研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中村憲吉 >  『中村憲吉全集』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中村憲吉全集』全4巻

『中村憲吉全集』全4巻(岩波書店、1937.10~1938.10)



第1巻 1938.5.20
 
歌集 馬鈴薯の花…………………………… 1
明治41年…………………………………… 3
竹………………………………………… 3
椿………………………………………… 4
雑詠……………………………………… 4
亡兄を悼む……………………………… 5
明治42年…………………………………… 7
吹上の浜………………………………… 7
野間嶽…………………………………… 8
明治43年……………………………………10
渓底の湯…………………………………10
旅宵の千鳥………………………………11
堀内を悲しむ……………………………11
雪来る前…………………………………13
歌会の歌(1) …………………………14
明治44年……………………………………15
寒き石……………………………………15
曇り風……………………………………16
春動く……………………………………18
落ちゆく眠………………………………18
薄ら夜……………………………………19
燕の腹……………………………………21
青葉の息…………………………………21
峡のいろ…………………………………23
秋のはじめ………………………………24
歌会の歌(2) …………………………25
大正元年(9月より) ……………………27
雨の夕暮…………………………………27
夜かへりて………………………………29
稲の月夜…………………………………29
憂愁の都会………………………………31
暁は動くに………………………………32
初冬の郊外………………………………33
雨の夜……………………………………35
大正2年(4月迄)…………………………36
雨久花……………………………………36
日没後……………………………………43
萌芽………………………………………46
眼痛し……………………………………46
深宵の停電………………………………48
秋の光……………………………………49
夜の感傷…………………………………50
御茶の水景情……………………………51
冬より春へ………………………………53
飛行機……………………………………57
歌集 林泉集…………………………………59
改版に際して………………………………61
大正2年(附同年前作) …………………65
ゆふべ……………………………………65
墓地の灯…………………………………67
榛紅葉……………………………………68
鳳仙花……………………………………69
赤き宮……………………………………72
金葉………………………………………73
鴨…………………………………………73
椿…………………………………………75
柑橘の庭…………………………………77
麻の香……………………………………78
大正3年 ……………………………………80
眉間の光…………………………………80
蒼き渚……………………………………81
新緑の海岸………………………………82
篠懸樹のかげ……………………………84
春霜………………………………………85
松の芽……………………………………85
梅雨渚……………………………………86
舟の音……………………………………89
洲崎附近…………………………………90
鏡壁………………………………………91
四日月の光………………………………93
峡駅の葬礼………………………………94
馬柵の霧…………………………………97
栗の花………………………………… 101
山峡夏雑詠…………………………… 101
街上雑詠……………………………… 103
病院の庭……………………………… 104
棺車…………………………………… 106
含み言………………………………… 108
桃畑…………………………………… 111
中宿…………………………………… 111
大正4年 ………………………………… 113
構橋晩景……………………………… 113
千鳥橋………………………………… 115
倉庫街………………………………… 116
昼の燈………………………………… 117
草木発芽……………………………… 118
峡の昼………………………………… 119
悼左千夫翁…………………………… 120
新月…………………………………… 122
浅宵裸馬列…………………………… 123
寒潮堀………………………………… 124
大正5年 ………………………………… 126
磯の光………………………………… 126
向日葵花……………………………… 131
青靄の夜……………………………… 132
星の尾………………………………… 133
槻の道………………………………… 134
緑蔭製薬……………………………… 136
青臭…………………………………… 137
草刈舟………………………………… 138
水の音………………………………… 140
暮春より初夏へ……………………… 141
藤なみの花…………………………… 142
春の鴉………………………………… 143
椿の嵐………………………………… 145
悼長塚節歌…………………………… 146
