…………… 773
スパニッシュ・キャラバンを捜してI…… 778
スパニッシュ・キャラバンを捜してII…… 783
スパニッシュ・キャラバンを捜してIII…… 788
*解題(石原千秋)……………………… 795

 

15 1996.8.25
 
評論・エッセイII
破壊せよ、とアイラーは言った(抄)…… 9
吹雪のハドソン川―アルバート・アイラー「ゴースト」…… 11
新鮮な抒情―テルオ・ナカムラ「マンハッタン・スペシャル」…… 15
日の光と排気ガス―マイルス・デビス「リラクシン」…… 19
性や暴力の根―アーチー・シェップ「ブラック・ジプシー」…… 23
コードとの闘い―ジョン・コルトレーン「クル・セ・ママ」…… 27
毒のある声が響く―エルヴィン・ジョーンズ「ヘヴィ・サウンズ」…… 31
新世界への入り口―セロニアス・モンク「サムシング・イン・ブルー」… 36
アイラーの残したもの……………… 40
風景の向こうへ(抄)………………… 55
風景の向こうへ―韓国の旅………… 57
柄谷行人への手紙…………………… 100
物語の系譜 佐藤春夫……………… 117
物語の系譜 谷崎潤一郎…………… 140
物語の系譜 上田秋成……………… 156
物語の系譜 折口信夫……………… 178
物語の系譜 円地文子……………… 231
被差別部落の公開講座八回で打ち切りの反省…… 257
賤者になる…………………………… 260
熱と共にあり光と共にある………… 262
身体的条件…………………………… 265
口語的なものの力…………………… 268
又三郎………………………………… 270
男のお灯祭り………………………… 273
赫い日………………………………… 275
小林秀雄の死………………………… 278
単行本未収録作品(1976年~1983年)…… 282
芥川賞受賞のことば………………… 282
物語ることを断念した物語 山口瞳著『血族』…… 282
北村透谷 都は燃えたか…………… 285
尹興吉『長雨』の衝撃……………… 288
※六月中になんとかアメリカへ脱出しよう……… 290
アメリカ・8月の最終日 …………… 290
宇津保物語と現代(村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』)…… 291
百五十本桜…………………………… 294
ボーッとしている少年……………… 296
読経の声にも似た木々のざわめき… 298
生(き)のままの子ら……………… 304
『枯木灘』―作家が語る名作の舞台…… 308
時代が終り、時代が始まる(抄)…… 309
時代が終り、時代が始まる………… 311
燃える、燃える……………………… 314
飢えた子がいなくて文学は可能か?…… 316
もうひとつの国……………………… 318
都はるみ 最後のヒノキ舞台……… 414
吉本隆明論…………………………… 423
性としての国家―吉本隆明著『共同幻想論』文庫版解説…… 430
時代とむきあう感性運動―佐々木幹郎詩集 解説…… 442
写真の物語力―篠山紀信論………… 449
写真時代の柳田国男………………… 452
神いじりの愉しみ―川村二郎著『日本廻国記 一宮巡歴』書評…… 455
反物語(ポップ)を今読む―石川淳著『狂風記』書評…… 458
金芝河の「大説『南』」を読む…… 462
韓国と日本の現在―季良枝著『刻』書評…… 466
都市小説の源をつく暗喩としての疎外や差別―トニ・モリスン著『青い眼がほしい』書評…… 470
トポスの文学………………………… 472
花あれば―山本健吉追悼…………… 493
坂口安吾・南からの光……………… 499
一葉の場所…………………………… 511
音の人 坂口信夫…………………… 516
〈場所〉と植物……………………… 531
フォークナー、繁茂する南………… 535
単行本未収録作品(1983年~1992年)…… 544
※長い事、小説一本で貫いて来た者が、…(「かなかぬち」公演に寄せて)…… 544
「予告された殺人の記録」が露わになるとき…… 545
