研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中村真一郎 >  『中村真一郎評論集成』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中村真一郎評論集成』全5巻

『中村真一郎評論集成』全5巻(岩波書店、1984.5~1984.9)



第1巻 文学の方法 1984.6.18
 
自序………………………………………… 3
I 二十世紀小説……………………………… 1
序…………………………………………… 3
1 現実……………………………………… 5
2 時間………………………………………26
3 感覚………………………………………44
4 夢…………………………………………72
5 現実喪失……………………………… 118
6 脱出…………………………………… 133
II 文学の方法 …………………………… 163
「林檎を腐らせ」ながら……………… 165
批評の方法……………………………… 174
魅力の批評……………………………… 183
伝統の曲り角で………………………… 191
小説の方法……………………………… 206
心理小説作法…………………………… 219
十九世紀小説の頽廃と二十世紀小説の展開と…… 231
押韻定型詩三十年後…………………… 241
「小説ノート」について……………… 258
III 文学における感覚…………………… 279
日本の象徴主義・超現実主義………… 281
日本文学における感覚の表現………… 319
現代文学と感覚………………………… 331
女が描けるかどうか、また、どのように描けるかということなど…… 353
IV 近代文学への疑問 …………………… 369
我が小説観……………………………… 371
近代文学への疑問……………………… 382
翻訳の文学的意味について…………… 395
面白い文学史…………………………… 421
*解題(小久保実)……………………… 427
 

第2巻 私の西欧文学 1984.5.16
 
自序………………………………………… 3
I 古典の魅力………………………………… 1
『嵐』(シェイクスピア)……………… 3
ゲーテと私…………………………………12
ゲーテの『親和力』など…………………17
オースティンと幻影………………………22
ロマンスの新しさ―ホーソン……………26
早咲きの象徴主義者―サント=ブーヴ…40
『画家ノルテン』(メーリケ)…………64
『フロス河畔の水車場』(G・エリオット)……69
文芸批評家としてのボードレール………75
『死の如く強し』(モーパッサン)……95
II ネルヴァール、ジェイムズ、プルースト…… 107
ネルヴァール…………………………… 109
ジェイムズ……………………………… 155
プルースト……………………………… 187
III 二十世紀の文学……………………… 213
トーマス・マンと芸術家的諷刺……… 215
リルケと私……………………………… 221
フランソワ・モーリアック…………… 234
『ウェルギリウスの死』(ヘルマン・ブロッホ)…… 250
ヘンリー・ミラーにおける小説の方法…… 262
フォークナーによる二十世紀文学論… 268
ジュリアン・グリーンと私…………… 285
IV 現代小説の世界―西欧二十世紀の方法…… 291
序・小説の方法とは何か……………… 293
1 プルーストとジョイス……………… 310
2 ジードとハックスリー……………… 327
3 フォークナーとヘミングウェイ…… 348
4 ヴァレリーとカフカ………………… 367
5 ブロッホとムージル………………… 390
6 サルトルとヘンリー・ミラー……… 410
7 ビュトールとシモン………………… 428
8 ソレルスとデ=フォレ……………… 447
*解題(小久保実)……………………… 459
 

第3巻 私の古典 1984.8.16
 
自序………………………………………… 3
I 王朝の文学………………………………… 1
「色好み」の変遷………………………… 3
王朝の女流作家……………………………22
王朝小説とギリシャ小説…………………82
『竹取物語』と幻想………………………85
『伊勢物語』の重層性……………………95
II 『源氏物語』をめぐって ………………99
『源氏物語』の想い出………………… 101
『源氏物語』を巡って………………… 124
『源氏物語』の世界…………………… 153
『源氏物語』の三つの問題…………… 185
『源氏物語』はどう読まれてきたか… 215
『源氏』とプルースト………………… 234
源氏亜流物語の現代的意味…………… 245
III 物語を読む…………………………… 263
『夜半の寝覚』と現代………………… 265
『狭衣物語』の再評価………………… 270
『浜松中納言物語』の日中関係……… 278
『とりかへばや物語』を巡って……… 282
『栄花物語』の伝統…………………… 300
『大鏡』再読…………………………… 303
『今昔物語』…………………………… 314
『とはずがたり』による好色的恋愛論…… 330
「天皇御謀叛」………………………… 348
IV 近世文学の諸相 ……………………… 353
『甌北詩話』…………………………… 355
江戸後期の知識人社会に見られる新しい道徳と感覚…… 361
金毘羅宮と日柳燕石…………………… 380
『黙坐消遺集』のこと………………… 389
付 『黙坐消遺集』の後に………… 395
『追思録』紹介………………………… 398
国学と漢学の江戸派…………………… 403
『燕石十種』をめぐって……………… 409
“Poetae minores rococonis”……… 414
江戸小説の多様性……………………… 422
江戸市民の心のふるさと・海晏寺…… 435
*解題(小久保実)……………………… 451
 

