研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  仲町貞子 >  『仲町貞子全集』全1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『仲町貞子全集』全1巻

『仲町貞子全集』全1巻(砂子屋書房、1991)



1991.11.10
 
小説
梅の花………………………………………21
音吉(オト)……………………………23
友だち……………………………………28
牛乳………………………………………41
梅の花……………………………………47
日永………………………………………66
後継者(ヨツギ)………………………75
蒲原先生の話……………………………80
輝く星……………………………………92
夜長………………………………………98
姉の家………………………………… 108
初奉公………………………………… 111
八……………………………………… 121
父の死………………………………… 124
おこん………………………………… 140
遺族…………………………………… 150
大型の名刺…………………………… 157
S町基督教講義所 …………………… 167
両隣…………………………………… 173
春……………………………………… 180
おとみさん…………………………… 191
「梅の花」収録外
雨の日………………………………… 205
叔母梅木久子………………………… 213
帰郷…………………………………… 223
汗……………………………………… 230
腕……………………………………… 249
木田老人……………………………… 259
息子…………………………………… 261
晩春…………………………………… 272
銀の十字架を下げた娘……………… 276
少女…………………………………… 279
随筆
蓼の花…………………………………… 289
慈しみ………………………………… 291
勇ちやん,健ちやんに ……………… 294
二人の支那のお嬢さん……………… 297
叔母の上京物語……………………… 301
京都の下宿…………………………… 307
飯倉の島崎さん……………………… 320
湯ケ島………………………………… 321
仔猫…………………………………… 324
思ひ出………………………………… 327
吹つ飛ばされた私の心配…………… 330
洋妾(ラシヤメン)買ひのおきよ… 333
蔦のからまつたお墓………………… 336
母はわが力…………………………… 340
善きことのために…………………… 341
隆庵さんと石堂さん………………… 342
寒竹と従兄…………………………… 345
風呂敷さまざま……………………… 348
二人の友だち………………………… 350
「村芝居」の画から………………… 353
姉……………………………………… 355
「北方」の著者……………………… 361
猫について…………………………… 364
五月の思ひ出………………………… 366
良平さん……………………………… 369
春・雑記……………………………… 374
日本雀の恥辱………………………… 376
晩夏雑記……………………………… 378
一 乗客…………………………… 378
一 扇から思ひついたこと……… 379
雑感…………………………………… 381
日記…………………………………… 382
国立公園……………………………… 386
秋の一日……………………………… 387
「ほうづきの花」を贈られて……… 389
子供と犬……………………………… 394
花婿サマのやうな池谷氏…………… 395
父からの贈り物……………………… 397
「蓼の花」収録外
托児所の一日―生活レビユー………… 403
冬彦……………………………………… 406
朝日の中で……………………………… 407
埋草……………………………………… 411
わたくしごとなれど…………………… 412
朝鮮うちわ……………………………… 413
犬の性質こそ愛すべし………………… 414
湖畔の宿で……………………………… 415
麺麭の人達……………………………… 417
せめて月の光をとの希望……………… 419
若者・親子……………………………… 422
作家としての意見―楽しかつたとき… 424
雑記帳―夏から秋へ…………………… 426
文学徒………………………………… 427
春・雑記―犬と上野毛………………… 428
春昼夢―見えぬ母の手………………… 430
<女流作家の文壇印象記 その四>… 432
文芸春秋の応接室…………………… 432
月夜の温室村………………………… 433
うしろ姿……………………………… 434
横光さん……………………………… 435
文章さんのお父さん………………… 435
貯金…………………………………… 436
文章について…………………………… 437
まだお目にかゝらない林さん………… 439
この日頃………………………………… 441
平林たい子さんの印象………………… 443
<今月の便り>………………………… 445
晩夏雑記………………………………… 446
一 魯迅選集から…………………… 446
一 旬日を経ず父上は上京する…… 447
思ひ出…………………………………… 450
我等の「麺麭」について……………… 452
あゝもあつたら,こうもあつたら …… 454
女の子…………………………………… 455
廿年前の大学生………………………… 457
九月の日記から………………………… 460
沃土について…………………………… 464
梅雨の頃(一) カッパ焼と洋妾(カラユキ)…… 465
「処女地」の同人たりしK夫人に …… 468
思い出…………………………………… 476
祖母と母のこと………………………… 483
終戦のおもいで………………………… 488
父の受洗………………………………… 494
「天路歴程」と小さいカード………… 502
雑記
<時間の歩調>………………………… 507
<時間の歩調>………………………… 507
<「時間」編輯後記>………………… 508
<磁場>………………………………… 509
<文学仲間>…………………………… 510
<現代に於ける「詩」と「散文」の交渉について/回答>…… 510
<麺麭>………………………………… 511
<作品月評>「コギト」四月号/「文芸衣裳」第五号…… 511
<文学仲間>…………………………… 512
<作品月評>「明日」五月…………… 513
梶井さんのお手紙……………………… 513
<文学仲間>…………………………… 519
梶井基次郎氏の音信又一つ…………… 519
<麺麭>………………………………… 523
<文学仲間>…………………………… 523
来年を待てない希望…………………… 523
<作品月評>文芸春秋………………… 524
<新年号で注目した作品・評論/回答>…… 524
烽火……………………………………… 525
<新しき希望/回答>文壇へ対しての希望…… 526
<麺麭>短信…………………………… 526
二瓶貢さんに…………………………… 527
<最も好きな男性・女性/回答>ムシユキン…… 528
<新人作家に聴く「わが文学陣」/回答>童心にもわかつて貰へるものを…… 528
<懸賞小説の思ひ出,埋もれて了つた作家/回答>…… 529
<質問「能動主義」,「新浪漫主義」に就ての解釈或ひは意見/回答>…… 530
無題……………………………………… 530
六週年に際して………………………… 531
<次代者の言葉>己が資質に徹して… 533
<初めて逢つた文士を語る/回答>… 533
読んで感心したもの…………………… 534
<各地通信>…………………………… 534
<私の青春時代/回答>……………… 535
<私の文学少女時代>………………… 535
*資料
*収録作品書誌(安田俊朗)………… 539
*仲町貞子作品目録(長谷川裕一)… 551
*仲町貞子略年譜(安田俊朗)……… 562
*仲町貞子関係文献・資料(安田俊朗)…… 567
[ 2011/03/11 00:31 ] 仲町貞子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。