研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中河与一 >  『中河与一全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中河与一全集』全12巻

『中河与一全集』全12巻(角川書店、1966.10~1967.9)



第1巻 短篇小説集 1967.5.10
 
踊……………………………………………… 5
新婚者…………………………………………20
或る心中の話…………………………………26
氷る舞踏場……………………………………31
木枯の日………………………………………50
夢と或る夫婦…………………………………70
見知らぬ海景…………………………………91
彼の憂鬱…………………………………… 104
清めの布と希望…………………………… 114
祝…………………………………………… 126
厄日………………………………………… 131
はち………………………………………… 146
刺繍せられた野菜………………………… 155
掌篇十四篇………………………………… 168
誰れが最後に勝つかわからない……… 168
全部を捨てるべし……………………… 169
エリザベス女王の腋毛………………… 170
夫婦……………………………………… 171
恐ろしい筆……………………………… 172
聖フランシスの悪徳…………………… 174
十銭銀貨………………………………… 176
庭のぐるり……………………………… 177
足………………………………………… 179
或る巡査の話…………………………… 179
ナンセン氏の首………………………… 180
墓………………………………………… 180
或る男の意見…………………………… 182
二人の獵人……………………………… 183
女礼………………………………………… 188
秋風の宿…………………………………… 209
雲井先生録事……………………………… 235
アルゼンチンの女………………………… 255
海路歴程…………………………………… 271
孫逸仙の友………………………………… 284
セミラミス女王…………………………… 293
脱走記……………………………………… 304
地獄………………………………………… 333
*解説(福田清人)……………………… 380
 

第2巻 短篇小説集 1967.7.10
 
香妃…………………………………………… 5
印度王宮図―宮本憲吉氏に捧ぐ……………15
懊悩記…………………………………………31
祖母……………………………………………53
気候の流行……………………………………58
年齢……………………………………………79
吸血鬼……………………………………… 102
赤い薔薇…………………………………… 109
カシミールの美貌………………………… 146
バルト海の滑走場………………………… 172
ウソの楽園………………………………… 179
ブルカマル………………………………… 223
恐ろしき恋人……………………………… 241
マルセイユの太陽………………………… 258
シヤモ先生の肖像………………………… 272
肉親の賦…………………………………… 293
黒い幻……………………………………… 336
鵞鳥か家鴨か……………………………… 349
*解説(福田清人)……………………… 361
 

第3巻 短篇小説集 1967.2.10
 
天から生えた木……………………………… 5
海浜挿話………………………………………12
鬚………………………………………………25
航海……………………………………………38
鏡に這入る女…………………………………46
追つかける男…………………………………71
窈窕……………………………………………96
レドモア島誌……………………………… 128
大森林州…………………………………… 164
肉体の暴風………………………………… 185
養女日記…………………………………… 228
満月………………………………………… 261
円形四ッ辻………………………………… 282
二千六百八十二哩………………………… 310
幻聴を聞く女……………………………… 344
*解説(長谷川泉)……………………… 371
 

第4巻 長篇小説集 1966.10.10
 
 たき花……………………………………… 3
天の夕顔…………………………………… 125
三連符……………………………………… 211
墜落………………………………………… 259
失楽の庭…………………………………… 329
*解説(長谷川泉)……………………… 418
 

第5巻 長篇小説集 1967.4.10
 
求道女………………………………………… 3
愛恋無限………………………………………61
*解説(福田清人)……………………… 434
 

第6巻 長篇小説集 1966.12.10
 
博歯になる馬車……………………………… 3
悲劇の季節……………………………………31
ミイラ頌…………………………………… 125
運命………………………………………… 225
さまざまの女……………………………… 295
*解説(森安理文)……………………… 426
 

