研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中村草田男 >  『中村草田男全集』全18巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中村草田男全集』全18巻・別巻1巻

『中村草田男全集』全18巻・別巻1巻(みすず書房、1984.11~1991.12)



第1巻 1989.5.25
 
*凡例……………………………………… i
第一句集 「長子」(昭和十一年)……… 1
春……………………………………………19
夏……………………………………………61
秋………………………………………… 159
冬………………………………………… 159
跋…………………………………………巻末
第二句集 「火の鳥」(昭和十四年)…… 1
I
昭和11年……………………………………13
昭和12年……………………………………23
昭和13年……………………………………49
昭和14年………………………………… 101
II
岩の濤・砂の濤………………………… 143
火の島三日……………………………… 168
信濃居…………………………………… 205
第三句集 「万緑」(昭和十六年)……… 1
「長子」からの句
春………………………………………… 3
夏…………………………………………13
秋…………………………………………25
冬…………………………………………30
「火の島」からの句
昭和十一年………………………………39
昭和十二年………………………………41
昭和十三年………………………………51
昭和十四年………………………………71
「火の島」以後の句
昭和十四年………………………………85
昭和十五年………………………………98
昭和十六年…………………………… 134
後書……………………………………… 164
*編者註……………………………………… 1
*解説(成田千空)………………………… 7
 

第2巻 1989.8.30
 
*凡例……………………………………… i
第四句集 「来し方行方」(昭和二十二年)…… 1
I
昭和十六年………………………………… 4
昭和十七年…………………………………34
昭和十八年…………………………………48
昭和十九年…………………………………96
昭和二十年……………………………… 124
昭和二十一年…………………………… 154
昭和二十二年…………………………… 212
II
秋雲離々・無絃の楽…………………… 249
跋…………………………………………… I
第五句集 「銀河依然」(昭和二十八年)…… 1
昭和二十二年……………………………… 5
昭和二十三年………………………………17
昭和二十四年………………………………55
昭和二十五年………………………………81
昭和二十六年…………………………… 117
昭和二十七年…………………………… 159
補遺……………………………………… 195
跋………………………………………… 201
*編者註……………………………………… 1
*解説(林昌華)…………………………… 7
 

第3巻 1989.11.22
 
*凡例……………………………………… i
第六句集 「母郷行」(昭和三十一年)… 1
昭和二十八年……………………………… 1
昭和二十九年…………………………… 133
跋………………………………………… 235
第七句集 「美田」(昭和四十二年)…… 1
昭和二十九年……………………………… 5
昭和三十年…………………………………21
昭和三十一年………………………………75
昭和三十二年…………………………… 115
昭和三十三年…………………………… 171
跋………………………………………… 231
*編者註……………………………………… 1
*解説(見市六冬)………………………… 5
 

第4巻 「時機」 作品I 1990.3.23
 
第八句集 「時機」(昭和五十五年)…… 1
昭和三十四年……………………………… 1
昭和三十五年………………………………93
昭和三十六年…………………………… 153
昭和三十七年…………………………… 205
メランコリア―昭和四十七年………… 237
跋………………………………………… 263
作品I(昭和三―四十五年) ……………… 1
昭和三年…………………………………… 1
昭和四年…………………………………… 2
昭和五年…………………………………… 4
昭和六年…………………………………… 7
昭和七年……………………………………11
昭和八年……………………………………13
昭和九年……………………………………14
昭和十年……………………………………15
昭和十一年…………………………………19
昭和十二年…………………………………23
昭和十三年…………………………………27
昭和十四年…………………………………30
昭和十五年…………………………………32
昭和十六年…………………………………38
昭和十七年…………………………………41
昭和十八年…………………………………43
昭和十九年…………………………………46
昭和二十年…………………………………49
昭和二十一年………………………………50
昭和二十二年………………………………52
昭和二十六年………………………………54
昭和二十七年………………………………55
昭和二十八年………………………………56
昭和二十九年………………………………57
昭和三十年…………………………………58
昭和三十一年………………………………73
昭和三十二年………………………………94
昭和三十三年…………………………… 117
昭和三十四年…………………………… 151
昭和三十五年…………………………… 186
昭和三十六年…………………………… 220
昭和三十七年…………………………… 248
昭和三十八年…………………………… 264
昭和三十九年…………………………… 265
昭和四十一年…………………………… 266
昭和四十二年…………………………… 267
昭和四十五年…………………………… 268
*編者註…………………………………… 271
*解説(宮脇白夜)……………………… 273
 

