研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中野重治 >  『中野重治全集』全28巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中野重治全集』全28巻

『中野重治全集』全28巻(筑摩書房、1976.9~1980.5)



第1巻 1976.9.20
 
詩集…………………………………………… 1
大道の人びと……………………………… 3
浦島太郎…………………………………… 7
しらなみ…………………………………… 8
爪はまだあるか…………………………… 9
あかるい娘ら………………………………11
眼のなかに…………………………………12
挿木をする…………………………………13
わかれ………………………………………14
たんぼの女…………………………………15
わたしは月をながめ………………………17
今日も………………………………………18
水辺を去る…………………………………19
夜が静かなので……………………………20
ぼろきれ……………………………………22
はたきを贈る………………………………23
噴水のように………………………………25
蝿……………………………………………27
垣根にそうて………………………………28
最後の箱……………………………………30
夜の挨拶……………………………………32
女西洋人……………………………………34
浪……………………………………………36
たばこ屋……………………………………38
北見の海岸…………………………………39
豪傑…………………………………………41
夜明け前のさよなら………………………43
東京帝国大学生……………………………46
思える………………………………………48
真夜中の蝉…………………………………50
新任大使着京の図…………………………51
日々…………………………………………52
歌……………………………………………54
機関車………………………………………56
掃除…………………………………………58
県知事………………………………………60
無政府主義者………………………………61
帝国ホテル1 ………………………………62
帝国ホテル2 ………………………………64
新聞記者……………………………………65
「万年大学生」の作者に…………………68
ポール・クローデル………………………70
道路を築く…………………………………72
汽車1 ………………………………………74
汽車2 ………………………………………76
汽車3 ………………………………………78
死んだ一人…………………………………82
彼が書き残した言葉………………………84
新聞にのつた写真…………………………86
新聞をつくる人びとに……………………89
兵隊について………………………………94
速く!速く!………………………………97
朝鮮の娘たち………………………………98
法律……………………………………… 101
『無産者新聞』第百号………………… 102
やつらの一家眷族を掃きだしてしまえ…… 106
壁新聞をつくるソ同盟の兄弟………… 107
待つてろ極道地主めら………………… 109
夜刈りの思い出………………………… 110
雨の降る品川駅………………………… 113
いよいよ今日から……………………… 116
今夜おれはおまえの寝息を聞いてやる…… 118
画壇の英雄……………………………… 120
為替相場………………………………… 121
わたしは嘆かずにはいられない……… 124
Impromptu I …………………………… 126
Impromptu II…………………………… 130
二月の雪………………………………… 132
十月……………………………………… 135
古今的新古今的………………………… 136
千早町三十番地……………………… 136
そこに君は…………………………… 138
君は歩いて行くらん………………… 140
きくわん車……………………………… 142
その人たち……………………………… 146
取つて二十五へ………………………… 149
竜北中学校校歌………………………… 150
丸岡中学校の歌………………………… 152
春さきの風………………………………… 155
愚かな女………………………………… 157
少年……………………………………… 163
小僧さんの手紙………………………… 170
歓迎会…………………………………… 173
交番前…………………………………… 179
記念祭前後……………………………… 186
春さきの風……………………………… 203
モスクワ指して………………………… 215
鉄の話…………………………………… 231
停車場…………………………………… 249
新しい女………………………………… 259
わかもの………………………………… 265
花見と新聞配達夫……………………… 297
左大臣の勉強ぶり……………………… 304
酔つぱらい……………………………… 306
砂糖の話………………………………… 309
病気なおる……………………………… 336
波のあいま……………………………… 349
根………………………………………… 368
開墾……………………………………… 370
蝶つがい………………………………… 407
菊の花…………………………………… 414
ドイツから来た男……………………… 420
息子……………………………………… 434
善作の頭………………………………… 440
きしや…………………………………… 452
ガス……………………………………… 453
村のあらましの話……………………… 455
*後記
著者うしろ書 生理的幼少年期と文学的少青年期…… 485
詩初出形……………………………… 493
解題(松下裕)……………………… 545
 

第2巻 1977.4.10
 
第一章………………………………………… 3
鈴木 都山 八十島…………………………40
村の家…………………………………………64
同窓会…………………………………………90
一つの小さい記録……………………………99
小説の書けぬ小説家……………………… 133
車掌二人…………………………………… 153
谷口タニ…………………………………… 165
むし暑い日………………………………… 173
おじさんの話……………………………… 187
汽車の罐焚き……………………………… 212
旧友………………………………………… 283
原の欅……………………………………… 291
演習………………………………………… 305
空想家とシナリオ………………………… 315
汽車のなか………………………………… 394
留守………………………………………… 418
娘分の女…………………………………… 433
鶉の宿……………………………………… 450
おばあさんの村…………………………… 461
映画女優の話……………………………… 489
*後記
著者うしろ書 曖昧なところのある一つの変化…… 501
解題(松下裕)……………………… 509
 

第3巻 1977.6.14
 
五勺の酒……………………………………… 3
太鼓……………………………………………29
おどる男………………………………………42
軍楽……………………………………………49
柳のたなばた…………………………………61
夜と日の暮れ…………………………………63
吉野さん………………………………………73
よごれた汽車…………………………………93
アンケート断片…………………………… 100
写しもの…………………………………… 133
樟脳と新かな……………………………… 160
第三班長と木島一等兵…………………… 172
角力取ろうの国…………………………… 186
その身につきまとう……………………… 196
焼酎とファシズム………………………… 207
男いとこ…………………………………… 222
米配給所は残るか………………………… 237
秋の一夜…………………………………… 254
広重………………………………………… 285
司書の死…………………………………… 298
空白………………………………………… 310
公正への誘惑……………………………… 325
湯屋と温泉………………………………… 339
荒れた屋敷………………………………… 355
親との関係………………………………… 362
橋…………………………………………… 370
ある五十台の男…………………………… 378
孫とおばば………………………………… 386
指輪………………………………………… 404
軒さき……………………………………… 423
萩のもんかきや…………………………… 438
ヒサとマツ………………………………… 449
*後記
著者うしろ書 戦後最初の奇妙な十年間…… 455
解題(松下裕)……………………… 463
 

第4巻 1977.10.20
 
日暮れて……………………………………… 3
ハスクヴァナ・ミシン………………………13
ある楽しさ……………………………………23
たくあん漬……………………………………42
コペンハーゲン駐在員………………………57
模型境界標……………………………………59
電話……………………………………………74
うす眼…………………………………………86
向うがわの客……………………………… 101
知らぬ世界………………………………… 115
貼り紙……………………………………… 129
アードレル海水浴場の写真師…………… 144
プロクラスティネーション……………… 162
くちなしと天道会………………………… 199
帰京………………………………………… 223
声帯模写…………………………………… 245
中学校同級生……………………………… 276
中学校同級生…………………………… 276
河田次郎の死…………………………… 295
養子縁組………………………………… 315
眺め………………………………………… 328
物質的と物理的…………………………… 356
ちりがみ交換……………………………… 366
*後記
著者うしろ書 楽しさと模索の時… 393
解題(松下裕)……………………… 399
 

第5巻 1976.11.10
 
歌のわかれ…………………………………… 1
鑿…………………………………………… 3
手……………………………………………27
歌のわかれ…………………………………57
街あるき………………………………………97
むらぎも…………………………………… 123
*後記
著者うしろ書 一つの高等学校期と一つの大学期…… 407
解題(松下裕)……………………… 415
 

第6巻 1977.8.18
 
梨の花………………………………………… 1
*後記
著者うしろ書 むかしの夢いまの夢…… 389
解題(松下裕)……………………… 397
 

第7巻 1977.2.10
 
甲乙丙丁 上………………………………… 1
*後記
著者うしろ書 人間的無知のこと… 499
解題(松下裕)……………………… 507
 

第8巻 1977.3.10
 
甲乙丙丁 下………………………………… 1
*後記
著者うしろ書 小説の上の問題と事実の上の問題…… 489
人名索引………………………………… 1
 

第9巻 1977.5.30
 
芸術に関する走り書的覚え書……………… 1
詩に関する断片…………………………… 3
一つの現象…………………………………11
「検察官」の上演に関連して……………14
結晶しつつある小市民性…………………17
四つん這いになつたインテリゲンチヤ…20
文戦一派を除名したについて……………28
雑誌『プロレタリア芸術』について……32
たわごとの自由……………………………37
組織にあらわれた「老芸」の本質………49
芸術運動の組織……………………………54
プロレタリア劇場にたいする検閲の問題……63
「分裂の真相」の真相……………………66
芸術に関する走り書的覚え書……………68
近藤栄蔵氏に問う…………………………78
いかなる地点を進みつつあるか…………82
一労働者としてロシヤ革命十周年を迎える……92
いかに具体的に闘争するか………………95
芥川氏のことなど……………………… 102
断片的予想……………………………… 113
演劇について…………………………… 117
絵について……………………………… 125
アンデルセンと戦争…………………… 132
『文芸戦線』はどこに門を開くか…… 137
いわゆる芸術の大衆化論の誤りについて…… 144
プロレタリアの詩……………………… 153
問題の捩じもどしとそれについての意見…… 156
素樸ということ………………………… 169
芸術について…………………………… 179
解決された問題と新しい仕事………… 218
われわれは前進しよう………………… 229
政治と芸術……………………………… 253
も一つの東京行進曲へ………………… 261
文章を売ることその他………………… 264
芸術に政治的価値なんてものはない… 273
ドイツのプロレタリア文学…………… 289
子供に見せる芝居のうち……………… 294
十月の月評……………………………… 299
ヨーロッパからアメリカからナップおよび『戦旗』に伸ばされる同志の手…… 305
反動期の作家生活……………………… 309
東京・埼玉農村少年の活動…………… 311
文芸の大衆化問題の新しい結語のために…… 317
プロレタリア文学は停止したか……… 321
小説 活動写真 ハリコフ会議……… 324
プロレタリア芸術とは何か…………… 337
農民文学の問題………………………… 355
ルンペンのこと………………………… 363
詩の仕事の研究………………………… 369
『女人芸術』の動きなど……………… 382
通信員 文学サークル 文学新聞…… 392
国際文芸家聯盟のことなど…………… 403
二つの国際組織と一つの国内協議会… 412
女の作家その他………………………… 417
女の作家……………………………… 417
文化聯盟の問題……………………… 419
作家・芸術家の積極的態度………… 421
文化聯盟の結成へ!…………………… 424
文芸界の諸問題………………………… 431
過去の詩の研究………………………… 440
文学戦線の一つの問題………………… 456
文化聯盟のこと………………………… 458
売出しの合理化………………………… 468
三一年度文芸界の一断面……………… 474
三一年度文芸界の回顧………………… 481
暮れの感想……………………………… 484
口さきだけでならなんとでも言える… 486
反感について…………………………… 490
日本プロレタリア文学の再吟味……… 493
職業の道………………………………… 498
ブルジョア的文学的組織にたいする活動について…… 510
最近文学上のあれこれ………………… 522
時の問題1 ……………………………… 527
時の問題2 ……………………………… 534
三・一五をいかに描いたか…………… 539
文学サークルの動かし方……………… 541
真実の表現……………………………… 543
*後記
著者うしろ書 二重の走り書二重の覚え書…… 551
解題(松下裕)……………………… 559
 

第10巻 1979.1.25
 
論議と小品…………………………………… 1
村の話……………………………………… 3
多少の改良………………………………… 5
イデオロギー的批評を望む………………19
室生さんへ返事……………………………22
刑務所で読んだものから…………………29
風習の考え方………………………………36
このごろの感想……………………………41
「文学者に就て」について………………46
日本研究……………………………………57
戦うことと避けて通ることと……………59
控え帳1 ……………………………………69
控え帳2 ……………………………………73
控え帳3 ……………………………………77
控え帳4 ……………………………………83
控え帳5 ……………………………………88
控え帳6 ……………………………………94
控え帳7 ……………………………………99
控え帳8 ………………………………… 105
軍人と文学……………………………… 109
文学作品に出てくる歴史的呼び名について…… 114
このごろの文学的感想………………… 122
非論理的な考え方について…………… 129
三つの問題についての感想…………… 134
中村光夫氏の「転向作家論」についての感想…… 161
警察官について………………………… 169
日本新聞記者の寧都訪問記…………… 176
ソヴェートについての考え方………… 178
教師について…………………………… 181
翻訳と見学……………………………… 191
僕の学生観……………………………… 192
「大山元帥」から「カンナニ」まで… 196
リアリズム雑感………………………… 204
漫談的月評……………………………… 213
国柄の現世的取りあつかいについて… 222
文化政策の一面………………………… 229
ラジオ週評……………………………… 231
トンボの歌1 …………………………… 235
トンボの歌2 …………………………… 243
結核予防週間について………………… 248
岸田国士氏に問う……………………… 259
記録のおもしろさ……………………… 261
青梅の記………………………………… 268
詩における内容・形式―雑談………… 275
ひろい世間……………………………… 288
きれぎれの感想………………………… 298
日々の見聞……………………………… 309
初夏雑感………………………………… 316
首のかしがる話………………………… 319
作家と肉体……………………………… 325
文芸統制の問題について……………… 327
著作権審査会と懇話会の文学賞……… 339
文壇時事………………………………… 349
大阪 奈良 神戸……………………… 355
「現在可能な創作方法」ということ… 362
三面記事鑑賞の一片…………………… 367
学問と生活と…………………………… 374
「新人」の作品………………………… 377
TORITOME MO NAI KOTO………………… 380
啄木 茂吉 米吉 一郎……………… 381
一九三六年度のプロ文学展望………… 387
投書作品のこと………………………… 390
リアリズムとロマンチシズム………… 392
一面的批評……………………………… 396
ある日の感想…………………………… 397
横行するセンチメンタリズム………… 409
閏二月二十九日………………………… 417
二つの文学の新しい関係……………… 423
歌壇にたいして………………………… 426
一市民としての感想…………………… 430
独立作家クラブについて……………… 432
クラブへの希望………………………… 442
「日の丸」と女車掌…………………… 447
作家クラブの成立……………………… 449
芸術上の遺産のこと…………………… 456
外国文化の日本紹介ということ……… 459
小説「一つのタイプ」について……… 462
エンゲルスについてのエフ・シルレルの註釈について…… 469
批評家と作家とのあいだのギャップということ…… 480
田舎文芸時評…………………………… 487
青葉どきの憂鬱………………………… 498
小説を読むことの意義その他………… 505
「微温的に」と「痛烈に」と………… 511
新しい作家について…………………… 517
小説のおもしろさ……………………… 519
俗論の流行……………………………… 522
文化世界の動き………………………… 532
わが文芸時評…………………………… 540
二つの戦争のこと……………………… 551
オリンピックと日本…………………… 554
迷信 信仰 宗教……………………… 560
『中央公論』11月号評………………… 560
オリンピックと新聞…………………… 562
ヒューマニズムの問題………………… 565
ジードとハイデルベルヒ……………… 568
このごろ疑問のかずかず……………… 577
芸術家と税金…………………………… 585
*後記
著者うしろ書 二年半たらずと多少の勉強…… 593
解題(松下裕)……………………… 601
 

