研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中村地平 >  『中村地平全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中村地平全集』全3巻

『中村地平全集』全3巻(皆美社、1971.2~1971.7)



第1巻 1971.2.7
 
熱帯柳の種子………………………………… 5
螢………………………………………………19
きつつき………………………………………35
旅さきにて……………………………………55
花子……………………………………………73
イルゼとその母…………………………… 105
土龍どんもぼっくり……………………… 125
戦死した兄………………………………… 157
陽なた丘の少女…………………………… 177
南方郵信…………………………………… 229
蕃界の女…………………………………… 267
長耳国漂流記……………………………… 301
*解説(浅見淵)………………………… 475
 

第2巻 1971.4.7
 
馬来人サーラム……………………………… 5
女たち…………………………………………35
朝の雀…………………………………………61
ブドウ液………………………………………95
女主人……………………………………… 119
義妹………………………………………… 145
子供の像…………………………………… 165
八年間……………………………………… 189
白鷺………………………………………… 261
霧の蕃社…………………………………… 293
あおば若葉………………………………… 341
*解説(浅見淵)………………………… 485
 

第3巻 1971.7.7
 
文学について1 ……………………………… 9
小説への嫌悪………………………………11
東京の町……………………………………17
自信の無さ…………………………………22
時代と僕たち………………………………25
詩的精神に就て……………………………33
新しさの方向………………………………43
井伏鱒二論…………………………………49
老秋声と僕らと……………………………58
蓼喰う虫……………………………………66
鴎外の「雁」………………………………74
情痴文学なるものに就て…………………78
小説に就ての問答…………………………85
文学研究と文学批評…………………… 104
表現と生活……………………………… 109
人間修業という事……………………… 114
仕事机……………………………………… 123
将棋随筆………………………………… 125
葬儀の朝………………………………… 129
神になる日……………………………… 134
南方の海………………………………… 141
日向路の秋……………………………… 148
西都原・南日向………………………… 152
水郷延岡………………………………… 159
宮崎の町………………………………… 165
日向と長塚節…………………………… 169
大虚など………………………………… 180
南方への船……………………………… 183
台湾の高校生へ………………………… 190
蕃界の温泉……………………………… 198
蓼科高原………………………………… 204
入学の頃………………………………… 207
看護婦さん……………………………… 210
「次郎物語」の作者…………………… 216
文学について2 …………………………… 223
宇野浩二氏との対談…………………… 225
女流作家の思い出……………………… 231
地方作家の悲しみ……………………… 239
再び地方作家について………………… 242
“浪漫的”と“古典的”……………… 244
地方と作家生活………………………… 247
卓上の虹…………………………………… 255
憧れ……………………………………… 257
処世に関する十二章…………………… 259
熊本の兄………………………………… 262
斉藤瀏さん……………………………… 264
夢遊病者………………………………… 268
安吾さんの狂気………………………… 271
ラジオ…………………………………… 275
東京弁…………………………………… 277
母智丘の桜……………………………… 280
語学……………………………………… 284
アフリカ丸……………………………… 286
子供の教育……………………………… 291
天草と島原……………………………… 293
入学期の想い出………………………… 295
詩吟大会………………………………… 298
桜は誰が植えたか……………………… 300
ルピナスの花…………………………… 306
坪田さんの顔…………………………… 308
耳と目…………………………………… 310
雑文について…………………………… 312
二人の詩人……………………………… 315
文化と食べ物…………………………… 319
阿蘇と高千穂…………………………… 321
葦平さんの百冊記念…………………… 327
ハダカについて………………………… 329
口語訳の聖書…………………………… 331
ムダの効用……………………………… 337
文士の家庭……………………………… 339
サービスは哀し………………………… 342
五家荘と椎葉…………………………… 344
通について……………………………… 348
人吉の想い出…………………………… 351
竜の絵と河童…………………………… 353
河童ブーム……………………………… 355
僕の家…………………………………… 359
五月晴れ………………………………… 362
わが家の素描……………………………… 365
*解説(浅見淵)………………………… 379
*年譜黒木清次,久保輝巳〔編〕 ……… 391
[ 2011/03/12 01:34 ] 中村地平 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。