磯の墓原……………………………… 147
雉子…………………………………… 149
紅梅の門……………………………… 149
 ……………………………………… 150
巻末小記………………………………… 151
歌集 しがらみ…………………………… 155
大正6年 ………………………………… 157
雨蛙…………………………………… 157
夕雨…………………………………… 159
冷寒…………………………………… 160
秋情…………………………………… 161
砲車隊………………………………… 162
家人多病……………………………… 164
河岩の上……………………………… 165
夏山…………………………………… 166
初笑…………………………………… 166
大正7年 ………………………………… 168
峡のあらし…………………………… 168
霧……………………………………… 171
秋夜独居……………………………… 172
寒しぐれ……………………………… 173
杵の音………………………………… 176
氷川…………………………………… 177
雪の朝………………………………… 178
元旦…………………………………… 179
浅春…………………………………… 180
病床惜春賦…………………………… 181
弟を悼む……………………………… 190
大正8年 ………………………………… 191
山守…………………………………… 191
添水…………………………………… 193
帰住…………………………………… 194
柳と燕………………………………… 197
春峡清音……………………………… 197
茱萸樹………………………………… 199
朧夜…………………………………… 200
裏山の春……………………………… 200
燕……………………………………… 202
大正9年 ………………………………… 205
初雪…………………………………… 205
大寒…………………………………… 206
搾酒場………………………………… 208
大氷柱………………………………… 209
油燈…………………………………… 210
梅雨ぐもり…………………………… 212
雨霧…………………………………… 212
大正10年………………………………… 215
池の家………………………………… 215
冬柳…………………………………… 216
鳰鳥…………………………………… 218
賀茂川………………………………… 219
人を惜む……………………………… 220
白河口………………………………… 222
谷の道………………………………… 223
雨山暮情……………………………… 224
 ……………………………………… 226
山坊夜話……………………………… 228
根本中堂……………………………… 229
梅雨あけ……………………………… 231
しめり………………………………… 232
雨池…………………………………… 232
くもり夜……………………………… 233
蝉……………………………………… 234
赭土山………………………………… 235
立秋夜情……………………………… 235
折にふれ……………………………… 237
富士見野……………………………… 238
東京滞在……………………………… 239
峡の村………………………………… 240
編輯雑記………………………………… 243
歌集 軽雷集……………………………… 259
大正10年 大正11年…………………… 261
街頭歳暮……………………………… 261
雪の松原……………………………… 262
冬こほろぎ…………………………… 263
大正12年………………………………… 265
関東大震火災………………………… 265
祝左千夫先生歌碑建立……………… 268
大正13年………………………………… 269
桂離宮の歌…………………………… 269
月ヶ瀬行……………………………… 271
うぐひす……………………………… 274
阿弥陀寺安居会……………………… 275
燕岳登攀……………………………… 276
有明の渓谷………………………… 276
中房温泉…………………………… 277
栂林の雨…………………………… 278
石楠花畑…………………………… 278
岳頂の夜…………………………… 280
山上の朝…………………………… 281
梓川の上流………………………… 281
富士見野……………………………… 282
新婚賀………………………………… 284
高尾遊草……………………………… 284
楓林世態…………………………… 284
神護寺……………………………… 285
地蔵院観楓………………………… 286
栂の尾寺…………………………… 287
夕川の紅葉………………………… 289
清涼殿………………………………… 291
宮本二天画鷲………………………… 294
大正14年………………………………… 295
六甲水車村…………………………… 295
大水車屋……………………………… 296
雑詠二題……………………………… 296
病児…………………………………… 297
折にふれて…………………………… 298
徳島雑詠……………………………… 298
阿波十郎兵衛………………………… 299
猪山貝塚……………………………… 300
徳島千秋閣歌会……………………… 301
土佐泊………………………………… 302
鳴門潮瀾記…………………………… 303