「戦後」の結末ショー……………… 550
本当のアメリカの声………………… 552
※草間弥生『マンハッタン自殺未遂常習犯』…… 554
俳句と言の葉………………………… 558
映画「危険な年」を観て…………… 561
骨太の青年の国……………………… 563
韓国の打楽器演奏「サムルノリ」… 565
起死回生の“一塁打”……………… 567
アイヤとしての黒田喜夫…………… 569
※『韓国現代短編小説』解説……… 571
身体に刷り込まれた異文化………… 577
檄文(隈ノ会結成に寄せて)……… 581
野村秋介氏の〈断念〉……………… 581
日本の二つの外部…………………… 583
お灯祭りの意味を腹の底から考え直そう…… 585
活力、握力、そして官能性―中国映画「紅いコーリャン」のこと…… 587
「軽み」のその重さ―山本健吉『奥の細道』…… 589
永遠の未完の大器(追悼・阿部昭)…… 592
ADOAからのメッセージ……………… 594
天上の眺めへ(追悼・森敦)……… 599
青い血、青アザ―柄谷行人………… 602
ノート取るだけだったニューヨークでの1年(自作再見『奇蹟』)…… 605
八犬伝の一人………………………… 606
※南方熊楠とは固有名ではない…… 607
真の人間主義………………………… 608
岬の宝庫―あとがきにかえて……… 608
変質した文芸家協会………………… 609
私の因業な兄たち…………………… 611
※朝未だき、世界中のすべての物が……… 613
三島由紀夫の短編…………………… 614
超小説を読む―ビートたけし著『教祖誕生』…… 616
志としての都はるみ………………… 619
時分の花……………………………… 620
※私は、和歌の浦の、不老橋の、美くしさ……… 622
バッファロー・ソルジャー(抄)…… 623
TOKIOの変貌は速い ………………… 625
マニラ、千年の愉楽………………… 629
激動するフィリピン―新人民軍幹部インタヴュー…… 633
映画からヴィデオへ―NHK「日輪の翼」…… 637
アジア・アフリカ…………………… 640
映画の衝撃と愉楽―「火まつり」の公開…… 644
俺たちのまつり「火まつり」―熊野新宮での上映…… 647
総括・阪神の快進撃とは何の謂か!?…… 651
選評・文芸時評………………………… 655
第58回文学界新人賞選評 当選二作…… 657
第16回新潮新人賞選評 今年の犠牲神二体…… 658
第59回文学界新人賞選評 当選作二作…… 659
第1回早稲田文学新人賞選評 ……… 660
第60回文学界新人賞選評 二作を推す…… 661
第17回新潮新人賞選評 米谷氏の固有の世界…… 662
第61回文学界新人賞選評 料理はうまかった…… 664
第12回野性時代新人文学賞選評 「風の詩」を推す…… 665
第62回文学界新人賞選評 魅力のある新しい、価値のある作品…… 666
第18回新潮新人賞選評 文学に反映しない東京…… 667
第63回文学界新人賞選評 こころよい挑戦心…… 668
第64回文学界新人賞選評 日本現代文学の必然の流れ…… 669
第19回新潮新人賞選評 《物》としての戦時…… 670
第65回文学界新人賞選評 「当選はやっぱ、竹下君。」…… 671
第66回文学界新人賞選評 選評…… 672
第1回三島由紀夫賞選評 私は『ナチュラル・ウーマン』を推した…… 673
第67回文学界新人賞選評 輝きの強さ、思いの深さ…… 675
第68回文学界新人賞選評 魅力あふれる作品、問題作…… 677
第2回三島由紀夫賞選評 初々しい小説と評論…… 678
第3回三島由紀夫賞選評 才能と努力と意志の証明…… 680
第4回三島由紀夫賞選評 作品の瑕瑾すら可能性である…… 682
文芸時評……………………………… 684
*年譜(高沢秀次,永島貴吉) ………… 737
*解題(宗像和重)……………………… 791

[ 2011/03/11 00:13 ] 中上健次 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。