第5巻 作品II 1984.11.5
 
〔「万緑」発表作品〕
*凡例……………………………………… i
昭和三十八年……………………………… 1
昭和三十九年………………………………70
昭和四十年……………………………… 167
昭和四十一年…………………………… 237
昭和四十二年…………………………… 288
昭和四十三年…………………………… 334
昭和四十四年…………………………… 357
昭和四十五年…………………………… 398
昭和四十六年…………………………… 425
昭和四十七年…………………………… 448
昭和四十八年…………………………… 459
昭和四十九年…………………………… 472
昭和五十年……………………………… 490
昭和五十一年…………………………… 515
昭和五十二年…………………………… 528
昭和五十三年…………………………… 542
昭和五十四年…………………………… 555
昭和五十五年…………………………… 565
昭和五十六年…………………………… 575
昭和五十七年…………………………… 584
昭和五十八年…………………………… 590
*解説(香西照雄)……………………… 595
 

第6巻 俳句入門 1985.10.8
 
*凡例……………………………………… i
I
やさしい俳句………………………………… 1
新しい俳句の作り方…………………………89
II
秋の航―自句自解………………………… 265
問・答……………………………………… 268
春草は―自句自解………………………… 279
自句自解(「俳句研究」)……………… 281
ふる雪や―自句自解……………………… 295
自句自解(「俳句の道」)……………… 302
極まれば―自句自解……………………… 315
自句自解(「俳句」)…………………… 317
「明治は遠く…」の句について………… 329
「明治は遠くなりにけり」の俳句……… 332
自誦自解…………………………………… 336
自句自解―「万緑季語選」……………… 359
夕桜―自句自解…………………………… 398
*解説(野沢節子)……………………… 401
*初出一覧………………………………… 411
 

第7巻 芭蕉・蕪村 1985.5.20
 
*凡例……………………………………… i
I
芭蕉と現代…………………………………… 1
松尾芭蕉……………………………………… 9
松尾芭蕉………………………………………18
芭蕉の五句……………………………………22
現代俳句と芭蕉………………………………29
芭蕉一句抄……………………………………42
II
蕪村集…………………………………………47
蕪村五句…………………………………… 363
蕪村鑑賞…………………………………… 372
谷口蕪村…………………………………… 381
蕪村………………………………………… 383
*編者註(香西照雄)…………………… 472
*解説―中村草田男における芭蕉と蕪村(井本農一)…… 477
*初出一覧………………………………… 487
 