青松白砂…………………………… 303
大毛浜途上………………………… 303
春汀旅情…………………………… 304
潮瀾俯観…………………………… 305
夕渦潮……………………………… 307
海中の岩…………………………… 308
奔潮余録…………………………… 310
裏淡路の旅…………………………… 311
竹島………………………………… 311
福良湾の月………………………… 313
島の春……………………………… 315
美原………………………………… 316
おのころ島………………………… 316
飼飯の松原………………………… 317
比叡山夏安居………………………… 319
晩夏…………………………………… 321
故郷山河……………………………… 322
奉祝皇孫女御誕生…………………… 323
河水清三章…………………………… 325
雪谷川………………………………… 325
宇治川所見…………………………… 326
大正15年(昭和元年)………………… 327
紀州灘航行…………………………… 327
船上………………………………… 327
有田沖……………………………… 328
白崎………………………………… 328
比井………………………………… 328
御坊の浜…………………………… 329
塩屋浦……………………………… 330
荒灘の落日………………………… 330
綱不知湾…………………………… 331
白浜………………………………… 331
紀の湯………………………………… 332
如夢庵……………………………… 332
松の間の月………………………… 333
砂浜の鴉…………………………… 334
庵前暁景…………………………… 335
歳暮旅情…………………………… 336
磯のこほろぎ……………………… 336
崎の湯……………………………… 337
湯崎雑景…………………………… 338
芦川………………………………… 338
裏山の畑…………………………… 339
臘月の菫花………………………… 339
海浜歳旦…………………………… 340
浜木綿……………………………… 341
斉明帝の御船山…………………… 342
暁の千鳥…………………………… 342
水取祭………………………………… 344
島木赤彦君を悼む…………………… 345
鉾池山荘……………………………… 346
吉野竹林院…………………………… 347
三峯頂上……………………………… 347
疎音多罪……………………………… 348
昭和2年 ………………………………… 349
御大葬遥拝…………………………… 349
雪国雑題……………………………… 350
半夏…………………………………… 351
永平寺の夏…………………………… 352
杉林奥の寺………………………… 352
門前浴川…………………………… 353
雨後の山内………………………… 354
早暁行事…………………………… 355
国境の山里…………………………… 356
晩秋雑詠……………………………… 356
暁霜…………………………………… 357
石井翁を悼む………………………… 359
旧居尋訪……………………………… 359
昭和3年 ………………………………… 361
年頭雑詠……………………………… 361
梅林の鶴……………………………… 361
磯海の春……………………………… 362
鯛網船………………………………… 364
遠舟影……………………………… 364
網子唄……………………………… 365
魚群閃躍…………………………… 366
巻末記…………………………………… 369
歌集 軽雷集以後………………………… 377
序(斎藤茂吉)………………………… 379
昭和3年 ………………………………… 381
阿蘇山の歌…………………………… 381
阿蘇山途上………………………… 381
阿蘇大裾野………………………… 382
草千里ヶ浜………………………… 383
古坊中の道………………………… 384
砂千里浜…………………………… 385
九月十九日冷雨ふる………………… 386
日常吟(1) ………………………… 386
日常吟(2) ………………………… 387
初冬の山家…………………………… 389
山中の焚火…………………………… 390
昭和4年 ………………………………… 392
紫宸殿………………………………… 392
銀閣寺………………………………… 393
浅春…………………………………… 394
江波…………………………………… 395
春山…………………………………… 395
弟の妻が死をあはれむ……………… 396
梟……………………………………… 396
白田舎矚目…………………………… 396
童馬山房即事………………………… 397
盂蘭盆………………………………… 397
外祖母を迎ふ………………………… 398
秋日…………………………………… 398
十一月八日在京冷雨いたく降る…… 399
初冬…………………………………… 400
女亀山………………………………… 401
冬山の牛……………………………… 401
昭和5年 ………………………………… 403
海辺巌………………………………… 403
病床漫詠……………………………… 403
平福画伯渡欧送別…………………… 404
加納暁君を悼む……………………… 405
春雑詠………………………………… 406
