研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中原中也 >  『中原中也全詩歌集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中原中也全詩歌集』全2巻

『中原中也全詩歌集』全2巻(講談社、1991.5、吉田熈生編、講談社文芸文庫)



上 1991.5.10
 
山羊の歌………………………………………13
初期詩篇
春の日の夕暮……………………………16
月…………………………………………18
サーカス…………………………………20
春の夜……………………………………22
朝の歌……………………………………24
臨終………………………………………26
都会の夏の夜……………………………28
秋の一日…………………………………30
黄昏………………………………………32
深夜の思ひ………………………………34
冬の雨の夜………………………………36
帰郷………………………………………38
凄じき黄昏………………………………40
逝く夏の歌………………………………42
悲しき朝…………………………………44
夏の日の歌………………………………46
夕照………………………………………48
港市の秋…………………………………50
ためいき…………………………………52
春の思ひ出………………………………54
秋の夜空…………………………………56
宿酔………………………………………58
少年時………………………………………61
少年時……………………………………62
盲目の秋…………………………………64
わが喫煙…………………………………70
妹よ………………………………………72
寒い夜の自我像…………………………74
木陰………………………………………76
失せし希望………………………………78
夏…………………………………………80
心象I ……………………………………82
みちこ………………………………………85
みちこ……………………………………86
汚れつちまつた悲しみに………………88
無題………………………………………90
更くる夜…………………………………97
つみびとの歌……………………………99
秋………………………………………… 101
秋……………………………………… 102
修羅街輓歌…………………………… 106
雪の宵………………………………… 111
生ひ立ちの歌………………………… 113
時こそ今は…………………………… 116
羊の歌…………………………………… 119
羊の歌………………………………… 120
憔悴…………………………………… 125
いのちの声…………………………… 132
未刊詩篇I
ダダ音楽の歌詞………………………… 139
タバコとマントの恋………………… 140
ダダ音楽の歌詞……………………… 142
夏の昼………………………………… 144
倦怠に握られた男…………………… 145
倦怠者の持つ意志…………………… 146
迷つてゐます………………………… 148
(仮定はないぞよ)………………… 150
(酒は誰でも酔はす)……………… 152
(名詞の扱ひに)…………………… 154
(天才が一度恋をすると)………… 156
(最も純粋に意地悪い奴)………… 157
(古る摺れた)……………………… 158
一度…………………………………… 160
(過程に興味が存するばかりです)…… 162
(汽車が聞える)…………………… 164
真夏昼思索…………………………… 165
春の日の怒……………………………… 167
春の日の怒…………………………… 168
(題を附けるのが無理です)……… 169
(何と物酷いのです)……………… 171
(テンピにかけて)………………… 173
(58号の電車で女郎買に行つた男が)…… 175
恋の後悔………………………………… 177
恋の後悔……………………………… 178
不可入性……………………………… 180
(恋の世界で人間は)……………… 182
(あなたが生れたその日に)……… 184
初恋…………………………………… 185
想像力の悲歌………………………… 187
情欲…………………………………… 188
幼き恋の回顧………………………… 190
(ツツケンドンに)………………… 192
(女)………………………………… 194
(頁 頁 頁)……………………… 196
(ダダイストが大砲だのに)……… 198
(概念が明日となれば)…………… 200
(成程)……………………………… 202
呪咀…………………………………… 204
古代土器の印象………………………… 205
(何故親の消息がないんだ?)…… 206
自滅…………………………………… 207
古代土器の印象……………………… 209
初夏…………………………………… 211
(酒)………………………………… 212
(バルザック)……………………… 213
(ダツク ドツク ダクン)……… 214
(不随意筋のケンクワ)…………… 215
旅……………………………………… 216
(人々は空を仰いだ)……………… 218
冬と孤独と…………………………… 219
退屈の中の肉親的恐怖……………… 220
