研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中野好夫 >  『中野好夫全集』全11巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中野好夫全集』全11巻

『中野好夫全集』全11巻(筑摩書房、1984.1~1985.8)



第1巻 1984.6.25
 
I 怒りの花束………………………………… 1
怒りの花束………………………………… 3

文化反省の要件……………………………21
われわれの民主主義………………………35
権利と責任…………………………………56
若い人々のために…………………………61
地方文化の意義……………………………69
文化再建の首途に…………………………83
老文化人論………………………………83
新聞論……………………………………93
歴史に学ぶ……………………………… 101
こんな場合……………………………… 117

明るい希望の光………………………… 122
八・一五以後の知識人………………… 127
酸っぱい葡萄…………………………… 141
苦難を通じて星の高きを……………… 149
自覚と行動について…………………… 156
性の倫理………………………………… 167
偶感一束………………………………… 176
教師待遇論…………………………… 176
官僚につける薬……………………… 188
寛容と懐疑と………………………… 196
天皇の地方巡幸……………………… 198
急坂をよじ登る……………………… 201
選挙演説落第記……………………… 204

天皇制について………………………… 209
II 頼もしきマキャベリスト …………… 215
家族制度と家族主義…………………… 217
目的と手段……………………………… 227
頼もしきマキャベリスト……………… 234
偽善について…………………………… 240

意慾を孕む文学………………………… 246
蝿打器の必要…………………………… 255
諷刺文学序説…………………………… 270
なぜ日本に諷刺文学が出ないのか… 270
諷刺文学の限界―諷刺は遁走するか…… 278
諷刺文学の中間性について………… 283
諷刺精神とユートピア……………… 289
世代論余滴……………………………… 295

読書くり言……………………………… 310
日本語についての感想………………… 315
1 擬声語について…………………… 315
2 専門語の日常性について………… 320
文学らしい文学を……………………… 325
露伴の史伝小説………………………… 330
迷訳ばなし……………………………… 339
迷訳ばなし後日………………………… 352
自己暴露が文学であるか……………… 359
翻訳論私考……………………………… 366

文化の把握……………………………… 379
歴史の皮肉……………………………… 387
西園寺さんが来てやで………………… 394
八角時計………………………………… 399
*あとがき(中野好夫)………………… 403
*初出誌等一覧…………………………… 405
 

第2巻 1984.3.25
 
I 自由主義者の哄笑………………………… 1
自由主義者の哄笑………………………… 3

平和を保証せぬ安全保障…………………18
知識人の立場………………………………26
平和論の憂鬱………………………………38
“むしろ占領の継続を択ぶ”ということ……52
文学者の政治的発言………………………63

私の信条……………………………………72

国民のいない政治…………………………79
言論の自由…………………………………89
言葉の魔術……………………………… 104
役者としての政治家…………………… 114
現代の危機と終末観…………………… 122
自由のための闘い……………………… 139

もはや“戦後”ではない……………… 148

新制大学批判…………………………… 166
ジャーナリズム………………………… 172
学者という集団の愚劣さ……………… 179
重役諸君への警告……………………… 189
池の蛙と子供たち……………………… 201
II 私の消極哲学 ………………………… 207
悪人礼賛………………………………… 209
大学教授と税金………………………… 214
大学教授の雑文稼ぎ…………………… 217
大学教授始末記………………………… 226
丸もうけの余生………………………… 241
俗流人生論……………………………… 247
いやらしさの年齢……………………… 256