山村の春日…………………………… 407
山火事……………………………… 407
春山行……………………………… 408
山どり……………………………… 408
植田即事……………………………… 409
梅雨…………………………………… 411
大原夫人追悼………………………… 411
帝釈峡………………………………… 412
仏法僧鳥……………………………… 412
高野山真別処………………………… 414
飛鳥…………………………………… 416
初冬…………………………………… 419
液雨ひさしきに倦みて……………… 420
夢殿秘仏……………………………… 421
熟荒…………………………………… 422
山村の地震…………………………… 424
昭和6年 ………………………………… 425
童馬山房……………………………… 425
春嵐…………………………………… 426
早春雑詠……………………………… 426
春庭…………………………………… 427
三次桜景三趣………………………… 427
尾関山……………………………… 427
鳳源寺……………………………… 428
土手桜……………………………… 429
この日ごろ…………………………… 429
喜雨…………………………………… 429
病間遺愁……………………………… 430
旧盆の月……………………………… 431
月夜吟………………………………… 432
芭蕉の月……………………………… 432
秋となりて…………………………… 433
赤彦を憶ふ…………………………… 434
秋の山田……………………………… 434
稲田の霧……………………………… 435
庭の寒月……………………………… 437
冬の鶺鴒……………………………… 438
昭和7年 ………………………………… 439
暁 声………………………………… 439
しばし五日市に住みて……………… 439
牡丹…………………………………… 440
松蝉…………………………………… 440
水鶏…………………………………… 441
病床秋雨……………………………… 441
しぐれ黄葉…………………………… 442
昭和8年 ………………………………… 444
歳首有感……………………………… 444
冬朝病床盥漱………………………… 445
四月十一日斎藤兄見訪……………… 446
病間消息雑歌………………………… 446
斎藤茂吉君に……………………… 446
土屋文明君に……………………… 448
牡丹の絵を賜はりたる人に……… 449
鉢植の牡丹を贈られて折々に…… 449
後夜の月……………………………… 450
消息の歌……………………………… 450
七月七日炎暑帰郷旅途……………… 451
青うらやま…………………………… 452
清夏帰居吟…………………………… 453
八月八日土屋文明兄来訪…………… 454
アララギ第八安居帳………………… 455
八月十五日盂蘭盆会………………… 455
夏日銷閑……………………………… 456
悼大村夫人…………………………… 458
九月四日颱風襲来して翌日につづく…… 459
病床雑吟……………………………… 460
初秋の残暑いまだはげし………… 460
白露滴々芭蕉に花あり…………… 460
秋霧いよいよ深し………………… 461
事につかれて小風邪あり………… 462
山峡秋景……………………………… 462
悼平福百穂画伯……………………… 463
病床矚目吟…………………………… 464
中秋明月……………………………… 465
裏山しぐれ…………………………… 465
国土新に光る………………………… 466
初冬の庭……………………………… 468
山茶花………………………………… 468
寄山茶花憶故平福百穂画伯………… 469
臘月二十五日雪中出郷……………… 470
昭和9年 ………………………………… 471
歳旦雑感……………………………… 471
新春の雪……………………………… 472
窓前…………………………………… 473
平福画伯を悲しむ…………………… 473
御遺族……………………………… 473
編集後記(土屋文明)………………… 475
自選歌集 松の芽………………………… 477
「馬鈴薯の花」時代…………………… 479
「林泉集」より………………………… 490
「しがらみ」より……………………… 506
選後小記………………………………… 521
中村憲吉集(改造社版現代短歌全集)… 531
補遺
遺歌稿……………………………………… 631
諸新聞雑誌より…………………………… 641
日記・書翰その他より…………………… 677
財界諷詠…………………………………… 693
*巻末記(大村呉楼)……………………… 1
*索引………………………………………… 1
 

第2巻 1937.10.30
 
万葉集短歌論講……………………………… 1
万葉集巻二より…………………………… 3
万葉集巻三より……………………………14
万葉集巻四より……………………………49
万葉集巻八より……………………………66
万葉集巻九より……………………………74
万葉集巻十より……………………………81
万葉集巻十一より…………………………83
山部赤人………………………………………89
正岡子規…………………………………… 127
歌論歌話
作歌態度雑感……………………………… 153
歌壇と万葉調……………………………… 158