第11巻 1979.2.25
 
楽しき雑談…………………………………… 1
大学内の研究……………………………… 3
小説の三つの種類………………………… 5
二つにわかれた支那その他………………11
眼につく風俗………………………………16
大事件とその後始末………………………19
肉感性の不足………………………………21
文学における新官僚主義…………………23
一般的なものにたいする呪い……………34
農村児童の綴方について…………………50
批評と常識…………………………………55
編集のむずかしさ…………………………65
創り手と受け手との関係…………………67
文科大学と作家とは関係あり……………75
政治と作家の問題…………………………77
窓口と奥の間………………………………80
小河内村行き………………………………81
わが文芸時評………………………………83
蕭軍へ………………………………………93
曖昧な合言葉…………………………… 101
文学理論喪失の問題…………………… 106
文学批評家の問題……………………… 109
九月号の創作界………………………… 112
力作のある風景………………………… 118
真実は下等であり得るか……………… 126
軍事的戦争と文化的交驩と…………… 136
一種の傑作主義………………………… 137
条件づき感想…………………………… 139
戦争文学者論…………………………… 140
芸術家の分野…………………………… 146
報告文学とリアリズム………………… 148
「白衣作業」ノート…………………… 155
感想と希望……………………………… 167
ルポルタージュについて……………… 170
「アイヌ学校」と民族の問題………… 178
新劇繁昌の問題………………………… 186
探求の不徹底…………………………… 188
現代文芸批評の方法的特徴…………… 192
自分のことと一般のこと……………… 195
評論 小説 詩 戯曲………………… 197
映画 ラジオ 演説…………………… 198
法と詩人………………………………… 202
今年度の回顧…………………………… 209
文学の読み方…………………………… 211
KOKKAI‐GIIN NO KOTO ………………… 215
異端と禁欲主義………………………… 217
島木健作氏に答え……………………… 219
芸術上の雑文…………………………… 247
文学の革新……………………………… 253
文士の標準……………………………… 256
訂正お願い……………………………… 258
現代文学におけるモラルの問題……… 261
時局と春………………………………… 269
文学に関する哲学者の言葉…………… 271
ねちねちした進み方の必要…………… 278
白衣の美………………………………… 290
文学者と洞察力………………………… 291
学問上の問題…………………………… 296
覗けぬ実情……………………………… 300
不満と期待と…………………………… 306
批評の精神……………………………… 312
このごろの小説このごろの読者……… 316
文学の低俗化…………………………… 319
「文学」における文学と人間との問題…… 322
新しい秩序……………………………… 334
世俗と文学の世界……………………… 337
トルラーと小熊秀雄…………………… 345
伊藤整へ………………………………… 347
時代の相違……………………………… 354
雪の下…………………………………… 359
未開国と「同盟」……………………… 386
作と作中の問題………………………… 388
スポーツと文学………………………… 400
ぼんやりした記憶……………………… 404
文学的世相雑談………………………… 406
自分で自分に威勢をつけること……… 414
雑文……………………………………… 417
藤田嗣治論について…………………… 421
太郎冠者の言葉………………………… 422
渡辺直己の歌…………………………… 427
楽しき雑談1 …………………………… 435
楽しき雑談2 …………………………… 442
楽しき雑談3 …………………………… 455
楽しき雑談4 …………………………… 459
楽しき雑談5 …………………………… 465
楽しき雑談6 …………………………… 469
楽しき雑談7 …………………………… 478
楽しき雑談8 …………………………… 482
病気と法律……………………………… 485
衣食住雑談……………………………… 486
わが読後感……………………………… 489
ラジオの宣伝…………………………… 491
恋愛と結婚との問題…………………… 492
愛情の問題……………………………… 494
入学難の解決…………………………… 497
歓喜力行………………………………… 499
子供のための詩………………………… 500
女の力…………………………………… 505
二人の科学者の言葉…………………… 509
「ある『書評』の註」について……… 511
批評……………………………………… 514
*後記
著者うしろ書 一つの文学と一つの過去…… 519
解題(松下裕)……………………… 527
 

第12巻 1979.3.25
 
批評の人間性………………………………… 1
どうしてこういうことがあるのか……… 3
冬に入る…………………………………… 5
娘と兵隊……………………………………15
日本文芸家協会の誕生……………………17
正月と総選挙………………………………18
租税と御下賜金……………………………21
実地と空想…………………………………22
本誌の出来るまで…………………………23
文学者の国民としての立場………………25
荒療治の必要………………………………32
天皇と戦争犯罪責任………………………34
憎悪と破壊…………………………………35
賠償金と外務省……………………………36
日本が敗けたことの意義…………………37
道徳と天皇…………………………………42
そつくりそのまま…………………………43
新人会の思い出……………………………46
機関車の問題………………………………48
安倍さんの「さん」………………………49
きれぎれの感想……………………………50
くさぐさの思い……………………………52
芥川賞の歴史のひとこま…………………58
貴司への返事をかねて……………………72
文学と太平洋戦争…………………………74
詩の精神……………………………………77
住居問題妄想………………………………81
批評の人間性1 ……………………………84
批評の人間性2 ……………………………94
批評の人間性3 ………………………… 106
「珍説」とクルコフスキー将軍……… 116
蟹は甲らに似せて……………………… 122
民族のたましいと文部省の新教育方針…… 124
短歌について…………………………… 129
古雑誌から……………………………… 135
文学のこと文学以前のこと…………… 138
比べる自由……………………………… 143
愛国と売国……………………………… 144
ロシヤ革命と日本……………………… 151
ダンス、軽音楽など…………………… 155
詩の言葉について……………………… 157
文化のほんとうと嘘…………………… 159
作家いかに生きるべきか……………… 160
一種のあきめくら……………………… 167
漱石と漱石賞…………………………… 169
ある種の批評について………………… 171
むごい人間とやさしい人間…………… 174
食うものを食つて働けるように……… 176
「週間展望」へ希望…………………… 177
働く人民の文化運動…………………… 178
公職と至上命令………………………… 180
石原純博士の死………………………… 185
『くにのあゆみ』についての答……… 186
三・一五―文化戦線の統一へ………… 190
四人の志願兵…………………………… 192
労働者階級の文化運動………………… 196
文学よもやまの話……………………… 210
学生の動きの一面……………………… 216
一つの動き……………………………… 218
よもやまの話…………………………… 220
娯楽を求める…………………………… 225
新しい国民の歌………………………… 226
組合運動と文化問題…………………… 229
孫呉部隊のこと………………………… 230
得能五郎と鳴海仙吉…………………… 231
国会というものの仕組み……………… 235
経験からの感じ………………………… 238
今度の会議……………………………… 241
家庭生活について……………………… 242
子供のこと……………………………… 245
歌のこと………………………………… 246
文芸放談………………………………… 248
すまいと仕事場………………………… 252
一つの傾向……………………………… 254
実地ということ………………………… 257
政治と文学……………………………… 262
道徳そのもの美そのもの……………… 268
日曜こばなし…………………………… 270
サルトルその他………………………… 283
定期発行の仕事……………………… 283
サルトルの流行……………………… 284
戦争責任の問題 結びつきの問題… 289
労働の描写…………………………… 292
新日本文学会「大会報告」のスケッチ…… 294
文部大臣賞と文芸家協会……………… 297
過去と現在……………………………… 301
阿呆の一つおぼえ……………………… 309
行く年来る年…………………………… 314
この新聞を一つの中心に……………… 317
おかあさんがたへ……………………… 318
二つの意見について…………………… 322
「バロメーター」について…………… 326
「婦人の日」について………………… 328
子供たちのこと………………………… 331
埋め草…………………………………… 333
晴れたり曇つたり……………………… 340
続晴れたり曇つたり…………………… 349
太宰の死について……………………… 358
死なぬ方よし…………………………… 359
罐焚きの「罐焚き」評………………… 361
くそまじめな話………………………… 362
わたしは扱つている…………………… 368
戦後民主主義文化運動の展開………… 369
「四大政党」と教育委員選挙………… 378
地震のはなし…………………………… 379
出かけるまで…………………………… 383
地震雑筆………………………………… 390
舟橋聖一と森鴎外……………………… 395
「きわめて大人しい善良な戦争協力的小市民」という言葉について…… 407
「民族」ということにふれて………… 408
もつと知りたい………………………… 415
いわば思想的な面で…………………… 418
生れつつある新しい人間の姿を……… 422
いまとそのころ………………………… 425
去年から今年…………………………… 427
かなやローマ字………………………… 428
小ばなし二つ…………………………… 430
真に民族のものとしよう……………… 432
渡辺一夫さんへ………………………… 433
熊本の宴会という話…………………… 442
雪の降る日に…………………………… 444
政治的な話……………………………… 449
国宝とその問題………………………… 456
平和を求める声は野山にみちて……… 467
作家と教科書…………………………… 470
宣長と日本政府………………………… 474
文句についての文句…………………… 476
新しい仕事仕方について……………… 483
「政治と文学」といういやな題で…… 486
満足と不満と…………………………… 492
プロレタリア文学の時代……………… 497
親子のあいだの道徳について………… 498
絵の行くえ……………………………… 501
学生とその国の文学…………………… 503
十月と十一月…………………………… 504
長谷川劉という人……………………… 507
こじつけをやめよ……………………… 508
性と飢えとの関係……………………… 516
聞き書きを取れ………………………… 525
四国のこと……………………………… 526
参議院議員のはなし…………………… 529
日本の教育をどうするか……………… 538
久米正雄の「日本米州論」…………… 547
外国との関係ということ……………… 553
文化の育て……………………………… 562
ある種のうごき………………………… 563
菅季治さんのこと……………………… 565
アジアの国々に目を向けよ…………… 570
ふるき都を来てみれば………………… 571
空想と現実とのつながりについて…… 573
ヒルスカさんの手紙…………………… 577
旅の見聞………………………………… 580
「ちつぽけなアヴァンチュール」のことで牧瀬氏に答える…… 588
悔おおかりしわが身かな……………… 598
新聞の行くところ……………………… 600
茅盾さんへ……………………………… 604
身は半纒のボロつぱし………………… 612
カイライ放送 除名 平林たい子…… 617
わたしの望み…………………………… 624
*後記
著者うしろ書 戦後最初の五年間… 629
解題(松下裕)……………………… 637
 

第13巻 1979.5.25
 
政治と文学…………………………………… 1
わたしの信条……………………………… 3
『人民文学』と江馬の言葉………………12
架空中国留学記……………………………20
短歌雑感……………………………………28
沢野久雄の「道化師」について…………34
石川達三と平林たい子とに………………36
地方選挙と文学の目………………………37
「現代民衆詩選」について………………41
嘘と文学と日共臨中………………………43
常識の線……………………………………51
一つのからくり……………………………67
思いつくままに……………………………69
時のちがい所のちがい……………………73
心待ちとして………………………………74
日本の目……………………………………80
わたしはこんなことを望む…………… 102
いいことだ……………………………… 104
その町その村のこと…………………… 110
わたしの答……………………………… 112
これからの話…………………………… 131
最低綱領の問題………………………… 135
権威の問題……………………………… 137
詩のこと文学史のこと………………… 141
わたしは誰でしよう…………………… 151
経験から………………………………… 153
利欲にくらんだ目……………………… 156
通信員を………………………………… 157
朝鮮の細菌戦について………………… 159
サークル誌めぐり……………………… 175
軍隊の問題……………………………… 210
日本の昔ばなし………………………… 216
鹿地のことについて…………………… 218
人権のための国と人権を侵すための国…… 226
文学と社会・政治記事………………… 229
なかなか書けぬ次第…………………… 234
真実一本槍……………………………… 236
清潔な人、なつかしい人……………… 241
市役所の掲示…………………………… 242
日教組の高知県大会から……………… 243
外国文化の受け入れ方について……… 249
きびしい顔……………………………… 257
外国文化の取り入れ方について……… 263
きようの感想…………………………… 266
文学サークルの二つの問題…………… 272
原爆の日と朝鮮での停戦……………… 296
きようという日………………………… 297
今日の文学と今日の教育……………… 298
松川事件とローゼンバーグ事件……… 311
実験回数………………………………… 318
われわれ自身のなかの一つの捨ておけぬ状態について…… 319
めくらの垣のぞき……………………… 357
たれか故郷を思わざる………………… 395
「現在のような姿が好ましくない」ということについて…… 398
来年の集まりのために………………… 408
大西の「黄金伝説」について………… 409
詩人の出る幕…………………………… 421
和解の道………………………………… 422
満足途上………………………………… 431
語ること・書くことの自由…………… 432
理解と希望……………………………… 441
久保山さんの死をかなしむ…………… 448
それにつけても………………………… 454
学問の尊重……………………………… 456
戦後十年………………………………… 457
新日本文学会第7回大会の性格 ……… 459
テープレコーダー挿話………………… 461
典型ということ………………………… 462
タマシイのこと………………………… 465
「読書ノート」の問題………………… 466
外とのつながり………………………… 477
学者のつとめ…………………………… 503
通俗的な面……………………………… 518
民主的と文学的………………………… 526
書き手と読み手………………………… 530
獅子のような女………………………… 534
味村検事の投書………………………… 537
アイゼンハウアー氏と蝋山氏………… 539
正美君つれだしの問題………………… 542
徳田書記長の死を聞いて……………… 544
人の記憶………………………………… 545
文学と平和の問題……………………… 547
打ちこまれたクイ……………………… 549
内輪の話………………………………… 550
大学生と青年労働者…………………… 556
洪水と軍事教練………………………… 558
見本市の豆……………………………… 561
地理と歴史……………………………… 564
一九五六年の問題の一つ……………… 567
二つのこと……………………………… 583
外国とのつながりの新しい段階……… 589
異議あり………………………………… 593
自民党は考えなおせ…………………… 598
扱いを丁寧に…………………………… 602
芥川賞について思い出………………… 608
六全協は自慢の種になるか…………… 617
独立作家クラブのころ………………… 618
「アジア・アフリカ諸国とひと口に」…… 622
大東京五百年祭の砂川町……………… 628
通訳『クロハタ』説…………………… 629
異議あり………………………………… 631
*後記
著者うしろ書 真面目さと至らなさと…… 637
解題(松下裕)……………………… 645
 