第7巻 長篇小説集 1966.11.10
 
探美の夜 上巻……………………………… 3
 

第8巻 長篇小説集 1967.1.10
 
探美の夜 下巻……………………………… 3
*解説(長谷川泉)……………………… 381
 

第9巻 随筆 詩歌論 短歌 1967.6.10
 
形式主義芸術論……………………………… 7
形式の強力さに就いて…………………… 9
形式と内容とは対立しない………………16
鼻歌、形式主義理論の発展………………20
形式は内容を決定する……………………38
吾々は素材を如何に取扱ふか……………42
形式主義理論の基礎………………………46
コルビジエの横柄…………………………72
機械主義と科学上のテクニツク…………74
イデオロギイから芸術は出来ない………78
卵の見分け方について……………………84
形態論的形式主義の立場―谷川徹三氏へ―……88
流行服アルハベツト………………………97
芸術的価値と政治的価値との関係…… 105
平面的相互作用の否定………………… 111
形式概念に就いての順直……………… 117
谷崎潤一郎氏に於ける一面…………… 119
存在と形式との関係その他…………… 122
新しき顕微鏡…………………………… 132
万葉の精神………………………………… 143
万葉ギリシヤ…………………………… 145
愛の発想と万葉集……………………… 153
瀬戸内海と万葉集……………………… 159
佐美島考………………………………… 165
牛島風景………………………………… 174
「するかも」考………………………… 178
赤人に於ける古今的なるもの………… 182
夢に来し叔父…………………………… 191
美の伝統と国粋………………………… 193
大森義太郎氏に………………………… 202
本島だより……………………………… 211
万葉への思慕…………………………… 213
万葉名歌解……………………………… 224
歌ごころ…………………………………… 297
和歌に於ける伝統……………………… 299
芭蕉の系譜……………………………… 306
女童の歌………………………………… 311
「春風馬堤ノ曲」その他……………… 314
歌人に与へる書(1)(2)(3) …… 321
相聞百首選―万葉から明治まで―…… 339
歌人に与へる書(4)(5)(6) …… 347
短歌の新時代とその美学……………… 366
八つの問題……………………………… 381
俳句随想………………………………… 388
宗祇の系譜……………………………… 394
歌集 秘帖………………………………… 397
*解説(福田清人)……………………… 421
 

第10巻 評論集 1967.3.10
 
新恋愛論……………………………………… 5
第1章 恋愛の本質 ……………………… 7
第2章 恋愛の技術 ………………………45
第3章 結婚について ……………………62
第4章 ドン・フアン ………………… 102
第5章 恋愛に於ける東洋と西洋 …… 112
純文芸と大衆文芸………………………… 133
偶然の美学………………………………… 149
序(決定版のために)………………… 151
序(第三版によりて)………………… 154
序(初版のままに)…………………… 156
偶然の美学……………………………… 159
実存主義………………………………… 176
人間の尊貴について…………………… 179
二つの世界……………………………… 182
偶然の毛毬……………………………… 186
真実とは………………………………… 195
新しき頌歌―岡邦雄氏の批評に答へる…… 202
偶然文芸論……………………………… 209
方法論に関聯して……………………… 230
偶然論への反撃―森山啓氏に………… 239
人間的牽引力…………………………… 249
読書余録………………………………… 255
「失鞘老人」に物申す………………… 264
無限の可能性について―小説に於ける偶然と人生に於ける偶然…… 266
確率概念の訂正を中心に……………… 277
浪曼心情と非合理の美学……………… 286
人間の意志その他……………………… 293
つれづれ形態学………………………… 298
美哉好少男、美哉好少女……………… 307
サイコロ必然…………………………… 309
リアリズム批判………………………… 319
四つの問答……………………………… 325
マラルメの言葉………………………… 332
永遠なるもの…………………………… 336
小林秀雄に与ふ………………………… 345
西塚保遠のパステル画………………… 357
沢山の恋愛詩…………………………… 359
日本人の徒党性………………………… 367
なぜ太陽はとまつたか………………… 370
「異邦人」について…………………… 378
「異邦人」私見………………………… 380
なぜピストルを四発射たせたか……… 394
三十年…………………………………… 399
カミユと往復書簡……………………… 402
偶然論に関する文献目録……………… 405
*解説(森安理文)……………………… 407
 