和歌の作り方……………………………… 164
アララギ二十五年………………………… 184
アララギ前半期の思ひ出………………… 192
批評及び序跋
富田砕花氏著『悲しき愛』……………… 225
前田夕暮氏著『陰影』合評より………… 230
若山牧水氏著『死か芸術か』漫評……… 233
『桐の花』を読みて……………………… 237
『生くる日に』就て……………………… 243
歌集藤むすめ……………………………… 246
『切火』の歌合評より…………………… 249
『氷魚』と『あらたま』………………… 261
左千夫歌集雑感…………………………… 278
島木赤彦選集序…………………………… 286
あらたまの著者に………………………… 296
歌集藤浪序………………………………… 301
太 集の出る前に………………………… 305
『庭苔』の特色…………………………… 309
『寒竹』を読みて………………………… 323
田原広治遺著芬陀利華序………………… 342
茂吉君の歌道について…………………… 348
土屋文明君の歌…………………………… 350
大原寿恵子歌集跋………………………… 355
歌集鵲を読む……………………………… 365
短歌批評
自作歌について…………………………… 373
堀内卓遺歌附記…………………………… 377
談話会記事………………………………… 378
アララギ前号歌評1 ……………………… 380
アララギ前号歌評2 ……………………… 388
アララギ前号歌評3 ……………………… 394
堀内卓造の歌……………………………… 399
選歌質疑応答……………………………… 403
赤彦の歌を評す…………………………… 407
歌評………………………………………… 410
アララギ2月号短歌合評より …………… 413
歌評1 ……………………………………… 421
歌評2 ……………………………………… 426
アララギ4月号短歌合評より …………… 429
アララギ5月号短歌合評より …………… 433
春の愛誦歌………………………………… 436
自作歌について…………………………… 437
前月歌壇一人一首評……………………… 439
朝日歌壇選者として……………………… 441
故人追憶記
堀内君のこと……………………………… 445
伊藤左千夫追憶断片……………………… 457
長塚さんの思出…………………………… 473
長塚節に就て……………………………… 489
赤彦君を悲しむ…………………………… 506
千樫君を悼む……………………………… 535
千樫君と僕………………………………… 541
人としての赤彦君………………………… 545
加納暁追憶断片…………………………… 546
百穂画伯の事ども………………………… 552
旅信・消息………………………… 569
(明治44年9月) ………………………… 571
(明治45年3月) ………………………… 571
(明治45年4月) ………………………… 572
巻頭言 大正2年1月……………………… 573
浅間の湯より 大正2年2月……………… 573
(大正2年8月)…………………………… 575
新橋から宇治まで 大正2年8月………… 576
備後より 大正2年9月…………………… 580
備後より 大正2年10月 ………………… 584
長塚節氏の私信の一部に就いて 大正3年6月…… 584
長塚節へ 大正3年8月…………………… 589
赤彦へ 大正3年8月……………………… 590
編集所便 大正3年12月 ………………… 592
旅より 大正4年10月 …………………… 593
備後より 大正4年11月 ………………… 594
旅途より 大正6年12月 ………………… 596
(大正7年3月)…………………………… 596
備後より 大正7年5月…………………… 600
(大正7年6月)…………………………… 601
備後より 大正7年6月…………………… 602
(大正7年7月)…………………………… 604
備後より 大正7年12月 ………………… 604
(大正8年3月)…………………………… 605
備後より 大正8年5月…………………… 606
備後より 大正8年6月…………………… 606
備後より 大正9年1月…………………… 609
京都より 大正9年1月…………………… 614
(大正12年10月)………………………… 615
京都便り 大正13年1月 ………………… 616
京都赤彦追弔法会記 大正15年6月 …… 616
比叡山通信 大正14年6月 ……………… 617
大阪より 大正14年7月 ………………… 619
創作・随筆
宵の手帖より……………………………… 623
京都のこと、其の女のこと……………… 628
島原へ……………………………………… 642
震災追想四篇……………………………… 652
三次の鵜飼………………………………… 674
三瓶の秋色………………………………… 678
山禽三つ…………………………………… 688
むささび………………………………… 688
ほととぎす……………………………… 690
仏法僧鳥………………………………… 692
頼杏坪先生………………………………… 695
峡村小話…………………………………… 704
*巻末記(大村呉楼)……………………… 1
 

第3巻 1938.3.5
 
記紀歌謡の研究……………………………… 1