第14巻 1979.4.25
 
活字以前の世界……………………………… 1
事実と解釈………………………………… 3
定時制高校…………………………………78
学問と幸福…………………………………80
小説散歩1 …………………………………89
小説散歩2 …………………………………98
小説散歩3 ……………………………… 107
小説散歩4 ……………………………… 116
四季風俗談義1 ………………………… 124
四季風俗談義2 ………………………… 134
四季風俗談義3 ………………………… 143
四季風俗談義4 ………………………… 150
片すみの正面1 ………………………… 158
片すみの正面2 ………………………… 164
片すみの正面3 ………………………… 170
片すみの正面4 ………………………… 177
片すみの正面5 ………………………… 183
片すみの正面6 ………………………… 189
異議あり………………………………… 195
光太夫、ゴンチャロフ以来…………… 202
そろばん勘定における問題…………… 209
内の関係と外の関係…………………… 214
そのものとしての戦い………………… 217
チャタレー裁判と北原武夫…………… 224
「潮騒」と大人気のない話…………… 231
無知とぼんやり………………………… 237
はやい話………………………………… 240
民主的ということ……………………… 241
孝行について…………………………… 252
教師の詩………………………………… 257
今日の文学の問題……………………… 259
都の住民として………………………… 271
選挙さまざま…………………………… 272
「荷車の歌」と「沖縄島」とについて…… 276
いくつもの問題と一つの問題………… 283
「福竜丸」から「拓洋」「さつま」まで…… 296
朝鮮の旗………………………………… 298
今とプロレタリア文学の時代………… 300
奇しきエニシ…………………………… 303
十一月末現在旅さきでの感想………… 304
わが疑い………………………………… 311
教師のなかの「人間」………………… 349
早春書信………………………………… 354
男を馬鹿にするな……………………… 364
最近の世相と文学……………………… 371
朝鮮問題について……………………… 376
アジア・アフリカ作家会議と日本の運命…… 384
国、人の印象と大会の印象…………… 401
くつろいでいられる国………………… 406
きれぎれの印象………………………… 408
フルシチョフの頭と外国語…………… 420
モスクワの作家大会とソ連のあちこち…… 424
自分に即して…………………………… 443
対等、永久と算術……………………… 447
木綿でまいたギター…………………… 453
ゴロツキはごめんである……………… 457
文学者と安保条約……………………… 465
奥野健男氏へお答え…………………… 469
テレビの上で…………………………… 470
岸グループと天皇グループ…………… 472
女のこと………………………………… 476
人の立場ということ…………………… 480
国民感情ということ…………………… 483
私は疑う………………………………… 499
ゴロツキの感覚とゴロツキにたいする感覚…… 522
広島での感想…………………………… 525
「もりあがり」と「品位」…………… 531
一どきにわかつてくるという状態…… 533
夏から秋へ……………………………… 536
参議院議員の三年間…………………… 540
村上元三氏の「一党一派に偏してはならない」説について…… 542
活字の世界と活字以前の世界………… 556
タマシイの問題………………………… 560
女たちの力……………………………… 562
テロル分子と池田内閣とのあいだ…… 563
牡丹峰劇場からの声…………………… 572
テロルは右翼にたいしては許されるか…… 576
花輪大臣と特高次官…………………… 584
おととしの話…………………………… 588
二つの点で……………………………… 590
テレビとテレヴィ……………………… 592
細すぎる神経の問題…………………… 594
新日本文学会の十五年………………… 611
ある状態………………………………… 613
政府 人民 財布のひも……………… 618
政治報告草案について………………… 620
新しい季節とアジア・アフリカ作家会議…… 624
大のこと小のこと……………………… 627
綱領草案について……………………… 633
松川判決をきいて……………………… 634
川添町通信1 …………………………… 635
川添町通信2 …………………………… 641
川添町通信3 …………………………… 649
川添町通信4 …………………………… 656
後悔さきに立たず……………………… 662
*後記
著者うしろ書 五〇年代から六〇年代へかけて…… 667
解題(松下裕)……………………… 675
 

第15巻 1977.12.20
 
連続する問題………………………………… 1
戦争のないのがいい……………………… 3
問題ふたつ………………………………… 4
女のふしあわせ…………………………… 7
白鳥とキリスト教ほか一題………………11
白鳥とキリスト教………………………11
「一九三一年九月以降」ということ…16
伊勢市での経験ほか一題…………………22
伊勢市での経験…………………………22
あるビラの問題…………………………28
三十五年まえ………………………………33
時間の問題…………………………………38
黒金泰美の原稿料…………………………47
一つの実際的な問題………………………51
南京のこと知りたし………………………54
甘い生活……………………………………55
勝ち負けのもう一つ奥……………………60
標準語の問題………………………………61
そんな馬鹿なことが…………………… 102
もつとも単純な事実の問題について… 104
学者たちに望む………………………… 105
春夏秋冬………………………………… 108
シュテファンは生きていた………… 108
関根老人の詩………………………… 109
島田三郎と雄弁術…………………… 111
長崎の眉……………………………… 112
あたらしい兆候……………………… 113
藤野碑 青野碑 本庄碑…………… 114
引用のしかた………………………… 115
スポーツの世界で…………………… 116
「チョンリマ」にからまる話……… 117
女たちのありさま…………………… 118
広津氏の『松川』と清水氏のエピソード…… 119
記者会見と街のこえ………………… 120
長征出発以来三十年………………… 121
佐藤の登場と指揮権発動…………… 122
せつないほどの自己批判…………… 123
暮れと出かせぎ……………………… 124
秋風とともに…………………………… 126
事実に立つて…………………………… 141
文学的に見て…………………………… 161
縦の線…………………………………… 164
ほんとうの党風をつくること………… 179
ある種の感覚について………………… 179
荒氏の意見を読む……………………… 196
扱い方について………………………… 200
「一つの事実」について……………… 236
学芸の側からの発言を………………… 238
たすき、はちまき、花たばの類……… 241
文学の世界の動き……………………… 245
ワイマールの呼びかけ………………… 254
ワイマール飛脚便……………………… 258
ワイマール集会と日本………………… 274
何が、どこで、まぎらわしいか……… 287
『日本のこえ』創刊1周年をむかえて…… 291
裏日本とレンジャー部隊……………… 294
武道館のほうか、九段会館のほうか… 296
ひとこと………………………………… 300
「可聴の国・日本とは?」について… 301
朝鮮問題雑感…………………………… 304
人のふり見て…………………………… 311
蔵原報告とその結語…………………… 315
かけがえのない年月…………………… 333
足もとの事実…………………………… 334
極端な保守的反動的………………… 334
ノーベル平和賞と婦人民主クラブ… 336
京都の知事と東京の知事…………… 338
アジア・アフリカ作家北京緊急集会…… 340
非のうちどころのない紳士………… 342
奇妙な「挑発者」…………………… 344
ショーロホフと方法論……………… 346
『こえ』第百号までのあいだ……… 348
二つの「挑発」と二つの「自主独立」…… 350
蔵原講演の発表を待つ……………… 352
牛に引かれて善光寺………………… 354
灯台もと暗しか……………………… 356
北京の緊急集会とカイロの臨時会議…… 358
歴史の法則と考えぬ葦……………… 360
リアリズムと話のすじ道…………… 362
文化交流と佐藤三千夫の写真……… 364
日本人サトウと蔵原・中野会談…… 366
訂正の仕方と根性…………………… 368
WE SHALL OVERCOME SOMEDAY ………… 370
アジ・プロの問題について…………… 379
詩ブーム、詩集ブームの裏側………… 384
羽田事件について……………………… 387
「こえ」三年間の活動のなかでの自己の誤り、過ちについて…… 390
無限の挑発、無限の激励……………… 395
四つのこと……………………………… 397
チェコスロヴァキア問題について…… 399
ふたたびチェコスロヴァキア問題について…… 406
新人会創立50周年記念の席で………… 414
暴力という言葉と税金という言葉…… 418
誤解と誤解主義………………………… 423
カード調査と名家投票………………… 431
六九年始末のこと……………………… 434
共産主義運動の件……………………… 443
ちよつとの違い、それが困る………… 444
続ちよつとの違い、それが困る……… 453
いくつかの事件についての感想……… 463
それはなかつたし、ありえなかつた… 473
ある少年たちのこと…………………… 485
歳末補註………………………………… 486
レスリングとボキシング……………… 489
三〇年、三一年代の一つの問題……… 498
浅間山荘のこと………………………… 500
石どうろうのペンキ…………………… 503
パリー・コンミューン雑談…………… 505
憲法、憲法と言うけれど……………… 513
ニクソンのソ連行きと裏がえしの大国主義…… 522
二たび三たび…………………………… 523
素性いかがわしきもの………………… 524
実状知りたし…………………………… 526
「実状知りたし」について…………… 527
杉本良吉と日本共産党史……………… 528
ある日の雑録…………………………… 529
在日朝鮮人と全国水平社の人びと…… 533
二つの事実について…………………… 546
ある種の学生のやり方について……… 549
近況お知らせを兼ねて………………… 551
にせもの作り計画的前進のこと……… 552
日本の女………………………………… 553
続日本の女……………………………… 564
天皇制その銭金の面…………………… 573
石坂泰三の死…………………………… 592
連続する問題…………………………… 593
立てかんばんの言葉…………………… 595
動力車労組への言葉…………………… 596
うわ面で見て…………………………… 598
二つの手錠……………………………… 603
呼びかけ人と賛同者…………………… 605
ふたたび呼びかけ人と賛同者………… 606
広島・長崎と三木・フォード………… 607
銭金の面………………………………… 609
*後記
著者うしろ書 おそすぎた目ざめ… 613
解題(松下裕)……………………… 623
 

第16巻 1977.7.20
 
啄木…………………………………………… 1
啄木に関する断片………………………… 3
啄木について………………………………12
文連版『啄木詩集』のために……………19
啄木と「近代」……………………………24
啄木研究のひろがりについて……………33
啄木の日をむかえて………………………47
石川啄木の生涯と仕事……………………55
啄木とローゼンバーグズ…………………67
京都から……………………………………68
啄木の日に…………………………………73
この選集の役目……………………………76
あらためて啄木を…………………………76
啄木のふれたアジア・アフリカと今日のアジア・アフリカ……78
日本問題としての啄木……………………84
石川啄木について…………………………86
啄木雑感………………………………… 100
鴎外その側面……………………………… 123
前書き…………………………………… 125
俗見の通用……………………………… 126
鴎外論目論見のうち…………………… 133
鴎外と遺言状…………………………… 144
「半日」のこと………………………… 171
「独逸日記」について………………… 183
しげ女の文体…………………………… 224
鴎外位置づけのために………………… 233
「傍観機関」と「大塩平八郎」……… 249
この選集のために……………………… 266
鴎外と自然主義との関係の一面……… 267
小説十二篇について…………………… 276
漱石と鴎外とのちがい………………… 291
漱石と鴎外との位置と役割…………… 299
鴎外の詩歌……………………………… 307
翻訳の一面……………………………… 309
「青年」のこと………………………… 321
後書き…………………………………… 335
短篇十…………………………………… 338
「雁」…………………………………… 341
「青年」………………………………… 343
作の読まれ方ということ……………… 346
「舞姫」「うたかたの記」他二篇…… 349
「即興詩人」について………………… 354
森鴎外…………………………………… 357
この版のうしろ書……………………… 369
第51回鴎外忌席上……………………… 372
『和魂洋才の系譜』のこと…………… 374
鴎外略年譜……………………………… 385
明治の人びと……………………………… 393
一種の風情……………………………… 395
恐しいような、限りなくなつかしいような人…… 398
二葉亭四迷をおもう…………………… 399
二つの問題……………………………… 405
雄弁調と美文調とに反対のもの……… 409
初期の藤村……………………………… 415
一種の思い出…………………………… 419
訴える一葉文学………………………… 422
露伴の死と参議院……………………… 422
露伴のこと……………………………… 424
中学生時代……………………………… 431
三人の文章家…………………………… 434
秋水の『兆民先生』…………………… 436
『幸徳秋水の日記と書簡』を読む…… 440
『嶺雲全集』を迎える………………… 449
大塚甲山の墓…………………………… 450
革命家の回想と面目…………………… 463
片山潜の原稿…………………………… 464
心からよろこぶ………………………… 467
大庭柯公のこと………………………… 473
子規の健康……………………………… 479
虚子、左千夫、節について…………… 481
日本を表現するもの…………………… 495
今年の問題……………………………… 496
「土」について………………………… 498
五十三年まえ…………………………… 508
*後記
著者うしろ書 いまさらながら―明治、大正のこと…… 513
解題(松下裕)……………………… 521
 