第11巻 随筆 紀行 絵画論 1967.8.10
 
左手神聖……………………………………… 5
秋の算術…………………………………… 7
天使の羽根………………………………… 7
軽井沢的秋………………………………… 8
今度は男が足を出す番だ………………… 9
年齢形態学…………………………………10
ヨハネ伝余録………………………………11
フエミニズム………………………………11
煙管賦………………………………………12
山を招いて…………………………………13
昼・晩・朝…………………………………14
掌篇小説……………………………………16
職業の魅力と争議…………………………16
髪の形態学…………………………………17
或る男の告白………………………………18
性的圧迫の世界……………………………18
季節的長命法………………………………20
愛してゐる限り……………………………20
時代読本……………………………………21
髪のアリストクラシー……………………22
いづくんぞ死を知らんや…………………23
某日某人……………………………………24
秋粧…………………………………………27
ルネツサンスの否定………………………27
虚構…………………………………………28
二月二十八日………………………………32
海!…………………………………………33
左手神聖……………………………………35
雨瀟瀟………………………………………38
希望の実現…………………………………42
塔の山日記…………………………………43
すつぽん料理………………………………51
優雅の町……………………………………54
兇器による死の変貌………………………56
果物随筆……………………………………60
夫婦随筆……………………………………63
スカリング…………………………………65
鏡花先生のこと……………………………66
甘い思ひ出…………………………………68
煙草を恋ふるの記…………………………71
氷島…………………………………………75
「卍」の一面………………………………79
苛斂誅求……………………………………81
長くゐた温泉………………………………84
おどけ病気の記……………………………88
幽居独語……………………………………92
機嫌のいい手紙……………………………95
素晴しい男…………………………………97
過去には何もない……………………… 100
的的的手紙……………………………… 103
三日間…………………………………… 106
絵よりも美しかった人………………… 107
芥川氏の事など………………………… 112
ガラスを飲んでから…………………… 115
海の幾何学……………………………… 117
香川県坂出町…………………………… 118
父の記録………………………………… 119
忘れられない話………………………… 121
中学生時代……………………………… 123
鞭を持つた女…………………………… 125
神の僕…………………………………… 129
或る日…………………………………… 132
レストラン……………………………… 132
十七冊の「天の夕顔」………………… 135
能の現代における意味………………… 136
中国紀行…………………………………… 143
上海瞥見………………………………… 145
苦力の賦………………………………… 159
南国電影社訪問記……………………… 162
支那の映画……………………………… 170
蘇州の旅………………………………… 173
詩境西湖………………………………… 178
支那の風呂……………………………… 180
秦淮の画舫……………………………… 182
満洲雑感………………………………… 184
南洋紀行…………………………………… 193
知られない国…………………………… 195
サイパン島……………………………… 199
赤道の近くで…………………………… 214
北緯十五度五分あたり………………… 223
Bonin Island…………………………… 228
猛獣の舌………………………………… 230
印度の叔父……………………………… 232
ヨーロツパ紀行…………………………… 241
三つの都会……………………………… 243
パルテノン……………………………… 251
ニースの西と東………………………… 259
L・フジタの家 ………………………… 262
サン・ピエトロ寺で…………………… 269
ジヤパニーズ・スタイル……………… 273
マハーバリプラム……………………… 276
ヨーロツパの女と日本の女…………… 280
ガスパリニのサロン…………………… 282
絵画論……………………………………… 291
ラウル・デユフイの絵………………… 293
一九三二年の帝展……………………… 298
大和絵といふもの……………………… 303
世界の画家達…………………………… 305
美術行脚の旅…………………………… 310
新年の絵………………………………… 313
林武の近作……………………………… 315
「生々流転」絵巻……………………… 319
水墨画について………………………… 324
富本憲吉………………………………… 327
ルオー遺作展をみて…………………… 329
徳岡神泉………………………………… 330
棟方志功油絵展………………………… 334
林・曽宮・舟越………………………… 335
福沢一郎………………………………… 337
安田靫彦………………………………… 339
馬の絵…………………………………… 345
北魏の石仏達…………………………… 350
モダン・ペインテイング……………… 352
奈良五日………………………………… 354
夢たがひ観音…………………………… 359
気韻生動………………………………… 362
文化会館………………………………… 363
*解説(糸屋鎌吉)……………………… 365
 