私の消極哲学…………………………… 260
至上の願い…………………………… 260
忘却の効用…………………………… 262
親の言い分…………………………… 264
ところ変れど………………………… 266
忘れえぬ人々………………………… 268
ガンの恐怖…………………………… 270
仙石原………………………………… 272
不幸な記念日………………………… 274
神話の創成…………………………… 276
原爆に想う…………………………… 278
節義をまもる………………………… 280
性善?性悪?………………………… 282
教育しない教育(1) ……………… 284
教育しない教育(2) ……………… 286
人物経済とは………………………… 288
人材更新……………………………… 290
あまのじゃく………………………… 292
道徳と政治…………………………… 294
智慧の書……………………………… 296
自然と人生…………………………… 298
坂の町霧の町………………………… 300
飲酒について………………………… 302
小さな自画像(1) ………………… 304
小さな自画像(2) ………………… 306
小さな自画像(3) ………………… 308
親に似る……………………………… 310
イワン型とアレキセイ型…………… 312
オセロ型とイアゴー型……………… 314
悲観と楽観…………………………… 316
独り合点……………………………… 317
人間の絶対値………………………… 319
青年よ、生意気であれ……………… 321
私の消極哲学………………………… 323
芸術に関する断想(1) …………… 325
芸術に関する断想(2) …………… 327
老成少年……………………………… 329

大衆小説雑感…………………………… 332
トロフィーモフについて……………… 344
ルポルタージュ文学について………… 351
人間、人間、そして人間を…………… 359
翻訳論ノート…………………………… 364
歴史小説への注文……………………… 381

安井哲子先生のこと…………………… 389
斎藤勇先生の横顔……………………… 402
ディスカッション・クラスのことども…… 402
先生の横顔…………………………… 413
沢登校長の「人間信頼」……………… 417
土井晩翠と私…………………………… 431
*あとがき(中野好夫)………………… 443
*初出誌等一覧…………………………… 445
 

第3巻 マーク・トウェインの戦争批判/私の憲法勉強 1984.11.30
 
I マーク・トウェインの戦争批判
「教育」をしない教育が一番よい 1958…… 3
スリカエの横行 1958……………………17
傷はまだ癒えていない 1958……………22
原爆記念日に思う 1958…………………36
戦後という時代 1959……………………41
自衛隊に関する試行的提案 1960………49
羽仁五郎さんにうかがう 1964…………61
戦後二十年の最大の弱点 1965…………65
市民運動のあり方―考 1967……………69
マーク・トウェインの戦争批判 1968…81
ある奇妙な外交交渉 1959………………89
奇妙な外交交渉は続く 1959………… 114
最近の国防論議に思う 1968………… 130
言わでものこと 1968………………… 147
II 私の憲法勉強
1 私の憲法勉強………………………… 153
2 いわゆる「押しつけ」にいたるまで…… 159
3 憲法第九条が生まれるまで………… 184
4 「自主的」という看板と真実……… 203
5 改憲論の根底にあるもの…………… 222
6 日本人の憲法意識…………………… 239
別表……………………………………… 261
III ぼらのへそ
名誉市民禍ということ 1956………… 281
ノーマンさんの憶い出 1957………… 285
匿名懺悔 1957………………………… 293
アメリカに暮らして 1962…………… 296
美しい老齢 1964……………………… 299
旧制高校的なるもの 1964…………… 305
ぼらのへそ 1956―1957……………… 320
チャタレー判決笑話………………… 320
金銭について(1) ………………… 322
金銭について(2) ………………… 324
恋愛について(1) ………………… 326
恋愛について(2) ………………… 329
民主主義は下剋上…………………… 331
学者と賞勲…………………………… 333
眼が輝いていた!…………………… 335
道徳教育まっぴら御免……………… 337
便利な新カナづかい………………… 339
当用漢字の趣旨を守れ……………… 342
クリスマスと無礼講………………… 344
心にのこるひとびと(1) ………… 346
心にのこるひとびと(2) ………… 348
カブキ偏痴気論(1) ……………… 350
カブキ偏痴気論(2) ……………… 352
ある流離情痴の魂…………………… 354
廃娼運動と流行歌…………………… 357
朝の小ダイが晩には大ダイ………… 359
犬権と人権…………………………… 361
権力者とノイローゼ………………… 363
“三国一”は願い下げ……………… 365
物は必要を充す限度で……………… 367
凡夫礼賛―新井白石のこと………… 369
多すぎる自己没入型………………… 371
ヘラルド・トリビューンとラッキー・ストライク…… 374
フランスの快男子―大デューマのこと…… 376
私の健康法…………………………… 378
酒のたしなみ………………………… 380
交友あれこれ………………………… 382
死について…………………………… 384
私の遺書……………………………… 386
遺書について 1956…………………… 389
近代日本と外国文学 1960…………… 401
文学を成り立たせるもの 1951……… 416
白隠「夜船閑話」 1966……………… 432
二つの日記 1967……………………… 440
「瘠我慢の説」に寄せて 1968……… 446
*初出誌等一覧
 