第17巻 1977.1.20
 
斎藤茂吉ノート……………………………… 1
前書き……………………………………… 3
斎藤茂吉ノート…………………………… 5
ノート1 ノートをとる資格…………… 5
ノート2 茂吉にたいする理解…………11
ノート3 茂吉にあるわかりにくいもの……25
ノート4 二つの青春……………………49
ノート5 抽象的思惟行為における抒情……69
ノート6 女人にかかわる歌のうち……87
ノート7 戦争吟…………………………95
ノート8 茂吉の「白秋の歌一首」… 104
ノート9 短歌写生の説……………… 122
ノート10 個の問題 ………………… 141
ノート11 宗教的ということ ……… 154
ノート12 ヨーロッパと耳と ……… 167
ノート13 疑問的疑問一、二 ……… 181
鑑賞と批評と…………………………… 201
『柿本人麿』評釈篇巻之上紹介……… 214
茂吉断片………………………………… 217
はにかみの弁…………………………… 224
訂正その他……………………………… 240
新版の後書き…………………………… 247
選集版はしがき………………………… 247
何かの因縁……………………………… 249
現実、象徴、近代などの問題………… 251
『斎藤茂吉全集』第8巻を読む ……… 254
茫漠とした思い………………………… 258
読者という関係………………………… 261
「短歌における四三調の結句」と「短歌小言」…… 265
茂吉の手帳……………………………… 270
筑摩叢書版うしろ書き………………… 272
『茂吉の体臭』の話…………………… 274
歌人としての斎藤茂吉………………… 277
茂吉とわたし…………………………… 287
晩年の茂吉……………………………… 290
完全かつ簡便…………………………… 291
「アルス名歌選」のころ……………… 292
茂吉略年譜……………………………… 297
室生犀星…………………………………… 307
まえがき………………………………… 309
室生犀星 人と作品…………………… 311
出生と出発…………………………… 311
第一詩集と三十歳…………………… 316
結婚のよろこびと人間の悲哀……… 322
運命とその交錯……………………… 329
都会の底……………………………… 334
峠を越す……………………………… 339
豊熟と途上の障碍…………………… 344
戦争の五年間………………………… 349
二つの廃墟から……………………… 355
晩年と最後…………………………… 358
七十歳………………………………… 364
仕事のなかでの七十三年…………… 367
日記の犀星…………………………… 371
死、葬送とその後…………………… 377
詩人としての室生犀星………………… 381
教師としての室生犀星………………… 391
一九三五年のころ……………………… 394
金沢の家………………………………… 396
南江二郎氏と諏訪三郎氏……………… 398
しやつ、ももひきの類………………… 399
犀星 室生さんの死…………………… 402
『驢馬』の時分………………………… 403
犀星観を問われて……………………… 410
茶と菓子………………………………… 413
犀星遺産………………………………… 415
記憶と想像……………………………… 418
母乳のごときもの……………………… 420
室生犀星ベスト・スリー……………… 421
忘れえぬ書物…………………………… 423
『愛の詩集』初版のこと……………… 430
『室生犀星詩集』について…………… 434
犀星 室生さん………………………… 441
『室生犀星全集』第1巻 ……………… 443
心残りの記……………………………… 447
うろ覚えの記…………………………… 449
『抒情小曲集』解題…………………… 479
『抒情小曲集』………………………… 483
室生犀星(照道)……………………… 484
室生犀星………………………………… 485
うしろがき……………………………… 491
室生犀星年譜…………………………… 492
*後記
著者うしろ書 室生犀星と斎藤茂吉…… 509
解題(松下裕)……………………… 517
 

第18巻 1978.5.31
 
プロレタリア文学の人びと………………… 1
『種蒔く人』の人びとへ感謝…………… 3
三十二歳から四十三歳まで……………… 6
『青野季吉選集』について……………… 8
人と人との親しみ………………………… 9
青野季吉研究………………………………12
『海に生くる人々』………………………16
葉山について………………………………19
「海に生くる人々」の言葉………………20
『葉山嘉樹日記』序にかえて……………39
葉山の手紙…………………………………42
発病から死まで……………………………45
『五月祭前後』を読む……………………46
山田の論文の長いあいだの読者として…48
大宅壮一の思想的立場……………………50
大宅壮一についての妄想…………………52
印象以外……………………………………54
蔵原惟人『芸術論』について……………58
一つの思い出………………………………63
「党生活者」のなかから…………………64
小林多喜二の原稿につき…………………67
小林多喜二の日に…………………………68
「党生活者」について……………………69
過去の作家・作品の新しく呼びかけるもの……78
『小林多喜二研究』前がき………………88
本の作り方の問題…………………………89
学びに学ぶこと……………………………92
感想と思い出………………………………93
『小林多喜二作品集』について…………95
新しく発見された多喜二の通信……… 101
書かれるべき小林伝について………… 103
心のやさしい田舎者…………………… 113
ささやかな記憶………………………… 121
小林多喜二の一面……………………… 126
想像する力……………………………… 136
思い出と記録…………………………… 142
二月二十日……………………………… 145
今村恒夫君の病気につきお願い……… 146
今村恒夫の病気のこと………………… 148
実践的な理解…………………………… 151
『新しきシベリアを横切る』その他… 154
作者にかわつて………………………… 156
二つの特徴……………………………… 157
故人の思い出…………………………… 159
死のあとで……………………………… 161
死人に口なしか………………………… 165
宮本百合子の研究……………………… 169
宮本百合子の読み方について………… 171
記憶のために…………………………… 175
宮本百合子の文学について…………… 181
彼女の新しくもたらしたものについて…… 186
第十二巻の評論について……………… 198
編纂者の一人として…………………… 204
記録がわり……………………………… 208
一つの重要な訂正……………………… 213
私あて宮本百合子の葉書、手紙……… 215
「二つの庭」について………………… 221
宮本百合子の戦時中の社会評論について…… 231
『両地書』と『十二年の手紙』とについて…… 251
宮本百合子の人柄と今日の問題……… 268
あれこれの思い………………………… 279
宮本百合子のこと……………………… 281
あのころ………………………………… 289
窪川鶴次郎『昭和十年代文学の立場』…… 291
ひろし・ぬやま………………………… 292
一つの日本人の問題…………………… 293
貴司山治君……………………………… 294
勝本の死………………………………… 296
下川の詩集の跋として………………… 300
伊藤信二のこと………………………… 301
久保栄のなつかしさ…………………… 303
「中国湖南省」と小形式脚本とについて…… 304
『久保栄全集』完結記念の席で……… 310
思いつくままに………………………… 314
久保栄について………………………… 320
徳永直『八年制』について…………… 336
『妻よねむれ』について……………… 339
やはり早すぎた………………………… 340
橋本英吉のこと………………………… 341
春三題…………………………………… 345
黒島伝治……………………………… 345
壷井栄………………………………… 347
平林彪吾……………………………… 348
黒島伝治と細菌戦……………………… 350
黒島の『軍隊日記』…………………… 353
兵卒と農夫との作家…………………… 355
壷井栄のたましい……………………… 356
「暦」の世界…………………………… 356
小豆島の言葉…………………………… 358
我や先き人や先き……………………… 361
ほとんど物質的な糧…………………… 362
枯れている花のことも………………… 363
我慢しすぎたようなところ…………… 367
小熊秀雄について……………………… 371
『流民詩集』序………………………… 374
小熊秀雄の詩…………………………… 377
『小熊秀雄詩集』について…………… 382
健康な眼………………………………… 385
小熊の思い出…………………………… 386
一九三五年の小熊の詩一篇…………… 397
死後三十三年に………………………… 401
小熊秀雄………………………………… 403
『くれなゐ』を読む…………………… 406
「くれなゐ」の作者に事よせて……… 408
『樹々新緑』について………………… 417
『キャラメル工場から』について…… 421
「くれなゐ」について………………… 423
『私の東京地図・くれなゐ』について…… 430
友人として……………………………… 433
『女茶わん』の眺め…………………… 433
佐多稲子断片…………………………… 435
「樹影」の野間賞受賞の席で………… 437
『栗林一石路句集』について………… 440
茶碗の蹄………………………………… 446
詩集のうしろに………………………… 449
一つの生涯……………………………… 450
鈴子のことについて二、三…………… 457
プロレタリア文学、人と作品1 ……… 466
プロレタリア文学、人と作品2 ……… 480
北海道の作家たち……………………… 503
*後記
著者うしろ書 間口の狭さと奥行きの浅さと…… 521
解題(松下裕)……………………… 529
 

第19巻 1978.6.30
 
わが先行者たち……………………………… 1
思い出断片………………………………… 3
太田正雄さんの死…………………………11
言葉と思想…………………………………14
木下杢太郎の人と芸術……………………16
「暗夜行路」雑談…………………………29
上等ということ……………………………61
「或る男、其姉の死」……………………65
むかしの読者………………………………69
坂の途中……………………………………73
『ロダンの言葉』と『明るい時』………76
自然主義との関係…………………………79
詩聖のおもかげ……………………………84
この白秋のいくつもの面…………………85
『旅人』を読む……………………………87
『思ひ出』と『編笠』……………………88
詩人としての河上肇博士について………89
河上さんの詩………………………………97
一つの人格の全貌を………………………99
『河上肇著作集』詩歌篇解説………… 100
『留守日記』を読む…………………… 110
原鼎と河上さん………………………… 112
『片上伸全集』第2巻を読む ………… 118
短篇小説の話…………………………… 120
無欲の人………………………………… 125
「狐のわな」について………………… 127
選集をもとめる………………………… 129
こういう形で読めるありがたさ……… 132
読むたのしみ…………………………… 134
草餅の記………………………………… 136
折口信夫さんについて………………… 139
折口さんの印象………………………… 143
活字のまちがい………………………… 146
誘惑者…………………………………… 150
折口信夫・釈迢空……………………… 153
「枸杞の実の誘惑」のこと…………… 155
見るほうでなくて読むほうの本……… 158
朔太郎・春夫・犀星・辰雄・達治…… 161
「郷土望景詩」に現われた憤怒……… 173
妄想……………………………………… 184
『萩原朔太郎全集』…………………… 186
人のよさの記憶………………………… 186
きれぎれの思い出……………………… 189
註以前…………………………………… 193
萩原朔太郎展のために………………… 195
個人的関係……………………………… 196
小さい回想……………………………… 199
無題……………………………………… 205
「地獄変」を読む……………………… 207
つまらぬ話……………………………… 208
芥川龍之介をおもう…………………… 212
芥川龍之介……………………………… 213
三つのこと……………………………… 217
痩せと肥え……………………………… 223
芥川龍之介の「毛利先生」…………… 224
「美しい村」のこと…………………… 229
ふるい人やさしい人…………………… 231
豊島与志雄……………………………… 233
一刻人…………………………………… 234
この一刻人の文学……………………… 236
顔を持つてくる人……………………… 237
『松川裁判』の文体…………………… 241
広津和郎氏のこと……………………… 243
記憶断片………………………………… 244
豪徳寺の時期…………………………… 248
小倉金之助さん………………………… 251
自殺した文学作家……………………… 251
故人の手紙……………………………… 254
そのとき徳田秋声と武者小路実篤とが顔を見合わせた…… 268
わが国わが国びと………………………… 273
わが国わが国びと……………………… 275
人さまざま……………………………… 299
むかしのこと むかしの人…………… 316
折り折りの人…………………………… 322
堀の死を聞いて………………………… 344
告別式に………………………………… 345
ふたしかな記憶………………………… 346
堀辰雄のこと…………………………… 352
Querschnitt …………………………… 356
地球儀とローラー・スケート………… 357
野中の清水……………………………… 360
堀の『妻への手紙』を読む…………… 360
誇張をしない人………………………… 362
曖昧な記憶……………………………… 364
日本人の心の一つの鏡………………… 367
君に別れる……………………………… 368
あわただしく…………………………… 370
三好達治の考え方……………………… 376
詩人としての三好達治………………… 378
文明の人………………………………… 387
世界がそのなかにある………………… 390
時とところ……………………………… 393
高見順をおもう………………………… 394
解毒作用と腐蝕作用…………………… 399
親切な人………………………………… 400
同世代の一人として…………………… 403
同時代人ということ…………………… 405
親しみの情……………………………… 408
無尽蔵を見せてもらう約束…………… 411
二度会つた記憶………………………… 414
おぼろな記憶…………………………… 417
文章温暖………………………………… 421
実行をたつとぶ人……………………… 421
思い出断片……………………………… 422
島木全集を迎える……………………… 425
豪徳寺の縁側で………………………… 426
金史良のために………………………… 429
因縁のようなもの……………………… 430
『近代文学』の人びと………………… 432
ある人の心の姿………………………… 437
歴史と人間との関係…………………… 439
小田切秀雄の『民主主義文学論』印象…… 440
小田切秀雄の人と学問………………… 449
梅崎春生君……………………………… 454
思い出すこと二、三…………………… 465
ひと口に言えぬところ………………… 467
記憶断片………………………………… 470
杉浦明平の『作家論』………………… 473
堀田善衛『橋上幻像』………………… 475
私にとつての堀田善衛………………… 475
堀田善衛小論…………………………… 476
印象断片………………………………… 495
『鶴』の世界…………………………… 501
『海』の訳者…………………………… 502
古代人的現代人………………………… 503
久保田正文……………………………… 504
久保田正文『現代短歌の世界』……… 505
人物……………………………………… 506
ある時期の註釈………………………… 507
やや時を経て…………………………… 510
教育ママ族の対極……………………… 514
『原爆詩集』について………………… 518
峠三吉のこと…………………………… 522
やわらかな印象………………………… 524
『峠三吉全詩集』うしろがき………… 526
許南麒詩集『朝鮮冬物語』跋………… 528
若さの清潔……………………………… 531
西山安雄の文学………………………… 532
行きつ戻りつ…………………………… 533
井上光晴について……………………… 534
井上光晴の特性………………………… 535
生活からの知恵………………………… 535
吉塚勤治君の生涯……………………… 537
『百姓の死』序にかえて……………… 538
『三池の冬』序にかえて……………… 540
現場の人………………………………… 543
大人の風格……………………………… 545
金二十円也……………………………… 548
自然な贅沢……………………………… 552
伊藤至郎の死…………………………… 553
椿山荘の夜……………………………… 556
『司馬遷』と『吉野秀雄歌集』……… 558
吉野秀雄さんと有馬頼義君…………… 563
椿の消毒………………………………… 568
メモランドム…………………………… 570
ほんの少々……………………………… 573
よつて件の如し………………………… 575
『新唐詩選』を読む…………………… 577
二つの『詩概説』……………………… 580
儒ということ…………………………… 585
そもそものころ………………………… 586
豊頬の人………………………………… 588
新しい人………………………………… 590
未整理のままに………………………… 595
矢部友衛………………………………… 596
同郷のよしみ…………………………… 597
宇野重吉………………………………… 599
柳兼子さんの唱うのを私ひとりで聴く…… 600
学習院五十年史………………………… 603
藤沼栄四郎さんの死…………………… 606
私の祝辞………………………………… 608
先輩であつて同僚……………………… 609
とびとびの記憶………………………… 610
この書の刊行について………………… 622
布施杜生のこと………………………… 624
一騎当千の人…………………………… 633
神山茂夫を語る………………………… 633
不可欠のもの…………………………… 637
五十年と百五十三年…………………… 641
神山茂夫の死をお知らせする………… 642
はじめの挨拶…………………………… 643
神山茂夫………………………………… 646
推薦者の言葉…………………………… 647
兼岩君の横顔…………………………… 647
大崎栄太さん…………………………… 652
松尾捨次郎さん………………………… 654
伊藤武雄さん…………………………… 656
瀬戸茂三郎さん………………………… 658
天王寺悲田院の能瀬茂人さん………… 660
恩人……………………………………… 663
いつ初めて私は彼を見たか…………… 666
古田晁君………………………………… 667
死なれて困る…………………………… 669
ひとり残る……………………………… 671
からだに気をつけよ、勉強せよ……… 674
軽い意味でのふしあわせ……………… 683
*後記
著者うしろ書 なき数にいる名…… 687
解題(松下裕)……………………… 697
 

