研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中野鈴子 >  『中野鈴子全著作集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中野鈴子全著作集』全2巻

『中野鈴子全著作集』全2巻(ゆきのした文化協会、1964.7~1973.4)
※初版は『ゆきのした』第78・81号。



第1巻 1973.4.25(増補再版)
 
短歌
秋の海 五首…………………………………10
春を病む 二首………………………………11
詩の1
母の手紙………………………………………12
母の叫び………………………………………14
鍬………………………………………………16
途中で…………………………………………18
味噌汁…………………………………………20
月は中天に……………………………………22
詩の2
わたしは深く兄を愛した……………………24
春………………………………………………26
一家……………………………………………28
断章……………………………………………30
方向(一九三三年おわり頃)………………32
冬………………………………………………34
少年のからだはどこも実っていない………36
心は愛に満ちている…………………………38
ふしあわせ者のうたを………………………40
ある日…………………………………………42
一片の花弁……………………………………44
完きを求めて…………………………………46
方向……………………………………………48
自分の詩………………………………………50
あわれな時に…………………………………52
闇と光りと……………………………………54
山の奥の部落と彼女…………………………56
かって少女の日に……………………………58
別れ……………………………………………60
こもり居………………………………………62
君すでに………………………………………63
人々は待つだろう……………………………64
時待たずして…………………………………65
スペインの女…………………………………66
われ座りて……………………………………68
春爛漫として…………………………………70
祭り日…………………………………………72
弟たち…………………………………………74
村葬……………………………………………76
著書に贈る……………………………………78
詩の3
お前は此の頃よくねむる……………………80
まっ直ぐにそのままに………………………82
何と美しい夕焼けだろう……………………84
みんなねむっている…………………………86
家………………………………………………88
年とった娘のうた……………………………90
わたしの育てた稲……………………………94
田ノ草取り……………………………………96
花もわたしを知らない………………………98
東京は晴れている………………………… 100
三界に家なし……………………………… 102
不作………………………………………… 104
陽は照るわたしの上に…………………… 106
壁と重石と………………………………… 108
地震………………………………………… 110
母…………………………………………… 112
愛…………………………………………… 114
東京へ行った母…………………………… 116
突然に……………………………………… 120
何故わたしたちに話して下さらなかったのです…… 122
許南麒の詩のように……………………… 124
東京にきて………………………………… 126
妹…………………………………………… 130
けれどもわたしは………………………… 134
ある時……………………………………… 136
小林多喜二のお母さん…………………… 138
わたしは出かけてゆく…………………… 142
わたしはねむる時………………………… 144
袂別………………………………………… 146
わたしは…………………………………… 148
十二月……………………………………… 149
詩の4
「野菊の如き君なりき」を見て………… 150
夜…………………………………………… 152
五十の春に1 ……………………………… 154
五十の春に2 ……………………………… 156
四月の夜…………………………………… 158
おとろえ1 ………………………………… 160
おとろえ2 ………………………………… 161
人が人に…………………………………… 162
花束………………………………………… 163
今日はよく晴れ上がって………………… 164
霜のように………………………………… 167
友よ 友だちよ…………………………… 168
竹の皮の飴包み…………………………… 170
*解題島田栄樹〔作製〕,加藤忠夫〔補正〕…… 173
*中野鈴子全著作集第1巻あとがき(加藤忠夫)…… 180
*第1巻の増補再版と第2巻の一部訂正について(加藤忠夫)…… 187
 


第2巻 1964.7.10
 
散文1
おきさ………………………………………… 8
面会にいく……………………………………13
農民の飢餓……………………………………18
清一の正月……………………………………38
散文2
一つの会話……………………………………42
文字について…………………………………44
学問についての考え…………………………48
女の作家の場合………………………………52
心外に思うこと………………………………56
詩人認識不足論に因んで……………………58
散文3
婦人と教養……………………………………64
電報……………………………………………65
選評・「働く婦人」昭和23年8月号 ………66
選評・「働く婦人」昭和25年5月号 ………67
弔電……………………………………………68
宮本百合子様…………………………………69
おばばちゃんともんちゃん…………………74
峠三吉さん……………………………………87
かんじたこと…………………………………88
体の力…………………………………………90
とりいそぎ書きかけのまゝに………………91
詩に添えて……………………………………92
中野鈴子詩集扉詞……………………………95
散文4
あの時、いま…………………………………98
茶の花……………………………………… 100
わたしの友だち…………………………… 101
好きな詩のひとつ………………………… 103
宮本百合子さん…………………………… 104
記…………………………………………… 106
「ゆきのした」二十号を重ねて………… 126
てい子さんにおくるうた………………… 128
みなさまに………………………………… 130
*解題島田栄樹〔作製〕,加藤忠夫〔補正〕…… 134
*年譜(大崎栄太)……………………… 137
*あとがき(加藤忠夫)………………… 147
[ 2011/03/11 00:27 ] 中野鈴子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。