記紀の歌に就いて………………………… 3
記紀歌釈……………………………………23
仁徳天皇の御歌……………………………58
万葉集の研究…………………………………97
総説……………………………………… 101
万葉集巻一……………………………… 104
万葉集巻一……………………………… 155
万葉集巻二……………………………… 186
万葉集巻一……………………………… 208
万葉集巻二……………………………… 236
万葉集巻一……………………………… 251
中学時代の作品
夜道………………………………………… 287
亡き妹……………………………………… 291
俳句 その1 ……………………………… 295
名残の吹笛………………………………… 296
俳句 その2 ……………………………… 301
山寺の一夜………………………………… 302
俳句 その3 ……………………………… 308
発火演習記事……………………………… 309
高等学校時代の作品
曽読録……………………………………… 321
熱汗余滴…………………………………… 364
有村温泉浜の夕………………………… 364
世捨人…………………………………… 375
青年之都会病と地方之将来……………… 389
学窓余情…………………………………… 406
第一集…………………………………… 406
第二集…………………………………… 433
自覚論……………………………………… 460
俳句………………………………………… 474
英雄崇拝論………………………………… 475
偶感直筆…………………………………… 478
霧島旅行雑記……………………………… 482
対鏡心理論………………………………… 496
雑纂
海の上のかぜ……………………………… 519
回顧と私の短歌…………………………… 521
歌会歌評…………………………………… 539
言道と望東尼……………………………… 551
甲山高等女学校校歌……………………… 556
明恵上人の歌……………………………… 558
*年譜・著作年表………………………… 577
年譜…………………………………… 577
著作年表……………………………… 587
*巻末記(大村呉楼)……………………… 1
 

第4巻 1938.10.15
 
日記……………………………………… 1
大正3年 ……………………………………… 3
大正4年 ………………………………………34
大正5年 ………………………………………69
大正6年 ………………………………………72
大正7年 ………………………………………82
大正8年 …………………………………… 105
大正9年 …………………………………… 184
大正10年…………………………………… 203
大正13年…………………………………… 218
大正14年…………………………………… 219
紀湯日記…………………………………… 221
大正15年…………………………………… 235
昭和2年 …………………………………… 248
昭和3年 …………………………………… 258
昭和4年 …………………………………… 273
昭和5年 …………………………………… 281
昭和6年 …………………………………… 307
昭和8年 …………………………………… 310
昭和9年 …………………………………… 379
書翰…………………………………… 403
明治38年…………………………………… 405
明治39年…………………………………… 407
明治40年…………………………………… 413
明治41年…………………………………… 416
明治43年…………………………………… 424
明治44年…………………………………… 425
明治45年…………………………………… 430
大正元年…………………………………… 435
大正2年 …………………………………… 438
大正3年 …………………………………… 449
大正4年 …………………………………… 454
大正5年 …………………………………… 463
大正6年 …………………………………… 469
大正7年 …………………………………… 477
大正8年 …………………………………… 484
大正9年 …………………………………… 495
大正10年…………………………………… 514
大正11年…………………………………… 526
大正12年…………………………………… 532
大正13年…………………………………… 543
大正14年…………………………………… 557
大正15年…………………………………… 580
昭和元年…………………………………… 607
昭和2年 …………………………………… 609
昭和3年 …………………………………… 622
昭和4年 …………………………………… 627
昭和5年 …………………………………… 637
昭和6年 …………………………………… 663
昭和7年 …………………………………… 685
昭和8年 …………………………………… 715
昭和9年 …………………………………… 763
*書翰索引………………………………… 766
*巻末記(大村呉楼)……………………… 1
[ 2011/03/12 01:28 ] 中村憲吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。