第20巻 1977.11.30
 
ハイネ人生読本……………………………… 1
ハイネ人生読本…………………………… 3
第1章 この本を書くについて ……… 3
第2章 詩人のおいたち ………………14
第3章 フランクフルトおよびハンブルクにおける商人見習時代 ボン、ゲッチンゲンおよびベルリンにおける大学生時代 恋愛における失敗 詩人としての第一歩……60
第4章 「帰郷」「北海」「ハルツの旅」…… 110
第5章 イギリス行き ……………… 120
第6章 『イタリヤの旅』 ………… 127
第7章 七月革命パリーへの移住 … 138
第8章 ドイツ人のためにフランスを、フランス人のためにドイツを…… 149
第9章 「青年ドイツ」とドイツ連邦会議…… 159
第10章 わきたつ晩年……………… 171
あとがき……………………………… 195
ハインリヒ・ハイネを断片する……… 198
ある古本の運命………………………… 206
井上正蔵氏『ハインリヒ・ハイネ』… 212
歴史と言葉……………………………… 214
私とハイネ……………………………… 215
ハイネの橋……………………………… 218
あなうめ草……………………………… 233
ハイネ関係年表………………………… 237
レーニン素人の読み方…………………… 247
レーニン素人の読み方………………… 249
素人の読み方………………………… 249
レーニンと私小説…………………… 254
ロシア人の強さ……………………… 266
宗教の問題…………………………… 283
理論的と肉感的……………………… 292
封印列車始末………………………… 307
一九二二年末の「覚え書」について…… 330
「文献」または「文学」のこと…… 344
パリー・コンミューンのこと……… 394
もう一度「文献」または「文学」のこと…… 456
うしろ書……………………………… 509
レーニンのゴーリキーへの手紙……… 513
レーニンの「未発表手紙十二通」について…… 517
四十六年まえ…………………………… 520
日本訳『レーニン全集』について…… 522
ゴーリキー一面…………………………… 577
ゴーリキーじいさん…………………… 579
ゴーリキーの人間雑感………………… 580
ゴーリキーと日本文学………………… 590
ゴーリキー・魯迅15周年記念の意義… 598
ゴーリキーについて…………………… 600
『ゴーリキー集』について…………… 605
魯迅………………………………………… 617
魯迅二題………………………………… 619
魯迅先生………………………………… 620
魯迅伝…………………………………… 620
小田嶽夫の『魯迅伝』………………… 628
魯迅先生の日に………………………… 629
魯迅について…………………………… 634
一つの側面……………………………… 637
魯迅の日本訳…………………………… 638
許広平という人………………………… 641
ある側面………………………………… 643
日本歴史の問題………………………… 658
二たび三たび魯迅を…………………… 663
魯迅研究雑感…………………………… 664
知りたいこと…………………………… 683
*後記
著者うしろ書 素人また素人以前の面目…… 691
解題(松下裕)……………………… 699
 

第21巻 1978.2.28
 
芸術家の立場………………………………… 1
子供のための文学のこと………………… 3
文学と政党………………………………… 9
これから小説を書く人へ…………………12
共産主義と文学……………………………31
文学と政治…………………………………42
芸術の心……………………………………50
批評の問題…………………………………60
人民・革命・労働者階級の文学…………86
子供のための、少年少女のための文学について……99
芸術家をはぐくむもの………………… 112
芸術家の立場…………………………… 127
身分、階級と自我……………………… 139
近代日本文学史考………………………… 157
日本文学史の問題……………………… 159
「ナップ」について…………………… 166
「ナップ」時代後半期の意義………… 183
日本におけるプロレタリア的・革命的文学の流れについて…… 202
プロレタリア詩の発展………………… 209
現代詩の一つの転換…………………… 226
第二『文学界』・『日本浪漫派』などについて…… 241
第二世界戦におけるわが文学………… 255
近代日本文学の背景としての労働者階級の成長…… 268
いわゆる「昭和十年代」の文学……… 288
プロレタリア文学の理論……………… 302
被圧迫民族の文学……………………… 315
文学談話…………………………………… 335
前書き…………………………………… 337
東方社版前書き………………………… 338
1 ひろい意味での文学とせまい意味での文学…… 339
2 文学をつくるということ…………… 343
3 文学と政治との関係………………… 349
4 専門作家と勤労者作家ということ… 356
5 働くものの文学と革命の文学1 …… 362
6 働くものの文学と革命の文学2 …… 366
7 日本の文学・文学運動をどうするか…… 373
8 文化問題と組合活動との結びつき… 379
9 労働者のなかから生れる新しいインテリゲンチヤ…… 386
10 労働者階級と新しい文化 ………… 393
問と答…………………………………… 400
*後記
著者うしろ書 敗戦・無条件降伏意識の曖昧さ…… 415
解題(松下裕)……………………… 423
 

第22巻 1978.12.20
 
わが文学的自伝……………………………… 1
わが文学的自伝…………………………… 3
はじめての感覚はじめての考え方………12
自作案内……………………………………16
停滞期にいるものの回想…………………24
自伝…………………………………………33
自分の全集のこと…………………………35
「春さきの風」「五勺の酒」の線………38
「春さきの風」のとき……………………39
私の小説作法………………………………41
作家か、文学者か…………………………43
つつしんで受ける…………………………46
「甲乙丙丁」の野間賞受賞のことば……47
「甲乙丙丁」の野間賞受賞の席で………48
『中央公論』の思い出……………………49
楢崎勤と受付のおばさん…………………49
霧のなかでのように………………………51
『群像』創刊25年…………………………53
「控え帳」のころの記憶…………………54
『論議と小品』について…………………56
「砂糖の話」付記…………………………57
『子供と花』について……………………58
『空想家とシナリオ』について…………59
「汽車の罐焚き」について………………61
作者の言葉…………………………………62
作者のことば………………………………62
『鴎外その側面』について………………63
『文学論』について………………………64
論争と私……………………………………64
著者は語る…………………………………70
『梨の花』について………………………71
「第三班長と木島一等兵」おぼえがき…72
『室生犀星』について……………………73
五十年まえと三十年まえ…………………73
『本とつきあう法』について……………77
「雨の降る品川駅」のこと………………77
『中野重治全集』第3巻作者あとがき …79
『中野重治全集』第5巻作者あとがき …87
『中野重治全集』第10巻作者あとがき…96
『中野重治全集』第11巻作者あとがき…… 106
『中野重治全集』第12巻作者あとがき…… 112
『中野重治全集』第13巻作者あとがき…… 121
『中野重治全集』第14巻作者あとがき…… 127
『中野重治全集』第16巻作者あとがき…… 131
『中野重治全集』第17巻作者あとがき…… 136
『中野重治全集』第18巻作者あとがき…… 143
『中野重治全集』第19巻作者あとがき…… 146
日本訳『レーニンのゴーリキーへの手紙』序に代えて…… 148
日本訳『第二インターナショナルの崩壊』序…… 149
『中野重治詩集』自序………………… 150
日本訳『レーニンのゴーリキーへの手紙』訳者はしがき…… 151
『論義と小品』序……………………… 153
『論議と小品』あとがき……………… 154
日本訳「アンデルセン自伝」はしがき…… 155
ナウカ社版『中野重治詩集』序……… 156
『子供と花』あとがき………………… 157
日本訳「フランスの状態」訳者の言葉…… 158
日本訳「ハイネの手紙」ことわり書き…… 159
『小説の書けぬ小説家』序…………… 163
『汽車の罐焚き』前書き……………… 164
『現代詩人集』第1巻「中野重治詩集」はしがき…… 166
『中野重治随筆抄』前書き…………… 166
『歌のわかれ』序……………………… 170
細川書店版『汽車の罐焚き』うしろがき…… 172
小山書店版『中野重治詩集』あとがき…… 173
『文学のこと文学以前のこと』まえがき…… 175
『楽しき雑談』第一はしがき………… 176
『楽しき雑談』第二はしがき………… 177
『楽しき雑談』第三はしがき………… 179
『楽しき雑談』第四はしがき………… 180
『中野重治選集』第2巻作者はしがき…… 181
『中野重治選集』第3巻作者はしがき…… 182
『中野重治選集』第4巻作者はしがき…… 182
『中野重治選集』第6巻作者はしがき…… 183
『中野重治選集』第10巻作者はしがき…… 185
『中野重治国会演説集』前がき……… 188
新潮文庫版『歌のわかれ』前がき…… 192
新潮文庫版『中野重治詩集』前書き… 192
『政治と文学』前書き………………… 194
『話すことと書くことと』まえがき… 195
一九五三年五月に……………………… 197
『わが読書案内』前書き……………… 198
岩波文庫版『中野重治詩集』後書き… 200
『外とのつながり』前書き…………… 202
『事実と解釈』前書き………………… 203
口で話した話…………………………… 204
読者のみなさんに……………………… 206
『映画雑感』あとがき………………… 208
『活字以前の世界』前書き…………… 210
作者としての言葉……………………… 212
日本訳『オオカミに冬なし』訳者のことば…… 213
『眺め』作者うしろ書き……………… 214
『事実に立つて』著者うしろ書き…… 219
『小林多喜二と宮本百合子』前書き… 220
『本とつきあう法』著者まえがき…… 231
『わが国わが国びと』著者まえがき… 233
『日本語実用の面』著者まえがき…… 234
略歴を問われて………………………… 236
略歴……………………………………… 237
年譜 1 ………………………………… 238
年譜 2 ………………………………… 241
日本語実用の面…………………………… 249
文章の書き方について………………… 251
何も言うことなし……………………… 257
「わが方」……………………………… 259
日本語…………………………………… 260
『綴方教室』と言葉…………………… 266
漢詩・漢文の翻訳……………………… 267
日本語の問題…………………………… 274
雑談として……………………………… 281
絵の本の翻訳…………………………… 284
わかりやすい言葉を…………………… 287
「女史」などという言葉……………… 289
言葉のこと……………………………… 291
素人以前の考え………………………… 298
言葉のプリオリテートについて……… 303
詩と言葉………………………………… 306
かなしい遺産…………………………… 310
評論家の文体…………………………… 318
自分の文章……………………………… 331
「猫も杓子も」の弁…………………… 335
「わが愛読する文章」という題で…… 338
国語教科書のなかの散文……………… 344
美しい日本語とただの日本語………… 354
断片的な愛し方………………………… 378
「おぼつく」という言葉……………… 379
日本語を大切にするということ……… 382
カツコつき「翻訳苦心談」…………… 477
文学教育に望む………………………… 481
『初等科国史』と『くにのあゆみ』… 495
愛と教育………………………………… 498
文学と言葉……………………………… 507
はじめての経験………………………… 512
一作家として文学教育に望む………… 516
国語と方言……………………………… 536
私の書き方……………………………… 554
言葉の問題雑談………………………… 557
便宜と実例……………………………… 595
私の好きな川柳ひとつ………………… 603
むしろ言葉づかい……………………… 604
日常便宜の問題………………………… 607
実用の面………………………………… 610
「向け」と「先取り」………………… 619
二篇の詩について……………………… 628
ものいいの柔かさ……………………… 629
*後記
著者うしろ書 後悔さきに立たず… 633
解題(松下裕)……………………… 641
 