第4巻 近代の作家たち 1984.9.17
 
自序………………………………………… 3
I 明治の文学………………………………… 1
有明の宇宙………………………………… 3
白鳥と自然主義……………………………17
鴎外と『灰燼』……………………………23
漱石の病理報告……………………………29
荷風の生涯と芸術…………………………43
II 大正の文学 ………………………………81
「意識の流れ」小説の伝統………………83
北原白秋……………………………………95
谷崎と『細雪』………………………… 104
佐藤春夫による文学論………………… 121
室生犀星………………………………… 149
III 芥川龍之介…………………………… 169
芥川龍之介の世界……………………… 171
1 前書き……………………………… 171
2 人生………………………………… 174
3 青春………………………………… 177
4 家…………………………………… 180
5 下町………………………………… 183
6 世紀末……………………………… 186
7 ロマン・ロラン…………………… 189
8 ゲーテ……………………………… 192
9 「生活教」………………………… 194
10 唯美的 …………………………… 197
11 短篇小説 ………………………… 200
12 独創 ……………………………… 203
13 文体 ……………………………… 206
14 告白 ……………………………… 211
15 心境 ……………………………… 214
16 西洋 ……………………………… 217
17 森鴎外 …………………………… 221
18 夏目漱石 ………………………… 225
19 伝統 ……………………………… 229
20 明治 ……………………………… 233
21 大正 ……………………………… 235
22 広津和郎 ………………………… 238
23 魅力 ……………………………… 241
24 芸術としての小説 ……………… 244
25 別世界 …………………………… 248
26 古典主義 ………………………… 251
27 意識的 …………………………… 254
28 モザイク ………………………… 256
29 意識の多層性 …………………… 260
30 持続への憧れ …………………… 262
31 孤独 ……………………………… 264
32 処世 ……………………………… 267
33 家庭小説 ………………………… 270
34 怪異 ……………………………… 274
35 懐疑 ……………………………… 277
36 侏儒の言葉 ……………………… 279
37 芸術の神 ………………………… 282
38 社会 ……………………………… 285
39 越びと …………………………… 288
40 童話 ……………………………… 290
41 厭世主義 ………………………… 293
42 死 ………………………………… 296
43 自殺 ……………………………… 298
44 空虚 ……………………………… 301
45 人間的 …………………………… 304
46 不毛 ……………………………… 307
47 堀辰雄 …………………………… 310
48 昭和 ……………………………… 314
49 後世 ……………………………… 316
50 後書き …………………………… 319
作家の可能性と成熟との関係について…… 323
ある文学的系譜………………………… 333
IV 昭和の文学 …………………………… 349
『みづうみ』の位置…………………… 351
堀辰雄とともに………………………… 356
1 ひとつの感謝……………………… 356
2 その生涯…………………………… 370
高見順の全体像………………………… 387
伊藤整の『変容』……………………… 405
V わが亡友たち…………………………… 411
立原道造・建築家詩人の想い出……… 413
純粋者・加藤道夫……………………… 431
福永武彦における人生の芸術化……… 437
*解題(小久保実)……………………… 445
 

第5巻 芸術をめぐって 1984.7.16
 
自序………………………………………… 3
I 1946文学的考察…………………………… 1
〈時間〉ペトロニウスの饗宴…………… 3
〈焦点〉田舎からの手紙………………… 9
〈空間〉もう一人のモーリアック………15
〈時間〉『アガメムノン』と共に………21
〈焦点〉ある女友だちの疑問……………27
〈空間〉ラニー・バッド…………………34
〈時間〉エロチスムの不易と流行………41
〈焦点〉七十歳の論理……………………47
〈空間〉日本におけるヘルマン・ヘッセ……54
II 文学の擁護 ………………………………63
第1回 三人の女流作家 …………………65
第2回 三つの自然主義小説 ……………76
第3回 季節外れの大作品 ………………87
第4回 新人よ、芥川賞を…… …………99
第5回 筆一本の説 …………………… 110
第6回 『花影』の位置 ……………… 121
第7回 形而上的感覚 ………………… 133
第8回 フィクションとは何か? …… 144
第9回 西欧文学の移入について …… 155
第10回 大衆小説と文学との関係…… 167
第11回 『七色珊瑚』について……… 179
第12回 『純粋小説論』再読………… 190
第13回 坪内逍遥と小説……………… 202
第14回 フォークナー追悼…………… 215
第15回 現代詩への希望……………… 227
III 眼の思想……………………………… 239
デューラーとレンブラント…………… 241
フェルメール…………………………… 245
ワトー讃………………………………… 257
モンドリアンと抽象画………………… 269
宋画の世界……………………………… 284
西行、俊成、定家……………………… 290
『小柴垣草子』についての雑感……… 308
蛎崎波響を巡って……………………… 311
眼の思想………………………………… 336
眼と手…………………………………… 347
工芸の世界……………………………… 360
椿の主題による工芸的文明論………… 363
建築をめぐって………………………… 371
IV 娯楽としての芸術 …………………… 425
スープのなかの蝿……………………… 427
『奇巌城』の余白に…………………… 439
映画を面白く見る方法………………… 445
*解題(小久保実)……………………… 457
[ 2011/03/12 01:31 ] 中村真一郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。