第8巻 俳論・エッセイI 1985.7.25
 
*凡例……………………………………… i
I
「子規の俳句観」印象記…………………… 1
昔の俳句さまざま―子規の辞世三句………36
解説―「俳句の出発」………………………38
正岡子規と現代俳句…………………………50
松山に於ける子規五十年祭典のこと………88
正岡子規………………………………………98
正岡子規…………………………………… 118
すぐれた俳句―虚子の一句……………… 122
ゆかりの虚子二三句……………………… 124
虚子先生の存在…………………………… 130
師の一句―覚書として…………………… 142
解説―「五百句・五百五十句・六百句」…… 153
平日平路の人……………………………… 163
虚子先生のことなど……………………… 166
虚子三句…………………………………… 176
高浜虚子…………………………………… 179
II
季題と写生………………………………… 195
尻尾を振る武士…………………………… 202
長生アミーバ……………………………… 215
二先業明暗………………………………… 241
師弟言華…………………………………… 255
往信……………………………………… 255
返信(林原耒井)……………………… 267
戦争と俳句雑感…………………………… 281
少年茅舎―句集より……………………… 291
春句互評―爽雨の一句…………………… 293
今の俳句の十二カ月のさまざま―風生の一句…… 295
書かざりし弁……………………………… 297
実作者として……………………………… 302
抜萃散歩…………………………………… 305
懐疑的立場―いろいろな立場からみた俳句…… 350
たかしの事………………………………… 353
歩み寄る二つの新方向…………………… 358
序―「現代俳句作家論」………………… 369
アダムの臍―所謂俳句性について……… 372
古き童児―「季題」の再吟味…………… 389
明治時代の俳句…………………………… 394
現代俳句―今も細道……………………… 439
句集「方寸虚実」―石塚友二著………… 453
石田波郷著「俳句愛憎」………………… 455
遥かより…………………………………… 459
長逝後九日目に…………………………… 465
茅舎長逝…………………………………… 467
御礼………………………………………… 475
俳人としての芥川龍之介………………… 479
海にちなんだ俳句………………………… 503
拾遺的感想………………………………… 506
新「俳句研究」誌への期待……………… 512
芭蕉二百五十年忌を前にして…………… 517
楸邨氏への手紙…………………………… 522
創刊に際して……………………………… 531
文学の一世界……………………………… 535
教授病……………………………………… 538
新しき発行組織による続刊に際して…… 551
手近の更に手近の問題…………………… 554
お祝いに際して…………………………… 560
黄色き砂…………………………………… 567
凍湖………………………………………… 569
海人………………………………………… 571
大望………………………………………… 573
全人と俳人………………………………… 575
しずかなる所……………………………… 577
舞台………………………………………… 582
汗の弁……………………………………… 585
しずかなる死……………………………… 587
報知………………………………………… 595
失語症……………………………………… 598
白し………………………………………… 601
俳謡と俳詩………………………………… 606
実作の不振………………………………… 609
童話………………………………………… 611
越えられず………………………………… 621
*解説(竹中宏)………………………… 623
*初出一覧………………………………… 635
 

第9巻 俳論・エッセイII 1986.9.26
 
*凡例……………………………………… i
原馬(ウル・プフフェルト)……………… 1
スコットランド人の会話…………………… 4
ゾン・テューアの発会に際して……………21
小学校国定教科書の俳句に就いて…………29
自然主義と現代文……………………………37
私の見た現代詩………………………………47
悪口坂…………………………………………53
魚食ふ,飯食ふ ………………………………57
主宰者よりの知らせ…………………………66
この源泉に汲まん……………………………69
暫時借用してきた眼―あるいは「見えるふりをする眼」……72
Sleep no more! ……………………………86
現代文学と俳諧文芸との結びつき……… 102
麺麭………………………………………… 120
俳人の眼に映ずる茂吉先生……………… 126
石橋秀野夫人……………………………… 133
「ホフマン物語」と「ピノキオ」……… 147
天狼論争について―アンケート………… 186
沢木欣一氏への返事……………………… 188
「万緑」…………………………………… 196
今年の俳句………………………………… 198
内藤鳴雪…………………………………… 201
「花鳥巡礼」のことなど………………… 207
俳句の現代的意義………………………… 221
俳壇一年の回顧…………………………… 226
個人と自己―諸氏への,同時に私への答…… 229
「小文学」に封鎖するな―永井龍男氏へ…… 255
「虚子俳話」……………………………… 260
〔詩は心の乳房〕………………………… 262
現代俳句思潮と句業―花蓑・たかし・茅舎・不器男・素逝…… 263
飯田蛇笏鑑賞……………………………… 278
「明暗」解説……………………………… 286
体験の季題………………………………… 310
真の「克服」はどちらか………………… 322
映画の書,人生の書―「伊丹万作全集」…… 326
現代俳句の問題―往復書簡……………… 329
中村草田男氏へ(金子兜太)………… 329
金子兜太氏へ…………………………… 336
十一月の俳句鑑賞………………………… 357
芭蕉,蕪村,一茶名句集について………… 378
現代俳句…………………………………… 382
俳誌「ホトトギス」八百号に…………… 385
忘れ得ぬ断章―芭蕉の「芳野紀行」…… 388
「梅雨の虹」―林原耒井句集…………… 392
平生………………………………………… 394
鵺の画展―すくいがたい現代の南画…… 397
俳誌「万緑」二百号に際して…………… 403
「ホトトギス」…………………………… 409
自選自解 中村草田男句集……………… 412
陸羯南―明治文芸復興の偉大な助力者… 413
大正期俳句中の不滅の青春像―原石鼎… 415
真古典と新古典との必須の直通路……… 418
万葉における自然諷詠歌のことなど…… 420
このごろ思うこと―権力と権威………… 426
永遠の青春………………………………… 430
芭蕉について……………………………… 434
人生論……………………………………… 438
正岡子規と片かな………………………… 443
「万緑」二百五十号にあたって………… 447
俳話………………………………………… 450
光太郎の首座……………………………… 459
*解説(生野幸吉)……………………… 463
*初出一覧………………………………… 475
 