第4巻 1984.1.25
 
I 逆臣は歴史によみがえる………………… 1
アポロとコロンブス……………………… 3
人は獣に及ばず…………………………… 8
私にとっての昭和五十年…………………13
イワンの馬鹿………………………………17

逆臣は歴史によみがえる…………………21

青年がほめられはじめると危ないのだが……29
素人の直感…………………………………40
成田開港を前にして―私見………………43
現実的という言葉がはやるとき…………47

テレビの言葉は空に消える………………51
記者今昔、そのほか………………………62

日本人のなかの沖縄………………………70
沖縄と私……………………………………81
日米共同声明と「沖縄返還」………… 106
沖縄の果して何が返るのか…………… 152
沖縄弧の自治権………………………… 177
沖縄資料センターのこと……………… 180
II 忘れられたある平和主義者 ………… 193
小国主義の系譜………………………… 195
忘れられたある平和主義者…………… 205

「造反・紛争」以前…………………… 211
雑感・教育のこと……………………… 224
浮世ばなれたある教育談……………… 230
怒りを過ぎての情けない話…………… 233

漫談・前島熊さんのキツネ哲学……… 238
高風の財界人―伊庭貞剛……………… 249

言わでものこと、書かでものこと…… 261
落葉を焚きながらの感想……………… 264
ブランデン先生のことども…………… 267
ひどく古ぼけた話……………………… 270
妄言当死………………………………… 274
くたばれ、SLファン!………………… 279
死について……………………………… 282

誰のために書いているのか…………… 289
わたしの文章心得……………………… 295

川路聖謨・遺書のことなど…………… 301
秋山真之参謀の手記…………………… 310
瞬時の夢………………………………… 314
尻とり唄の話…………………………… 325
尻とり唄の話・補遺…………………… 331
シェークスピア今昔…………………… 335
実践力に富む政治学徒の人間記録…… 339
ある少年向伝記叢書のこと…………… 350
青果と蘆花と…………………………… 356
史書読み、そのほか…………………… 368
シェイクスピア、コンメディア・デッラルテ、そしてジャック・カロ…… 372
ある出島蘭館銅牌拓本の話…………… 396
外国の教科書に驚く…………………… 407
明治新聞雑誌文庫とわたし…………… 411
宮武外骨翁のこと……………………… 414
「ローマ帝国衰亡史」翻訳余談……… 421
漢字名の訓み…………………………… 429
*あとがき(中野好夫)………………… 433
*初出誌等一覧…………………………… 435
 

第5巻 1984.9.10
 
シェイクスピアの面白さ…………………… 1
シェイクスピアの面白さ………………… 1
あとがき………………………………… 200
イギリス・ルネサンスの明暗…………… 203
エリザベス朝演劇講話………………… 205
第1講 エリザベス朝演劇の成立まで…… 205
第2講 エリザベス朝演劇の完成(1)…… 210
第3講 エリザベス朝演劇の完成(2)…… 215
第4講 エリザベス朝演劇の完成(3)…… 221
第5講 エリザベス朝演劇の完成(4)…… 227
第6講 転換期のエリザベス朝演劇(1)…… 231
第7講 転換期のエリザベス朝演劇(2)…… 237
第8講 転換期のエリザベス朝演劇(3)…… 241
第9講 転換期のエリザベス朝演劇(4)…… 247
第10講 頽廃期のエリザベス朝演劇(1)…… 251
第11講 頽廃期のエリザベス朝演劇(2)…… 257
第12講 頽廃期のエリザベス朝演劇(3)…… 262