第23巻 1978.3.31
 
国会演説集…………………………………… 1
在外同胞引揚に関する感謝とその引揚促進に関する決議案賛成…… 3
住宅問題について………………………… 5
国家公務員法案反対………………………10
道義の昂揚について………………………14
芦田総理大臣の施政方針演説にたいする質問……18
与えられた条件のもとで日本の取るべき外交問題取りあつかいの原則的よりどころについて……27
軽犯罪法案反対……………………………31
輸送力増強に関する決議案賛成…………33
皇室経済法施行法の一部を改正する法律案および日本国憲法第八条の規定による議決案反対……35
国有鉄道運賃法案反対1 …………………37
国有鉄道運賃法案反対2 …………………41
教育公務員特例法案反対1 ………………44
教育公務員特例法案反対2 ………………47
九州地方文化・教育事情の報告…………50
阿波丸事件に基く日本国の請求権の放棄に関する決議案反対……61
飲食営業臨時規整法案反対………………64
労働組合法案および労働関係調整法の一部を改正する法律案について質問……66
緊急失業対策法案反対……………………72
職業安定法の一部を改正する法律案、緊急失業対策法案、失業保険法の一部を改正する法律案および労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案反対……73
公共企業体労働関係法の施行に関する法律案反対……77
労働組合法案および労働関係調整法の一部を改正する法律案反対1……77
労働組合法案および労働関係調整法の一部を改正する法律案反対2……81
社会保険診療報酬支払基金法の一部を改正する法律案反対……86
厚生省設置法案反対………………………87
労働省設置法案反対………………………89
地方財政法の一部を改正する等の法律案および地方税法の一部を改正する法律案反対……90
星野芳樹議員の懲罰反対…………………93
松嶋喜作、浅岡信夫、加藤常太郎、池田宇右衛門、岡元義人、北村一男、矢野酉雄議員を懲罰に付する動議1……94
松嶋喜作、浅岡信夫、加藤常太郎、池田宇右衛門、岡元義人、北村一男、矢野酉雄議員を懲罰に付する動議2……95
金子洋文、中西功、板野勝次、カニエ邦彦議員懲罰の継続審査反対……97
金子洋文、中西功、板野勝次、カニエ邦彦議員の懲罰反対1……99
金子洋文、中西功、板野勝次、カニエ邦彦議員の懲罰反対2…… 101
在外同胞引揚促進に関する決議案賛成…… 106
国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案反対…… 107
食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案反対…… 110
薪炭需給調節特別会計における債務の支払財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案反対1…… 112
民主自由党総裁としての吉田総理大臣の談話について緊急質問…… 113
仲裁裁定に基く給与支給に関する決議案賛成…… 117
薪炭需給調節特別会計における債務の支払財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案反対2…… 118
吉田総理大臣の施政方針演説にたいする質問…… 121
連合国軍の需要に応じ連合国軍のための労務に服する者等に支払うべき給料その他の給与の支払事務の処理の特例に関する法律案反対…… 128
在外同胞引揚問題いわゆる徳田要請事件に関する中間報告反対1…… 130
在外同胞引揚問題いわゆる徳田要請事件に関する中間報告反対2…… 139
一般職の職員の給与に関する法律案反対…… 146
いわゆる広川談話について緊急質問… 149
引揚問題に関する官房長官談および失業・税金問題について緊急質問…… 153
未帰還同胞の引揚促進並びに実体調査等を国際連合を通じて行うことを懇請する決議案反対…… 159
忘れぬうちに……………………………… 163
愛読の文章……………………………… 165
ピョートル大帝湾……………………… 166
ある世界めぐり………………………… 168
口にする資格…………………………… 170
どうして岸に書ける…………………… 171
ペンと韓国代表………………………… 173
群馬県の識者…………………………… 174
無知ではいられなくなつた…………… 176
同名異人………………………………… 178
何枚書いたか…………………………… 179
松平と「ジャップ」…………………… 181
ある日のある社説……………………… 182
旅は道づれ……………………………… 184
どこの国のお友達ですか……………… 186
十二月二十八日の「とんがらし」…… 187
明日からのナハ………………………… 189
選挙と皇太子…………………………… 191
第十六巻………………………………… 192
纐纈弥三氏……………………………… 194
楠尊氏氏………………………………… 195
伊藤信二の手紙………………………… 197
漱石以来………………………………… 199
一つの暗合……………………………… 200
アルジェリアと韓国…………………… 202
NHK三十三周年記念日 ………………… 204
朝鮮の鞭………………………………… 205
三年まえ………………………………… 207
よかつたらひとつ……………………… 209
いささか………………………………… 210
六字の秘訣……………………………… 212
清水村長と朝鮮………………………… 214
父と子…………………………………… 216
巣鴨プリズン…………………………… 217
貴司の言葉……………………………… 219
「丸がかえ」という言葉……………… 221
「しかる」という言葉………………… 222
ある送り状……………………………… 224
「学問のない人に限つて」…………… 226
「処刑」という言葉…………………… 228
石坂修一の釣合い……………………… 229
氏つけと氏なし………………………… 231
ある日の遊覧バス……………………… 233
土門の『ヒロシマ』…………………… 234
髪の毛と愛人…………………………… 236
汽車と飛行機…………………………… 238
死刑確定囚大井晋平氏の手紙1 ……… 239
死刑確定囚大井晋平氏の手紙2 ……… 241
それは法律上国歌であつたことがなかつた…… 243
小林せきさん病む……………………… 244
それは「雑音」か……………………… 246
脅迫状と増田甲子七…………………… 248
乱用と教養……………………………… 249
「御礼」と「日本文化センター」…… 251
ジグザグ行進について………………… 253
法律的にと政治的にと………………… 254
数え方のからくり……………………… 256
国会デモ禁止案は国会デモでうちやぶるべきこと…… 258
索引と「中立」の問題………………… 260
モスクワ芸術座と日本の新劇………… 262
あるエレベーター係の弁明…………… 264
他生の縁………………………………… 266
久保田万太郎のちよつとした言葉…… 267
俳優座劇場の喫茶室で………………… 269
日露戦争とストライキ………………… 271
焼かれた国旗と横浜地検……………… 273
切手と蒋介石と日本大蔵省…………… 274
漆だけはよしなさい…………………… 276
日清談判破裂して……………………… 278
広島タクシーの白い服………………… 280
ある日の税務署………………………… 282
所かわれば品かわる…………………… 284
ごろつきは呼びもどせ………………… 286
砂川の判決と四月十日の話…………… 287
二十五年まえの小さな話……………… 289
もう一度二十五年まえの話…………… 291
それぞれの国民性をどう見るか……… 293
「寛大」ということでの私の勘ちがい…… 294
ある日本人弁護士の姿………………… 296
クルップ、クルップ、クルップ……… 298
あれは名誉だつたろうか……………… 300
狐の嫁いりとアニュータの眼………… 301
ソーチの薔薇と「オーレニカ」の日本訳者…… 303
外務大臣と日本大使館………………… 305
現にこのことがある…………………… 307
後藤信男氏その他に…………………… 309
十日を前にして………………………… 311
八月十日ひる…………………………… 312
只野直三郎氏の意見…………………… 314
インテリジェントという言葉を最初に使つた日本人…… 316
大岡昇平 福田恆存 高田サン……… 318
故ダレス国務長官追悼会発起人委員会…… 320
戸高巡査部長は自首したのだつたという話…… 322
日本の新聞の「生きている台湾」…… 324
もう一度「生きている台湾」について…… 326
『台風十三号』から十五号へ………… 328
ファンまたはひいきの一人として…… 330
うら口とおもて口……………………… 332
赤十字のミシンかけ…………………… 334
一つの条件つき取消し………………… 336
サイン・セールのやり方について…… 338
それではさよなら……………………… 340
あとがき………………………………… 342
中国の旅…………………………………… 345
前書き…………………………………… 347
ほんの少し……………………………… 349
中国の旅………………………………… 354
北京大学の午後………………………… 450
ちいさい人やせた人…………………… 473
この一つのこと………………………… 477
竹と岩石………………………………… 517
一種の思い……………………………… 519
重慶のコオロギ………………………… 521
北京、上海の本屋……………………… 522
玉と帽子と太湖石……………………… 525
華南ひと靴をぬぐ……………………… 527
*後記
著者うしろ書 はじめての国会はじめての外国行き…… 531
解題(松下裕)……………………… 539
 

第24巻 1977.9.30
 
四方の眺め…………………………………… 1
まえがき…………………………………… 3
年頭歳末…………………………………… 5
ひとめぐりか、ふためぐりか……………15
文意明瞭のこと……………………………27
外国と外国人………………………………40
吉田松陰と福沢諭吉………………………50
無知と軽はずみ……………………………63
花束と国宝…………………………………76
プライヴァシーと「せいのび」…………87
フィクションと真実…………………… 104
実物、実名の場合……………………… 114
ばたばたとした日暮し………………… 130
阿波丸 国会 日本人………………… 142
春夏秋冬…………………………………… 161
前書き…………………………………… 163
著作権、編集権など…………………… 166
ハバナとサイゴン……………………… 172
鴎外「中略」のイデオロギー………… 178
なまりの氏素性………………………… 185
日比谷松本楼…………………………… 191
通りすがり……………………………… 197
受取状一枚……………………………… 204
五月二十八日の記……………………… 210
ある戸惑い……………………………… 217
「三〇年代」の文学…………………… 223
碌山館と開智学校……………………… 230
富本一枝さんの死……………………… 236
原鼎あて河上肇書簡…………………… 243
佐野碩の死……………………………… 250
スペヤの説……………………………… 257
裁判官国民審査のこと………………… 263
靴下と女………………………………… 270
数学コンクールの話…………………… 277
うつとうしい断片……………………… 287
国会デモと日共45周年………………… 293
私にも連帯責任があるのか…………… 300
町会長三代……………………………… 309
北朝鮮と西ドイツ……………………… 315
西ドイツの場合………………………… 322
小品十三件………………………………… 331
前書き…………………………………… 333
和文和訳の件…………………………… 336
徳永直選集の件………………………… 345
詩集『おかしな娘』の件……………… 359
柳瀬正夢伝のひとコマの件…………… 374
原色版ならびに印刷紙の件…………… 384
漁民、漁船、漁業の件………………… 392
文壇、勲章、宮内庁などの件………… 403
憲法第十章「最高法規」の件………… 412
このごろ理念ばやりの件……………… 422
土面積、水面積、空面積の件………… 433
日本語アクセントの件………………… 442
「異民族」という言葉の件…………… 451
「本土の沖縄化」という言い方の件… 461
緊急順不同………………………………… 473
著者まえがき…………………………… 475
この標題の意味………………………… 477
小林の仕事の研究など………………… 485
「樹海同志」は実在するか…………… 495
柳田泉の「天地生民の心」…………… 503
一九六〇年の一枚の絵ビラ…………… 508
安保と柳瀬、ベン・シャーン………… 515
『赤旗』の批評と記事訂正…………… 524
考えられぬ写真のまちがえ…………… 530
二つの世代をつなぐ環の欠如………… 537
在日朝鮮人の問題にふれて…………… 543
三畳以下に住む二千八百世帯………… 549
日韓議定書以来………………………… 555
無条件降伏のとき……………………… 561
同時代の一人として…………………… 567
朝鮮人学生めがけての暴行…………… 571
三・一運動と柳宗悦…………………… 577
「朝鮮解放問題」アンケート………… 583
民族問題軽視の傾き…………………… 590
民族を階級運動にどう生かすか……… 596
逆関係の「雲泥の差」………………… 601
徳永直全集、選集、また著作集を急ぐこと…… 607
花田清輝のこと………………………… 613
中村智子の「評論」について………… 619
空想する自由と根拠…………………… 625
ラヴォアジエと宮本百合子論………… 631
もう一度天皇制その銭金の面………… 637
事実しらべの必要のこと……………… 640
*後記
著者うしろ書 楽しみと苦しみ、遊びと勉強…… 653
解題(松下裕)……………………… 661
 

第25巻 1978.11.20
 
芸術雑感……………………………………… 1
「ジャン・ダーク」その他……………… 3
日本映画雑感……………………………… 6
愚見一、二…………………………………10
映画の悪口…………………………………12
美の追求……………………………………16
「紅薔薇は山に散る」……………………21
映画雑感……………………………………22
さんざんな「戦争と平和」とつつましい「最後の橋」……22
「桂春団治」から「台風騒動記」まで……31
「いとはん物語」から「蜘蛛巣城」まで……39
「慕情の河」に「関八州大利根の対決」……48
弱さということと「無法一代」………56
ホーム・ドラマと「満員電車」………64
「明治天皇」と「マリュートカ」……72
「米」の今井正と「青い潮」のマリア・シェル……81
監督と俳優………………………………90
ニュース映画館で………………………98
「抵抗」と費用……………………… 107
「世界は恐怖する」の問題………… 115
荒つぽく言えば………………………… 124
伊丹万作の言葉………………………… 127
伊丹万作について……………………… 130
『伊丹万作集』全三巻………………… 140
実行の人伊丹万作……………………… 143
「新協」の俳優たち…………………… 150
演劇コンクール雑感…………………… 151
良心的なスタッフ……………………… 156
築地小劇場の設備を改良すること…… 156
ゴーリキー追悼公演を見て…………… 159
新協劇団三周年を祝う………………… 160
大きな期待……………………………… 162
新築地の「土」………………………… 163
アメリカを知るために………………… 164
自然な期待……………………………… 166
中国の劇を日本でやること…………… 167
「土」の上演に期待…………………… 170
わきで見た思い出……………………… 171
境にまたがる三十年…………………… 174
山岸美代子と宇野重吉………………… 178
ばらばらな記録………………………… 179
『テアトロ』に望む…………………… 182
素人きき手として……………………… 184
プロレタリア美術展について………… 188
こつてりとした美……………………… 189
この二人の作家………………………… 192
文学よりも高級なものという錯覚…… 192
腹のへん………………………………… 194
高橋由一を見る………………………… 196
織田一磨のこと………………………… 200
たらふくの美 動いている集合の美… 209
飯野農夫也の仕事……………………… 211
今日という日の話……………………… 214
眺めては読み、読んでは眺める……… 214
心やさしい武辺者……………………… 216
土門拳のこと…………………………… 218
肉感としての批評……………………… 222
本とつきあう法…………………………… 225
古本の記憶……………………………… 227
日本詩歌の思い出……………………… 230
濫読のあと……………………………… 242
私の読書遍歴…………………………… 250
岩波文庫と私…………………………… 252
本のこと………………………………… 254
子供の本雑談…………………………… 256
書評について…………………………… 262
素人の古本のはなし…………………… 264
本とつきあう法………………………… 265
自己撞着の思い………………………… 283
美術の本………………………………… 289
旧刊案内………………………………… 290
一冊の本………………………………… 304
名著発掘………………………………… 306
私の古典………………………………… 308
私の好きな短篇………………………… 314
一人の普通人と『万葉集』…………… 315
科学的な不断着でほしい……………… 320
初等教育の問題として………………… 323
『万葉集』のこのへんのところ……… 326
なるべく子供時分から………………… 329
宣長のえらさ…………………………… 331
不思議な人……………………………… 334
大と小、だがしかし、ということ…… 336
わが杜甫のすべて……………………… 341
一種の「おかげ」……………………… 344
ノートのうち…………………………… 346
読みかじりの記………………………… 349
スウィフト「ガリヴァー旅行記」…… 353
『ジュネーヴ人の手紙』……………… 361
無限のやさしさと激情と冷徹と……… 365
もしそれが可能ならば………………… 366
「カチューシャ(復活)」から……… 369
チェーホフとの出会い………………… 372
日本でのホイットマン………………… 373
『モスクワ芸術座の回想』の回想…… 376
『ヴァレリイ全集』…………………… 377
ルシー・スミスの「課業」という作… 378
作家の面目……………………………… 381
『朝鮮民謡集』………………………… 383
『朝鮮童謡集』………………………… 383
わが読書案内……………………………… 385
かくのごときもの……………………… 387
『ロシア革命十周年記念プロレタリア詩集』について…… 390
文学の推移……………………………… 391
『セメント』についての断片………… 394
『二九年版日本プロレタリア詩集』… 397
『五ケ年計画の話』…………………… 403
『全ソ作家大会報告』読後感………… 404
『文学古典の再認識』について……… 405
ゴーリキーの『文学論』読後感……… 407
大畑末吉訳『アンデルセン自伝』…… 408
歌集『生活の歌』……………………… 409
言葉について…………………………… 412
『君たちはどう生きるか』について… 416
詩集『大阪』…………………………… 418
有馬頼寧編『農村現地報告』………… 419
二つの著書……………………………… 421
二つの本………………………………… 422
田島準子の『青雲』を読む…………… 430
『伊藤左千夫』雑感…………………… 432
戦後に出た文学の本…………………… 437
『現段階における中国文芸の方向』のこと…… 442
『愛情はふる星のごとく』について… 449
第二〇五ページまでで………………… 471
新刊短評………………………………… 475
親しい感じのもてる辞書……………… 506
なかなか大きな泡……………………… 507
『紺』の歌……………………………… 508
古屋さんのアメリカ記………………… 510
『ソヴェト文学史』第2巻 …………… 511
『祖国の砂』について………………… 513
『日本美術史年表』について………… 515
目ざましさの地味な好もしさ………… 516
メーデー事件被告の詩集『嵐にうたう』…… 518
序文と後書き…………………………… 519
身から出た錆…………………………… 522
ニム・ウェルズの『アリランの唄』… 527
熱と努力………………………………… 529
日本人の問題…………………………… 530
回顧と展望……………………………… 531
教師と詩 教育と文学………………… 534
大きな問題……………………………… 538
『母の歴史』の背景…………………… 540
岩間正男の『この子らを』…………… 556
『松倉米吉全集』の新版を読む……… 557
通りぬけ無用…………………………… 559
『柳瀬正夢』とマッチ一つ…………… 561
一つの小さな無尽蔵…………………… 563
一つの鏡………………………………… 565
『喚声』ひろい読み…………………… 568
おもしろくてためになる不便な本…… 572
にがい親近感…………………………… 583
気楽な読み方…………………………… 587
『富本憲吉陶芸作品集』のこと……… 591
*後記
著者うしろ書 人それぞれに遍歴のこと…… 599
解題(松下裕)……………………… 607
 