第10巻 随筆・メルヘンI 1986.7.18
 
*凡例……………………………………… i
I
生き物三つ…………………………………… 1
軍鶏………………………………………… 1
小猿………………………………………… 2
七面鳥……………………………………… 4
暮春…………………………………………… 7
貝殻……………………………………………11
卒業子と狐……………………………………17
卒業子………………………………………17
狐……………………………………………20
二短文…………………………………………24
梅雨霽れ……………………………………24
油虫…………………………………………26
三越―五時半以後……………………………28
ある晩…………………………………………35
愚かな林檎……………………………………41
散紅葉…………………………………………44
藍青と桃色との夢……………………………47
夕寒い煙突―文字に依るムンクの絵の模写……60
夜桜―池田の結婚……………………………73
風船の使者……………………………………93
洪水………………………………………… 115
蚤…………………………………………… 125
闇ぢやんけん……………………………… 129
茶菓………………………………………… 133
ラヂオ比隣………………………………… 140
灯の消えた時……………………………… 146
柳―入口は柳にのぼる芳野かな(古句)…… 150
三つの姿(詩)…………………………… 154
象………………………………………… 154
火の絵…………………………………… 155
父………………………………………… 156
II
空前絶後の詩……………………………… 161
三様の変形………………………………… 163
一園に了る………………………………… 165
禅寺の日向………………………………… 179
井の頭素描………………………………… 194
横浜解纜―虚子船路……………………… 198
夢…………………………………………… 207
画の人……………………………………… 211
松山の道後………………………………… 219
父なる自然………………………………… 224
はつ旅……………………………………… 229
展覧会……………………………………… 235
展覧会…………………………………… 235
墓碑銘…………………………………… 237
広告……………………………………… 238
狐………………………………………… 240
渋谷界隈…………………………………… 241
昼食後……………………………………… 249
「顔」に就いて…………………………… 253
夏の真昼…………………………………… 260
私の好きな詩と言葉……………………… 262
三角の紙の雪……………………………… 264
海の青春…………………………………… 266
水仙と眼鏡………………………………… 268
光太郎先生訪問の回想…………………… 270
羞らい……………………………………… 280
善人サム…………………………………… 283
ヴィナスの手首…………………………… 287
湖畔………………………………………… 293
青葉………………………………………… 304
五の字の祝い……………………………… 308
二百年……………………………………… 310
単純な飛石伝い…………………………… 312
二粒丸……………………………………… 316
祈り……………………………………… 317
五十年祭………………………………… 319
ヴィナスの両腕…………………………… 323
頭上も錦秋………………………………… 334
句作の思い出あれこれ…………………… 337
私の俳歴(一)…………………………… 363
私の俳歴(二)…………………………… 389
*解説(大岡信)………………………… 419
*初出一覧………………………………… 431
 