秋の愁嘆……………………………… 222
秋の日…………………………………… 225
無題(緋のいろに心はなごみ)…… 226
秋の日………………………………… 228
(かつては私も)…………………… 230
(秋の日を歩み疲れて)…………… 232
無題(あゝ雲はさかしらに笑ひ)… 234
涙語…………………………………… 236
浮浪歌………………………………… 238
夜寒の都会……………………………… 241
夏の夜(暗い空に鉄橋が架かつて)…… 242
夜寒の都会…………………………… 245
浮浪…………………………………… 247
秋の夜………………………………… 249
夜更け………………………………… 251
カフヱーにて………………………… 253
夜空と酒場…………………………… 255
秋の日曜……………………………… 257
お会式の夜…………………………… 259
砂漠の渇き……………………………… 261
春と恋人……………………………… 262
間奏曲………………………………… 264
かの女………………………………… 265
春の雨………………………………… 267
女よ…………………………………… 269
追懐…………………………………… 271
或る女の子…………………………… 273
砂漠の喝き…………………………… 275
いちぢくの葉(いちぢくの,葉が夕空にくろぐろと)…… 280
三毛猫の主の歌へる………………… 282
Tableau Triste……………………… 284
コキューの憶ひ出…………………… 286
細心…………………………………… 288
マルレネ・ディートリッヒ………… 290
(それは一時の気の迷ひ)………… 292
幼なかりし日…………………………… 295
(風船玉の衝突)…………………… 296
少年時(母は父を送り出すと)…… 298
幼なかりし日………………………… 300
夏の海………………………………… 302
夜店…………………………………… 304
風雨…………………………………… 306
(吹く風を心の友と)……………… 308
(僕達の記臆力は鈍いから)……… 310
(宵に寝て,秋の夜中に目が覚めて)…… 312
聖浄白眼………………………………… 315
屠殺所………………………………… 316
無題(疲れた魂と心の上に)……… 317
処女詩集序…………………………… 319
詩人の嘆き…………………………… 322
聖浄白眼……………………………… 324
冬の日………………………………… 327
雪が降つてゐる……………………… 329
身過ぎ………………………………… 331
倦怠(倦怠の谷間に落つる)……… 333
頌歌…………………………………… 335
幻想(何時かまた郵便屋は来るでせう)…… 337
脱毛の秋………………………………… 343
暗い天候三つ………………………… 344
夏と私………………………………… 347
干物…………………………………… 349
(そのうすいくちびると)………… 351
(孤児の肌に唾吐きかけて)……… 353
(風のたよりに,沖のこと 聞けば)…… 354
Qu'est-ce que c'est que moi? … 356
さまざまな人………………………… 357
(秋の夜に)………………………… 359
(支那といふのは,吊鐘の中に這入つてゐる蛇のやうなもの)…… 361
(われ等のヂェネレーションには仕事がない)…… 363
(月の光は音もなし)……………… 364
(他愛もない僕の歌が)…………… 366
脱毛の秋……………………………… 368
修羅街挽歌……………………………… 375
(辛いこつた辛いこつた!)……… 376
(自然といふものは,つまらなくはない)…… 378
(休みなされ)……………………… 379
修羅街挽歌 其の二………………… 381
我が祈り………………………………… 387
幼年囚の歌…………………………… 388
寒い夜の自我像(2・3)…………… 391
冷酷の歌……………………………… 393
夏は青い空に………………………… 398
嘘つきに……………………………… 400
我が祈り……………………………… 401
死別の翌日……………………………… 403
(ポロリ,ポロリと死んでゆく) … 404
疲れやつれた美しい顔……………… 407
死別の翌日…………………………… 409
蝉……………………………………… 411
秋岸清凉居士………………………… 413
月下の告白…………………………… 419
未刊詩篇 II その他
散文詩…………………………………… 423
或る心の一季節……………………… 424
地極の天使…………………………… 427
郵便局………………………………… 429
幻想(草には風が吹いてゐた)…… 431
かなしみ……………………………… 434
北沢風景……………………………… 435
短歌・俳句
末黒野 温泉集……………………… 439
初期短歌
初期短歌……………………………… 444
「孟夏谿行」ほか
孟夏谿行……………………………… 454
(日記より)………………………… 455
(「千葉寺雑記」より)…………… 456