第26巻 1978.1.25
 
あけびの花…………………………………… 1
酒屋にいて書く…………………………… 3
本所松井町………………………………… 6
海…………………………………………… 8
不敵の面魂…………………………………11
鬼子母神そばの家の人……………………13
禁酒記………………………………………16
医者の話……………………………………21
私信…………………………………………23
山猫その他…………………………………25
山猫………………………………………25
友情………………………………………27
音楽………………………………………28
嘘とまことと半々に………………………31
昔の大学校…………………………………34
家賃の問題…………………………………36
一友人のこと………………………………39
ABCの友の愚談 ……………………………44
わが交友……………………………………49
ほこりつぽい春……………………………51
女三人………………………………………53
スポーツ雑感………………………………56
子供と花……………………………………59
郊外散歩……………………………………60
自分ひとりのための広告雑誌……………62
僕のラジオ…………………………………64
医者のリアリズム…………………………66
わが生活記…………………………………70
広告と製本…………………………………72
ユーモアということ………………………73
随筆厭悪……………………………………76
ずり…………………………………………78
遺伝…………………………………………79
汽車二題……………………………………81
出征………………………………………81
割込み……………………………………86
蟹シャボテンの花…………………………91
択捉の紗那……………………………… 102
家その他………………………………… 109
紋どころ………………………………… 113
読者のふえ方…………………………… 114
頭のなか………………………………… 116
グーテンベルク………………………… 118
誠実ということ………………………… 121
昔のものについて……………………… 124
ものの名づけ…………………………… 126
できそうでできぬこと………………… 128
身辺雑記………………………………… 134
工場の思い出…………………………… 139
わが家の美術品………………………… 143
才能と努力……………………………… 147
建物の間隔……………………………… 151
風景の変遷……………………………… 153
菓子屋と本屋…………………………… 158
先生の息子……………………………… 160
残りの年齢……………………………… 164
北陸の村にて…………………………… 167
わが家の子供の育て方………………… 176
家庭だけのあたたかさ………………… 178
柿のうまい食い方……………………… 179
たばこのあき箱………………………… 182
わらべうた……………………………… 183
日本的な笑い…………………………… 188
金沢の食いもの………………………… 192
たのしく美しく………………………… 193
時の条件………………………………… 195
結核のこと……………………………… 198
へちま くちなし えぞすみれ……… 200
萩のもんかきや………………………… 202
美術というのとは少しちがうもの…… 204
文章の題………………………………… 205
紫の判子………………………………… 207
木の名、鳥の名………………………… 208
福井中学としての記憶………………… 211
越前丸岡の霞ケ城……………………… 213
螢光燈…………………………………… 217
野菜つくり……………………………… 219
高野長英のはしご段…………………… 220
二人の数学教師………………………… 222
二人の留学生…………………………… 226
さかさまの感じ………………………… 228
原稿ガラ………………………………… 230
平泉 金色堂 中尊寺………………… 233
GUDDO DEZAIN…………………………… 240
日本海の美しさ………………………… 242
トルストイの家とゴーリキー博物館… 246
庭と畑…………………………………… 248
江漢と雪鼎……………………………… 250
あるヒキガエルの死…………………… 253
今日ただいまのところ………………… 255
目方のかからぬ紙……………………… 258
わがエセ哲学…………………………… 260
旧盆すぎの奥能登……………………… 263
人まえで食いものを食うのは悪いことなのか…… 270
私と色…………………………………… 272
今と昔…………………………………… 274
ふる里を思う…………………………… 277
無骨なやさしさ………………………… 280
一枚の小さなピサロ…………………… 284
私の故郷………………………………… 286
郵便と郵便局…………………………… 291
「ほろずつぱい」話…………………… 294
遠野瞥見………………………………… 297
あけびの花……………………………… 303
脱けたところ脱けているところ……… 305
すこし昔の、ある在所のこと………… 309
冬の北陸・山陰………………………… 313
襖紙のこと……………………………… 314
塵労鈔……………………………………… 317
短歌1 …………………………………… 319
短歌2 …………………………………… 319
口笛の話………………………………… 320
短歌3 …………………………………… 326
貧乏と寒さにふるえながら…………… 326
国旗……………………………………… 328
編集後に………………………………… 333
塵労鈔…………………………………… 334
ひとり言………………………………… 339
無題……………………………………… 342
姉の話…………………………………… 343
またしても……………………………… 361
六月……………………………………… 363
絵のことなど…………………………… 366
泊り……………………………………… 369
短歌4 …………………………………… 378
*後記
著者うしろ書 風俗変遷の五十年… 383
解題(松下裕)……………………… 391
 