第11巻 随筆・メルヘンII 1987.9.18
 
*凡例……………………………………… i
I
ドラの薔薇…………………………………… 1
梅雨晴れの像…………………………………11
石臼を廻す船歌………………………………24
一雲雀…………………………………………36
磁石(マグネツト)…………………………50
海狸(ビーバー)……………………………55
II
丑同志…………………………………………77
私のきいた番組………………………………84
俳句という小文芸……………………………89
松本たかしの想い出一端……………………96
おけさと鬼太鼓…………………………… 107
没後十年…………………………………… 111
松山の友人たち…………………………… 114
歴史の町松山……………………………… 117
とがめなく過ごせし日―私の卒業論文… 119
わたしの古典……………………………… 122
風光地……………………………………… 126
父兄の一人として………………………… 130
十和田湖の女人双身像…………………… 132
責任………………………………………… 135
郷峰・白井寅介氏を悼む………………… 138
石の島・石の館―私の生まれた家……… 146
仰ぎ慣れたる……………………………… 149
高浜虚子―文学碑めぐり………………… 152
〔教授としての自画像〕………………… 156
伊丹万作の思い出………………………… 158
伊丹万作の思い出………………………… 174
美人………………………………………… 187
永遠の青春像……………………………… 189
吉田汀白君を悼む………………………… 194
三十年の花………………………………… 199
俳句実習と私……………………………… 203
一枚の瓦…………………………………… 210
内務省草…………………………………… 214
夏草流転…………………………………… 219
意のままに使える部屋…………………… 222
同一聴……………………………………… 223
句碑一つ…………………………………… 225
その儘にしてある冠木門………………… 229
学生と読書………………………………… 232
「江戸川」と「おいしいもの」………… 236
目くら……………………………………… 239
章魚と無花果……………………………… 242
日本人の自然愛…………………………… 244
座右銘……………………………………… 249
家庭本位…………………………………… 252
唯一回の酒のブランク…………………… 256
五月の島…………………………………… 260
「辛抱する」という一事………………… 264
広島と尾道―広島紀行…………………… 266
馬刀のぬた………………………………… 271
私の中のヒロシマ―アンケート………… 273
「どうも」の一語………………………… 274
浅間のふもとにて………………………… 278
「坊っちゃん」中学……………………… 282
私の近況…………………………………… 285
松山郵便局………………………………… 288
順送り……………………………………… 291
折口先生との対談会そのほか…………… 294
蛙声………………………………………… 299
伊予松山の童唄など……………………… 303
ナポレオンと俳句………………………… 312
良家の詩人,越郎氏 ……………………… 314
鉄斎の一小幅……………………………… 319
座右の書―「和解」……………………… 323
二十年以前………………………………… 325
健康を語る………………………………… 329
たった一人の男性―わが家の夕めし…… 331
親子のパントマイム……………………… 333
文学者ゴルキー…………………………… 334
幻住庵阯と母の遺骨……………………… 336
梅と梅の句のこと………………………… 338
わたしの先生……………………………… 342
明治の良師とのめぐり逢い……………… 344
抜き足,差し足 …………………………… 347
秘訣………………………………………… 351
すべて自然に……………………………… 354
俳人の芝居………………………………… 356
追憶あれこれ……………………………… 360
夜桜………………………………………… 367
贈ることば………………………………… 370
*解説―草田男とメルヘン(山本健吉,(聞き手)中村弓子)…… 371
*初出一覧………………………………… 385
 

第12巻 座談・対談I 1985.1.14
 
*凡例……………………………………… i
I
且作且評―草樹会…………………………… 1
現代俳句の問題(太田水穂,室生犀星,嶋田青峰,水原秋桜子,中村草田男)…… 196
戦争俳句その他(渡辺白泉,加藤楸邨,中村草田男,西東三鬼,佐々木有風,石橋辰之助)…… 225
新しい俳句の課題(石田波郷,中村草田男,加藤楸邨,篠原梵)…… 263
あまやかさない座談会(水竹居,草田男,漾人,たかし,杞陽,風生,青邨,虚子)…… 297
純粋俳句に就て(松本たかし,川端茅舎,中村草田男)…… 330
II
山会(抄)………………………………… 361
座談会(抄)……………………………… 364
秋晴(抄)………………………………… 366
還暦座談会(抄)………………………… 370
「茅舎句集」を話す(抄)……………… 391
連作論其他(抄)………………………… 394
座談会(抄)……………………………… 405
座談会(抄)……………………………… 416
座談会(抄)……………………………… 422
*解説(原子公平)……………………… 427
*初出一覧………………………………… 437
 