イギリス文学と外来文化……………… 269
シェイクスピアの横顔………………… 277
ルネサンス人シェイクスピア………… 283
イギリス・ルネサンスの明暗………… 298

エリザベス朝劇場と歌舞伎劇場……… 326

漱石と英文学…………………………… 365
イギリス文学の性格と特徴…………… 383
知識人のある傾向について…………… 390
善意の文学について…………………… 403
クライティーリオン…………………… 412
近代文学の運命………………………… 421
求める神・語らぬ神…………………… 441
*あとがき………………………………… 451
*初出誌等一覧…………………………… 453
 

第6巻 1984.4.25
 
英文学夜ばなし……………………………… 1
はじめに…………………………………… 3
読書遍歴から………………………………10
H・G・ウェルズのこと…………………10
サミュエル・バトラーのこと…………18
T・E・ロレンスのこと…………………26
ヘンリ・アダムズのこと………………34
浪曼主義と古典主義………………………43
影響と暗合…………………………………70
翻訳雑話……………………………………86
読む、書く、しゃべるということ…… 113
想像力のトリック……………………… 130
異文化接触と国語の問題……………… 146
イギリス文学とアナーキズム………… 162
Pot―pourri …………………………… 179
文学と老人……………………………… 196
スウィフト考……………………………… 213
序章にもなるまえがき………………… 217
スウィフト、母を恋うるの記………… 230
パートリッジ事件とスウィフト……… 244
スウィフトと「ドレイピア書簡」…… 258
ガリヴァーが生まれるまで…………… 285
スウィフトと女性呪詛………………… 306
スウィフトの遺言書、その他………… 322
ヤフーのしゃれこうべ………………… 336
「僕婢奉公訓」抄……………………… 359
Reductio ad absurdum………………… 374
アメリカのハムレット…………………… 389
恋愛書簡をめぐって エドガー・アラン・ポー…… 391
アメリカのハムレット ヘンリ・アダムズ…… 413
文明嫌悪時代の文士 アンブローズ・ビアス…… 441
*初出誌等一覧…………………………… 465
 

第7巻 1984.2.25
 
アラビアのロレンス………………………… 1
まえがき…………………………………… 5
青年考古学者………………………………13
沙漠の叛乱…………………………………35
沙漠の叙事詩………………………………74
闘争と孤独……………………………… 138
この人を見よECCE HOMO ……………… 189
世界史の十二の出来事…………………… 211
ある悲喜劇役者 ラッサールの死…… 213
蒼龍窟 河井継之助と北越戦争……… 231
恐るべき児 悪魔ウィルクス………… 254
一粒の麦 奴隷解放の殉教者ジョン・ブラウン…… 278
血の決算報告書 ロスチャイルド王国の勃興…… 303
狂信と殉教 怒りの予言者サヴォナローラ…… 325
世界最悪の旅 南極のスコット……… 347
聖者と悪魔 大審問官トマース・デ・トルケマーダ…… 371
北方の悍婦 女帝エカテリーナ二世と寵臣たち…… 394
芽月十六日・熱月九日 ダントンの死からロベスピエールの死まで…… 419
最初の世界市民 トマス・ペイン…… 441
ローマ殺人事件 チェンチ家の人々… 476
権力の偉大と悲惨………………………… 491
コンスタンティヌス大帝……………… 493
背教者ユリアヌス帝…………………… 520
*初出誌等一覧…………………………… 549
 