第12巻 評論集 1967.9.10
 
日本の理想…………………………………… 5
万葉の神々とギリシヤ…………………… 7
西洋と東洋を包摂するものとしての日本……13
トハチエフスキイ事件……………………20
空にゆく音楽家……………………………22
『オネーギン』と『問はずがたり』……24
佐伯祐三……………………………………28
本間氏の『明治文学史』…………………30
永遠への思ひ………………………………31
美とは何であるか…………………………36
保田与重郎…………………………………38
月読宮御遷宮………………………………43
日本の全体主義……………………………46
無からの抗争………………………………52
ああ走るもの………………………………54
『 たき花』………………………………56
文学賞を受けて……………………………58
古典の親衛隊………………………………60
近代はもう終つた……………………………63
近代はもう終つた…………………………65
乱世の美学…………………………………69
新古今の風体………………………………72
二十三年の或る日…………………………74
演能の記……………………………………76
『渚にて』試写……………………………79
『原子野』の序……………………………81
谷崎さんの初恋人…………………………85
非合理への恐怖……………………………92
無限の可能性………………………………96
『鏡に這入る女』…………………………99
幸福について…………………………… 101
二度目の光栄…………………………… 105
美について……………………………… 109
自由のための公開状…………………… 113
おけら参り……………………………… 121
成城といふ街…………………………… 124
日本のヒユーマニズム………………… 126
偏奇館跡………………………………… 128
歴史を逆行させるもの………………… 131
ウソの時代・書籍……………………… 138
『天の夕顔』のモデル………………… 142
長崎讃…………………………………… 152
五浦と袋田……………………………… 155
奇怪な季節……………………………… 161
芸術と後世……………………………… 164
人麿碑を建てた島……………………… 167
少年の頃………………………………… 172
鯛・鰆・飯蛸…………………………… 176
私のおふくろ…………………………… 178
尖つた靴………………………………… 183
国語問題断片…………………………… 184
運命について…………………………… 188
交遊録……………………………………… 197
絵・書・風景…………………………… 199
牧野博士の生涯………………………… 201
憶蘇峰先生……………………………… 204
萩原朔太郎……………………………… 206
小柿の苗………………………………… 211
長谷川伝次郎…………………………… 214
佐藤惣之助を悼む……………………… 215
藤田のことなど………………………… 217
佐佐木信綱博士の思ひ出……………… 222
詩人蔵原伸二郎………………………… 225
池谷信三郎……………………………… 228
憂鬱な画学生…………………………… 233
新感覚派の頃…………………………… 236
文芸時代………………………………… 239
横光の死………………………………… 247
五十年前の顔…………………………… 249
山岳紀行…………………………………… 253
白馬登頂………………………………… 255
立山に登るの記………………………… 258
ブロツケンの妖怪……………………… 261
ウエストン祭…………………………… 266
山と私…………………………………… 270
蝶から常念へ…………………………… 272
富士山行………………………………… 275
大室山の周辺…………………………… 282
八丁池と香草園………………………… 284
美ヶ原高原……………………………… 287
雪の中央蔵王…………………………… 290
黒四ダム見学…………………………… 294
箱根の山………………………………… 297
明神明星………………………………… 300
春の八甲田……………………………… 307
十和田を中心に………………………… 311
志賀高原の冬…………………………… 316
アルプスの見える温泉………………… 320
掘泉余談………………………………… 324
薬師嶽の夜登攀………………………… 327
南アルプスの懐………………………… 330
蔵王エコーライン……………………… 334
小崎峠…………………………………… 338
銀山平小集の記………………………… 341
エベレストへの思慕…………………… 344
五色連峰の記…………………………… 350
富士山麓一周…………………………… 354
シヤモニ紀行…………………………… 358
日光……………………………………… 364
池の平スキー行………………………… 367
佐渡の秘境……………………………… 370
山の画家たち…………………………… 377
僕の山と海……………………………… 380
エベレスト第三登頂…………………… 382
伯耆大山登攀…………………………… 386
山歩きのすすめ………………………… 389
出羽三山の記…………………………… 391
グルジヤの山男たち…………………… 404
*解説(糸屋鎌吉)……………………… 407
*年譜(馬渡憲三郎)…………………… 415
[ 2011/03/11 00:18 ] 中河与一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。