第13巻 座談・対談II 1986.4.22
 
*凡例……………………………………… i
語り尽す座談会(池内友次郎,中村草田男,松本たかし)…… 1
現代俳句の諸問題(中村草田男,瀧春一,中島斌雄,川島彷徨子,(司会)大野林火)…42
志向一端(中村草田男,岡田海市,川門清明,貞弘衛,堀徹,余寧金之助)……69
村上鬼城輪講(抄)(中村草田男,橋本風車,堀徹,余寧金之助,川門清明,香西照雄,貞弘衛,玉置野草,岡田海市,川合絹漱,出沢珊太郎,吉田汀白)……82
画談・俳談・楽談―中川一政氏を囲む座談会(中川一政,中村草田男,京極杞陽,高岡徳太郎,池内友次郎,島村茂雄,関野準一郎,松本たかし)…… 141
現代俳句の基本(中村草田男,孝橋謙二)…… 156
放談誓子論(中村草田男,湊楊一郎,松原地蔵尊)…… 172
現代俳句縦横談(能勢朝次,中村草田男,大野林火,山本健吉,神田秀夫)…… 176
静けさ(宮城道雄,中村草田男) ……… 218
現代俳句の底流(中村草田男,山本健吉)…… 224
新春俳句放談(中村草田男,松本たかし)…… 248
一滴の水(神田秀夫,中村草田男) …… 277
現代俳句論(西東三鬼,中村草田男,秋元不死男,角川源義)…… 297
新しい詩精神(吉田精一,木俣修,中村草田男,城左門,嵯峨信之)…… 331
俳句事件(栗林農夫,藤田初巳,三谷昭,中村草田男)…… 350
「万緑の作風」に就いて(大野林火,中村草田男,中島斌雄)…… 386
二つの世界(中村草田男,孝橋謙二,神田秀夫高屋窓秋)…… 403
抒情の変革(佐藤佐太郎,中村草田男,加藤楸邨,窪川鶴次郎,宮柊二)…… 433
*解説(芳賀徹)………………………… 489
*初出一覧………………………………… 501
 

第14巻 座談・対談III 1987.6.4
 
*凡例……………………………………… i
I
詩と散文の間(神田秀夫,北川冬彦,中村草田男,木俣修)…… 1
「芸」をめぐりて(森澄雄,中村草田男,原子公平)……40
俳句の内外(中村草田男,神田秀夫) ……67
定型の蔵する諸問題(村野四郎,中村草田男,沢木欣一,栗山理一)……85
現実感覚の詩を(木俣修,中村草田男)…… 117
茂吉をめぐる十二の問題(中村草田男,高尾亮一)…… 143
俳句の命運(神田秀夫,中村草田男,山本健吉)…… 173
俳壇は動きつつあるか(中村草田男,秋元不死男,沢木欣一,森澄雄)…… 193
今後の俳句に望むこと(中村草田男,北野民夫,保坂春苺,竹馬規雄,林昌華,花岡昭)…… 219
俳句の音量感について(中村草田男,孝橋謙二,余寧金之助,北野民夫)…… 234
虚子先生と私―インタビュー…………… 248
潮流の分析と方向をさぐる(中村草田男,瀬沼茂樹,原子公平,金子兜太)…… 275
II
定型と口語俳句(抄)(吉岡禅寺洞,中村草田男,(司会)大野林火)…… 323
俳句表現と芸術性(抄)(中村草田男,香西照雄,北野民夫,(司会)原子公平)…… 346
*解説(貞弘衛)………………………… 371
*初出一覧………………………………… 383
 