第8巻 忘れえぬ日本人/人間の死にかた 1985.8.25
 
I 忘れえぬ日本人
川路聖謨…………………………………… 3
坂本龍馬……………………………………18
幸田露伴……………………………………38
樋口一葉のこと……………………………61
漱石とその門下生…………………………69
嘉村礒多・その書簡から……………… 117
最後の沖縄県知事……………………… 136
中山義秀………………………………… 167
阿部知二・人とその仕事と…………… 184
渡辺一夫さんのことども……………… 198
惜別、吉川幸次郎君…………………… 208
橋寺太郎………………………………… 214
ある肉親たちの画廊…………………… 220
「戦争まで」を読む…………………… 237
尾上栄三郎のこと……………………… 241
吹けよ川風……………………………… 245
三斗小屋合戦の跡を往く……………… 248
島津軍の敗走路を往く………………… 259
II 人間の死にかた
まえがき………………………………… 275
トルストイの最後の日々……………… 287
ある懐疑主義者の回心………………… 312
「ガリヴァー」の作者の死…………… 329
夏日随想………………………………… 352
フロイトと死の衝動…………………… 364
親鸞、その晩年と死…………………… 386
佐賀の乱と江藤新平…………………… 412
プーシキンとその妻…………………… 442
あとがき……………………………… 469
*あとがき………………………………… 473
*初出誌等一覧…………………………… 475
*著作目録………………………………… 477
 

第9巻 1984.7.25
 
蘆花徳冨健次郎 第1部 …………………… 1
序 この人を見よ………………………… 3
1 生立ちと背景……………………………26
2 少年健次郎………………………………52
3 官許同志社英学校………………………77
4 “賢兄愚弟”………………………… 104
5 同志社再入学………………………… 129
6 茶色の目……………………………… 149
7 嗟呼、国民之友生れたり…………… 200
8 編集局の片隅で……………………… 215
9 結婚…………………………………… 240
10 得意と失意 ………………………… 265
11 逗子柳屋 …………………………… 313
12 不如帰 ……………………………… 346
附録 蘆花探訪拾遺…………………… 387
1 矢島楫子の告白について………… 389
2 蘆花の生年月日…………………… 396
3 冨と富……………………………… 405
4 熊本洋学校と蘆花………………… 408
5 雅号「蘆花」について…………… 413
6 「みだれあし」考………………… 416
資料 みだれあし…………………… 422
*あとがき(中野好夫)………………… 453
 

第10巻 1984.9.30
 
蘆花徳冨健次郎 第2部 …………………… 1
1 ふたたび上京…………………………… 3
2 「自然と人生」…………………………20
3 「思出の記」……………………………59
4 「黒潮」前後……………………………94
5 独立宣言と黒潮社…………………… 143
6 社会主義……………………………… 172
7 日露役と蘆花………………………… 206
8 ふたたび混迷の底へ………………… 246
9 暖潮解氷……………………………… 292
10 順礼紀行 …………………………… 308
11 千歳村粕谷へ ……………………… 345
12 「寄生木」 ………………………… 382
13 美的百姓 …………………………… 408
附録 蘆花探訪拾遺…………………… 427
1 蘆花と死刑囚I …………………… 429
2 蘆花と死刑囚II…………………… 435
3 蘆花宛トルストイ書簡について… 441
4 蘆花外遊費用をめぐる疑惑について…… 446
5 「寄生木」草稿考………………… 448
6 乃木将軍と蘆花…………………… 455
7 東三郎のモデルについて………… 460
*あとがき………………………………… 463
 

第11巻 蘆花徳冨健次郎 第三部 1984.12.25
 
蘆花徳冨健次郎 第三部
1 「謀叛論」……………………………… 3
2 颱風の眼―「みゝずのたはこと」まで……60
3 颱風ふたたび……………………………88
4 死の蔭の旅…………………………… 115
5 父の死、徳冨家の埋葬……………… 141
6 あるカタルシス……………………… 171
7 閉居三年……………………………… 189
8 「新春」をめぐって………………… 221
9 蘆花とキリスト教…………………… 262
10 世界をめぐって …………………… 288
11 心の母に …………………………… 311
12 黄昏近く …………………………… 340
13 「冨士」という名の遺書 ………… 367
14 死とその前後 ……………………… 396
むすび…………………………………… 432
附録 蘆花探訪拾遺
1 果して蘆花は狂人か?……………… 443
2 小説「黒い眼と茶色の目」のモデル…… 449
3 小説「冨士」のモデル……………… 454
*あとがき………………………………… 461
*年譜……………………………………… 464
*索引
*『蘆花徳冨健次郎』関係アルバム
[ 2011/03/11 00:28 ] 中野好夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。