俳句…………………………………… 458
断片 その他
(霞とうごき,月影に,とほくゆすれて)…… 460
手紙…………………………………… 461
(月はおぼろにかすむ夜に)……… 462
(秋の日の吊瓶落しや悲しさや)… 463
戲歌…………………………………… 464
(冨倉の尻を小さくし)…………… 465
*凡例…………………………………… 467
 


下 1991.5.10
 
在りし日の歌…………………………………13
在りし日の歌………………………………15
含羞(ハジライ)………………………16
むなしさ…………………………………18
夜更の雨…………………………………20
早春の風…………………………………22
月…………………………………………24
青い瞳……………………………………25
1 夏の朝………………………………25
2 冬の朝………………………………26
三歳の記憶………………………………28
六月の雨…………………………………30
雨の日……………………………………32
春…………………………………………34
春の日の歌………………………………36
夏の夜……………………………………38
幼獣の歌…………………………………40
この小児…………………………………42
冬の日の記憶……………………………44
秋の日……………………………………46
冷たい夜…………………………………48
冬の明け方………………………………50
老いたる者をして………………………52
湖上………………………………………54
冬の夜……………………………………56
秋の消息…………………………………59
骨…………………………………………61
秋日狂乱…………………………………63
朝鮮女……………………………………66
夏の夜に覚めてみた夢…………………68
春と赤ン坊………………………………70
雲雀………………………………………72
初夏の夜…………………………………74
北の海……………………………………76
頑是ない歌………………………………78
閑寂………………………………………81
お道化うた………………………………83
思ひ出……………………………………86
残暑………………………………………91
除夜の鐘…………………………………93
雪の賦……………………………………95
わが半生…………………………………97
独身者……………………………………99
春宵感懐……………………………… 101
曇天…………………………………… 103
蜻蛉に寄す…………………………… 105
永訣の秋………………………………… 107
ゆきてかへらぬ……………………… 108
一つのメルヘン……………………… 110
幻影…………………………………… 112
あばずれ女の亭主が歌つた………… 114
言葉なき歌…………………………… 116
月夜の浜辺…………………………… 118
また来ん春…………………………… 120
月の光 その一……………………… 122
月の光 その二……………………… 124
村の時計……………………………… 126
或る男の肖像………………………… 128
冬の長門峡…………………………… 131
米子…………………………………… 133
正午…………………………………… 135
春日狂想……………………………… 137
蛙声…………………………………… 143
後記…………………………………… 145
未刊詩篇 III
虫の声…………………………………… 149
虫の声………………………………… 150
夏過けて,友よ,秋とはなりました… 152
或る夜の幻想………………………… 155
月夜とポプラ………………………… 157
十二月(シハス)の幻想…………… 159
竜巻…………………………………… 161
砂漠…………………………………… 163
夢……………………………………… 166
蒼ざめし我の心に……………………… 169
蒼ざめし我の心に…………………… 170
(あゝわれは おぼれたるかな)… 172
(僕の夢は破れて,其処に血を流した)…… 174
(土を見るがいい)………………… 175
蛙声(郊外では)…………………… 176
(蛙等は月を見ない)……………… 178
(蛙等が,どんなに鳴かうと) …… 180
Qu'est-ce que c'est? …………… 182
(卓子に,俯いてする夢想にも倦きると)…… 184
怠惰…………………………………… 186
いちぢくの葉(夏の午前よ,いちぢくの葉よ)…… 188
昏睡…………………………………… 190
聞こえぬ悲鳴………………………… 192
(雨はシトシト降つてゐた)……… 194
(淋しや淋し,わが心) …………… 195
(暮れゆく森は風を凪ぎ)………… 196
早春散歩………………………………… 197
早春散歩……………………………… 198
小景…………………………………… 200
(宵の銀座は花束捧げ)…………… 202
京浜街道にて………………………… 204
寒い!………………………………… 205
春の消息……………………………… 207
雨の降るのに………………………… 209
落日…………………………………… 211
女給達………………………………… 212