第15巻 座談・対談IV 1988.3.15
 
*凡例……………………………………… i
I
俳句よもやま(中村草田男,北野民夫) … 1
現代俳句をめぐる諸問題(山口誓子,中村草田男,(司会)三谷昭)……30
武蔵野漫歩―中村草田男先生にきく………59
正岡子規の問題(土屋文明,中村草田男,(司会)島崎千秋)……65
しなの俳句がたり―一問一答((問)信濃万緑人,(答)中村草田男,香西照雄)……85
先進後進(中村草田男,香西照雄) ………95
近代俳句のメッカ―松山(中村草田男,八木絵馬)……98
方法以上(山本健吉,中村草田男,(司会)香西照雄)…… 125
句作指導―一問一答((答)中村草田男)…… 158
東西放談(水原秋桜子,中村草田男,山口誓子,阿波野青畝,(司会)秋元不死男)… 162
現代俳句諸運動の再吟味(神田秀夫,孝橋謙二,中村草田男)…… 175
二百年説―インタビュー(中村草田男,(インタビュアー)鷹羽狩行)…… 229
俳句一辺倒(中村草田男,野沢節子,(司会)宮脇白夜)…… 231
高浜虚子―人と作品(山本健吉,中村草田男,皆吉爽雨,(司会)松井利彦)…… 252
芭蕉・象徴(井本農一,中村草田男,(進行)香西照雄)…… 316
選者に聞く―中村草田男先生((聞き手)高橋せをち)…… 338
老いの価値(平畑静塔,中村草田男,(司会)香西照雄)…… 343
II
中村草田男輪講(抄)(川合絹漱,中島たけし,香西照雄,長谷川博和,高橋青太郎,中村草田男)…… 373
*解説(福田甲子雄)…………………… 385
*初出一覧………………………………… 395
 

第16巻 選評集I 1985.3.14
 
*凡例……………………………………… i
雑詠句評会―「ホトトギス」……………… 1
遠信―「成層圏」……………………………64
選後の言葉―「俳句研究」…………………84
選後の言葉―「文芸首都」…………………97
選後の言葉―「文芸情報」……………… 148
選評―「陸軍画報」……………………… 159
作品欄批評―「万緑」…………………… 170
四季開花―「万緑」……………………… 283
*解説(橋本風車)……………………… 413
 

第17巻 選評集II 1986.5.20
 
*凡例……………………………………… i
四季開花―「万緑」………………………… 1
万緑賞・新人賞選定に就いて…………… 348
*解説(平井さち子)…………………… 455
 

第18巻 選評集III 1989.2.10
 
*凡例……………………………………… i
I
朝日新聞―「朝日俳壇」…………………… 1
講評………………………………………… 308
講評………………………………………… 310
講評………………………………………… 311
講評………………………………………… 313
「かるみ」………………………………… 314
再び「かるみ」のこと…………………… 315
メタファと季題…………………………… 317
白く且つ大………………………………… 318
芭蕉の道…………………………………… 320
「物の見えたる光」……………………… 321
II
東京新聞―「東京俳壇」(抄)………… 325
茅舎賞審査員の言葉……………………… 409
*解説―草田男さん回想(沢木欣一)… 413
 

別巻 アルバム・資料 1991.12.4 貞弘衛,中村弓子編
 
*凡例……………………………………… i
句帳…………………………………………… 1
日記・書簡……………………………………21
*凡例………………………………………22
日記(明治四十五年)……………………23
修学旅行日記(大正六年)………………32
日記(大正七年)…………………………39
日記(大正八年)…………………………49
日記(大正九年)…………………………57
日記(大正十二年)………………………62
家族・友人への手紙………………………65
俳人・同志への手紙…………………… 118
*年譜……………………………………… 167
*凡例…………………………………… 168
*著作目録・著書目録…………………… 201
*凡例…………………………………… 202
*中村草田男文献解題(鍵和田 子,奈良文夫,川合絹漱)…… 229
*凡例…………………………………… 230
*初句索引(泉紫像)…………………… 351
*凡例…………………………………… 352
*解説(中村弓子)……………………… 535
[ 2011/03/11 00:31 ] 中村草田男 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。