第27巻 1979.6.29
 
文学生活断面………………………………… 1
林をおくる………………………………… 3
『時のうごき』第1集のためのはしがき…… 4
『時のうごき』第2集のためのはしがき…… 6
『時のうごき』第3集のためのはしがき…… 8
『闘いのあと』序に代えて………………10
林そのものの鳴るごとく…………………13
読者のために………………………………14
読者のために………………………………15
詩集にそえて………………………………17
『闘いの環』序……………………………18
『新しい詩の作り方』まえがき…………19
三条の人びとに……………………………20
人の世の因縁………………………………22
日産労働者の詩と歌………………………23
かすかな挨拶………………………………25
『石の怒り』のために……………………25
積みかさねる力……………………………27
『第3回ソ連作家大会』前がき …………28
購読者の熱心な協力を訴える……………31
『現代ソヴェト文学全集』をよろこぶ…32
『文学案内』について……………………32
木下三平の「国内よりの書簡」をすすめる……33
わたしの言葉………………………………33
大関君の詩…………………………………34
『伯父スターリン』………………………35
新しい展望…………………………………35
編集にあたつて……………………………36
詩集『ぶどうぱん』………………………37
おのずからな総決算………………………37
『現代作詩辞典』をすすめる……………38
農民と農村との問題………………………39
具合のいい点………………………………40
たのしみ……………………………………41
この集の特色………………………………42
手ごろということ…………………………43
郭沫若『抗日戦回想録』…………………43
『日本詩人全集』の試み…………………44
人をよく見れば……………………………45
読みたいから推す…………………………46
特に戯曲をとおして………………………46
研究の対象として…………………………47
私の期待……………………………………51
九月号各雑誌の作品について……………53
女性作家にたいする希望…………………53
推奨する新人………………………………54
執筆者として………………………………54
「昭和四年上半期の印象に残つた芸術」を問われて……55
プロレタリア映画運動について…………55
来年は何をするか…………………………56
なぜ詩を書くか……………………………56
西鶴について………………………………57
今後十年の予告……………………………57
詩と童話とを………………………………58
日本訳『ゴオゴリ全集』の完成によせて……59
「能動主義」について……………………60
文学を志す人のために……………………61
影響された本………………………………61
わがひいきの人物とその理由……………62
お茶の飲めるような場所にしたい………62
「コシャマイン記」について……………63
新聞の九星欄………………………………63
国文学者に求めるもの……………………64
ふたりの新人………………………………64
学芸欄の夕刊移行とその現状にたいし…65
「昭和十二年度において最も印象に残つた作品」を問われて……65
ニュース映画にたいする感想……………66
少年少女たちに……………………………66
六月の映画・演劇のうち…………………67
こんにちの日本で翻訳するべき洋書……67
「歴史」「密猟者」「光の中に」について……68
「いかなる内外新聞・雑誌を読んでいるか」との問に……68
「新党」問題について……………………69
最近の「文化映画」のうち………………69
多少の変化あり……………………………70
「関心をひいた」もの……………………70
読みたいもの読ませたいもの……………71
わが今日の決意……………………………71
「忠霊塔建設勤労奉仕の感想」を問われて……72
図書推薦ひとつ……………………………72
『短歌至上主義』の廃刊にさいして……73
「二十一年上半期注目すべき書籍と雑誌」を問われて……74
世相にてらして……………………………74
高校生に望むこと…………………………76
私の予定……………………………………76
娯楽雑誌に注文……………………………76
私は何を読むか……………………………78
良書推薦……………………………………78
人事院規則と教授追放……………………79
一九四九年の収穫…………………………79
刑務所と刑務官……………………………80
地方文化・文学運動に望むもの…………80
一九五一年への期待………………………81
海外へ紹介したい本………………………81
教育上の気がかり…………………………82
わたしの答…………………………………82
二十台なら…………………………………83
福井図書館の思い出………………………84
条件づきで…………………………………84
来年に期待する作家・評論家……………85
スターリン論文について…………………85
上野図書館について………………………86
文芸映画への興味など……………………86
私のすすめるもの1 ………………………87
私のすすめるもの2 ………………………87
軍機保護法と文学…………………………88
私の推薦する本1 …………………………88
私の推薦する本2 …………………………89
私の推薦する本3 …………………………90
私の推薦する本4 …………………………90
私の推薦する本5 …………………………92
私の推薦する本6 …………………………93
石川啄木……………………………………94
勝手な読み方………………………………94
ささやかな願い……………………………95
さしあたりお答え…………………………96
百科事典について…………………………99
結婚について…………………………… 100
文学者として…………………………… 101
「財閥・官僚・資本主義の復活」など…… 103
国語国字問題について………………… 103
何を読むべきか………………………… 104
ことばづかい…………………………… 105
国語について…………………………… 105
『文芸首都』について………………… 106
葉山嘉樹………………………………… 106
少しは学んだ…………………………… 107
万事さかさまごと……………………… 108
うちにあつたもの……………………… 108
第二世界大戦について………………… 110
「三島事件」問いに答え……………… 110
一九七五年に読んだもののうち……… 112
詩の選を終えて………………………… 115
「社会主義リアリズムの確立のために」を推す…… 116
五篇の詩を採る………………………… 117
「一世代の敗北者」について………… 118
福原宗雄の作その他…………………… 120
精いつぱい奔放に……………………… 121
自分のものを…………………………… 122
若々しい熱情…………………………… 124
新作家誕生のために…………………… 126
「われらの問題」選評………………… 130
選者の一人として……………………… 131
選者の言葉……………………………… 133
竹本、岩田、小島を推す……………… 134
コンクールにちなんで………………… 135
「ひげ」を推す………………………… 137
「泥と水」について…………………… 138
特殊な困難……………………………… 138
選者として……………………………… 140
作者の態度……………………………… 143
私の規準………………………………… 144
生活をしつかり見て…………………… 149
人間生活との基本の関係……………… 153
今年の結果……………………………… 156
切実な同情……………………………… 158
こんどの成績…………………………… 160
審査を終つて…………………………… 163
実利実益の点…………………………… 166
開拓されるべき面……………………… 168
「可聴の国・日本とは?」を推す…… 169
静止的な姿 運動感覚の萎縮………… 170
もつと野心的に………………………… 172
「漱石、その現実と文学」を推す…… 173
静止的平面的な点……………………… 174
最近の収穫……………………………… 175
関根、上田、山中を採る……………… 177
二人の作品ほか………………………… 178
もうひと奮発…………………………… 179
「平民的」でなさすぎる……………… 181
「たこなわ」を推す…………………… 183
黒島伝治論を推す……………………… 184
『プロレタリア芸術』1927年8月号編集後記…… 185
『プロレタリア芸術』1927年10月号編集後記…… 186
『プロレタリア芸術』1927年11月号編集後記…… 187
『プロレタリア芸術』1927年12月号編集後記…… 189
『プロレタリア芸術』1928年1月号編集後記…… 190
『プロレタリア芸術』1928年3月号編集後記…… 192
『戦旗』1928年5月号編集後記 ……… 193
『ナップ』1931年8月号編集後記 …… 195
『ナップ』1931年9月号編集後記 …… 197
『大衆の友』1932年2月号編集後記 … 200
『民衆の旗』1946年2月号編集後記 … 201
『新日本文学』1949年6月号編集後記…… 203
『新日本文学』1950年11月号編集後記…… 204
『新日本文学』1951年1月号編集後記…… 206
『新日本文学』1951年2月号編集後記…… 207
『新日本文学』1951年3月号編集後記…… 209
『新日本文学』1951年4月号編集後記…… 210
『新日本文学』1951年5月号編集後記…… 211
『新日本文学』1951年6月号編集後記…… 213
『新日本文学』1951年7月号編集後記…… 214
『新日本文学』1951年8月号編集後記…… 215
『新日本文学』1951年9月号編集後記…… 216
『新日本文学』1951年10月号編集後記…… 218
『新日本文学』1952年1月号編集後記…… 220
『新日本文学』1952年2月号編集後記…… 221
『新日本文学』1952年3月号編集後記…… 222
『新日本文学』1954年9月号編集後記…… 224
『新日本文学』1954年10月号編集後記…… 225
『新日本文学』1954年11月号編集後記…… 227
『新日本文学』1955年1月号編集後記…… 228
『新日本文学』1955年2月号編集後記…… 230
『新日本文学』1955年3月号編集後記…… 231
事務局から 1955年6月号 …………… 233
事務局から 1955年7月号 …………… 234
事務局から 1955年8月号 …………… 236
事務局から 1955年10月号…………… 242
事務局から 1955年11月号…………… 244
事務局から 1955年12月号…………… 247
事務局から 1956年4月号 …………… 250
事務局から 1956年6月号 …………… 253
事務局から 1956年8月号 …………… 256
事務局から 1956年9月号 …………… 258
事務局から 1956年10月号…………… 261
事務局から 1956年12月号…………… 264
事務局から 1957年1月号 …………… 268
事務局から 1957年2月号 …………… 270
事務局から 1957年3月号 …………… 273
事務局から 1957年5月号 …………… 276
事務局から 1957年6月号 …………… 277
事務局から 1957年7月号 …………… 279
事務局から 1957年9月号 …………… 283
事務局から 1957年10月号…………… 287
事務局から 1957年11月号…………… 291
事務局から 1958年2月号 …………… 295
事務局から 1958年3月号 …………… 299
事務局から 1958年4月号 …………… 302
事務局から 1958年5月号 …………… 306
事務局から 1958年6月号 …………… 309
事務局から 1958年8月号 …………… 311
事務局から 1958年10月号…………… 313
事務局から 1958年11月号…………… 315
事務局から 1959年1月号 …………… 318
事務局から 1959年2月号 …………… 321
事務局から 1959年3月号 …………… 324
事務局から 1959年5月号 …………… 326
事務局から 1959年8月号 …………… 328
事務局から 1959年10月号…………… 330
事務局から 1959年11月号…………… 333
事務局から 1959年12月号…………… 335
事務局から 1960年2月号 …………… 338
事務局から 1960年3月号 …………… 342
事務局から 1960年4月号 …………… 345
事務局から 1960年5月号 …………… 348
事務局から 1960年6月号 …………… 350
事務局から 1960年7月号 …………… 354
事務局から 1960年8月号 …………… 358
事務局から 1960年9月号 …………… 362
事務局から 1960年10月号…………… 366
事務局から 1960年11月号…………… 370
事務局から 1960年12月号…………… 374
事務局から 1961年1月号 …………… 377
事務局から 1961年2月号 …………… 381
事務局から 1961年3月号 …………… 385
事務局から 1961年4月号 …………… 390
事務局から 1961年5月号 …………… 394
事務局から 1961年6月号 …………… 398
事務局から 1961年7月号 …………… 402
事務局から 1961年8月号 …………… 406
事務局から 1961年9月号 …………… 410
事務局から 1961年10月号…………… 414
事務局から 1961年11月号…………… 418
事務局から 1961年12月号…………… 422
事務局から 1962年1月号 …………… 426
事務局から 1962年2月号 …………… 430
事務局から 1962年3月号 …………… 434
西田英太郎へ…………………………… 439
堀辰雄へ………………………………… 443
堀辰雄へ………………………………… 445
窪川鶴次郎へ…………………………… 446
窪川鶴次郎へ…………………………… 448
窪川鶴次郎へ…………………………… 449
窪川鶴次郎へ…………………………… 451
窪川鶴次郎へ…………………………… 453
窪川鶴次郎へ…………………………… 455
堀辰雄へ………………………………… 457
山田清三郎へ…………………………… 458
江口渙へ………………………………… 460
李へ……………………………………… 462
槙本楠郎へ……………………………… 463
鹿地亘へ………………………………… 464
河野さくらへ…………………………… 465
鹿地亘へ………………………………… 467
堀辰雄へ………………………………… 470
西田英太郎へ…………………………… 471
江口渙へ………………………………… 472
原泉子へ………………………………… 474
渡辺順三へ……………………………… 475
堀辰雄へ………………………………… 478
森山啓へ………………………………… 480
森山啓へ………………………………… 482
笠井清へ………………………………… 484
松元実へ………………………………… 485
窪川いね子へ…………………………… 486
森山啓へ………………………………… 489
森山啓へ………………………………… 492
森山啓へ………………………………… 494
原まさのへ……………………………… 496
原まさのへ……………………………… 498
森山啓へ………………………………… 500
黒島伝治へ……………………………… 502
森山啓へ………………………………… 505
森山啓へ………………………………… 506
新井徹へ………………………………… 508
江口渙へ………………………………… 510
江口渙へ………………………………… 511
森山啓へ………………………………… 513
中野鈴子へ……………………………… 516
堀辰雄へ………………………………… 518
堀辰雄へ………………………………… 518
堀辰雄へ………………………………… 519
堀辰雄へ………………………………… 520
堀辰雄へ………………………………… 522
金鐘漢へ………………………………… 523
金鐘漢へ………………………………… 524
金鐘漢へ………………………………… 524
堀辰雄へ………………………………… 525
堀辰雄へ………………………………… 526
志賀直哉へ……………………………… 527
志賀直哉へ……………………………… 528
志賀直哉へ……………………………… 530
堀辰雄へ………………………………… 532
堀辰雄へ………………………………… 533
木山捷平へ……………………………… 534
加藤将之へ……………………………… 534
志賀直哉へ……………………………… 535
法橋和彦へ……………………………… 536
江原光太へ……………………………… 538
われらの言葉…………………………… 539
普選だより……………………………… 540
盥まわされ……………………………… 541
前哨線1 ………………………………… 542
前哨線2 ………………………………… 543
前哨線3 ………………………………… 544
前哨線4 ………………………………… 546
前哨線5 ………………………………… 547
前哨線6 ………………………………… 548
宮井進一の手紙付記…………………… 549
編集局同志諸君へ……………………… 550
「よろず相談」の答…………………… 551
抜萃者の言葉…………………………… 553
『文芸』座談会記録の訂正…………… 554
五月二十六日の記……………………… 554
赤ん坊が出来ました…………………… 556
へちま…………………………………… 556
文献蒐集難……………………………… 557
索引のこと……………………………… 558
小林校長のために……………………… 561
疎開した文学者へ、疎開作家のいる土地の人びとへ…… 561
河上さんの原稿について……………… 564
新聞談話のこと………………………… 565
気にくわぬこと………………………… 566
『北国文化』雑感……………………… 568
再び立候補しますにつき……………… 569
選挙後の御礼…………………………… 569
『新文化』のこと……………………… 570
質問にお答え…………………………… 571
『驢馬』………………………………… 571
新年あいさつ…………………………… 572
研究と研究所…………………………… 573
伊藤整『日本文壇史』………………… 574
顔………………………………………… 574
ツーサン・ルーヴェルチュールについて…… 575
ザル……………………………………… 576
徳永・岩上両代表を送る……………… 576
相談室の答1 …………………………… 577
相談室の答2 …………………………… 579
「殴る」と「嘲る」との入れちがえ… 580
ふるさと通信…………………………… 581
会費と組合費…………………………… 582
むかしの銅器…………………………… 582
皆瀬治藤太うじ………………………… 583
上海から………………………………… 585
いささか具合悪………………………… 586
この写真を撮つたとき………………… 586
お蔭をこうむつているものとして…… 587
今年の計画……………………………… 588
一月二十九日の記……………………… 589
重慶第四十一中学校…………………… 590
加賀・能登の秋………………………… 590
釜石のみなさんへ……………………… 591
旅と写真………………………………… 592
窪川監督の第一作……………………… 593
アラスカの空…………………………… 594
一九六二年はトラの年………………… 596
『まどい』すみ字版創刊号を読んで… 597
ソ連作家の新日本文学会訪問………… 598
二つの努力……………………………… 599
物質的な側面…………………………… 600
お礼とお詫び…………………………… 601
「小説と挿絵」の場合………………… 602
必要経費………………………………… 605
希望と欲望……………………………… 606
中将湯の場合…………………………… 607
このごろ………………………………… 608
苦労が報われるよう…………………… 608
私の信条………………………………… 609
『小さな灯』堀辰雄研究号を読んで… 609
雑誌『驢馬』…………………………… 610
近況報告………………………………… 610
墓をさがす人…………………………… 611
河上肇伝を……………………………… 612
貧者の一燈……………………………… 612
北海道文学館に賛成…………………… 614
「読書よもやま話」訂正……………… 615
静かさと地図…………………………… 615
私の読書術……………………………… 616
堀田健司君に…………………………… 617
印税について…………………………… 620
後手後手の生涯………………………… 620
私のさがしもの………………………… 621
遠縁近縁………………………………… 623
十月二十七日の日記…………………… 624
林松枝先生の件………………………… 627
それは宮本の筆蹟ではない…………… 628
いささか曖昧…………………………… 629
いささか勉強の予定…………………… 630
お願いの件……………………………… 632
三軒茶屋・三宿のころ………………… 633
眼と耳が弱つた………………………… 634
いい知恵はないか……………………… 635
『日本のなかの朝鮮文化』を励ます会で…… 637
写真にそえて…………………………… 639
六月の日記から………………………… 640
『日本現代詩大系』再刊にさいしての提言に…… 642
神山茂夫研究会開会あいさつ………… 644
『驢馬』の名づけ……………………… 645
何とかして再刊を……………………… 646
*後記
著者うしろ書 最後の一つ手前として…… 649
解題(松下裕)……………………… 657
 

第28巻 1980.5.23
 
沓掛筆記……………………………………… 1
歴史の縦の線……………………………… 3
『日本語実用の面』について…………… 4
祈るがごとく……………………………… 4
論の立て方、話の仕方について………… 6
三十年あれこれの一つ…………………… 7
党規約のこと………………………………11
『逃避者』の遠い記憶……………………12
男らしい愛敬………………………………14
「理念ばやり」の行きつくところ………15
東京河上会へ返事…………………………16
死後四十九年………………………………17
三好達治の日………………………………20
著者あいさつ………………………………25
時と所と数字と……………………………26
「治世」五十年の三木祝い………………27
沓掛筆記……………………………………29
セイフーリナの「ターニャ」…………29
杢太郎の手紙一通………………………34
教科書のこと……………………………36
「安田講堂」という呼び名……………39
菊池・芥川と橋本英吉…………………41
誤訳・悪訳のこと………………………44
予審判事のこと…………………………48
神西清と河盛好蔵………………………51
村山もと子と河上肇……………………56
池島信平と平林たい子…………………58
角川源義と大野林火……………………61
山内義雄さんのこと……………………63
比嘉春潮さんの死………………………66
法律の知識………………………………68
巡査の問題………………………………71
堀辰雄と外国語…………………………73
葬式と香奠がえし………………………76
外国語のこと……………………………78
宮本・袴田の「申請理由」を見る………81
武田君のこと………………………………82
定友の人……………………………………85
ふたたび銭金の面…………………………87
木山みさをへ………………………………88
もつと問題の中心へ………………………89
アナタハンの女……………………………90
『赤旗』編集局次長の一文………………93
白い杖のかわりはないか…………………95
古い事実と新しい事実……………………96
はじめて接したとき………………………99
奥行きの姿で…………………………… 102
村山知義思い出断片…………………… 103
山辺健太郎を悼む……………………… 105
山本宣治の死のとき…………………… 106
水準が落ちた傾き……………………… 108
嶋中雄作の記憶………………………… 109
わかい世代に…………………………… 111
学者、知識人、芸術家たちの問題…… 112
無知なままで…………………………… 114
四十五年まえの小熊の詩一つ………… 115
八月十五日十一時五十分……………… 119
やまいぬけ……………………………… 121
男の一分と裕仁天皇…………………… 123
大根おろしの汁………………………… 124
ヒポクラテス風………………………… 125
奇妙な不吉な事実……………………… 127
朝日賞受賞の席で……………………… 128
勉強のしどころ………………………… 130
二月から三月へ………………………… 134
『わがアリランの歌』を出した金達寿の会で…… 135
さまざまの流派のこと………………… 138
平野君をおくる………………………… 139
平野謙の死と『赤旗』………………… 141
中央委員と平野謙……………………… 142
一致・不一致…………………………… 143
和田利夫へ……………………………… 144
兵隊靴…………………………………… 146
編者次第………………………………… 148
『沓掛筆記』著者まえ書……………… 149
そろそろ年の暮れ……………………… 152
書いておいてほしいもの……………… 153
私家版のこと…………………………… 155
十二月八日の記………………………… 158
小篇十一………………………………… 159
「伝信実」と『支那の墨』………… 159
辞書と探しもの……………………… 160
竹内亀松さん………………………… 161
『葭の影』と「八月九日」………… 162
賞と副賞……………………………… 162
もつと軽い本を……………………… 163
復刻・再刊のこと…………………… 164
『本屋風情』のこと………………… 165
「東京駅赤帽一同」………………… 166
シドニー湾突入……………………… 167
「煉瓦女工」見たし………………… 168
日本とカンボジア……………………… 169
なんとも奇妙な都知事選挙…………… 170
生理的に引きこまれるところ………… 171
新潮文庫版『中野重治詩集』うしろ書…… 176
試験問題に使われることについて…… 176
献杯の言葉……………………………… 185
臼杵深田の大日の首…………………… 186
富士の裾野のサファリ騒ぎ…………… 187
返事、お礼、間にあわせ……………… 188
補遺
北川鉄夫へ………………………………… 193
葛巻義敏へ………………………………… 195
子供の芸術と大人の指導………………… 196
「くれなゐ」を推す……………………… 198
『心理学的散歩』を読む………………… 199
その気になれば知恵は出る……………… 200
北陸の文学………………………………… 201
北条さなえ詩集うしろがき……………… 203
国会の演説………………………………… 204
下からのしらみつぶし…………………… 206
学習院の演説……………………………… 207
一九四九年ということ…………………… 209
子供の学校………………………………… 211
「五・一事件」をどう見るか…………… 213
小林多喜二著作刊行についての意見…… 213
若き日の読書……………………………… 216
学校の先生………………………………… 216
一九三九年の『大阪』…………………… 218
雄弁と文学………………………………… 219
今年は少し落ちる………………………… 222
金達寿へ…………………………………… 227
文学と私…………………………………… 228
金沢堅町山田屋小路……………………… 232
厄介な役目………………………………… 234
通常の形での信頼………………………… 237
「あの日この日」の野間賞受賞の席で… 238
伊藤正斉『火の壁』……………………… 240
*後記
解題(松下裕)……………………… 243
年譜 書誌 索引
年譜(松下裕)…………………… 257
系譜………………………………… 384
著作目録…………………………… 387
書誌………………………………… 395
翻訳目録…………………………… 469
編著目録…………………………… 471
対談・座談会目録(米田義一)… 473
全集総目録………………………… 507
索引…………………………………… 1
[ 2011/03/11 00:27 ] 中野重治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。