夏日静閑……………………………… 214
夏の明方年長妓(トシマ)が歌つた…… 216
(秋が来た)………………………… 218
我がヂレンマ…………………………… 221
怨恨…………………………………… 222
燃える血……………………………… 224
玩具の賦……………………………… 228
悲しい歌……………………………… 233
野卑時代……………………………… 240
我がヂレンマ………………………… 242
断片…………………………………… 244
小唄……………………………………… 249
小唄二篇……………………………… 250
漂々と口笛吹いて…………………… 253
材木…………………………………… 256
はるかぜ……………………………… 258
童女…………………………………… 260
深更…………………………………… 262
白紙(ブランク)…………………… 264
現代と詩人……………………………… 267
僕が知る……………………………… 268
僕と吹雪……………………………… 270
不気味な悲鳴………………………… 272
詩人は辛い…………………………… 275
曇つた秋……………………………… 277
(不気味な程の静寂…)…………… 284
倦怠(へとへとの,わたしの肉体よ)…… 287
酒場にて……………………………… 289
現代と詩人…………………………… 291
桑名の駅………………………………… 295
冬の夜汽車で………………………… 296
(元気です―)……………………… 297
(鹿がゐるといふことは)………… 298
(ナイヤガラの上には,月が出て)…… 299
(汽笛が鳴つたので)……………… 301
(七銭でバットを買つて)………… 303
夏(なんの楽しみもないのみならず)…… 306
夏の記臆……………………………… 309
(小川が青く光つてゐるのは)…… 311
桑名の駅……………………………… 313
(夏が来た)………………………… 315
夜明け…………………………………… 317
秋になる朝…………………………… 318
朝(かゞやかしい朝よ)…………… 320
朝(雀が鳴いてゐる)……………… 322
朝(雀の声が鳴きました)………… 324
夜明け………………………………… 326
咏嘆調………………………………… 328
道化の臨終……………………………… 331
青木三造……………………………… 332
(南無 ダダ)……………………… 335
(頭を,ボーズにしてやらう) …… 337
(形式整美のかの夢や)…………… 339
(とにもかくにも春である)……… 343
ピチべの哲学………………………… 346
狂気の手紙…………………………… 349
道化の臨終…………………………… 351
別離…………………………………… 358
星とピエロ…………………………… 364
誘蛾灯詠歌…………………………… 366
初恋集…………………………………… 373
(なんにも書かなかつたら)……… 374
(一本の藁は畦の枯草の間に挟つて)…… 379
山上のひととき……………………… 381
雲……………………………………… 383
四行詩(山に登つて風に吹かれた)…… 385
(お天気の日の海の沖では)……… 386
(海は,お天気の日には) ………… 388
初恋集………………………………… 390
吾子よ吾子……………………………… 397
嬰児…………………………………… 398
坊や…………………………………… 400
大島行葵丸にて……………………… 402
吾子よ吾子…………………………… 404
夜半の嵐……………………………… 406
夏の夜の博覧会はかなしからずや… 408
ひからびた心………………………… 411
子守唄よ……………………………… 414
こぞの雪今いづこ…………………… 416
初夏の夜に…………………………… 420
秋を呼ぶ雨……………………………… 423
梅雨と弟……………………………… 424
少女と雨……………………………… 426
雨の朝………………………………… 428
秋を呼ぶ雨…………………………… 429
一夜分の歴史………………………… 434
夏と悲運………………………………… 437
暗い公園……………………………… 438
道修山夜曲…………………………… 440
泣くな心……………………………… 442
雨が降るぞえ………………………… 447
(よくはれたれど)………………… 450
夏と悲運……………………………… 452
渓流…………………………………… 455
夏(僕は卓子の上に)……………… 457
(甞てはラムプを,とぼしてゐたものなんです)…… 459
秋の夜に,湯に浸り ………………… 461
四行詩(おまへはもう静かな部屋に帰るがよい)…… 463
*凡例……………………………………… 465
*後記(吉田 生)……………………… 469
*作家案内(青木健)…………………… 471
*著書目録(堀内達夫)………………… 487
*索引……………………………………… 491
[ 2011/03/11 00:30 ] 中原中也 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。